<   2007年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

こんばんは、Gです。14日のエキサイトブログのメンテは比較的に早く終わったものの、Gの予想通りエキブロの混乱は続いてまして原因究明のためのサーバ増強、スパムトラバの増加対策などなどをエキブロ側で継続してやってるようでGも今朝の夜勤から帰宅時にはブログにはまだ接続が不安定な状態でした。

詳細は下記のエキブロの16日現在の発表をクリックしていただくとして

「16日15:40現在の状況についてお知らせいたします」
「「以前の記事」「タグ」の仕様を一時的に変更しています」

どうもこのブログには22時以降の深夜になるとエキブロ側の究明作業のためか繋がりにくくなり、その他の時間帯は接続しやすいようなので

記事アップしないと状況も把握できないため一時的な復帰をしてみました。


ただしトラバなどの一部の機能は冒頭の状況により使えないようです。ご了承ください。

前置きが終わったところで

明日は6月17日の父の日ということで去年同様に父の日企画をこんな状況ですがやってみます。

登場していただく特撮キャラはこちら。

c0040422_20444063.jpg


星雲仮面マシンマンに登場のアンドロイドであるマジック男です。母の日企画もマシンマンでしたので父の日企画もマシンマンでやってみようと以前に用意しておいたものです。

マジック男は前期の敵組織テンタクルの初期型アンドロイドの最終機(放映当時はマイナーチェンジしたスパイ男、ミサイル男の後に登場したので「あれ?顔が戻ってる?」とビックリした記憶が)で後期のオクトパスを含む量産型アンドロイドの中で唯一人間体へは変身しない変り種。武器も特殊なものが多くトランプのようなカード爆弾のマジックカード(複数使う際の名はストレートフラッシュ)や矢を投げたり、手にしているステッキは爆撃といった攻撃や敵の攻撃を無効にする防御(スロットルガンのビームを吸収し跳ね返せる!)に使え、瞬間移動と驚異的なジャンプ力を駆使したトリッキーな戦闘を得意とする。マジック男というだけに看板のどんでん返しで逃亡したりドアを出現させ中に入るとマジックダイヤとマジックハートという姿に変化して襲いかかるといったマジックも使える。

ちなみにそのマジックダイヤとマジックハートは日中に新たに描いておきました。こんな感じです。

c0040422_20445437.jpg


・・・赤い全身タイツに顔にドーランでダイヤとハートが描いてあるだけ・・・

タイツタイツタイツ?

でも靴が異空間の床のドライアイスで見えなくて結構大変でした・・・。

で、Gがいくらマシンマン好きだからって、初放映から23年間ビデオ化されなかったマシンマンが今夏DVD化されるからって母の日の話も父の日の話もできるのかって?

まあ見ててください。

テンタクルの首領プロフェッサーKは異空間マジックゾーンを完成させた。マジックゾーンは一種の異次元空間で入ってしまうと声などが完全に遮断され閉じ込められてしまうのだ。メカオウムで実験してご機嫌のKは、これを使って自身のアレルギーの元である子供達を閉じ込めて親兄弟に二度と声姿を見せないようにしたい、と幹部の鉄人モンスとマジック男に言って更なる実験を進める。

ある公園に1人の魔術師(演じるはヨーヨー仮面こと滝雅也氏!)がいて周囲の人々にマジックを披露するが通りすがった配達途中の八百屋の亀太は「種も仕掛けもある手品は子供じみてる」と大声で馬鹿にしたため客は帰っていってしまう。

小学生の葉山勝たちも帰ろうとしたら魔術師は「大魔術を見せる」と言って、とある看板の前に誘う。「このカメラでマジックゾーンへ送る」という魔術師の言葉に勇気試しにカメラに撮って貰う勝たち。だが近くのビル屋上のマジック男の装置とカメラが連動すると看板には写真のように勝たちの姿が残り勝たちはマジックゾーンへと飛ばされてしまった!

祖母の美容院に行く約束に遅れている勝が気になって姉の真紀と高瀬健は探しに行くと看板に勝たちが!マジックゾーン内の勝たちからは看板の写真?から窓のように元の世界が見えるため助けを求めるも2人には聞こえない。そこへ亀太が通りかかり公園の魔術師のことを話す。2人は公園に向かい亀太は看板の写真?を覗き込む。マジックゾーン内はオバケ!と大騒ぎ!

公園には例の魔術師がいた。高瀬健は彼のかすかな独り言でマジックゾーンという言葉を聞く。真紀も以前に見かけた顔だということで健は魔術師の後を追い真紀は勤めてる週刊トップ編集部へとわかれる。健は魔術師を追うと2人の子供を同じ看板の前でマジックゾーンへ飛ばすのを目撃しマシンマンへと変身するもマジック男が現れ魔術師とともに逃げてしまう。

健は真紀のいる編集部へ向かう。すると魔術師はキタガワユウキチという名で単独でマジックゾーン装置を開発し大魔術を行うも失敗、実験体となったヒロシは瀕死の重傷を負い以来妻子はキタガワの元から消えキタガワ自身もマジック界から追放されたという記事が2年前の週刊トップの記事に掲載されていた。健と真紀はキタガワの良心に訴えかけてみようとキタガワの妻子を探し出し協力を求める。弁当屋で働く妻は「まだあの人はそんなことを・・・」と断ろうとしたが息子のヒロシが「父ちゃんに悪事をさせたくない!」の言葉と真紀の説得に負けキタガワのいるアパートへ向かう。

一方、魔術師キタガワはマシンマンにかぎつけられたことによるマジック男の指示で装置本体があるビルへ移ろうとしていた。魔術師は片時も離さないで持つ妻子の写真も鞄に入れる。魔術師は妻子に戻ってきてもらいたかった。そのために自分では実現できなかったマジックゾーンの大魔術で自分を追放したマジック界に驚かし大魔術師の名誉を得たかった。そんなところに真紀が姿を消してた妻子を連れてきた!喜ぶ魔術師だが妻の「もう(悪事に加担してまで)やめてほしい」という説得に憮然とする。

そこで父を思うヒロシが言う。

「父ちゃん、そんなに子供を閉じ込めたいなら俺を閉じ込めろよ!」
「俺、2年前に危うく命を・・・だけど、俺、父ちゃん憎んでなんか無いぜ!」
「俺、父ちゃんのためなら死んだっていいんだ!だから俺を閉じ込めろよ!」


この言葉に「父ちゃんが悪かった!」と泣いて謝りカメラを壊そうとする魔術師。そこへカメラを回収しにマジック男が登場!「裏切ったな!」魔術師は真紀と妻子を逃がしてマジック男の攻撃を受ける!マジックゾーンの看板の調査で何も得られなかった健がこのことに気づきマシンマンに変身!マジック男と対じしマシンサンダーで倒す!

魔術師はマシンマンに土下座し
「すまない!俺が悪かった!もう二度と魔術はやらない!今度こそ生まれ変わったつもりで働き家族と一緒に暮らして幸せにする!だから許してくれ!」
と謝る姿にマシンマンは

「親と子の絆はカタルシスウェーブを必要としないくらい強いのだ」

と心の中でうなずき魔術師と妻子が抱き合う姿を見る。

魔術師の証言からビル屋上のマジックゾーン発生装置はマシンマンに破壊され勝たちは無事救出し「お腹すいた」と泣き出し、後日、亀太がマジックを披露しようとすると怖がって逃げ出すのだった、というもの。

はっきり言って去年のムカデンダーの記事とは正反対のお父さんの登場である。夢を追い求めて子供に逆に教えられるという父親である。

ただこのヒロシという子供は父親が2年前に事故で死なせようとしたという事実があるにも関わらず父親を全然否定しておらず、むしろ慕っている。きっとその事故があった大魔術もヒロシが自ら実験台になったのだろう。あのセリフには嘘は一つも入ってないだろう。

結局はマシンマンが思った

「親と子の絆はカタルシスウェーブを必要としないくらい強いのだ」

ということを脚本家の高久進氏、東條昭平監督は言いたかったんだろうと思う。Gにはちょっと羨ましい話ではあるが、

まあ父の日はこういうことを思う日であってもいいようにGは思う。

おお!試験的な記事にえらい時間かかってしまった!もっとも、この時間に記事アップがうまくいけば半分成功のようなもんだが。エキブロ次第ですね、今後の記事展開も。では、今回はこれにて。

「父の日に贈る百足怪獣ムカデンダー!」
「母の日企画!星雲仮面マシンマンの私・ママの子供?」

◎参考文献◎
「ハラッパでひみつきちVol.1 星雲仮面マシンマン」

[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-16 22:51 | 特撮系
c0040422_21132225.jpg


こんばんは、Gです。今日はお知らせのために何とかブログに繋げて記事アップしました。

早速、お知らせ。

誠に勝手ながら明日13日から「ひいろお倶楽部@」をお休みします。

上記の当初の理由は

14日のエキサイトブログのメンテナンスとその前後の13日と15日が夜勤だから

というものでしたが

日に日にブログへの接続が難しくなってきており
記事アップも結構手間を取るようになり
携帯からのブログ接続も徐々に出来ないようになり

Gがもっとも懸念してたエキブロのサーバに関して本日エキブロ側から以下のような発表があり

「表示不具合の状況につきましてご報告します」(クリックすると内容読めます)

絵が多いからとかGのPCの影響でないという事実確認が取れ、
このような状況では記事アップを続けるのは非常に困難という理由が大きく占め

状況改善まで「ひいろお倶楽部@」を休むことにしました。ご了承ください。

なお順調に回復してれば文中であったとおり15日までのお休みでしょうが

以前にも8時間というメンテが27時間に及んだこともあります

今回はかなり大事になってるようにも思えるので正直こればかりは何とも言えません。

エキブロ向上委員会の方々、大変だと思いますが頑張ってください。

スパムトラバに苦しんでた時のGへの対応は良かったですし信じましょう。

今日の鉛筆画に選んだのは仮面ライダーXに登場のGOD怪人である死神クロノスです。悪人怪人軍団はよく出してますが、それ以前の神話怪人の登場は意外にも初ですな。

敵組織GOD機関の日本支部の初代幹部(遊撃隊長というのが正解か)となったGOD秘密警察第一室長アポロガイストは遂に自らXライダーと決着をつけようとするも敗れてしまうのですがGOD機関はアポロガイストの再生を模索し、その再生手術に必要なGODメンバーの宮本、川上両博士をアポロンの宮殿へ収集する任に就いたのが死神クロノスです。また死神クロノスはアポロガイスト再生手術に邪魔が入らないように計画を偶然知ったチコとマコ、そしてXライダーを襲撃する。Xライダーとの対決はある意味、時間稼ぎっぽいですが。武器は手にしている巨大なカマで刃先を炎に包んだクロノス地獄鎌という大技を持つ。ああ、でも、この鎌はXライダーに重傷を負わせたくらいですから時間稼ぎにするには惜しいくらいの強敵でしたね。

Gのいない間の時間稼ぎは任せたぞ、死神クロノス!

では、皆さんGのブログへの接続状況がよくなりましたら、またお会いしましょう!


「表示不具合の状況につきましてご報告します」
[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-12 22:00 | 雑談
c0040422_20182531.jpg


こんばんは、Gです。1ヶ月半くらい前から「おかしいな?」とは思ってたんですけど日に日にGがこの「ひいろお倶楽部@」に繋がりにくくなっており、ある方のアドバイスなどでGのPC内は掃除してるので(その節はありがとうございました)それでもおかしいのはエキサイトブログのサーバの方だろうなあ・・・と思ってたところで14日にエキブロサーバのメンテが入るとのこと。先日記事にした「つぶろぐ」も記事ボタン一時停止から今日完全に機能停止したらしいので今日の記事は繋がってる間に早めに処理します(最近文字の色付きなどが少ないのは疲れの他にこれも理由なのだ)。

今日はお茶の水の病院の通院日でした。もう最近はこのブログでも書いてるとおり具合が悪いというか疲れや痛みが丸っきり抜けないで休日はほとんど家で寝てる状態なもんですから今日の診察では早速その相談がメイン。

でも、よくよく考えたら先月25日から今月1日までなんだかんだで働いてたもんですから、しかも輪をかけて夜勤が一番忙しい金曜日がシフトに組まれてたり先週の下水道工事など(例の騒音振動の件も含む)の騒音で眠れない時期もあったこともあって

「そりゃまずいですよ・・・何とかなんないもんですかね・・・」

と担当医にぼやかれるのも当然の流れ。シフト云々は金曜日の夜が結果的にそうなってるだけ(それは最近、他の夜勤の方に言われてGも気がついた)に担当医が指示する訳にもいかず困り果ててましたが

今まで精神的な疲れが先行してたのが肉体的疲れが先行しているのに変わってきてるのが不幸中の幸いと担当医は判断して

「肉体の疲れや痛みが出てきたら休日はリハビリより休養を優先してください。まあ、そのおかげでGさんも寝てるようにしてるみたいですし何となくはわかってると思いますが。」

「あと薬は絶対に欠かさず飲んで精神安定を心がけて夜勤中心ですから食事の時間も遅くならないようにして疲れを少しでも溜めないように気をつけてください、
太りますしね
(Gのお腹見ながら)

・・・んー、痛い一言だ・・・実はバイト先復帰後に組まれた夜勤中心シフトで寝て入られる分、生活リズムがバラバラにはなってたんですよねえ・・・気をつけますよ・・・。

給料がまだなことから早めに帰宅して風呂に入ったらまた眠くなっちゃって・・・でも、その時に実家から携帯にメールが来て

母の肺炎が完治して仕事に明日復帰する

との連絡が。その件では実家に帰ることは控えてただけに、まあホッとして現在に至るという感じです・・・。

今日の鉛筆画は当初は眠いので別のものを描こうと思ったのですが

1.本日6月11日は暦では入梅
2.Gは眠くて疲れて体力奪われたまま
3.仮面ライダーV3が久しぶりに映画化するらしい


ということから選び直したのが仮面ライダーV3に登場のデストロン怪人ガマボイラーです。あ、今日の記事のタイトルは全然思いつかなかったのでガマボイラーの名前からいい加減につけました(ミ○ラのボイラーみたいな、笑)。

ガマボイラーはデストロン日本支部初代幹部ドクトルGが指揮した怪人第1号。国際警察のジョージ・カマモトがV3こと風見志郎に渡そうとしているダブルライダーの形見、すなわちV3の重要機密を奪うことを使命とします。このガマボイラー自体は胸の穴から発射する高熱の蒸気くらいの攻撃しかなく、それほど強い怪人ではないです。本領を発揮するのは自らが死ぬ直前。ガマボイラーは自らの命と引き換えに相手のエネルギーを奪う体液を吹き付けるのです。これにはV3もひとたまりもなくドクトルGや後続のバーナーコウモリに苦戦を強いられるのです。

しかしドクトルGは陽動作戦用のジシャクイノシシといい、このガマボイラーといい登場時にデストロンがエラいコストをかけてるというか・・・。

それにしても・・・こうブログへの繋がりが悪いと明日から計画してたことも本格的に考慮しないと・・・明日、記事が掲載できるようでしたら、その旨をお伝えします。では、今日もサクッとこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-11 21:19 | 病院系
こんばんは、Gです。早速ですが今朝、日勤へ出かける前に色々とブログ覗いてたらacoyoさんのところで、こんなことをやってるのを見ました。

不幸額鑑定

どんなもんかと上記のサイトへ行くと、また随分とサディストなブラックジョークが効いたサイトでして。どうも自分の不幸が金額に換算するとこれだけになります、というものらしい。

で、Gもacoyoさん励ますの忘れて(おいおい)早速試してみました。

結果がこれ↓(クリックするとはっきり見えると思います)。

c0040422_21193613.jpg


・・・3回やって同じだからこの金額なのだろう・・・。

ヤナヨイヨイ(874141円)ですか(泣)。

・・・これね何となくやってみただけにホントにサディストっぽくて
こっちは気持ちに響くわあ(苦笑)。

これ見た後だと交通事故とか顔面神経麻痺もそうだけど

出勤途中で雷雨に見舞われてずぶ濡れになったり
今日が給料日なのに給料遅れてたり
(手払いなのさ)

そういったことを全てこれのせいにして誤魔化したくなるねえ。
不幸の王様らしいし。アッハッハッハ・・・ハ~・・・。

・・・でも文中にあるように上には上がいると思って頑張るしかないよね、トホホ。
なんか励ますつもりが逆にカウンター食らった感じですねえ・・・。

今日はもう鉛筆画。サディスト、下の者は雑魚扱い、でも上には上がいるとなると・・・いよいよコイツの登場ですね、はい。

c0040422_21205059.jpg


イナズマンFに登場の敵組織デスパー軍団参謀サデスパーです。今までウデスパーばかりしか載せてませんからイナズマンファンには大変お待ちかねといいますか・・・。

サデスパーはデスパー軍団の実験都市デスパーシティの市長でありイナズマンたちが初めてデスパーシティへと行った際(仲間の荒井誠は戻ってきた格好であるが)に初登場し強力な念力で追い払っている。その後はウデスパー兄弟の後任参謀として兼任することとなる。武器はその念力の他に1回だけだが使ったムチ、そして胸の装甲を左右に開き敵を挟んで内部のトゲで串刺しにする大技がある。また目を発光させて人間を催眠状態にして操ることも出来る。

ウデスパーは左右の右や(ガイゼル総統の、初期のアタッチメントが、など)右腕が名の由来であるのに対しサデスパーは左右の左の他に上記の武器の理由からサディストというところも名の由来である。

もっとも強力な参謀なのに最期は時間稼ぎのためにイナズマンと戦って結構あっさり負けてしまいましたが。ゴレンジャーのゴールデン仮面大将軍ほど酷くないけど、ちょっと残念。

ということで今日はサラッと終わりにします。では、これにて。

「不幸額鑑定」
「謎のロボット戦士・ウデスパー」
[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-10 22:16 | 雑談
こんばんは、Gです。昨日の夜勤はどちらかといえば暇だったのですが、いかんせん体調が優れず今日もリハビリに行った以外はほとんど寝ておりました・・・。

一昨日アップしようとしてた追悼記事も用意している鉛筆画がかなりの大人数のものになってしまうため体調の件もあって製作途中で断念、今日は以前から宣言してたイベント記事をやることにします。

そのイベントとは・・・

6月5日に「ひいろお倶楽部@」へのトラックバックが500件に到達したのです!

最近はトラックバックの数も以上に増え結構早い段階で500件を突破、今日9日現在では509件となっております。記事数が多いせいかニアミスっぽいトラックバックも目立つ今日この頃ですが、ありがたい限りです。

で、イベント記事といえばウルトラ怪獣なので特撮関連のトラックバックがやや少ないことから500件目のトラックバックを見てみたら

高校野球。

・・・ウルトラ怪獣で野球ネタですか?
ガラキングはバレーボールだし、うーむ・・・

・・・1つ思いついたな。

疲れてて荒いですがザクザクと描いた鉛筆画がこれです。

c0040422_21534441.jpg


ウルトラマン80に登場の紫外線怪獣グロブスクです。オリオン座ブレイアード星滅亡の原因ともなったオゾン層の破壊が地球でも進行し大量の紫外線が正少年が捨てたグローブに降り注ぎ怪獣化したのがグロブスクです。当初はグローブ大の下記のような姿でした。

c0040422_21554129.jpg


紫外線の多い昼間になるとグローブ大の怪獣なのですが夜や日陰だとグローブに戻ってしまいます。それがユリアンこと星涼子がグロブスクの弱点である赤外線を当てようとして光線技のプリンセスレイの照射ミスにより巨大な怪獣となってしまいます。巨大化した後は昼間は姿が見えますが紫外線の少ない夜は姿が見えなくなります。武器は目からの怪光線、電気ショックでテレポーテーション能力も有します。また上下反対でも行動可能という変な特長も持つ。東京郊外へ逃亡し隠れようとするも矢的猛のウルトラアイで見破られ涼子のプリンセスレイの再放射と80の(赤外線を多く含んだ)サクシウム光線によって倒される。ちなみに声はライブキングのものを変えて使用している。

最後にグロブスクが登場する話を簡単に。ウルトラマン80第47話「魔のグローブ 落し物にご用心!!」脚本・石堂淑郎、監督・東條昭平、特撮監督・佐川和夫(敬称略)。ちなみに東條氏ウルトラシリーズ最後の監督作です。

少年野球チームファイターズ(日本ハムではない)の玉井正少年は試合でエラーをしてしまい正はエラーをグローブのせいにして捨ててしまう。その八つ当たりを母に怒られた正はグローブを捨てた場所に行くとグローブは小さな怪獣となっていた!正や正の父親を襲う小怪獣!

オゾン層の破壊に伴い大量に降り注いだ紫外線はグローブを媒体として集結した結果だった。怪獣は紫外線の少ない日没後にはグローブに戻る事、赤外線が弱点である事を矢的猛と星涼子は調査の末にわかる。

早速、赤外線を照射する涼子。ところが照射の度が過ぎてグローブは巨大な怪獣グロブスクとなる。郊外へと逃げたグロブスクに責任を感じる2人。ウルトラ戦士である2人だけでグロブスクの捜査をする。タイムリミットは紫外線が多くなる夜明けまで。徹夜で探しながらも苦心の末に涼子の宇宙線察知能力、猛のウルトラアイによってグロブスクを発見、涼子ことユリアン1人を観客にして戦うと言い残し猛は80に変身!グロブスクを倒し事態を2人で秘密裏に収拾する。

そして正は元に戻ったグローブで元気に野球に励むのだった、というもの。

まあ野球にグローブですからこれでいいでしょう。

今日は体調不良のため急ぎ足で記事を進めましたが今後とも「ひいろお倶楽部@」を宜しくお願いします!では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-09 23:01 | 特撮系
c0040422_22211497.jpg


こんばんは、Gです。ちょっと体調を崩したので今日行った眼科の病院系の記事をアップという形にします。


昨夜は夜勤だったわけですが、この夜勤は先週急にシフトが変更されて決まったものでして

当初、今週は

日曜・夜勤
火曜・日勤
(木曜早朝に眼科の予約)
金曜・夜勤


だったのが

日曜・日勤
水曜・夜勤
(木曜早朝に眼科の予約)
金曜・夜勤


と変わってしまったので、いくら水曜の夜勤を今までやりなれてるとはいえ急な変更には正直まいってしまいまして。

事実、夜勤から帰宅後、今日の朝3時半に寝て今朝は8時15分起きまして9時に予約が入ってるので朝食取らず遅刻すれすれで行ったのです。

確かに以前もこれに似たシフトだったのですが一度、木曜の日勤に間に合わずバイト先に怒られた事もあって出来るだけ木曜の日中は空けてもらってはいるものの今のGの状態だと1週間前の変更では調整が難しいですね・・・。

幸い眼圧は平常値すれすれで保たれておりまして次回は9月末に既に予約があることをGが言ったら眼科の担当医は

「その前の8月に視野検査をしたいですね・・・しばらくやってないし」

また、いきなり予定変更ですか?バイト先にはしばらく無いって言っちゃったよお・・・。

まあ仕方ないので8月に予約入れて更に9月末に眼科へ行くこととなりました・・・8月の予約は珍しく正午からというのはGには楽ですが。

今日は早めに鉛筆画へいきます。体調悪かったのであまり良い出来ではないですが仮面ライダースーパー1に登場のドグマ怪人カマキリガンです。

本当は今日の記事は前回書いたとおりイベント記事か、もしくはある方の追悼記事にする予定だったのですが、その記事の準備を昨日してた際に今年の訃報をチェックしたらいろんな方が亡くなられてまして。この「ひいろお倶楽部@」では追いつかないほどなのですけど、

ビックリしたのが5月23日に声優の村越伊知郎氏が亡くなられてまして。(享年76歳)

イナズマン、トリプルファイター、ファイヤーマン、超神ビビューン、超電子バイオマンなどのナレーションや超人バロム1の声など特撮にも縁が深い村越氏の訃報を知らなかったGは好きな声優さんだけに村越氏が声を担当された特撮キャラを探しまして有名な仮面ライダーのショッカー怪人アリガバリとシードラゴンはイラストが紛失してるため目に関するキャラをということでカマキリガンを起用しました・・・合掌。

カマキリガンはアブラーダ王国の王子でスーパー1こと沖一也とは旧知の仲のイスマエルに化けて日本政府に街の1区画を要求、その地下に侵略用の前線基地を作ろうと企みます。両手にカマを持って攻撃し「死の大バサミクロス」という必殺技を持つ。人間を操る催眠光線を出す目がくるくる回るのが特徴だが再生するごとに回らなくなってくる(ZXの特番での武器も死神みたいな大ガマだし)。

今日はこれで簡単に終わらせます。なんか以前のお休み記事みたいですが・・・明日は記事にもあるとおり夜勤ですがキツイなあ・・・では、これにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-07 23:01 | 病院系
c0040422_19525990.jpg


こんばんは、Gです。昨日の母の急病ということもあり今日予定してた示談に関わる事故の後遺症の診察は病院側に延期を申し入れ顔面麻痺の薬などの処方箋を貰うのとリハビリだけという急務のみをして帰宅し変な話ですがようやく落ち着いた時間を過ごしています。

それで「ひいろお倶楽部@」の記事の方も今日は予定通りにやれそうです。昨日書こうと思ったというか書こうか考えてた記事は、この方の訃報によるものです。

俳優の石立鉄男氏が6月1日、動脈瘤のため亡くなられました。享年64歳

Gの大好きな名優ですが特撮とは関わりが薄い方でしたので訃報に全部対応してるわけでもないですし、どうしようかと思ったのですが

以前にこんなぶっ飛んだ記事(記事冒頭の画像に見覚えのある方は古株の常連さんですね)をここで掲載してたので追悼記事に踏み切りました。

「石立鉄男と名古屋章の声入りテクノ!(はぐれベーダー13)」

まさかお二方ともこんなに早く逝かれるとは思いませんでした・・・ただ、このCDの曲を石立氏がご自身の主演されたネットドラマで使ってたのは嬉しかったですが(教えてくれた友人ありがとう)。

石立氏といいますと「奥さまは18歳」ですとか「パパと呼ばないで」ですとか一連のドラマ、

通称・石立ドラマ

が有名なわけで彼自身が注目された作品群でもあり当然Gもよく見ておりました。あのドタバタなギャグは正直面白かったですし恐らく多くの方も石立氏というと思い浮かべるのが「おい!チー坊!」というセリフでGもよく真似をしたものです。今でも出来ますよ。

ただGが石立氏ですぐ思い浮かぶのは上記の他に

「噂の刑事トミーとマツ」

があったりします。彼は本庁の相模管理官という役柄でトミーとマツの上司で林隆三氏演じる御崎課長とよくつるんでてトミーとマツの国広富之・松崎しげるコンビと同じくらいに笑わせてくれましたね。

例えば

相模管理官と御崎課長が壁に寄り添ってポツンと座りながら何やら「あれはまずかったよなあ・・・」みたいなことを愚痴ってたりしてます。何を愚痴ってたかというと

2人で風呂を覗いて女性に見つかって水ぶっ掛けられた

ということだったりとか。警察の管理職でしょう!と突っ込みたくなったりしましたよ。

そんな中、御崎課長が捜査の行き過ぎで辞めてしまう格好となり(実はこの御崎課長辞職の話はいまだ未見、見たいなあ・・・)後任課長は誰?ということになります。

そんな中で朝から機嫌がいいのは最近チワワのCMでブレイクした清水章吾氏演じる片桐係長。これで繰上げ昇進だと決め込んでるわけです。

そこへ憮然とした表情で相模管理官がやってきます。管理官はあくまで本庁勤務ですから「あれ?どうしたんですか?」とみんなが聞くわけです。

相模管理官はぶち切れて一言。

「・・・今回の責任を取らされて課長に降格になったの!」 

相模新課長という意外な展開に1人がっくりする片桐係長
でした・・・。

というやりとりを何故かGは一番よく覚えてたりします。あれだけ石立ドラマを見てたのに・・・不思議です。そういうノリをそつなくこなせる俳優こそが石立鉄男氏だったのです。

最近ネットドラマ見ただけに今回の訃報には流石にガックリです・・・
石立流の芝居がもう見れず本当に悲しい・・・。

あのチー坊こと杉田かおるさんも流石に泣いておりましたね
・・・・今日の鉛筆画は色々と考えましたが石立氏のために泣いてたチー坊関連で行ってみますかね・・・まあ杉田さんが出演されてたウルトラマンレオで初出演物ということでコイツです。

c0040422_19531912.jpg


ウルトラマンレオに登場の昆虫星人バーミン星人です。え?シルバーブルーメじゃないのかって?それは杉田さんウルトラシリーズ初レギュラーでして初出演となるとこのバーミン星人の白い花の精というゲストでとなります

バーミン星人は仲谷昇氏演じる花咲か爺さんに化け銀色の星屑をばら撒いて悪魔の花を咲かせます。悪魔の花からは眠り病を引き起こし子供達を眠らせて成長を止めることで地球を支配しようと企みます。武器は両手からの特殊ガス(悪魔の花と同じ成分)、触角から発射する3つの光線、黄色対空光線、緑色対地光線、特殊ガス中の悪魔の花を白いツタに買える光線である。レオのウルトラマントとタイマーショットに敗れる。

白い花の精は梅田カオルが弱ってた花を助けた後にカオルの夢の中に登場しバーミン星人が撒いた悪魔の花にジョウロで水を与え白い花を咲かせて眠り病を解消し事態を収拾してくれた。


今回の訃報はある意味、眠り病であってくれればなあ、とも思ったりします。合掌。

・・・明日は夜勤です。次回かその次にはイベントを予定してますので、あらかじめお知らせします。最後に今回は特撮系とします。では失礼します。


◎石立氏の関連記事◎

「石立鉄男と名古屋章の声入りテクノ!(はぐれベーダー13)」
[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-05 21:21 | 特撮系
c0040422_21183299.jpg


こんばんは、Gです。今日は久々にゆっくりできるお休みだったのですが事情あって予定を変更して掲載します。

というのも

昨日の蜃気楼衛星タイガー号の記事を書く直前にGの自転車がパンクし一夜明けた今日月曜日は近所の自転車屋の定休日で色々考えて用事を済ませながら実家に近い自転車屋に修理を依頼、タイヤ交換などで夕方17時くらいに出来上がるということで修理を頼んで実家に顔を出して帰宅、昼寝した後にリハビリのために母が勤めてる病院へバスで向かったのですが・・・

本当は先週受けるはずだった示談に関わる事故の後遺症の診断がGの強行スケジュールの都合で今日明日くらいに予定をずらしていたので顔面神経麻痺の薬が切れてきたこともありリハビリ後に外来に顔を出したら

今日は1日勤務と事前に聞いてた母の姿なし。

多忙で見かけないのはよくあることなのですが他の看護婦さんがGの顔を見るとパーッと駆け寄ってきて

「(Gの母は)疲れて熱出して具合悪くなったから、ここで診たら市立病院へ向かうようにということになって午前で早退して市立病院へ向かったの。電話してあげて」

確かに昨日の日勤へ向かう際に用事で実家へ寄った時に「疲れて頭痛くて・・・」とは日頃は明るい母から聞いてたんですけど急に聞かされたもんでGの目も点になってまして。

とりあえずGの診察などの日程は明日以降にずらすことで、その看護婦さんと打ち合わせた後、外で母の携帯へかけたもののまだ市立病院にいるらしく出ない。仕方なくGが耳鼻科に行った際に作った診察券で番号を確認して市立病院へ電話。するとまだ診察中との事。

ちょっと経ってから携帯に母から電話があり声も元気で大丈夫らしいが血液検査の結果待ちとの事。

結果が出てからでないと、どうしようもないので、とりあえずGはバスに乗って実家方面へ行き自転車を回収し再度実家に寄った後に帰宅。すると母から「結果出た」との電話が。

どうも軽い肺炎だったそうな。(本人には自覚症状は無いらしい)
しばらく休養取らないとイカンそうな。

・・・んー、まあ一安心したものの、肺炎もこじらせば危ないですし

Gの病気や事故などで心配かけすぎに猛省させられました・・・。

それで夜になる前にようやく落ち着いたというわけです。まあGが実家に行っててもいいのですが休養させることが一番ですしGと父でゴタゴタやってたら母は休養にならないでしょうから止めておきました。

そんな感じで買い物とかも遅れてドタバタしてたので、ろくすっぽ鉛筆画も思い浮かばなかったのですが母の病気といって先程ようやく思い浮かんだのがウルトラセブンに登場のオーロラ怪人カナン星人であります。

カナン星人は暑さが苦手で寒さを好みベーリング海周辺で灯台型ロケットからオーロラに似た特殊磁波と怪光線で北極圏上空を通過する航空機を次々と操縦不能にして事故を起こし調査に来たウルトラ警備隊のフルハシ隊員のウルトラホーク3号もその餌食にされかかって旅客機と激突しそうになり寒さが苦手なウルトラセブンことモロボシ・ダンが放ったカプセル怪獣ウインダムも電子頭脳を狂わされセブンと戦う(というか、あれは子供と大人の追いかけっこ状態)羽目になってしまいます。カナン星人は女性3人でもっぱら灯台型ロケット内で行動し最後は脱出を図るもセブンのワイドショットでロケットごと撃墜、フルハシは危機を乗り切る。ちなみにカナン星人の名の由来は「彼方」から。

このウルトラセブン第24話「北へ還れ!」はフルハシを故郷の北海道へ連れ戻しに来る母親が出てきて(調査を理由にフルハシは入れ違いで逃げ出している)、旅客機との激突を防ぐためにホーク3号の自爆スイッチは作動したものの脱出できないフルハシが死を覚悟して本部にいる母親とわざと平穏に会話するシーンなんかが印象的ですが

確か冒頭でフルハシの妹が「母が病気」と嘘をついて北海道に連れ戻そうとしてたと思ったのですが。フルハシは軽くかわしてましたけど。

まあGの場合は嘘ではなかったわけですが

最後に母の件を教えてくれた看護婦さん、色々とありがとうございました。

ということなんで、いい記事期待してた方にはホントすまないです。今日はこの辺で失礼します。それでは。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-04 22:24 | 雑談
こんばんは、Gです。今日は日勤で今時間は余裕があるはずだったのですが急遽とんぼ返りでバイト先に私用で出かけることになったため当初は少し後に書こうとした記事でエクセルからのコピペで負担無くできる先月5月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングをやってみたいと思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて5月は一体どんなキーワードでこの「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2007年5月●


1位  ひいろお倶楽部@ / 119
2位  スパイダーマン / 96
3位  スペル星人 / 94
4位  ひいろお倶楽部 / 92
5位  ソガ隊員 / 71
6位  エンペラー星人 / 48
7位  ダダ / 37
8位  がんがんじい / 33
9位  高山良策 / 25
10位 ひいろお / 15

はっきり言って時事ネタのワードが来ています。映画スパイダーマン3が公開ということでスパイダーマンが2位、5位のソガ隊員はあのショッキングな訃報によるものですね。んー・・・確かにインパクトはありましたからね。最近はこのブログの名前で検索されているようでホントに感謝、感謝ですねえ。

今日は検索ワードランキングということで鉛筆画の紹介も早めです。当初はこの記事用の鉛筆画があったのですが説明がかなり長くなりそうなので差し替えます。

実はGの住むアパートが明日4日から下水道工事が始まるので水の関連でいきます。これなんですが。

c0040422_20384091.jpg


なんか変てこな物が出てきましたが、これは大鉄人17に登場する人工衛星で蜃気楼衛星タイガー号といいます。このタイガー号がどう水と関わるのか?

敵組織ブレイン党でキャプテン・ゴメスの後任幹部である怪僧ブラック・タイガーがブレインロボットとは別構想で製造した人工衛星がこのタイガー号で蜃気楼衛星の名の通り電離層から蜃気楼を作ることが出来、実験で東京にパリの凱旋門の蜃気楼を見せた。この能力で日本人に水と思わせてヘドロを飲ませようとするが日本は水が豊富で効果が薄いという首領ブレインの指摘を得てアルファ光線で貯水池の水を砂に変えてから蜃気楼のオアシスを見せてヘドロを飲ませる作戦に変更する。その他にタイガー号には自己防衛用にレーザー砲で武装しているがワンセブンにレーザーを発射したところミラーアタックで跳ね返されて爆発してしまう。

もっとも、このタイガー号の話ではブラック・タイガーの弟子の女スパイであるピンク・ジャガー、ブルー・ジャガーがガンテツの姪エミが母親探しと称して家出しエミを探し出した南三郎たちにエミの母と叔母に変装してヘドロ料理を食べさせようとちょっかい?出したために逆に2人がヘドロまみれになるのですが・・・悲惨。

ということでいかがだったでしょうか?さて、今月はどういう検索ワードがランキングされるのか?次回をお楽しみに。では今回はこれにて、これから準備して行ってきます!
[PR]
こんばんは、Gです・・・やっと自宅の仕事から昨日の朝に解放されたものの夜勤終了後の今日になって疲れがドッと出て午後はほとんど寝ておりました・・・あー、かったるい・・・。

Gは訃報ばかりを取り上げて記事にはしてないと明言してますが今日までのドタバタの間に段々と気持ちがこみ上げてきたこともあり今更ながら記事を書こうかと思います。


ZARDの坂井泉水さんが5月27日病院のスロープから転落による脳挫傷で亡くなられました。享年40歳


まさに皆さんご承知の今更ながらの訃報なんですけどGがこの訃報を知ったのは現役大臣が自殺の速報が流れる2時間前、お茶の水へ向かう直前でした。

無論、ガン闘病のことなどもその時に知り衝撃の連続だったのですがZARDが活発に活動してた頃には洋楽一辺倒になってたGはこの時点では訃報記事を書くとかは正直、頭に思い浮かびにくかったです。

それが揺れる思いになったのは翌日の日勤の終了時でした。休暇を取ってた夜勤の方と久しぶりに会ったのですけど、お互い音楽好き(まあ洋楽なんですが)同士としてはZARDの件が出るのも自然の成り行きでして。

「店の有線のチャンネルを変えよう、歌が聴けるかもしれない」

彼がそう言って夜勤の方が有線のチャンネルを変えると

丁度「こんなにそばに居るのに」が流れてきまして。

その後は演歌とか流れてたのでホントに偶然でした。
それを2人で聞いた後に夜勤の方が

「ホントに偶然だけどはなむけになったよね、

大黒摩季

・・・いや、大黒さんは最近TV出てたし殺しちゃイカンでしょう。
夜勤の方の間違いでムード台無し・・・。

でも、そこから「こんなにそばに居るのに」を聴いてからGは急にZARDのCDを所有してないためCDレンタルで探しまして。訃報が出てからCDは全てレンタル状態でしたが昨日の夜勤出勤時に寄ったCDレンタルで1つだけあって、ようやく借りることが出来ました。

いくら洋楽にかたよってるGも思い出すナンバーが多々あるもので。気持ちがこみ上げてくるものです。

ZARDというと大ヒットシングル「負けないで」がよく出てくるわけですが93年の曲と聞いた時、そんなに昔だったか、と思ったりもします。

93年といえばGがゲーム会社に勤務してた頃。まだ慣れてなかったドット打ちに苦労しながらチンタラと仕事してる毎日でした。

先日はこんな絵も出てきまして。

c0040422_2091483.jpg


Gが7~8割くらいのモンスターを担当したPC98用ゲーム「ルナティック・ドーン」のバシリスクのラフスケッチです。

この絵は前後のラフなどを見ると描いたのはゲーム販売して間もない93年末から94年1月くらいに描いたもののようです。その辺はよく覚えてないのですがデザインを練ってた頃より後なのは確かですね。でも、こんな叩き台を描いてからドット絵に向かっていったことも幾度かあります。

ただ、このバシリスクは没になったような気が・・・パッケージ写真には載ってるけど。


坂井さんの歌声を昨日から聞いているうちにこういった昔のことが走馬灯のようによみがえってきます。ミュージックステーションで見た記憶もあるので当時も何気には聞いてたのでしょう。知らず知らずに後ろ見つつも前に進んでこれたのも脳裏の何処かに坂井さんの歌があったからでしょう。でないとそんなに急に過去が鮮明にはよみがえらない気がします。

転落死という幕切れで終わってしまったのは残念ですが・・・。

いや、果たして終わったのか?・・・最後にGがZARDで一番好感持ってた曲から。

「君と僕との間に永遠は見えるのかな」

Gは改めて貴方の曲を聴いて何となく「永遠」が見えた気がします


合掌。

今日ははぐれベーダーではない変則音楽系とします。失礼しました。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-06-02 21:09 | 音楽系
←menu