c0040422_12281069.jpg

c0040422_12291982.jpg


12月23日より第2回Gサンタプレゼントを
2009年1月3日まで開催中!
詳しくは下記の記事のリンクをクリック!




「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
(↑クリックすると第2回Gサンタプレゼントの詳細が見れます!)


◎1月1日追記分◎
応募〆切を2009年1月3日(土)記事掲載時へ延長しました!


なお12月26日からの
Gのメールソフトのスクリプトエラー発生の関係で
第2回Gサンタプレゼントの応募方法を一部変更してます。
詳しくは上記の「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」のリンクにて
ご参照ください。申し訳ありません。


◎1月3日を持ちまして第2回Gサンタプレゼントは〆切らせて頂きました◎

あ、もうこういう感じで不具合も多いので
昨夜にIE8はアンインストールしましたので宜しく。


・・・ということで、こんにちは、今日も2日ぶりのGです・・・。

昨日はムラサキネズミの記事であったように
バイト先の日勤の同僚が風邪と高熱でダウンした事から
本来は今日の日勤だったGがシフト交換して昨日、代理出勤をし
仕事は楽な展開で進んでた
のですけど
店長さんが夜勤に入る日だったもんですから
色々と追加で作業が入ってしまい


残業して帰ってきました・・・
最後の方は目の関係でボーッとしてましたが。


なので今日は昨日の代休で家にいるのですけど
昨日の深夜にバイト先から電話がかかってきまして
Gはその時、寝ていたのですけど折り返し電話したら、
まあ昨日の帰り際には「もしかしたら・・・」と店長さんも話してましたが

風邪と高熱で27日に出勤してくる日勤の同僚を
翌日はやはり休ませる期間が必要だろう、
という事になり

明日28日の日勤も代理出勤が確定してしまいました・・・
お陰で電話の後は寝付けなかったですよ・・・


ムラサキネズミの記事で書いてた嫌な予感が的中・・・。


カノン・ハルコスゲシュートマントコング空爆エイイワガメ怪人カマクビガメ
レッドデンジャー影法師ロボット鉛筆画のペロリンガ星人
クレッセントの内部図解ヴァージョン獣人ヘビトンボ(成虫)マシュラ
サタンモアヒカリコングセブン上司ゲララチンの各記事の流れで


10月末から皆が色々とあってガタガタだなあ、
と店長さんとも話してましたが

もう本当にガタガタですわ、まったく。

ゲララチンの記事や第2回Gサンタプレゼントで書いてた
今年中に書きたい2つの記事も
書けるかどうかが微妙
となってきました。
こういう形で予定してなかった追加記事を書いてる有様なので
2つの記事を書けなかった際は
来年の元旦に突入という形
となるでしょう。
ちょっと今年中は本当にわかりません。


第一、仕事納めが大晦日の日勤だし(泣)

・・・今、日勤で出てる同僚の具合も心配ではあるので
明日も何とかするしかないですね・・・。


あーあ、この秋口から本当に色々ありすぎだよ!もう!

あ、文章はムラサキネズミの記事から一部コピペして行いましたので。

という事で今日の鉛筆画。
風邪というか伝染病
の他にある意味で店中が色々と蔓延してる、
という意味合いでの起用で色々と考えた末、

スカイライダー
に登場のネオショッカー怪人ドクガンバにしました。

なお構図が横長なのでサタンモアの記事のように
縦横両方の画像をアップ
しておきました、はい。

(ここで一旦、休憩します・・・)

それではドクガンバの説明を今回もチャッチャッと行います。

ドクガンバは
敵組織ネオショッカー日本支部二代目幹部の魔神提督が
相変わらず外国から呼び寄せたネオショッカー怪人で
ギリシャから日本へとやってきた。
発熱性伝染病と偽って毒燐粉で子供達を侵して小学校へと隔離し
37ヶ所もの小学校を占拠、その毒燐粉がつまったドクガ砲を設置する要塞とし
ドクガ砲による一斉砲撃で大量虐殺を目論む。

このように知的戦略に優れた面を持つドクガンバだが
来日したライダーマンとXライダーによってドクガ砲は次々と破壊され
結果的にはスカイライダー、ライダーマン、Xライダーの3人ライダーを
1人で相手にせざるを得なかった不運なネオショッカー怪人
であった。
武器はその毒燐粉の他に鎖分銅があり
また30cmくらいの毒蛾に化ける能力も持つ。
なお声の担当は八代駿氏。

ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間たち♪
その仲間たちは皆ガタガタ・・・。


ということで、今年中に何とか会える日を夢見て!






「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
「ムラサキネズミのダーク新型ペスト菌でGさん、また代理出勤?」
「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「一体がんがんじいは誰と戦ってたのか?」(マントコング)
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「記事数900件記念!再登場の月の輪怪獣クレッセントの内部図解!」
「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「11月にトラックバック750件突破!きのこ、とくればマシュラ!」
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「Gにもヒカリコングの光が見えてきたのか?」
「病院へ行ってきましたPart140・セブン上司?にも会ってきました」
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-27 12:54 | 雑談
c0040422_16215393.jpg


12月23日より第2回Gサンタプレゼントを
2009年1月3日まで開催中!
詳しくは下記の記事のリンクをクリック!




「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
(↑クリックすると第2回Gサンタプレゼントの詳細が見れます!)


◎12月26日追記分◎
Gのメールソフトのスクリプトエラー発生の関係で
第2回Gサンタプレゼントの応募方法を一部変更してます。
詳しくは上記の「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」のリンクにて
ご参照ください。申し訳ありません。


◎1月1日追記分◎
応募〆切を2009年1月3日(土)記事掲載時へ延長しました!


◎1月3日を持ちまして第2回Gサンタプレゼントは〆切らせて頂きました◎

・・・ということで、こんにちは、2日ぶりのGです。

本来、ゲララチンの記事で書いた今年中に書きたい記事2つの残り1つと
上記の第2回Gサンタプレゼントの追記で書いた件を追加して
残り2つの記事のみを目の調子を見ながら書く予定
でしたが

ちょっと緊急事態が発生したので
急遽追加で簡単に記事をアップしておきます。


昨日24日は夜勤でしてエキサイトブログからこんな発表もあったようですが
(24日クリスマスイブは出かけてレンタルする客が少ないため店側でシフト配慮してくれました)

「ブログパーツ機能を追加しました」
(クリックすると詳細見れます)

ちょっとその機能テストは後日にしたい
と思います。

先程、バイト先から電話があり日勤担当の同僚が風邪と高熱のため
Gとのシフトを交換してほしい、
とのお願いがあり
彼の声が明らかにおかしくなっている事から即時承諾
今日の夜勤の後輩に出来るだけ早く来てもらうようアドバイスもしておきました。


という事で、また代理出勤です・・・。

カノン・ハルコスゲシュートマントコング空爆エイイワガメ怪人カマクビガメ
レッドデンジャー影法師ロボット鉛筆画のペロリンガ星人
クレッセントの内部図解ヴァージョン獣人ヘビトンボ(成虫)マシュラ
サタンモアヒカリコングセブン上司、ゲララチンの各記事の流れで


代理出勤、代理出勤の連続でガタガタきてるだけに
また代理出勤か、と思う気持ち


本当にここ最近は随分落ち着かないなあ、とも思いつつも

まあ、ぶっちゃけ当初入る予定だった27日土曜日と
明日26日の金曜日の日勤との交換では
土曜日より金曜日の方が比較的作業が楽なので、
それはそれでいいのですけど


ただ・・・また長引かないといいなあ、という不安もあります・・・。
(Gは嫌な予感が当ってしまう事が多いもので・・・)


今日はクリスマスだというのにまったく・・・。

ですので今後の記事の予定が大幅に変更される可能性も
充分考えられますので予めご連絡致します。


ということで、今日の鉛筆画ですが
何分、急な事でしたので以前にリクエストされてた
ネズミのネタを今回は起用
しました。

人造人間キカイダーのダーク破壊部隊のアンドロイドのムラサキネズミです。

(一旦ここで休憩します・・・)

という事でムラサキネズミの説明もチャッチャッと行います。

ムラサキネズミはダーク新型ペスト菌を開発するため
伝染病研究所を襲撃し開発に必要なペスト菌を奪う事を使命
とする。
たまたま研究所に近づいた光明寺博士を
ダーク新型ペスト菌のモルモット代わりに感染
させ
今度は捜査依頼を受けてハンペンこと服部半平と共に研究所に来た
光明寺ミツ子を第2の餌食としキカイダー
ことジローは
応急処置としてミツ子に自らの熱エネルギー電池を渡して
ムラサキネズミを追うも電池を欠いたジローのパワーは10分の1にまで低下

変身はおろか動けなくなったジローはムラサキネズミに崖から突き落とされ
敵組織ダークの部隊にトドメを刺されそう
になるも
我が身を顧みないジローによって救われ心打たれたミツ子が
熱エネルギー電池を持って駆けつけセットした事で窮地を脱する。

ただ、光明寺博士は翌日には回復してダークから逃れたため
ダーク新型ペスト菌の威力は従来のペスト以下だった可能性が高い。


ムラサキネズミの武器はその口から吐く霧状のダーク新型ペスト菌の他に
コンクリートの壁も突き破る左手の爪、同じくコンクリートを噛み砕く歯、
顔の角を発射する電撃ネズミ花火、右手のムチで縛り上げるマウスギロチン、
後頭部からレーダーを出し破壊光線を出すネズミ爆弾
があり、
そのレーダーは首領であるプロフェッサー・ギルとの連絡用も兼ねている。
なお声の担当は神山卓三氏。

まあ、危険なペストではないけど風邪も万病の元ですので・・・。

今日はそういった事情なので、此れにて失礼します。







「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「一体がんがんじいは誰と戦ってたのか?」(マントコング)
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「記事数900件記念!再登場の月の輪怪獣クレッセントの内部図解!」
「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「11月にトラックバック750件突破!きのこ、とくればマシュラ!」
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「Gにもヒカリコングの光が見えてきたのか?」
「病院へ行ってきましたPart140・セブン上司?にも会ってきました」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-25 16:46 | 雑談
c0040422_8535097.jpg


それはGが疲れて寝ている深夜、日付は12月23日になっていた・・・。

「・・・これ、起きろ」

「ZZZZZ・・・」
「起きるのだ」
「ZZZZZ・・・」
「起きるんじゃ!」

ガツン!

「イタタタタ!な、なんだあ?・・・ゲッ、ウルトラの父!?

「ゲッとはなんじゃ、ゲッとは」

「い、いやいや、凄い痛かったもので・・・
って、手にしてるの、ウルトラアレイですよね?
あのヒッポリト星人相手に使った(汗)・・・
Gは地球人、地球人!それで殴っちゃダメ!


「そんな事はどうでもよいのじゃ」

「どうでもよくないですが・・・何故、ウルトラの父が地球へ?

「ウルトラでサンタクロースとくればワシ、というのは定番であろう」

「てっきり、サンタのコスプレかと・・・
まあ、確かにウルトラマンAではそうでしたが・・・
それにしては到着が1日早くありません?

「ワシも年だからな、南夕子に冥王星まで出迎えに来てもらったら
夕子のソリがエライ速くてのう、今日、到着したのじゃ」


「チッ、夕子さん、余計な事を・・・」

「何か言ったか?」

「・・・そのイチイチ、ウルトラアレイを構えて言うのは止めてちょー!
あの・・・偉大なるウルトラの父がこんなGに一体、何のご用で?

「おお、そうじゃった、Gとやら!」

「はい(驚)」

「体が悪い、忙しいとはいえ、どれだけ人々を待たせる気なのだ?」

「はあ・・・」

「公約とかリクエストとかレスとかも溜まり放題ではないか!」

「はい・・・」

「第2回Gサンタプレゼントも延期のしっぱなしではないか!」

「仰るとおりで・・・」

「ただのう、Gとやら、お主が今年あと2回だけ更新したい記事といううちの1つが
第2回Gサンタプレゼントのためである事はワシもよくわかっておる」


「何でもお見通しだなあ・・・ウルトラの父は読心術もあるのか?・・・」

「この『ひいろお倶楽部@』というブログとやらには特撮ファンの他に
多くの子供達も見ておる、それを知った上で事前の準備もしてたのであろう?」


「確かにプレゼント商品はダブりものですが既に用意してます・・・」

「その皆の衆の喜ぶ顔を見たい、希望を与えたいとGとやらは思わぬのか?」

「思います・・・」

「少し見通しが出てきたから冒頭の特記も削除したのであろう?」

「はい・・・後日に説明しようとは思いますが・・・」

「そう後日に、後日にと言っておるから溜まってくるのだろうが!」

「すみませーん・・・」

「第2回Gサンタプレゼントの文面は
第1回Gサンタプレゼントのものを改造流用すれば何とかなろう。
ワシもAの初登場ではマスクとスーツは改造流用だった事だしのう・・・」


「そのマスクとスーツの件、まだ気にしてるんですか?」

「そ、それはどうでもよい、とにかくやりなさい」

「はあ、しかし・・・」

「いいから、やるのじゃ!」

「ヒイイイイ!わ、わかりましたからウルトラアレイは引っ込めて下さい!
・・・どうもGはこういうタイプの人は苦手だなあ・・・」

「わかったらワシがここで見ておるから作業するのじゃ」

監視付きかよ、おい!・・・わ、わかりました・・・ううう(泣)」

「そうか、嬉し涙も出ようのう」

「やっぱ、読心術ないや、ウルトラの父は・・・」

・・・という事で、大変皆様お待たせしました。
去年は引越しで流れてしまった第2回Gサンタプレゼントを
本日12月23日から行います。


今回は2コース用意してます。


◎Aコース(アニメコース)
「聖戦士ダンバイン Vol.11」中古VHSレンタル落ち


第42話「地上人の反乱」
第43話「ハイパー・ショウ」
第44話「グラン・アタック」
第45話「ビヨン・ザ・トッド」収録


c0040422_8545185.jpg
c0040422_8554835.jpg
c0040422_8564014.jpg


以前のオーラファイター・ガラバの記事で公約したものです。
主に地上世界での戦いがノルウェー、イギリス中心に展開してた時期で
地上人トッド・ギネスの壮絶な最期が収録、トッドファンにはたまらない一品
かと。
既に動作確認はしておりますが何分レンタル落ちですので
応募の際はその辺を考えた上で行って下さい。
流石にワレモノの扱いになりますので宅急便元払いでの発送を
現段階では考えてます。


◎Bコース(特撮コース)
「星雲仮面マシンマン」第32話「争いを呼ぶ鳥の声」台本

脚本・高久進、特撮監督・矢島信男、監督・奥中淳夫(敬称略)


c0040422_8575956.jpg
c0040422_85967.jpg
c0040422_90314.jpg


Gがマシンマンの台本をコレクションした際にダブったものです。
1984年当時物ですので年相応の痛みや画像ではわかりにくいですが
表紙と裏表紙は台本を読む際の折った跡があります。
最後が見開き内容ですが最後の見開きのページのみ
年相応のホチキスのサビのため画像のようにホチキスから取れており

(ホチキスと糊付けで作られた頑丈な台本なので普通に読む事はできます)
その関係で後からできたと思われる角折れがこの両ページのみあります。
これらは全て入手当初からあったものです。
カセット男が脚本時はハードロック男だった事がわかりますよん。
メール便かゆうメールでの発送を予定してますが
保障付きをご希望の際は当選時にご連絡ください。


引き取り手が無かったダブリものになりますが宜しければご応募下さい!


-----------------------------------------------


●それでは応募方法です●

第1回とは少し方法を変えます。よくお読みになって下さい。


この①の末尾にある「応募メール」という部分をクリックして、
その宛先にメールを送ってください。
コメントでは受け付けません。
(先着順の番号をGからメールで送るためです)
送る際の件名は「Aコース希望」、「Bコース希望」などを
入れてもらえれば対応しやすいです。
(A、Bの両方のコース同時応募の場合の詳細は⑤を参照ください)

「応募メール」(PC用)
(上記をクリックして応募してください)


◎12月26日追記分◎
本日、GのPCのメールソフトがIE8導入時から発生してる
スクリプトエラーで一部のメールがGのPCに受信できていない事が判明しました。
23日以降に第2回Gサンタプレゼントで応募したのに
Gからの連絡が全然来ていない方、
また、これから第2回Gサンタプレゼントに応募する方は
お手数ですが上記のPC用の他に新たに下記の携帯用もご用意しましたので
PC用だけでなく携帯用メールリンクからも応募してください。


「応募メール」(携帯用)
(上記の携帯用もクリックして応募してください)


不手際が発生し誠に申し訳ありませんが宜しくお願いします。

◎12月27日追記分◎
IE8はアンインストールしましたがスクリプトエラーがまだ少し発生するため
応募方法はこのままにしておきます。


◎1月3日を持ちまして〆切りましたのでメールは送れなくなっています◎


応募メールにはハンドルネーム・お名前・ご住所を入力してください。
ハンドルネームで当選発表しますが
本名でも構わないという方は入力しなくても構いません。
逆に最初から本名や住所を名乗るのはちょっと・・・という方は
ハンドルネームのみ先に聞いて抽選及び当選後に改めてお聞きします。
(個人情報に関わるためこういう措置に致します)
本名での応募で同姓同名などの場合は
発表の際、県名を明記する場合がありますので。
(電話番号に関しては④を参照ください)


商品に関するご質問などでもメール対応します。
ただ、こういう状況ですのでお返事が遅れる事もありますので、ご容赦ください。


基本的にプレゼントなので料金は頂きません。
送料もG側のみの負担で検討します。
発送方法のご希望もあるかと思いますので
当選の際に気になる方はご相談ください。
発送方法によって(特にAコース)は電話番号が必須になります。
(電話番号も①同様に当選後にお聞きする形でも構いません)


AコースとBコースの両方同時に応募する事が可能です。
原則として応募者多数の場合、
両方のコースを同時に当選する事はありません。
片方のコースが当選しましたら残ったコースの抽選から外させて頂きます。
ただし応募者がトータルで1名様しかなく
両コースを希望された場合のみ両コース当選可能です。
また1つのコースに応募者が〆切まで1名様しかいなかった場合も
そのコースは自動的に当選とさせて頂きます。
(例:Aコース1名、Bコース3名の応募があった場合Aコース当選は自動的に確定)


応募〆切は2009年1月1日(木)記事掲載時を予定してます。
〆切になりましたらこのブログから応募メールは送れなくなります。
ただ〆切予定に変更がある際は必ず記事にてご連絡します。

◎1月1日追記分◎
応募〆切を2009年1月3日(土)記事掲載時へ延長しました!


◎1月3日を持ちまして第2回Gサンタプレゼントは〆切らせて頂きました◎


〆切後に抽選をした上で結果発表は記事にて行います。
抽選内容も記事にて発表します。



今、思いつくのはこんなところですが不足分も追記として書いていきますので、
もしこのGサンタのプレゼントにご興味のある方は、
「応募メール」をクリックして、ご連絡くださいませ。



-----------------------------------------------


「・・・あのー、こんな感じで宜しいでしょうか?」

「・・・ウルトラ関係が無いのだな・・・」

「いや、実は検討してたのですけど事情があって・・・ゴニョゴニョ・・・」

「うむ・・・それでは仕方ないのう」

「すみません・・・」

「しかし、これで皆の衆にも夢が与えられるのう」

「仰るとおりです・・・」

「ワシは南夕子を月に待たせておるのでな、もう帰らねばならん」

「えー?帰りも送ってもらうのですか?」

「それとせっかくわざわざ地球までワシが来たのだから
タイトルは『ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント』とするのじゃ、よいな?」


「ははあ!(平伏)」

「あと今度来た時くらいはお茶くらいは出して・・・」

「あのう・・・深夜にいきなり来て、お茶、っていうのも・・・」

「それでは皆の衆、よいクリスマスを送るのだぞ!さらばだ!」

「・・・Gの話をあまり聞かずにマイペースで帰っちゃったよ・・・
ウルトラの父って、そういう人だったのか?

まあ、いいや、やる事はやったし、また寝よう・・・」


こうしてGはようやく寝る事となり
ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼントが始まった
のでした・・・。




◎追記◎
記事文中にもあるように12月22日に
冒頭記事であった特記を一時的に削除しました。
ゲララチンの記事セブン上司の記事にも関する事なので
理由は後日に説明いたします。







「ひいろお第30話:ウルトラタッチ」(ウルトラマンA)
「Gとサタサタのやっちゃったクリスマスプレゼント!」(第1回Gサンタプレゼント)
「プレゼントビーストがGサンタプレゼント当選発表をします!」(第1回の抽選発表の記事)
「今度はダンバインのビデオが揃いました!」(ガラバ)
「今日のGはミュージックバケーション!ということで、カセット男登場!」
「先月の記事700件到達前に登場したネームカードの新顔は?」
(二度目のカセット男の記事)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「病院へ行ってきましたPart140・セブン上司?にも会ってきました」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-23 10:48 | 特撮系
c0040422_1828122.jpg


こんばんは、連投のGです・・・。

昨日のセブン上司の記事でも書いたように
今日は昨日18日の眼科の定期健診の件で記事アップ
しました。

結果から申し上げますと悪化しました。

前回の眼科検診では眼圧値はヒトツメボーマの記事での
両目ともに23だった
のですが
(健常値が20以下なので、これでも充分高いのですが)

昨日の眼科の定期健診では
両目とも27でした。


3月のヘビヘビの記事くらいからの不眠症の頃に
一ツ目アイーダの記事にて10年間の通院でワースト記録に達した
右目:26、左目:30という状態
から
一つ目仮面の記事ヒャクメガンの記事
バックベアードの記事、ヒトツメボーマの記事と
山もありましたが少しずつ回復してた
のですけど

それに次ぐワースト2の眼圧の値まで状態が悪化
しかも右目に関してはワースト記録更新となってしまうという
緑内障としてはかなりよくない眼圧に
Gも耳を疑ったほどビックリしまして


眼科の担当医も

「ちょっと最近、眼圧がずっと高いよね・・・」

とカルテ?書きながら少し困惑した声で話していました。

Gはレッドデンジャーの記事で書いた
お茶の水の病院での過労の診断が出た件を話し
影法師ロボットの記事、セブン上司の記事と診断が経過して
休養明けになったばかりに近いので何かしら目にも影響は出てるとは思います、
と眼科の担当医に伝えました。


来年2月の予約は既にヒトツメボーマの記事の段階で取ってあるのですが
その次の予約の4月の予約が10週間も開いてしまう事から
眼科の担当医もカルテ書きながらGの話を聞いてはいたようで

(最初、聞いてるのかどうかわからなかったのですが)

「10週間もありますし目薬とかどうします?」

という質問をGにしたのでGは考えた末、
通常の量より多めに訂正して処方箋を出してもらい
早めに帰宅し少し寝る事にしました。

(1日に一回しか点眼できませんが今回は余る位がよいな、という判断で)

ただ、帰りのバスの中で冷静に考えたのですが

この秋になる前くらいから
目の調子がおかしいな、とは何となく思ってはいました。


というのも

お客様がタイトルをレンタルする際に
Gたちはカウンター後ろの棚に並ぶ
タイトルの入ったケースを取りに行く
のですけど、
その棚の最上段のケースの通し番号が
番号を留めてあるセロハンテープに
Gの目には悪影響を及ぼす蛍光灯が反射して
急激に見えなくなってはいた
のです。


場所によってはまるっきり番号が見えなくなってきており

「あれ?・・・去年までは見えてたような気がしたんだけどなあ・・・?」

と思って、夜勤担当の後輩に聞いたところ、
彼も「確かに見づらいですね」と答えた
ので
店のメンバーではGが一番背が高いので身長差もあるかな
とは思ったものの、そういうもんかな、と気に留めなかったのですね。

ベンゼン星人の記事で自宅の仕事があったとは言え
ヒトツメボーマの記事での眼科検診ではやや小康状態だったものの

それから間も無く

カノン・ハルコスゲシュートマントコング空爆エイイワガメ怪人カマクビガメ
レッドデンジャー、影法師ロボット、鉛筆画のペロリンガ星人
クレッセントの内部図解ヴァージョン獣人ヘビトンボ(成虫)マシュラ
サタンモアヒカリコング、セブン上司の各記事の流れで
かなりドタバタした状態だったですし、


11月中はほとんど代理出勤の夜勤で出てて、
しかも
13時間半の連続労働(自宅の仕事→店の夜勤)というのが
覚えてるだけでも3日以上は確実にある
んですよね。


そのうちの1日は
休養前の27日、28日のぶっ続けの自宅の仕事から
28日の夜勤をやってる
という・・・

(もうペースを落としたとはいえ何時間連続労働だったかも覚えてない・・・)


そりゃ、考えてみれば
眼圧上がって当たり前だわな。
TVとかレンタルDVDとか動画とかネットとか
長時間見る事が当然できない訳だな。


というか、Gとしてはちょっと盲点だったね・・・ホント。

その目の負担を出来るだけ軽くするため昨日のセブン上司の記事は
いつもよりやたら休憩の数を増やしていたのです。


もう、そのくらいキツかったもんで・・・はい。

(という事で今回もこまめに休憩を入れていきます・・・まずは一度目)

それで色々と考えたのですが

まず「ひいろお倶楽部@」のお休みという形は
今回は取りません。


長時間のネット連続使用がキツイ事
今年中に2件だけ更新したい記事がある事なども考慮して
カメレオンカンスの記事からタマムシ怪人の記事まで一時期行ってた
眼圧が安定するまでの自主制限を再び始めたい
と思います。

特撮系のイベント発生時、
急遽通った際の病院系、
コピペで負担の少ない
検索ワードランキング及びイラスト辞書、
急遽のお知らせや連絡用の雑談、
年末年始の特別な関連記事、


のみとさせて頂き、その他の記事は一切アップしない
(訃報記事、美術系、音楽系などを含む)、

という記事展開とし、次回の眼科は2月ですが
その前月の次回のお茶の水の病院の通院日である
平成21年1月20日まで様子見させて頂きます。

ネットやメール、コメントなどの
全体の使用時間の自主制限も基本的に上記に準じます。


せっかく転職など若干いい方向に行ってただけに
G自身も悔しい思いですが、もう、こうせざるを得ない
と思います・・・。

ご理解の程、宜しくお願いします。

今回の鉛筆画ですが眼科ネタという事で

ダイヤモンドアイに登場の前世魔人ゲララチンです。

光の戦士・ダイヤモンドアイのネタは本当に久しぶりですが
(ごめん、リクエストにあったヒメコブラをまだ描いてませんでした・・・)

眼科ネタの前世魔人なら一つ目牛がモチーフのモージンガーだろうって?


いえいえ、個人的にGのお気に入りというのもありますが
今回の適任はゲララチンと思い起用しました、はい。

(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

「外道照身!霊波光線!汝の正体見たり、前世魔人ゲララチン!」
「ばーれーたーかー!」


という事でゲララチンの説明に入ります。

ゲララチンは大きな眼が特徴の昆虫型の前世魔人
手持ち武器を器用に使って戦う事が多く
背中の甲羅は外れて盾にすることが出来る。

ダイヤモンドアイの敵である前世魔人の特徴
として
首領のキングコブラ、娘のヒメコブラ、幹部のオニカブトンの3人以外は
同族の前世魔人が数回登場しダイヤモンドアイと戦う
というのがあり
(まあ、予算が少ないというのもありますが・・・)
モージンガー、サタンバット、ヒトデツボ、ケラリン、ワレアタマ、ケロキャット
(ケロキャットのみ猫マスク以外は幹部クラスに匹敵する)
などの
怪人クラスに値する前世魔人で最も同族の出撃回数が多いのが
このゲララチン
であり、ある意味では最もポピュラーな前世魔人でもある。

全部細かく書くと大変なので
簡単にゲララチンの同族の概要を書いておきます。

1.
第6話登場、人間体は内田勝正
氏演じる秘密兵器の暗殺者ドリル。
塩沢とき
氏演じる猫マスク(ケロキャット)の夫である。
武器は青龍刀背中の甲羅で防御する。
アイの必殺技ロイヤルパンチを受け妻のケロキャットに後を託し倒れる。

2.
第10話登場。他の前世魔人と共に悪霊世界にいた。

3.
第12話登場、人間体は笹本顕
氏演じるワイルド7のヘボピー、
ではなく殺し屋ウルフ。
武器は青龍刀目玉爆弾だが投げる爆弾の数に限りがある。
背中の甲羅を外して盾
とする。ロイヤルパンチに倒れる。

4.
第14話登場。他の前世魔人と共に悪霊世界にいた。

5.
第15話登場、人間体はグレーのスーツの男。
二刀流の青龍刀をふるってワレアタマとコンビで戦うも
アイの正義の風を受けて、ワレアタマと共に退散を余儀なくされる。

6.
第19話登場、キングコブラの人間体である源龍海の配下がゲララチンの人間体。

やはり二刀流の青龍刀で戦うもロイヤルパンチに倒れる。

7.
第22話登場、人間体は鈴木和夫
氏演じるジンドグマの幽霊博士、
ではなく狙撃者ガムロ。
武器は青龍刀と三叉槍、
そして体を丸め火の玉となる「忍法・火の玉の術」。
ヒメコブラをサポートしロイヤルパンチをヒメコブラを庇って受け倒れる。

8.
第24話登場、人間体は池上臣功
氏演じる電人ザボーガーの魔神三ッ首、
ではなく(それはアクション担当だった・・・)オニカブトンの部下A。
棒術を得意とし投槍も行い背中の甲羅を外して戦う。ロイヤルパンチに敗北。

9.
第26話(最終回)の最終決戦時にモージンガー、ケラリン、ワレアタマと共に
サスマタを武器に戦いを挑むもケラリン、ワレアタマと一緒に
ロイヤルパンチに倒れる。


こう書くとわかるとおりゲララチンがいかに多く登場し
キングコブラやヒメコブラ、オニカブトンに信頼されて出撃してたかがわかる。
ワレアタマと組む事が多くワレアタマも登場回数が8回と
ゲララチンの次に登場回数が多い。


以上ですね。

起用理由は目玉爆弾、という点ですね。
Gもいまや目玉爆弾と化してますので

では、明日は土曜日の日勤という忙しい時間帯の出勤
となりますが
まあ・・・書くだけの事は書いたと思いますので・・・今回は此れにて。
また、お会いできる日まで。







「病院へ行ってきましたPart140・セブン上司?にも会ってきました」
「病院へ行ってきましたPart136・ヒトツメボーマのドキドキ視野検査」
「しつこいヘビヘビのノイローゼ攻撃からようやく復活、かな?」
「病院へ行ってきましたPart121・一ツ目アイーダの眼圧ワースト記録更新」
「病院へ行ってきましたPart125・2ヶ月経った一つ目仮面の眼圧は?」
「病院へ行ってきましたPart128・バックベアードの眼圧がまたやや上昇?」
「病院へ行ってきましたPart133・ヒャクメガンほどではないが眼が少し良くなったか?」
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に」
「円谷プロ森島社長退任・1年間Gがブログでは直接書かなかった話」(ベンゼン星人)
「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「一体がんがんじいは誰と戦ってたのか?」(マントコング)
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「記事数900件記念!再登場の月の輪怪獣クレッセントの内部図解!」
「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「11月にトラックバック750件突破!きのこ、とくればマシュラ!」
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「Gにもヒカリコングの光が見えてきたのか?」
「病院へ行ってきましたPart122・さよならカメレオンカンス」
「病院へ行ってきましたPart127・タマムシ怪人のおかげでドタバッタン状態?」
「俳優・声優の中江真司氏逝く・Gのお気に入りはダイヤモンドアイ」
「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-19 19:22 | 病院系
c0040422_1940077.jpg


こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

今日は元上司に転職の件で会った事を書くので
獣人ヘビトンボ(成虫)の記事ヒカリコングの記事の続報という格好ですが
16日は元上司と会った後に今年最後?のお茶の水の病院へ行ったため
話が繋がってる事から雑談ではなく病院系としてアップ
します。

コレを読めば
冒頭の特記や他の記事などが変更している理由
がわかる
と思います。


なお、本来、この記事は明日19日にアップする予定でしたが
今日18日の眼科の定期健診が思わしくなかったため
記事の日程を前倒し
しています。


さて・・・ヒカリコングの記事で待ち合わせ場所がようやく決まり
翌16日にはGはお茶の水へ早めに出発し
40分くらい前に待ち合わせ場所に到着しましたら
元上司も待ち合わせ時間の15分前に到着。

連絡自体が3年ぶりなので直接お会いするのはそれ以上前になります。

本当にお久しぶりでした。

元上司も忙しそうで「ちょっと今、別の事を考えてるから」と仰って
「ゴメン!あと5本電話かけさせて!」と仕事の電話を済ませた後
(実際は1本追加で6本の電話でしたが)

「さて、お待たせしました、話を始めますか」

という形で昼食がてら話を進める事にしました。

(ここ3年以上の間に)Gさんも大変だったようだね」

という元上司の言葉
から始まりまして。
Gの5年前のバイト先までしか元上司は正確には把握してなかっただけに
Gの近況のメールには驚いた様子で
そのあたりから色々と断片的にですが近況をGは話していきました。
まあGの病気の事も知ってて理解してる元上司なので話しやすかったです。


(ちょっと今日はかなりこまめに休憩します・・・まずは一回目)

「ところでGさんは今、本当は何をやりたいと思ってる?」

との元上司から予想はしてた質問に
獣人ヘビトンボ(成虫)の記事では突然で頭が真っ白だった、

と前置きしてから
Gは「デザイナー関係ですね・・・」と即答しました。

「デザイナーとかイラストとかをやりながら
他のバイトをするのも1つの正しい方法だよね。
Gさんもそう思うでしょう?」

確かにGの周辺の友人でもそういった方は多い、
と答えました。

「このご時期だからね、本当は動かない方がいいんだよね。
変に金儲けしようと話を持ちかける会社なんかは
そういう時に話を持ちかけるけどダメだよ。
ボランティア精神だよね。
だから今の店にいれれば一番今の時期はいいんだけどね」


確かにブログを中心にほとんどボランティアというか、
金儲けという事はあまりかんがえないで絵をやっている、
その考え方には大いに賛成できる、
けど今年は店にいられても来年はどうなるかはGにもわからない、


と元上司の話にGは答えました。

「そうなると店長さんも言ってる
安定した職を得る事が大事だよね、
ただGさんの今の体調だと週5日勤務は無理だろうし・・・
そういう会社だったら今すぐ話が出来るけど・・・
今、Gさんって何歳だっけ?」

30代半ばである
とGが答えると

「30代ならまだ転職も出来るよ
大丈夫、私もそうだったんだから。
これがね40代になると一気に厳しくなるんでね」


と2人で食事しながら話し合っていき

「Gさん、ホームページはまだ作れる?」

元上司は10年前のプロバイダ時代を思い出してかGに質問してきました。

「まあ、ブログをやってるくらいですので
ホームページ作れる技術的なものはありますけど」


Gがこのブログの事を簡単に説明して話す

「やはり、そうなるとWEBの仕事だね」

と、ほぼ見通してた通りだったように元上司は話し始めました。

「今、思い当たる会社が2社ほどあるので
週2~3日勤務や在宅でいいか等Gさんの条件でもOKかを確認して
向こうの担当者の方とGさんが会えそうだったら連絡しますよ。
あとは当事者の問題なので担当者とGさんの都合があるから
会えるかどうか、というところまでね。
ちょうど、そのうちの1社とたまたま電話してた事だし」


おおお!そ、それはありがたいです!
まさか、そこまで具体的な線まで
話がいくとは思いませんでした!


元上司の話だと何でも今の不況で更に年末という事もあって
ソフトウェア会社の大半が仕事のキープに必死で
人材が不足しても募集をかける余裕が無い
んだそうな。
(そういえばゲーム業界の友人達との連絡が取り難いのだが
毎年のように年末だから、と思ってた)

「それでね、さっきも言ったけど、こういう時期だから
Gさんはあまり転職とかで動かない方がいいよ、

というか、動けないと思うからね。
店にいれるうちはいた方が本来はいいくらいだし。
とりあえず私の連絡を待っててね」


待ちの体制で行くという事ですね、了解です!

そしてお互いに今まで集めてた情報や知識を話し合って情報交換をして
以前も会う度にこうして話し合ってお互いに知識を深めていましたので

(これが本当にね、勉強になるのよ)
懐かしいなあ、と思いながら話して1時間ちょっとで昼食を終え
(いつもご馳走になって申し訳ないです・・・)
Gも病院の予約がある事からJRお茶の水の駅前で元上司とわかれました。

(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

で、そのままお茶の水の病院へ行って
病院がやってる今年最後の火曜日の割には空いてて、すぐに診察に入り、

影法師ロボットの記事ペロリンガ星人の鉛筆画の記事
クレッセントの内部図解ヴァージョンの記事、獣人ヘビトンボ(成虫)の記事、
マシュラの記事サタンモアの記事、ヒカリコングの記事と
Gの体調面や店長さんのぎっくり腰、Gの勤務や休養状況、店長さんとの大喧嘩、
転職せざるを得ない状況で先程まで元上司と話してた事を担当医に話し


担当医も

「そうだよねえ・・・
この時期に転職というのは厳しいよねえ・・・
でも店長さんや元上司の方の仰るように
動かず待ってみるしかないよね」


とうなずきながら話し始め

「でもね、前回の2日の診察

(影法師ロボットの記事の時)の状況のGさんでは
もうパニックになってどうしようもなかったと思いますね。
今日のGさんは今は動けなく長期に見て転職せざるを得ない、
という事を理解してるところまで頭が働いてるので
調子自体は上向きになってますから安心しましたよ」

と診断し

「とりあえず5週間後の診察まで転職とかの様子を見て、
という感じ
になりますね」

というのが今年最後のお茶の水の病院での診察
でした。

もっとも昨日17日の日勤で元上司との話の内容を忙しそうだったので
結論からまとめる形で店長さんに電話で伝えたら


「じゃあ、まだ動かないんでしょ?」

「いや、元上司が動いてて話がまとまれば
Gは責任者に会いに行く事になるのですが」


「やっぱ、動いてないんだ」

話を聞く気ゼロ。
まあ、この話が始まった時点で転職経験の多いGは
いくら店長さんが親切に言っても
事実上の解雇である事には変わりないと思ってはいる
ので
別にもうどうでもいい感じですが

急に話がまとまったら店長さん、
どうするつもりなんでしょうね?
Gさんは伝えましたし知りませんよ、ホント。


まあ、そういう連絡待ちなどで
Gが転職で動かないようにした事で
冒頭の特記や他の記事の内容を変更してるという訳です。
はい。


(今日は元々、長文が予想してはいたので三度目の休憩です・・・)

なんか今日からIE8でも
字に色が着けられますね・・・
後で字に色がつけられなかった記事を
直しておかないと・・・。

(サタンモアの記事とヒカリコングの記事だけを後日にね)

で、今日の鉛筆画なんですが
ジブリでヒロマカ!のウルトラマン魔法陣の記事を書いた時くらいに
スケッチブックやクロッキー帳を整理してたら
落書きが色々と出てきまして幾つかはPCに撮りこんで
何かの時に使おうと思ってたのがあるので、そこから起用
します。

この落書きは15年位前に何も見ないで描いたうちの1つで
見ての通りウルトラセブンなんですけど
資料も見ないで鉛筆でサラサラ描いただけなので
肩のプロテクターが無いなど結構いい加減に描いてます。
(この他に右利きになってるハカイダーなどもありますが・・・)

今回、このセブンをセブン上司の落書きヴァージョンという
超強引な起用でいきたいと思います。

ま、まあ、ほぼ同じ着ぐるみだからいいでしょう(汗)
こんなんでゴメンね。


セブン上司は恒星観測員340号ことウルトラセブンが
地球への侵略者の戦いに疲れ多大なダメージを受けてる事から
故郷であるM78星雲に帰らせるために登場
する。
ウルトラセブンとほぼ同じ姿をしており
実際に地球に来たというよりホログラフィー映像のようである。
モロボシ・ダンが自室で寝てた時、
パンドンが初めて出現しダンが変身しようとした時、
そしてダンの最後の変身の時の計3回ほど現れた。
ウルトラセブン、
すなわちモロボシ・ダンが地球を去る決心をするに至った、
キーパーソンとなる存在
である。

元上司、過労に引っ掛けての起用は言うまでもありません・・・。

あー、でもせっかく16日は良い展開で進んでたのに
今日18日の眼科は・・・

あああああああああ!
いつも何でこううまくいかないんだ?Gさんは。


・・・それは明日にでも書きます・・・今回はこれにて・・・。





「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「Gにもヒカリコングの光が見えてきたのか?」
「病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「記事数900件記念!再登場の月の輪怪獣クレッセントの内部図解!」
「11月にトラックバック750件突破!きのこ、とくればマシュラ!」
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「遂に「ヒロマカ!」に初陣!とウルトラマン魔法陣(はぐれベーダー75)」
「ひいろお第18話:ウルトラアイ」(ウルトラセブン)
「去年8月以来7ヶ月ぶりになる久々のペン画です。」(妄想ウルトラセブン)
「ハカイダー!悪のアンチヒーローのパイオニア!」
「記事200件記念!ダンサー呼んで、また特撮リクエストを募集いたします!」(パンドン)
「病院へ行ってきましたPart34・過労による全身関節痛のため一時休業します。」
(ゴース星人)
「記事数600件記念!双頭怪獣パンドンは当初こうなるはずでした。」(NGパンドン)
「精神的疲労の中、改造パンドンと戦って今日からようやく療養です・・・」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-18 20:23 | 病院系
c0040422_22149100.jpg


こんばんは、何とか連投できたGです・・・。

昨日のサタンモアの記事のスケジュールで書いてた
今日のひかりone開通工事は思ったより早く業者さんが来てくれて
以前のクワゴ怪人の記事で書いた今のBフレッツの光ケーブルの配線を見て

「ああ、この配置なら1時間かからずに済みますよ」

と2人で手際よくやってくださり


「ここはね、(Bフレッツの配線は)こうやっちゃてるけど
本当はここは襖が当って光ケーブルを痛めるから、
こう配線しないとダメ(禁止項目)なんですよ」


とか

「ここはね、Gさんがやった方がいいでしょうね、
Bフレッツの契約解除の際には今までの光ケーブルは撤去されますから
その関係もありますので我々がタッチするよりは良いかと思います」


とか

1時間弱の間に丁寧に業者さんが教えてくれて
(Bフレッツの際は順延してもらって作業が30分だったから早かったし仕方ないよね)
予想より早く開通させる事ができました。

まあ流石に郵便局は閉まっちゃいましたけど、郵便局でやりたい事は
明日行くお茶の水の病院の近くにも郵便局はあるので明日以降やればいいし、

早く終わったお陰で買い物とかも出来たし
朝早くから起きて掃除してたから一旦寝る事もできたし


まあ、こうして順調にネットも出来てるし
ひかり電話などの移転は後日になってしまいますが
今のところはいいんじゃないでしょうか。

それと獣人ヘビトンボ(成虫)の記事でも書いてた
転職などの相談のために10年前のプロバイダ時代の元上司に
明日16日のお茶の水の病院へ行く日に会う約束をしてた件
ですが

あれから通院前に会う約束になったものの待ち合わせ場所がなかなか決まらず
今朝やっと明日の待ち合わせ場所が決まってホッとしております・・・。


年の瀬で就職や転職の氷河期に突入してる時期に会おうというのですから
色々と時間合わせが大変だったのでしょうし
9月に会えなかった事を含め元上司には本当に頭の下がる思いです・・・。


ただ元上司は営業ではないGをいつも営業先へ連れて行ってくれて
(技術者として営業の元上司と同行する事がほとんどでしたが)
営業のイロハや豆知識?などをGに色々と教えてくれて
10年前にGが精神的に不安定になってからというもの
何かと会う機会を作ってくださり色々とお話も聞いてくださってた方

Gの友人の短期バイトも紹介してくれた事もあり
3年前の最後の連絡もGが今のバイト先と引越しが決まり
その祝福のためと転職の際はまた話してね、という内容だったと記憶
しています。

8月の久々の元上司の連絡の後に
まさかこういう事態になるとはGも思いませんでしたが


元上司の事も知っているGの母も

「お前は色々と相談できる方々がいるなんて
それは本当に幸せな事で普通はないんだよ、
私なんかいないんだからさあ」


と言ってもくれてますし本当にそれはありがたい事なので

どういう形であれ明日、通院もありますが
元上司とどういう話が出来るかを
深刻に、というか
楽しみに東京へ向かいたいと思います。


という事で今日の鉛筆画ですが
ひかりone開通工事に元上司に会うメドが立った、
という2つの光が見えてきたことからの起用


大戦隊ゴーグルⅤに登場の巨大ロボ・コングであるヒカリコングです。

あ、ヒカリコングは3つの光だった・・・ま、いっか。

(今日はここで一旦休憩します・・・)

それではヒカリコングの説明を。

ヒカリコングは敵組織である暗黒科学帝国デスダークの
科学者ザゾリヤ博士が製作した巨大ロボット(コング)で
初期の頃はメカの特性を生かす西口久美子
氏演じるザゾリヤ博士と
怪獣的イメージで個人製作をするきくち英一
氏演じるイガアナ博士が
お互いに作ったコングを本拠地デストピアで対決させて勝ったコングを
ゴーグルロボに対決させていた
のだが
ヒカリコングはイガアナ博士のゴリラコングに勝って出撃している。
(そのゴリラコングもイガアナ博士の執念の改造で後にマンモスコングに勝利する)
リフレッシュパワーで蘇生したトリモズーによって操縦される。
武器は右手に装着されたバルカン砲
特徴的である大きな3つのパネルから発射する破壊光線であり
ボディを上下に分離させて攻撃を行う事もできる。
しかしゴーグルロボには武器は強力だったものの
イマイチ効果的ではなく敗北
してしまう。デザイン担当は久保宗雄氏。

なお予算の関係でモズーとコングの2体の着ぐるみ製作が困難になった事から
ザゾリヤ、イガアナ両博士の研究成果が上がっていないという形で
合成怪獣のモズーと同型のコングがカマキリモズーの話から登場
する。
脚部はコングのものを流用してモズー型コングが登場するが
カマキリコング、ヤモリコング、ネココング以外は
このヒカリコングの脚部が流用
される事となる。
その上記3体のコングはファンコングの脚部を流用、
ゴリラコングの脚部もマンモスコングに流用
される。
元々、コングの脚部は流用して使う予定だったので結果的にこういう形となった。

今日の記事は冒頭の特記に追記としてリンクして置きます。
(事情により12月16日から一時的に文面やリンクを削除しています)

あと今日は12月15日でしたので今日の記事製作前に
皆様には既にお送りしましたので宜しく。


それでは、今回は此れにて。おやすみなさい・・・。







「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「クワゴ怪人の光ファイバーケーブル工事でGが戻って参りました。」
「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-15 22:48 | 雑談
こんばんは、2日ぶりのGでございます・・・。

昨日の夜勤では店長さんと電話で大喧嘩するわ、

試しにPCに入れてみたIE8は噂どおりXPのSP3では使い勝手が悪く
処理能力は格段に上がりましたがアドオンの設定は面倒だし
見れないサイトなんかも結構多かったりするわ、

そういう事もあって今日のGはご機嫌斜めです・・・。

かなり前に
「なんか気晴らしに特撮か何かを見てみてはどうでしょう?」
日子さんのところで日子さんとのコメントのやり取りがあった事を思い出し
今回の記事用のビデオを先程まで見てました。


というのも明日は獣人ヘビトンボ(成虫)の記事で書いてた
ひかりoneの開通工事の日
なので今日は掃除をしてまして
療養後すぐの掃除だけにあまり無理して色々掃除すると
体力も無い事から疲れて寝てしまうため
明日の夕方まで掃除が出来るのでビデオで気分転換
してたのと

明日からのスケジュールが

12月15日 ひかりone開通工事
12月16日 お茶の水の病院の通院日と元上司に会う日

(16日の件は獣人ヘビトンボ(成虫)の記事を参照して下さい)
12月17日 日勤
12月18日 眼科の定期健診
12月20日 日勤

という感じでレッドデンジャーの記事で書いたように
11月中には休養と共にこの週のお休みはとっていたものの
ほとんど今週の記事アップできる日が明日の開通工事の時間と
18日の眼科の定期健診の時間次第では
今日と19日の2回しかない感じなんですよね。


なので今日は前回のマシュラの記事で溜まってきたと書いた
イベントを今回アップしちゃおうとビデオを見ていた
というのもありました。

さて前置きが長くなりましたが、その残るイベントとは・・・

12月11日深夜に「ひいろお倶楽部@」の
閲覧者総数が230000人を突破しました!


んー・・・こんなボコボコの状態の「ひいろお倶楽部@」で
誠に申し訳ないと思うと共に
皆様がこうして見て頂いてる事に深く感謝いたします。


それでクレッセントの内部図解ヴァージョンの記事で書いたように
イベントを身近な所で済ませようとビデオを見てた
のもあり

そのGが見たビデオから今回起用したのがコイツです。

c0040422_1953663.jpg


ウルトラマンレオに登場の円盤生物サタンモアです。

これ鉛筆画が横に長いので画像をクリックして見て頂こうかな、
と当初は思ってた
のですけど
ジブリでヒロカマ!のトトロの鉛筆画を記事で描いた際に
同じくヒロマカ!に参加されてたenohaさん

(エノハさんの所にはしばらくお伺いも出来ず本当にご無沙汰しております・・・)
ちょっと横長の絵で参加された際に面白い展示の仕方をしてたので
Gも
パクって実験的にやってみます。

c0040422_19543666.jpg


エノハさんのように横と縦にサタンモアを展示してみました。
こうすればどのくらいの大きさの鉛筆画かが容易に確認できると思います。


(今日は前置きも長かったので一度目の休憩をここで取ります・・・)

むー・・・IE8だと字に色が付かないようですねぇ・・・

まあ最初の頃は黒字だけでやってたブログですから
今回から元に戻ったと思えば仕方ないでしょうね・・・

(12月18日から色が付くようになりました!)

では気を取り直して、まずサタンモアの説明から。

ブラック指令がレオが今まで守ってきた日本列島を壊滅するために
ブラックスターから呼び寄せた9番目の円盤生物がサタンモア
である。
怪鳥円盤形態からの変形はしないものの高速で移動をし
(資料によっては時速3000kmとも時速3400kmとも書かれている)
白昼堂々と九州上空へ潜入、高度2万m上空を飛びながら東京へ向かい
防衛軍の九州地区ミサイル基地や東京地区ミサイル基地の
最新式誘導ミサイルの攻撃にもビクともせず
レオ
ことおおとりゲンの旧友・和久宏の写真初個展会場でもある
副都心の高層ビルに急降下し崩し始める。
高層ビル崩壊を中の人々が避難するまで支えてる無防備なレオを
鋭いくちばしで背後から攻撃し続ける。
武器はそのクチバシと目からの破壊光線、口から吐く火炎弾、

そして人間を襲うために腹部から発射する小型怪鳥円盤である。
最期は避難し終えたビルを離したレオによって
ビルに直撃してしまいレオに真っ向からの戦いを挑むも
レオが発射したシューティングビームにあっけなく敗れる。



まあ、この時期にはあの有名な映画「タワーリング・インフェルノ」が
本場アメリカあたりから上映
されてましたから
ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」を
やりたかったんだろうなあ、

とは当時を知るGは思いますね。


ただ、このサタンモアの話である

ウルトラマンレオ第48話
「恐怖の円盤生物シリーズ!大怪鳥円盤 日本列島を襲う!」

脚本・若槻文三、監督・山本正孝、特撮監督・吉村善之、敬称略

第一期ウルトラシリーズを支えた若槻氏や山本氏の名前があるだけに
実にシビアな仕上がりになってて
変な表現ですが
今回見直して安心して観れる作品
でもありました。

このサタンモアの話では

おおとりゲン(真夏竜氏)
ブラック指令(大林丈史氏)
和久宏(ゲンの旧友・石太郎氏)
厚子(宏の元恋人・八代順子氏)
厚子の息子・まさお

と主要な登場人物が5人にほぼ絞られてます。
ゲンとブラック指令以外のレギュラーは出演してません。

この5人に焦点を絞った事によって無駄な部分がほとんど無く

(まあ次回登場のノーバのために厚子の脱出など多少カットしてる箇所は否めませんが)

ゲンと宏の一度崩壊した友情を元に戻せるのか?

その2人を見たブラック指令のこれまた非情な攻撃、

別れた宏と厚子はやはり交差したままなのか?


などシビアな展開をレオでウルトラに復帰した若槻氏の脚本執筆、
第一期ウルトラから助監督を務めタロウから監督を担当している山本氏、

先日死去された高野宏一氏と連名の名義では
ローランとマグマ星人の話からデビューはしてますが
前作ブラックテリナの話で
ウルトラの特撮監督の単独でのデビューとなった吉村氏、



この第一期ウルトラの経験した人材を含む
3本柱がうまく調和して
ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」
という枠だけでは入りきらない
ピンと糸がはった作品になってた
ように思います。

今まで記事にしたブリザードハングラー
ノーバ、星人ブニョと比較すると特にそう思うのかな。


という事で二度目の休憩を挟んで
最後にそのシビアなストーリーを書きたい
と思います。

(なので、二度目の休憩!)

(12月15日AM1:46)

もう深夜になってしまいましたが簡単に書いていこうかと思います。

ブラック指令はレオが守る地球、特に日本列島を壊滅すべく
ブラックスターから円盤生物サタンモアを呼び寄せる。
その日は3月7日・・・新たな円盤生物が迫ってる事は誰も知らない・・・。

(ちなみに放映日も1975年3月7日

おおとりゲンは副都心で旧友の和久宏と3年ぶりに偶然再会する。

ゲンと宏は3年前はスポーツセンターの仲間であり
共に汗を流した大親友
であった。
だが宏は段々と自分の事しか考えられなくなってきていた。
恋人であった厚子を幸せに出来ず悲しませていた。
ゲンはその事が親友として許せなかった。
厚子を幸せに出来ずカメラマンへの道へと歩もうとする宏と
ゲンは夕陽の中で殴り合いの喧嘩をした。
「痛い・・・太陽の光が痛い・・・」
ゲンがそう思って疲れて倒れると宏も倒れた後に去っていった・・・。
お互いにかけがえの無い親友を失い、
その後、厚子もまた去っていった・・・。

その宏は今やバイクを乗って走り回る新鋭のカメラマン
となっていた。
宏は初個展の知らせをゲンに渡し高層ビルを指差し、
あの高層ビルの11階でやるから、言い残すとバイクにまたがって去っていった。
その光景をジッと見ているブラック指令・・・。

宏の初個展会場へと向かったゲン。
様々な写真が展示される中でゲンは3年前の厚子が写った写真に目が留まる。
「ゲンさん!」
聞き覚えのある声にゲンが振り向くと赤子を抱えた和服姿の厚子
がいた。
厚子は偶然、宏のポスターを目にし懐かしさのあまり来たのだと言う。
お互い、宏が撮った3年前の厚子の写真はとてもいいと話す。
宏が去った3年前、同じ頃に去った厚子は別の人と結婚したのだそうだ。
今はまさおという子供も出来、幸せな毎日を送っている。
でも、3年前も懐かしいと同時に幸せだった
と語る厚子。
3人でまた会えるかなとまさおの顔を見ながら話すゲンと厚子。

ゲンが厚子と個展会場で別れビルを出た頃、
サタンモアは九州上空へとやってきていた。
防衛軍の九州地区ミサイル基地のミサイル攻撃にもビクともせず
減速して東京へ向かうサタンモア。
F4ファントム戦闘機がきても何もせず減速して東京へ向かう事から
防衛軍は円盤生物は偵察が目的と思われるので民衆に落ち着くよう放送
する。
東京上空へ来たサタンモアに今度は東京地区ミサイル基地が
戦闘機を下がらせて最新式誘導ミサイルを発射するも
やはりサタンモアはビクともせず小型怪鳥円盤を放って副都心の人々を襲い
サタンモアは宏の個展会場がある
五十数階もある高層ビルをグルグル回り始めた!

中には厚子がまだいる!
ゲンが怪しげな光をみてビルに目を向けたらサタンモアが出現
してたため
急いでビルへと戻る。その時、ゲンは逃げる子供をはねたバイクを見つけ責める。
バイクに乗っていたのは個展の写真が気になって来た宏
だった。
「貴様!」宏を殴るゲン。バイクに乗ろうとした宏だが
ゲンがキーを奪って捨てて
しまう。
「貴様はまだ!」殴り合いの喧嘩となるゲンと宏。
高層ビルをグルグル回るサタンモアを見て宏は思わず
「俺の写真が!」と慌てふためく。
ゲンは宏に言う。「あの中にはな・・・!」


サタンモアは高層ビルを攻撃し始める!
個展の写真のパネルも次々に落ちていく・・・。
ビルの中の人々は避難していたが厚子は落下物の下敷き
となり
まさおを逃げる人々に託す。まさおは逃げていく人に運ばれ
ビルの近くの階段へ置かれていく。

ゲンと宏がビルのそばまで来ると階段にはまさおが泣いていた。
宏はその赤ん坊が厚子の子供である事を知らない。
ゲンは宏にこの赤ん坊を守るように頼む。
「何で親が置いていった赤ん坊を俺が守らなければいけないんだ!
ゲン、お前1人で逃げる気か?」
その宏の一言に「馬鹿野郎!」と殴るゲン。
「どうして親友同士だった俺たちが殴りあうんだ?」
「3年前もお前を許せなかった・・・
女を殴ったり、今度は子供をはねたりして本当にいい写真が撮れるのか!」

ゲンの一言に愕然とする宏。
「人間の大切な物を取り戻してくれ、
この小さな命を救う事が今、一番お前には必要な事なんだ!」
ゲンはそう言い残しビルへ向かうと宏の目前でレオへと変身する!
「レオ・・・そうか・・・奴がレオだったのか・・・!」

レオは崩れるビルを支え始める。
ビルが傾いた事で落下物がずれてきた事もあり
厚子は自力で脱出を試みる

無防備なレオをサタンモアが襲う!
宏にも小型怪鳥円盤が集団で襲い掛かる!
レオの必死な姿にF4ファントム戦闘機が応援に来るもサタンモアに撃墜
される。
「頑張れ!俺はお前を助ける事ができないんだ!」
五十数階のビルは倒壊して地下街を押しつぶし始め
何万という人たちをも押しつぶされそうな大惨事になりかけていた
のだ。
レオの言葉に赤ん坊を抱え必死にビルから遠くへと逃げる宏。
安全な所まで宏が逃げた時には小型怪鳥円盤の攻撃で傷だらけだった。
それでも赤ん坊を守った宏は
「ゲン・・・ありがとう・・・」の言葉を残し気を失う・・・。


折れてきたビルをレオは全ての人が避難できたと判断して離し
サタンモアの攻撃がビルに直撃、ビルは折れて倒壊。
レオは戦いの末、シューティングビームでサタンモアを倒す!
レオによって何万人の命が救われた。

ゲンは宏の元へ向かう。宏は重傷だったが赤ん坊は無事
だった。
「子供は・・・」
「宏、子供の命は無事だ、早く救急車を・・・」
「俺にもできた・・・」
「できたとも、お前がこの子の命を救う事ができた!宏、この子はな・・・」
「ゲン、ありがとう・・・」
宏は絶命する・・・。

そこへビルから脱出した厚子がまさおの元へ駆け寄る。
「まさお君は無事です・・・」
まさおを抱いて安心する厚子の目がゲンから宏へ向けられる。
「宏がまさお君を守ったんです」
宏の変わり果てた姿に驚く厚子。
「宏は・・・宏はね・・・」
そのゲンの言葉に泣き崩れる厚子・・・。
「宏、ありがとう・・・」ゲンは宏の屍に呟く・・・。


だがブラック指令は早くも次の円盤生物ノーバを呼び寄せるのだった、というもの。

この話を改めて見るとね・・・
セリフをこう途中で切ってる部分が多くて
逆にそれが切ないんだよね・・・


ゲンは全てを知っている。

厚子は宏に3年ぶりに会ったら
我が子を守って宏は死んでしまった。

宏は・・・一体何処まで知っていたのだろうか・・・。


3人のこの状況の差があまりにも切なくて
交差してる面と接してる面とが入れ替わって構成されてる所が
この途中で切られてるセリフに全て込められてる
とGは思うのです・・・。

・・・なんか重いんだけど、宏が最後に到達できた所は
「ゲン、ありがとう」の一言が全てを物語ってる、
そんな気がします・・・。

若槻氏の脚本じゃないとこういうセリフの書き方はしない、そんな気もします・・・。


だいぶ夜も遅くなりました。明日も半日は掃除しないといけないので、この辺で。

このような状況でも閲覧して頂いてる方々のために
Gも今回、精一杯書かせて頂きました。
今後も色々とあるかもしれませんが

「ひいろお倶楽部@」を宜しくお願いします。

それでは、おやすみなさい・・・。






「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「11月にトラックバック750件突破!きのこ、とくればマシュラ!」
「記事数900件記念!再登場の月の輪怪獣クレッセントの内部図解!」
「ひいろお第25話:1人住まい」(ウルトラマンレオ)
「「ジブリでヒロマカ!」で「となりのトトロ」(はぐれベーダー76)」
「赤いてるてる坊主!恐怖の円盤生物ノーバ!」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「記事数888件記念・海外から届いた夢の対決のイラスト」
(Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人)
「とりあえずブリザードと共に帰ってきました。」
「閲覧者総数190000人突破!ハングラーと平泉征さんのトラック野郎」
「やっぱ朝からはキツイっす!円盤生物・星人ブニョ!」
「お休みは今日まででメビウス版ノーバ登場から大騒動?」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part23」(二度目の星人ブニョ)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-14 20:32 | 特撮系
こんにちは、4連投のGでございます。

自宅療養も今日12日で最後となりました・・・。

今日はイベント記事関係も溜まってきている事から
昨日の獣人ヘビトンボ(成虫)の記事で書いてた
11月10日に発生したイベントを1ヶ月以上ドタバタして遅れましたが
今回は書いていこう
と思います。

なお獣人ヘビトンボ(成虫)の記事にあったGの転職活動の件は
今後、収拾が付くまで一番先頭の記事を作って
Gの転職活動関連の案内として一時的な記事を載せて
リンクやその後の記事なども案内しておきますので引き続き宜しくお願いします。

(臨時で掲載し消去も予定されてるので記事数にはカウントしません)

(事情により上記の件は12月16日から一時的に文面やリンクを削除しています)

その11月に起こったイベントとは・・・

11月10日に「ひいろお倶楽部@」へのトラックバックが
750件を突破
しました!


・・・「ひいろお倶楽部@」は本当にトラックバックが少ないブログ
でして、
その後の今日までの1ヶ月間のトラバがたった5件しかない、
という感じ
なので、
こうしてトラバして頂ける事に、見当違いのものは困りますが
本当にありがたく思っている次第です。

トラックバック関連のイベントの際は
イベント定番のウルトラ怪獣をトラバの内容から決めている事が多い
のですが

750件目は常連さんの日子さんのトラバでして。
日子さんはGがザッと調べてもトラバのイベントが少なくとも通算3回
鉛筆画のアボラスバルキー星人とサメクジラ、そして今回、もっと多いかも・・・)
非常にラッキーなトラバしてますよね。

で・・・750件目が・・・きのこ?

ああ、Gが日子さんへトラバした際のトラバ返しで頂いたものですね。

となるとこのウルトラ怪獣しかないでしょうなあ・・・。

というわけで昨日描いておいた鉛筆画がコレ。

c0040422_1245869.jpg


ウルトラマンタロウに登場のきのこ怪獣マシュラです。

うーん、あまりにもストレートな・・・。

(今日の一度目の休憩は早めにここで取ります・・・)

(12月12日PM14:34)

療養中のGは日中しか外出できないので今、用事を済ませて戻ってきました。

まずマシュラの説明から入りますか。

マシュラは古代からの生き残りである巨大なお化けキノコが
タロウによって燃やされた際の唯一の生き残りで
鍵っ子の大介少年が食べた事で怪獣化したもの
である。
大介少年が住む団地の給水塔から胞子の入った毒液を水に混ぜ
大介少年と同様に団地の住民をキノコ人間に変え
キノコ人間達を操って浄水場へ向かわせよう
とする。
大介少年は東光太郎からもらった植物トランシーバーで
唯一生き残ったキノコとも会話する
のだが
その言動は狡猾で凶悪そのものであり
喉が渇いたと言って水を貰ったり、「ワシはうまいぞ」と自らを食べるように薦めたり
本性を表した際は水のある場所へ案内させたり

まさに「嘘つき毒キノコ」としか言いようのない知能の高い怪獣である。
武器は口から吐く胞子を含む毒液
この毒液を浴びたZAT隊員もキノコ人間にされ
目からの光線でマシュラに操られる。
体はスポンジのように軟らかくジャンプ力も優れ
倒れても倒れても起き上がるタフな怪獣
だが
如何せん水がないと生きる事ができず
最後はタロウのキングブレスレットのドライヤー光線に敗北。
その跡には松茸(!)が生えていた。


実はGはこのマシュラという怪獣はあまり好きではない。

いや、正確に書くとマシュラの登場する

ウルトラマンタロウ第31話「あぶない!嘘つき毒きのこ」

脚本・大原清秀、監督・筧正典、特殊技術・深沢清澄、敬称略

という話があまり好きではない。

Gは幼少からつい最近まで団地暮らしであり団地が実は嫌だった事
以前のフック星人の記事で書いている。

その理由はフック星人の記事を読んでもらう
として

特にこのマシュラの話は「団地」の他にこの時期の社会事情となってる
「高度成長時代後の贅沢志向」
「両親共働きによる鍵っ子」

という話がメインになっている。

Gは弟がいるので厳密に言えば鍵っ子とはちょっと違う
のだが

フック星人の「あなたはだぁれ?」は団地の怖さを
摩訶不思議なドラマとして安藤達己監督が描いてる
のに対して

このマシュラの「あぶない!嘘つき毒きのこ」は
あまりにも団地、贅沢、鍵っ子の現実を
露骨に表現してるとしか思えない
のである。


しかも団地の人間全員がキノコ人間になるのだから
怖い物嫌いのGにとっては余計に露骨な表現
としか思えなかった。
今は怖くはないけどね。
(円谷で珍しく水に毒を、と扱った作品としては評価するが)

だからGも放送で感覚的に「あなたはだぁれ?」を
壁のどんでん返しのフック星人の変身、夜の団地のホログラフィーの入れ替えなど
摩訶不思議なドラマとして楽しむ事はあっても

露骨な表現の「あぶない!嘘つき毒きのこ」を見たいとは
当時あまり思わなかった。

今回、DMMで見直しても当時の思いが頭をよぎったのも事実
である。

(日子さんには申し訳ないけどコレだけはどうしても書きたかったので気を悪くしないでね)

しかし、このマシュラという怪獣、実に運のいい怪獣であった。

これは以前、改造エレキングの記事を書いた際に
常連さんの拳螺閣下さんからコメントで寄せられたのだが
(その節はありがとうございました)


そのコメントから引用させて頂くと

「タロウのメフィラス星人2代目とこの再生エレキングについて書きます。
当初、きのこ怪獣マシュラと巨大牙怪獣ゴキバが新登場する予定が、
10月分の雑誌の話題作りのため
続く改造巨大ヤプールと怪獣軍団の前後編とともに人気キャラの出演と相なり、
急遽メフィラス星人とエレキングが完成していた脚本に代役出演し、
同一性が感じられないわけです。
マシュラはその後別の話に出ましたが、ゴキバも新怪獣として出れば
月下で踊り狂うという作品を代表する怪獣となったと思われ、
見たかった気もします。
少年たちはゴキバの牙で入れ歯を作ろうとしていたということです。
恐らく(改造エレキングの)着包みはアトラク用のもので
アンテナが回転しないと思われます。
『ウルトラマン物語』ではともに初代・復活前と
同一個体となっていたのが違和感がありました。」


つまりタロウの補強策として
人気怪獣編への差し替えが相次いだ中、
マシュラのみがかろうじて生き残って話を改めて確立し、
日の目を見なかったゴキバの無念を
マシュラが晴らした格好
となったのである。


それはまるで劇中冒頭のお化けキノコの唯一の生き残りのように。


そういうこともあってマシュラは
いずれGも採り上げたいとは思ってはいた
ウルトラ怪獣
でした。


なので、このイベントを機会に起用した、というのもあります。

(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

(12月12日PM16:29)

それでは最後に簡単にストーリーを書いてみる事にします。
そうすればいかに露骨にGが感じたかがわかるか
と思います。

東京都内に突如、巨大なお化けキノコが現れた。
ZATが出撃するものの、あらゆる武器、薬品を使っても
更に悪化させて跳ね返すのに頭を痛める。
東光太郎の乗ったスーパースワローも撃墜されタロウへと変身!
タロウは火炎放射で巨大なお化けキノコを焼き尽くす。

が、たった1つだけ小さなキノコが生き残っていた。
道路工事でアスファルトの下へ埋まる小さなキノコ・・・。

苦手な理科のテストを80点という頑張りを見せ担任の先生に褒められた
白鳥健一の友人である大介。
大介は共働きでパートに出ている母親を喜ばせたい一心でテストを頑張り
笑顔で帰宅するものの鍵っ子である大介を待っていたのは
母親のパートが残業になるという書置き・・・。

団地の公園で落ち込んでしまった大介はテストを紙飛行機に折って飛ばす。

たまたま紙飛行機はパトロール中のZATのウルフ777の車内へ飛び込む。
下宿先の白鳥健一の友人の大介のテストの答案である事を知った
光太郎は南原隊員と共に公園へテストを大介に返し事情を聞く。
光太郎は大介が鍵っ子である事を以前から知っていた

大介の父親がタクシー運転手で人並みの生活で良いと望んでたのに対し
母親がステレオ購入、レストランの外食など贅沢をしたいためにパートをしており
大介もそれを望んでいると勘違いしてる事情に
光太郎と南原隊員は心を痛める。


そこで光太郎はまだ実験段階の植物トランシーバーを大介に貸す事にする。
植物の波長に合わせて会話ができるというトランシーバー
だ。
植物トランシーバーと答案を持って大喜びの大介は植物と会話する。
波長のサイクルを変えると「水をくれ、死にそうだ」という声が聞こえる。
きのこと名乗った植物に大介は指定された歩道へ水を与える。
そのキノコは歩道を突き破って「助かった・・・」と一息ついた後に
お礼に自らを食べていい、と大介に言うが毒キノコではないかと大介は遠慮
する。

そこへ運悪く中学生と思われる3人の学生にからまれる大介。
3人は買ったレコードを両親不在の大介の家のステレオで聴こう
というのだ。
断りたかった大介だが両親が不在という弱みもあり、
やむを得ず3人を家へ連れて行くことにする。
そのうちの1人は面白がってキノコを引っこ抜いて胸ポケットへ・・・。

約束の夜の8時半になっても大音響で踊りまくる3人。
大介は約束だから帰ってよ、
と言うと
今度は3人は大介の植物トランシーバーに目をつけ奪ってしまう。
人の物だから返して!と頼む大介に
3人は悪い冗談でキノコを食べたらいいよ、と答える。
大介はそのキノコを食べ始める。冗談なのに、と焦る3人。

すると大介はキノコ人間に!3人は逃げ出してしまう。
体内のキノコはさっきの口調とはうって変わって
大介の体を操り水のある場所へ行くよう命令
する。
大介が助けを呼んでも誰も来ない。以来、大介は行方不明となる・・・。

ZATの光太郎と南原隊員も大介を探していた。
最後に見かけた公園で捜索してると例の3人の学生が
植物トランシーバーを持っているのを見つけ3人を問い詰める。
あの夜の事を恐る恐る話し植物トランシーバーを返して逃げ出す3人。
光太郎はもし大介がキノコ人間になったのなら通信できるかも、
と植物トランシーバーを使うと大介の声が!
「光太郎さん、助けて・・・なんか暗くて水の音がする・・・」
その通信を最後に植物トランシーバーは故障
してしまう。

大介の両親も我が子を必死に探していた。
パートの件で自分を責める母親に
父親は自分にも責任はあるから一息ついてから探そうと
2人で紅茶(コーヒー?)を飲む・・・。
光太郎が大介の家に行った時は両親はキノコ人間になっていた!
南原隊員が団地中の人間がキノコになってるぞ!と光太郎の元へやってくる!
光太郎は大介の両親が水を使った痕跡がある事、
大介からの最後の交信の水の音の話から
団地の人間で水を使った者がキノコ人間になった、と推測

南原隊員も水がないとキノコは生きられないと納得、
光太郎は相手は団地の給水塔にいると判断
する。

2人はウルフ777で出撃した荒垣副隊長、北島隊員と合流するが
攻撃前に給水塔は破裂、怪獣マシュラが現れる!
しかもマシュラの毒液を受けた荒垣、北島、南原の3人もキノコ人間に!
ウルフ777の車内で毒液から防ぎ攻撃する光太郎。
コンドル1号で応援に来た森山隊員から
キノコ人間が近くの浄水場へ向かいだしたとの通信を受けた光太郎は
行進するキノコ人間を止めようとするも踏まれていき
遂にタロウへと変身する!

タフな戦いを見せタロウを窮地に陥れたマシュラ
だったが
キングブレスレットのドライヤー光線で干からびる。
ようやく元に戻った大介。同じく元に戻った両親に抱きしめられる。
「パートはしないから、寂しい思いはさせないから、許してくれ」
と詫びる母親に
「無理しなくていいよ、
母さんは家にいる性分じゃないからパートは続けてもいいよ、
僕は寂しくない、タロウがいるから!」
と答える大介。

マシュラが倒れた跡に生えてた松茸を使った森山隊員の手料理を食べる光太郎。
マシュラの一件で光太郎と森山両隊員以外は料理に手を出さずにいたが
流石の松茸にいい香りに残る3人も松茸料理の誘惑に負けるのだった
、というもの。

あらすじを書いてみてGから追加でコメントすると

大介は実に健気な子だねえ、と感心するのと

松茸なんて、ここしばらく食べとらんわ!という事ですかね。


でも、何となくGが記事で書いてた事は
わかるんじゃないかな、
と思います


1ヶ月遅れとなったイベントで大変申し訳ありませんでしたが
トラックバックをはじめ

この「ひいろお倶楽部@」を
良しなにお願いいたします。


明日は再度の復帰で日勤です。
土曜なのでうまくこなせるかわかりませんが、
何とか凌ぐしかないでしょうな・・・では、今回はこれで失礼します・・・。









「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「去年11月にトラックバック350件突破・青い悪魔アボラス満を持して登場!」
(アボラスの鉛筆画)
「トラックバック600件突破!ウルトラバッチでGが思い出すのは・・・」
(バルキー星人とサメクジラ)
「やっと今の団地の呪縛から解ける!団地といえばフック星人!」
「満月の光を浴びて改造エレキング復活!」
「ヤプール人について思うことは改造巨大ヤプールにあり?」
「トラックバック150件突破記念でなんで改造ベムスターなのか?」
「去年9月にトラックバック300件突破・でなんで改造サボテンダー?」
「ヤプールもGの鉛筆画も最後の手段は改造ベロクロンⅡ世?」
「閲覧者総数60000人突破記念!合体獣グランドキング遂に登場!」
(映画「ウルトラマン物語」)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-12 12:30 | 特撮系
c0040422_846449.jpg


おはようございます寺島幹夫氏の追悼記事
べるく・かっつぇを昨日は呼びました

形的には3連投となっているGでございます・・・。

9日のペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョンの記事
(高野宏一氏の追悼記事)
から
明日12日までレッドデンジャーの記事にて担当医から言われた
過労による2週間休養の残りを消化している
ので
今週の記事アップは今日明日の2回のチャンスのみとなりました。

ネタといいますか、残り2回で書こうと思ってた内容は

11月10日に発生したイベントの遅ればせながらの記事アップ




ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョンの記事や
クレッセントの内部図解ヴァージョンの記事の冒頭で書いた
店長さんとの電話のやり取りから始まる近況の記事アップ

の2つ
でして今朝方までどちらを先に書くべきかを考えてましたが
切羽詰ってる事もあり、万一、明日の記事アップ出来なかった場合を想定して
近況の記事の方をアップするに至りました。



一部の友人にはメールを頂いた時に伝えてはいますが
その店長さんの電話があったのは影法師ロボットの記事を書いた翌日、
5日の日勤からの帰宅後の事
でした。

空爆エイイワガメ怪人カマクビガメ、レッドデンジャー、
影法師ロボットの各記事で

親族のご不幸があった同期の同僚、

盲腸炎で緊急入院した後輩、

代理出勤と自宅の仕事をを重ねたGの過労、

酷い咳からぎっくり腰になって腰がまだ痛む店長さん、

という相次いでガタガタの状態になった
わけですが

本来お休みが取れた29日から
続けて2週間の休養をしなければならないGですが
そういう状況なので無理して今月5日から出勤し
体調回復できないまま復帰せざるを得なかった事に関して

店長さんも流石に今回の全員揃ってガタガタの状態だけに

「病院の診断から帰宅したばかりのGさんに
腰痛で動けないとはいえ3日の急な勤務交代をお願いした時、
Gさんが無理してでも出勤しようとしたのを聞いて
自分がいかにGさんに甘えてるかを痛感
した」

と5日の電話で話し、店長さんも冬場には腰痛が出てしまうためと
同期の同僚は家庭の事情もあり日勤のみで日数を多く入る事ができず
退院したばかりの後輩1人だけしかフルに入れないため

店員を新たに募集しようと考え始めた、

とGに話し始めました。

ただレンタルビデオ業界の逆風は強くなる一方で
売り上げがやっと上がってきたとはいえ正店員を雇うとなると
外注の自宅での仕事は振れるけどGの雇用枠がなくなってしまう

Gが体調不良のままの勤務が続き
Gの収入面などの折り合いが今後つくのかどうか
という点、

今は週2回勤務のリリーフ勤務とはいえ
正店員時代を含めトータル3年以上の勤務で
事実上、店長さんの補佐役的立場のGを
本当は手放したくないと思ってる
点、
等を店長さんは話し

「本当はGさんは能力的や体調面を考えると
自宅で出来る仕事に就く事が出来るのならば
Gさんには一番いい形だと私は思うのだが・・・」


とも話されました。

急には話は進められない事はGも店長さんもわかってる事なので
幾度か相談しながら決めていく方向
ですが

早い話が
Gは来年になったら今の店を辞めざるを得なくなった、
という事です。


そのため10年前の勤務先の元上司と今週からコンタクトを今も取っており
他に思い当たる方にも相談する可能性が高いため
昨日、他のブログさんへのコメントをようやく書き始めたものの
メールはそちらをしばらく重視しないといけないので対応が遅れているのです。


また8日の夜勤の際にも店長さんと二度目の話し合いをしており

Gさんの体を治す事が先決なのではないか、

それだと収入面がうまくいかない、

Gさんの実家の負担の軽減も考えないといけない、

色々考えたが今の自宅の仕事だけの収入では
うまくいかない計算になる、

日に日に新店員補充へ傾いてきている、

Gさんが今後どうするかをゆっくり考えるべきでは?


といったやり取りをしており来週16日に元上司には会う約束をしたし
まだ時間はかかるかな、というお互いの結論で
次回の話し合いに入る事で一旦打ち切りました。


まあ実家には事情を話し体調面もあるから急には転職できないと伝え

「正店員の頃や今回リリーフでも雇ってくれた事、
こうして事前に話してGさんの状況を常に考えている
店長さんは本当に優しいね・・・」


と電話口の母も店長さんの配慮に感謝
しておりました。

とはいえ、ここのところのニュースでも
新卒の内定取消など更なる氷河期の就職難となり
Gの友人からも先日、転職について相談を受けたばかりで
まさかそのG自身がこういった格好になるとは
思ってもなかった
ので何も考えて無く


またレンタルビデオ業界の逆風は本当に強く
去年のカマキリメランの記事から転職して入ってた店も
情報を集めると市内に2店舗あった店のうち1店舗が今夏に潰れてしまい
ブルーレイだけ入荷して返って他の品揃えが悪くなったとお客さんから聞いており
業績もGのリリーフのバイト先より更によくないのか
Gを呼び寄せる余裕もないような有様


このブログにてGさん、身売り中を書かざるを得なくなったのです・・・。

しかし、Gさん、壊れ物、割れ物注意です。
週2回くらいしか入れません。
体がガタガタなので通勤が遠くまで行く事ができません。
ストレスの受け皿が普通の人より小さくて体調崩します。


・・・Gさん、使えねえ!

・・・こんなGでも相談に乗って頂ける方がいましたら
この記事のコメントに書いて頂けると
大変ありがたく思います・・・

(鍵コメやメール、電話でも可)

今はただ頭を垂れて
皆様にお願いするのみでございます・・・。

(事情により12月16日から一時的に文面に斜線を引かせて頂いてます・・・)

こうなるとわかってたら、ひかりoneキャンペーンの工事を
来週に入れなかったよ!
・・・まあ11月に決めた事だから仕方ないが・・・。

今日の鉛筆画は久々に今朝描かせてもらいました。
まあ、身売りというテーマなので
バトルフィーバーJネンリキ怪人とかゲンソウ怪人とかも考えましたが
インパクトがこちらの方が強い事から今回起用したのが

仮面ライダーアマゾン
に登場の獣人ヘビトンボ(成虫)です・・・。

(今日はここで一度、記事を中断します・・・)


(12月11日PM12:05)

療養中のせいか、どうもボケボケのGさんでして
(さっきもタバコ間違えて3個も買っちゃったし・・・)
メールのリンク貼るのを忘れてました。

●ここをクリックしますとGへメールが届きます●
本名でなくハンドルネームでのメールで構いませんので宜しくお願いします・・・。
(状況が落ち着いた際は追記を書きメールが送れなくなります、ご注意を)

(事情により12月16日から一時的にメールのリンクを外しています・・・)

そういえばボケボケという不思議獣も以前に記事にしたなあ・・・。

書き加えた分で遅くなりましたが獣人ヘビトンボ(成虫)の説明を。

獣人ヘビトンボはアマゾンライダー
前期の敵組織ゲドンの最後の獣人。
幼虫時は戦闘員・赤ジューシャを名古屋美里という女性に変装させ
アマゾンの協力者として送り込みアマゾンを倒そうと企むも
アマゾンとの戦いで両腕を切られ劣勢になった幼虫は
口から吐いた泡で繭を作り羽化するのを待つ。
インカの猛毒・ヒラリンカに守られた繭は

新組織ガランダー帝国の首領であるゼロ大帝の元に運ばれ成虫となる。
成虫となった獣人ヘビトンボはゲドンを裏切りガランダー帝国と結託、
ゲドンの首領である十面鬼の抹殺をゼロ大帝に誓う。
十面鬼、アマゾンライダーと三つ巴の戦いとなるが
一時は獣人ヘビトンボはアマゾンと協力して
アマゾンは遂に十面鬼を倒しゲドンを滅亡させるも
獣人ヘビトンボはアマゾンに再戦を挑み空中戦の末、大切断に敗れる。
幼虫時は鈍重だった動きも成虫時は比べ物にならないほどの機動力を誇り
4枚の羽根を使った飛行能力も持つ。

(鉛筆画では構図の関係でもう2枚の羽根は見えにくいですが)
武器として口からコンクリートも溶かす溶解液を吐き、
また長い尻尾で打撃を与える。
声の担当は
幼虫時と同じく峰恵研氏。

獣人ヘビトンボの幼虫は機会があれば描きたいと思いますけど

Gも繭に入って新天地へと向かえればいいなあ、
と思うのですが・・・。


いつも転職活動はG自身で色々と探して
見つけ出す事が多いのですが
何分、今の状況では動くにしてもあまりにも限界があるため
皆様にご協力を仰いだ事をどうかご理解ください。

(事情により12月16日から一時的に文面に斜線を引かせて頂いてます・・・)

明日、記事アップを笑顔で迎えればいいのですが・・・
明後日13日は日勤に出ないといけませんし・・・
あんまり考えると暗くなるので今回はこれにて失礼します・・・。







「名優・寺島幹夫氏逝く・今日はゲストの方に語って頂きます・・・」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に」
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「記事数900件記念!再登場の月の輪怪獣クレッセントの内部図解!」
「カマキリメランストリート?でネットに復帰はしました。」
「ひいろお第17話:援軍」(バトルフィーバーJ)
「ひいろお第32話:林業」(仮面ライダーアマゾン)
「眼科の予約もシフトもレーザー治療もボケボケのGです・・・。」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-11 09:57 | 雑談
c0040422_12225345.jpg


ここでは初めてとなりますな、「ひいろお倶楽部@」の姉妹ブログの1つ、
「プックとポック」で番頭を務めておる、べるく・かっつぇ
である。

今日、私、かっつぇががんがんじい殿に呼ばれたのは他でもない、
この私めに関する事でゲストとして出演要請されたから
である。

「プックとポック」を取り仕切る株式会社ギャラクターの番頭である私は
今回の出張で出来れば忌引きとして頂くべく総裁にお願いをするつもり
であった。

「後生ですのでどうか・・・」

と私が途中まで申し上げたところで総裁が

「・・・御主にしかできん事だ・・・構わぬ・・・行ってくるがよい・・・」

と既に許可を考えて下さってた
ようであった。
丁稚のげるさどらも今回の出張を薦めてくれもうした。
故に私はこうしてここに来る事ができまする。

諸君よ・・・すまぬ・・・。

私がゲストとして呼ばれた理由を私自身から述べる事にしよう・・・。


俳優・声優・演出家の寺島幹夫氏が12月4日に死去されもうした、
享年78歳(満77歳)であった・・・。


がんがんじい殿は6日の鉛筆画のペロリンガ星人の記事を書いた直後に
彼はコメントを頂いた事からtonbori殿の所へ見に行っており、
この寺島殿の訃報を知っておったそうだ・・・。

がんがんじい殿は幼少の折から科学忍者隊ガッチャマンの大ファン
と聞いておる。
当時、カセットテープに放送時の音声を録音したり
続編ガッチャマンⅡのニューゴッドフェニックスの玩具も購入、
関連の資料や書籍も集め、
最近では缶コーヒーのガッチャマンキャンペーンで
当たりのフィギュアを出そうと躍起になって買っておった
そうである。

先日は同じタツノコプロが製作したアニメ「マッハGo!Go!Go!」が元となった
ウシャウスキー監督の映画「Speed Racer」がレンタルに出ただけに
悲しさもひとしおであろう・・・。


故に最も適任と思われる
私、べるく・かっつぇに今回の記事を一任した
のであろう・・・。

私も丁稚のげるさどらも方法は違えどミュータントである。
特に私は女性と男性とを掛け合わせたミュータントである。

当初は女性にしか変装しなかった私であるが
この女性と男性を掛け合わせたミュータントという私の非常に難しい人格を
寺島殿は見事に演じきって頂きもうした。

科学忍者隊どもの好敵手として、ギャラクターの首領としての私は
寺島殿がいなかったら恐らく存在しなかったであろう。

・・・私の存在自体が寺島殿の存在無しには語れない事には
私も深く考えさせられるものであり大きな衝撃であるのだ・・・。


だが、こうして私はアニメでも認知度の高い敵役キャラとして確立し
今でも総裁と丁稚のげるさどらと共に
止まってはいるものの「プックとポック」というブログで

株式会社ギャラクターの下で番頭として働いておる。

そして劇中では最終回では地球が消滅するというブラックホール作戦で
総裁のみがセレクトロ星の危機を知って脱出し
残された私は半狂乱となって自滅の道を歩む
のであるが

寺島殿は総裁と同じく地球から200万光年彼方の
アンドロメダ星雲内にあるセレクトロ星へ旅立ったのであろう。

先日、死去された高野宏一殿と同じなのかも知れぬが
200万光年という長い旅にでてしまったのであろう・・・。

私も自滅という悲劇ではなく
セレクトロ星へ行けるという道が開けたのかも知れぬ。

私、べるく・かっつぇは最後の最後まで寺島殿に救われたのかも知れぬ・・・。


それ故に私たっての希望で「プックとポック」のネームカードで使っている
総裁と私が一緒に写った写真をがんがんじい殿に使わせて頂いた
のである。

かっつぇは寺島殿のお陰で幸せであった、そう感じておる・・・。

寺島殿へのセレクトロ星の無事到着の安否を兼ねて
私、べるく・かっつぇは手を合わせる事にいたす・・・。

む!来たな、科学忍者隊め!

せっかくの忌引きを邪魔されてなるものか!


最後は訃報を知らせて頂いたざんぶろんぞ殿のコメントにあった
私の決め台詞でお別れいたす事にしよう。

「ハッハッハッハッハッ、さらばだ!科学忍者隊の諸君!」

ホーッホッホッホッホッ!

お決まりの逃走していく、べるく・かっつぇであった・・・合掌・・・)






「プックとポック」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)

[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-10 13:42 | 雑談
こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

今日まで記事をアップしなかったのは

前回のペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョンの記事の冒頭で書いた
「店長さんからその後、電話があって話し合った」件で動いていた事


昨日8日に店長さんが腰痛から復帰するというので
Gの今週分の自宅の仕事を終わらせた後に
2人がかりで夜勤をしてお互い咳をしながら勤務してた事があったため
でして
影法師ロボットの記事で痛めた店長さんの腰もまだ痛みがあるようですが)

特に店長さんと電話で話し合った件で今、Gは大変ドタバタした状況にあり
それはGの今後の事に関わる事でして
皆様のメールやコメント、トラックバックへの対応も出来ないため
(その点では皆様に大変ご迷惑をおかけしてます・・・)
後日に改めて記事に書きたい
と思います。


で、何で今日、記事アップしたんだっけ?

・・・あ、そうそう、10月末から結構ドタバタした状況が続き
11月10日に発生したイベントも未だに後回しにしてる有様
なのですが
流石に今日のイベントは今回しかできない、後回しには出来ない記事なので
今日9日から12日までレッドデンジャーの記事の際に診断で出た
療養の続きのためお休みを再び頂いた事もあって
本日、アップに踏み切った次第
です。

まあ、古株の常連さんならブログのスキンやロゴのデザインが
今朝から変わっているので何となくお分かりか
と思いますが・・・

本日12月9日の記事で
「ひいろお倶楽部@」の記事数が900件になりました!


900件・・・本来なら先月に達成している記事数とはいえ
遂にここまで来たなあ、と感慨深く思うGでございます・・・。


おもーえばー、とおーくへー、きたーもんだー♪

こんな状況の「ひいろお倶楽部@」ですのに見て頂いてる
皆様に厚く御礼を申し上げます。


ところがですね、こんな状況がずーっと続いてるもんですから
記事内容が二転三転してて全然決まってなく
当初は高野宏一氏の追悼記事をこの900件目に書こうとも思いましたが
流石に訃報とめでたい記事を
一緒に書く気にはどうしてもなれず
身近な所で済ませざるを得ないなあという結論
に達しました。


Gが持ってるビデオを見て記事を書こうかとも思ったのですが

650件記念で硫酸怪獣ホーの内部図解
700件記念で羽根怪獣ギゴギラーの内部図解
750件記念でマザーザンドリアス、ザンドリアス親子の内部図解

それぞれ起用しており当初は別の場所に掲載してたものが
今は事情があってもう見れなくなっている事から

150件も飛んだ格好とはなりますが
80怪獣の内部図解シリーズの最後をここで起用したい
と思います。

c0040422_1634271.jpg


ウルトラマン80に登場の月の輪怪獣クレッセント内部図解ヴァージョンです。

かなりの珍品を再掲載した格好ですが
ちょっと斜めになってしまってるのが申し訳ないなあと思います。
(何度撮り直してもこうにしかならなかったのよ)

でも、ウルトラ怪獣といえば内部図解が定番、ですものね!

なおクレッセントの詳細は以前のペン画のクレッセントの記事を見てください。

80怪獣の内部図解シリーズの最後で再起用のウルトラ怪獣とはいえ
なんか900件目にしてはあっさり終わっちゃったなあ・・・。

でも、もうここまで来たら行くしかないなあ、
Gの夢の目標だった記事数1000件へ!


まあ焦らずゆるゆるとやっていきたいと思いますので

今後も「ひいろお倶楽部@」を
何卒宜しくお願いします!


それではさっきまで寝込んでた事もあるので今回はこれにて。






「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)

「病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に」
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「記事数650件記念!珍品?硫酸怪獣ホーの内部図解」
「記事数700件記念!とウルトラマン80VHS全巻揃ってた記念!」(ギゴギラー)
「記事数750件記念!地球まで来て親子喧嘩のザンドリアス親子の内部図解!」
「25年の時を経て発掘した付録「ウルトラマン80ひみつじてん」!」(ペン画のクレッセント)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-09 17:27 | 特撮系
c0040422_5125290.jpg


おはようございます、2日ぶりのGでございます・・・。

昨日5日の日勤はやはり段々と咳が出てきて
いつもより鈍い動きの上、片膝立ちをし熱がでたように顔を真っ赤にさせて
何とか勤務時間をこなし雨がやむ中、早々に帰ってきました・・・。

その後、店長さんと色々と電話で話しましたが、それらの件は後日に書くとして・・・。

前回の影法師ロボットの記事を書いた際に
ざんぶろんぞさんからコメントで訃報を教えて頂き
(ありがとうございます)
12月4日のニュースを見て衝撃を受けました・・・。

当初は少し後に記事を書くつもりでしたが
昨夜になって思いが募り、敬愛してた広川太一郎氏が亡くなった時に
病状が悪くて追悼記事が書けず後悔した事もあり
咳が止まっている今、追悼記事を書く事を決意
しました。

その方とは・・・

特技監督・元円谷プロ専務であった高野宏一氏が
11月30日肺疾患のために亡くなられました。享年73歳。


あああ・・・長年、円谷プロを支えてきた高野氏が・・・
日本特撮界の大きな損失です・・・。

1959年の東宝入社から2002年まで
ほぼ第一線で活躍し続けた高野宏一氏。

その円谷プロを中心とした多大なる功績は
多くの作品を残してる事からでもうかがい知る事ができます。

そのあまりにも多く残された作品から
Gがこれは!と選ぶのにも沢山の候補が頭をよぎり
また今まで高野氏が関わった作品の多くを既に記事にしてた事を
亡くなられた後になって改めて気づかされました・・・。


ですので一晩考えた挙句、Gの体調面も考慮して
鉛筆画の新作とGからの高野氏への感謝の言葉を載せる事にしました。

Gが今回、咳の出ないうちにセレクトして描いた鉛筆画は
生前、高野氏がインタビューにおいて懐かしそうに

「サイケデリックな戦闘シーンの映像化に大変苦労しました」

と具体的に述べられてたウルトラ怪獣を今回再起用する形をとりました。

c0040422_5135265.jpg


ウルトラセブンに登場のサイケ宇宙人ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョンです。

ペロリンガ星人に関しては以前のペン画のペロリンガ星人の記事
ペロリンガ星人に流用される前のピニヤ星人の記事に見て頂くとして

多分、このペロリンガ星人を贈る事が高野氏にとって
もっともいい形で見送れるのではないかとGは思う
のであります。

敬愛する高野さんの数多く残していった作品を観て
Gは育っていき、こうしてブログまで開設するにまで至りました。

高野さんは数多くの作品を残していっただけではなく
数多くの特撮ファンという人々も残していって下さいました。

特撮という技術を高野さんは多分に表現されて
数多くの心に残る映像をこの世に与えてくれました。

高野さん以外にも数多く作品に関わってる方はいますけど
多大なる業績を残し重鎮ともいえる高野さんが逝ってしまった事は
Gをはじめ高野さんの作品を観た皆が悲しく思います。

だけど

高野さんはきっとペロリンガ星人に誘われて星の世界へと旅立たれたのでしょうね。

高野さんが地球に飽きてたとは思わないけれど
高野さんの目でM78星雲、獅子座L77星など沢山関わってきた
星の世界を実際に見るために遠く旅立ったのでしょうね。

地球に残されたGたちですが
高野さんの残していった作品達にこめた心によって育てられました。

その高野さんの映像の心をGたちはずっとずっと胸に暖め、
伝えていきたいと思います。

長い長い旅です。高野さん、どうかごゆっくりなされて下さい。

合掌・・・。


流石に少し泣けてきたので今回はここで失礼します・・・。






「病院へ行ってきましたPart139・影法師ロボットの如く正反対の体制に」
「ひいろお第18話:ウルトラアイ」(ウルトラセブン)
「ピニヤ星人のなれの果て・ペロリンガ星人!」
「スペル星人に対抗してピニヤ星人・ウルトラセブンのお蔵入り宇宙人」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-06 06:16 | 特撮系
c0040422_1259150.jpg


こんにちは、5日ぶりのGでございます・・・。

前回のレッドデンジャーの記事でも書いたように
11月29日から過労のため休養に入っていますが

実質的には

11月29日 公的負担の継続申請に必要な書類を取りにお茶の水の病院へ行く
12月1日 公的負担の継続手続きを市役所にて行う
12月2日 翌週は担当医が休診のため診察を受けにお茶の水の病院へ行く

とドタバタした日程だった
ため

今日までで休養取れたのは
11月30日、12月3日と4日の3日間
しかありません・・・。


そういう事情のため当初は今週中の記事アップは見送る方針でしたが
今日4日までしか休みが取れそうにない事から現状を書き残す事に決めました。

ただ、今の病状が2日の診察の際に担当医へGが話したように

11月28日深夜頃から
毎日夕方から夜にかけて咳が止まらない、

同日から毎日同じ時間帯に声がかすれてくる、

同日から息切れが一度始まるとなかなか止まらない、

11月29日頃から毎日1回急激な疲れが出て寝込んでしまう、

(当然ながらこうなると寝る時間も不安定)

平衡感覚を失っている、

モニタやTVを長時間見れない、


という感じで毎日過しているので
上記の症状が出たら記事を途中でストップさせるかもしれません。
予め書いておきます。


まあ、2日の段階では5日の日勤の仮シフトがあるものの
2日以降に一度、店長さんから出勤できるか再確認の電話がある事、

来週予定されてる自宅の仕事は1回のみにして量も軽減する事、

絵とか描けないものの音楽を聴く気持ちの余裕ができた事
から

担当医も

「書類は間に合ったのですね?
休みが取れて本当に良かったですねぇ」


と祝福してくれ病状については

「Gさんが過労で体力が落ち
通常の体力では引かない風邪を引いてる可能性がありますし
公的負担の申請など今日まで動いてて
急激な疲れが夕方から夜に出てるので
仮のシフトで組まれてる5日の日勤は
盲腸炎から復帰した夜勤の方の体調次第ですが
出来れば休んで今週いっぱいは動かないようにして下さい」


という診断
をしました。

実際、今日になっても何かの外出も1回くらいしか出来ず
後は疲れがきて寝込んでしまうため
まさしくストレートな診断
だったように思います。

「本当の所、Gさんは5日は出勤できると思っていますか?」

と心配して担当医がGに聞いてもくれましたし。

(その際、Gは28日は大丈夫と思ってたが日に日に不安に思ってると答えました)

そして休養が必要という事で薬の追加は特に無く
公的負担も原本到着までは国保の支払いとなり
原本到着後に繰り上げて医療費が戻ってくる事を会計受付で確認して
帰宅という形となり店長さんに電話するために準備してたのですが・・・


(今日はここで一度目の休憩とします・・・)

そんな時に店長さんから電話がかかってきたのです。

しかも携帯の番号ではなく店長さんの家の番号でかかってきたので
「5日の再確認の電話かなあ・・・?でも今日は家にいるの・・・?」
と思いながら電話に出まして。

内容は以下のようなものでした。

腰痛が持病の店長さんが
(腰痛に関してはGも持病ですが・・・)
12月1日に酷い咳でぎっくり腰になってしまい
そのまま無理して出勤したため
ぎっくり腰を悪化させてしまい
家から動けなくなってしまった、
前日の連絡で申し訳ないが
明日3日の夜勤を交代できないか?


元々、店長さんもGと同じ頃に咳が始まってたので
店長さんの疲れをGも心配してた
のですが
心配が的中した格好となってしまったのです。

交代してあげたいのは山々だったのですが
何分、診断が出た直後であり
仮に無理してGが夜勤に入っても咳などで客対応が出来ない旨を話し
5日の日勤は確定する代わりに3日の夜勤はお断りさせてもらいました。
(事実、Gも3日の午後から病状が出てきましたしね)


店長さんも
「何でこんな時期に腰を・・・」
無念な声で話しており

Gが色々と店長さんを心配して話すと返って不安になるようでしたので
咳が出てた時点で店長さんの疲れを感じてた事をGは話し
「今は少しでも疲れを取らないとダメですよ、
お互いお大事に、ですね」

と伝えました。

店長さんも3日間くらいで復帰できるように動かないでいる
と答えましたが

この状況によって空爆エイイワガメ怪人カマクビガメの各記事で書いた
確実に店に出れる人間が
先月に不幸があった日勤の同僚と
盲腸炎から退院した夜勤の同僚の
2人だけになってしまったという
全く逆の体制になってしまったのが確定
してしまったのです。


まあGと店長さんで一時期切り盛りしてたので無理が生じてしまった格好なのですが

Gも店長さんの腰の症状が長引いた場合、
来週から早くも週2回勤務で復帰になるという格好となり


明日に備えて咳のためのマスクを新しく買って備えてますが

正直、明日5日からどうなってしまうのかが
不安で仕方がありません・・・。


なので休養期間が今日4日までとなってしまったのです。

「運命は必然からではなく偶然から出来ている」
by YUKI


この歌詞が頭をよぎるGなのであります・・・。

今日の鉛筆画はカマクビガメ以来、久々に描いてみました。
当初はバトルフィーバーJのハイド怪人や
宇宙刑事シャリバンのジキルハイドビーストなど正反対をテーマに考えてましたが
もっといい適任がいまして療養中なので無理しない事から起用
しました。

キカイダー01に登場のシャドウロボットの影法師ロボットです。

けっしてストレッチマンや
タイツ!タイツ!タイツ!ではありませんので。


(流石に疲れたので、ここで二度目の休憩とします・・・)

(12月4日PM18:19)

15時半から咳が酷くなり
電話にもまともに対応できず寝込んでしまったため
やむを得ず記事を一時的にストップさせました。


目が覚めてから症状も落ち着いたので
残りの文面を書いておきます。


これが明日の仕事中に起こったらと思うと怖いですが・・・

気を取り直して影法師ロボットの説明を。

01の
後期の敵組織シャドウの最高幹部ザダムが
長年かけて作り上げた影法師製造機。

この影法師製造機の光を受けた影は命を与えられて実体化し人造人間となる。
それを利用して01とビジンダーを抹殺するための「シャドウシャドウ作戦」を
ザダムは
配下幹部であるハカイダーに命じ遂行させる。
影法師製造機を受けて出来た影の人造人間は
影のオリジナルの2倍の能力とオリジナルとは正反対の性格を持つ
ようになるが
実体化していられるのは3分間に過ぎない。
人間から作られた影の人造人間が鉛筆画のような姿で
「影法師ロボット」と呼ばれ額に影の字の刺青がある。
01やビジンダー、ワルダーの影からは
悪の心を持つ「01影」や「ビジンダー影」、犬に強い「ワルダー影」と呼ばれ
姿は01、ビジンダー、ワルダーの姿に酷似しているが
何かしら影を思わせる黒いパーツがあるのが特徴
である。
影法師ロボット達の共通の武器として腕に銃を装備している。
苦戦の末、影法師製造機を破壊された事で作戦は惜しい所で失敗となってしまう。
なお性質上、シャドウロボットの背番号は脚本上から既につけていない。

なので正反対のテーマの特撮キャラとして起用した
というわけです。
01影、ビジンダー影、ワルダー影も機会があったら描いてみたいですね。

今日も体調面があまりよくないようなので
記事もここらで終わらせます。


明日が乗り切れるか、またいつ記事がかけるかはわかりませんが、
今回はこれで失礼します・・・。






「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「ひいろお第17話:援軍」(バトルフィーバーJ)
「ひいろお第16話:悪あがき」(シャリバン)
「ひいろお第13話:ヒーローの末路」(キカイダー01)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-12-04 13:35 | 病院系
c0040422_1062451.jpg


こんにちは、2週間ぶりのGでございます・・・。

空爆エイの記事イワガメ怪人の記事カマクビガメの記事にて
同僚の代理出勤などが重なってる旨を書いて
「ひいろお倶楽部@」無期限休止とさせて頂きましたが


あの後に祖父の不幸があった日勤の方の祖母がそれにより一時衰弱した事や

盲腸炎で緊急入院した夜勤の方が手術の後、連休前に退院したものの
発病から1日放置してた格好なので仕事するとお腹が痛い時がある事から


再び一時期に確実に店に入れるのが店長さんと自分だけとなり
自宅の仕事を含めて代理出勤をズーッと続けてましたが

11月17日頃から
空爆エイの記事、イワガメ怪人の記事、カマクビガメの記事の状況に加え

会話を覚えてなく、おかしな事を話してる、

金額などの数の計算が出来ない時が出てくる、

13時間30分連続労働の日があった、

飛蚊症が酷く10数個も見える時がある、

モニタを長時間見る事ができない、

ずっと食べたら食べっぱなし、


という事が起こり

18日に一時ダウン。

その後、日勤の方の祖母の容態が持ち直してきたので再度復帰され
Gも一時的に持ち直す

こういう時に店のPCにエラーが発生して対応に追われ
連休中の23日にバイト先で大チョンボをしてしまい
遂に24日に過労でダウン。


プルトンロケット、大爆発・・・。

ゲシュートの記事「次は4週間後で本当に大丈夫?」
と担当医が聞いたのもよくわかる気がします・・・。

25日はたまたまお茶の水の病院の診察日で
今まで連絡してきてくれた3人ほどの友人と家族以外は
状況を我慢して話せなかったので
一気にガタガタと崩れてしまいまして
プライベートでも公的負担など
重要な事すら行う時間もなかった事から

(だから記事なんて書く暇も無かったのです・・・)

「精神的というより明らかに過労なので
盲腸炎から退院した同僚の方の
状態を見て一段落したら
すぐ2週間くらいは休養してください。
このままじゃGさん倒れちゃって
仕事できなくなりますので。
場合によっては診断書も書きます」


という事で帰りにバイト先に寄って店長さんに一切合財を報告。
元々23日の時点で次の週から仕事減らす方向で店長さんは考えてた
ので
担当医の診断を受理、ただ盲腸炎から退院して復帰する同僚の状態もある事から
28日までGのシフトを続け追加で来た自宅の仕事も28日までに終わらせ

(お客様のご好意で23日の大チョンボも何とか28日に修正できましたし)

今日29日から12月4日までは確実に休みを確保しました。
(盲腸炎から退院した同僚の状態によっては5日以降は少し変わります)

今日と明後日12月1日に公的負担の準備、手続きがあるのと
2日は体調が思わしくなかったら予約外でお茶の水へ向かうため
です。

そういう状況なので体力も過労で非常に落ちてまして
とりあえず現状の報告だけを記事に書いて

連絡を取ってた友人の1人からのアドバイスをして頂いた事もあり
ブログの更新は出来るようになるまで
ゆっくりさせて頂きたい
と考えてます。


こんな感じですから鉛筆画を描く余力は現在全く無く
Gが万一の時を考慮してツリボットの鉛筆画
同時期に描いて備えていたものを
流石に今がその万一の時なんで使わせて頂きます。


仮面ライダースーパー1
に登場のジンドグマ怪人レッドデンジャーです。

RED DANGER!まさにそんな状態でございますが
使うのがこんなに早いとは思わなかった・・・。


(ここで記事を一旦中断します・・・外出の時間もありますので・・・)

(11月29日PM19:01)

先程、とんぼ返りでお茶の水から必要書類を貰って戻ってきました・・・疲れた・・・。

では、久々にちゃっちゃっとレッドデンジャーの説明をします。

スーパー1
後期の敵組織ジンドグマの4大幹部の1人である妖怪王女は
元々、愉快犯的な作戦を立案して混乱してる人間を見て楽しむ傾向がある
のだが
人間が赤ランプやサイレンを恐れる性質に注目
同じく4大幹部の幽霊博士に依頼して作らせた
サイレン型の赤ランプのジンドグマ怪人がレッドデンジャー
である。
(要するにわかりやすく例えるとパトライトとかの類のジンドグマ怪人)
危険を知らせる赤ランプに変身して事故を誘発し
社会混乱させる「パニック作戦」遂行を任務
とする。
ジュニア・ライダー隊の石川マサル少年に赤ランプを拾わせて悪事を企む。
武器として頭部の輪に火をつけてブーメランのように攻撃するファイヤーリング
があり
また日本中の信号機を狂わせる能力も設定されている。
まさに危険を誘発させる赤ランプのジンドグマ怪人、それがレッドデンジャーだ。
なお声の担当は村越伊知郎氏。

今日は休養初日なのでこのくらいにしておきます。

コメントやトラックバックのお返事などはブログの更新と同様に
できるようになるまでゆっくりさせて頂きたく思います。


復帰早々がこんなんで申し訳ないですが
明日は完全にオフなのでゆっくりしたいと思います。


では、今回はこれにて・・・zzzzz・・・。





「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
『退会します』(ツリボット)
「飛蚊症」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-29 10:57 | 病院系
c0040422_20193018.jpg


こんばんは、3日ぶりのGです・・・。

空爆エイの記事イワガメ怪人の記事で書いた自宅の仕事は
本日11月15日早朝までやってましたが

諸事情によりまだ終わっていません。

葬儀に出席してた日勤の方が今日から復帰してるので
何とか今日明日の休みを確保しましたが

(っていうか、今日は正確には休みになってないような気がするんだけどね)

カレンダーの日付が疲れてわからない、

自宅の仕事があると飲まず食わずの連続作業、

自立支援の更新手続きを期限切れの今頃思い出す、

PCの前にいるとキーボード打ってる間に寝てしまう、

PCや携帯のメールを打ってる時間が確保できない、

コメントやトラバのお返事など他のブログや
ホームページ、mixi、掲示板に行く時間も確保できない、

一度寝たら寝っぱなし、

風呂にも5日くらい入る時間が無かった、

ガスの元栓や電気のスイッチを切り忘れてしまう、


そんな状況下でよく記事アップできたな、と思うのですが

追加の自宅の仕事の件も出てきてる事

カノン・ハルコスの記事にも登場してた
夜勤の後輩の盲腸炎の緊急入院で
来週17日のGの夜勤以降、
店長さんと1日おきに代理出勤
という話も出てる事、

明日16日に店を代表して店長さんがお見舞いに行って、
その入院中の後輩の様子も見てくる事、

それによっては色々とまた状況が変わってくる事
から

そう考えると今日15日しかアップできませんでした。

ここまで書くと何のために疲れてる中で記事アップしたのか、
大よその見当は付くか
とは思いますが


「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延長します。
で、今回は申し訳ない、
無期限とさせて頂きます。
アグミスの記事青ワニの記事の無期限停止を含むと三度目だね・・・
あ、コダイギョ怪人の記事の時も未遂に近いし・・・トホホ。


だってGさん自身もまたいつ戻ってこれるかが
全然わからなくなっちゃったのよ(泣)


11月10日に発生したイベント記事を書いてる場合では
完全に無くなってしまったしね。
そのイベントも延期せざるを得ないでしょう・・・。


ご理解の程、宜しくお願いいたします。

今日の鉛筆画は首を伸ばすネタでイワガメ怪人と最後まで候補に残してたのを
今回リクエストリストにもある事から起用
します。

同じ亀ネタなんですが

仮面ライダーV3に登場のデストロン怪人カマクビガメです。

今日このカマクビガメ描いてて
仕上がった途端に寝てしまったので
記事も遅くなりました・・・トホホ・・・。


(カマクビガメの説明はGがまたネット入れる時に書くので一時中断します・・・)

(11/15 PM23:35)

何とかネットに入る時間が出来たのでカマクビガメの説明に入ります。

カマクビガメはヨロイ一族のデストロン怪人で
使命は
敵組織デストロン日本支部最後の幹部で
ヨロイ一族の長でもあるヨロイ元帥が
組織内の派閥抗争から勝ち抜くために虚言をし
結城丈二が反逆罪で硫酸プールで処刑されそうになったため
デストロンから結城丈二と共に脱走した4名の科学者の抹殺、

そしてV3の暗殺の2つである。
そう、このカマクビガメこそがライダーマンと初めて戦ったデストロン怪人なのである。
ヨロイ一族だけに亀の特性を生かした防御力は万全
手足を収納して体当たり攻撃を行える。その1t近い圧力で押しつぶしてしまう。
鉛筆画のように首を伸ばすことができ敵を巻きつけ締め上げたり
噛み付いた敵を溶かしたり
する。その口からも溶解性の毒ガスを吐き、
小型の亀メカからもデストロンガスを出し相手を消滅
させる。
乳児に変身して敵を欺くなど卑劣な性格の持ち主でもある。
声の担当は槐柳二氏。
なおワナゲクワガタの再生4大幹部二部作以来の久々の前後編での登場となる。
(その間にドクロイノシシがドクトルGことカニレーザーの死後から2話連続登場しますが)

(ここで二度目の休憩を挟みます・・・)

ライダーマンは生身に最も近い仮面ライダーとして登場
当初はヨロイ元帥への復讐のため行動しますが徐々にV3と和解、
デストロンのプルトンロケット発射の際には自ら搭乗して安全な場所で爆破させ
V3から仮面ライダー4号の名を贈られ現在に至ります。


Gもこれから厳しい直面と対じしますが
ライダーマンのように戦っていきたいですね。


それでは皆さん、今度こそまた会う日まで。
プルトンロケットからGは必ず戻って参ります!






「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「「ひいろお倶楽部@」を無期限停止と致します。」(アグミス)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part22と重要なお知らせです。」(青ワニ)
「来週半ばからネットが出来なくなる可能性が出てきました・・・。」(コダイギョ怪人)
「ひいろお第2話:ヘルメット」(ライダーマン)
「発掘!「テレビマンガ20年のたくらみ」(はぐれベーダー63)」(ドクロイノシシ)
「病院へ行ってきましたPart42・一昨日からカニレーザーのレーザー治療追加」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-15 21:04 | 雑談
c0040422_19301556.jpg


こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

前回の空爆エイの記事で「ひいろお倶楽部@」をお休みとしましたが、
その関係でGはさっき遅れて知ったのですけど
11月10日から11日までエキサイトブログのメンテがあったようです。

「【修正】11/10(月)20時から緊急メンテナンスを行います」
「メンテナンス作業が終了しました」
(上記2件の詳細はクリックすると見れます)

メンテの件は上記のリンクから読んでおいて下さい。

今日はそのために記事アップしたのではなく
「ひいろお倶楽部@」のお休みの件で緊急のお知らせがあり
単刀直入に書いて行きます。


「ひいろお倶楽部@」のお休みを延長いたします。

理由は以下の通り。

1.
前回の空爆エイの記事で自宅の仕事が
最悪の場合11月15日(土)までかかると書きましたが
11月10日深夜の時点で15日までの延長が確実となりました。

2.
Gは昨日11日の夜勤の時点で知ったのですが
日勤担当の同期の同僚の親族の方の不幸があり
同期の同僚の葬儀の出席などにより
シフトが変更になる可能性が出てきました。

3.
この記事を書いてる時にバイト先から緊急の電話が来て
もう1人の夜勤担当の後輩が

(空爆エイの記事で登場した方と同一人物)
本日12日に盲腸炎で緊急入院したため
(危うく死んでしまう所までいってたようです・・・)
2の件を含めると安定して店に入れるのは
現時点においてGと店長さんの2人しかいないため
シフトを更に大幅変更する可能性が高くなりました。

以上の理由によりネット接続の機会が少ないGが
ワンチャンスで記事が書ける本日12日にお知らせ
する事にしました。

もうこういう状況なので何時ネットに戻ってこれるかが
正直Gにもよくわかりません。
無期限とはしませんが当初書いてた14日までのお休みが
今週15日以降の長期のお休みになるかもしれません。


一段落したら記事を書くことにし、
しばらくは仕事の方に専念したいと思います。


11月10日にはイベントが発生してただけに
ウルトラ怪獣の特撮系記事が書けるかと思ってましたが
もうこういう状況なのでどうする事も出来ませんでした・・・


何卒宜しくお願いします。

今日の鉛筆画も大急ぎで描いたもので
当初は2の段階までしか書かない予定だった事から
延長=延びる=首が伸びる特撮キャラをセレクトし
長生きしたという面での起用で決めた
のが

仮面ライダーBLACKに登場のゴルゴム怪人であるイワガメ怪人だったのです。

(ちょっと時間が無いので一旦休憩しネットに入れるようでしたら説明を書きます)

只今、2と3の件で電話連絡待ち状態ですので
イワガメ怪人の説明を今のうちにやっておきます。

イワガメ怪人は年齢7万歳を誇る最古参のゴルゴム怪人の1体。
小さなイワガメに変身し小学校へ潜入、
目から発する人間の闘争本能を刺激する光線を使って
人間を凶暴化させて混乱させるため
教師達をまず操り怪人カリキュラムを開いて夜な夜な子供達を集め
残虐性を育んだ子供達を操る事を使命
とする。
鉛筆画のように首を伸ばして敵に噛み付き
手足を硬い甲羅に引っ込めて防御、そのまま体当たり攻撃を行い
火炎攻撃も使いこなせる。その甲羅の一部はエネルギータンクも兼ねており
ゴルゴメスの実を食べずとも千年間も生き続ける事ができる。

ただ、如何せん亀の怪人であるので動作が鈍く
光線を発する目が最大の弱点
となっている。
なお当初はイワガメ怪人の首を伸ばす予定ではなかったが
前沢範氏のレインボー造形企画のアイデアで
完成した着ぐるみを改造して首を伸ばすようにした事で有名。


この説明文を書いてる間に連絡が入り
空爆エイの記事で書いたシフトが2と3の件から大幅に変更、
14日の金曜日の日勤に入る予定だったGが
明日の夜勤に急遽入ります。


ああ・・・やはり今日、お知らせしてよかった・・・。

それでは先がどうなるかはまだわからない情勢ですので
一旦此れにて。
さようなら。






「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-12 20:04 | 雑談
c0040422_1547354.jpg


こんにちは、2日ぶりのGです。

昨日はタコギャングの記事の末尾であったように
リリーフでのバイトの日勤、しかも土曜日だった
わけですが
今まででの日勤での自己最高記録を大幅に更新しまして、
あまりの客の多さに最後の30分でマントコングの記事で書いた
両太ももが痛くて筋肉が切れるような痛さに
思わず「痛い!」と言って足元ヨロヨロ
になってしまいました。

夜勤の後輩(カノン・ハルコスの記事でダウンした方と同一人物)も
その客の多さにビックリしてて
Gは今まで土曜日は入る機会が少ない事もあり
「土曜日って客が一番多い日だけど最近いつもこうなの?」
とGが聞くと
「いや、これほどでは・・・招き猫ならぬ招きGさんですね」
と後輩も絶句。

もう寒くなってる中、ヨロヨロと帰宅し
正直、今日になっても疲れが取れません・・・

まあ、不在時に来た郵便物を今日の午前中待ってたのもありますが。

って、そういう愚痴を書くために記事アップしたのではなく
今日はお知らせがあって記事アップしました。

一部の方には今朝伝えましたが


昨夜21時半に来週からの自宅の仕事の依頼が来ました。
いよいよ自宅の仕事が来るのか・・・とは思いましたけど
その自宅の仕事の関係でですね、
ネットから離れる時間やPCを使う時間が多くなる事から
「ひいろお倶楽部@」を11月14日頃まで
記事を休ませて頂きます。


つまり週末まで記事アップしないという事です。


いや、冷静に考えたらですね、

11月10日(月)・自宅の仕事の打ち合わせのため外出
(記事アップ予備の日)
11月11日(火)・リリーフのバイト夜勤
11月12日(水)・打ち合わせの予備の日
(無ければ記事アップ予備の日)
11月13日(木)・早ければ、この日に自宅の仕事終了
11月14日(金)・リリーフのバイト日勤
11月15日(土)・最悪の場合この日に自宅の仕事終了
(記事アップ予備の日)

というスケジュールなんで明日以降に
ネットやってる場合ではなくなっちゃったんですよ。


記事アップ予備の日と書いてあるのは
実はもうすぐイベントが発生しそうなのですが今は停滞してるため
アナホリビーストの記事みたいに急にポッカリ予定が空く可能性があるため
Gさん自身その日にアップできるのかどうかは
皆目見当が付きません。


ゲシュートの記事でお茶の水の病院の担当医から休養と注意を言われて
5日間休んだらこれかよ!という感じ
ですが

全てが終わり次第、記事アップして報告という事で
事実上、記事をお休みとさせて頂きます。
急な話ですが、どうか宜しくお願いします。


まあ・・・久々の5連投も最近やった事だし、その分、記事休むのもいいだろうて・・・。

ということで鉛筆画なのですが
何故かGはリリーフでバイトへ出るとお客さんが多く来店されるので
冒頭に出た夜勤の後輩から

「Gさんの日はピンポイントですね」

と言われる事も多い
もので

ピンポイント、というとピンポイント爆撃かな?としか思い浮かばなかったので
今回の鉛筆画に起用したのが

スパイダーマン
に登場のマシーンベムである空爆エイです。

もっとも今週は絨毯爆撃と化してますが(泣)
ただ空爆エイは空爆の名がある割にはこの状態では空が飛べないのです。

何故か?その説明は後程。

(一旦ここで休憩します・・・)

お待たせしました、飛ぶ事ができなかった空爆エイの説明に入ります。

空爆エイは敵組織である鉄十字団の最後のマシーンベム。
太平洋戦争末期、日本はゼロ戦の新型エンジンを
当時、南原技師の下で開発してたが未完成のまま終戦をむかえた。
その性能は当時のエンジンの100倍以上というとんでもないパワー
であった。
鉄十字団の首領のモンスター教授はそのエンジンを
マシーンベムに積んでパワーアップさせたいと考え
設計図を奪ってエンジンを完成させ空爆エイに組み込みたいと企む。

南原技師は終戦を知って病に倒れ、設計図を3枚に分けて
戦後の日本の平和利用に使って欲しいと遺言して
当時の助手だった西村と小原、島崎に渡した事を知った鉄十字団は
その1枚を持つ相馬剛三
氏演じる西村を殺して奪取、
2枚目を持つ今は自動車解体業の小原

ウルトラセブンでシャドー星人の陰謀を予知する安井役も演じた木田三千雄氏)
から息子の政樹を人質にする事で奪い
最後の1枚を今は亡き島崎の娘・静香が持っており
帰国するというのでスパイダーマンが動く
のだが
実は3枚目も小原が所有しており鉄十字団も見破っていた。
しかしスパイダーマンが戻って間に合ったため計画は失敗し
3枚揃わないと設計図として成り立たないので
スパイダーマンが危険なため説得し小原は燃やしてしまう。

という展開
なので結局、空爆エイに新型エンジンは搭載されず
空を飛べなかったのである。(劇中で見て確認しました)

確かGの記憶ではこの話は脚本が途中までしか出来てなく
現場で残りが作られた
せいもあってか、本放送時に見てて
何かギクシャクする話だな、という印象が強い
です。
(脚本の件は最近になって知りました)
武器は当初、空爆用に設計された頭部の2本の角ミサイルと
背中のミサイルとしても使える爆弾。
エイのマシーンベムだけに水中戦は得意である。
最後のマシーンベム
だが未完成同様で戦う事となり
巨大ロボ・レオパルドンに変形しないマーベラーに倒される等、
かなり不運なマシーンベム
でもある。デザイン担当は久保宗雄氏。

今日は体力を温存して明日以降に備えますわ・・・
本当にすまないけど
仕事が一段落したら戻ってきます。

それまで、ごきげんよう。





「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part26」(タコギャング)
「一体がんがんじいは誰と戦ってたのか?」(マントコング)
「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「Gの仕事にポッカリとアナホリビーストの穴が開き」
「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「薬を落としてしまったくらいの衝撃だったGが見つけた掘り出し物!」(スパイダーマン)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-09 16:34 | 雑談
こんばんは、連投のGです。

昨日のマントコングの記事で書いた両ももの痛みも
今朝は引いてきたので最近行く事ができなかったネットカフェへ行き
先月10月分の検索キーワードランキングを確認。

帰宅後は両ももも少し痛み出し疲れたので寝ていて、
夕方から記事アップの準備
をしてたら、
YouTubeの携帯用再投稿テストの記事で書いた
インフルエンザの予防接種が今日できるという連絡が入った
ので
今年1月のドブネズゴンの記事から2ヶ月もインフルエンザみたいな風邪を引いて
2月初旬にはマサカリデスパーの記事で点滴治療をしてた経緯
もあり

早めに予防接種を済ませておこうと19時くらいに受けたものですから

結果、この時間のアップとなりました。

インフルエンザ予防接種は今日かもしれないと、
いう予想は元々してたので、今朝ネットカフェで調べておいた
コピペで負担の少ない検索ワードランキングの先月10月分なら
無理なく書けるので、ようやくですがアップ
します。

それともうどうしようもない事のようなので
今度はエキブロ同士での移動でエラーが出てきました
以前のダイヤモンド仮面の記事でも書いた文面を
くどいようですが載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


ということで記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月10月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングをやってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて10月は一体どんなキーワードでこの「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?
参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2008年10月●







1位  スペル星人 / 115
2位 ひいろお倶楽部 / 42
3位 ブニョ / 35
4位 ミイラ男 / 24
5位 パンドン / 23
6位 マグマ大使 / 22
7位 がんがんじい / 21
8位 メトロン星人 / 19
9位 ゴモラ / 16
10位 ドロボン / 15






意外な事ですが今年2008年に入って
ランクインで単独の100カウントを超えたのは、この10月が初めて
でした。
とはいえ、ほとんど常連のキーワードで占めているのですけど
新しくランクインしたのは4位のミイラ男。
「ひいろお倶楽部@」では星雲仮面マシンマンのミイラ男(ミイラマン)

変身忍者・嵐のミイラ男の2回ほど記事にしており、
その2人がこのキーワードに該当
されるからだと思うのですが
何故、ミイラ男が?今、旬なのでしょうか?(旬ってあるの?)
あとは何かで放送されてミイラ男が引っかかったとしか考えられないのですが・・・
そういう展示会とかがあったんでしょうかね・・・?




それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
今回はコイツを起用します。

c0040422_208152.jpg


スカイライダーに登場のネオショッカー怪人タコギャングです。

「茹蛸になるところだった!」と大騒ぎした、あのタコギャングです(笑)

当初はインフルエンザ予防接種の連絡が遅かったため
今日は無いのかと別の特撮キャラを完成させてましたが
予防接種ができたという事で急遽、描いて変更しました。

(という事は別の特撮キャラの鉛筆画はお蔵入り・・・?

まさか昨日のマントコングの記事で書いた
植物を動物化するワクチンの話を書いてた事から
相方のタコギャングが連投で起用できたとは・・・不思議な偶然ですな。


まあ、注射打った後の鉛筆画は結構大変でしたが
ネオショッカー怪人は学生時代にイラストで全て描いた事があるので
今回それが体得してたようで役に立ちました。
体に負担が少ない記事を予定してたのも正解
でした、はい。

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

またバグって説明文が消えてしまいました。
昨日からちょっと状態が変ですね。
これじゃ、バックアップを取る事もできないし
書き直しですね・・・。


とにかく、お待たせしました、タコギャングの説明に入りますが
昨日のマントコングと重複する面もありますので御了承ください。


敵組織ネオショッカー日本支部二代目幹部の魔神提督は
人間を植物化して日本を「大自然怪人公園」計画を遂行するため
「ボルネオきっての知恵者」の異名を持つタコギャングを適任として呼び寄せます。

その際にパートナーとしてマントコングをアフリカから来日してますが
タコギャングはボルネオでV3こと風見志郎と対じしてたため
結果的にV3がタコギャングを追いかけて来日する事となります。
植物を動物的性質を与えるワクチンの開発者・南博士を狙い
南博士の娘・亜矢子をマントコングと共同で誘拐し拷問や脅迫しようと企む。

(だから次の話にキギンガードラゴンキングの話が出るからややこしいんだってぇの)
性格は狡猾で卑劣、魔神提督と共にマントコングを残して脱出を図るなど腹黒い。
そのくせ上司である魔神提督にゴマをすり御機嫌を窺ってる嫌な奴である。
それじゃマントコングも面白くないわな
タコの怪人だけに水中戦を得意とし水中ではスカイライダーよりも戦闘能力は高く、
地中からも奇襲攻撃をかける事ができ、

またクラゲロン以上に体に弾力性があり防御力も高い。
(といってもマントコングの防御力ほどではない
武器は左腕のムチ胸の穴からタコ忍法スミ隠れという墨で体を隠して攻撃する。
最期はワクチン解毒剤の争奪戦となりタコ忍法スミ隠れをDアイで見破った
スカイライダーの3回のキックに体の弾力性で何とか耐えたが
スカイキックで遂にトドメを刺される。

なおデザインの都合上ベルトはしてなくネオショッカーマークを体につけている。
声の担当は沢りつお
氏。

ふー・・・予防接種とバグで
結局、後半が時間かかっちゃったなあ・・・。


さて、今月11月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。

では、明日は日勤なので今回はこれにて。






「一体がんがんじいは誰と戦ってたのか?」(マントコング)
「続・今更ながらYoutube投稿テストしてみます。」
「病院へ行ってきましたPart108・風邪とインフルエンザとネズラ毒に気をつけろ!」
「今月に入ってから実家にて点滴治療をしております。」(マサカリデスパー)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part25」(ダイヤモンド仮面)
「病院へ行ってきましたPart29・転居してからのGの病状の経緯」
(星雲仮面マシンマンのミイラ男(ミイラマン))
「病院へ行ってきましたPart31・やっと仕事が終わって病院行けました。」
(変身忍者・嵐のミイラ男)
「総力特集スカイライダーURL掲載承認!」
「コスタリカへと旅立つ友人に送るアマゾン出身の植物怪人キギンガー!」
「また出かけます・ガラパゴス島から来た武術の達人ドラゴンキング!」
「本日、緊急でバイトへ出勤!1年以上放ったらかしだったクラゲロン登場!」
[PR]
こんばんは、2日ぶりのGでございます。

復帰初日の昨夜、何とか乗り切ってきました。

まあ、途中まで店長さんと仕事してましたし
自宅の仕事も来週以降にならないと発生しない事も確認でき、
そこまではいい展開だったのですが

店長さんが去った後に閉店時間は過ぎてもお客さんは来るわ、
急な仕事を閉店までに頼まれるわ、
もうヘトヘトで肩で息をしながら
今朝、帰宅したGさん
でして

ゲシュートの記事から前回のメビウス版ノーバの記事まで
ストレスを抜くために5日間休んでた際に
実は両ももに疲れから来る痛みが出てて
メビウス版ノーバの記事で取れた
と思ったら
今日、買い物などの外出や風呂に入ったら両ももが痛くて仕方が無い。

この時期には検索ワードランキングもやってる頃ですが
未だにネットカフェでの確認も出来てません・・・。

相変わらず自宅からはネームカードの確認できないのよね)

「年はとりたくないものだ・・・」
(by 初代キン肉マングレートことプリンス・カメハメ

今、Gさんクターッとしてるので絵を物凄く描きたいという事もあり
絵を描いてストレス解消して記事も上記だけ書いてやめようか
とも思ったのですが

温存してるというか溜めてるというか、そういうネタで
そんなに体に辛くないのがあるので、それを今回やってみようか
と思います。

Gが2008年11月6日現在、「ひいろお倶楽部@」で使ってるロゴはコレでして

c0040422_1934633.jpg


赤い衣装の盟友・筑波洋とがんがんじいのツーショットなんですけれども
(とある方からのプレゼントです。その節はありがとうございました!)

古い常連さんなら覚えてらっしゃるかと思いますが
以前のロゴでこんなのを使っていました。


c0040422_18564919.jpg


Gさん、がんがんじいが何かに向かってファイティングポーズをとってるロゴです。
がんがんじいはこの後、いつものようにコテンパンにやられてしまうのですが(泣)
誰と戦ってるのかを書くといって、そのままにしてましたね。
スミマセン!
(その他にも溜めてるのがあるでスミマセンの一言ではすまないのですが・・・)


がんがんじいは一体、誰と戦ってるのでしょう?

ストレス?疲れ?病気?後遺症?怪我?
まあ、それも間違いではないのですが

実はコイツと戦っていたのであります。


c0040422_18575419.jpg


・・・何か凄く頭の悪そうなのが出てきましたが、
その対戦相手とは

スカイライダー
に登場のネオショッカー怪人マントコングだったのです。

(今日はここで一旦休憩します・・・)

それでは毎度の如くマントコングの説明を。

敵組織ネオショッカー日本支部二代目幹部の魔神提督は
人間を植物化させる日本の「大自然怪人公園」計画の遂行を企み
植物に動物的性質を与えるワクチンの開発者・南博士に目をつける。
魔神提督は実質的な遂行者としてボルネオから狡猾なタコギャングを呼び寄せ
パートナーとしてアフリカから呼び寄せたのがマントコング
である。
(この話のすぐ後にキギンガードラゴンキングの話があるのでややこしいのだが)
マントコングもタコギャングと共同で作戦を遂行
するが
実質的には邪魔者を排除するために呼び寄せられた傾向が強い。
というのもマントコングはアフリカの王者の異名を持ち
強靭な肉体と怪力を誇る
からである。
胸の防御力はタコギャングを追って来日したV3のキックを跳ね返したほどで
鉄球状の左手はアリコマンドを消し去るほどのパワーを持ち
足踏みで地震を起こす事もできる。
その分、知能はかなり低く、がんがんじいと同程度のレベル(え?)であり
V3とスカイの2大ライダーと戦ってる間に
狡猾なタコギャングには魔神提督と逃亡されたり等、その面が目立つのも事実
である。
ゆえに知恵者のタコギャングを面白くなく思っており仲は悪い。
最期はV3との二度目の対決でV3反転キックを首に直撃してしまい敗北。

なお移動にはタコギャング同様ジープを使用している。
声の担当は池水通洋氏。

(なんかバグって説明文が消えてしまったので書き直した関係から二度目の休憩とします)

このマントコングとタコギャングは本放送を見た記憶があるのですが
一番印象深いのが

タコギャングを面白くなく思うマントコングが彼をぶっ飛ばし
タコギャングは熱湯風呂?の中へドボン!

「茹蛸になるところだった!」と大騒ぎするタコギャング。
それを見て笑っているマントコングを見て
魔神提督が間を置いてから
「この馬鹿者が!」とマントコングを怒るシーン
ですかね。

この時がんがんじいはスカイライダー初登場だったのですが
黄色い傘をパラシュート代わりにマントコングに再戦してますね。
結果は書かないでおきますが(笑)

相方のタコギャングはまた機会がありましたら記事にします。
(それをやってるからネタが溜まっていく気が・・・)


あとロゴとかネームカードの記事はエクセルのデータで過去を見ると
どうも雑談で統一してるので今回もそれにならい雑談記事
とします。

それでは、何か今日はバグも多いし、もう寝るべ!今回はこれにて。






「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「お休みは今日まででメビウス版ノーバ登場から大騒動?」
「ヤマグチノリカズさんのカメハメ木版画Tシャツ!(はぐれベーダー50)」
「がんがんじいとは何ぞや?」
「総力特集スカイライダーURL掲載承認!」
「コスタリカへと旅立つ友人に送るアマゾン出身の植物怪人キギンガー!」
「また出かけます・ガラパゴス島から来た武術の達人ドラゴンキング!」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-06 19:28 | 雑談
c0040422_19221123.jpg


こんばんは、遂に5連投のGでございます。

なんか今日は閲覧者のカウントがおかしいなあ?
と思ってたのですが先程、エキサイトブログから発表がありました。



「携帯から非ログインユーザーがコメントできない障害」
(クリックすると詳細が見れます)


携帯の非ログインユーザーのコメント障害が
11月4日の14時から18時まであった
んですね。
携帯のためのYouTube投稿再テストしたばかりなのに・・・。
Gも同時間帯のログイン時にバグってましたしね。
現在は復旧してる
ようですが・・・。

こんな赤い暗殺者こと円盤生物ノーバの
ウルトラマンメビウスヴァージョンなんかを鉛筆画でチョイスしたからですかね?


いや、今日は元々そういうお知らせを載せるために記事アップしたのではなく

一部の方には事前にお伝えしましたが
今日11月4日でゲシュートの記事から続いた
リリーフのバイト先のお休みが終了し
明日5日の夜勤から復帰するから、
という意味合い
だったんですよね。

まあ昨日の猫の手さんの新マン、セブン、ベムスター、Gのプルーマの
文化の日記事
で書いた仕事の電話の打ち合わせも
昨夜あったもののキャンセルという形で明日の夜勤時から
という話になったので

まるまる5日間お休み頂いた格好でストレスMAX状態だったGも
だいぶほぐれてきた感じはします・・・。
現に昨日からは体も少しずつ動きますしね。
明日の夜勤も店長さんがいますから2人で出来ますしね。


「寝ようと思わないで寝れる時に寝てください」

とゲシュートの記事で書き忘れてたお茶の水の病院の担当医の言葉通り
たっぷりたっぷり寝させて頂きました・・・。


まあ、明日はどう転ぶかわかりませんが復帰してみて状態を確認してみたいですね。

ですのでストレス解消にもある意味役立ってた記事の連投も
今日で一旦切れるわけ
なんですが

連投の最後は描きたいものを描いてみるべ!と思って
鉛筆を走らせたのが冒頭に置いた

ウルトラマンメビウス
に登場の円盤生物ノーバだったのです。

当初は描くものがあまり思い浮かばなかったのですが

ノーバは5本の指に入るほどのGのお気に入りウルトラ怪獣のうちの1体で
以前にもウルトラマンレオノーバの記事を書いてますし、

asabatyouさんへのコメント返しの際に
「人を信じる」という事で書いたのも頭のどこかにあったのだと思いますし、

Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人を見て
円盤生物で、というのもあったでしょうし、

まあ、メビウス版のノーバは描く事がないかもしれないけど
ノーバはペン画のみしか描いてないので起用したのもありましたし。

メビウス版のノーバの登場
って2006年10月14日、
ウルトラマンメビウス第28話「コノミの宝物」

監督兼特技監督・小中和哉、脚本・長谷川圭一、敬称略
でしたよね?

確かGUYSのコノミ隊員と久しぶりに会ったフリをした幼馴染のスザキが
評判の悪いゴシップ記者のヒルカワをグルで連れてきても
眼鏡の件で庇ってくれた幼少時のスザキをコノミが信じ続けて
スザキはそのコノミの宝物に心を動かされ
コノミに声援を送りヒルカワから画像データを取り戻して
「その眼鏡、似合ってるぜ」と当時のセリフを
スザキがコノミに伝えて去っていく
という・・・。

この頃はGはまだ交通事故のむち打ち症に苦しんでて
首のコルセットが外せなくてTVがあまり見れなかったんですよね・・・
だから当然メビウスもまだ見れない状態でしたしね・・・。


なんでGが見れなかった事もあり
レンタルという手もありますが)
「コノミの宝物」に関しては他のブログさんにお任せします。

メビウス版ノーバの説明だけしておきますと

赤い幽霊騒動を起こしリムエレキングの高分子ミストを奪い続けて
巨大なマケットを作ろうと溜めていた。
マケットの分身体をメビウスを戦わせエネルギー消耗を狙い
計画通りにいった所で本体が出現するという相変わらずの狡猾さで攻める。
マケット分身以外の武器は口から吐き機械類まで狂わす赤いガス、
右手のカマと左手のムチがある。

レオ登場時とは左手のムチが付き方やヘロヘロな感じがする点が目立つ。

目が切れ目とか体の布?とかマフラー状のものとかもちょいと違う)

今日はあくまでお休みが終わりというお知らせみたいなもんですから
(携帯関連のお知らせは偶然だしね)
特撮の事はザッと書いて雑談記事とします。

皆様に信じてもらってるから事故や病気があっても
ブログの一時中断が二度あっても
「ひいろお倶楽部@」は続けられるわけですからね。
ありがたい事です。


それではリリーフ復帰後に時間が取れるようでしたら
またお会いしましょう。
そんじゃね!






「続・今更ながらYoutube投稿テストしてみます。」
「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「文化の日という事で2枚の鉛筆画の特撮イラストに関する話」
(猫の手さんの新マン、セブン、ベムスター、Gのプルーマ)
「ひいろお第25話:1人住まい」(ウルトラマンレオ)
「赤いてるてる坊主!恐怖の円盤生物ノーバ!」
「記事数888件記念・海外から届いた夢の対決のイラスト」
(Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人)


「asabatyouの日記」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-04 20:16 | 雑談
こんにちは、珍しく4連投のGです。
まあ、昨日はYouTubeの携帯用投稿再テストなので
そんなに力んだ事はしてませんが。

先月のゲシュートの記事からストレスMAX状態だったGも
やっと今日ぐらいから体の動きが軽くなってきました。

まあ、用事を済ませないといけないというのがあったのはありますが。

今夕や今晩あたりにリリーフで出てるバイト先から
連絡があるかもしれない
ので今日は早めに記事アップします。

今日は文化の日でございます。
文化の日は毎年、美術っぽいネタを記事にしてますが
今年もそれで行こうかなあ、
と思います。

Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人のイラスト
Gの日程によっては今日の文化の日を考慮してた
のもありますしね。

今日のネタは鉛筆画の話でして話は10月17日まで遡ります。

この頃に以前スタジオジブリのヒロマカ!でお世話になりました
(ジブリのヒロマカ!に関しては記事最後の方にリンクしてあります)
猫の手さんのところ鉛筆画の原画抽選プレゼントがあるのを知りまして。
「おおお!これは是非、応募せねば!」
とGは早速18日にメッセージにて応募した
のであります。

締め切りは10月19日で抽選は翌20日。
猫の手さんの20日の記事で抽選で原画は3番目と5番目の応募者の方と発表。
Gは4番目だったので「間というのも不思議なもんだなあ」と
ある意味で強運?を発揮
したのですけど、そこは猫の手さん。
落選された方に残念賞として鉛筆画のお葉書を頂けるという文章が!


「おおお!そんなサービスをして頂けるとは!」
Gさん正直、大感激しまして猫の手さんのお葉書を待つ事にしました。

10月28日にこのお葉書が届きました。

(猫の手さんにこの掲載の話を既にお伝えしてます)

c0040422_135949.jpg


「特撮で行きます」とお知らせは頂いてましたが
何と新マン、ウルトラセブン、ベムスターの鉛筆画でございました!


Gさん、感謝感激雨あられ。

こういう細かい感じで猫の手さんは描いてるんだあ、と感心しながら
(今回も絵に処理は縮小以外ほとんどしてません
飾って毎日お葉書を見て楽しんでおります。
確かに実際の身長で3体を並べるとこういった構図になりますよね。

それに鉛筆でここまで描けば処理をしなくてもハッキリとインパクトある絵になります。
絵に対する気持ちといいますか、
相手に対しての丁寧さがヒシヒシと伝わる絵
でございます。
添えられた文章もとても暖かい内容でした。
(なおベムスターの説明はGのペン画のベムスターの記事を参照ください)

いやあ、本当にありがとうございます!

・・・そこでふとGさんは考えました。

どうやって御礼をしたらいいのだろう?

Duke_Fleedさんには10月23日に頂いたイラストのお礼として
BenMoody99xさんを通して送っている
のですが
猫の手さんにはこの感謝の気持ちをどう表せばいいだろう?
としばらく考えてました。

888件記念が11月1日でDuke_Fleedさんのイラストを掲載できた事から
「それでは文化の日にウルトラ怪獣を1体描いてみるべ!」
と今朝から11月に入って初の鉛筆画に着手。


ウルトラ怪獣は帰ってきたウルトラマンからチョイスする事にし
ベムスターですからメジャーなのがいいかな?
紙芝居の絵とかでレッドキラーとかズール星人とかもいいかな?

とも思ったのですがサブタイトルでピンと来るのが1体いまして

「このウルトラ怪獣なら
リクエストリストにもあるしコレで行くべ!」


と描いていったのが、このウルトラ怪獣
でございます。

c0040422_1401214.jpg


改めて帰ってきたウルトラマンに登場の囮怪獣プルーマです。

なんてったってプルーマが登場したのが

帰ってきたウルトラマン第31話「天使と悪魔の間に・・・・・・」
(脚本・市川森一、監督・真船禎、特殊技術・高野宏一、敬称略)

ですからね、コレで行きましょう!

(3番目と5番目の間という嫌味でなく洒落ですので堪忍え)

プルーマは宇宙怪人ゼラン星人が連れてきた囮の怪獣。
元々ウルトラマンに倒されるための怪獣
だが
スペシウム光線を跳ね返すなど戦闘能力が高い怪獣でもある。
ゼラン星人は口の利けない輝男少年に化け
防衛組織MATの伊吹隊長の娘の美奈子と一緒にMAT見学にやってくる。
新マン
こと郷秀樹にテレパシーで話しかけ
輝男がゼラン星人である事を郷秀樹は主張して殴りかかるが
誰もがゼラン星人の変身に惑わされ郷も伊吹隊長に止められてしまう。

それをいい事にゼラン星人はわざと小学校の地底からプルーマを出現させ、
わざと怪我を負って入院、その病院の近くにプルーマを出現させる。
プルーマは地中を移動する能力も持ち
武器として硬い角での突進と口からの熱光線がある。
最期はウルトラブレスレットのウルトラスパークで首を切られ泡となって消える

ゼラン星人は狙っていたウルトラブレスレットを遠隔操作して新マンを苦しめる。
だが郷の言葉が気になった伊吹隊長は輝男を射殺。
彼がゼラン星人である事を初めて知る
事となる。

地下駐車場でゼラン星人が正体を現して死んだ時が
結構トラウマになってる方が多い、

というのもプルーマの話をする際はよく出てきますね。

ちなみにサブタイトルは美奈子に本当の事を言わない方がと心配するMAT隊員に

「やはり事実を話すつもりだ、
人間は人間の子さ、天使を夢見させてはいかんよ」


という伊吹隊長のセリフ
から来ているものであり

またプルーマの着ぐるみはミラーマンの怪獣ダストパンに流用される。

プルーマ!トレパン!トレシャツ!ハチマキ!
腕を胸の前に上げて、痙攣の運動♪
 (by YMO)

この相変わらず処理をかけてるGの鉛筆画で
猫の手さんが喜んで頂けたら本当に幸いに思います。


ということで、今日は文化の日にちなんで鉛筆画の話でした。

今日は連絡が入るかどうかわかりませんので早めに失礼させて頂きます。
なお今日も特撮の絵と内容に近いので特撮系記事とします。

では、これにて。





「続・今更ながらYoutube投稿テストしてみます。」
「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「記事数888件記念・海外から届いた夢の対決のイラスト」
(Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人)
「ひいろお第18話:ウルトラアイ」(ウルトラセブン)
「記事250件到達企画・「ひいろお倶楽部@」辞書(仮名)を作ります!」(ベムスター)
「トラックバック150件突破記念でなんで改造ベムスターなのか?」
「さらばMAT鬼の伊吹隊長・根上淳氏逝く・・・。」
「ひいろお第1話:ヒーローの朝」(ミラーマン)
「今度はミラーマンバトン!ダストパンでパンパンパン!」


「一線入魂!!打倒!ベジェ曲線」(猫の手さんのブログ)


「遂に「ヒロマカ!」に初陣!とウルトラマン魔法陣(はぐれベーダー75)」
「「ジブリでヒロマカ!」で「となりのトトロ」(はぐれベーダー76)」
「「ジブリでヒロマカ!」2次会ですが・・・(はぐれベーダー77)」(ルパン三世カリオストロの城)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-03 15:40 | 特撮系
こんばんは、3連投のGでございます。

昨夜は2日午前1時前にバイト先から電話が来て
以来、眠くて仕方ありません・・・

そりゃ、こんな状態じゃミスの1つは出るわさ!ホントに・・・。


先月のゲシュートの記事からストレスを抜くために休んでるわけですが
今年1月のドブネズゴンの記事のような
2ヶ月にも及ぶインフルエンザのような風邪
にならないために
(実際2月にはマサカリデスパーの記事で点滴治療の事も書きましたし)
昨夕はインフルエンザの予防接種をする予定でしたけど
ストレスMAX状態による体力減退で
予防接種は中止
となりました・・・うーむ・・・。


今日は事情があって、この時間に記事アップしました。

記事アップの理由はゲシュートの記事、
昨日のDuke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人の888件記念記事
をアップした際、エキサイトブログからこんな発表があった
からです。



「携帯からYouTube動画へのリンク対応をしました」(10月28日)
(クリックすると詳細が見れます)


うーむ、確かにカノン・ハルコスの記事の翌日から携帯で見た時に
「あれ?」とは思ってはいた
んですけどね。

そこでYouTubeの投稿テストを以前行いました
携帯で当ブログをご覧になってる方が多い事から再テストしようか
と思います。

まあ、プロ野球ネタでザ・サイザーの記事サビムシラーの記事
カノン・ハルコスの記事で3回ほどYouTubeの投稿はしてますが・・・。


今回は前回の投稿テストには使わなかったもので
1回目のミュージックバトンの記事で紹介した曲のPVを使ってみます。

◎Boss Drum / The Shamen (1992)◎




・・・カッコいいですが、何か画像が荒い気がしたので前回は使わなかったので・・・。
まあ、Shamenで同じアルバム「Boss Drum」ならL.S.I.やEbeneezer Goode、
それ以前ならMove Any Mountainとかがいいだろう、
と仰る方がいるのは重々知っておりますが敢えてGはこれを推したい
ですね。
曲の説明などは1回目のミュージックバトンの記事をリンクしてますので、
そちらへ飛んでみてくださいませ。
(3回にわたるミュージックバトンの曲目はカテゴリの「音楽系」をクリックすると
音楽系記事が見れますので宜しく)

ま、世代的に懐かしい!と思われる方も多いかと思います。

さて、このPVが携帯で見れるかな?

今日の記事はあくまで投稿テスト第2弾なので短めに終わりにします。
体調面もありますしね。

なお今回も変則の音楽系記事といたします。

では、今回はこれにて・・・それにしても眠い・・・。






「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「病院へ行ってきましたPart108・風邪とインフルエンザとネズラ毒に気をつけろ!」
「今月に入ってから実家にて点滴治療をしております。」(マサカリデスパー)
「記事数888件記念・海外から届いた夢の対決のイラスト」
(Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人)
「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「今更ながらYoutube投稿テストしてみます。」
「清原選手のデビュー戦・初ホームランを見た日」(ザ・サイザー)
「篠塚選手の疑惑のホームランを見た日」(サビムシラー)
「やってきましたミュージックバトン!(はぐれベーダー25)」(1回目のミュージックバトン)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-02 17:30 | 音楽系
c0040422_16363574.jpg


こんばんは、連投のGです。

昨日のゲシュートの記事でも最後に書きましたけど
ストレスMAX状態から抜けないせいか、
PCやってると非常に眠くなってきます・・・。


そんな中でのゲシュートの記事で同じく最後に書いた
ちょっとしたイベント記事を事情あって今日アップ
します。

以前にパチンコ大名人の記事で記事数777件記念というのをやりましたが
今日11月1日で「ひいろお倶楽部@」の記事数が
888件目なんです。

11月1日に888件目とは偶然とはいえ、ぞろ目というイベントです。
なのでスキンも若干変更したわけなんですが。

777件目では敢えてウルトラ怪獣ではない特撮キャラにしましたが
今日の888件目記念記事はGのいつも描いてる絵ではございません。

記事冒頭のイラストはDuke_Fleedさんという
海外のイラストレーターの方の作品
です。


この「ひいろお倶楽部@」も888件もやってるわけですが
海外からもご覧になってる方々もいらっしゃいます。

上海、広州、シンガポール、アメリカ(シャーロッツビル、ニューヨーク等)、コスタリカで
一時的なものも含めご覧になってる方がいらっしゃる事が確認できており

Gが交通事故に遭ってからは一旦縮小した格好になりましたが
今では更に中東の国々の方までご覧になっていらっしゃいます。

888件目といい海外からご覧になってる方々がいらっしゃる事といい

Gには大変ありがたい事です。
(それでアグミスの記事で「Gの想像より大きくなりすぎたブログ」と表現し移籍・削除しない理由の1つとしたのです)

その海外の常連さんの友人でBenMoody99xさんがいらっしゃいますが
去る10月23日にBenMoody99xさんから彼の友人として紹介された
のが
イラストレーターのDuke_Fleedさん彼のイラストを送ってもらったのです。

そしてDuke_Fleedさんのイラストを
「ひいろお倶楽部@」に掲載できないか?と相談
されたのです。

こういった形での掲載依頼は初めてのことではありましたが

以前の美術系はGが取材などで絵を載せてきた事もありますし
この2人の特撮キャラはまだ起用してなかった事、
もうすぐ888件目、文化の日とあるのにまだ起用する内容を決めていなかった事
から

「888件目もしくは文化の日に記念記事で掲載検討したい」

とGが申し出て今回のイベントでの起用の運びとなったのです。

それが冒頭のイラストでありDuke_FreedさんがBenMoody99xさんの夢の1つを
形にしてイラストとして描いたもの
でして

「アイゼンボーVSマグマ星人」であります。

そうです、アイゼンボーとマグマ星人のブログ起用はまだだったのです。

Duke_FleedさんとBenMoody99xさんの共通するものとして
ウルトラマンレオの大ファン
であるのですが
恐竜大戦争アイゼンボーグのファンでもあるBenMoody99xさんの
「アイゼンボーとマグマ星人との対戦が好きだ」
という話を聞いてDuke_Fleedさんは決めたらしく
この「アイゼンボーVSマグマ星人」を秘かに?描いていた、
という事なのです。
まさに夢の対戦、というわけでして
BenMoody99xさんは予期しなかったイラストを大変喜んだといいます。

余談ですが夢の対決というのは特撮であれ、スポーツであれ、歴史上の武将であれ
何かしら誰しもが抱いている大きな夢でありGだってそれは思っているものはあります。
一見するとトリッキーに見えても夢を実現するという意味合いでは
ブログに載せる等の何らかの形があっていいとGは考えます。

といいますか、夢を持って、それらを形にするのが例えば絵だったりするわけです。
実現できない事を実現できるという事はある意味で良い事ではないかとGは考えます。

だから漫画家が特撮に沿ったマンガでそういったものも多いという事実を
トリッキーであると思いながらもGは素直に受け入れています。


さてDuke_Fleedさんのイラストを見てGが一番最初に思ったのが

Duke_Fleedさんの絵のタッチの強さでした。

実はGの鉛筆画は以前のアイスラーの記事でもあるように
交通事故後のGの筆圧の弱さを若干フォトショップで加工しカバーして
ブログへの掲載に使ってる
のですが

このDuke_FleedさんのイラストはそういったCG加工は一切してません。
せいぜい元絵が大きかったのでGが余白を切ってサイズを小さくしただけ
です。
それでもこれだけの線の強さと力強さが表現されてます。

これだけの線のタッチの強さを出せるのは素晴らしい!

というのが率直なGの感想でした。

それだけDuke_Fleedさんの思いの強さがイラストに出てるんだな、
とBenMoody99xさんからの説明を後日聞いた時に改めて思いました。

もちろん彼にイラストを依頼したBenMoody99xさんの思いも強かったのですけどね。

その強いタッチと強い思いがGには冒頭のイラストを見てて強く感じたので
「Duke_Fleedさんのこのイラスト掲載を前向きに検討したい」
という言葉がすぐに出た
のです。

海外でも日本の特撮をここまで愛してくれる事は
正直嬉しいですよね。


今回Duke_Fleedさんの時間の関係で間に合わなかったそうですが
近いうちにウルトラマンタロウもしくはウルトラマンレオと
アイゼンボーグの後半に登場する恐竜魔王ゴッテス、
あと怪獣も追加したイラスト製作を近々開始するだろうと
Duke_FleedさんはBenMoody99xさんに伝えた
といいます。

Duke_Fleedさんの次回作が楽しみですね。

ということで、今日のイベントは
イラストレーターのDuke_Fleedさんのイラスト掲載で行いました。

ですのでGは絵を今回は描いてないので負担は少ない、という事なのです。

最後に本日で888件目を迎えたこの「ひいろお倶楽部@」、
今後とも何卒宜しくお願いします!


なお記事は特撮系にするか美術系にするかをずっと考えてたのですが
イベント記事は特撮系で統一してるので今回も特撮系
とします。

それと太字処理などは何分この体調なので一旦休憩してから後程行います。

では、ストレスを抜くため薬飲んで休もうかと思いますので今回はこれにて。






「病院へ行ってきましたPart137・ストレスMAX状態でゲシュート参上?」
「「ひいろお倶楽部@」通算777件目の記事に登場する特撮キャラは?」
(パチンコ大名人)
「「ひいろお倶楽部@」を無期限停止と致します。」(アグミス)
「ひいろお第25話:1人住まい」(ウルトラマンレオ)
「アニメにも脱線は可。」(アイゼンボーグ号)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part14」(ウルル)
「ちょっと思った事があって試しに怪獣を載せてみました。」(アイスラー)
「ひいろお第36話:不発弾」(コセイダー)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-11-01 18:10 | 特撮系
c0040422_19123075.jpg


こんばんは、4日ぶりのGでございます。

カノン・ハルコスの記事で書いた緊急事態、
今朝ようやく乗り越えました・・・。


29日に再開した自宅の仕事が意外に早く終わったものの
同日の夜勤が物凄く混んでて
途中までいた店長さんと2人で対応しないと無理な状況

30日は最低限のネット作業した以外は寝る事しかできず
同日は最後の閉店間際が忙しくて結局、今日31日の13時くらいまで寝て
更に18時くらいまで二度寝してました・・・。


28日はお茶の水へ行ってたのですが
他の用事とかも含め案外早く終わったので早めに帰宅してた事から
今回の病院系の記事アップも考えてはいた
ものの、
わざと記事アップはやめておいて後回しにしてました。

というのも、お茶の水の病院の担当医の診断で

「ゆっくり休んで欲しい」

との指示があったので28日も記事を休ませて頂く事にした
のです。
事実、気がついたら寝てましたしね。

(すみません、仕事の電話が入ったので一旦ここまでアップしておきます。)

電話が終わったので続きを。

今回は診断の結果論から先に書きましたが
どういう展開で診断が進んで担当医のその言葉が出たかといいますと・・・

その28日にはお茶の水の病院以外の用件が他に2件あり
午前中に1件済ませてからお茶の水の病院に行った
のですが、
たまたまその日は空いていまして遅く到着したのに普通どおりに出番が来ました。

それで担当医に話したのは
とにかく10月になってから色々ありすぎて不安定であると。

ベル星人の記事で書いたバイト先での転倒による左膝の怪我、

コダイギョ怪人の記事墓石社長の記事で書いた
ネットや電気、携帯が止まりそうになって5日間も食事が出来なかった事、

ヒトツメボーマの記事で書いた自宅の仕事が本格的に始まった事、

アナホリビーストの記事で書いた一旦29日まで自宅の仕事が中断した事、

カノン・ハルコスの記事で書いたバイト先の後輩が急病になって
代理出勤で連投するのと29日からの自宅の仕事が被った事、


をメモに書いてたとおりに順番に話していき
ヒトツメボーマの記事の眼科の結果という明るい材料も伝えた
ものの

プライベートの事柄はほとんどを中断せざるを得なくなった、
(メールとか友人への連絡とか様々な事ですね)

後頭部の痺れが今までで一番広範囲に起こる、

出来事が多すぎて1日のうちに急に不安になったりして精神的に不安定、

顔が引きつって顔面神経麻痺の時のように
左目あたりが下がってる気がする時がある、


とGは話していった
んですね。

ずーっと話を聞いてた担当医は

「バイトの連投?やるの?本当に?連投を?」

と何度かGに聞いてきた後に

「んー・・・バイト先で急病の方がいるのなら仕方ないですよね・・・
本来はまだ連投して欲しくないですが
今回はそういう状況じゃないですからね」

と仰いまして

「この仕事と連投のバイトが終わったら、ゆっくり休んでください」

と結論を早めに出されました。

「10月に色んな事があったでしょう?
今ね、Gさんのストレスは限界の状態になってるんですよ。
以前にも色々あった時にそういう事がありますしね。
だから、
Gさんはこれ以上の仕事は出来ない、と思ってるでしょう?」

「はい」

「もうストレスでそういう判断が出てきてると思うんだよね。
幸いGさんはバイト先の急病の方の代理に備えて
色々とカットしてる事ができてるので大丈夫だとは思いますが・・・
明日からの仕事やバイトが終わったら
出来るだけ仕事を入れないようにしてください」

というやり取りの後に担当医がこう質問してきまして。

「ちゃんと眠れてないでしょう?」

「はい・・・睡眠が最近になって不安定になってまして・・・」

「薬とかで無理に寝ようとすると返っておかしくなりますので
寝れる時にじっくり寝ていた方がずっと楽になりますよ」


「・・・そういうもんなんですか?・・・わかりました」

「Gさん自身で『もう無理だ』と思ってるでしょう?」

「はい・・・」

Gが言ってない事を担当医がズバンズバンと当ててきたので内心ビックリしまして。

「やっぱり休んだ方がいいですよ、
終わったらゆっくりしてください」

「次回4週間後で本当に大丈夫ですか?」


と怒られると思ってたのが凄く優しい言葉を担当医から頂き
Gは思わず涙が出ましたね・・・。


こうして薬を貰ってもう1件の用事を済ませた後に帰宅。
なので冒頭の文章のように28日の記事アップはやめておいたのです。
今回のタイミングで診察が無かったら乗り越えられませんでしたね、多分。


ですので、今回、自宅の仕事や緊急のバイトは終わったのですが
後のメールなどの処理はゆっくりやらせて頂きます・・・。


ということで、鉛筆画なんですが
ストレスが限界に達したというところからの起用

久々に特撮系以外でウルトラ怪獣を起用します。

ウルトラマンコスモスに登場の青銅魔神ゲシュートです。

ストレスMAX状態なのにウルトラマンコスモス、というのも何なんですが。

(ここで一旦休憩に入ります・・・)

どうもPCやってると眠くなってくるのでゲシュートの説明をザッと書きます。
そういえばウルトラマンコスモスネタは初じゃないかな?

ゲシュートは西アジアの紀元前5000年の古代集落跡より

防衛組織チームEYESのドイガキ隊員の大学時代の友人、
吉井カオリが発見し出土に関わった青銅像

人間のストレスを吸収してくれるのだが吸い込みすぎると巨大化して
「怒る神」ゲシュートとなって暴れてしまう。
碑文によると宇宙人からの贈り物
という事らしい。
当初はガラスケースに封印されておりケース入りで日本へ輸送されてきた。
太古ならたまに巨大化し暴れる程度で済んだ
ものが
現代のストレスがあまりにも多く大きいもののため現代で巨大化してしまう。
武器は口から吐く光球で敵のストレスの症状を増幅させてしまう。
また空中を飛び交う能力も持つ。
最後は増幅されたストレスをコロナモードのコスモスに打ち込まれ
吸収しきれずに爆発、元の青銅像に戻り危険な存在のため地中へ戻される事となる。


まさにストレスのウルトラ怪獣、それがゲシュート。
まあ、いつかは起用する事になるとは思ってましたが・・・。

次回はちょっとしたイベントがあります。
あまり負担がかからないイベントですので皆様ご安心を。

それでは今回はコレで失礼します・・・。





「小松投手の通算100勝目を見た日」(カノン・ハルコス)
「ベル星人に引っかかってすっ転んでしまいました・・・」
「来週半ばからネットが出来なくなる可能性が出てきました・・・。」(コダイギョ怪人)
「夏場の仕事のしわ寄せから墓石社長に拝みまして」
「病院へ行ってきましたPart136・ヒトツメボーマのドキドキ視野検査」
「Gの仕事にポッカリとアナホリビーストの穴が開き」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-10-31 19:59 | 病院系
こんにちは、連投のGです。

一部の友人には昨夜のうちに事前にお伝えしてはおいたのですが
昨日のアナホリビーストの記事書いてゆっくりできるかな、と思ってたのですけど
昨日16時にアナホリビーストの記事で書いてた仕事の不手際が解消
29日から自宅の仕事が再開されるメドが経ったため
事態は急展開。


そうなると明日28日のお茶の水の通院から日程が埋まってしまう可能性が出たため

夕方からの私用を早めに済ませていき今朝ようやく私用をほぼ完了し
一旦寝ましたけど、やっと一安心して二度寝した
という・・・

全然「ゆっくり走ろう」になってないやん(泣)

・・・何はともあれ今ようやくゆったりできたので
明後日29日はPCを使う事がもう少ないとはいえ
29日の記事アップは微妙な事から一応、現時点で10月最後の記事をアップ
します。

今日の記事はそのスピードのネタになるのかな?

何か10月は月曜日となるとザ・サイザーの記事の清原選手デビュー戦
サビムシラーの記事の篠塚選手の疑惑のホームラン
Gが観たプロ野球の試合ネタ
になっていますけど

今日の記事も当初はベンゼン星人の記事を書いた日にアップしようとしたもの
篠塚選手の疑惑のホームランを思い出してた時に

「あれ?この試合も疑惑のホームランと同じ年の試合か?」

と思い出したもので5日ほどズレましたが書かせて頂きます。

その同じ年に観に行った試合
とは

1990年8月22日の神宮球場でのヤクルトVS中日、
小松投手100勝目を飾った試合でございます。


全国の中日ファンの皆様、大変お待たせしました。

小松辰雄投手は、まあ世代的にわかる方なら
ミカロンのCMでストッパーの牛島和彦投手とともにフケのかゆみを抑えるにかけて


小松「僕、先発、ミカロンで洗髪」
牛島「僕、抑え、ミカロンでフケを抑えます」
小松「抑えたいな、牛島」
牛島「抑えたいですね、小松さん」


で有名なあの小松投手なのですが、わかるかなあ、わからないだろうなあ、イエイ。

流石に100勝目の試合の映像は見つからなかったので
小松投手の80年代前半の投球をどうぞ。

◎小松投手のピッチング(1980~82年頃)◎




ストレートの球速150km超えてますねえ。
若い頃の最高速が154kmですからね。

打たれるとデカイですが・・・。
何せ小松投手は中日ドラゴンズ屈指の
速球派投手のエースだったピッチャー。

この映像の頃に球速を計るスピードガンがTVに表示された事から
小松投手は「スピードガンの申し子」と呼ばれておりました。

映像にもあるように近藤貞雄監督時代の
82年優勝胴上げ投手
にもなっております。

それから時が流れて1990年。

この頃の小松投手はベテラン投手となっていまして
球速は140km台に落ちたものの、
それでも先発ローテーションで先発投手の一翼として投げていました。
しかし、前年89年頃からスランプ状態で5回持たずに降板という状況が続き
勝利がなかなか取れず苦しんでいました。

そんなシーズンの夏。

父が会社で神宮球場のチケット、しかも中日戦を貰ってきてくれました。
中日戦はチケット売り場までGが行って買って観に行ってた
だけに
滅多にない中日戦をチケットで見られる絶好のチャンス!

サビムシラーの記事で書いたように1枚で2人観に行けるので
同級生の阪神ファンの友人に声をかけたところ
「是非、行ってみたいね」と意気投合。
8月22日は友人と相談して内野席の三塁側のバックネットにやや近い
上段の席に座る事にしました。


ちなみに一緒に行った阪神ファンの友人は
当時はもう引退してましたが大の藤田平選手のファンでして
(確かに藤田平はいいアベレージバッターでしたね
プロ野球は色々とこまなく観ている筋金入りで結構大人しい方でした。

早めに神宮球場に入ったのでスタメンの前に先発バッテリーが発表されました。

確か記憶では先発投手はヤクルト・郭建成、中日・小松辰雄。

郭建成は前年の89年にヤクルトの3人目の外国人投手として入団。
当時は2人までしか外国人選手の1軍入りは認められてなかった
ので
1年目は2軍で主に活躍して実績をつけ
2年目の90年はシーズン途中で1軍に上がって投げてました。
シーズンも終盤だったので長いイニングもいけると先発での登板
でしょう。

ヤクルトファンの親戚と大洋ファンの弟と3人で神宮球場で観た試合は
やはり中日の先発は小松でヤクルトは5人のリリーフ投手を繋げて勝って
非常に悔しい思いをした記憶のあるGは
「郭建成か・・・また繋いで勝とうというのかい!」と思いました。


まあ、ただ5人リリーフの試合の先発は
ベテランのサイドスローの金沢投手
だったのですが
今回はまだ未勝利の郭建成投手なら
小松も6回くらいまで投げてリリーフで繋げばいけるかも?
という期待
はありました。

ここで阪神ファンの友人がこう言ったのです。

「もしかしたら小松は今、通算99勝かもしれない、ちょっと自信ないけど」

99勝?もし友人の記憶が正しければ今日勝てば100勝じゃん!
中日ファンにしたら記念の試合になるじゃん!

ただ「自信が無いけど」という友人の言葉もあるので、
とにかく2人で始まった試合に集中して見る事に。
大きなオマケと考えればシーズン終盤の試合でも楽しめる
というもの。

勝負は郭建成投手が序盤に中日打線に捕まり2回持たずに降板。
勢いに乗った中日恐竜打線は一方的にゲームを進めます。
小松投手は打たれてきた6回くらいを最後に

まあ今回は大事に使っていくという事
流れを変えないようにという事でリリーフと交代。

終わってみれば中日のワンサイドゲームという展開。
リリーフ投手にセーブが付いてなかったと記憶
してるので
点数は覚えてないのですが4点以上は差が確実に開いてたと思います。

そして、このアナウンスが!

「この試合で中日ドラゴンズの
小松投手の通算100勝目となりました!
おめでとうございます!」


やったね!

花束を貰ってグラウンドで祝福される小松投手。
友人から聞いてたとはいえ、こんな記念試合を見れるとはGも驚きました!

その後、小松投手がどういうインタビュー受けてたかは覚えてません。
なぜならばGは友人にわがままを聞いてもらい
球場から中日の選手団が乗るバスへの移動通路へ2人で向かったから
です。

移動通路は橋みたいになっていたと記憶してますが
中日ファンが橋の下に集まっていました。

そして中日の選手が移動する中に花束を持った選手が!
中日ファンは小松投手に祝福の声をあげます。
Gも大きな声で祝福しました。


「小松、100勝おめでとう!」と。

101人目の100勝達成投手となった小松投手を見送り
2人は帰路へとつきました。

この90年くらいから勝ち星も出てきてスランプを脱出し見事に返り咲き。
88年まで第一線のエースだった意地を見せつけてくれました。


そして4年後の94年に小松投手は引退。
1978年から94年の17年
(実働期間)
122勝102敗50セーブ73セーブポイント防御率3.44、1418奪三振を残し
「スピードガンの申し子」こと小松辰雄投手は
中日ドラゴンズ屈指の速球派エースとして、
その名を刻んだ
のでした。


というのが、1990年8月22日の試合でした。

いかがだったでしょうか?10月は記事アップしない可能性もあるので
Gが実際観た試合を記事で読んで楽しめていただけたら幸いです、

特に中日ファンの皆様には。

さて今日の鉛筆画は5日間かかって今日ようやく完成しました。

といっても流用着ぐるみの特撮キャラなんですが
「スピードガンの申し子」という事でスピードと銃での起用でコレにしました。

c0040422_14123498.jpg


電脳警察サイバーコップに登場のデスロイドであるカノン・ハルコスです。

(長かったですが、ここらで一旦休憩します・・・)

(只今、落雷が発生しました。PC保護のため記事を一時中断します)

(雷雨がやみましたので記事製作を再開します)


記事冒頭の面に変更があるので、お知らせします。

記事の一時中断の間にバイト先から緊急の連絡が入りました。
どうもリリーフで出てるバイト先の夜勤の方が急病になってしまい
29日の夜勤に急遽Gが出勤しないといけなくなりました。

彼からは体調面や疲れの話をGも聞いてはいたので
大丈夫か?と話してはいたのですが
今日になって急病という形になってしまったようです。

シフトを29日と31日の夜勤をそれぞれ交換するという事なので
明日28日はお茶の水、29日、30日に夜勤となるのですが
29日の自宅の仕事も並行して行う格好
となりそうな事から、
かなり厳しい状況になってきました。

自宅の仕事は30日まで延びるのは
覚悟して欲しい
とGは店長さんに伝えましたが
急転直下の状況となってしまっただけに
乗り切れるかどうか・・・?


その変更のお知らせを書いた上でカノン・ハルコスの説明に入ろうか
と思います。

(ここで2度目の休憩に入ります・・・)

カノン・ハルコスは敵組織デストラップのハルコス軍団のデスロイド最終機。
ハルコス軍団では唯一、製造者である幹部デューウィン女史の
水晶玉型コントロール装置を必要とせず直接の命令で行動
できるが
反面、首領のフューラーと指揮官のバロン影山の会話を聞いてしまった
デューウィン女史の自身が人間でなくバロン影山が作り出した
再生人間であるという悲観から裏切ったため

(しかも他の幹部も全て再生人間、首領のフューラーまでもバロンが作ったものだった)
デューウィン女史がバロン影山に消された後、
バロン影山の指示でも動いてしまっているという一長一短の面
がある。

デストラップはミサイルを東京シティに発射したものの
偶然、実験中だった都市防衛バリアーに阻止された
ため
対策としてデストラップは幹部のプロイド博士に巨大メカ・攻撃用クリスタロで
バリアーシステムセンター破壊を指示

(自ら出撃したプロイド博士は死の直前に始めて自らが再生人間である事を知る
デューウィン女史にはこのカノン・ハルコスを使って
山本技術主任とマーズ
こと北条らが極秘で東京に向かうリニアモーターカーを
狙撃して破壊するよう指示
していた。

攻撃用クリスタロは撃沈、プロイド博士も敗れたためリニアカー狙撃が重視されるが
嫉妬心など全てが何者かに操られた気がするデューウィン女史は
リニアモーターカーに秘かに乗り込んでた
亡きライバル幹部エインシュタイン博士
の妹、
ビーストマスター・ルナに狙撃を伝えてしまう。
(なのでバロン影山に惜しまれながらも消されたのですがね)

武器は手にしたその巨大なカノン砲で最終二部作に出たカノン・ハルコスは
あっけないほどジュピターのサンダー・マグナムに敗れるものの
巨大なカノン砲は暴発してしまう・・・。


ちなみに1990年8月22日に該当する特撮キャラがいないので
スピードだけならマッハ・ハルコス、マッハ・オミノスもまだ起用してなかったものの
速いリニアカーとカノン砲の二面性からカノン・ハルコスに決めた
のです。

あー・・・明日のお茶の水では
今回の仕事面で担当医に怒られる
んだろうなあ・・・
また、しわ寄せだよ・・・今回は此れにてさっさと引き上げます・・・では。







「Gの仕事にポッカリとアナホリビーストの穴が開き」
「清原選手のデビュー戦・初ホームランを見た日」(ザ・サイザー)
「篠塚選手の疑惑のホームランを見た日」(サビムシラー)
「円谷プロ森島社長退任・1年間Gがブログでは直接書かなかった話」(ベンゼン星人)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-10-27 16:12 | 雑談
c0040422_7273311.jpg


おはようございます、3日ぶりのGでございます。

こうして記事をアップしてるのを見てる皆様は

あ、前回のヒトツメボーマの記事で書いてた
自宅の仕事や打ち合わせが終わったんだ!


と思われるでしょうが

仕事は終わってません。

じゃあ、以前やってたように仕事の合間を見て記事アップしてるんだ!

と思い直されるでしょうが

そうでもありません。

実はGのミスではないのですが仕事の段取りに手違いがあって
仕事がこれ以上進まなくなったため店長さんと相談の上、
昨夜22時に仕事の一時中断をする事にして、
その手違いの確認のために連絡を待っている、
という事なのです。

つまり仕事が一時中断し何時ごろ再開するかは
今日明日は多分無いにしろ不明となり
仕事中なのにポッカリ穴が開いた状態となった、
という訳です。

まあGのミスではないので気は楽なんですけどね。
連絡が来ないと何も出来ない状態だし。

とりあえず仕事の再開のメドが経つまではゆっくりさせてもらうという事ですかね・・・。
今週のリリーフバイトは週末に夜勤が集中する事が
仕事中断とした昨夜22時の段階で決まりましたから
明後日のお茶の水に行く事も考えると
10月中は最大でも今日を含めて2、3回で11月突入という感じ
なので。

昔、自動車の交通標語ステッカーでカタツムリのマークと一緒に書かれた

「ゆっくり走ろう」

という文章がありましたけど、昨夜までは本当にドタバタしてたので
今日の用事とかもこういう形ですが済ませられそう
ですし

Gも「ゆっくり走ろう」とさせて頂きますかね・・・。

仕事中断となった後に
「Gさん、無性に鉛筆画を描きたい!」と急に思うようになって
昨夜寝る前と今朝起きてからに分けて描いた
のが

宇宙刑事シャリバンに登場の魔怪獣アナホリビーストです。

以前に前作の宇宙刑事ギャバンに登場したアナホリダブラーを
紛失ストックイラストの記事に起用
しましたが
東映って結構同じ名前を連作で使う事が多いんですよね、はい。

(今日もここで一旦休憩します・・・)

それではアナホリビーストの説明を。

敵組織マドーは東京地下大要塞の建設を計画しており
首領の魔王サイコは計画の邪魔をするであろう
シャリバンとグランドバースを撃退する事を
軍師レイダーの謹慎を解いて指示、
計画中の東京地下大要塞の建設には
幹部のドクター・ポルターに指示するという両面作戦に出る。
地下鉄調べをして迷子になった鈴木千恵、明兄妹と大山小次郎は
偶然、女スパイのミスアクマらが営団地下鉄公団の大田黒総裁を連れ去るのを目撃、
後を追った3人は奥多摩に出て偶然、シャリバンこと伊賀電と会う。
電は奥多摩の異常な熱の調査に来ていた
のだ。
小次郎たちから大田黒総裁の件を知った電にマドー戦闘機が襲う。
グランドバースに乗って応戦するがレイダーのエクトプラズム攻撃で
シャリバンもグランドバースも照準が狂いだしてしまう。
エクトプラズム対策でQHC001角のプリズムレンズをカットした
プリズムゴーグルやプラズマカノンタイプⅡ・プラズマジェッターなど
新しい装備を急ピッチで進める
シャリバンのパートナー・リリィだったが
大田黒総裁を操って東京地下大要塞建設を進めようとするマドーに
シャリバンはプリズムゴーグルの完成を待たずに救出のため出撃
してしまう・・・。
アナホリダブラーはその東京地下大要塞を建設するために
地下を掘り進んでた魔怪獣

ショベル状の巨大な両腕で地下を掘り進み地中からの奇襲攻撃を得意とする。
腹ばいになって滑るように移動する能力を持ち
武器は鼻のドリルとマジックハンドの杖、剣であり
巨大な両腕の割にはかなり手先が器用な一面を持つ。
ちなみに大山小次郎は劇中で「地底帝国の逆襲」という映画を観ている。

まあ、ストレートな起用ですけど今日はこれでご勘弁を。

仕事で不安定だった気持ちも
記事書いて落ち着いた気がします・・・

それでは夕方に用事があるので朝食とってゆっくり二度寝でもします・・・
もう昨日は疲れたからねえ・・・。







「病院へ行ってきましたPart136・ヒトツメボーマのドキドキ視野検査」
「ひいろお第16話:悪あがき」(シャリバン)
「あくまで特撮主体です!4コマまだだけど。」(シャリバンVSレイカイビースト)
「ひいろお第37話:リフティング」(ギャバンネタの4コマ)
「メタルヒーローもやります!3人の宇宙刑事は誰が一番?」
「旅人であるGの友人のリクエスト・蒸着せよ!一条寺烈!」
「これだけのイラストストックをアナホリダブラーが探してます。」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-10-26 07:53 | 雑談
c0040422_17361323.jpg


こんばんは、急遽、連投する事にしたGです。

昨日のベンゼン星人の記事を書いてた途中で
仕事の打ち合わせと自宅の仕事が入って、と記事を中断
しましたが
明日の日勤を含め最短で明後日25日、最長で27日まで
自宅での仕事が長引く事になりました。

PCを使う作業もあるので明日以降に記事を書くのが難しいと思われます。


最悪27日まで延びたら、その次の日の28日はお茶の水だから・・・

どひゃー!という感じです。

まあ予定では25日に仕事を終えて26日はお休みを取ってるので、
それまでには何とかなるとは思うのですが・・・。

そういう事なので今日行った眼科の話を上記のお知らせを踏まえて
久々に当日中の記事アップ
としました。

何せ今日は3月のヘビヘビの記事あたりで眼を不安定にして以来、
ずーっと気になっていた視野検査の予約が入ってた
のです。

VDT症候群の上に緑内障で精神的な面にも影響が出る事は
以前のブルブルの記事一ッ目アイーダの記事
カメレオンカンスの記事でも書いてる
ので
Gの頭の中にはズーッとあった不安でもありました。

とはいえベル星人の記事で痛めた左膝が
前回のベンゼン星人の記事にて回復傾向に向かってきたと書いたとはいえ
地元の大学病院に行く時にまたカクンカクンとしてた
ので
「自転車じゃなくバスで来て良かったなあ」
と思いつつ30分ほど早めに到着。

今日は何故か地元の大学病院は異様に混んでて
眼圧検査と視野検査が続けてできない程だった
のですが
時間に余裕を持って行った事もあり予定通りに診察へ。

「眼圧は両目とも23です」

ヒャクメガンの記事の頃に比べると少しだけ眼圧下がってますね。
特に眼科の担当医の言葉の表現が

「高いですね」

から

「ちょっと高いかな、うん」

と変わってきて段々といつもどおりに戻ってきてるんだなあ、とは感じました。
クモロイドの記事でお茶の水の病院の担当医が
「眼科は大丈夫でしょう」と仰った時と同じ安心感
でしたね。

そして気になる視野は・・・

「右目の右上と左目の鼻筋が見えてないですねえ・・・
という事はあまり変化は無いですね」


・・・よかったー!

一度視野欠けたら戻らないかねえ・・・
あの時の不眠症などで視野に影響でなくてよかったですよ、ホント。


で、いつもどおり2ヶ月後の予約確認と4ヶ月後の予約をして帰宅。
帰宅後しばらくしてから雨が降り出してましたね。


3月以来抱えてた不安がようやく吹っ切れましたね。
後は来週28日のお茶の水だあ!

・・・の前に仕事なのよねん(泣)

28日当日までもう少し左膝も何とか良くなってほしいですが・・・。


という事で今日の鉛筆画へ。

眼科ネタという事で今回はこの特撮キャラをストレートに起用。

高速戦隊ターボレンジャー
に登場の暴魔獣ヒトツメボーマです。

(ここで一旦休憩を取ります・・・薬も飲まないといけないしね・・・)

それでは毎度の事ですがヒトツメボーマの説明を。

暴魔と人間の血を引く流れ暴魔ヤミマルとキリカの念願が叶い
暴魔百族の暴魔大帝ラゴーンを消滅させ暴魔城を乗っ取り2人は頂点へと立つ。
しかし暴魔大帝ラゴーンは力を蓄えネオラゴーンとして蘇り、
しばらくは異空間からヤミマルたちの作戦に干渉してきたが
遂に暴魔城を奪い返すべく出現
する事となる。
そのネオラゴーンが出現する際に登場した暴魔獣がこのヒトツメボーマである。
ネオラゴーンは流れ暴魔とターボレンジャーが支援する妖精が
長期間戦い続けると双方が力を失い共倒れになる事を知っていたため
ヒトツメボーマの幻影を作る能力を利用して
新しい戦いの舞台として妖精の国と城の幻影を出現させて
流れ暴魔と妖精の双方を戦わせ

更に戦いを終結させるハート型の愛の石の幻影まで作り出し
ピンクターボ
こと森川はるなに必死に探させるという消耗戦を展開させ、
ある意味ヒトツメボーマはネオラゴーンの暴魔城奪回の立役者となる。
ヒトツメボーマの幻影以外の武器に目からのビーム攻撃がある。

では、今日はこの辺で失礼します。いずれ、また。





「円谷プロ森島社長退任・1年間Gがブログでは直接書かなかった話」(ベンゼン星人)
「しつこいヘビヘビのノイローゼ攻撃からようやく復活、かな?」
「ベル星人に引っかかってすっ転んでしまいました・・・」
「病院へ行ってきましたPart120・不眠のためにブルブル?」
「病院へ行ってきましたPart121・一ツ目アイーダの眼圧ワースト記録更新」
「病院へ行ってきましたPart122・さよならカメレオンカンス」
「病院へ行ってきましたPart133・ヒャクメガンほどではないが眼が少し良くなったか?」
「病院へ行ってきましたPart135・クモロイドの緊張の糸も少しほぐれ」
「イラスト要請のためGが苦手な女の子特撮キャライラストに着手!」(キリカ)
「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-10-23 18:05 | 病院系
c0040422_1811684.jpg


こんばんは、2日ぶりのGでございます。

昨夜の夜勤で心配だったベル星人の記事の際の転んで痛めた左膝は
何とか棒みたいになって痛み倍増と言う事も無く
痛めてから2週間近く経ってようやく回復傾向に出てきたようで
今朝帰って来た時は本当にホッとしましたよ・・・。


前回のサビムシラーの記事で書いた篠塚選手の疑惑のホームランの件は
実際Gが観た事を書いただけにかなり好評
だったようで、
その路線で記事の準備も進めてましたが、
とある方から先程お知らせを頂きまして急遽、記事予定を変更いたします。
(その節はありがとうございました)

情報を元に調べた所、こんな記事に辿り着きまして。


「円谷プロ新社長に大岡氏が昇格 再建メドで森島氏退任」-日経ネット(10月20日)
(クリックすると記事が読めます)

森島氏が人事で退任ですか・・・。

森島恒行氏といえば映画「南極物語」をはじめ
数々の映画・TVの名プロデューサーとしても知られる。
映画「ウルトラマンゼアス」、
続編の「ウルトラマンゼアス2」も彼がプロデューサー
である。

円谷プロの血縁人事での社長続きで経営難になった際に
円谷プロの取締役となって丁度1年前の10月に
CG会社TYOとの傘下に入る事で
円谷プロの名前や仕事を残していったのも森島氏
である。

こういうニュースを見ると
今やってる映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」の興行成績などが気になる所だが
百聞は一見にしかず、それは映画を観れるようになってから考察するしかない。
(まあDVDの販売時期でもその辺は読めるので、バイト先はレンタルビデオ屋ですから)

ただGは2月の段階でブリザードの記事にてこう書いてきました。

『円谷プロの怪獣倉庫などの施設が閉鎖のために
報道関係者などにさよなら公開の当日に帰宅

という

何か色んな意味で複雑な心境ではあります。

TYOという会社は一時期ゲーム業界にいたGもある程度知ってますので
色んな場所で散々毒を吐いてきたわけですが

今更もう何も言う事はありません。

というより

今は色んな意味でおとなしくしていた方がよい

ということですね、はい。』

今まで引越しや風邪で点滴治療を受けてた時期があったとはいえ
TYOや怪獣倉庫の件に関して他のブログさんではコメントで毒を吐いてましたが
この「ひいろお倶楽部@」では上記以外で触れる事は一切しませんでした。


何故ならば

「TYOは昔、親友がゲーム関連でいた事のある会社で
記事を書く事で親友にあまり迷惑をかけたくないな」


というのと

「当初はGは怒り狂ってたので、まともな文章が書けない気がした」

というのが大きな点でした。


競馬仲間の親友とは競馬をやる際は必ずつるんでやってたのですけど
TYOにいた頃の彼の口からは
「信じられない」「何を考えてるのかがわからない」
という言葉を競馬が終わった後によく聞いていました。


その要点を抑えると

1.企画力が弱い
(誰が見ても売りが見えないゲーム企画で製作開始など)

2.広告宣伝の展開の仕方がイマイチよくわからない
(日頃は金がかかるから宣伝しないのにゲーム関連撤収時に広告宣伝を大々的にやる等)

の2点でした。

Gはその頃にはアートディンクは退社してだいぶ経ってたのですが
元々Gは広告で採用されてゲームグラフィックへ転属した経緯があるので
彼の言い分が痛いほどよくわかりました。

大手ゲーム会社から移った親友には
TYOは本当に「何を考えてるのかがわからない」会社だったのでしょう。

もうこれ以上細かい事は書きませんが相当振り回されてたようです。

で、2の項目にもあるようにTYOはゲーム業界からは手を引き
親友もそれを知って早めに辞めて今は別のゲームグラフィックをしています。


そういう事情もあってTYOが円谷プロを傘下に入れた時に
Gの腸が煮えくり返ったのです。
そういう弱点をTYOは補うために円谷プロを傘下に入れたのか、
と。
(お断りして書くとTYOはCGの技術は凄くある会社ですので)

まあ、でもウルトラセブンX見て頭を冷静にして
(アレは最後は散々だったそうですが途中はGは良かったと思います)
以降はタイのチャイヨーといった海外の版権裁判の件など
何も触れずに静観する事にした
のです。

副社長から昇格する大岡新一氏は帰ってきたウルトラマンの頃から
円谷プロの現場にいた特技監督であり数少ない生え抜きの人材の1人。

「現場を知ってるから人材だからの再建候補」という事情での昇格
ならば
今後の円谷プロもまた静観している事にしたいと思います・・・。

何はともあれ森島さん、お疲れ様でした。


その森島氏がプロデュースしたウルトラマンゼアスから
今日の鉛筆画の特撮キャラを起用
します。

改めて映画「ウルトラマンゼアス」に登場の慢性毒ガス過多症宇宙人ベンゼン星人です。

(ちょっとコダイギョ怪人の記事で書いた仕事の打ち合わせが今、入ったので一旦休憩します)

打ち合わせ、自宅の仕事と凄く長引いてしまって大変遅くなりましたが
ベンゼン星人の説明に入りたい
と思います。

ただ、先程までの仕事や明日の眼科の関係でザッと書かせて頂く形にします。

ベンゼン星人はガス中毒に悩まされている宇宙人で
鹿賀丈史
氏演じる悪神亜久馬という人間体に化け
自らのガス中毒を治すための金を狙い
吸金怪獣コッテンポッペ
(正式な名前はゴルドルボムルス
の体内に金を貯蔵させていた。
「汚しは芸術、芸術は破壊!破壊こそ芸術の極致!」
と言ってのけるほどの悪質な思考の持ち主。
武器はベンゼン光線とガス抜き
であり
地球をクリーンにするためにやってきたゼアスは
少しの汚れでも気になって戦闘できないほどの潔癖症
のため、
このベンゼン星人に大苦戦してしまうのだが
ゼアスが勇気を振り絞ったスーパーゼアスキックで大気圏外に追放されてしまう。
しかし、続編の「ウルトラマンゼアス2」では
その妻であるレディベンゼン星人が復讐のためやってくる事になる
のだが・・・。
なおベンゼン星人もコッテンポッペも名前の由来は有害物質の名から。
(何せゼアスは出光石油のイメージキャラクターでもあったので)

起用理由は他にもあってベンゼン星人のキーホルダーを持ってるからなんですけどね。

では、明日の通院の準備などもありますので今日はここでお開きと致します・・・。





「ベル星人に引っかかってすっ転んでしまいました・・・」
「篠塚選手の疑惑のホームランを見た日」(サビムシラー)
「とりあえずブリザードと共に帰ってきました。」
「来週半ばからネットが出来なくなる可能性が出てきました・・・。」(コダイギョ怪人)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-10-22 20:07 | 特撮系
こんばんは、お陰様で3連投できたGでございます。

ベル星人の記事で痛めた左膝はこの土日を過ぎてから、
ようやく室内にいる限りでは痛みが落ち着いてきてますが
外へ出ると痛みというよりまだカクンカクンとした感があります。
果たして明日21日の夜勤でまた痛みが倍増とならなければいいのですが・・・。


しかし、昨日の墓石社長の記事で食事もとれ
コダイギョ怪人の記事でお伝えしてはいた、
早ければ本日止まってるはずだったネットもこうして使えています。
(ログインの件など不安定な面は相変わらずですが)


実は昨日は記事には書きませんでしたけど
今までの流れからか緊張で後頭部が痺れてた
のですが
今は痺れも無くなりただ眠いだけとなっています。

昨晩のお手伝い中止でポッカリお休みとなった今日は
皆様にお騒がせした事もあり色々と温存ネタから選んでアップして
リリーフバイトや通院などでGが不在になっても楽しんで頂ける様に、
と思います。


ザ・サイザーの記事で清原選手のデビュー戦に行った話を書きましたが
今日の記事はその記事で書いた数々の経験したハプニングから
清原デビュー戦から年が近いものを1つ選びました。


1990年4月7日の巨人VSヤクルト開幕戦
巨人・篠塚選手の疑惑のホームランを見た時の話です。


「世紀の大誤審」と言われたあの開幕戦です。

まあ、Gの思い出話です・・・。

確か話はその前年に遡ります。

親友達がプロ野球の開幕戦を観に行き

(対戦カードが中日戦あたりと記憶してますが)
「やっぱプロ野球観戦するなら開幕戦から行かないとね」
という話題の流れに友人達となりまして。


その頃はGの父が転職して東京ドーム関連にも携わってる会社にいたので
Gに東京ドームや神宮球場のチケットを貰ってきてくれる事が多くなり
プロ野球に熱中し始めたGは色々と試合を球場で観始めていた
のです。

親友達の観に行った開幕戦もかなり面白い展開だった事から
(トイレか売店行ってる間に中日に逆転ホームランが出た、とか)
「こりゃ、今まで行ってなかったけど開幕戦に行ってみるかなあ?
と思うようになっていました。
清原デビュー戦は開幕第2戦ですので)

同じ頃、プロ野球は審判4人制の導入を翌年からセ・リーグで試みていました。

そして1990年のシーズンが始まる前に
流石に開幕戦は無理かな、と思ってたチケットが運よく入手できまして。

多分コレ、相談したか偶然かで父が貰ってきてくれたように思います。
普通、開幕戦なんて、そういう経路では入らないのですが
父が貰うチケットは1枚で2人まで行く事ができるので
ヤクルトファンの親友と2人で観に行った記憶が強い
んですよね。
(弟がそこにいたかどうかは定かではないが一緒でなかったと記憶してるので)

ともあれ開幕戦です!
ヤクルトファンの親友と一緒に東京ドームのレフト側へ行き
外野席ですから早めに席を取ってスタンバイ。

始球式も終わり1990年シーズン開幕です!


記憶では先発投手は巨人・斎藤雅樹、ヤクルト・内藤尚行(ギャオスですね)。

試合展開はヤクルトが有利に進めたものの8回まで3-1の投手戦。
とはいえ好調なエースのギャオス内藤に
巨人が攻め倦んでいるという印象は否めない展開で
ヤクルト側に座っていますから正直言って選手も応援も波に乗りまくり!
ヤクルトファンの親友もご機嫌です。


そう、そうだったんですよ、8回表までは。

そして8回裏に信じられない事が起こるのです。

1アウトながらランナーを二塁に置いての
巨人のこの試合で数少ないチャンスにバッターは2番セカンド篠塚。

で、こういう展開になるのです。探して見つけてきました。


◎篠塚選手の疑惑のホームラン◎(当時のTV中継)




いかにも日テレ、という雰囲気の映像ですが・・・。
長嶋さんと中畑さんの解説ですから2人も言い辛かったんでしょうねえ・・・。
(今でも日テレは「全国の野球ファンの皆様、こんばんは!」とか言ってんのかな?)

温厚なヤクルト応援団も「なんじゃそりゃー?」という感じでしたね。
親友も呆然と言うか気力なくなってましたしね。
東京ドームの中は「えー!?」というドヨメキが治まりませんでしたね。


これね、反対側のレフトスタンドにいたGでしたが
当時は眼に関しては非常に良かったのもありますけど
レフト側にいてもファールにしか見えないんですよ、どう見ても。

お断りして書くと篠塚選手が悪いというわけではないのです。
Gは王選手の引退後も松本・篠塚の1、2番コンビの頃までは
まだ巨人応援してたし、中日ファンになっても好きな選手ではありました。
「だから庇ってる」という意味合いで悪くないと言ってるのではありません。

この事件の原因となるのは
線審2人をなくして塁審4人だけで審判をする
審判4人制を導入したセ・リーグの初日に
かねてから言われてた線審がいない事での問題点を
即露呈してしまった格好になった事
なのです。


見てて可愛そうだったのがね、投げてたギャオス内藤
同じくヤクルトでライトを守ってた2番打者だった柳田
内藤はガックリしてるし、柳田はずっとライトに残ってジェスチャーで
「ポールより外!」と一生懸命アピールしてるしね。
野村監督だってホームランとした球審に抗議するのは当然
であります。


しかし、当時は審判がビデオで確認する制度は
まだ確立してませんでした。

審判の言う事は覆りませんから篠塚の2ランホームランとなって
8回裏3-3の土壇場での動転、じゃなく同点。


もうこうなると勝負の流れは段々と巨人へ傾く。
というかヤクルトのメンタル的なダメージはデカイ。
巨人は延長戦に持ち込んで4-3のサヨナラ勝ち。

もう唖然の一言で延長何回まで行ったなんて流石に覚えてません
覚えてるのが意気消沈というか唖然として2人で帰路についたのと
帰宅後にTVで見てた家族は当然Gに聞いてきたのですけど
スポーツニュース見なくても
「ああ、あれはファウル。レフト側でもわかったよ」
と言って風呂入って寝た事ですかね。


それが1990年4月7日に東京ドームでGが見た試合でしたね。

この後に白いポールは5月くらいに塗装して淡い黄色にして
ポールとボールをわかりやすくしてました。

(後日、東京ドームで見ました)

巨人はこれで一気に優勝へと駆け上りました。

ホームランとした大里審判は非難の的となってしまい引退し
指導員になった
と言う事もシーズン後の新聞で読みました。

というのが、当時のGの記憶から思い出す事ですね。
信じられない事と言うのは
本当に起こるものです、はい。


ザ・サイザーの記事で書いた他の試合に関しては
また機会がある時にでも書く事にします。


という事で、鉛筆画なんですが
1990年4月7日に該当する特撮キャラが思い当たらないので
このキャラを起用
してみました。

c0040422_17571745.jpg


電子戦隊デンジマンに登場のベーダー怪物サビムシラーです。

何で起用したかは後程。

(ここでやっと休憩に入ります・・・長かったなあ・・・)

お待たせしました、サビムシラーの説明に入ります。

念写で事件を解決するフランス警察の特捜刑事の
バトルフランス
、じゃなくてポール伊崎は
デンジレッド
こと赤城一平の幼馴染であった。
ポール伊崎は久しぶりに来日するがポールは赤城に
「頭の中にある島が浮かんでるのが気になる」と相談
する。
念写してみると写真で出てきたのはデンジマンの基地デンジランド!
赤城はポールも自分と同じくベーダー一族に滅ぼされた
デンジ星人の末裔の1人かもしれない、
と考え、
これまでのデンジ星から地球で起こった事をポールに話し
(もちろんデンジマン結成やデンジ姫の話もしている
デンジランドへ招待してみようとする。
それを見たベーダー一族はポールを一時捕らえ
洗脳マシンで「デンジマンが侵略者である」という間違った情報をポールに与え

更にこのサビムシラーの卵黄0.5mgをポールに接種、ポールの体内で成長し
デンジランドを内部からさび付かせようと企む

ポールはやはりデンジ星人の遠いながらも末裔の1人
遠い末裔になればなるほどデンジ星人本来の能力は無くなっていく
彼は島の外へ出てサビムシラーを吐き出し
彼の予知能力によって計画は失敗
してしまう。
サビムシラーの武器は口から吐くメカを錆び付かせ相手を繭状にするサビラ菌、
体表の綿毛をむしって投げる爆弾、糸縛り、三又の剣
である。
デザイン担当は久保宗雄氏、声の担当は飯塚昭三氏であり
ベーダー番号は28。

前作バトルフィーバーJのバトルフランスこと志田京介を演じた
倉地雄平
氏がポール伊崎役でゲスト出演されてたのがGは当時凄く嬉しくて
また話の経緯からムササビラー、チカゲリラー、ウミツラー、ルパンカメラー、
アドバルラー、バーラー、デッドボーラー、ハンバラーの映像が
おさらいのように出てくるので嬉しさ倍増だった記憶のある話
でしたね。
その分、サビムシラーの印象は凄く薄いのですが(笑)

起用理由はポール伊崎のポール、そして間違った情報、という2点から。
ポールという役名は他の特撮でもありますけど
2つの起用理由が重なったのはこのサビムシラーだけ
でしたので。

ということで、明日の夜勤、23日の眼科、24日の日勤と続くので
何時ごろ更新できるかわかりませんが
左膝の様子を見てゆっくりしようかと思います・・・
では、此れにて。





「ベル星人に引っかかってすっ転んでしまいました・・・」
「夏場の仕事のしわ寄せから墓石社長に拝みまして」
「来週半ばからネットが出来なくなる可能性が出てきました・・・。」(コダイギョ怪人)
「清原選手のデビュー戦・初ホームランを見た日」(ザ・サイザー)
「ひいろお第7話:火打ち石」(デンジマン)
「ひいろお第17話:援軍」(バトルフィーバーJ)
「交通事故直前に拾った指定型バトン『スーパー戦隊シリーズ』」(アドバルラーの説明)
「悲劇の投手から栄光の名指導者へ・巨人軍の藤田元司氏逝く」(デッドボーラー)
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-10-20 19:52 | 雑談
c0040422_20212329.jpg


こんばんは、連投の、というより
連投できたGです。

昨日のコダイギョ怪人の記事にて
「来週半ばからネットが出来ない状況になるかも」
と書きましたが
実は早ければ明日20日には
その状況になってしまう急降下状態
ではあったものの

奔走して何とかネット継続を
維持する事ができました。

前日に何とかなったのでホッとしております・・・。


今回の急展開は光回線移行中のネットが出来ない時期に
青ワニの記事からクワゴ怪人の記事の間ですね)
ネットをどうしても使わないといけない仕事が入り、
その夏場のしわ寄せが今頃になって出てしまったのが原因でして。


20日にネットが止まります、
21日に電気が止まります、
23日の眼科に行け無くなってきました、
同じく23日に携帯がまた止まります、


という4タテが一気に先週末にドンと請求が来まして。
この事態はちょっとヤバイとしか言いようの無い急展開
でして。

特に最後の携帯が一番痛かった・・・。
ネットが使えない、と言ってるのに仕事が来てしまい
日頃使わない携帯でネットに入らざらるを得なくなり
フルスクリーンでしか見れないホームページを見て対応してたのが痛い。
今回の件の70%弱を占めている。コレにはGも驚いた!

(しかもコダイギョ怪人の記事の前日ですよ)

電話先生の記事で携帯を変えたわけですが、
そこまで計算に入れた料金プランにしてなかった・・・。

レボール星人の記事で書いた2年前の交通事故の示談金も
底を付いてきた頃だけに余計
である。
今度からネット使えない時は自宅作業を休業にしよう・・・ホント。
ココに来て結果的に赤字だよ、もう・・・)

とにかく働けるのにも制限がまだあるし
昨夜の仕事の打ち合わせが予定変更となり
今晩もしかしたら店に手伝いに来てもらうかもしれないので自宅待機、
という展開になったのでリリーフで出てるバイト先にも行けず、
という状況
のため一晩考えた挙句、

今朝、あまり負担をかけたくなかったが実家へウルトラサインを送り
昼前にミデア輸送機が一時凌ぎの補給のためアパート到着。


そこで物資補給をした後で4件のメドを一気に片付けていき
しかも5日ぶりに食事もとりました。
久々の食事に返って2時間くらい動けませんでしたね。


戦時中に参戦していた経歴の持つ漫画家・水木しげる氏が

「戦争はいかんです、お腹が空くだけです」

と仰ってますが、ホンのホンの少しながらもわかる気がします・・・
本当に戦争よくない!絶対よくない!


話が前後しますけどミデア到着までに
ゴールドウルフの記事でも書いていたネット不安定
更に昨日からブログから直接ログインできなくなって
「このネット不安定も何とかしないとアカン!」

という事でクワゴ怪人の記事であった光回線を
今日でサービス期間が切れるNTTからニフティへ統一する電話をニフティへして

(ニフティとNTTの両方の2ヶ月間だったがNTT関連はどうも重い
今夕にNTTから11月1日から移行するという事で合意。

そして今夜の店の手伝いも今夕の連絡で中止となり、
ようやく前回のコダイギョ怪人の記事でお約束した
ネットが継続できます、というお知らせ記事を書けた
という訳です。
(でないと午前0時出勤となる所でした・・・)

何か夏場からの色んなしわ寄せが先週から来てただけに
処理が終わった今は眠い・・・。

ベル星人の記事で痛めた左膝はミデアでやってきた看護婦の母曰く
「病院へ行くよりシップでしばらく様子を見た方がいい」
とのことでしたが
次回という事になった22日火曜日の夜勤までに少しでも良くなってくれれば、
もう何も言う事のないGでございます・・・。


何はともあれ皆様には大変ご迷惑をおかけしました・・・。
何かコダイギョ怪人の記事が結果的に一本釣り記事と化してしまいましたし・・・。


今日の鉛筆画は鉛筆がいつもと違うので薄めになっていますが起用したのが

五星戦隊ダイレンジャー
に登場のゴーマ怪人である御供養星・墓石社長です。

神風大将、電話先生とともにゴーマ3ちゃんズの一翼の墓石社長ですが

何せ彼のキャッチフレーズが
「手と手のしわとしわを合わせて拝め!」
ですからね。
(某仏壇店のCMコピーのように「幸せ」にはならんらしい)

夏場の仕事のしわ寄せと実家に拝んだのにはピッタリの起用かと・・・。

(ココで一旦休憩します・・・ふぅ・・・)

では、墓石社長の説明ですが

まあ、ゴーマ怪人の落ちこぼれ3人組がゴーマ3ちゃんズを結成
身内の敵組織ゴーマからは3バカと罵られながらも
3人力合わせてダイレンジャーに三度戦いを挑んだ事は
メンバーである電話先生の記事でも書きました。

墓石社長はのんきな中年のオッサンという雰囲気の落ちこぼれゴーマ怪人

電話先生での記事でも電話先生の電話のモニターに繋いで盗撮できる能力がある、
と書いた他に頭は開閉してライターのような火炎放射器を持っており、
おみくじ自動販売機も内蔵しており戦闘前に運勢を占ったり
もしている。
鉛筆画にもある3バカサッカーの格好が第一戦目、
3バカ野球の第二戦目の後、最後の三度目の戦いでは
先陣切って相撲でテンマレンジャーに勝負を挑み
仏壇返しという技を披露するも巴投げの反撃に遭い敗北。

そして電話先生がテンマレンジャーにプロレスで挑んで敗北後、
リーダーの神風大将は愛車の神風号で
スピードを落とすと爆弾が爆発するガチンコのバイクレースを
テンマレンジャーに挑む
のです。
だが、その影にはゴーマ3幹部の1人であるザイドスの暗躍が・・・。

後の詳細はゴーマ3ちゃんズのリーダー・神風大将を起用した機会に書きます。

神風大将じゃないけど本当に今日は1日中突っ走った格好だったので
今日はこの辺で失礼します。
うう、眠い・・・手伝い中止だからイイか・・・。




「来週半ばからネットが出来なくなる可能性が出てきました・・・。」(コダイギョ怪人)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part22と重要なお知らせです。」(青ワニ)
「クワゴ怪人の光ファイバーケーブル工事でGが戻って参りました。」
「突然、新型の電話先生がやってきた?」
「レボール星人による代弁。」
「ネット?サーバー?体調?不安定にゴールドウルフが吠える!」
「ベル星人に引っかかってすっ転んでしまいました・・・」
[PR]
# by gun_gun_G | 2008-10-19 21:20 | 雑談
←menu