ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part28

こんばんは、2日ぶりのGです・・・。

昨日の夜勤で20世紀少年の入荷や店のデッキのトラブル処理、
客足の多さ等で最も忙しい土曜日並みの仕事量をこなした事もあり、
翌日の今日になってVery Very Tiredとなっています・・・。

Gの頭もフニャフニャで首や体の節々も痛みます・・・。


なんで電話応対もフニャフニャだった今日は
ネットは止めておこうと思った
のですが
前回のシーグラの記事で書いた1月中に書く通常予定の記事というのが
体の負担が少ない検索ワードランキングだった
ので、
明日くらいまでゆっくり記事アップする形でやってみようか、
と気楽に考える事にしました。

死神バッファローの記事でも軽く触れたように
この検索ワードランキング用に元旦の時点で鉛筆画を用意
しており、
ロボコンの記事で書いた正月2日に実家にいた際に実家のノートPCを借用して
先月12月分の検索キーワードランキングを確認してはいた
のです。

ただ、その実家からの帰宅後に彼女の急死を知らされ
USURAの記事の件で出てた症状などから
負担は軽いとはいえ、検索ワードランキングの検証を書けるのかを
タイピングミス等もある事で疑問に思っていたため
昨年末のエナ・ハルコスの記事のように
1月の一番最後の記事にする事で調整
する事にしました。

そしてエナ・ハルコスの記事から1ヶ月経った今日に実家で調べておいた
コピペで体の負担の少ない検索ワードランキングの先月12月分を
ようやく無理なくアップできた
のです。

それにエキサイトブログから昨日29日に発表がありまして。



「携帯からレポートが確認できるようになりました」
(クリックすると詳細が見れます)

これで携帯からも閲覧者関連のレポートが見れて楽になるので
2月はシーグラの記事で書いたように久々に出かけますし
負担が軽く済んでいいですね。


あと、もうどうしようもない事のようなので
エナ・ハルコスの記事でも書いた文面を
くどいようですが一部追記して載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての
連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

なお、コメントに関しては
バッファローモンガーの記事でも書いたとおり、
承認制を導入してます。
詳細はバッファローモンガーの記事をご覧下さい。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


ということで前置きが長くなりましたが
記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月12月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングを
やってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて12月は一体どんなキーワードで
この「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?

参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2008年12月●







1位 スペル星人 / 116
2位 ゴモラ / 33
3位 マグマ大使 / 29
4位 がんがんじい / 28
5位 ドロボン / 28
6位 改造エレキング / 23
7位 高野宏一 / 22
8位 ベロクロン / 21
9位 メトロン星人 / 21
10位 仮面怪人 / 19






今回の初ランクインは6位の改造エレキング、7位の高野宏一、
8位のベロクロン、10位の仮面怪人
です。
改造エレキングは記事にもしてますが
恐らく12月のマシュラの記事から
と思われます。
高野宏一氏は12月にお亡くなりになってすぐ追悼記事アップしましたからね・・・
それだけ偉大な特撮界の人材だった
という事ですね・・・。
ベロクロンは初代ベロクロンベロクロンⅡ世改造ベロクロンⅡ世
3回も起用していますからランクインするのは当然
といいますか、
ようやくランクインしてきたなあ、というのが率直な感想。
ゴレンジャーの仮面怪人は個々の仮面怪人でのランクインはある
のですが
仮面怪人まとめてというランクインは今までありそうでなかった展開でしたね。
途中まで残って月末にランクインできずというのは過去あったのですが。


それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
この記事用に元旦に用意して描いた特撮キャラはコイツです。

c0040422_1854445.jpg


キカイダー01に登場のシャドウロボットであるビッグゴリラです。

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

(1月30日PM21:40)

休憩の時間を多めに取りましたが、ビッグゴリラの説明に入ります。

ビッグゴリラは息子のシャドウロボットであるミニゴリラと共に
キカイダー01抹殺のために後期の敵組織シャドウが出撃させたアンドロイド。
ビッグゴリラは体内に高性能コンピュータを内蔵しており
01と対戦する事で戦闘能力や弱点といったデータを取り
シャドウ本部とミニゴリラの電気計算機に調査及び分析結果を送っていた。

つまりビッグゴリラは01のデータ収集のために
倒されるよう作られたシャドウロボット
であり
本命はデータを元にしたミニゴリラの強化という
シャドウの二段構えの作戦
であった。
ビッグゴリラは01のブラストエンドで予定通りに倒され
ミニゴリラと偶然知り合ったビジンダーは不憫に思い
ミニゴリラの母親代わりとなって特訓と強化改造を施す事になる
のだが
強化改造の際に父親のビッグゴリラの電子頭脳を使ったため
成長したミニゴリラはビッグゴリラ2世となり01への復讐心が芽生え
育ての親のビジンダーを振り切って01に立ち向かってしまう事に・・・。

ちなみにビッグゴリラの武器は怪力と右手から発射するゴリランバズーカ
シャドウロボットではお馴染みの背番号に関してはシナリオ段階から既に無い。
なお、声の担当は渡部猛氏。

ビッグゴリラはデータ収集用アンドロイドという事で
正月中に実家で検索ワードランキングを調べられる予定であったため
データ系の特撮キャラとして元旦に用意していたというわけ。

なお、息子であるミニゴリラの鉛筆画は
強化改造後のビッグゴリラ2世が父親のビッグゴリラと同型であることもあり
混合を避けるため機会をある時に改めて描く事にします。


さて、今月1月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。

では、2月1日は出かけてしまうので、今回はこれにて失礼します・・・。






「アニメーション監督・小説家の鳥海永行氏逝く・・・日本アニメ界の巨星」 (シーグラ)
「丑年Gさんの誕生日企画・メガール将軍の最期」(死神バッファロー)
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part27」 (エナ・ハルコス)
「何だかんだで「ひいろお倶楽部@」も今日で4周年を迎えました。」
(バッファローモンガー)
「満月の光を浴びて改造エレキング復活!」
「11月にトラックバック750件突破!きのこ、とくればマシュラ!」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「ウルトラバトンシリーズ第4弾・ウルトラマンAバトン!ベロクロンも参戦?」
(初代ベロクロン)
「復讐の鬼・女ヤプールとベロクロンⅡ世!」
「ヤプールもGの鉛筆画も最後の手段は改造ベロクロンⅡ世?」
「ひいろお第29話:5人の理由」(ゴレンジャー)
「ひいろお第13話:ヒーローの末路」(キカイダー01)
[PR]
←menu