「ほっ」と。キャンペーン
c0040422_828941.jpg


おはようございます、2日ぶりのGでございます・・・。

今日は昨日入った色々な急用の関係で朝っぱらから記事アップしてます。

ノコギリマンの記事で書いた
「ひいろお倶楽部@」4月休養という事もあり
記事を消化できるのもあと1週間くらいとなってしまいました・・・。
4月の何時ごろ復帰できるのかが
昨日の日勤での話では延長する可能性も出たため
3月中にアップしたい記事を今日は消化していきます。

3月末で退職する後輩は非常に勉強熱心で音楽を聴く幅も非常に広い人
でしてね。
脚本関係の勉強をしてるので出来るだけGもサポートしてたのです、

ただ48の殺人技は伝授しましたけど
52の返し技の伝授が・・・。

(↑それはプリンス・カメハメです)

それでバイラスの記事で退職した同僚にCD-Rを贈ってあげたように
後輩にも専用CD-Rを作ってあげよう
としたのですが
Gも3月31日は通院予定である事や後輩が2月末に退職する可能性もあったため
2月の段階から早めに製作を開始
しまして。

かなり音楽の幅が広い人なのでGの得意なテクノ系で行こうとは考えてたものの
曲のチョイスに困りまして2月前半はプランを立ててた状態
だったんですね。

Daft Punkを入れようかなと思った際に
去年4月から話題になってたニコニコ動画の幾三祭りで

Starry Sky IKZOLOGIC Remix / 吉幾三×Capsule × Daft Punk × Beastie Boys

を去年4月に教えたら彼がかなりバカ受けしてた事を思い出し
それでギターとかの絃の系列でいってみようかなあ、
あとはアルバム未収録曲やシングル盤で行ってみようか、
という所に落ち着いた訳
です。

ちなみに後輩もGもバカ受けだった曲は此方です。

Starry Sky IKZOLOGIC Remix / 吉幾三×Capsule × Daft Punk × Beastie Boys


で、今回チョイスしたのはこの曲たち。

1. Religion (Pussy Whipped Mix) / Front 242 (6:05)
2. Astral America / Apollo 440 (3:46)
3. Ohio / Utah Saints (3:10)
4. Angel(Ladadi O - Heyo) / Jam & Spoon feat. Plavka (3:49)
5. Tosh (Gosh) / Fluke (3:51)
6. Swamp Thing (Radio Edit) / The Grid (3:56)
7. Little Britain / Dreadzone (4:30)
8. Bamboo / Spooky (5:21)
9. Novelty Waves (Radio Edit) / Biosphere (3:34)
10. Hymn / Ultramarine (feat. David Mcalmont) (6:41)
11. 4 Dead Monks (Original Demo) / Red Snapper (5:06)
12. If You Wanna Ride / Todd Terry presents “Sax” (5:18)
13. Drive Me Crazy / Usura feat. Nicole (4:02)
14. Everytime You Touch Me / Moby (3:49)
15. America : What Time Is Love? / KLF (3:26)
16. Satan (Recorded Live At The Irvine Plaza, New York) / Orbital (7:12)
17. Starry Sky Yeah! Remix / Capsule × Daft Punk × Beastie Boys (5:56)

● Total(79:32)●


オーラスで動画の元になった原曲を入れておいてみました。
ただ、盤面印刷に時間がかかってしまい

バイラスの記事の同僚に贈ったCD-Rのタイトルは

「完成直後に日ハム2連覇が決まりましたスペシャル」


としたのですが(本当にそういうタイミングでした)

今回も印刷のタイミングが実際そうだった事からタイトルは

「印刷時は初雪でしたスペシャルCD」

ギタギタンガとアングラモンの記事の時にようやく完成したという訳。
何とか2月中には間に合って後輩も喜んでくれホッとしました・・・。

彼とも今週くらいしか仕事上ではもう会えません。
寂しいですが新しい門出ですので転職先でも頑張ってほしいです。

今日の鉛筆画ですが後輩とも今月で会うのも最後という事で

超電子バイオマン
に登場のジューノイド5獣士の1人、サイゴーンです。
改造前のヴァージョンにしてます。

このサイゴーン、二度もお蔵入りしてた不遇な鉛筆画
でして

当初は青ワニの記事の後の光ケーブル工事直前の
最後のご挨拶記事に使う予定がネットが早く切れ断念、


次に昨年最後にもう一度使おうと思ったのですが
検索ワードランキングがなかなか処理できず
エナ・ハルコスを起用して昨年最後の記事としたので断念、

という感じでなかなか起用できなかったのです。
やっと使えたのでホッとしています・・・。


(今日はここで一旦休憩します・・・)

敵組織の新帝国ギアのジューノイド5獣士は
4コママンガでジュウオウを採り上げて以来
ですね。
それでは、サイゴーンの説明に入ります。

サイゴーンは3つの顔を持ちサイコキネシス系の武器を扱うジューノイド。
手にしたサイコステッキから敵の自由を奪う不動念力、
口からの火炎放射であるサイゴーンフレアを多用し
念力はキネシス増幅放射でパワーアップでき
テレポーテーションや空中浮遊も使いこなし
サイコステッキは斧への変形も可能
である。
物語前半はそのサイコキネシスで幾度もバイオマンを苦しめるが
ネオメカジャイガンのメタルメガス登場時にバイオマンもろとも攻撃を受け
ジューノイド5獣士のうちジュウオウ、サイゴーン、メッツラーの3人が生き残る。
(その直後のバイオマンとの再戦でジュウオウは破壊されてしまう)
サイゴーンは改造を受け改造サイゴーンとなり
幹部のビッグスリーで同じく改造されたメイスンの直属の配下となる。
声の担当は山下啓介氏、デザイン担当は出渕裕氏。

改造サイゴーンはまた機会がある時にでも描きますね。


後輩も頑張れよー!
Gも適度に頑張るからさ


では、私用の1つが済んだ事もあるので
残りの私用も考慮して今回はこれにて・・・。







「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「ヤマグチノリカズさんのカメハメ木版画Tシャツ!(はぐれベーダー50)」
「明日付けで辞める同僚にCD-R贈ってバイバイ、バイラス!」
「20日前に閲覧者総数240000人突破!ウルトラの星が見える少年 」
(ギタギタンガとアングラモン)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part22と重要なお知らせです。」(青ワニ)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part27」(エナ・ハルコス)
「ひいろお第20話:ジャンケン」(ジュウオウとモンスター)
「病院へ行ってきましたPart123・強風の中メタルメガス参上?」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-22 09:23 | 音楽系
c0040422_8505458.jpg


おはようございます、連投のGでございます・・・。

もしかしたら今晩、仕事の依頼の電話があるかもしれないので
雨が降ってきたことですし明日は日勤ですし
早めに昨日の続きを消化していきます。

昨日の吸血マンモスの記事
Gに糖尿病の疑いが極めて強い事を書きました。


ノコギリマンの記事で書いたその4日後の同窓会はどう乗り切ったかといいますと
糖尿病の検査に関しては怖くて話さなかったのですが
食事のペースを落として落花生焼酎を少量と珍しいビールをコップ1杯でストップ。
19年ぶりに会った先輩の手料理は堪能しましたけどね
(あれは美味かった)。

ベロンの記事であるようにGはお酒好きですし、
おまけにお酒を飲むと食事も食べまくるので
ブログをいつも見てくれてる同級生がGのお酒が進まなかったのを見て
体調の不良か疲れを感じ取ってくれたのか
緑茶とそば茶を出してくれたお陰で助かりました。

今だから言えるけど、
あの時は本当にありがとう!

検査結果が良ければ、もう少し飲めるようになりますので。

・・・その検査なんですが昨日も書いたように続きがあるのです。

ヒルドラキュラの記事の翌週にあたる
2月26日に眼科の定期健診があった
のですが
眼圧は両目共に24と出てゲララチンの記事の時に比べて
下がってはいたのですが依然高い数値

デンジマンタイムラーの記事のような措置はしなかったものの
当然、血液検査の結果を伝えた訳です。

眼科の担当医から即答


「糖尿病ですね」

わかってるよ!そんな事は!

とはGは言いませんでしたが。
(だから、血液検査の数値を書くのが怖いんだってーの)

眼科の検診で眼圧が下がらずおかしいと眼科医が首ひねってたから
シャドウオニヒトデの記事で血液検査
というのもありましたし、
ある意味では眼科の担当医の疑問は解決された訳で。

そして眼科の担当医から質問が1つ。

「糖尿病となると眼底検査をやらないといけないんですよ。
Gさんはやった事ありましたか?」

・・・そういえば、やった事あるね。
「ひいろお倶楽部@」を始める以前の事だから4年以上前
だけど
特殊な目薬差して眼底を検査するのですが
6時間くらいは眼がクラクラするんですよね。
嫌な記憶を思い出してしまった・・・。

「今年に入ってはやってないです」
と答え

「では、右目から行きましょう。
次回の予約は眼圧検査のみですから・・・
ああ、その2週間後は病院はお休みですので
5月に眼底検査を右目から行います」


という事で

4月で血液検査の結果のみで糖尿病の検査が終了するかと思ってたら
5月以降も検査が続く事となってしまったのです・・・。


まあ、自己管理の問題ですので、はい。

ということで、今日の鉛筆画。
眼科ネタで糖尿病という事もありネーミングから、この特撮キャラを起用
します。

トリプルファイターに登場のデーモン侵略宇宙人であるホラーアイです。

今年に入ってから数少ない円谷プロネタの起用です。
パラサ同様、ウルトラ怪獣ではないですが。

(今日も一旦休憩を挟みます・・・)

それでは、ホラーアイの説明に入りますが
このホラーアイは安藤達己監督ではなく鈴木俊継監督が担当だったんですね。
脚本は若槻文三氏担当

ホラーアイはデビル第8刑務所に120年間監禁されていた。
トリプルファイター打倒のために仮出所する事となる。
仲間の怪人200人も殺した冷酷、残虐な性格で
戦闘員デビラも無意味に殺したりしている。

そのくせ死刑と言われたら泣き出すという
意外と大風呂敷で小心な面を持っている。
時速800kmで走行し3つの武器を持つと豪語するホラーアイ。
ホラーガンという銃を愛用し鎖を発射して敵を締め上げ
眼からストロボ状に発する強力な眼光ウインクボーンを放ち

(つまりあの眼はウインクができるということだね)
そしてホラーアイが使ったことのない3つめの武器、
使え使えと催促されてなかなか本人が使わない最後の武器とは・・・

・・・これ、書いちゃっていいんですかね?

これさっき見たんですけど「はあ?」という感じで
他のサイトさんも見てのお楽しみという事ですので・・・

DVD-BOXか再放送か何かで実際にご覧になる事をお勧めします。
ホントに「はあ?」という感じですので。

たまには自力でご覧下さいというのもいいでしょう、はい。


ただ、見れない方もいらっしゃいますからヒントだけ書いてはおきますか。

ヒント→死刑と言われたら泣き出すという意外と大風呂敷で小心な面


では、雨も今、やんでるようなので今週はこれにて。
4月休養であと来週くらいしか記事書けないんだなあ・・・しみじみ・・・。







「病院へ行ってきましたPart143・吸血マンモスの採血?の結果、検査へ 」
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「お酒バトンでベロンベロンの怪獣ベロンがドロローン!」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「ひいろお第7話:火打ち石」(デンジマン)
「やっと冒頭の転職記事取り下げの理由が書けます。」(デンジマンのタイムラー)
「病院へ行ってきましたPart142・シャドウオニヒトデに採血されて?」
「あの安藤達己監督ご来店記念!遂にトリプルファイターの登場です!」
「パラサの如く?Gさん、潜ります。」


「糖尿病」
「緑内障」
「VDT症候群」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-20 09:25 | 病院系
c0040422_1782118.jpg


こんばんは、ようやく戻ってきましたGでございます・・・。

眠いんで今日までは休んでようかなあ、と思ってたんですが

シャドウオニヒトデの記事の後の病院系の経緯をまだ消化してなく
病院系記事が溜まってきたのもありますけど
書かないといい加減にマズイだろうなあ、
と思い
復帰記事としてアップする事にしました。

かなり重要な事を書きます。

シャドウオニヒトデの記事で採血したと書いて
結果がヒルドラキュラの記事でも書いたように2月17日に出た
のですが

結論から書きますと

グルコース
ヘモグロビンa1c


の2つの値が1年前から異常に上がってたんですね。
(具体的な数値を書くのは怖すぎるので遠慮させて頂きます・・・)

つまり、何の事を書いてるかといいますと

糖尿病の疑いが極めて強くなった

という結果だったのです。

御茶ノ水の病院の担当医も
即、糖尿病内科にも行ってくれ、というくらいの数値です。

去年のドブネズゴンの記事でインフルエンザ級の風邪を引いて
マサカリデスパーの記事で点滴を受けたりした際などに血液検査もしてますし
母の勤める病院に何かで行く際は必ず血液検査をしてた
のですが
1年間まるっきり血液検査をしてなかったのは失敗でした・・・。
だから検査結果見て、すぐに「しまった!」とGは思ったのですが・・・。

バイラスの記事で退職した同僚に健康指導してもらってた事や

ゴース星人の記事の全身関節炎の際に協力してくれた接骨院の友人からも
ダイエットして関節の負担を軽減する忠告を受けてた事、

ロボコンの記事であった件で生活が一時期荒れてた事
などもあって

看護婦の母が口すっぱく言ってた「糖尿病は自己管理の病気」と説教されてただけに
「数値的にもはやこれまで・・・」とGも観念したのですが

原因としては2つある事がわかりまして。


Gが転院前になかなか合う薬が無く、
ようやく見つかったGの的確障害に合う薬として、
てんかんの患者さんによく使うセロクエルという薬があるのですが
副作用で糖が出てしまう事。


カフェインの多量摂取から切り替えて職場で飲んでたスポーツドリンクの多用

この2つが原因だろうとは判断がつき①のセロクエルは即服用を中止し
代用の薬を探していく事となり、後は糖尿病内科に任せる事になりました。

病院が終わるまで薬は出ませんから
ノコギリマンの記事であったミニ同窓会の4日前にこれじゃ、どうしよう?
と薬も飲めない事もあり精神面も不安定になる一方
でしたね。
昔、同級生と先に糖尿病になったら負けという
ダイエットレース?をした事もありますが・・・
洒落になんないですね、ホント。

で、糖尿病内科は初診となりますので、かなり遅くに診察。

いくらGが太ってるとはいえ、
その診察前に書いた食事法ではそういう糖の上がり方はおかしい、
と初診専門の医師は思ったらしく、Gに様々な質問をしてきまして

1年間、御茶ノ水の病院では血液検査をしてない事や

タバコを我慢するためキシリトールガムを血液検査前に噛んでいた事、

(血液検査があるとわかってたら、食事しないで、ちゃんと受けましたよ)

セロクエルを長年服用してた事、
(セロクエルが悪い薬という意味ではないです、Gの多量服用というのが問題なのです)

体を動かす店ではスポーツドリンクを飲んでた事をGが答えた後に

「もう一度、簡単な血液検査をしましょう」
という事になりまして。

そしたら数値がシャドウオニヒトデの記事の時より健常値に近かったんですね。

それで②の項目が判明し

「もしかしたらGさんは瞬間的に異常な血糖値が出るタイプかもしれません。
そのケースだと細胞破壊を起こすので、
まず栄養士の方の指導の予約を入れて
食事療法と薬の服用の変更した上で
糖尿病内科に通院してみて3月に血液検査をもう一度して
それから医療手段を決めましょう。
こちらとしてもデータがないと診断できませんので
今後の医療方針もその結果次第で色々変わってくると思われます」

と医師から言われ念のために母の勤める病院と
いつも緑内障の眼圧を測ってる地元の大学病院にも
協力を依頼するようお願いされました。
地元の病院ネットワークというのも重要なようなのです。


それで病院が閉まる前にやっと代用品の薬を飲んで
帰りが遅かったので美術学校の先輩の絵の展示には間に合わなかった事
から
帰宅後に様子を見てから翌日に実家の母へ連絡。

母もヘモグロビンa1cは2~3ヶ月前の糖の結果だという事
(つまり10月くらいから症状が出てた可能性が高いという事)もあり
ショックを受けてましたが、数値がかなり高いとはいえ、
まだ初期症状でもある事から様々なサポートをしてくれる事を約束
してくれ
(細胞破壊のプロセスも説明してくれました)
実際に様々なサポートをしてくれてまして
当初はかなり神経質にエクセルでカロリー計算をしてましたが
今は頭の中で大体1800kcalくらいを計算して食事をしてます。

Gは背が高いので1600ではなく1800くらいは必要なのだそうです)
ストレスから食事を多く摂った時は他の部分で調整するとか。

その後の展開は後日、病院系で書きますが
2月17日時点ではそんな感じでした。

今でも正直この件はショックで怖いので勤務先や実家など、ごく一部にしか話せず
多分、この記事を読んで
「そうだったの!?」と驚いた方も多いかと思います・・・。

最近やたら自己管理という文字を書いてたのは、そういう意味だったのです。


だから、今話題の
ウルトラサイダーの記事とか書いてないの。
だって、飲めないんだもん(苦笑)


まあ、それをクリアするまでは、これからも書きますけど、
長い道のりがまだまだ続くのです・・・。


という事で、今日の鉛筆画。
今日は献血したら結果がマンモス級のダメージ、
という事で
リクエストリストからチョイスしました。

仮面ライダーV3に登場のデストロン怪人である吸血マンモスです。

(一気に書き上げたので今日はココで一旦休憩します・・・)

(3月19日PM21:47)

それでは、お待たせしました、吸血マンモスの説明に入ります。

敵組織デストロンの結託部族の一番手であったキバ一族も
一族の切り札とも言うべき魔女スミロドーン
こと原始タイガーが倒され
遂に頭領である郷鍈二
氏演じるキバ男爵は最後の作戦を展開する。
日本を代表する要人3人を誘拐し脳改造して意のままに操ろうとする
日本頭脳改造計画を指揮、V3との決戦で
キバ男爵は吸血マンモスの正体を現す。
長い鼻を巻きつけて血を吸い血を吸われた人間は泡を吹き出して消えてしまう。
武器としては体当たり、首を絞める長い鼻、その長い鼻から出す血の霧、
牙状の槍の連続発射攻撃、巨大な左手で地面を叩いて起こす地震
であるが
V3回転三段キックの前にキバ男爵の姿に戻って爆死する。
この戦いでキバ一族は滅亡し、デストロンは新たに
同じく結託部族のツバサ一族を呼び寄せた
のであった。
なお声の担当は峰恵研氏。

この病院系には続きがまだあるのですが、
それは2月26日の眼科の件で、また書かせて頂きます。


それでは今日は早めに寝ます・・・。






「病院へ行ってきましたPart142・シャドウオニヒトデに採血されて?」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「病院へ行ってきましたPart108・風邪とインフルエンザとネズラ毒に気をつけろ!」
「今月に入ってから実家にて点滴治療をしております。」(マサカリデスパー)
「明日付けで辞める同僚にCD-R贈ってバイバイ、バイラス!」
「病院へ行ってきましたPart34・過労による全身関節痛のため一時休業します。」
(ゴース星人)
「無題2」 (ロボコン)
「日曜日まで毎日更新はできるかな・・・?」(ライダーマンと仮面ライダーV3)


「糖尿病」
「緑内障」
「VDT症候群」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-19 18:25 | 病院系
こんばんは、4日ぶりのGでございます・・・。

いやあ、今日は御茶ノ水の病院へ行ってたのもあり
眠くて寝ちゃっててスミマセン・・・。
担当医の指示で寝てたというのもあったのですが・・・。

前回のパラサの記事「ひいろお倶楽部@」の短期休養を
スケジュールが終わる今日17日まで、
としてましたが、
一部の友人には伝えてありますけど
シフトで明日18日に日勤が決まってしまったので
短期休養を延長致します。


鉛筆画を描こうとも思った
のですが、
そもそも記事アップするのもどうしようかと思ってたくらいなので
以前に見つけたYouTubeの動画をGの心境として載せておきます・・・。

ロボットはっちゃん (1981) 「赤い夕陽のバラバラマン」/ 斉藤晴彦&こおろぎ'73


バラバラマンは既に記事にしてますので詳細はそちらを読んで下さい。
というか、斉藤晴彦氏はやっぱり凄いや!良い俳優さんですね・・・。
当時の歌もボヤキがどういうのか、毎週楽しみにしてたからね。

(そういえば後期EDのロボットはっちゃん絵描き歌でもバラバラマンぼやいてたな)
トヨタのライトエース?もいい味、出してます。

まあ、復帰は早くて今週末という事で。

ドメラーズⅢ星の記事のドメル将軍ではないけど
小ワープ戦法で乗り切ります(笑)

「あー、残業のしすぎかなあー」

なお動画ですが今回の記事は特撮番組の歌なので変則の特撮系とします。
太字処理も後でゆっくりやります・・・。

お知らせっぽい記事になりましたが今回はこれにて。
復帰までもう少々お待ち下さい・・・ZZZZZ。







「パラサの如く?Gさん、潜ります。」
「とりあえずのつぶろぐ導入?はバラバラマンのぼやきの再現?」
「宇宙戦艦ヤマトVHS全巻揃った記念にドメラーズⅢ世颯爽と登場!」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-17 21:58 | 特撮系
c0040422_19183474.jpg


こんばんは、連投となったGでございます・・・。

昨晩は流石に疲れて0時過ぎには寝てたようです。
(プリンタの電源を消し忘れてるし)

おまけに今日は確定申告を自宅のPCから行っていたのですが、
ちょっとトラブルがあって解消してからという形をとったので
記事アップも遅れてしまいました。
(相談に乗ってくれた友人と税務署の方、ありがとう!)


という事で、昨日のドメラーズⅢ世の記事の続きを書く形にはせず、
その記事の途中で入った仕事の打ち合わせによるお知らせのみを
今日の記事とさせて頂きます・・・。


Gさん、ちょっと潜ります。

というのも一部の友人には先にお伝えしましたが
昨日の電話で自宅の仕事の依頼があったのですけど
明後日は外出のために既に休暇を取っているため
自宅の仕事を1日ずらした
んですね。

で、こういうスケジュールになってしまいまして。



3月14日(土) 日勤と遅くともこの日に確定申告の書類提出
3月15日(日) 既に休暇を取ってて外出予定
3月16日(月) 1日ずらした自宅での仕事の予定
3月17日(火) 御茶ノ水の病院の通院日

こうなってしまったのでネットを使える時間が少ない事から
明日から潜る、
といいますか
「ひいろお倶楽部@」の短期間ながらのお休み、
という形にしようかな
と思います。

消化できてない記事や予定してる記事など沢山あるんだけど

致し方ないの。ゴメンね。

ノコギリマンの記事で書いたような長期間ではありませんので・・・。

今日の鉛筆画は記事がお知らせのみになってしまう事も想定して
今朝起きた後に描いておいたもの
です。

ちょっと潜るという事で色々と頭をよぎりましたが
ウルトラ怪獣ではないですけど久々に円谷プロネタで行きます。

恐竜大戦争アイゼンボーグ
に登場の恐竜パラサです。

ウルル以来の久々のGによるアイゼンボーグの絵ですね。
Duke_FleedさんによるアイゼンボーVSマグマ星人がありましたが)

(今日は色々とあったので一旦ここで休憩します・・・)

それでは、パラサの説明に入ります。

パラサはその名の通り、パラサウロロフス型の恐竜。
パラサウロロフスは頭の角状の部分が空洞になってて空気を溜める事ができ、
そこから酸素を摂り入れる事が可能な事から潜水能力を持つ、
と一般的に言われている恐竜
である。
パラサもそのパラサウロロフスの恐竜だけあって
水深4000mの深海に住んでおり鬼島近海でチロザウルスを育てている。
このチロザウルスは爆弾が首に仕込まれた
相手との自爆を目的に活動する恐竜爆弾
であり
パラサはこのチロザウルスを育てて艦船破壊工作のための秘密作戦を展開、
チロザウルスを特訓し、場合によっては噛み殺していた。
体長60m、体重3万tとウルルが指揮してた頃の恐竜軍団では
かなり背の高い恐竜
でもある。

まあ、いくら水泳が得意でも
水深4000mまでGは潜りませんので、ご安心を。
チロザウスルのように自爆もしませんし。


あと、まだ少しブログに不安定な面もあるので太字処理は控えめにしました。

では、来週、復帰した際にまたお会いしましょう。






「宇宙戦艦ヤマトVHS全巻揃った記念にドメラーズⅢ世颯爽と登場!」
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「アニメにも脱線は可。」(アイゼンボーグ号)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part14」(ウルル)
「記事数888件記念・海外から届いた夢の対決のイラスト」
(Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-13 19:40 | 雑談
c0040422_18205380.jpg

c0040422_18213548.jpg


こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

自宅の仕事と私用とメール処理が終わったのが今朝4時20分。

眠い。

ここのところ、何だかんだで深夜3時くらいまで何かしら作業している。
薬の影響で深夜1時越えると何かしら間違いをしているし
日中でも疲れてるつもりは無いのだが物忘れが激しい。


眠い。

今晩、仕事の打ち合わせの電話がかかってくる予定。

眠い!!!!!!

しかし、眠れない。悲しい・・・。

今週はそんな感じの流れですし、
シャドウオニヒトデバラペテンとあまり良い雰囲気の記事の流れではなかったので
今日は消化する記事は中断して肩の力を抜いた記事にしますかね。

といっても鉛筆画は気合入ってますが(笑)
というか、よく記事アップする時間を確保できたなあ、と思いますね。

単純に不在中の郵便を待ってるだけなんですが。

今日は冒頭の鉛筆画にもあるように特撮ではありません。

ザブングル・ブラッカリィタイプの記事で戦闘メカ・ザブングルVHS全巻揃った記事を、
ガラバの記事聖戦士ダンバインVHS全巻揃った記事を、
ギゴギラーの内部図解ヴァージョンの記事ウルトラマン80VHS全巻揃った記念を、

まあ、それぞれやったわけですが
(あ、2つ忘れてるのがあるや!今度、記事にしないと・・・)

昨日は以前から近所で目に付けてた中古VHS処分品を
給料日という事で私用で外出した帰り(しかも夜中)に買ってしまいました。

しかも他店さんから。

何をやってるんでしょうか・・・。

2つのアニメを各2200円と格安だった事もあり、
全巻、大人買いしてしまったのですが今日はその1つを記念記事で書きます。
レイズナーとかボトムズとかは全巻という訳ではなかったので止めましたが
(レイズナーは全巻だったもののOVAありとはいえTV版のあの終わり方には納得できず・・・)

まず今日書くのは、宇宙戦艦ヤマト。
もちろんPart1。

以前にそのお店に入った時から一番気になってた本命です。
欲しかったのよね、コレ。

ヤマトは見ていましたしプラモデルも100円のを買って作ってましたが
Gが完全にハマったのは機動戦士ガンダムより後の事でございます。

雑誌B-CLUBに企画案を出すというコンセプトの募集コーナーが昔あって
その中にファミコン版ヤマトのシューティングゲーム、
という企画した方の応募がありまして。
(ファミコン版というのが時代を感じさせますが)
「渋すぎないか?」という評価がそこには書いてあったもののトップで書かれてました。

その企画案で3面か4面に冥王星が舞台で出てくるのですが
反射衛星砲とかが出てくる中で(サイコガンダムMkⅡの元祖みたいなもの)
冥王星のボスキャラ?がシュルツ艦なんです。

シュルツ艦?

TV見たりプラモ作ったりしてたもののガンダムほど熱を入れてなかったので
シュルツ艦なんてプラモであったっけ?と思ったのです。

そこでヤマトに詳しい友人に聞きに行くと
ガミラス帝国軍の冥王星前線基地のシュルツの話をしてくれて
更にガミラス艦のデストロイヤーの形式まで教えてくれ
(今、思うとそれを説明しないとシュルツ艦の説明が出来なかったのでしょう)
更に更にケイブンシャの大百科まで貸してくれ
最後にはレンタルできるビデオレンタル店も教えてくれました。
(それが今回買ったお店)

いや、もうヤマトの奥の深さにハマった、ハマった(爆)
結局、全巻見ましたよ。時間かかりましたけど。

そんな思い出もあって今でもヤマトは大好きなんですが
多分、ファンの人からすると未だにビギナーの域は超えてないとは思います。
(その割には書物を集めてますが)

ヤマトでGのお気に入りの艦船がガミラス帝国軍では2隻あるのですが

1隻はデスラー戦闘空母。

戦闘空母はヤマトにハマる前から気に入ってて
七色星団の初登場ヴァージョンの時から好きで
ドリルミサイル爆撃機や後のデスラー砲装備状態も
あの甲板が回転して砲座が出てくるというアイデアが渋いですよね。
プラモを大小含め何回買った事か(笑)

そしてもう1隻はこの鉛筆画にもあるドメラーズⅢ世なのであります。

(郵便屋さんが来たようなので一旦ココで休憩します・・・)

郵便屋さんの後に仕事の打ち合わせの電話があったので遅くなりました。

・・・その件は明日、緊急で記事にします・・・。

正式名称・改ガミラス一等宇宙戦闘艦ドメラーズⅢ世は
ガミラス帝国軍が誇る名将である銀河系方面作戦司令長官のドメル将軍が
3連装大型砲台×3、艦首大型ミサイル発射管×8、小型ミサイル発射管×24、
小型固定砲台を多く備えたヤマトの1.6倍の大きさもある最新鋭大型戦艦であり
デスラー総統の命によりドメル将軍がバラン星に赴任した際に旗艦としていた。
第6区4次元演習場で3000隻(!)の大艦隊を率いての大演習の際に
たまたま空域である異次元空洞に来たヤマトを発見、攻撃し追い詰めるも逃げられ
ドメル将軍はヤマトが強敵である事を耳にしてたとはいえ改めて思い知らされる。
その後、バラン星基地にエネルギー供給している人工太陽をヤマトにぶつけるため
バラン星を脱出した際にドメル将軍赴任で格下げとなったゲール将軍と搭乗するも
バラン星基地も犠牲にする作戦と聞いたゲール将軍はデスラー総統に密告し
デスラー総統は基地を失う作戦の中止をドメル将軍に命じる。
結果、これが仇となり停止した人工太陽は波動砲で破壊され
バラン星基地も破片により壊滅する、という有名なエピソードの後、
ドメル将軍は旗艦をドメラーズⅡ世に乗り換え七色星団での決戦に挑むのである。

このドメラーズⅢ世のデザインが実に良くて。
今回の鉛筆画もガミラス帝国の艦船では最大級を誇る事から
巨大感をアピールしたパースにGなりに工夫して描いてみました。
ですので、設定画などとは見え方が違うと思います。
(ブリッジの後部はアングルの関係で板状ではなくアンテナっぽくなっちゃいましたが)
松本零士氏のメカニックはゆがみがいいという書物がありましたが、
こういうところが許せるのもヤマトのいいところ。(最近のメカでは無理ですね)
ドメラーズⅢ世の鉛筆画が見やすいように
サタンモアの記事ドクガンバの記事と同じ掲載形式にしました。

遠路はるばるイエローサブマリン大宮店まで行って
ウェーブのガレージキットを買いたくても高くて買えなくて何度も通ってました。
今でもそのガレキは欲しいですが高額でとても手が出ないです・・・。

それくらい好きですね、ドメラーズⅢ世。

もっともGがガミラス帝国で一番好きな将校は
タラン将軍ですけどね。

(えええええ!そこまで書いておいて、そんな・・・)
初登場時とそれ以降では顔が違うのですが。
(いや、そういう事ではなく、ドメル将軍の立場は?)

まあ、そんなところで今日はヤマトの話題でした。

明日は消化したい記事か、この続きを書こうと思ったのですが・・・
多分、お知らせになるかと思います・・・
予想はしてたから仕方ないのですが・・・。


肩の力を抜いたどころか、肩をガック
リしてしまいましたが
今回はとりあえず此れにて失礼します・・・。

(今日からブログが安定してるようなので少しずつ太字処理を試してみました)







「病院へ行ってきましたPart142・シャドウオニヒトデに採血されて?」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part30」(バラペテン)
「ザブングルのビデオが今日全て揃いましたあ!」(ザブングル・ブラッカリィタイプ)
「今度はダンバインのビデオが揃いました!」(ガラバ)
「記事数700件記念!とウルトラマン80VHS全巻揃ってた記念!」
(ギゴギラーの内部図解)
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「ドクガンバのドクガ砲による蔓延で?Gさん、またもや代理出勤・・・」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-12 19:17 | 雑談
こんにちは、連投になったGでございます・・・。

(注意:今日の記事は文章をコピペしてるため一部、太字処理をそのまま流用してます)

仕事です。
昨夜、電話がありました・・・しかも打ち合わせで2時間!
予定では明後日11日に自宅の仕事となりますが
明日は日勤であるため、少しの間、記事アップできません。
特に明後日はネットに繋げられないので致し方ないですね・・・。


さて、そういう事情もありまして
昨日のシャドウオニヒトデの記事から病院系の連投も検討してましたが
今日は2月分の検索ワードランキングがようやく調べられたので
それで行こうか
と思っています。

それと検索ワードランキングを調べた際に
ちょっと問題があるようなので先にこちらを消化した、というのもあります。


ついでにエキブロからの発表もあった今日あったのですが
何かの絵の展示の時意外は使わない機能ではあるものの
Gのブログへの負担が重くなるかもしれない事からリンクだけ貼っておきます。



「地図機能を追加しました」
(クリックすると詳細が見れます)


あと、上記の件も受けてというのもありますが
もうどうしようもない事のようなので
ヒルドラキュラの記事でも書いた文面を
くどいようですが更に一部追記して載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての
連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

なお、コメント、トラックバックに関しては
コブリオンの記事でも書いたとおり、
承認制を導入してます。
詳細はコブリオンの記事をご覧下さい。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


ということで、早速行きましょうかね、
記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月2月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングを
やってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて2月は一体どんなキーワードで
この「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?

参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2009年2月●








1位 スペル星人 / 126
2位 マグマ大使 / 39
3位 キノコジン / 36
4位 ゴモラ / 34
5位 site / 33
6位 ドロボン / 29
7位 ドロボン / 28
8位 ひいろお倶楽部 / 27
9位 がんがんじい / 22
10位 岡本倶楽部 苦情 / 19






先月2月の初ランクインは3位のキノコジンですかね。
何でキノコジンがいきなり3位なのかはよくわかりませんが
絵は自信作でしたので満足
してます。(あの記事は満足してないけど)
あとドロボンが6位と7位にランクインしてるのですが
ダイヤモンド仮面の記事の時とは違って今回半角とかの差ではない
んですよね。
両方足せば2位になるのにまた惜しい事してますね。
5位のsiteというのもよくわかりません。何でこれが5位に来るのでしょう?
よくわからないランキング
です・・・。

特にわからなかったのが10位なんですが、一応、調べました。

・・・どういう事情なのか、何でココに来るのか、はよくわかりました。
困ってる方々がいるのはよくわかります。

ただ、「ひいろお倶楽部@」は10位に関しては
全く無関係のブログ
ですので、
それはキッパリと書かせて頂きます。

Gが尊敬するイラストレーターである
故・岡本正樹氏に対しても大変失礼だと思いますので。


ちょっと問題がある、先にこの記事を消化したのもそのため
です。

せっかくアクセス数が伸びてたのに
10位の件があったという事実には正直ガッカリ
しました・・・。

それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
今回も準備中だったデータ系とかの特撮キャラではなく
10位の件を受けて頭に思い浮かんだ特撮キャラを起用
しました。

c0040422_17405355.jpg


超力戦隊オーレンジャーに登場のマシン獣であるバラペテンです。

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

さてさて、オーレンジャーネタは初なんですけど、
この時期は戦隊物を見る時間が無くてオーレンジャーも丸っきり見てません。
(劇場版はビデオで見たような気がする)

絵の資料はあったんですけど大まかな感じでもつかんでおこうと
今日はレンタルビデオ屋や古本屋を回ったのですが
近々DVD化される事もあり他の資料になるもの一切無し。

DVD化が決まるとその販売日まで急激に資料が無くなるのはよくあるのですが
オーレンジャー、甘く見てました。

先日の戦隊シリーズの映画の記者会見でゲスト出演されてた、
オーピンク、さとう珠緒さんが戸惑うのもわかる気がしますね。

(Gさん、解釈が違うよ)

手元の少ない資料でやれる所までやってみます。

バラペテンは大河内洋氏演じる行商人のフーテンの熊に変身し
若返りの水晶玉を新田一家の妻・里子に500円で売りつける。
その水晶玉は催眠光線発生装置であり
人間が持っている現実逃避の願望を引き出して
人々の意識を幸せだった頃に後退させてしまう。
水晶玉はオーレッドたちを捕まえてしまう能力も持ち
催眠光線を自動照射する事が出来る改良型も登場する。
フーテンの熊の状態でも雪駄で攻撃するほどの戦闘能力を持ち
バラペテンの武器は水晶玉の他に火炎放射がある。
なお声も大河内氏ご本人が担当している。

もっともこのバラペテンの話は
敵組織である機械帝国バラノイアとの最終決戦直前でもコメディ編となっていて
オーレンジャーたちが話の流れで宮内洋氏演じる
ビッグワン、ではなく三浦尚之参謀長から
5人がそれぞれ変装する事となるのだが
オーグリーンこと四日市昌平が女装したり
オーピンクこと丸尾桃(さとう珠緒さんね)が加トチャンの変装だったり
バラノイアに散々な目に遭ってきた新田一家の家がぶっ壊されたりと、
かなりおちゃらけた話になってたりするのがポイント。

らしいです。(えええええ!そこまで書いておいて、らしいですって・・・)

・・・今度、オーレンジャー、ちゃんと見ます・・・。

なお、太字処理は途中からおかしくなってきたので、流用分だけでやめておきます・・・。

さて、今月3月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。

では、今回はこれにて失礼します・・・。






「病院へ行ってきましたPart142・シャドウオニヒトデに採血されて?」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「本日12日からコメントの他にトラックバックも承認制とします。」 (コブリオン)
「病院へ行ってきましたPart101・キノコジンの幻覚によりGの神経ボロボロ」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part25」(ダイヤモンド仮面)
[PR]
c0040422_1110479.jpg


こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・。

昨日は久々に天気が良かった事と土曜日という事もあり
日勤だけで平日1日分のお客さんが来るというハイペースで
おまけにPCトラブルまであったのを処理してた事も拍車をかけ
夜勤の後輩から交代時に「もう1日分のお客さんの人数になってますよ!」
と言われて気づいたくらい何が何だかわからない状態でした・・・。

昨日がそんな感じだったので今日は色々とやる事もある事から
記事アップはどうしようか?と考えてましたが
ストックしてた鉛筆画で何とかなりそうな感じなので
病院系記事を1つ消化していきます。

前回のデンジマンタイムラーの記事の続き、
1月20日の御茶ノ水の病院の今年初の診察の話です。

タイムラーの記事で冒頭記事の取り下げの流れを書いた中で

ゲララチンの記事内容を受けて
12月22日に母の勤める病院の眼科医から緑内障の指示を受けた

という文面があったと思うのですが
(実際は母を通して眼科医から聞いたので前回は変則的な病院系となってます)

指示を受けた内容というのが

1.PCなどの眼の使いすぎではない事
2.疲労から来る極端な疲れがある事
3.一部の精神安定剤の副作用による水分の摂りすぎに注意する事
4.不規則な時間の生活も影響してる事
5.ただ、通ってる地元の大学病院が何も言わないのなら焦らない事

という点を指摘され対策として

1.とにかく疲労を取る
2.地元の大学病院の眼科から緑内障科へ転科する
3.もう1種類の目薬を処方してもらい2つの目薬を使用する

という点を挙げられた訳ですね。

その話を店長さんにも伝えたので
「それは転職より体を調べてもらって治した方がいいよ」
という展開になったんですけどね。

で、1月はロボコンの記事USURAの記事とボコボコの状態の中で
今年初の御茶ノ水の病院への通院となり
上記の流れを担当医に伝えたわけです。
地元の眼科は来月の2月に予約がある。
それで御茶ノ水の病院に転院する前から喉の渇きを抑えるために服用してた
漢方薬の処方を再開して欲しいとGは担当医にお願いしました。

ただ、上向きになり始めのボコボコの状態である事と
喉の渇きによる漢方薬の処方再開という事から

担当医から「採血してみましょう」という展開になりまして。

よく考えたらドブネズゴンの記事でインフルエンザのような酷い長期の風邪を引いた際に
母の勤める病院の内科で採血をしてもらってから丁度1年間、採血をやってない。
Gは太ってるのでマメに採血はしてたのですが
御茶ノ水の病院でも採血はそんなにしてない事から

「Gさんが服用してる薬の効果のデータを私の目で直に見たい」

という担当医の希望もあって、母の勤める病院ではなく
診察後、すぐに採血してもらい帰宅する事にしました。
バッファローモンガーの記事で軽く書いてた検査はこの件です)

これがヒルドラキュラの記事であったように
先月17日に思わぬ結果が出てしまうのですが・・・。

そのために検査をしてまして2月17日以降の通院の件は
Gもショッキングだっただけに書こうかどうしようかは只今、検討中です・・・。

という事で、ストックしてたという鉛筆画ですが
採血という事で、ようやく起用が出来ました。

リクエストリストにもあったもので

キカイダー01に登場のシャドウロボットであるシャドウオニヒトデです。

(薬の服用の時間のため今日もここで一旦休憩します・・・)

それではチャッチャッとシャドウオニヒトデの説明をします。

シャドウオニヒトデは後期の敵組織シャドウが人類を絶滅させるために
試験的に製造した吸血シャドウロボット。
両手の先から伸びた触手マジックハンドで人間の血を吸い
バラバラにされてもその分の分身体を作り出すことが出来るが
エネルギーである血液が無いと能力を発揮できない。
男女問わず人間体に変身することが出来、
更に攻撃を受けるとピンクのスーツの姿の上記の分身体に分裂する。
(恐らく前作キカイダーの敵組織ダークの戦闘員の女性型アンドロイドマン後期型の流用)
武器はマジックハンドの他に腹部から出す白い糸がある。
1号機は血液が切れたところをゼロワンカットを受け敗北、
改良?された同型の2号機が出撃するもブラストエンドでやはり敗北する。
背番号は1号、2号とも11番であるが人間体時は1号は1番、2号は2番である。
声の担当は1号が和久井節夫氏、2号が増岡弘氏。
なお、見たまんまであるが着ぐるみはヒトデムラサキからの流用。

以前、ヒトデムラサキの記事を書いた際に
このシャドウオニヒトデの話題が出たもので、それを受けて鉛筆画は製作したものの
タイムラー同様、機会が無くお蔵入りしていました。
ただ、これはリクエストリストには入れてたので近いうちに使うつもりでしたが。

という事で、今日はまだやる事もあって昨日の疲れもあるので
今回はこれにて失礼します・・・あまり無理しないようにしようっと。

(まだブログ不安定なので太字処理などは後程行います・・・嫌になっちゃうなあ・・・)







「ひいろお第7話:火打ち石」(デンジマン)
「やっと冒頭の転職記事取り下げの理由が書けます。」(デンジマンのタイムラー)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「病院へ行ってきましたPart108・風邪とインフルエンザとネズラ毒に気をつけろ!」
「何だかんだで「ひいろお倶楽部@」も今日で4周年を迎えました。」
(バッファローモンガー)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「ひいろお第13話:ヒーローの末路」(キカイダー01)
「あるある大発掘!キカイダーのイラストたち!」
「やっと自宅の仕事が終わりましたが明日は・・・。」(ヒトデムラサキ)


「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-08 11:51 | 病院系
c0040422_1235322.jpg


あー、みずいろーのあめー♪

こんにちは、今年初の3連投のGでございます。

昨日のムカデ怪人の記事で書いたように自宅の仕事は来週以降になりそうなので
ノコギリマンの記事で書いたような不透明感は今週は無いものの
雨が酷くて検索ワードランキングを調べる事がちょっと難しくなってます・・・。

今日はゲララチンの記事以来、消化できなかった病院系記事をアップします。

厳密にはオニカブトンの記事で病院系はやっているのですけど
昨年末の獣人ヘビトンボの記事で転職しなくてはいけない状況になったのに
冒頭にあった転職記事を12月16日から取り下げた理由を書くといって
色々な事情から何も書けない時期が続き
一部の方からは転職面でご心配して下さってる事もあり
ノコギリマンの記事で何となくはお分かりかとは思いますが
経過がどうなったのかを書いていこうと思います。

ただし今回書くのは冒頭記事を取り下げた12月16日から
今年初の通院があった1月20日直前までとします。


◎こういう流れで冒頭記事を取り止めました◎

セブン上司の記事の流れで転職先を元上司がコンタクトを取る事となる
この段階で冒頭の転職記事を一旦取り下げ



ゲララチンの記事の内容を受けて12月22日に母の勤める病院の眼科医から
具体的な緑内障への対策を受ける



上記の件を店長さんに報告するもGがあまりにも体調が悪い期間が長い事から
「転職より体を一度調べてもらって治す方が先なのでは?」という展開になる



12月30日に元上司から転職先の候補2社の案内を受け
そのうち1社を選び書類選考に入る事となる



年明けてロボコンの記事でもあったように彼女の訃報でGはガタガタの状態になる



1月5日に候補の会社から書類選考から落ちたとの通知がくる



同じ頃に夜勤担当の後輩が2月末、もしくは3月末で退職する事を知る
ノコギリマンの記事で書いたように夜勤アルバイト募集も始める



したがって補充する事でGの雇用枠がなくなるという不安はなくなり
冒頭の転職記事を再アップする必要性が無くなる
(後輩の退職は正直、寂しいけどね)



USURAの記事であったように
1月10日に友人知人の絵を観に行った際に画廊側からお誘いを受けて
基本合意し調子がやっと上向きになり始める
(この件は10月に詳細をお話します)



そして1月20日の今年初のお茶の水の病院での通院日を迎える


確か、こんな流れだったと思います。

まあ、その1月20日からまた病院系では色々とあったのですけど、
この不況の中で転職という最悪の事態は回避できた、という事です。

元上司も店長さんも動かない方が良いというアドバイスをして
実際に仕事を探すのも大変だっただけにホッとしましたね・・・。

それでも1月20日からはちょっと・・・というのはあるのですけど。

何はともあれ転職面で皆様にご心配をおかけしました。
色々と言って下さり本当に感謝してます。


なお今回は眼科には行ってるので変則的な病院系とします。

今日の鉛筆画も記事自体が昨年末から伸びてた格好なので
時間の流れを説明するために時間の特撮キャラで
お蔵入りしてたのをやっと起用します。

電子戦隊デンジマンに登場のベーダー怪物であるタイムラーです。

兄弟拳バイクロッサーに登場するデスターロボのタイムラーと比較するために
元々描いてはおいた鉛筆画だったのですが使う機会が無くお蔵入り状態でした。

しかもこのタイムラーの隣には改造フデバゴンが描いてあるって事は・・・
2年近くお蔵入りだったという事ですね・・・(汗)

(ここで今日は一旦休憩します・・・)

(3月6日PM15:14)

どーも、お待たせしました、タイムラーの説明に入ります。

敵組織ベーダー一族は死刑囚達を刑務所から脱獄させタイムマシンを製造、
更に死刑囚達の染色体構造を操作して原始人部隊を作るという作戦を展開、
その作戦指揮をとったベーダー怪物がタイムラーである。
元刑事のデンジグリーンこと緑川達也は刑務所に張りこむが
タイムラーらベーダー一族は達也を4年前の過去へと飛ばす。
4年前の過去では達也は新米刑事だった頃で
ムササビラーに殺害された父・緑川達造刑事も健在だった。
そして達也を電子戦隊の記憶を失くした状態で現代へと戻した。
父親が亡くなってる事も覚えてないため達也はショックを受けるが
デンジ犬アイシーによって記憶を取り戻し
記憶喪失のフリをして潜入し作戦を知った達也の怒りは頂点に達する。
タイムラーの武器は時計の長針の槍の他に左目から発する過去・未来・現在ビーム、
クイックスローモーションタイム、タイム移動、バックタイムなど
時間操作を駆使した攻撃を行う。
ベーダー番号は21で、声の担当は飯塚昭三氏、デザイン担当は野口竜氏。

明日は久々の出勤ですわ。
ふー・・・今週は落ち着いていられた分、まだよかったですね・・・。
次回アップはいつ頃かはGも正直わかりませんが
今週3つ消化できただけでもいいかな?
(あとの1つはお詫び記事なので別として)

今回も太字処理などは後で行います。どうもブログの不安定感がまだあるので。

では、まあ、今回はこれにて失礼します・・・。






「2月1日は横浜アリーナにいたGさん(はぐれベーダー78)」(ムカデ怪人)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「病院へ行ってきましたPart140・セブン上司?にも会ってきました」
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「ひいろお第7話:火打ち石」(デンジマン)
「病院へ行ってきた、つもりだったんですけど勘違い・・・。」(デスターロボのタイムラー)
「Gが自宅やリハビリ先でフデバゴン?を使いながらいつも思うこと」


「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-06 13:18 | 病院系
c0040422_7573168.jpg


こんばんは、久しぶりに連投のGでございます。
しかも鉛筆画載せてという形は今年初ではないかいな?
今日は仕事やら私用やらで動き回ってましたが
店には行ってるものの出勤してるわけではないので
余裕があるって事なんでしょうね・・・。

この記事を書いてる最中に仕事の電話が来なければの話ですが。

記事を消化できるうちは消化しちゃいたいので
今日は当初、オニカブトンの記事、前回の冷凍ロボットの記事を急遽載せた関係で
書けなかったネタを記事にしていこうかなあ、と思います。

音楽系で久々のはぐれベーダー、しかも今年初のはぐれベーダーです。
(充分、はぐれベーダーっぽい記事はやってますけど)

シーグラの記事ビッグゴリラの記事で2月1日は出かけてしまうと書いてましたが
Gさんは一体何処へ出かけてたかといいますと

横浜アリーナ。

2月1日で横アリ、しかも音楽系記事という事は何となくピンと来たかと思いますが

決定!ハロプロアワード!’09 ~エルダークラブ卒業記念スペシャル~

に行ってたんですね。

何でそんな話が急に出てきたかといいますと

ハンミョウ獣人の記事で出てきた友人がハロプロをずーっと応援していたのですが
東北に引っ越した際にTV東京が映らない地域だったため
Gは頼まれてハロモニとかをビデオ録画したりと何かとサポートしてあげてたんです。
友人は凄く喜んでくれまして色々と御礼もしてくれましたし
何かとやり取りする機会が多くなったんですね。

そんな中、上記のコンサートのチケットを友人の分の他にもう1枚購入できまして。
まあ、発送の際にビデオチェックしてましたからハロプロ関連に興味を持ち始めた事と
この「ひいろお倶楽部@」でも散々書いてるように音楽が好きだった事、
ロボコンの記事USURAの記事と1月はズンドコ状態であった事から
友人にGが状況を正直に話して
「Gは吉澤ひとみや飯田香織みたいに強くありたい」
とわがまま言って友人も受け入れてくれて一緒に行く事にしたんです。

もっとも友人は先に新横浜に到着して前日からコンサートを楽しんでますから
Gは後から合流する形になったのですけど
オニカブトンの記事であった反復性耳下腺炎に行く直前にかかってしまい
更には当日は強風で電車が次々と止まったり遅れたりする中だったので
新横浜に当初1時間40分もかからない予定だったのが
3時間もかかってようやく到着しまして。
耳下腺炎も憂慮して早く出ていなかったら危なかったよ、ホント。

それでも、苦労して行った甲斐があって内容は良かったですよ。

あそこまで人数がいると見るのが大変なんですけど
(特にGが座ってたのは体に負担の少ないファミリー席だったのもあって)
色々なライヴやツアーには行っててもアイドルのコンサートは初めてですからね。
(そもそも横アリに行った事も初めて)
邦楽も最近また聞き始めたGにはいい刺激になりました。
エルダーが卒業という記念のコンサートでしたしね。
(辻希美が「自分、すげぇー!」という言葉を発した経緯も見てましたよ)

berryz工房ファンの別の友人とも偶然、現地で見かけましたし。
ノコギリマンの記事太陽戦隊三連星の記事で書いたミニ同窓会?で
その別の友人に会った際はその話を聞いてビックリしてましたね。

ただGからすると
「Gが若い頃に子供できたら、あのくらいに成長してるんだろうな」
というお父さん感覚でも見てましたが、まあ、それはそれでいいかな、と。
(モーニング娘。が出た当初は世代的に中澤裕子しか興味持てなかったですしね)

何はともあれ外は強風で寒い中でしたが無事コンサートは終了。
後藤真希がまだハロプロにいた頃に話してた
「ハロプロは学校みたいな所ですね」という意味がよくわかりましたね。
(送辞とか答辞とかやってましたしね)
ライヴとか映画とかで必ず買うグッズ類はいつも混んでるのでしょうが
特に卒業という事もあってか混んでて買えませんでしたけど
友人がうまくサポートしてくれたので助かりましたね。

友人とは東京で別れて帰路は意外と早く帰宅。

後日、反復性耳下腺炎の件で看護婦として症状を聞いてた母は

「ライヴとかは色々行ってるんだろうけど
アイドルのコンサートという初めての事でストレスが抜けたから
耳下腺炎の治りが早かったのよ。
でないと今頃、彼女の急死や仕事のストレスで治りが遅かったと思うよ。
わがまま聞いてくれた友人に感謝しなさい」

と言いました。

確かにそうですね。
あのコンサートに行ってなかったら色々な面で
潰れてる期間が更に長かったように思います。
友人に感謝のメールを送ったのは言うまでもありません。

あの時は本当にありがとうね。
あのお陰でGは少し元気になれたと思います。


という事で、今日の鉛筆画。
記事は1ヶ月前に書く予定でしたので途中まで用意してはいて今日仕上げました。

仮面ライダーBLACKに登場のゴルゴム怪人であるムカデ怪人です。

え?アイドルの記事に何で気味の悪いムカデ?

まあ、それは休憩後の説明をご覧下さい・・・。

(という事で一旦、休憩します・・・)

(3月5日PM23:04)

仕事の打ち合わせの電話が入り長引いてしまって遅くなりました。
もっとも自宅の仕事は今週は無さそうで明後日の日勤のみとなりそうです。
ふー・・・。

危機を乗り越えた所でムカデ怪人の説明に入ります。

ムカデ怪人はビデオでしか見れないアイドル歌手の大井裕子に化け
曲「MOG-LOG」のビデオに登場して眼からの洗脳苦戦で
ビデオを見た若者達を凶暴化させ操り社会混乱を起こそうと企む。
武器は通常時でも使える洗脳光線と沢山の足から出すエネルギー攻撃であり
洗脳光線は破壊光線として使う事も可能で
BLACKこと南光太郎も大井裕子に化けたムカデ怪人の洗脳光線に屈しそうになるも
愛車バトルホッパーの加勢で辛うじて免れた程の威力を持ち
匍匐前進しながら俊敏に移動できる能力も持つ。
敵組織ゴルゴムの三怪人の1人である大怪人ビシュムの加勢があったものの
本物の大井裕子は光太郎に探し出されてしまい
戦闘中に尻尾も折れライダーキックの前に敗北する。

起用理由はアイドル、なんです。はい。

このムカデ怪人は映像を見るとお分かりになると思いますけど
実際にBLACKが尻尾を折るシーンが劇中にないことから
(カットされたのかもしれませんが)
尻尾が撮影中に折れてしまったとけど
雰囲気からそのままにして撮影したというのが本当の所のようで

ムカデ怪人を見るといつもそれを思い出して可哀想だなあ、と思いますね・・・。

今日は冒頭でも書いたように色々とやる事があったので
ここら辺で今回は終わらせますかね。

太字処理などはまだブログが不安定な事から
ウルフ777の記事、冷凍ロボットの記事と同じく後で行う事にします。


では、今回はこれにて・・・。






「はぐれベーダーシリーズ創設!」(ビーダマラー)
「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「冷凍ロボットの雪が降った関係で?太字処理をしなかったのではなく・・・」
「アニメーション監督・小説家の鳥海永行氏逝く・・・日本アニメ界の巨星」 (シーグラ)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part28」 (ビッグゴリラ)
「岩手・宮城内陸地震でハンミョウ獣人のようにピョンピョン跳ねて情報収集」
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「今週末の予定、空いちゃいました(泣)」(太陽戦隊三連星)
「17年前のイラスト・仮面ライダーBlack対カマキリ怪人!」
「2週間前にトラックバック777件到達!特撮で777とくれば・・・」(ウルフ777)


「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-05 20:02 | 音楽系
c0040422_10353965.jpg


こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・。

昨日はお茶の水へ通院のために行ってきまして
前回のウルフ777の記事で白いクラウンを採り上げたからですかね、
帰りは

ゆーきーのふーるまーちをー♪

という感じで雪の中の移動となってしまいました・・・。

今日は緊急で記事アップしました。

前回のウルフ777の記事はかなり画像と動画を配置した記事としたのですが
記事アップ直後の夜にエキサイトブログから2つの発表がありまして。

「画像アップロードに関する不具合」
「画像のアップロード不具合を解消しました」
(クリックすると詳細が見れます)

どうも画像アップロード関連でサーバ障害があったようです。

現にヒルドラキュラの記事あたりから
記事製作作業でもリンクや画像アップロードが変な感じになってましたし
上記の発表の調整期間中は元々、「ひいろお倶楽部@」が
エキブロのサーバの影響を受けやすいブログでもあるせいか、
トラックバックしようにもうまくいかなくなってましたし、
逆に一部トラックバックができないという常連さんからのご相談がありましたし、
かなり不安定感はありました。

それもあってウルフ777の記事で太字処理などは後ほど行うと書いておきながら
外出してた事もありますが様子見のため太字処理をしないままにしてました。

(電話の用件が入ったため一旦、ここで休憩します・・・)

中座して失礼しました。

ですので、「携帯だと重いかもしれない」とウルフ777の記事で書きましたが
サーバ障害調整の関係で画像や動画が見れない時間帯があった可能性があります。
(現にトラックバックは昨夜、普通に行えましたので)

それで記事を急遽1件増やしてお知らせした次第です。

皆様にご不便をおかけしました事を深くお詫び致します。

その代わりではないですが今日は鉛筆画を新作で用意しました。
前回の雪の際はギタギタンガとアングラモンの記事で雪の関連にはしなかった事から
雪の関連の特撮キャラを昨夜からセレクトして今朝までに描きました。

大鉄人17に登場のブレインロボットである冷凍ロボットです。

(一旦外出する事もあり二度目の休憩を入れさせて頂きます・・・)

(3月4日PM14:53)

ちょっと帰宅するまで時間がかかりました。

お待たせしました、冷凍ロボットの説明に入ります。

敵組織ブレイン党が「東京氷づめ作戦」を展開させてために
出撃させたブレインロボットが冷凍ロボットである。
氷山に偽装して伊豆大島から霧が峰高原まで移動し作戦を展開させていく。
武器は胸のバルブを左手で回して(!)頭部から発射する冷凍砲と
(その姿は何ともアナクロというか、お茶目なブレインロボットですな)
右手のドリルであり冷凍砲は氷山の状態でも発射できる。
また氷山の状態では飛行能力も見せている。
(って、それでは偽装になってない!)
初戦でワンセブンを冷凍する事に一度は成功するものの
自己解凍されてしまいパンチ攻撃の前に撤退、
改造されて再戦を挑むも特別なパワーアップはされてなかったようで
ワンセブンの装甲にはドリルも歯が立たずバルブもねじ切られ
必殺のグラビトンを受けて敗北する。

という事で、今回はお知らせとお詫びの記事となりました。

今回は緊急でしたから何とかしましたが次回は何時アップできるか・・・
考えても仕方ないので、これにて失礼します・・・。

(なお今回もまだ不安定なので太字処理などは後程行います・・・)





「2週間前にトラックバック777件到達!特撮で777とくれば・・・」(ウルフ777)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「20日前に閲覧者総数240000人突破!ウルトラの星が見える少年 」
(ギタギタンガとアングラモン)
「お待たせしました&謹賀新年!1月18日にGが帰ってきました!」
(ワンセブンとワンエイト)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-04 10:52 | 雑談
こんにちは、3日ぶりのGでございます・・・。

2月28日は自宅の仕事の下準備
昨日1日は朝起きてから7時間40分ぶっ通しのPC作業の仕事
(眼が悪いのにね・・・トラブルあったから仕方ないけど)
明日3日はお茶の水の病院の通院日

そんな谷間の今日2日に記事アップです。

なもんで月初め恒例の検索ワードランキングを調べる時間なんかあるわけもなく。

他に溜め込んでる記事もあるので今日はそちらをやっていきます。
たまたま28日から描いてた鉛筆画が今日ようやく仕上がった事から
(仕事もあったとはいえ3日がかりです・・・)
ギタギタンガとアングラモンの記事と続いてイベント記事の2つ目をやります。

その前にひとつ書いておきます。

今日の記事は画像やGが仕事の息抜きに見てた動画を多用するので
非常に重いかもしれません。携帯でご覧の方はご注意下さい。

では、参りましょう・・・先月2月に起こった2つ目のイベントとは・・・

2月16日に「ひいろお倶楽部@」へのトラックバックが777件へ到達しました!

通常は閲覧者総数が10000人ごと、記事数、トラバが50件ごと、
コメントが1000件ごとという感じでイベント発生としていますが

去年の記事数777件目の際にパチンコ大名人の記事をアップした形から始めた
特殊イベントとなります。777とは縁起がいいですからね。
記事数888件目はアイゼンボーVSマグマ星人のDuke_Fleedさんのイラストでしたね。
通常のトラバイベントはイベントされた記事から参考にウルトラ怪獣を描いてますが
特殊イベントの場合はパチンコ大名人のように
777といった数字に関係するものにしてます。

トラバ777件目は市川大河さんのところのアイアンロックスの記事でして
パチンコ大名人の際も日子さんから「777といったらコレかと思った」
というご意見もあった事からウルトラマンの記事が今年はまだ2件しかないので
敢えてウルトラマンのもので鉛筆画は行ってみようかと考えてました。

前置きが長くなりましたので早速、鉛筆画に登場してもらいます。
何せ仕事の合間を縫いながら3日間かかってようやく仕上げましたので。

c0040422_14482894.jpg


ウルトラマンタロウに登場のZAT戦闘用車両であるウルフ777です。

カタン星人の記事ではZAT専用車後期型を画像で紹介しましたが
科学特捜隊専用車の記事以来の久々の絵による車両の記事です。

ウルフ777は全長6.1m、最高速度300km、定員2名(設定)
設定ではホバークラフト機能を持ち、耐熱性ボディ、レーダー、放電装置に加え
ルーフのベータ光線砲、機関砲、ウルフミサイルなど武装も充実しており
こんなゴテゴテしてる車だが意外と劇中では軽快に走ったりしている。
偵察調査車両のラビットパンダと共にZATの中核をなす車両だが
意外な事に2台同時に出てくる話数は少ない。
(まあ、タイアップ的にトヨタとホンダを両方走らせるわけにもいかなかったのか)
補助的にZAT専用車があるのはカタン星人の記事で説明したとおり。
(これは三菱でしたね)
ちなみにプロレスの星・アステカイザーで黒く塗装され
敵組織ブラック・ミストのサタンバット号に流用されたのはあまりにも有名。
(というか、姿がそのまんま)

科特隊で科特隊特捜車、ウルトラ警備隊でポインター、
MATでマットビハイクル、TACでタックパンサーと専用車両が続いてきて
「何かゴテゴテした車だな」という印象は当時ありましたが
ラビットパンダ同様、Gは不思議とカッコ悪くは感じませんでしたね。

この絵は横書きですがサタンモアの記事ドクガンバの記事のような
記事掲載スタンスは取っておりません。

というのもウルフ777のベース車である
トヨタクラウンMS51型ハードトップと比較しやすいようにという事と
複数の動画も載せる事もあって、わざとそうしています。
(エキサイトブログは最大500kbまでしか載らない)

この絵が3日間もかかったというのもベース車にパーツを付けて
尚且つベース車の色合いを残す形にしているウルフ777を
(ある意味でウルトラ警備隊のポインターと対極の位置にある車両)
出来る限りトヨタクラウンMS51型ハードトップの色合いを残しながら描いていく
という方向性でいったものですから時間がかかる、かかる。
Gがメカの絵を苦手としてない事は様々な記事で立証済みですが
如何せんウルフ777のゴテゴテした感じをベース車に合わせるかで苦労したのです。
(製作スタッフも苦労したんだろうなあ)
前回のギタギタンガとアングラモン同様の力作となってしまいました。

で、肝心のベース車のトヨタクラウンMS51型ハードトップというのがこの車です。

c0040422_14491814.jpg


自宅の車の資料から探して極一般的に書物に起用されてるものを使いました。
どうです?絵は似てますかね?

1967年にクラウンとしては三代目となるS50型にモデルチェンジされ
その頃からボディカラーで黒から白へ売れ始めてた事を受け
俳優の山村聡氏を起用し「白いクラウン」のCMコピーを掲げ
値段も下げた事もあって空前の大ヒット車となり、
(いまだに「白いクラウン」というCMを覚えてる方も多いくらいである)
ハイオーナーカーと位置を確保する事に成功する。

そのS50型に追加ラインナップされたのがMS51型ハードトップである。
元々、二代目のS40型からハイオーナーセダンにもスポーツモデルが作られるほど
セダンにもスポーツモデル、というブームに沸いていた頃で
(いすゞは初の独自モデルのベレルでブームに乗り遅れてベレットで巻き返すのだが)
クラウンで白、2ドアハードトップというスタイルを最初に作ったのが
このMS51型ハードトップなのである。
三代目クラウンは1971年まで製造される。

ウルトラマンタロウは1973年放送なのでウルフ777は中古車という事になりますね。

え?そんな事を言ったって、旧車好きのGさんにしかわからないって?
旧車の動画は結構見ているので、そう思ってご用意しました。
「白いクラウン」のCMです。

◎白いクラウン(S50型クラウン)◎


山村さん、若いですねえ・・・
この成功によりクラウンのイメージキャラクターを長年務めてます。
88万円の値段は高いように思うでしょうが
ライバルの日産セドリックは130万円くらいはしてたのです。
そう見ると、まさに破格の値段でした。
ちなみに怪奇大作戦のSRI専用車のクラウンもこのS50型ですね。

ただ、一度目のカメレオン男の記事のスキバトンで答えたように
Gは基本的にトヨタ車は嫌いでした。
元々、ハコスカに憧れてましたからね、昔は日産でした。
(親戚がホンダなのに申し訳ないのですが)

当然、クラウンも実の所、あまり好きではありませんでした。
TACパンサーこと二代目コロナマークⅡGSLや
初代セリカで見方が変わっていきましたが、
全体的にトヨタの落ち着きすぎるデザインがあまり好きではなかったのです。

そんなGでも一度目のカメレオン男の記事で書いたように
この独特のデザインのクラウンだけは今でも欲しいです。
そのCMから見せますかね。

◎クジラクラウン(MS60型)◎


S50型の後を受けて1971年にモデルチェンジしたS60型です。
吉永小百合さんがこのモデルからCM起用されてますね(嬉)

これはオマケなんで軽く書きますが
独特のデザインから通称「クジラ」と呼ばれている四代目クラウン。
2ドアハードトップはもちろん2600ccクラスも新たにラインナップし
トヨタとしてはかなり革新的なデザインモデルだったのですが
既にハイオーナーカーとして確立してしまったクラウンは
ユーザーから「クジラクラウンはクラウンらしくない」という不評を買ってしまい
オイルショック、排ガス規制も拍車をかけて一時は売れ行きも落ち込み
1974年までの製造と短命に終わってしまったものの
革新的デザインには今なお支持するユーザーも多い。
(三代目まではトヨペットクラウン、四代目からトヨタクラウンが正式名ですが便宜上トヨタで統一します)

丸目ライトの4ドアセダン好みのGにはたまらなくいいですね!
山村さんと吉永さんもいい親子という好感の持てるCMですし
コラムシフトもいいですねえ~。
今でもショップで見かけると店員さんに聞いてみるくらい唯一好きなクラウンです。

CMだけではクジラクラウンのスタイルがわかりにくいので本日最後の動画。
「クジラ」だけに海を超えても支持されてるようで・・・。

◎TOYOTA CROWN-Superstage◎


・・・昔、深夜TVの「所さんのクルマはえらい!」で
ボディはクジラクラウン、あとはハイラックスリフトアップ
(つまり4WDなのにボディだけがこのクラウン)
というのは見た事がありますが・・・
偶然見た動画でして
何でも見た目はノーマルのMS65型クジラクラウンの
ロイヤルサルーン4ドアセダンなんですが
5M-GEのターボエンジン積んで、この走りをしてるという・・・
スーパーチャージャー搭載にもトライしてるみたいですし・・・何か凄すぎ。

4ドアが好きなのでコレのみにしましたがハードトップでも何か動画をやってるようです。
クジラクラウン好きな方は探してみて下さい・・・。

そうなるかな、とは思ったけど結局、旧車の話になっちゃったよ・・・
ホントに特撮系記事なのか、コレ?・・・たまにはいいか。

こんなGでございますがコメントやトラバをして頂きありがとうございます。

何卒「ひいろお倶楽部@」を重ねて宜しくお願いします!

次はいつ仕事・・・じゃなく記事アップできるかなあ・・・今回はこれにて。

(一気に記事を書き上げたので太字処理などは後程行います・・・)





「20日前に閲覧者総数240000人突破!ウルトラの星が見える少年 」
(ギタギタンガとアングラモン)
「「ひいろお倶楽部@」通算777件目の記事に登場する特撮キャラは?」
(パチンコ大名人)
「記事数888件記念・海外から届いた夢の対決のイラスト」
(アイゼンボーVSマグマ星人のDuke_Fleedさんのイラスト)
「記事数800件記念!カタン星人と三菱カーチェイス!」
「流星バッチからGが何となく思ったの科学特捜隊専用車!」
「靖国神社へ行ってみました・アイアンロックス下田に現る!」
「漫画界の巨星・石川賢氏逝く・・・脳裏に残るアステカイザー!」
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「ドクガンバのドクガ砲による蔓延で?Gさん、またもや代理出勤・・・」
「好き好き!スキバトンにカメレオン男が助太刀?」(一度目のカメレオン男の記事)

「21 海底基地を追え」(「光の国より愛をこめて」)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-02 17:04 | 特撮系
こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

雪ですね。埼玉では初雪になるのでしょうか?
ちょっとGの記憶が曖昧
ですが・・・。

仕事ですね。来週は自宅の仕事メインなのでしょうか?
・・・記憶を曖昧にしちゃいたいです(泣)

前回の太陽戦隊三連星の記事で27日はシフトが空いてると書いた事もありますが
昨日は眼科に行ってて混んでて混んでて帰宅が遅くなったその夜に
自宅の仕事の依頼が久々に来ちゃいまして

(おかげで25日から溜まってるメールを処理してたのもやむを得ずストップ・・・)
来週は自宅の仕事フル回転の可能性が極めて高い事もあり
2つのイベント記事のうちの1つを27日から早速始める事に昨夜決めました。

まあ、今日は雪が降ってた事もあり鉛筆画ものんびり出来ましたしね。

おまけに昨日は近所のTSUTAYAが安くて映像の資料もレンタル出来ましたし。
(↑おーい!勤務先からレンタルしないのかよ!)

では、早速、1つ目のイベント、行きます。

2月7日夜に「ひいろお倶楽部@」の
閲覧者総数が240000人を突破しました!


・・・いつもだとここで「ありがとう」と書くのですけど
今回は・・・

皆様、ご心配おかけしてゴメンなさい!
今年に入ってからは本当にそういう気持ちでいます・・・。


そういう申し訳ないなあ、という気持ちから
イベント記事恒例のウルトラ怪獣も早めに取り掛かりたかった
のですが
次回のイベント記事の鉛筆画ネタは決まっているものの
今回は候補が2つあったんです。

1つは以前からずーっと描きたいと思っていたネタだったものの
鉛筆画を都合上2枚描かないといけない。
今年に入ってから2枚いっぺんに描くのはまだ試してない不安がある。

もう1つは鉛筆画は1枚で済む。記事としては楽。

両方のネタもお気に入り超獣。


それで前回は準備期間が欲しいと書いたのですが

ずーっと描きたいと思ってた記事の資料が最近やっと整った事
DVDレンタルして両方の話を久しぶりに見て
楽な記事の方はつまらなかった気がした事
から

ずーっと描きたいと思った記事で今回は行きます。
雪のお陰で外に出れない時間帯もあった事から2枚の鉛筆画も何とかクリア。


という事で、今回の鉛筆画はこのウルトラ怪獣2体です。

c0040422_17115319.jpg


c0040422_17123416.jpg


ウルトラマンAに登場の地底超獣ギタギタンガと地底人アングラモンです。
当時の映像ではアングラモンは地底超人となってましたね)
Gのお気に入りはギタギタンガの方でございます。

やっと起用できましたね、ホント。

(ちょっと薬の服用時間なので一度目の休憩はここで取ります・・・)

まず、ギタギタンガとアングラモンの説明を。

ギタギタンガは地底人アングラモンが
地上人の地下水くみ上げの警告として操っていた地底超獣。
両頬の角の先端から出す酸欠ガスを使って2年前から

(え?ヤプール人が地球侵略に乗り出した2年前って超獣いたの?)
地上破壊工作を工業地帯を中心に行っていた。
この酸欠ガスは発火性がある程の強いアルコールを多量に含み
酸欠ガスによる交通事故の死亡者は酔っ払い運転として警察が結論付けていた。

(酔っ払い運転で処理されてしまう地味な警告というのも・・・)
ダン少年の父もこの酸欠ガスによって事故死しており父の敵でもある超獣。
地中を神出鬼没に移動する事ができる。

ただTACの攻撃に主のアングラモンが巨大化して庇うなど
警告という割にはそれほど強い超獣というわけでもなく
アングラモンと共同戦線でAに挑むも
エースリフターの二段投げで地面に叩き付けられ爆死
する。

ギタギタンガの主であるアングラモンは地上人の地下水くみ上げに怒って
その警告としてギタギタンガを送り込み地上破壊工作を展開、
姿を初めて現した際に2年間も警告した地上人に対して

(だから正当な理由だけに警告をもう少し派手にやれば早く気づいたくれただろうに)
10時間以内に地下水くみ上げの中止を要求する。
等身大から巨大化する能力も持ち
武器も口からの金縛り光線、目からの破壊光線、
胸の発光体からの地震光線と強力

ハッキリ言ってギタギタンガ抜きでもAと戦えるほどの戦闘力を持つ。
ただ、ダン少年のパチンコが胸の発光体に当たった際に苦しんだ事から
弱点が胸である事がばれダン少年を崖から落とし巨大化するものの
ウルトラの星からのダン少年の助言を聞いた
Aのブルーレーザーを胸に受け焼死
する。
なお地底エージェントのギロン人の着ぐるみの流用である事はあまりにも有名。
(そういえばギロン人も地底で大蟻超獣アリブンタを操ってたね)

基本的にそれほど強くない怪獣が好きなGとしては
(もちろん強い怪獣でも例外で好きなのもいますが)
ギタギタンガはヤプール人がいなくなった後の超獣ではデザイン的にも面白く
以前に記事にしたマッハレスとかと同じくらい好きですね。

(ただ独特の折れ曲がった尻尾を遠近法的に描いたのは大変でしたが)

では、簡単にお話を二度目の休憩後に書いておきますかね。
結構、Aでも重要なお話でもある

ウルトラマンA第29話「ウルトラ6番目の弟」

脚本・長坂秀佳、監督・山際永三、特殊技術・佐川和夫、敬称略

ですね。

(という事で、二度目の休憩に入ります・・・)

ある夜、京浜工業地帯に超獣が出現、一夜で一帯を壊滅状態にする。
TACが出動するも超獣の姿はなく周囲には強いアルコール臭が漂っていた。
TACは襲撃を受けた夜警の遺体には傷ひとつなかった事から
ガスによる攻撃と判断、TACパンサーを動員して周囲を調査
する事となる。

TACパンサーで調査中の北斗星司と美川隊員は
車の前に少年が飛び出したので慌てて停める。
その少年は車の前を横切れると言って
いじめっ子達の前でやって見せたのだ
と言う。
少年の名はダン。ダン少年は姉の香代子と2人暮らし、
幼い頃に母を亡くし1年前に父も酔っ払い運転で死んでおり
父の死の一件でいじめられていた
のだ。

北斗と美川はその後、ダン少年が先の車の件でできなかった
勇気を取り戻すため、嘘つきでない証明のために
竹竿で川を飛び越えるのを見かける。
美川隊員は止めようとしたが北斗が制止し成功した際に2人は拍手
するものの
ダン少年は去っていってしまう。

TAC本部では竜隊長が襲撃現場近くで酸欠ガスが発生しやすい事を話し
2年間に酔っ払い運転の事故が幾度も起こってるデータを出す。
北斗はダン少年の父もこの一件に関係があるのでは?
と思うようになる。

北斗はダン少年の姉・香代子に弟の喧嘩の仲裁を頼まれる。
その時の喧嘩の原因はダン少年に昼間から星が見える事
だった。
そして北斗は香代子から弟は本当は父を尊敬してた事、
仲間に馬鹿にされてるダンという名前が本当は好きな事、
父の教えから嘘をつくのが嫌いな事を聞かされる。


一方、ダン少年は香代子が勤める工場に
超獣ギタギタンガが襲撃する事を予言
する。
予言どおりに夜、工場はギタギタンガに襲撃される。
TACが到着すると強いアルコール臭の中、地底人アングラモンの警告を聞く。
地下水のくみ上げの中止を2年前から酸欠ガスで警告してた事、
そして10時間以内に地下水くみ上げ中止を要求、
出来ない場合はギタギタンガを暴れさせる事を。

香代子は弟の予言から解雇
となってしまう。
香代子からダン少年がますます孤独になった事を知った北斗は
ダン少年がたまに見えた星がウルトラの星である事を教え
「この星は負けじ魂を発揮した時に見える星だ」とダン少年を励ます。

北斗と美川隊員はダン少年の父の事故を調査
する。
その結果、事故写真を撮ったのは七五三の記念に撮ってたもので
その時にギタギタンガが出現した事から酸欠ガスから七五三の少女を守るために
ダン少年の父は車を塀に突っ込ませたが逃げる事が出来なかった事実
がわかる。

北斗はダン少年にその事実を伝える。
しかし「父が頑張りの心を最後に捨ててしまった」という北斗からの言葉を聞いて
父にもウルトラの星が見えたはずという気持ちから父の墓へと向かうダン少年。

そこで偶然、アングラモンがギタギタンガを出撃させるのを目撃する。
アングラモンに気づかれたダン少年は
パチンコでアングラモンの弱点が胸である事に気づくも
崖に追い込まれ落ちてしまい枝にぶら下がって凌ぐ。

TACが来た事からアングラモンはギタギタンガ援護のために巨大化。
地上から1人合流した北斗はダン少年を見つけ救おう
とする。
ダン少年は自分に構わず地底人を攻撃して欲しい、
地底人の弱点は胸である事を北斗に告げる。
北斗はTACが劣勢なのを見てダン少年の言葉を胸に変身する!


アングラモンとギタギタンガのツープラトンに苦戦するA。
枝にぶら下がって頑張っていたダン少年にウルトラの星が見えた時、
ダン少年の言葉がウルトラの星を通じてAの耳へと届いた!
その言葉通りに逆転しギタギタンガとアングラモンを倒していくA。

ダン少年はずっとウルトラの星が見えるようになっていた。
その時からダン少年は「ウルトラ6番目の弟」となっていた。
ウルトラの星を見て微笑む北斗とダン少年だった、


というもの。

(ここで三度目の休憩を入れます・・・)

この記事でずーっと書きたかった事というのは
ダン少年の事ではないのです。
(間接的にはそうかもしれませんが)

脚本を担当された長坂秀佳氏について書こうと思ってたのです。

Gは人造人間キカイダーも原作も含め大ファンである関係で
資料も比較的早いうちから手元に集めており
長坂氏のインタビュー記事もかなり読む機会が多かった
ですね。

長坂氏という方は市川森一氏と脚本をコンペじゃないですけど
企画案みたいな形でウルトラもそうですし、「刑事くん」などといった番組で
幾度か提出して市川氏の脚本が採用される、という経験を多くされたそうで
実際、ご本人も市川氏などの脚本を読むと
「この時間帯にこういうのを書くのか?」と驚いたとも話されてます。


この辺は書くとフリーとTV局のツテがある脚本家の立場の話など
文面が物凄く長くなるので略しますが
市川氏をライバル視といいますか、
ハッキリ言って市川氏の対抗馬と言ってもいいくらいの脚本家が
長坂氏である、という事が自他共に認める形となります。

このウルトラマンA第14話まで市川氏はウルトラでメインライターを務めてて

(あのエースキラーのゴルゴダの星の後編ですよね)
その後は第48話のベロクロンⅡ世
最終回のジャンボキングのみの執筆
となりますが

ウルトラマンAでの展開もこの第29話までは

第23話でヤプール人が倒れ
第24話でその後を受けたマザロン人が復讐し
第26話、第27話でのヒッポリト星人の大攻勢とウルトラの父の出現
第28話で月復興のため北斗と戦っていた南夕子が去っていく。

というターニングポイント
となってきてました。

そこへ長坂氏は前作、帰ってきたウルトラマンの
バルタン星人jrビルガモの話の時以来に復帰
します。

ある意味、ウルトラの武器が何もない、という状況で
長坂氏は戻ってきたわけです。


ここで人造人間キカイダーに話が戻るのです。

キカイダーが終了した後、続編のキカイダー01の企画も
キカイダーが好評だった事からすぐ案が出てきた。

ところが裏番組は
あの視聴率50%超えの怪物番組「8時だよ!全員集合!」。

スポンサーの入れ替えや降板があった事から予算が大幅に削減。
ハッキリ言って新しい着ぐるみ作る予算も少ない。
原作者の石森章太郎氏も困ってた。

同じような状況下で長坂氏のポリシーが発揮されます。


「俺ならば今まであるもので
これだけできるけど」
「使えるものはドンドン使っていこう」


このポリシーを存分に発揮していきます。

ウルトラマンAの場合
ですとせっかく具体化してきたウルトラの星が見えるという
ダン少年という新しいキャラクターを出して後の話の路線に残しておく。


キカイダー01の場合ですと有名ですがハカイダーの着ぐるみが複数あった事から
ハカイダー4人衆として復活
させ石森章太郎氏もアイデアに絶賛し
原作と放送では無論違う所もあるのですが
基本的には長坂路線に石森デザインというツープラトンで行く。

新しい事やらなくても予算無くこれだけ出来るじゃん、
とやってのける訳
です。

流用のポリシーみたいなものはマシンマンファンでもあるGとしても
長坂氏はGと価値観が合う方だな、という気持ちは以前から持っていました。


ただ、これも一長一短でありダン少年というキャラが話作りにはうまくいきましたが
続編のウルトラマンタロウの登場で曖昧になったり
とか

キカイダーにしてもハカイダーの飯塚昭三氏がキカイダーに倒されない結末を
白骨ムササビが仲良しの和久井節夫氏が担当という事で納得して演じただけに
ハカイダーの方向性が変わる事でやる気がなくなった、という話もされています。


それでも現場で「負けじ魂」を出して長坂氏がアイデアを出しまくって切り盛りして
キカイダーではビジンダーやワルダーのキャラが
あそこまで生き生きと描かれた訳
です。
(特にワルダーは本来1回だけの登場を長坂氏が勿体無いと引き伸ばす提案してますし)

だから、長坂氏の本来の姿がダン少年だった、
どんな苦しい状況でも負けられない、
という「負けじ魂」を持っていた
ように思えてなりません。


賛否両論はあるとはいえ(Gも全部が全部、長坂氏の価値観と同じではないですし)、
この時期の特撮で長坂氏が持ちこたえたから何とかなった、
という事は間違いのない事実である
と思うのです。

このギタギタンガとアングラモンの話ではキカイダーだけでは少し書けない面もあり
ずーっと書いてみたいなあ、と思ってたのは
一度こういう事を書いておきたかったから
です。

長い記事になりましたが、如何だったでしょうか?

ノコギリマンの記事で書いたように4月には一旦、完全休養してしまい、
また皆様にご迷惑をおかけしますが

「ひいろお倶楽部@」を宜しくお願いします!

来週は何時アップできるのかなあ・・・?
今回は此れにて失礼します・・・。






「今週末の予定、空いちゃいました(泣)」(太陽戦隊三連星)
「ひいろお第30話:ウルトラタッチ」(ウルトラマンA)
「ではベロクロンⅡ世に流用された超獣マッハレスとは?」
「昭和の元気をくれた植木等氏逝く・巨大ヤプールとあの歌」
「ヤプール人について思うことは改造巨大ヤプールにあり?」
「あるある大発掘!キカイダーのイラストたち!」
「復讐の鬼・女ヤプールとベロクロンⅡ世!」
「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
「トラックバック200件突破記念!どうしようもない?バルタン星人jr!」
「病院へ行ってきましたPart26・急遽の転居先探しでビルガモです。」
「ひいろお第13話:ヒーローの末路」(キカイダー01)
「ハカイダー!悪のアンチヒーローのパイオニア!」
「ひいろお第4話:低コスト」(マシンマン)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-02-27 17:52 | 特撮系
こんばんは、2日ぶりのGでございます・・・。

前回のノコギリマンの記事
3月末にて「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養をお知らせして
また今月の記事に関しては今週末の予定次第になる、

とも書きましたが・・・

今週末の予定、空いちゃいました。

3月は4月分の予定調整のために不透明なのですが
今週末の予定が昨日まで不透明だったのは大した理由ではないです。

27日のユニコーンの
シークレットライヴの抽選に
先週、応募して、昨日、外れた。


それだけの事です。

「怪奇大作戦」第25話「京都買います」の1シーンよりパロって)

牧史郎
「美弥子さん!美弥子さん!美弥子さん!」


須藤美弥子
「籤運が悪いのに抽選というものを信じた私が間違ってた、
それだけの事です」


・・・まあ、シフトで27日はたまたま空いてただけだから仕方ないか・・・。

という事で2月は何とか余裕が出てきたような感じなので
(もっとも自宅の仕事の依頼が来たらアウトですが)
週末あたりに書きたい記事を1つくらいはアップできると思います。

現時点では先延ばしにしてる記事のうち、
特撮系記事が2月は1件もない事もあって
2つあるイベント記事のうちの1つをやりたい、
と考えてますが
何分、明日の日勤と明後日の眼科がある事から準備期間を確保したいので
今日も鉛筆画を描いた記事も、とも思っていましたけど
夜勤明けという事で無難に行く形で
(つまり抽選から外れたのを知ったのは今朝という事です・・・)
前回のノコギリマンを起用した関係で使わなかった動画を
今回は音楽系という話題でもある事からここで使おうか
と思います。
音楽系はオニカブトンの記事の関係で書けなかった記事もあるんですけどね・・・)

ノコギリマンの記事で書いたミニ同窓会?にて
久々に会った先輩が教えてくれたMADのうちの1つ
です。
たまには特撮関連のYouTubeも使いたいとは思って当日話してて、
かなり有名なMADではあるようですが
SRIの牧さんを記事文中に使ったのも岸田森氏の繋がりという事で。

◎ガンダム 太陽戦隊三連星◎



まあ、串田アキラ氏は以前、音楽系記事にてベストCDの記事を書いてるくらい
Gも大ファン
ですからね。(太陽戦隊サンバルカンは串田氏のデビュー曲だし)

そういえば一番最初に買ったガンプラは1/100ドムでしたね、取り置きしました。
そのドムは最終的に漫画のプラモ狂四郎を真似て
1/144ジオングの脚に使っちゃいましたが(爆)


ただ、G的には同じ方のMADではこっちがいい感じはします。

◎ガンダム 超時空要塞マクベ◎



今回、初めて2つの動画を試しに載せてみましたけど、
マクロスも1回目のミュージックバトンの記事で採り上げてますからね。

(この曲じゃないけど)

これでしばらくの間、お楽しみ下さい・・・では、今週末に。






「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「串田アキラもいいですぜ!「I am the ONE」(はぐれベーダー24)」
「とりあえずサンバルカンでブログデビュー」
「やってきましたミュージックバトン!(はぐれベーダー25)」(1回目のミュージックバトン)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-02-24 19:39 | 音楽系
c0040422_1955344.jpg


こんばんは、4日ぶりのGでございます・・・。

埋まってたスケジュールも今朝、終わりました。
もっとも昨日は急遽、お休みを取ってミニ同窓会?に出席してたので
朝帰りになってしまった
のですけどね。

それに明日からまた出勤があるんですが(泣)

オニカブトンの記事からお休みを取ってる「ひいろお倶楽部@」ですけど
反復性耳下腺炎についてはやっと先週で治まった感があります。

(そうでないとミニ同窓会?の出席なんて無理ですしね)


まあ短期間ながらお休みとしていて記事数も2月は大幅に減らしていますので、
お休みをもう少し延ばそうかなあ、
とも考えたものの

前回のヒルドラキュラの記事の途中で入った仕事の電話の件もあり

今週末の予定が現時点ではまだ未定で
下手すると今週の記事は今日だけになる可能性もある事、

3月はヒルドラキュラの記事で触れた検査の関係で
変則的な日程になる事でほぼ決まりそうな事
から

イベント記事や病院系記事の前に
決定事項として事前に記事アップ
という形にしました。
変更になったら「チャイになりました」と書けばいいですしね。

そのお知らせとは・・・

3月末をもって「ひいろお倶楽部@」を
一旦、完全休養とします。


これは検査とかの健康上の理由ではないです。

(変な所で切りますが、ここで一度目の休憩とします・・・)

今年に入って間も無く店の後輩が最長でも3月末で退職するという事になりまして
(上記の件を書いたらゲララチンの記事の続きを書かなくていい気もしますが)
夜勤の補充という事で今は研修員の方々がいらして
皆で研修をしている今日この頃なのですが
たまたま研修員の方々の応募時期が募集期間でも遅い時期だった関係で
後輩の退職後も研修が残ってしまう形になっていまして
4月はしばらく空爆エイイワガメ怪人カマクビガメの各記事と似た感じで

(病欠とかとはケースが異なりますが)
店長さんとGと交互に夜勤シフトに入らざるを得ないという事から
ヒルドラキュラの記事を書いてる最中に
「4月の特に中旬までは予定を入れないで欲しい」
と店長さんに電話でお願い
されたのです。

まあGが以前のプリズ魔の記事の時のように
急に一旦退職した際も同じような状況だった
んでしょうから
既に入ってる4月の眼科の予約以外は予定は入れない、とは伝え
3月の予定も調整しないといけないという感じになってます。

今のペースから記事をどれだけさばけるのかが不透明ですので
4月は恐らく記事アップは厳しい事から早々に完全休養にしてしまって
先にこの件を記事としてアップするという決断をし
後は書ける時に書く、という形を取った、
という事です。

だからイベント記事とか病院系記事とか他のネタとか
いつもだと組み立てがきくものが早ければ今週末から不透明になるため、
期待してお待ちしてる皆様には申し訳ないのですけど
何卒ご理解の程を宜しくお願い致します。


で、鉛筆画を今朝帰ってきたばかりで
描きたいものは頭に思い浮かぶものの基本的に低調だった事から
動画か何かでもいいかな?
とは思ったのですが

昨日のミニ同窓会?で久々にお会いした先輩が
石ノ森章太郎氏の事を熱く話されてたので
最近ウルトラ怪獣がないのにアレなんですけど
今回は先輩の気概に乗って記事内容には沿った形で
石森プロ系の特撮キャラをさっき描いてみました。

ロボット刑事
に登場のバドーロボットであるノコギリマンです。

んー・・・久々のバドーロボットとはいえ
朝帰りだけに絵がヘロヘロですね・・・(泣)


(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

(2月23日AM0:18)

やっぱ、翌日になっちゃいましたね。
23日が夜勤だからこそ出来る芸当
といいますか・・・。

それはともかくノコギリマンの説明を。

ノコギリマンは南アフリカから日本政府が買い付けた
40億円相当もの金塊を奪取せんと企む赤松運送の赤松会長が

敵組織バドーと契約してレンタルした1体目のバドーロボット。
空港から日本銀行へ特別科学捜査室と現金輸送車で警備された金塊を
Kに囮を使って引き離した隙にノコギリマンは
金塊トラックの鍵を得意のノコギリで切って奪取に成功
するものの
元々、ノコギリマンは鍵を切断するための強盗ロボットなので
その後の厳重な警戒で金塊を運び出すまでの事は不得手で
契約主の赤松にツッコミ入れられ悩んでるお茶目なバドーロボット
でもある。
バドー首領により金塊を液体化してタンクローリーで運ぶ事となる。
ゴールド探知機で金塊を探すKや同じく金塊の行方を捜してた特別科学捜査室に
情報屋の地獄耳平からの情報で赤松運送に直行するも金塊は運び出した後
であり
追跡中にKはノコギリマンと対戦する事となる。
しかし、そこへ新型バドーロボットのタイホウマンが出現し
ノコギリマンは失策続きを指摘した短気な性格のタイホウマンに処刑
されてしまう。

ノコギリマンの武器は回転ノコギリを飛ばすノコギリ円盤、
ノコギリによる切断攻撃、側部のノコギリを回転させ銃弾を弾く盾代わり
にするが
ノコギリ円盤は都合上2枚しか使えず無くなると戦闘能力も極端に落ちる。
鼻から逃亡用の煙幕を出す能力と
頭部のアンテナから電波を発信しKを誘き出す能力も持つ。
声の担当は矢田稔
氏。(八奈見乗児氏というのはミスクレジット

記事に関する起用理由としては

ノコギリで切るようにスパッと完全休養、という点
ノコギリマンの後先考えてて悩んでる、という2点ですかね。

それでリクエストリストにあったモグルマンは今回敢えて外しましたが

ノコギリマンの悩んでる姿って、
どう見てもサザエさんに出てくる波平さんが
フネさんやカツオあたりにツッコミ入れられて
困ってる姿とダブる

のはGだけでしょうかね?(爆)


あと記事最後にここのところ休養関連が多く
皆様、本当にごめんなさい!

ノコギリマンの最期の様な、というか、
レッドデンジャーの記事のようにならないようには充分気をつけますので・・・。


今週末の予定次第ですが今回はこれにて・・・。






「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「Gにもようやく光怪獣プリズ魔が見えてきました!」
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」

「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-02-22 20:25 | 雑談
こんにちは、6日ぶりのGでございます・・・。

コブリオンの記事以来、かなり期間が開きましたが
一部の友人には説明してますけど先週の土曜日あたりから
今週のスケジュールがかなり埋まっている状態でして
正直、1回記事アップできればいい方かな、と元々思ってはいた
ので
今週に関しては記事がアップ出来ただけでも
まあ、いいんじゃないかな、
とも思っています。

ただ、コブリオンの記事で書いたイベント発生の他に
もう1件のイベントも今日までに発生しており
イベントの記事アップも含め、
どういう記事をアップできるかを模索していた
のですが

16日の夜勤明けになる17日が2月のお茶の水の病院の通院日でしたけど
バッファローモンガーの記事で軽く書いてた1月20日の時の通院時の検査の件で
昨日は検査結果が思わしくなく別の検査もあったりして
診察にかなりの時間を要し、昨夜は遅く帰宅した事もあって


ビッグゴリラの記事で2月1日に外出する事に触れてますが、
その2月1日に外出先近くのネットカフェで
1月分の検索ワードランキングを調べておいてた
ので
検索ワードランキングは体に負担が少ない記事ので、
明日くらいまでゆっくり記事アップする形でやってみようか、
という結論に至りました。

いつもは検索ワードランキングは月初めなのに
最近は月末ギリギリまで延ばしてましたしね。


ただ、上記にある診察や検査が長引いた事に関しては
Gの自己管理の部分もあるので、あまり心配なさらないで下さい。
あくまで来月まで検査しないとG自身もわからない面もありますので。
オニカブトンの記事以来の「ひいろお倶楽部@」をお休みしてた理由だった
反復性耳下腺炎が16日頃からやっと少しずつ良くなってきた件もありますし。


もっともイベント記事同様、昨年のゲララチンの記事から溜め込んでいる
病院系記事もいい加減書いていかないと閲覧してる皆様には
転職のその後を含め何がどうなってんだかわからないと思います
ので、
少しずつでもまとめてアップせなアカンなあ、とは思ってますが・・・。


あと、もうどうしようもない事のようなので
ビッグゴリラの記事でも書いた文面を
くどいようですが更に一部追記して載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての
連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

なお、コメント、トラックバックに関しては
コブリオンの記事でも書いたとおり、
承認制を導入してます。
詳細はコブリオンの記事をご覧下さい。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


あ、あと危うく書き忘れるところでした。
今、使ってるブログのスキンが結構気に入ってるので
モヤモヤしてるGの気分転換も兼ねて25件くらいごとにカラーを変えていきます。
前回のコブリオンの記事のアップ後からそうしましたので重ねて宜しく。


ということで前置きが長くなりましたが
記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月1月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングを
やってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて1月は一体どんなキーワードで
この「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?

参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2009年1月●







1位 スペル星人 / 149
2位 マグマ大使 / 42
3位 がんがんじい / 39
4位 メトロン星人 / 37
5位 根上惇 / 37
6位 ドロボン / 30
7位 ブニョ / 30
8位 ひいろお倶楽部 / 24
9位 ダダ / 24
10位 円盤生物ノーバ / 16






実は先月のランキングに関しては特に書く事が何も無いのです。
というのもランクインしてるキーワードが全て常連のものだからでして
強いてあげれば5位に根上惇さんが久々に登場してるくらいで
特に採り上げる項目は何も無いんですよね。
もっともロボコンの記事以降、ガタガタの「ひいろお倶楽部@」でしたから、
むしろ通常通りに機能してた事が不思議なくらいで
それだけ見てて下さってたんだなあ、と思う次第
です・・・。


それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
考えに考えてリクエストリストの中から選んで
6日ぶりに描いた特撮キャラはコイツ
です。

c0040422_1720315.jpg


仮面ライダーXに登場のGOD悪人怪人であるヒルドラキュラです。

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

(2月18日PM19:18)

何か久々に記事アップしたせいか、
やたらタイピングミスが多く鉛筆画も修正点があって
尚且つ記事製作中にバグ?が目立つので
(絵やリンクが高確率で指定した場所にできず記事最後部へ行ってしまう)
休憩をかなり長めにして様子見をしてました。


しかし、このヒルドラキュラというGOD怪人は
着ぐるみの完成度が比較的高いGOD怪人
(前期の神話怪人、後期の悪人怪人軍団)の中でも
かなりデザイン的にどうもなあ?とGはいつも思うんですよね。

悪人怪人という定義ですから
吸血鬼ドラキュラにヒルという組み合わせはわかる
ものの

「見た目がヒルの怪人ですけど、
どこら辺にドラキュラのデザイン要素が?」


と感じるんですよね。
カメレオンファントマ、ムカデヨウキヒあたりは雰囲気的にまだ許せるのですが、
ドラキュラの孫娘という設定的なものがあるにせよ、
(といっても女性なのは人間体の時のみ)
ヒルドラキュラはちょっとねぇ・・・と思いますが、どうなんでしょう?

常日頃思ってる点を書いてからヒルドラキュラの説明
に入りますかね。

ヒルドラキュラはしびと沼に住むドラキュラの孫娘で
普段は占い師の老婆の姿になりすましている。
血吸いヒルを操り人間を溶解する能力と吸血人間化する能力を使って
東京中に吸血人間を大量増殖しようと計画、
手始めにとチコが脚の治療で入院した病院で暗躍
していた。
またXライダーこと神敬介を底なし沼に誘き出し罠にはめ、
更には敬介に作戦中止の条件として
敵組織GOD機関が狙うRS装置の9枚に分かれた設計図のうち
敬介の収集分5枚を渡すよう要求する等
かなり抜け目のない狡猾なGOD怪人
であるが
ヒル本来の弱点である塩が血吸いヒルや吸血人間の弱点であり
オカルト色の強い割には意外と?ヒルそのまんまのGOD怪人でもある。
ヒルドラキュラの武器は血吸いヒルの他に長く伸びる舌もあるが
Xライダーの地獄車キックの前に敗北
する。なお声の担当は西崎章治氏。

先月と昨日で病院で採血して血も取られましたし
悪人怪人軍団となるとRS装置の設計図の争奪戦なので
採血、データの両面からの起用で決めました。


途中、仕事の電話が入ったので遅くなりましたが、
まあ、そんなところです・・・。

さて、今月2月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。

では、今回はこれにて失礼します・・・。






「本日12日からコメントの他にトラックバックも承認制とします。」 (コブリオン)
「何だかんだで「ひいろお倶楽部@」も今日で4周年を迎えました。」
(バッファローモンガー)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part28」 (ビッグゴリラ)
「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「さらばMAT鬼の伊吹隊長・根上淳氏逝く・・・。」
「無題2」 (ロボコン)
「ひいろお第10話:くしゃみ」(仮面ライダーX)


「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
c0040422_21565113.jpg


こんばんは、またもや5日ぶりのGでございます・・・。

オニカブトンの記事から反復性耳下腺炎のため
「ひいろお倶楽部@」を短期的にお休み
とさせて頂き
前回のイラスト辞書の記事で仕事はしてるものの体がだるい、
と書いて、しばらくブログをそのまんまにしていた
のですけど、

前回のイラスト辞書の記事でやってた自宅の仕事は無事夕方に終わったものの、
その7日夜から微熱ながら発熱を起こすようになり
解熱鎮痛剤と抗生剤で発熱を抑える事はできたのですが

7日、8日、10日、そして今晩と発熱があり
8日には一時的に右耳下が腫れて
10日からは発熱すると37度後半まで上がってしまい
仕事の無い日はだるくて台所での炊事とか

(誤って手を切っちゃって、なかなか血が止まらなくて大変だったり)
買い物に行くとかネットをずっと見てるとか絵を描くとか
メールやコメント、トラックバックへの全般的な処理とか、
そういった日常的な事にダルさから全然やる気が出ず困ってしまい
バイトに出れるように調整するためにダルさが出てる間は寝てる事が多く
眠りも浅いようで夢を見たり深夜の精神状態が不安定だったりしてたので

先週末にはイベントも発生したりしてたのですが
記事を書くのも辛かったので
「ひいろお倶楽部@」もしばらく休んだままにしてました。


9日夜になってGが解熱鎮痛剤と抗生剤の服用の仕方を反対にしていた事が
看護婦で耳鼻科関連に詳しい母の指摘でわかり、
その頃から唾液の量が少なくなってきていた事から

(唾液が少なくなると電話先の相手がGの話を聞き取りづらいようで・・・)
細菌による唾液腺の炎症から来る発熱とダルさである事がほぼ確実になったため
10日からは抗生剤を中心とした治療に切り替え
ガムを噛んだりして唾液を出しながら様子見をし

それもあってか右耳下の腫れはすぐに引いてくれました。


まあ、そういう状況なので記事アップも今週はどうしようかと考えてましたが
今日12日にエキサイトブログから発表があったので



「トラックバック承認機能を追加しました」
(クリックすると詳細が見れます)

体力的に若干の余裕が出てきた事から記事アップ
をしてみました。

バッファローモンガーの記事にて
「ひいろお倶楽部@」のコメントを承認制としましたが
本日12日夕方からトラックバックも承認制を導入しました。
以前にもアメリカからのスパムトラバ攻撃で苦しめられた経験のあるため、
やむを得ない処置をしましたが、コメント同様に
トラックバックも反映されるまでGが一旦、確認する事から
時間がかかるようになります
のでこの記事にてお知らせします。

恐らくトラックバックが最近うまくいかなかったのも
このトラバ承認制のためのエキブロのサーバの調整があった可能性もあります。

何卒、ご理解の程を宜しくお願い致します。


今日の記事は自動車で言う所の慣らし運転みたいなものなので
近況とトラバ承認制導入のみの記事
としましたが
(なのでトラバ承認制があくまで記事の本流のため病院系ではなく雑談記事としてます)

鉛筆画もオニカブトン以来、10日ぶりに試しで描いてみました。
本当にダルさで何も出来なかった事から
ストレスの発散が先週末からできない
ので
描きたいなあ、とは思っていたものの、なかなかねえ・・・。

兄弟拳バイクロッサー
に登場のデスターロボであるコブリオンです。

んー・・・慣らし運転だから仕方ないとはいえ
デスターロボのボディが流用だから楽だろうと選んで臨んだ鉛筆画も
出来がこの程度で、しかも時間がかかるようではねえ・・・
CG処理して誤魔化してるとはいえ、まだまだですねえ・・・。


(なお、コブリオンの説明は一旦休憩して調子を見計らって書きます)

(2月12日PM23:38)

このコブリオンの話はまだ未見だったものでビデオ確認のため遅くなりました。
といっても、あまり複雑な話ではなかったですが。

では、コブリオンの説明を。

コブリオンは手にしたこん棒からコブリモコンを取り出し
人間の顔にくっつけてしまう。
コブリモコンは人間の皮膚につけると内部のリモコン受信機以外は
皮膚と同化して血液も循環してしまって取れなくなり
コブリオンの腹部のリモコンからの操作で
コブリモコンをつけた人間を操る事ができる。
コブリモコンを取ろうとすると皮膚に傷が付くため迂闊に取る事もできない。
このコブリモコンを使ってバイクロッサーに人間を戦わせて
手出しできないまま倒そうというのがコブリオンの使命。

コブリオンは赤鬼をモチーフとした形相
だが
(それでもテストでは「お~て~て~、つ~な~いで~」と人間を踊らせて溺死させようとしてますが)
人間体はタッチマンというタケちゃんマンのような奇怪な扮装をした怪人物であり
バイクロッサー・ケンこと水野拳にお互いの素性も知らずに一目惚れした幹部リタが
拳と仲の良い竹田あけみにヤキモチをしてタッチマンに指示した所、
よけられてリタがおたふく風邪のように両頬にコブリモコンをつけてしまう等、
いささか性格もドジな感じになる
ようである。
腹部のリモコンは取り外し式でタッチマンの状態でも調整を怠らず
コブつきのリタがリモコンの操作を受けないように改造したりしている。
バイクロッサーがコブリモコンの正体に気づき
ケンローダーから強力な妨害電波を出した事で
リタが怒って無差別にコブリモコンをつけられた人間の動作も止まり
更に孫娘のリタを救おうと
敵組織デスターのドン・ドクターQが
コブ取り軟膏を作って現場に持って行ったためリタはコブリモコンが取れたものの
バイクロッサーにコブ取り軟膏を奪われてしまい
被害に遭った人々は助かりドクターQはコブだらけになって退散する羽目
となる。

コブリオンはコブリモコンの他にこん棒から出すコブ爆弾を武器とし
こん棒自体も振りかざしたり投げたりすると爆発を起こす。
こん棒は恐らくゲンシダーのものからの改造。

(その前は多分、前作マシンマンオニ男のこん棒からの流用
なお声の担当は、山下啓介氏。

(コブリモコンが両頬に付いたリタを見て)
「これじゃあ、まるでおたふくだ!」
byドクターQ

今回、これほどの適任はいないかもしれませんね・・・。


ということで、解熱してきた事もあり今日はここで暖を取って寝ます・・・
回復までもう少しお待ち下さい・・・。







「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「ひいろお倶楽部@イラスト辞書・851~900回編」
「何だかんだで「ひいろお倶楽部@」も今日で4周年を迎えました。」
(バッファローモンガー)
「ひいろお第4話:低コスト」(マシンマン)
「巨人戦デーゲームには鬼の目にも涙?オニ男参上!」

「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-02-12 20:45 | 雑談
こんにちは、5日ぶりのGでございます・・・。

まず業務連絡から。

前回のオニカブトンの記事で書いたエキサイトブログの発表に
追記が2月5日にあったようなので再度リンクしておきます。



「<追記あり>「トロイの木馬」誤検知が発生していました」
(クリックすると詳細が見れます)


さて、オニカブトンの記事で反復性耳下腺炎にかかった事から
「ひいろお倶楽部@」を短期間ながらお休み
とさせて頂きましたが


一部の友人には伝えてありますけど、
その記事の翌日に自宅の仕事が久々に入りまして
仕事は昨夜にほぼ終えて、今は連絡待ちの状態
です。

今日、Gが勤務先に行ってもいいのですけど
軽症と書いたように発熱とかは無いものの
今週2回ほど出勤してみて、やはり風邪の発熱がある時のように
どうしても勤務中に1時間くらいはだるくて動かないでいる時もあったりしまして
左耳下の腫れはかなり引いてきて目立たなくなってきたのですが
勤務や自宅の仕事のだるさから昼くらいまでは寝てしまい
眠りも浅いような感があります。

(まあ、先月は病院系を一度も掲載してないのでGの状況もわかり辛いとは思いますが)


そういう事情なので今はネットや絵も控えてる事とまだ仕事中という事から
今回で記事が923件目という事で早めですが
やっとこの記事をアップできる範囲内に到達
しました事から
(一応、記事数イベント記事から20~30件目に大体やってる事なので)
今日はエクセルからのコピペで負担ゼロのイラスト辞書でもやろうかと思います。

今回は851件から900件まで特撮関連の
全ての項目のイラストや画像
を書いています。
つまり前回のイラスト辞書の続きになります。
イラスト辞書についての詳細はカテゴリの「イラスト辞書」をクリックして下さい。
なお、一応月ごとに分かれていて、載せた日にち、イラストキャラクターの名前、
そしてスラッシュの後に登場作品名を書いておきました。では参りましょう!




---------------------------------------------------------------------



★イラスト辞書・特撮系(851回から900回まで)★


[2008年8月]




8月29日 ヴァリエル星人 / ウルトラセブン失われた記憶(ビデオ)






[9月]


9月29日 ゴモラⅡ(鉛筆画ヴァージョン) / ウルトラマン80






[10月]



10月8日 サンショウウオ獣人 / 仮面ライダーアマゾン
10月12日 プラチク星人 / ウルトラセブン
10月22日 ベンゼン星人 / ウルトラマンゼアス(映画)





[11月]


11月1日 アイゼンボー、マグマ星人(Mr.Duke_Fleedヴァージョン)
 / 恐竜大戦争アイゼンボーグ、ウルトラマンレオ
11月3日 帰ってきたウルトラマン、ウルトラセブン、ベムスター
(猫の手さんヴァージョン)、プルーマ / 帰ってきたウルトラマン、ウルトラセブン




[12月]


12月6日 高野宏一特技監督、ペロリンガ星人(鉛筆画ヴァージョン) / ウルトラセブン
12月9日 クレッセント(内部図解ヴァージョン) / ウルトラマン80







★イラスト辞書・雑談(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月6日 ゲルググ、ドム、ジム、ゴッグ、ズゴック、ザクⅡ、グフ、アッガイ(シルエット)
 / 機動戦士ガンダム(アニメ)
9月8日 ジムⅡ、百式、アッシマー、ガルバルディβ、ネモ、ガザC(シルエット)
 / 機動戦士Zガンダム(アニメ)
9月10日 メビウス、ゲイツ、ストライクダガー、ディン、ジン、M1アストレイ、バクゥ
(シルエット) / 機動戦士ガンダムSEED(アニメ)
9月14日 ツリボット / 仮面ライダースーパー1
9月16日 ハリスフィンクス / アクマイザー3
9月17日 ガスダブラー / 宇宙刑事ギャバン
9月19日 針金仮面 / 秘密戦隊ゴレンジャー
9月20日 翼仮面 / 秘密戦隊ゴレンジャー
9月22日 シャチラ汗 / ジャッカー電撃隊
9月25日 クサリガマテントウ / 仮面ライダーV3






[10月]



10月6日 ザ・サイザー / 超新星フラッシュマン
10月10日 ベル星人 / ウルトラセブン
10月14日 ゴールドウルフ / 人造人間キカイダー
10月18日 コダイギョ怪人 / バトルフィーバーJ
10月19日 墓石社長 / 五星戦隊ダイレンジャー
10月20日 サビムシラー / 電子戦隊デンジマン
10月26日 アナホリビースト / 宇宙刑事シャリバン
10月27日 カノン・ハルコス / 電脳警察サイバーコップ






[11月]


11月4日 ノーバ(鉛筆画ヴァージョン) / ウルトラマンメビウス
11月6日 がんがんじい、筑波洋、マントコング / スカイライダー
11月9日 空爆エイ / スパイダーマン(東映版)
11月12日 イワガメ怪人 / 仮面ライダーBLACK
11月15日 カマクビガメ / 仮面ライダーV3







★イラスト辞書・病院系(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月1日 ヒャクメガン / 兄弟拳バイクロッサー
9月3日 リモギラー / 兄弟拳バイクロッサー







[10月]


10月5日 クモロイド / 仮面ライダーZX
10月23日 ヒトツメボーマ / 高速戦隊ターボレンジャー
10月31日 ゲシュート / ウルトラマンコスモス







[11月]




11月29日 レッドデンジャー / 仮面ライダースーパー1







[12月]



12月4日 影法師ロボット / キカイダー01







★イラスト辞書・検索ワードランキング系(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月5日 アリンガム将軍 / ジャッカー電撃隊







[10月]



10月4日 ダイヤモンド仮面 / 秘密戦隊ゴレンジャー







[11月]



11月7日 タコギャング / スカイライダー







★イラスト辞書・美術系(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月21日 ウルトラマン(魔法陣ヴァージョン) / ウルトラマン
9月27日 大トトロ、中トトロ、小トトロ、サツキ、メイ、お父さん、オート三輪
 / となりのトトロ(アニメ)
9月28日 ルパン三世、次元大介、フィアット500 / ルパン三世カリオストロの城(アニメ)







★イラスト辞書・音楽系(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月24日 セミ怪人 / 仮面ライダーBLACK











---------------------------------------------------------------------



以上で、851回から900回までのイラスト辞書全てを書かせて頂きました。
ご活用していただけるとありがたいです。

大体50回ごとくらいに時間があったら、表を新しく作ったり、
できればこのイラスト名から各ページへ飛べるようにしていきたいと思います。
ちょっと今は見づらいかもしれませんが、今後の改良も期待していてください・・・
いつになるのかはわかりませんが。(←ずーっとコレばっか)

それでは、まだだるいので、今回はこれにて失礼します・・・。






「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」

「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」

◎イラスト記事を作ったそもそもの理由が書いてある記事◎
「記事250件到達企画・「ひいろお倶楽部@」辞書(仮名)を作ります!」
[PR]
c0040422_19191744.jpg


こんばんは、3日ぶりのGです・・・。

まず、本題へ行く前に本日2日にエキサイトブログから
かなり重要な発表があったのでリンクしておきます。



「「トロイの木馬」誤検知が発生していました」
(クリックすると詳細見れます)


それで早速、本題に入りますが
本日2日は昨日の出かけた事に関する記事をアップする予定
でしたけど
前回のビッグゴリラの記事で疲れの事を書いた1月30日くらいから
顎というか両耳下に痛みがあり、関節や首の痛みもあった事もあるので
疲れからだろうと軽く思い、体を出来るだけ温めて寝たところ
翌31日に他の痛みは取れたものの左耳下が腫れてしまい
筋肉や皮膚が引っ張られて突っ張り感や違和感が強くなって

どうも唾液腺からの反復性耳下腺炎の可能性が高くなりました。


ちなみにこれが流行性耳下腺炎ですと
一般的に言われる、おたふく風邪になる
のですが
(詳細は記事最後のリンクを参照下さい)

Gはおたふく風邪は経験済みで抗体が既にある事から
伝染性のない反復性耳下腺炎という結論に至りました。

今回、反復性耳下腺炎は初めての経験で
伝染性がない事や耳鼻科へ行くレベルでもないような事から
当初、湿布を左耳下に貼って様子見をし
昨日の出かける私用を済ませて帰宅後にまた体を温めて更に様子見をして
今朝からようやく小康状態へなりつつありますが

何分、そのための休養が必要な事と
仕事をして症状がどうなのかの確認をする必要もある事から


短期間ながら「ひいろお倶楽部@」を休ませて頂きます。

ちょっと右を向いたりとかタイピングとかで首に突っ張った感が出る事や
気温が低くなると耳が聞こえづらかったり、話し方もぼやけたりしてしまう事、
食事するとまだ腫れた部分に沁みるというか違和感を感じる事から

やむを得ずネット利用を少なくする事にしたためです。

ここのところの急な事ばかりで皆様にはご迷惑をおかけしますが、
長期間にはならないと思われますので、何卒宜しくお願いします。


そういう内容なので腫れが出てきたのが土曜日だった事もあり
看護婦であり耳鼻科関連に詳しい母に相談して話を進めたため
病院、耳鼻科には行っていませんが
変則の病院系記事に今日は急遽変更しました。

明日が節分という事で節分の近辺は
鬼ネタの絵を毎年出すようにしてる「ひいろお倶楽部@」
ですが
元々、予定はしてた鉛筆画ではあったものの
偶然ながら一番適任と思われる鬼の特撮キャラを今回起用しました。

ダイヤモンドアイに登場の前世魔人オニカブトンです。

オニカブトンの足元がわかりづらいし状況が状況なので
このくらいの出来ですが平にご容赦の程を・・・。


(ここで一旦休憩します・・・)

(2月2日PM22:20)

オニカブトンは幹部級の前世魔人で結構説明が長くなるので
明日以降にでも書き加えようか
と思ったのですが、
なんか変なトラックバックが入ってたため、
やむなく処理のためにネットに再度入りました事から
今日のうちにオニカブトンの説明を書いておきます。

「外道照身!霊波光線!汝の正体見たり、前世魔人オニカブトン!」
「あ、ばーれーたーかー!」

(お約束は一応やっておかないとね)

オニカブトンは源海龍一味の首領であるキングコブラが
自身の1人娘でフランスに留学させていた蘭花ことヒメコブラを
次期指導者として日本に呼び寄せた際に
ヒメコブラの補佐役として同じく呼び寄せておいた
キングコブラ、ヒメコブラに次ぐNo.3の地位にある前世魔人。

人間体は片岡五郎
氏演じるキルトで
彼のみが化身できる唯一の前世魔人でもある。
犯罪のエリートでありヒメコブラが来日するまでに体制を立て直したり
作戦の立案やヒメコブラへの進言をしたりして
後に幹部となる魔倫ことケロキャットと共に蘭花ことヒメコブラを支える。
キルトの姿の時は冷徹、キザで強面という感があり
赤いマフラー、蝶ネクタイ、青いマフラー、爆破スイッチのある大きな宝石の指輪、
色の入った眼鏡、黄金のリボルバー拳銃といった独特のファッション
にこだわり、
(青いマフラーの時期はオニカブトンに化身しても首に巻いている)
愛煙家で特徴のあるキセルを愛用
している。
キルトの状態でも眼を光らせたりする能力を持ち煙玉も携帯している。

オニカブトンはデザインからしても強そうに見えるが
三日月槍、サスマタ、剣を武器とするものの
戦闘能力自体は怪人級の前世魔人とあまり変わらず
他の前世魔人にバカにされた事もある。
オニカブトンがNo.3の地位にあるのは彼のみ持つ最大の能力である
治癒能力を持つという点でもあり
ドクロを振って白い粉を出して重傷を負ったキングコブラを治療したり
両手から出す沈静ガスで興奮するヒメコブラを眠らせたりと終盤で大活躍
している。

キルトはキザで冷徹な性格から悪に徹しきれない蘭花に
イラついて皮肉な言葉を次々と吐いて蘭花に反感を買っている時もあるが、
魔倫と同様にヒメコブラを次期指導者とするために
案じているからこそ皮肉な言葉を発しているのであり、
魔倫ことケロキャットがダイヤモンドアイに倒され
治療中のヒメコブラがケロキャットの戦死を嘆くのを見て
ヒメコブラの身を案じたオニカブトンは自らの出撃を宣言、
熱海での頭脳改造工場建設の任に就き、配下のゲララチンを倒された後に
アイと最終決戦を行いアイからステッキを離すという意地を見せるものの
後一歩のところでアイのロイヤルパンチを浴び倒れる。

鬼ネタのみで起用の予定
だったものに
治癒能力というオニカブトンの特殊能力もあって
二重の意味合いで起用した、
という事です。

反復性耳下腺炎は今のところ重度ではないので
Gとしても大丈夫ではないかとは思いますが
大事を取って短期間ながらお休みさせて頂きます。


見通しが立ったら、またお会いしましょう。







「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part28」 (ビッグゴリラ)
「俳優・声優の中江真司氏逝く・Gのお気に入りはダイヤモンドアイ」
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」

「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-02-02 19:47 | 病院系
こんばんは、2日ぶりのGです・・・。

昨日の夜勤で20世紀少年の入荷や店のデッキのトラブル処理、
客足の多さ等で最も忙しい土曜日並みの仕事量をこなした事もあり、
翌日の今日になってVery Very Tiredとなっています・・・。

Gの頭もフニャフニャで首や体の節々も痛みます・・・。


なんで電話応対もフニャフニャだった今日は
ネットは止めておこうと思った
のですが
前回のシーグラの記事で書いた1月中に書く通常予定の記事というのが
体の負担が少ない検索ワードランキングだった
ので、
明日くらいまでゆっくり記事アップする形でやってみようか、
と気楽に考える事にしました。

死神バッファローの記事でも軽く触れたように
この検索ワードランキング用に元旦の時点で鉛筆画を用意
しており、
ロボコンの記事で書いた正月2日に実家にいた際に実家のノートPCを借用して
先月12月分の検索キーワードランキングを確認してはいた
のです。

ただ、その実家からの帰宅後に彼女の急死を知らされ
USURAの記事の件で出てた症状などから
負担は軽いとはいえ、検索ワードランキングの検証を書けるのかを
タイピングミス等もある事で疑問に思っていたため
昨年末のエナ・ハルコスの記事のように
1月の一番最後の記事にする事で調整
する事にしました。

そしてエナ・ハルコスの記事から1ヶ月経った今日に実家で調べておいた
コピペで体の負担の少ない検索ワードランキングの先月12月分を
ようやく無理なくアップできた
のです。

それにエキサイトブログから昨日29日に発表がありまして。



「携帯からレポートが確認できるようになりました」
(クリックすると詳細が見れます)

これで携帯からも閲覧者関連のレポートが見れて楽になるので
2月はシーグラの記事で書いたように久々に出かけますし
負担が軽く済んでいいですね。


あと、もうどうしようもない事のようなので
エナ・ハルコスの記事でも書いた文面を
くどいようですが一部追記して載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての
連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

なお、コメントに関しては
バッファローモンガーの記事でも書いたとおり、
承認制を導入してます。
詳細はバッファローモンガーの記事をご覧下さい。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


ということで前置きが長くなりましたが
記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月12月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングを
やってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて12月は一体どんなキーワードで
この「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?

参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2008年12月●







1位 スペル星人 / 116
2位 ゴモラ / 33
3位 マグマ大使 / 29
4位 がんがんじい / 28
5位 ドロボン / 28
6位 改造エレキング / 23
7位 高野宏一 / 22
8位 ベロクロン / 21
9位 メトロン星人 / 21
10位 仮面怪人 / 19






今回の初ランクインは6位の改造エレキング、7位の高野宏一、
8位のベロクロン、10位の仮面怪人
です。
改造エレキングは記事にもしてますが
恐らく12月のマシュラの記事から
と思われます。
高野宏一氏は12月にお亡くなりになってすぐ追悼記事アップしましたからね・・・
それだけ偉大な特撮界の人材だった
という事ですね・・・。
ベロクロンは初代ベロクロンベロクロンⅡ世改造ベロクロンⅡ世
3回も起用していますからランクインするのは当然
といいますか、
ようやくランクインしてきたなあ、というのが率直な感想。
ゴレンジャーの仮面怪人は個々の仮面怪人でのランクインはある
のですが
仮面怪人まとめてというランクインは今までありそうでなかった展開でしたね。
途中まで残って月末にランクインできずというのは過去あったのですが。


それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
この記事用に元旦に用意して描いた特撮キャラはコイツです。

c0040422_1854445.jpg


キカイダー01に登場のシャドウロボットであるビッグゴリラです。

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

(1月30日PM21:40)

休憩の時間を多めに取りましたが、ビッグゴリラの説明に入ります。

ビッグゴリラは息子のシャドウロボットであるミニゴリラと共に
キカイダー01抹殺のために後期の敵組織シャドウが出撃させたアンドロイド。
ビッグゴリラは体内に高性能コンピュータを内蔵しており
01と対戦する事で戦闘能力や弱点といったデータを取り
シャドウ本部とミニゴリラの電気計算機に調査及び分析結果を送っていた。

つまりビッグゴリラは01のデータ収集のために
倒されるよう作られたシャドウロボット
であり
本命はデータを元にしたミニゴリラの強化という
シャドウの二段構えの作戦
であった。
ビッグゴリラは01のブラストエンドで予定通りに倒され
ミニゴリラと偶然知り合ったビジンダーは不憫に思い
ミニゴリラの母親代わりとなって特訓と強化改造を施す事になる
のだが
強化改造の際に父親のビッグゴリラの電子頭脳を使ったため
成長したミニゴリラはビッグゴリラ2世となり01への復讐心が芽生え
育ての親のビジンダーを振り切って01に立ち向かってしまう事に・・・。

ちなみにビッグゴリラの武器は怪力と右手から発射するゴリランバズーカ
シャドウロボットではお馴染みの背番号に関してはシナリオ段階から既に無い。
なお、声の担当は渡部猛氏。

ビッグゴリラはデータ収集用アンドロイドという事で
正月中に実家で検索ワードランキングを調べられる予定であったため
データ系の特撮キャラとして元旦に用意していたというわけ。

なお、息子であるミニゴリラの鉛筆画は
強化改造後のビッグゴリラ2世が父親のビッグゴリラと同型であることもあり
混合を避けるため機会をある時に改めて描く事にします。


さて、今月1月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。

では、2月1日は出かけてしまうので、今回はこれにて失礼します・・・。






「アニメーション監督・小説家の鳥海永行氏逝く・・・日本アニメ界の巨星」 (シーグラ)
「丑年Gさんの誕生日企画・メガール将軍の最期」(死神バッファロー)
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part27」 (エナ・ハルコス)
「何だかんだで「ひいろお倶楽部@」も今日で4周年を迎えました。」
(バッファローモンガー)
「満月の光を浴びて改造エレキング復活!」
「11月にトラックバック750件突破!きのこ、とくればマシュラ!」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「ウルトラバトンシリーズ第4弾・ウルトラマンAバトン!ベロクロンも参戦?」
(初代ベロクロン)
「復讐の鬼・女ヤプールとベロクロンⅡ世!」
「ヤプールもGの鉛筆画も最後の手段は改造ベロクロンⅡ世?」
「ひいろお第29話:5人の理由」(ゴレンジャー)
「ひいろお第13話:ヒーローの末路」(キカイダー01)
[PR]
c0040422_15354560.jpg


こんにちは、3日ぶりのGでございます・・・。

昨日の日勤は、さほど忙しくなかった事もあってか、
疲労から早めに寝てしまったものの、
今までと比べると比較的、体調面が安定しており、
今日は月末にやっておきたい事を処理する等、
久しぶりに穏やかな日を過しています・・・。

絵に対する意欲もだいぶ出てきた方だ、と書いてもいいか
と思います・・・。
まあ、直接、絵を描く事は以前に比べると少ないですが、
アイデアを頭の中でまとめたりはしていますし、
偶然というもありますけど少し思うところもあって
2月には出かけてみよう
とも思っています・・・。

今週はUSURAの記事から続く体調面の不安定さから、
1回分の記事の余裕を元々、取ってはいた
のですが、
前回のケン一くんのパパと忍者ハットリくんの記事のアップ直後に
ざんぶろんぞさんからお知らせを聞いて「え!?」と驚いてしまいまして。

どうもすれ違いで、お互いのブログを読んでた格好
のようですが、
(その節はありがとうございました)
去年のゲララチンの記事でも訃報記事は書かないとしたGも
これは流石に追悼記事を書かないとイカンだろうと思い
体調面の折り合いから1回分の余裕をここで使わせて頂き
今日掲載予定だった記事を月末に遅らせる事にしました。

hiyokemusiさんのコメントの通り、こういう訃報が最近多すぎる気もしますが
(コメント頂きありがとうございました)

どの方の訃報にまた驚いたか
といいますと・・・


アニメーション監督・小説家の鳥海永行氏が23日に亡くなられました。
67歳でした。


・・・鳥海氏の訃報を読んだGには正直、言葉が見つからなかったんですよね。

Gも鳥海氏の体調面がよくないという噂は耳にしてはいた
のですが、
67歳という若さで亡くなってしまいましたからね。

科学忍者隊ガッチャマンの大ファンであるGとしては
昨年、ベルク・カッツェ役の寺島幹夫氏の訃報記事を書いただけに
その翌月に鳥海氏が亡くなると聞いては
言葉が出ないのも無理ない
といいますか・・・。

鳥海氏がタツノコプロに入社後、科学忍者隊ガッチャマンの総監督に抜擢され
以後、様々な作品で日本のみならず世界からも評価された事は
鳥海氏がいかに日本のアニメを促進していった功労者の1人である事を意味し、
押井守氏、西久保瑞穂氏、うえだひでひと氏、真下耕一氏などの
タツノコプロ出身の若手演出家の事実上の師匠
でもあり、
あのスタジオぴえろの設立メンバーでもあり、
オリジナルアニメビデオという分野を開拓し、SF小説も書かれ、
様々な形でアニメ界に影響を与え続けた巨星
でありました。

Gもガッチャマンの他でもマッハGoGoGo、おらぁグズラだど、ハクション大魔王、
(以上は演出作品)
宇宙の騎士テッカマン、ザ☆ウルトラマン、ニルスのふしぎな旅、
太陽の子エステバン、エリア88、
(以上は監督作品)
忍者戦士・飛影(絵コンテ演出作品)あたりは、よく見てました。

しましまのとらじろうも鳥海氏が担当されてたのには正直、驚きました。

鳥海氏の独特のメカニックの描き方もGは好き
でした。
鳥海氏の高評価の理由の1つがそれでもあります。

ただね・・・何ていうか、あまりにも大きな存在だっただけに
これくらいしか言葉が見つからないんですよ。
よく追悼記事を書こうと思ったなあ、とG自身も思います・・・。


でも、鳥海氏は色々な方のインタビューを読むと厳しい方だったようですが
後世にもアニメを促進できる道を築き人材も残していきました。

鳥海氏の志は過去の作品ばかりではなく、
きっと、ずっと、新たな作品が生まれ受け継がれていくと思います・・・合掌。

当初、この1月はウルトラ怪獣は起用しない予定
でしたが、
今日の鉛筆画は鳥海氏がチーフディレクターを務めた
ザ☆ウルトラマンから起用
しました。

ただウルトラ怪獣が当初の起用予定でなかっただけにどうしようか?と色々考えて
せっかくなので鳥海氏が絵コンテも担当したウルトラ怪獣を起用しよう、
と思いついたものの、鳥海氏はスタジオぴえろ設立の関係で
ザ☆ウルトラマンを途中降板しているため、
絵コンテで鳥海氏の名義担当したウルトラ怪獣も
シーグラ、ザローム、コグラン、バダンと極めて少ない。

(絵コンテ名義不明のウルトラ怪獣もいるので何とも言えませんが)

結局、オーソドックスにザ☆ウルトラマンの絵コンテを鳥海氏が最初に担当した

ザ☆ウルトラマン第1話「新しいヒーローの誕生!!」

脚本・阿部桂一、演出・石田昌久、敬称略

から冷凍怪獣シーグラを起用するに至りました。

ちなみにザ☆ウルトラマンからのウルトラ怪獣の起用は
皮肉にもこれが初
となります・・・それで今回の記事は特撮系なのです・・・。

(今日はここで一旦、休憩に入ります・・・)

それでは、シーグラの説明に入りたいと思います。

シーグラは南極大陸から北上してきた氷山から4体も出現した冷凍怪獣。
最大の武器である口から吐く冷凍ガスで東京湾を凍りつかせてしまう。
4体登場して群れを成した割には連携性に欠けており、
うち2体は同士討ちで倒れている。
突如、地球各地の上空に解読不能の文字が現れたため、
防衛軍の宇宙ステーションEGG3から科学警備隊へ出向した
ヒカリ超一郎が地球に迫る危機を察して人類を救うべくU40からやってきた
ウルトラマンジョーニアスと同化した時期
であった事から、
ウルトラマンジョーニアスの初対戦の相手となった怪獣でもあり、
残る2体もプラニウム光線の前に敗北する。
シーグラの武器は冷凍ガスの他に鋭い角がある。
アニメ初のウルトラ怪獣もこのシーグラ、
という事にもなる。

次回は今月中にアップしたい記事でもある事から
遅らせてもいますし、通常通りの記事展開を予定
しています。

それでは、今回はこれで失礼します・・・。






「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「俳優・社会福祉活動家の牟田悌三氏逝く・・・日本を代表するお父さん」
(ケン一くんのパパ、ハットリカンゾウ)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「名優・寺島幹夫氏逝く・今日はゲストの方に語って頂きます・・・」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-28 17:11 | 特撮系
c0040422_9253746.jpg


おはようございます、2日ぶりのGです・・・。

やはり検査中の身である今の状況では
連投で記事を書くというのは、まだ無理
なようで、
記事を1つ書くとUSURAの記事でも書いた症状の中にもありますが
首や肩、関節が痛くなってしまって、
翌日は疲れて寝ている、という日々を送っています・・・。


それもあって明日までバイトがお休みである事から
1日余裕を持つ形で敢えてバッファローモンガーの記事から
2日後の今日、記事アップしておく事にしました。


というのも鋼鉄参謀の記事で市川治氏の訃報記事を書いた際、
ざんぶろんぞさんのブログを拝見した時に
もう1人の方の訃報も知ってGもショックだった、
と書きまして
昨日になってGにとっても簡単には済ませたくない程の大きな存在であり
やはりどうしても書いておきたいという気持ちが強くなってきて
去年のゲララチンの記事で書いた事をまた自ら破る格好にはなってしまいますが
本日も遅ればせながら訃報記事を書かせて頂く事にしました。


鋼鉄参謀の記事でも触れましたが
改めてどの方の訃報にも驚いたかといいますと・・・


俳優・社会福祉活動家の牟田悌三氏が
8日、虚血性心不全のため亡くなられました。80歳でした。



んー・・・牟田氏といえば名脇役でありケンちゃんシリーズの父親を
70年代ずーっと演じてらしてGもそのシリーズを見て育っただけに

(本放送と土曜日?の再放送枠の両方を見ていたくらいでしたので)
ショックであった事は言うまでもありません・・・。

牟田氏をGが初めてTVで見た印象は凄く怖い人、というイメージが強く、
実際、そういう役柄も数多くこなしていますが、
ケンちゃんシリーズのお父さんで10年くらいレギュラー出演されてるのを見て
「牟田さんって本当はこんなに優しい人なんだ」
という事を認識した記憶が強いです。

フジッコのCMなんか見てると牟田氏の顔を今でも思い浮かべます。
このCMも結構長く出演されてましたからね。

それくらい牟田氏は役柄を実に幅広くこなせる名脇役
であり
現代劇、時代劇と様々なジャンルの作品に出演されてました。
二代目中村吉右衛門氏(当時)の「鬼平犯科帳」が始まる際に
Gは凄く期待して第1シリーズ第1話から見た
のですが
その時も牟田氏が出演されてたのはよく覚えてて
初っ端から見て良かったと思った記憶も強い
です。

Gの勉強不足でありましたが
ナレーションも多くこなしていたのは知っていましたけど、
実際に子沢山の優しいお父さんであった牟田氏は
世田谷区のボランティア活動にも力を注ぎチャイルドラインの設置や
税金相談のラジオ番組も担当していた事を訃報を知った後に知りました。

最近TVでお見かけする機会が少なく残念に思っていましたが・・・。

ケンちゃんシリーズで多く出演された宮脇健氏は
「実の父親が逝ってしまったようだ」
と牟田氏の訃報に嘆かれたと聞きます。
宮脇氏も家庭に関しては苦労してただけに
心の中でずっとそう慕っていた
のでしょう。

日本を代表するお父さん、牟田氏が亡くなったのはGも寂しいです・・・合掌。

今回の鉛筆画なのですが牟田氏で特撮系となると
好き!好き!魔女先生のバルの声というのも演じていますが、

やはりケムマキケムゾウサイトのA-chanさんとリンクして
色々と仲良くさせてもらってますし、
特撮コメディードラマの金字塔的な作品でもありますから、
当然このキャラ
という事になるのでしょう。

c0040422_92635100.jpg


忍者ハットリくんに登場のハットリカンゾウです。

何か筆圧が不安定なため線がかすれてしまっているのと
今まで忍者の衣装はキカイダー01のシャドウ忍者部隊
星雲仮面マシンマンの伊賀の猿丸を描いた経験はある
ものの
(世界忍者戦ジライヤから起用したキャラでは純粋な忍者衣装のものはまだ起用していない)
ハットリカンゾウの衣装が黒くて非常にわかりづらく
第2シリーズの忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウの時の衣装は
これまた違うようなので、第1シリーズと第2シリーズをミックスした形にしました。

その辺はどうかご勘弁を。


(今日はここで一旦、休憩します・・・)

忍者ハットりくんは今でこそアニメのイメージが強いですが、
元々、忍者ハットリくんは実写で初放送されており、
しかも藤子不二夫氏の原作では記念すべき映像化第1号作品でもあります。
製作は時代劇を得意とする東映の京都テレビプロ、
脚本には服部半蔵名義で井上ひさし氏と山元譲久氏の連名で参加されたり等、
かなり豪華に力を入れて作られた作品
であります。
原作のイメージを崩さないためにハットリカンゾウはお面で顔を表現されており
若干ながら目の角度などを変える事で顔の表情を表現してました。
(ちょっと今から見ると違和感がありますが手法としては正解だったと思います)

ハットリカンゾウは伊賀の山奥で
左卜全氏
演じる老師・木曾仲経脳屁之斎斎(きそなかのりのうへのさいさい)の
伊賀忍者塾を無事卒業し武者修行のために山を下り町へ目指すものの
山奥育ちのハットリくんには町では初めて見るものばかりで不安を感じてました。
そこへ大好物の秋刀魚のの匂いに誘われて
ケン一少年の家へと入ってしまいます。
ハットリくんはそこでケン一くんという町で初めての友人が出来、
その夜に忍び込んできた泥棒を忍法で撃退した事から
ケン一少年の家に居候する事になる
のです。

牟田氏はこの忍者ハットリくんでケン一くんのパパを演じています。
いきなり居候としてきたハットリくんを見ても忍者の存在を信じない頑固者
ですが
(確かにいきなり来て「拙者は忍者でござる」と言われても対応に困るが)
小言をやかましく言ったり放任主義だったりと
頑固者の割には結構、多面的な性格の持ち主
でもあります。

この忍者ハットリくんは半年間の放送ながら人気を博し、
もちろん劇中でもライバルの甲賀忍者ケムマキケムゾウも登場しますし、
放送終了後も続編というか新シリーズとして
忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウが放送される事となるのです。
ジッポウはTVオリジナルキャラですが後に原作にも登場する人気振りでした。

(ただTVでは宇宙怪獣、原作ではハットリくんの幼馴染という設定)

4周年記事の後にまた訃報記事となってしまいましたが
牟田氏がレギュラー出演した昭和41年(1966年)モノクロ製作の
忍者ハットリくんは後の特撮ホームコメディー路線の金字塔的作品の1つ
であり
特撮史上でも重要なポジションにある作品であった事が
お分かりになるか
と思います。

それでは、今日はこの辺で失礼します・・・
今度はもう少しまともに絵が描けるようになりたいです・・・。






「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「何だかんだで「ひいろお倶楽部@」も今日で4周年を迎えました。」
(バッファローモンガー)
「声優・市川治氏逝く・・・永遠の美声」 (鋼鉄参謀)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「才女・岸田今日子氏逝く・あのJACとの関係」(シャドウ忍者部隊)
「病院へ行ってきましたPart73・自転車乗れずとも顔は穏やかに」(伊賀の猿丸)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-25 10:26 | 特撮系
こんばんは、4日ぶりのGでございます・・・。

まずは業務連絡から。

昨日22日にエキサイトブログから発表がありました。



「コメント承認機能を追加しました」
(クリックすると詳細が見れます)

以前にもアメリカからのスパムトラバ攻撃で苦しめられた経験のある、
この「ひいろお倶楽部@」も
コメント承認制を本日23日から導入
しました。
ですので、コメントを書かれた後に反映されるまで
Gが一旦、確認するため時間がかかるようになります
ので
この記事にてお知らせします。


20日にお茶の水の病院へ行き今月からの体調面のガタ落ちから
採血や薬の調整などGの体を本格的に調べている
所ですが、
それら病院系記事はもう少し状態の良い時にまとめて書くとして

死神バッファローの誕生日記事をアップした頃から
古い常連さんは「今日は何の日、フッフッフッフー♪」と覚えてているか
と思います。

今日1月23日で「ひいろお倶楽部@」も4周年となりました。

Gの誕生日である1月16日の1週間後に
「ひいろお倶楽部@」はスタート
しましたからね。

USURAの記事で1月にやっておきたい事と書いたのは
誕生日記事の他にこの4周年記事も含まれていて

(まあ、他にもある事はあるのですが)
前回の鋼鉄参謀の記事でも、次回ではもう少し元気で登場したい、
と書いたのも今日の4周年記事のため
だったのです。

なので、今日はここのところ続いた
彼女の急死関連の暗い文章には敢えて触れず、

といっても体調面では検査中という状態ですので
簡潔に、明るく記事を展開したいと思います。

この1月23日の記事はスタート記事が太陽戦隊サンバルカンで始まった事から
毎年、初心に帰る意味でサンバルカンのネタを書いていますが
当初は別のネタで行こうと思ってたものの
今年は丑年の年男のGさんですのでリクエストリストにもあった
丑年にピッタリのネタに変更して鉛筆画を今日描きました。


ただ、どうしてもタイピングや鉛筆画を描くとなると
まだまだ時間がかかって仕方がない
のですが・・・。

起用した特撮キャラはコイツです。

c0040422_18171811.jpg


太陽戦隊サンバルカンに登場の機械生命体バッファローモンガーです。

うわー、まんまのネタだよ、ホント・・・。

(今朝、帰宅して間もないので今日は早めにここで一旦休憩します・・・)

んー・・・筆圧も不安定なせいか鉛筆画の出来もまだまだですね・・・。

気を取り直してバッファローモンガーの説明に入ります。

敵組織ブラックマグマは大神山を拠点に地震を発生させ
最終的には関東大震災級の大地震を起こす作戦を展開。
その昔、大神山を荒らすと神の使いである妖魔獣が暴れ回る、という伝説
があり、
バッファローモンガーはその妖魔獣そっくりに製作され
妖魔獣伝説を悪用して暴れ回って秘密基地に近づけないようにしていた。
そのため、50mの巨大化の通常フォーマットの機械生命体と違った、
等身大、通常の巨大モンガー、通常の8倍の巨大化が出来る
ハナビモンガー
のようにこのバッファローモンガーも
等身大、妖魔獣の伝説上の大きさである8m、通常の巨大モンガーの
3パターンの大きさに変える事が可能
となっている。
(その8m時の足や専用のセットも別に製作されている)
左角が弱点のようで攻撃されて等身大
(といっても2m)の大きさに戻っている。
武器は厚さ50cmのコンクリートも粉砕する突進力、
巨大な角による串刺し攻撃、口から吐く高圧ガス、
手にした牛の角を模した杖
であり、
また夜間には全身を青白く発光させる能力も持つ。
声の担当は依田英助氏、デザイン担当は久保宗雄氏。

今日は死神バッファローの記事や鋼鉄参謀の記事よりは
負担を軽くサクッと記事を仕上げましたので、これで終了いたしますが


こんな不安定な「ひいろお倶楽部@」ですけど
何卒宜しくお願いします。


それでは、今日はこれにて・・・
また元気になって記事が書けるといいなあと思います・・・。






「丑年Gさんの誕生日企画・メガール将軍の最期」(死神バッファロー)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「声優・市川治氏逝く・・・永遠の美声」 (鋼鉄参謀)
「とりあえずサンバルカンでブログデビュー」
「祝!「ひいろお倶楽部@」1周年!最強のサムソンモンガー!のはずが・・・。」
(1周年の記事・サムソンモンガー、ミイラモンガー)
「華々しく「ひいろお倶楽部@」2周年といくつもりでしたが・・・。」
(2周年の記事・ボクサーモンガー)
「祝!「ひいろお倶楽部@」3周年!1年待たせたクリスタルモンガーが主役、ではなく?」
(3周年の記事・クリスタルモンガー)
「サンバルカン花火を打ち上げろ!ハナビモンガー!」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-23 18:45 | 特撮系
c0040422_19355024.jpg


こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

第2回Gサンタプレゼント〆切の記事ロボコンの記事USURAの記事
前回の死神バッファローの記事
ここのところ安定しない感のある「ひいろお倶楽部@」
ですが、
その間、ご心配頂いた方々からのメールやコメントには
Gもこの場を借りて本当に感謝しています。

17日には入院時代の友人から偶然ですが電話を頂きました。
急死した彼女とは共通の友人、という事になる
のですが
(ロボコンの記事で相談した友人とは別の方です)
Gがこんな感じなもんですから友人が事情を聞いて
当時の事も知ってる数少ない友人でしたので
「私も頑張るから元気を出してね」と励まされました。

それ以降も不安定感はまだあるものの、
また少し絵を描きたいなあ、という気持ちが徐々に出てきてはいます。

その勢いといいますか、その直後に元々、記事にしたいと漠然と思ってたものを
どうしても描きたいと思いまして、バーッと鉛筆画やらの作業をしました。


レスはしてないものの色々な方のブログなどはたまに拝見してまして
死神バッファローの記事を書いた直前くらいに
ざんぶろんぞさんのブログpulog1さんの掲示板を拝見した際にビックリ
しまして
去年のゲララチンの記事でも書いたように
訃報記事は書かないでおこうと思ってましたが

「仮面ライダーで最も気に入ってる怪人は海蛇男

と公言してるGとしましては、どうしてもそのままにしておけなくて
本日遅ればせながら記事にしました・・・。


前置きが長くなりましたが、どの方の訃報記事に驚いたかと言いますと・・・


声優・市川治氏が2日、心不全のために亡くなられました。72歳でした。


そうです、Gの好きなショッカー怪人・海蛇男の声も市川氏の担当でした・・・。

まあ、市川氏の声はGの支えの1つだった事は間違いないですね。

そもそも他の役で市川氏は仮面ライダーの声の仕事をしてたものの
怪人の声を最初に頼まれた時はちょっと考えた
といいます。

テアトルエコーの方々の怪人の声の仕事ぶりを間近で見ている市川氏は
声質が知的な感じや若々しい感じのイメージが強く、
スーパージェッター等、そういう役柄がそれまで多かっただけに
荒々しい怪人の声が声質に合うのだろうか?と思われた
そうです。

そこで市川氏は発想を変えて、そういう荒々しい怪人は他の方が向いているので
自分はこの声質を生かした怪人の声をカラーにしていけばいいのではないか?
と発想を転換して怪人の声に臨み、この発想の転換がうまく作用し
市川氏独特の怪人の声のカラーが誕生
しました。

その後の勇者ライディーンのプリンス・シャーキン
超電磁ロボ・コン・バトラーVの大将軍ガルーダ、
超電磁マシーン・ボルテスⅤのプリンス・ハイネル
を皮切りに
市川氏のもとに美少年役の声の仕事が集まり
市川氏の美声と発想の転換で当時は女性にも支持を受ける等、
不動の人気を得る事は皆様のご存知の通り
ですが
(ハイネルがカザリーンの最期に叫ぶシーンはエコー無しでガラスの反響を計算したそうです)

コン・バトラーVではガルーダの死後も総統ワルキメデスを市川氏は演じており、
そういった役柄の方が楽だったと後年、市川氏は語ってた
そうで
ロボっ子ビートンのノーベルさんやドカベンの不知火が
市川氏ご自身の性格にも合ってハイネル同様に気に入られてた
ようです。

Gも市川氏のセリフで一番好きなのは
ワルキメデスが女帝ジャネラに脳を取られそうになる際に叫んだ

「恨むぞぉ!ジャネラァーッ!」

とかが何故か頭に残っていたりしています。

結局、ここに挙げてる人物が出てくるくらい、
Gも市川氏の声で育ったんだなあ、
と思います。

そういう芸達者の声優さんがドンドン来世に行ってしまうのは非常に残念ですが
残された市川氏の声を大事に聞いていく事が
残されたGにとっても大事なんでしょうね・・・合掌。

俳優の牟田悌三氏の訃報もケンちゃんシリーズで育ったGにもショック
でしたが
ちょっと体調的に牟田氏の分まで記事が書けるのかは微妙なので
牟田氏には申し訳ないのですが合掌させて頂くと共に
今回のように体調面で折り合いがついた際にまた改めて書く事にします・・・。

(牟田氏の追悼記事は1月25日に掲載致しました・・・)

今回の鉛筆画は訃報記事ですと敢えてセオリーを避けていくG
ですが
勢いで描いた鉛筆画はpulog1さんの掲示板に同感して
市川氏の仮面ライダーシリーズの名キャラクターを起用
しました。

c0040422_1937087.jpg


仮面ライダーストロンガーに登場のデルザー魔人である鋼鉄参謀です。

本当に勢いで描いたので荒削りの上、バランスも悪く、
手にした鉄球も汚しなどを省略した形にして
紙いっぱいに描いた鉛筆画ですが、今回はこの絵でご容赦を・・・。


(今日は体調面を考えて無理せず、ここで一旦、休憩に入ります・・・)

(1月19日PM21:42)

それでは少し休ませて頂いた所で鋼鉄参謀の説明に入ります・・・。

鋼鉄参謀はフィンランドの黄金魔人の子孫という設定を持つ
ストロンガー後期の敵組織デルザー軍団屈指の実力派の猛者。

呼び寄せたジェネラルシャドウ
「ストロンガーを倒した者がデルザーの指導者」という案に
一番手として挙手しストロンガーと実に5回にわたって戦いを挑んできた。

話数にしても27、28、29話と3話連続で登場している)
正攻法を好む怪力無双のデルザー魔人であり
ストロンガーの電気技を吸収し己がエネルギーに転換する強靭なボディを誇り
巨大な鉄球を怪力で振り回して襲い掛かる。
狡猾な性格で同じくデルザー魔人である荒ワシ師団長とは
軍団内でも一番仲が悪く、戦いの邪魔をする彼に抗議をした事もある。
軍団内屈指の実力者だけにストロンガーを倒すか
とも思われたが
同じくデルザー魔人であるドクターケイトに酸性物質が弱点であると指摘され
彼女の毒素によって遂にストロンガーに敗れ去る。

同じデルザー魔人でもジェネラルシャドウより上の実力者である
マシーン大元帥も市川氏が声を担当
されてますが
Gの印象としては、やはり鋼鉄参謀の方が強く残ってますね。
正攻法の屈指の実力派というのがインパクト大
ですね。

今日は日中に用件があったため、やむを得ず夜に記事を書いてますが
流石にタイピングミスも出てきてる
ようなので
明日から少し出かける事もあり早めに切り上げます。

では、今日は此れにて失礼します・・・
次回はあともう少し元気に登場したいものです・・・。







「第2回Gサンタプレゼントを本日を持って〆切ります・・・」
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「丑年Gさんの誕生日企画・メガール将軍の最期」(死神バッファロー)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「秀逸したデザインとプリズムアイ・新1号ライダーVS海蛇男!」
「ひいろお第31話:ヒーローの宿命」 (仮面ライダーストロンガー)
「白い悪のダンディズム・ジェネラルシャドウ!」
「ログインしようにも荒ワシ師団長が飛びます!飛びます!」
「病院へ行ってきましたPart4・ドクターケイト登場!」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-19 20:33 | 特撮系
こんにちは、5日ぶりのGでございます・・・。

第2回Gサンタプレゼント〆切の記事ロボコンの記事USURAの記事
皆様には大変ご心配をおかけしています

少しずつですけど元気になる時間が出てくるようになってきました。
メールを打つ機会もあって多くのメールを打つと調子を崩すものの
1日2通くらいは書けるようにもなってきました。
仕事のスピードは相変わらず遅い
のですが。

今日は1月16日、Gの誕生日でございます。

誕生日の時は色々と突発的な事情で簡単に済ませたりもしてますが
大体はGの好き勝手な特撮系記事をイベントみたいにアップしています。

今年はボクシング男のドット絵の記事にあったようにGは年男なので
牛にちなんだリクエストリストにもあるネタを去年から考えてはいたものの
冒頭の事情から、どうしようか?とずーっと思っていました。
簡単な記事で終わらせようか?
とか。
でも丑年ネタなので放置すると次の機会が12年後になってしまいますし。

USURAの記事の前日にちょっと絵に関する出来事があり
本決まりではないので今は公表できませんが
タイミング的にも「彼女はGに絵を描き続けてほしいのかな」と思うようにもなり

幸い昨日15日から時間的に余裕が出てきた事から
体調の良い時に鉛筆画や文章を分散して作業していき
ゆっくり数日かけて記事をコピペなど継ぎ接ぎでやれば
無理はかからないだろうと判断
今日の誕生日記事アップに踏み切りました。

ですので、この記事は調子の良い時に
パーツを組み合わせて構成してる、
まだ体調面もあって完全復帰という形ではない、
と考えて下さい。
明日以降にも太字処理やリンクなどの作業、
この記事の書けなかった分を構成するような形も考えてます。

元旦にも別の鉛筆画は描いてましたがロボコンの記事以降で
鉛筆画を描いたのが昨日でして本当に久しぶりになります。
やはり時間もいつもよりかかってしまい
あまりうまくいってないかもしれませんが
丑年の誕生日記事の起用を考えてた特撮キャラはこのキャラ
です。

c0040422_22474045.jpg


仮面ライダースーパー1に登場のドグマ怪人である
死神バッファローと彼の愛馬バラガです。

スーパー1初期の敵組織ドグマ王国の幹部である
メガール将軍の正体が死神バッファロー
であります。
元々、彼はドグマが改造手術した改造人間ではなく
スーパー1より以前に宇宙開発用改造人間として手術を受け
当時の手術の技術の未熟さから失敗してしまい、
このような姿
になってしまいました。
ただ彼の頭にはドグマによって服従カプセルが埋め込まれており
首領である帝王テラーマクロの鈴の音によって操られます。
メガール将軍の姿の時と同様に愛馬であるバラガを駆り
武器は30tの衝撃を与えるショルダータックルと鎖の付いた巨大な鉄球
があります。
声はメガール将軍を演じた三木敏彦氏、御本人が担当されてます。

この死神バッファローが登場する

仮面ライダースーパー1第22話「怪人墓場での決闘!メガール将軍の最期」

監督・小西通雄、脚本・江連卓、敬称略

本放送時に見たのですがドグマとの最終決戦直前であった事もあり
テラーマクロの変身体カイザーグロウが大間抜けだったのもあるのでしょうが)
凄く切ない気持ちになったのが強く印象に残っています。

それで去年の段階でセレクトしたのもあり
今月に入ってからの流れとダブってるようにも見えると思いますが
元々、用意してたネタである事を予め書いておきます。


また怪人墓場の首の面々はGがビデオで確認したもの以外にも
資料の写真にあった面子(オニメンゴ、ライオンサンダー、ヤッタラダマス
も含めて書いていますので、それも予め書いておきます。

あえて誕生日用にGが書きたかった
スーパー1を、人間を異常なまでに憎むメガール将軍の末路とは?

昨日の体調のいい時を見計らって少しずつ書いてた
その内容を載せていきます・・・。


帝王テラーマクロの命を受け愛馬バラガを駆って
ドグマ宮殿へ入城するメガール将軍。
スーパー1とファイブハンドを除いて同等の能力を持つ
ドグマ怪人バチンガルを倒された責任を
玉座の間に来て早々に突きつける親衛隊
だが
メガール将軍は親衛隊の叱責を斥けテラーマクロの命を聞く。
「お前はワシのために死ねるか?」
「もちろんでございます。
人間社会に絶望して自殺しようとしていた私を救ってくれたのはテラーマクロ、
その時から私の命は貴方のものでございます」
「余のために死ね」
「ハッ、スーパー1とたとえ相討ちになっても倒してご覧にいれまする」
「よくぞ申した、メガールよ、ドグマの神、カイザーグロウに勝利を誓うとよい」
カイザーグロウの像の部屋が開き、祈るメガール将軍に光線を浴びせ力を与える。
「俺は人間が憎い!俺を醜い体にした人間が憎い!スーパー1が憎い!」
「行け!メガール将軍!お前の憎しみをスーパー1にぶつけるのだ!」


同じ頃、沖一也は谷源次郎に呼ばれて谷モーターショップへやってくる。
池上妙子という女性が訪ねてきたから
だった。
一也がアメリカの国際宇宙開発研究所の出身と聞いた妙子は
ある人物を捜して一也に1枚の写真を見せたが
幼い頃から国際宇宙開発研究所にいた一也でも見かけない人物
だった。

彼の名は奥沢正人、妙子の婚約者だった。
正人は5年前に城南大学から国際宇宙開発研究所に派遣されたものの
1ヶ月後に消息を絶ってしまい妙子は5年間捜し続けたが
何の手がかりもつかめなかった
のだ。

一也は妙子と草波ハルミを連れて
JAPAN宇宙研究所の黒田所長に会いに行く事にする。
到着時の研究所の中からの爆発を見て3人は中へ入ると
怪我を負った黒田所長がいた。「爆弾を仕掛けられてた」と言う黒田所長。
一也は
幸い軽傷だった旧知の黒田所長に奥沢正人の事を尋ねる。
「一也君・・・奥沢の事は宇宙研のタブーなんだよ・・・」
表情を曇らせる黒田所長だが奥沢正人の事を語り始めた。

奥沢正人は本部の秘密研究員だった事。
改造人間の研究に関わっていた事。
5年前にも宇宙開発用改造人間の手術があった事。
奥沢正人はその手術に自ら志願した事。
だが当時の手術の技術は未熟で計算ミスから
変身メカに狂いが生じ手術が失敗した事。
その翌日に奥沢正人は行方不明になった事・・・。

「かわいそう・・・あの人がかわいそうよ・・・」
衝撃の事実に涙を流す妙子はロケットを見つめオルゴールを聞く。
このロケットは奥沢と妙子が婚約した時に2人が1つずつ持っているもの
だった。
妙子のロケットには奥沢の写真が入っていた。

「今、奥沢は東京にいる、10日前に電話があった、今は理想郷・・・」
と黒田所長が思い出した時に戦闘員ドグマファイターに殺害される!
「奥沢正人の消息を調べるな!知ろうとすると命はないぞ!」
ドグマファイターは爆弾も内蔵して一也たちを襲撃する!
奥沢正人とドグマが関連してる事に確信を得た一也は
逃げたドグマファイターを追う。

残された2人も谷のジムニーに乗りレーダーで後を追う。

ドグマファイターのドグマ渦巻き戦法を受けるも倒した一也の前に
愛馬バラガを駆ったメガール将軍がやってくる。
「沖一也!ドグマの前に立ちはだかるただ一人の男、今こそ雌雄を決するぞ!」

バラガで一也を踏み殺そうとするも一也のキックでメガール将軍は落馬、
剣を抜いて戦おうとするメガール将軍に一也は問う。
「待て!1つだけ聞きたい事がある!奥沢正人さんを知っているな?」
「そんな男は知らん!死ね!」
剣で襲い掛かるメガール将軍をもみあった末に投げ飛ばす一也。


するとメガール将軍は正体である死神バッファローの姿を現した!
「まさか、その姿は・・・もしや、もしや貴方は奥沢正人さんではないのか?」
「知らん、知らん!この死神バッファローのショルダータックルを受けてみよ!」
30tの衝撃がある死神バッファローのショルダータックルに苦しむ一也は
スーパー1へ変身!それを見た死神バッファローは
「ふさわしい墓場がある、ついて来い!」
と愛馬バラガを駆る。スーパー1はブルーバージョンで後を追う。

ジムニーで更に追いかける谷たち。

スーパー1が辿り着いた所は十字架のある墓場だった。
十字架から緑の血が滴り
バチンガル、ガニガンニーカマキリガン、アリギサンダー、
スネークコブラン、ツタデンマ、オニメンゴ、ライオンサンダー、
ヤッタラダマスの首が出てくる。
メガール将軍の姿に戻った彼は言う。
「スーパー1、ここはお前に敗れ恨みを抱いて死に果てたドグマ怪人の墓場だ!
スーパー1よ、今こそ怪人たちの恨みを晴らしてくれるぞ!」
「黙れ、メガール!ドグマが悪の王国を目指し、
人間を苦しめる改造人間を製造しなければ、こんな事にはならなかったんだ!」
「スーパー1よ!貴様は美しい、貴様には醜い怪人の悲しみはわかるまい!」
「メガール!悪いのはドグマの心だ!人間の世界に君臨しようとする、
貴様たちドグマの陰謀だ!」
「黙れ、黙れ!俺は貴様が憎い!
宇宙開発用改造人間として人間どもの心を一身に集める貴様が憎い!」

ドグマ怪人たちの首がスーパー1を襲うも撃退する。
「メガール将軍、何故、俺を憎む?何故、人間を憎む?」
メガール将軍と再び直接対決をするスーパー1。
メガール将軍は戦いの最中、ロケットを落とす!
「メガール将軍、そのロケットは・・・!
奥沢正人さんは貴方なんだな?本当の事を言うんだ!」

ロケットを握り締めながらメガール将軍は遂にスーパー1に語りだす。
「・・・俺が奥沢正人だ。
この俺こそが宇宙開発用改造人間第1号になるべき人間だったのだ。
手術が失敗して野獣のような体になってしまったこの俺の悲しみを
お前なんかにわかってたまるか!」
「奥沢さん、あれから研究が進み貴方の変身メカは治るんだ」
「嘘をつけ!」
「嘘ではない!俺の体を見ればわかるはずだ、
貴方も手術を受ければ俺の体のようになれる!」
「もう遅い、手遅れだ!」
「手遅れではない!それに奥沢さん、妙子さんは今でも貴方を愛してるんだぞ!」
「妙子が・・・?」

ちょうど谷たちが到着
妙子がメガール将軍、いや奥沢正人と遂に再会する。
「妙子・・・」「正人さん・・・」
2人はロケットをかざしオルゴールが流れる・・・。
「妙子さんは5年間ずっと奥沢さんを捜し続けてたんだ」
「奥沢さん、妙子さんのひたむきな愛をわかってあげて!」
「奥沢君、もう一度、出直すんだ!」
スーパー1、ハルミ、谷の言葉にメガール将軍は思わず叫ぶ。
「妙子!」
「奥沢さん、妙子さんを見ても、まだ人間を信じられないのか?」
スーパー1たちの説得がメガール将軍の心に届こうとしていた。

ドグマ宮殿の親衛隊はこの光景からメガール将軍が裏切ったと
テラーマクロに報告
する。
「メガールにもまだ人間の心がすこーし残ってたようだのう・・・」
親衛隊がメガール討伐に出ようとするのをテラーマクロが制止
する。
「メガールは余を裏切れぬ。
メガールの脳には服従カプセルが埋め込まれているのだ」
鈴の音が鳴り響く。
頭の中の鈴の音に突然苦しみだすメガール将軍!
鈴の音によってテラーマクロがメガール将軍を操ってる事を知るスーパー1たち。
「カイザーグロウの神よ!守りたまえ!」
表情が変わり再び変身するメガール将軍!
「俺はドグマの将軍にしてドグマ怪人、死神バッファロー!」
死神バッファローはスーパー1にショルダータックルを仕掛ける!

「正人さーん!やめてー!」
谷たちを振り切って妙子はスーパー1の前に立つ!
死神バッファローのショルダータックルの30tの衝撃をまともに受ける妙子!
妙子の手からロケットが落ちる・・・。
「正人さん・・・」スーパー1の胸で絶命する妙子。
「妙子さん!妙子さん!妙子さん!
・・・おのれ、死神バッファロー!お前はもう人間ではない!来い、ドグマ怪人!」

怒るスーパー1相手に鉄球を振り回して戦う死神バッファローは
エレキハンドで角を折られスーパーライダー閃光キックに敗れる。
「ドグマよ、永遠なれ!」の言葉を残して。

一也は死神バッファローが倒れた跡に奥沢のロケットが落ちてるのを見つける。
中には妙子の写真が入っていた・・・。
「メガール将軍は心のどこかで妙子さんを愛してたんだ・・・
許せないのはテラーマクロだ!」

そして、そのロケットにはテラーマクロのアジトを示す隠し地図も記されていた!
「妙子さん、貴方の大切な人を悪魔の使いにしてしまった
テラーマクロを必ず倒します!」
一也はテラーマクロとの決戦に向けVマシーンを走らせる
のだった。

(文中にもあるようにあまり無理しないため、一旦、休憩をさせて頂きます・・・)

(1月16日PM16:13)

あらすじを読んでもらうとわかると思うのですが
メガール将軍は確かにドグマの幹部ではある
のですけど
テラーマクロ直属の親衛隊よりは身分が下であり
彼の強気な性格で親衛隊に対抗していました。
親衛隊のみとのやりとりとなると彼はその面を露骨に出しています。

奥沢正人は改造手術に失敗した後に失踪し自殺をしようとしたところを
テラーマクロに救われメガール将軍となりドグマ王国を理想郷と思ってた
ようですが
メガール将軍自身の立場は不安定なものであった事は言うまでもありません。

メガール将軍は手術の失敗後は常に不安定な立場にいた。

ただ彼を安定させる心のよりどころは婚約者の池上妙子への愛だった。
だからメガール将軍はずっとロケットを持っていた。
今のGだからかもしれませんが、そうとしか思えないのです。

しかしテラーマクロに操られたとはいえ死神バッファローは妙子を殺してしまった。
この時点でメガール将軍こと死神バッファローは存在しても
奥沢正人という存在は残されたロケットのみとなってしまいます。


更に死神バッファローが存在しなければ
仮面ライダースーパー1も存在しなかったかも知れないという皮肉さ。
池上妙子はスーパー1が誕生した時も奥沢正人を捜し続けてた、
と思うと何というか寂しさだけが残るようにも思います・・・。

メガール将軍は結局、自らの命を救ってくれた
テラーマクロによって存在してたのではなく
婚約者の池上妙子によって存在していた、
という事だったんでしょうね・・・。

しかし、かなり以前から予定してた、この記事のアップが、
なんで、この時期になったんだろうなあ?
不思議な気持ちがします・・・。


日程的に余裕があった事や継ぎ接ぎで記事を構成した事もあって
何とか16日までに誕生日記事を書き終えられそう
ですが、
あんまり記事の字に着色したいとかは思いませんね・・・。

あとはまたゆっくりと休むとしますかね・・・。

Gの心が完全復帰できる日を夢見て。

では、今回の誕生日記事はこれで失礼します・・・。










「第2回Gサンタプレゼントを本日を持って〆切ります・・・」
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「あけましておめでとうございます!2009年のGの年賀状があるの!?」
(ボクシング男のドット絵)
「病院へ行ってきましたPart30・病院へ行って思い出した節分とオニメンゴ!」
「青天の霹靂!突然のヤッタラダマス?に「シーンジラーレナーイ!」」
「今日はGの誕生日だったのですが泡食ってガニガンニー・・・。」
「病院へ行ってきましたPart85・眼科の検診でカマキリガンの目がクールクル」
「恋人バトンに何故ツタデンマが登場?」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-16 12:59 | 特撮系
こんにちは・・・1週間ぶりのGでございます・・・。

通常の1.5倍という多くの方々が頂いて閲覧して下さり
ご心配をおかけして申し訳なく思います・・・。

ロボコンの記事第2回Gサンタプレゼント〆切の記事の連日アップの後、
1月6日の仕事始めからは仕事しかやる気にならなかった事もあり
スピードが遅いものの何とかこなして
いますが
仕事と用事のスケジュールの関係で
記事アップする時間を確保できなかった
のもありますけど
彼女を亡くしたショックはGが思う以上にあまりにも大きかったようで
手に力が入らない感じになっており携帯の操作もうまくいかず、
アイデアが出てきても新しい鉛筆画を描く事もできず、
キーボードの操作もできなくなってしまいました・・・
マウスの操作はできているんですけどね・・・。


そのため色んな友人の方々からの
メール、コメント、トラックバックの返事がほとんどできず、
今もタイピングミスを繰り返しながら
時間をかけて必死に記事の文章を書いてます・・・。
この記事は部分的にコピペで何とか対応してます・・・。

1人になると涙は出なくなってきましたが
頭痛、頭がクラクラする、足元がふらつく、異様なほどの疲れを感じる、
首や関節の痛みが出る、体が緊張する、寝る時にうなされる、
といった事も出てきています・・・。

1月にはやりたい事がありますし、
人の死で病が悪化する事はよくあるので充分な注意はしてますけど・・・。


ご心配かけて申し訳ありませんが
今少し時間を下さい。


今日11日までにエキサイトブログから重要な発表があったので
下記に記しておきます。



◎1月5日のエキブロの発表◎
「エキサイトブログ「お知らせ」改ざん問題についてのご報告」

◎1月9日のエキブロの発表◎
「未ログインでコメントすると「スパムコメント」と判定される問題」

(2件ともクリックすると詳細が見れます)

最後に無理しない程度に何とか前向きでやってるという意味合いで
YouTubeのPVを今回も使います・・・。

Open Your Mind / USURA (1993)



映画「トータル・リコール」のセリフを使っている
リミックスも数回出た程の有名なハウステクノ
です。

Open My Mind.

皆様、もう少しお待ち下さい・・・。

キーボード操作の関係で、これだけですけど今日は失礼します・・・。





「無題2」 (ロボコン)
「第2回Gサンタプレゼントを本日を持って〆切ります・・・」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-11 10:43 | 音楽系
c0040422_6365045.jpg


正月2日に実家から帰ると留守電が入っていた
留守電を聞いてただならぬものを抑えて折り返し電話した

自分が電話で耳にしたのは友人の去年の急死の知らせだった
頭の中が真っ白になった自分の目からは涙があふれてきていた

その友人と初めて会ったのは10年前の事だった
自分が今の病に侵され会社も辞めて入院した時に
彼女も既に入院しており優しい人柄からすぐに友達となった

というか自分は彼女に恋をした

目がパッチリとした細くて愛らしい姿
自らの事より常に他人の心配を優先する優しさ
自分が知らなかった濡れ煎餅を教えた時の丁寧さ
自分と同じお酒好き
「探偵物語」の再放送をずっと見ていたほどの松田優作の大ファン
たまにポロリと出すボヤキのような本音
優しさ故の頑固ともいえる強い意志
何よりも温かいその笑顔

その彼女の全てに自分は惹かれた

そういえば皆から似顔絵を描いてくれるよう頼まれて
彼女からもお願いされて似顔絵を描いた事もあったよね

テディベアみたいだと自分に寄り添ってくれた事もあったよね

しかし自分には当時付き合ってる人が遠方にいて
入院の状況を手紙を書いてやりとりして心を支えられていた

更に彼女が他の人からの告白を断ったと知った自分は
彼女の心の奥に強くて固い思いがある事を感じ

自分は3ヶ月弱後に退院するまで告白しなかった

それから数年の時が経ち
付き合ってた人と自然消滅してきた頃の自分は
偶然にも彼女と再会する

お互いに年は取ったが彼女のあの頃の笑顔はそのままで
自分は何となくだが運命的なものを感じた

自分は彼女の事を真剣に考え別の友人にその相談をしたが
彼女には他に重い病があり相談した友人が2人の身を案じて反対したのもあって

その後の告白も断念し1人の友人として彼女と接する事を決めた


それでも彼女と会ったり話したりするとときめいた

彼女はずっと自分を慕ってくれ電話口でも喜んでくれていた

お互いに元気になったら2人でお酒を飲む約束もした

「何で入院してた頃はGさんがカッコいいと思ったんだろうね」と彼女は不思議がってた

体調の不安を相談した彼女に薬によるものだと自分は教え色々とアドバイスした

別の重い病で彼女が入院した際もお見舞いに行った

お見舞いのロボコンのペン画を見て「私には才能がない」と呟く彼女に
「好きこそ物の上手なれ」で人生の中で好きだった事を
何でも続ければ大丈夫と自分は励ました

自分が交通事故に遭った際も彼女だけは真剣に叱ってくれた

入院当時の彼女の親友の病の経過を心配して知りたいと相談され
自分は出来る限りの事をして連絡した

「入院してた頃のメンバーが集まって会えればいいな」と彼女は言っていた

やはり彼女はずっと自分の憧れの人だった


だが自分が自分自身のために一所懸命だった頃に彼女は急に空へと昇った

彼女が重い病の経過も良く元気に過してると聞いてただけに
電話口の自分は何故?の言葉しか頭に思い浮かばなかった

何故そんなに早く彼女は天へと昇ってしまったのだろう?
何故もっと彼女へ電話しなかったのだろう?
何故もっと彼女に会おうとしなかったのだろう?
何故もっと彼女と話そうとしなかったのだろう?
何故お酒を一緒に飲む約束を早くに実現できなかったのだろう?
何故もっと彼女を大事にしてやれなかったのだろう?

電話を切って涙が止まらなかった時に
自分は改めて彼女がかけがえのない親友以上の存在であった事を思い知らされた
支えられてた柱が一本抜けてしまったようだった

いつも自分が好きになった人は最終的には手の届かない場所へと行ってしまう
その中で彼女は一番手の届かない場所へと旅立ってしまった

自分の人生に後悔の文字がまた増えるのか?
そんな事が自分の頭をよぎったのも事実だった

しかし天へ昇った彼女は残された自分に教えてくれた

けっして病を得る事は悪い事ばかりではない事を
病を得ても彼女との出会いなど良い事だってあるという事を
病を持った者同士でも他の友人の心配もできる優しさが大事だという事を

お見舞いで描いて渡したペン画のロボコンは
貴女だけの絵だからネットに流さないと約束したからさ
今日は新しくロボコンを鉛筆画で描いておくね
あの時は凄く喜んでくれてたものね

そのロボコンの絵と貴女の写真を見てお酒を飲もう
現世では叶わなかった約束だけど2人で一緒にお酒を飲もう
貴女は空から見ててくれるよね
きっと自分の気持ちがわかってくれるよね

目から自然と涙が出て力が抜けた自分だけど
時間がかかっても現世に残された分だけ何とかやってみるよ
そうしないと空にいる貴女がまた心配しちゃうものね

自分は現世で貴女に出会えた事でとても幸せでした

ありがとう かけがえのない存在だった貴女
さようなら 愛しき人






「第2回Gサンタプレゼントを本日を持って〆切ります・・・」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-04 06:41 | 雑談
おはようございます、Gです・・・。

今日1月3日〆切延長とさせて頂いてた
「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
応募者数0人のままですが事情により、
この記事掲載を持って早めに〆切
とさせて頂きます。


この記事アップ後に関連記事にも〆切の案内を書かせて頂き
応募メールも送れなくなるようにします。

昨夜から色々とGの頭をよぎってコントロールできず
今日の記事で絵を載せたり
頂いた年賀のコメントやトラックバックのお返事を書いたり
メールを送ったりする気持ちには、とてもなれません・・・。

YouTubeから、このPVを使わせて頂きます・・・。

会いたい / 沢田知可子(1990)



正月3日なのに誠に申し訳ありませんが
事情により今日はこの記事のみにて失礼します・・・。






「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-03 09:47 | 音楽系
皆様、あけましておめでとうございます。
Gでございます。

まずは業務連絡から。

本日1月1日の記事掲載時に
第2回Gサンタプレゼントの〆切
とさせて頂いてましたが
Gが正月三箇日がお休みである事と
実は只今、応募者数が0人なので
応募〆切を1月3日(土)記事掲載時まで延長します。
他の記事の応募も1月3日までにこの記事完成後に訂正しておきます。
第2回Gサンタプレゼントの詳細は下記の記事をクリック!



「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
(↑クリックすると第2回Gサンタプレゼントの詳細が見れます!)


なお12月26日からの
Gのメールソフトのスクリプトエラー発生の関係で
第2回Gサンタプレゼントの応募方法を一部変更してます。
詳しくは上記の「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」のリンクにて
ご参照ください。申し訳ありません。


◎1月3日を持ちまして第2回Gサンタプレゼントは〆切らせて頂きました◎

という事情前回のエナ・ハルコスの記事であったように
昨日の大晦日が仕事納めだったため、
この時間まで敢えて記事アップを遅らせました。


さて、去年は10月末から代理出勤や自宅の仕事、
過労でのダウン、転職活動、眼圧悪化が重なり
多忙な日々を送っていたG
ですが
その代理出勤をかなり多くこなしてきた事で
久しぶりに正月三箇日はのんびり出来る事になりました。


もう皆様のお手元には届いてる頃かとは思いますが
クワゴ怪人の記事にて
「ネットが接続できなかった期間にドット絵を制作してた」

と書いておき
ヒカリコングの記事では
「今日は12月15日なので送りました」
とも書きました。

そうです、万一の場合に備えて
8月から年賀状を製作してたのです。


その2009年のドット絵年賀状がコレなんですが、
Gさんの年齢が遂にわかってしまうネタとなっております。

c0040422_1747398.jpg


今年の年賀状は星雲仮面マシンマンのボクシング男です。

あまり画像を大きくすると汚くなるので、このままにしておきますが
落款の部分はエアブラシをかけておきましたので。

ボクシング男の説明は以前のペン画のボクシング男の記事を見てもらうとして
Gさん、年男でございます・・・。

なもんで、牛のネタでもよかったのですが
マシンマンのネタでドリル男カッチュウ男Ⅰカマ男
ドット絵を制作してました
から、せっかくボクシング男がいるので

年齢に左右されやすく年末に試合の多いボクシング
年男の年を引っ掛けてドット絵制作を開始した、
というわけ。

なんともわかりやすいネタといいますか・・・。

ドリル男、カッチュウ男Ⅰ、カマ男、そして昨年の沖縄展示用のガイロスと続いて
今回5回目の新作ドット絵の記事となりますが

いつものように簡単に製作工程を載せておきますかね。

まず、ボクシング男のポーズはこの辺を参考にしました。

c0040422_17521691.jpg


ペン画もこれを参考に描いたのですが
・・・ハッキリ言ってわかりづらいなあ、コレ。モノクロだし。
両手のでっかいグローブが特徴
なので、
まあ、本当に参考程度にしましたけどね。

ビデオをあまり見る時間はなくて色はどうしようか?と考えて
色々と資料を参考にしました。その1つがコレ。

c0040422_17532992.jpg


同じ着ぐるみ流用のカセット男です。
なんか一番デカイ画像になっちゃったなあ・・・。
他の資料ではグローブの細部や背面などはわかりましたが
最終的に色とかスタイルの参考にしたのは、このカセット男

カセット男ほど参考にはなりませんので載せませんでしたけどアンカー男の資料でした。

で、基本的に実際のボクシング男も(オクトパスの量産型アンドロイドも)
ドリル男のマスクや着ぐるみを改造流用してるので
ボディやパレットもドリル男のものから流用。

ところがグローブの赤とかマスクや胸の青、胸と腰と脚の黄色を使う事から
16色以内でまとめるのに結構、工夫せざるを得なくなり

ヌキ色を考えると15色以内ですからね)
グローブの部分は他の部分で使っている色から
それらしく見せる事で誤魔化してます。


だから実際のボクシング男とは若干色彩が違うと思います。

で、ヌキ色は黄緑色に決めて、
出来上がった64×64四方のドット絵の実際のサイズはこんな感じ。


c0040422_17543932.gif


で、ドット絵を拡大して、字体は「年男」を習字みたいに力強くしたかったので
カッチュウ男Ⅰの「猪武者」とは違った書体を選んで
今回は全体的に同じ書体で統一して和風に仕上げ

後は落款の画像を作っておしまい、という感じですね。

できるだけシンプルにしたかったので、まあ、いいかな。

10月末からの事を思うと
先に8月から作っておいて正解でした、
元旦には届くように送れましたしね、はい。


間に合わなかったのは
第2回Gサンタプレゼントの応募人数だけかな(泣)


という感じで、まあ同じような流れで更新するのでしょうが

皆様、今年も「ひいろお倶楽部@」を
何卒宜しくお願い致します!


では!






「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part27」 (エナ・ハルコス)
「クワゴ怪人の光ファイバーケーブル工事でGが戻って参りました。」
「Gにもヒカリコングの光が見えてきたのか?」
「ひいろお第4話:低コスト」(星雲仮面マシンマン)
「今朝ボクシング男にグロッキーにされました。」 (ペン画のボクシング男)
「来週というか明日から少し「ひいろお倶楽部@」をお休みいたします」
(ボクシング男の親分フック船長)
「急場しのぎでネット復旧・さてGのストレス解消法とは?」(ドリル男)
「あけましておめでとうございます!2007年のGの年賀状は?」(カッチュウ男Ⅰ)
「引越し案内状用にGがノロノロ作ってたドット絵第3弾とは?」(カマ男)
「お待たせしました!沖縄展示用ドット絵を公開します!(はぐれベーダー70)」(ガイロス)
「今日のGはミュージックバケーション!ということで、カセット男登場!」
(ペン画のカセット男)
「先月の記事700件到達前に登場したネームカードの新顔は?」(鉛筆画のカセット男)
「病院へ行ってきましたPart93・アンカー男の左腕が無くなり病院へ急行?」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-01-01 18:39 | 雑談
12月23日より第2回Gサンタプレゼントを
2009年1月3日まで開催中!
詳しくは下記の記事のリンクをクリック!




「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
(↑クリックすると第2回Gサンタプレゼントの詳細が見れます!)

今現在、応募者も大変少なく、この時期がチャンスです!


◎1月1日追記分◎
応募〆切を2009年1月3日(土)記事掲載時へ延長しました!


なお12月26日からの
Gのメールソフトのスクリプトエラー発生の関係で
第2回Gサンタプレゼントの応募方法を一部変更してます。
詳しくは上記の「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」のリンクにて
ご参照ください。申し訳ありません。


◎1月3日を持ちまして第2回Gサンタプレゼントは〆切らせて頂きました◎


ということで、こんばんは、3日ぶりのGです・・・。

前回のドクガンバの記事や前々回のムラサキネズミの記事で書いた
代理出勤もほぼ一昨日28日で終わった
のですけど
あまりにも客足が多くて残業となってしまい
翌日の昨日29日になってVery Very Tiredとなっています・・・。


昨日の日中に最近行く事ができなかったネットカフェへ行き
先月11月分の検索キーワードランキングを確認
したものの
それとお風呂と食事以外、昨日はずーっと寝ていました・・・。

セブン上司の記事ゲララチンの記事で書いた
冒頭にあった特記を削除した理由の記事もあったため
どうしようか
と考えて、昨日今日の連荘で記事掲載も、とも思いましたが

大晦日は仕事納めでもありますし

10月末から代理出勤が多かった分、
正月は久しぶりにのんびり出来そう
ですし


昨日は疲れてこの記事の途中までしか書けなかったため、
その書きかけの記事を一部書き直して今日30日にずらし
時間的にも考慮して、やむを得ず残りの記事は来年に回す事にして
2008年最後の記事アップとしました。

昨日の日中にネットカフェで調べておいた
コピペで体の負担の少ない検索ワードランキングの先月11月分なら
無理なく書けるので、この記事は12月中にやっておきたかっただけに
ようやくですがアップ
します。

しかし、
当初なら月初めにやってる検索キーワードランキングが
まさか今年最後の記事になろうとは
・・・。


それともうどうしようもない事のようなので
以前のタコギャングの記事でも書いた文面を
くどいようですが載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての
連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


ということで記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月11月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングを
やってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて11月は一体どんなキーワードで
この「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?

参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2008年11月●







1位 スペル星人 / 83
2位 がんがんじい / 43
3位 パンドン / 30
4位 ひいろお倶楽部 / 23
5位 ブニョ / 20
6位 マグマ大使 / 19
7位 ミイラ男 / 18
8位 ブルブル ビビューン / 13
9位 ギョダーイ / 12
10位 ピニヤ星人 / 12






半月は代理出勤などのドタバタで
やむを得ずお休みしてた「ひいろお倶楽部@」
ですが
通常の1ヶ月とほぼ変わらぬカウントを記録していたようです。ありがたいですね。
(同一人物は何回来ても1人となる閲覧者総数と違いカウントは延べ人数となってます)
11月の新入りは8位の「ブルブル ビビューン」と10位の「ピニヤ星人」。
ブルブルピニヤ星人も記事にはしてます

ブルブルは季節柄という感がしますけど(それでも超神ビビューンも書かれてますが)
ピニヤ星人は怪獣ブログさんのスペル星人の記事に対して
こんなのもありますよ、と書いた記事
でしてスペル星人はその関係で
ランキングの上位にいることが多いものの意外と記事にしたピニヤ星人は
ようやくというか、やっとランキングした、という感
があります。
3年くらい前の記事ですからね、
ピニヤ星人、ランクインの道のりは長かったです・・・。




それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
今回は前回の検索ワードランキングで急遽タコギャングを起用した関係で
代わりにお蔵入りとなっていたコイツを起用
します。

c0040422_21265992.jpg


電脳警察サイバーコップに登場のデスロイドであるエナ・ハルコスです。

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

(12月30日AM9:13)

あの後に寝させてもらいました、朝になってから残りを書く事にしてたもので・・・

お待たせしました、エナ・ハルコスの説明に入ります。

検索ワードランキングでサイバーコップ
と言えば
サイバーコップ最終回後のリクエストトップ10が起用理由なのですが
そのトップ10で1位が第13話のベンデ・ハルコス
2位が第7話のテセラ・ガロガ
3位の第19話のエニャ・ハルコス
に続いて
第4位にランキングされてたのが、このエナ・ハルコス登場の
第1話「最強の刑事!ジュピター登場」だった
というわけ。

第1話ということは敵組織デストラップから初出撃したデスロイド
幹部のデューウィン女史製作のハルコス軍団の第1号機がエナ・ハルコスである。
エインシュタイン博士のオミノス軍団の第1号機エレ・オミノス登場は第2話
東京シティを都市ゲリラが襲うのをサイバーコップが一蹴したのを見た
デストラップ指揮官のバロン影山は東京シティのコンピューター網の撹乱を計画。
囮を放ってサイバーコップの陽動作戦を展開
させ
インテリジェンスビルにこのエナ・ハルコスを送り込みます。
エナ・ハルコスは人間体に化けサブマシンガンを武器に侵入

正体を現した後で胸に仕込まれた爆弾でインテリジェンスビル爆破を企む
来日した武田真也がジュピター・ビットを装着して対戦、
窮地に陥るも駆けつけたサイバーコップの支援もあり
ハイパー・アタックでエナ・ハルコスの首を落として機能を停止させ初陣を飾る。
エナ・ハルコスのその他の武器には
アイアンクローと呼ばれる鋭い爪
があり素早い移動能力も誇る。

なお劇中冒頭の都市ゲリラを包囲する警官役として
名脇役の石倉三郎氏が特殊メイクの藤原慎二氏と共にゲスト出演している。


さて、今月12月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。


本年は「ひいろお倶楽部@」をご愛顧頂き
誠にありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。


皆様、良い年を。








「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
「ドクガンバのドクガ砲による蔓延で?Gさん、またもや代理出勤・・・」
「ムラサキネズミのダーク新型ペスト菌でGさん、また代理出勤?」
「病院へ行ってきましたPart140・セブン上司?にも会ってきました」
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part26」(タコギャング)
「病院へ行ってきましたPart120・不眠のためにブルブル?」
「スペル星人に対抗してピニヤ星人・ウルトラセブンのお蔵入り宇宙人」
「ピニヤ星人のなれの果て・ペロリンガ星人!」
「特技監督・高野宏一氏逝く・数多くの映像を残し星の世界へ・・・」
(ペロリンガ星人の鉛筆画ヴァージョン)
「ひいろお第6話:二重人格」(超神ビビューン)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part10」(ベンデ・ハルコス)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part17」(テセラ・ガロガ)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part19」(エニャ・ハルコス)



「スペル星人」怪獣ブログさんの記事)
[PR]
←menu