「ほっ」と。キャンペーン
こんにちは、3日ぶりに戻ってきたGでございます・・・。

前回のヒルビランの記事でも書きましたが

Gの親族の葬儀→日勤→自宅の仕事

という強行スケジュールを何とか昨晩までにこなして
2連休と書いたように戻ってはきましたけど
正直、昨日あたりからバテたのと熱っぽかったのもあって
期間中メールとかは何通か送ってはおいたものの
記事用に考えてた鉛筆画を描く余力も無くて
今日は流石に寝ておりました・・・。


で、今日の記事は「ひいろお倶楽部@」の常連さんである
BenMoody99xさんから教えてもらったYouTubeの動画を掲載
する事にします。
(その節はありがとうございました!)

元々はゴールデンウィーク中にアップしようとは思ってましたので
今回はそれを今日、アップしちゃいます。

それではウルトラマンレオをたっぷりとお楽しみ下さい。

◎Ultraman neo leo 2◎



・・・これね、最初見た時は大爆笑でした(笑)

いや、よくツボを抑えてるというか、レオをわかってやってるというか、
よくぞここまで映像化してくれた!と拍手物でした。
レオヌンチャクとかレオブレラとかシューティングビームとかちゃんと出てくるしね。
よほどレオを愛してる方なんだな、というのがよくわかります。


というか、レオを演じてる方がこう見るとカッコよく見えるからいいよね。
Gも太ってるけどレオに変身できるのかな?


・・・Gはがんがんじいでした(爆)

では、皆様も今日はこのウルトラマンレオのYouTubeをじっくり堪能してください。

なお今日の記事は変則の特撮系記事とし
コメントや太字処理も今日は冒頭の理由から出来る範囲で行う事にします。


今日はこれにて失礼します・・・また寝よう・・・。






「病院へ行ってきましたPart147・ヒルビランの糖尿病内科の採血結果」
「記事数888件記念・海外から届いた夢の対決のイラスト」
(Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人)
「ひいろお第25話:1人住まい」(ウルトラマンレオ)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-05-14 17:15 | 特撮系
c0040422_15255832.jpg


こんにちは、連投のGでございます・・・。

昨晩は勤務先に行った際に自宅の仕事が入るかもしれないという話になり
実際、深夜から自宅の仕事の打ち合わせを行い
Gがミスした事もあって打ち合わせが終わったのは今日の昼でした・・・。

自宅の仕事は明後日の日勤のある日からと思われるのですが、
そういう状況なので今日も非常に眠いGでございます・・・。
(おまけに薬を飲み間違えてるし・・・最悪)


さてキメンガニレッドの記事でエキサイトブログのコメントが携帯通知を
アドバンズユーザから先行導入する
と書きましたが
本日11日から全ユーザーにその昨日が導入されると発表がありました。

「<コメント通知機能>全ブロガーにリリースします」
(クリックすると詳細見れます)

これでサーバの負担が無ければ是非、利用したい機能ですね!

で、今日は昨日のロッカーマンの記事でも書いたように
まだ5つ溜まっている病院系記事を消化していきたい
と思います。

今日の記事は3月25日の事になります。
そう、恐怖の糖尿病内科の検査日でございます・・・。

この頃はスパイダーマ!!の記事でも書いたような酷い目まいに悩まされてて
精神的なものなのか、糖尿病から来るものなのかが、
その時点では不明
だったため、
とにかく糖尿病内科の検査を受けてから相談しようという流れになっていました。

吸血マンモスの記事ベンキョーダーの記事
看護婦の母や栄養士の方から受けた食事療法の結果が出る日
です。
それはもう緊張しましたよ。

清涼飲料水、特にスポーツドリンクは止めて
タバコを我慢するためのガムもキシリトールにするなど糖類はほとんど取らず
健康補助食品を主体に肉類を控えて野菜を多く摂る、
酒類も今回の期間はホラーアイの記事の時以外は飲まず、
炭水化物の食べ方にも充分気をつけたという食事がそういう効果が出るのか?
8kgも体重を落としたGの努力が試される時
でもありました。

今回からは糖尿病内科の担当医が正式に決まって初めての診察という事で
御茶ノ水の病院へ行ってから早速、採血と今回は尿検査もしました。


そして、その待ち時間に強烈な目まいが生じ倒れてしまい
看護婦さんが来て精神安定剤の増加があったかどうか?の確認をされ
増加があった事をGが伝えた上で出番がやってきました。

初めて糖尿病内科の担当医へご挨拶をして早速、検査結果を。
尿検査も行ってるので、かなり細かいデータが出てました。


そしたらですね、尿検査は今回クリアし
採血の結果も大幅に数値が下がってた
んですね。


具体的に書くと吸血マンモスの記事では採血の結果で
グルコースとヘモグロビンa1cの値がかなりやばかった、
と書きましたが

3月25日の検査でこんなに下がったのです。

グルコース
399→98

(健常値109~65)

ヘモグロビンa1c
9.1→6.2

(健常値5.8~4.3)

とこんなに数値が下がったのです。
(怖くて数値が書けないと書いた理由がこれでわかると思います)

いやー、ホッとしましたよ、冷や汗もんでした。


(すみません、急用が出来たため、一度目の休憩はここで取ります・・・)

(5月11日PM17:51)

席を外した理由については文中にて説明します。

で、驚いたのが糖尿病内科の担当医。

「随分と数値が下がりましたけど投薬とかしたのですか?」

Gは吸血マンモスの記事とベンキョーダーの記事の内容を話して、
その指導通りに食事制限しました、
と答えたら

「Gさんは糖尿病ではないですね」

という診断が下りました。

ただ、糖尿病予備軍である事はヘモグロビンa1cなどの数値からしても言えるので
3ヶ月に1回くらいは糖尿病内科へ通って検査を引き続き行い
ホラーアイの記事で予約を既に入れている眼底検査も
その眼科のある地元の大学病院へこの結果の報告と共に
引き続き検査をお願いして欲しいとのお話を担当医からされました。


という事は、目まいの原因は糖尿病ではない、という事。

スパイダーマ!!の記事から起こっている目まいについて
糖尿病内科の担当医に相談
すると

「その目まいは今回の検査で糖尿病からくるものではないですから
看護婦さんからも聞かれたと思いますが
恐らく変更した精神安定剤の増加からくるものと思われます。
次回のメンタルクリニック科での診断ですぐに処方を変更してもらって下さい。
私から話があった事もお伝え下さい」

という診断。

目まいは代用してる精神安定剤を
Gが増加をお願いした事からくるもの
だったのです。
目まいの原因も聞けて二度ホッとしました。

その日に行こうと思ってた先輩の絵の展示には
病院が終わる時間に糖尿病内科の診察も終わったので行けませんでしたが

以上のような形で
火の山仮面マグマン将軍の最期の記事のご報告が出来た
のです。

そして次回の通常の通院へと話が続くのです・・・。

これからも気をつけないといけないのですが
皆様にはご心配おかけしました。


それと急な話で申し訳ないのですが先程、急用で席を外しましたが
Gの親族が昨日、亡くなったという知らせを聞いたためであり
明日予定してた記事はお休みとさせて頂き
明後日は日勤と自宅の仕事がある関係で
元々、記事をお休みにするつもりでしたので
2連休という形となる可能性が高い事をお知らせ致します。
(そのため記事の赤系統の文字色は最低限しか使ってません)


という事で、今日の鉛筆画。

これで糖尿病でしたらゴーグルⅤのコンドルモズーを起用
する所でしたが
糖尿病ではなかったため、採血という点から特撮キャラを探していき
グランバザーミーは既に起用してる事から、
この特撮キャラを途中まで描いてまして今日、仕上げました。

スカイライダー
に登場のネオショッカー怪人であるヒルビランです。

(ここで二度目の休憩とします・・・)

(5月11日PM18:45)

明日の葬儀の関係もある事からヒルビランの説明も早速行います。

ヒルビランは魔神提督が呼び寄せたネオショッカー怪人で
泉田博士が開発した物質を融解するエネルギーを持つバリチゥーム弾を
ネオショッカー戦車から発射して日本大撲滅を企んでおり
戦車の一部を破壊して脱走した泉田博士を追跡する命令も受けていた。
当初はネオショッカー怪人二世部隊の指揮官であるはず
だったが
ネオショッカー大首領が独自にキリマンジャロから呼び寄せた
グランバザーミーにより実権を奪われる格好
となってしまう。
狡猾な性格で戦車を修理する際に泉田博士の娘カオリを人質にして修理させたり
スカイライダー
こと筑波洋を落とし穴へ落とし
ヒル地獄の毒液で殺そうとしたり
するが
逆利用した洋によって形勢は逆転、処刑寸前だった泉田博士たちも救出され
8人ライダーも勢ぞろいしネオショッカー戦車も大回転スカイキックで破壊され
ヒルビランもその巻き添えにあって敗北
する。
というか、色々と形勢不利に持っていかれた不運な怪人でもある。
武器は溶解性のあるヒル毒液、ヒル爆弾で自らもヒルに変身する能力を持ち
ヒルを偵察などの用途によって使い分ける能力も備えている。

なお声の担当は八代駿氏。

ヒルドラキュラに続いて、またヒルで採血ネタですか?と言われそうですが・・・。

今日は文中にある事情により、此れにて失礼します。









「レッドクリフpart2上映でキメンガニレッドのMy三国志武将占い!」
「病院へ行ってきましたPart146・ロッカーマンへ詰込み過ぎで記憶が? 」
「強烈な目まいが出てきたため急遽、休養します。」(スパイダーマ!!)
「病院へ行ってきましたPart143・吸血マンモスの採血?の結果、検査へ 」
「病院へ行ってきましたPart145・食事療法のベンキョーダー!」
「病院へ行ってきましたPart144・ホラーアイの眼底検査もケテーイ!」
「危うくこうなる所でしたが・・・?」(火の山仮面マグマン将軍の最期)
「グランバザーミーのハサミに切られて繋がらず?」
「総力特集スカイライダーURL掲載承認!」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」(ヒルドラキュラ)


「糖尿病」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-05-11 16:02 | 病院系
c0040422_14334074.jpg


こんにちは、2日ぶりのGでございます。
流石に昨日の土曜日の日勤は堪えるのか昼寝する事が多い今日この頃です・・・。

前回の母の日企画である
夜叉丸とコックの伊魔平の記事は如何だったでしょうか?

今日は母の日当日であるため、その記事を夜まで引っ張ろうか
と思ったのですが、
もしかしたら昨晩かかってこなかった
勤務先からの電話が今晩あるかもしれないので
やむを得ず今日の記事はこの時間にアップ
する事にしました。

スパイダーマ!!の記事の関係で一時中断してた病院系記事が
もう6つも溜まってしまったためネンリキ怪人の記事の件もあり
4月は1つも消化してないですし今日はそれを消化
していきます。

ベンキョーダーの記事から火の山仮面マグマン将軍の最期の記事まで
どういう経緯で糖尿病を回避できたかを全然書いてない
ですしね。

今日の記事は3月17日の御茶ノ水の病院の話となります。
(うわ、2ヶ月近く書いてないよ・・・)


確かこの3月はノコギリマンの記事であったように
4月が忙しくなる見通しだった
事から
御茶ノ水の病院への通院日を3月に多くして4月を減らすという策を
ベンキョーダーの記事の時点で行ってたので早めに通院した
のですけど

この頃のGは糖尿病の事も考えなければいけない上に
色々とやらないといけない事も多く、
記憶が思い出せないという状況だった
んですね。


以前にも薬の多量服用の副作用で記憶障害の状態になったり
思い出せない事が極端に多かったりする事が過去にあったのは
カテゴリの病院系をクリックして古い記事をご覧頂ければお分かりかと思いますが

(リンクという形にすると記事が特定できないくらい多いので止めておきます)

「また、始まったか・・・薬の調整がいけなかったのかな?」

糖尿病の疑いでただでさえ気が重いのに余計に不安になっちゃったんですね。

で、まあ、17日の通院の時に担当医に聞いてみよう!
と17日までは持ちこたえて、それで診察に臨んだ
んですよ。

そんで、まあ、担当医はいつものように色々とGの話を聞いていくわけですが
担当医は結構、明るい顔というか呆れた顔というか
リラックスした表情でこう聞いてきたんです。

「最近、仕事とかが多いんじゃないんですか?」
「まあ、確かにそうですね」
「おまけに糖尿病の検査のために色々と考えてる」
「まあ、それも確かにそうですね」


それで担当医が即答でGに言ってくれまして。

「それはねえ、
今回は薬の変更とかのせいじゃないんですよ、
Gさんの頭へ色々と詰込みすぎちゃってて
物事を思い出す事が出来ないだけなんですよ」


ああ、そういえば、こういう話を聞いた事があるなあ、
物事を忘れるという事は頭の中の箪笥の引き出しが開かなくなる事であり
けっして箪笥の中の記憶が無くなってる訳ではない、
というのを。

「だから、物事が整理すれば思い出せるようになりますから
とりあえず今は次回の糖尿病の検査と4月の仕事に重点を置いて。
薬とかの調整は効果のあるように調整していきましょう」


おお!そうですね!
流石はストレート直球勝負の担当医です!わかりやすい!

これで少しなえそうになった
Gの気持ちもかなり和らいだ事は言うまでもありません。
一応、薬は糖尿病を考慮して代用品を使ってるので、その調整はしました
けどね。

とりあえず気が少し落ち着いたGの前には
3月25日の糖尿病内科の検査が控える事となった
のです。

という事で、今日の鉛筆画。

スパイダーマ!!の記事の件が無ければ、この記事は3月に書く予定
だったので
鉛筆画も3月のうちに既に用意してました。

頭に詰込んで記憶が思い出せない、という事でこの特撮キャラの起用です。

ロボット刑事に登場のバドーロボットであるロッカーマンです。

(今日は疲れ気味なので、いつもの如くここで一旦休憩とします・・・)

もしかしたら勤務先に行くかもしれないのと昼寝をまたしたいのもあるので
ロッカーマンの説明に早速入ります。

ロッカーマンは体のロッカーに人間を取り込み死体にして
髪の毛1本も残さず完全に処理するという死体完全処理用のバドーロボットで
最もメジャーなバドーロボットのうちの1体。
AB産業の社長の座を狙う大岡達三が現社長と重役を殺害を依頼したため

敵組織バドーが送り込んだ殺人セールスマンである。
だが、バドーはロッカーマンには別の作戦も託していた。
マザー破壊のためのロボット刑事Kの誘き出し
である。
バドーの集金人を追うKたちだが千葉治郎氏演じる新條強が重傷を負い
集金人はイサムという少年に契約金のアタッシュケースとバドーマークを託し
イサムがバドーマークを描いたところへロッカーマンが契約金を奪い
追ってきたKをバドーの秘密基地へと誘き出す。
Kはロッカーマンを倒すがマザーを誘き出すための作戦に引っかかってしまい
Kの前には強敵スプリングマンが登場、Kは窮地に立たされる
のである。
ロッカーマンの武器はその死体完全処理能力の他に
胸の穴から出す2連装機関砲、頑丈なボディを生かした体当たり
があり
胸の穴からは煙幕を出す事も出来る。
なお声の担当は北川国彦氏で(細井重之氏というのはミスクレジット)
ロッカーマンのスーツアクターは
あのJACの春田純一氏である事はあまりにも有名。


ロッカーマンのようなGの頭には記憶も入ると消えちゃうってか?(笑)
何気にマザーと母の日で計算外だけど引っ掛けてるし。


ということで、昨日あたりからやたら暑いですし、
もう少し寝てから勤務先に行くかを考えます・・・今回は此れにて。








「久しぶりの母の日企画・さらば瞼の母」(夜叉丸とコックの伊魔平)
「強烈な目まいが出てきたため急遽、休養します。」(スパイダーマ!!)
「本日7日にエキブロ緊急メンテ終了!とGからの注意書き」(ネンリキ怪人)
「病院へ行ってきましたPart145・食事療法のベンキョーダー!」
「危うくこうなる所でしたが・・・?」(火の山仮面マグマン将軍の最期)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「スプリングマンのように飛び跳ねれる日まで」


「糖尿病」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-05-10 15:12 | 病院系
おはようございます、連投のGでございます。

昨日のネンリキ怪人の記事ではかなりキツイ事を書きましたが
やはり記事を読みもしないのにああいった事をされるのは
体調的にも非常に困るので敢えて書かせて頂いた事にご理解下さい。


お陰様でGの目も午前0時くらいに回復して参りました。

今日は溜まってる病院形記事の消化も考えましたが
もうすぐ母の日という事で去年は諸事情により全然出来なかった
「ひいろお倶楽部@」恒例の母の日企画を今年はやりたい
と思い
母の日当日ではなく前倒しして記事アップする事にしました。
明日は日勤なので疲れて当日アップできないというのも困りますので。

Gは既にゴールデンウィークは仕事で忙しくなる事はわかってたので
先月中にCD-Rを製作して母にプレゼントした
のですけど、
まだ母の日のプレゼントが決まってなく悩んでる方も多いはず。

時間はまだありますので、このブログの常連さんでもある
ケメコさんのブログからプレゼントを決めてみてはどうかな?
とも思いますね。



「ショッピング一番」

(クリックすると飛ぶ事ができます)

さて、2009年の母の日企画に選んだ特撮キャラはこの2人です。

c0040422_8175770.jpg

c0040422_8184267.jpg


快傑ズバットに登場の夜桜組組長の夜叉丸と用心棒であるコックの伊魔平です。

これ、事前に描いておいてたものの顔があまり似てないんだよねえ・・・。

夜桜組組長の夜叉丸は
敵組織ダッカーの一員でもあり
財界の大物の鶴間勇吉から30億円もの献金をさせようと画策するも
なかなかうまくいかず首領Lのアイデアで娘の冴子を人質に取ろうとする。
ガンマニアであるらしく銃を常に携帯し新しいライフルを買った際は
人間で試し撃ちを行い射撃の腕も一流、
献金が旨く取れても人質は殺そうとする冷酷な男
だが
首領Lには平伏しまくる小心な面も持つ。演じたのは平野稔氏。
夜桜組は桜の花がトレードマークで組員は背中に、
夜叉丸本人も胸と背中に桜の花のマークを付けている。

なお夜桜組組員は人切り包丁を武器としている。

その夜叉丸の用心棒が伊魔平。
通称・コックの伊魔平、または地獄のコック伊魔平。
皿投げと包丁投げを武器とする用心棒

コックではあるが料理の腕前は劇中では披露してない。
殺し屋コック
と言ったところであろう。
隠れて攻撃したりもするが早川健が自分の名前を知っていた時に
鉛筆画のようなポーズを取って喜んでる事から
自意識過剰な性格
である事がわかる。
「料理してやる」が口癖でズバットにも攻撃してくるが
最期は自らの包丁で帽子とふんどし一枚にされてしまい
「・・・料理された!」の言葉を残しダウン。
演じたのはジャンボーグAでPAT熊野隊員も演じてた丸岡奨詞(丸岡奨一郎)
氏。

ズバットでの母の日企画は以前にも駒太夫とウルフガイの記事でやってますが
今回はズバットこと早川健が22年前に別れたお袋さんの事を書いてみようかな、
と企画して資料も揃った事もあり事前に用意していた
というわけ。

では、早川健が22年前に別れた母親とはどんな人だったのか?


快傑ズバット第21話「さらば 瞼の母」

脚本・長坂秀佳、監督・広田茂穂、敬称略

高級車に乗って移動する貴婦人を夜桜組組員が誘拐しようと襲い掛かるが
早川健が現れギターを放り投げて木に吊るして組員を片付ける。
隠れて攻撃する用心棒の伊魔平とも腕比べを行い撃退。
健は貴婦人の無事を確認に車へ戻るとその顔を見てハッとする。
貴婦人は感謝の言葉と主人から後で御礼をしますと言い残して去っていく。

健の脳裏には22年前に家出した母との思い出が甦っていた。

警察の東条進吾に声をかけられて、ようやく東条に気づく健。

「一体、何があった?まさか・・・?」
「あの方が俺のお袋様!」
「早川、疲れてんだよ・・・
あの方は有名な財界の大物、鶴間勇吉の千代夫人だぞ、
冴子さんというご令嬢もいる」
「へえー、それじゃ、その人は俺の妹ってわけだ」

東条の話にもウキウキ気分の健は喜びを倍増するだけ
だった。

その頃、夜桜組では夜叉丸が首領Lから
鶴間勇吉の30億円の献金の遅れによる叱責を受けていた。
ただただ平伏するばかりの夜叉丸に
「頭を使え!」と首領Lは冴子の誘拐という策を夜叉丸に与える。

東条が覆面パトカーを走らせるとご機嫌の早川健が強引に乗り込んでくる。
デパートを7つも走り回って花束、母と冴子へのプレゼントを買っていたのだ。
健の運転で2人は鶴間邸へ向かう事となる。

健から花束を貰ってビックリする千代。
助けてもらったのに花束まで・・・と困惑気味の千代へ
東条はこう話したので更に驚いてしまう。

「受け取ってやって下さい。その花束は不肖の息子からのプレゼントです」

そして緊張気味だった健は言う。

「健です!早川健です!22年前に別れた貴方の息子です!」

その言葉にハッとなり健に声をかけようと千代だが
冴子が入室したので表情が一変する。

「おかしな事を言わないで下さい。私が生んだ子は冴子だけです。
なれなれしくしないで下さい。助けて頂いた事には感謝してます。
しかし、このような言いがかりは・・・」

「言いがかり?」

健はその言葉に驚きを隠せない。

「ここに50万円あります、これを受け取って下さい」

千代のあまりの態度に東条が思わず言う。

「早川はそんな物が欲しくて助ける男ではない、早川の話も聞いてやって下さい」

健はなおも語りかける。

「貴方が家出した時、俺はまだ4つだった・・・
貴方の右の胸には2つのほくろがあるはずだ!」

健の言葉を聞いた千代と冴子は驚く。
しかし、千代の態度は変わらない。

「・・・どこでそれを調べたかは存じませんが、
もう50万出しますのでお引取り下さい」

流石の健も沈黙し最後の確認の言葉を言う。

「奥さん・・・22年前に早川健という子供がいた事を本当にご存じないのですね?」
「これ以上、お話しする事はありません、
東条さん、この人を連れて帰って下さい!」
「この22年間、瞼に描いたお袋とは別人でした・・・人違いでした!」

そう言って泣きながら外へ飛び出す健。

「俺のお袋はあんな人ではない!俺のお袋は日本一、世界一のお袋だ!」

1人残った千代も思わず涙をこぼす。

「許して・・・健・・・」

夕陽の中、童謡「浜千鳥」を泣きながら熱唱する健。
寺田オサムと飛鳥みどりが声をかけようとするも東条が止める。

「あれほどの男でも1人で泣きたい時がある・・・そっとしておいてやんな・・・」

その夜から朝まで健は鶴間邸近くでギターを弾き続ける。
夜桜組組員は早川健がいる以上、鶴間邸へ手出しが出来ない。

冴子は思い余って千代に言う。

「あの人はお母様からあんなに酷い事を言われたのに
ああして一晩中、ギターを弾いて私たちを夜桜組から守ってくれてるんだわ」
「冴子!」
「お母様、本当の事を言って!
お父様と結婚する前にあの早川さんを生んでいるんでしょう?」
「おだまりなさい!」

冴子に千代の平手打ちが飛ぶが冴子はひるまない。

「いいえ、私、お母様が早川さんを生んでいたとしても、私、何とも思わないわ。
でも、本当の事を隠してるお母様を私は軽蔑します!」


そして健のためにおにぎりを作る冴子。
家政婦が「そんな事は私が・・・どなたへお渡しするのです?」と聞くと
「お兄様!」と嬉しそうに答える冴子。

その冴子がおにぎりを渡そうと外へ出たのが命取り。
冴子は夜桜組にさらわれてしまう。
夜桜組事務所まで追いかけて「今日は特別、機嫌が悪い」と組員をやっつける健。
「機嫌が悪いと隙が出来るものだな、早川!」
夜叉丸は冴子を人質に銃を突きつける。
ボコボコに殴られた健に冴子が「お兄様!」と悲鳴を上げる。

ダムへ連れて来られた健と冴子。
夜叉丸は30億円の献金が確保できた時に人質の安全を確保する条件として
健にダムへ飛び降りるように言う。
「止めて!」と冴子は制止するが約束を信じた健はダムへ飛び降りる・・・。

鶴間勇吉から30億円の献金が夜桜組へ届いたものの
冴子は夜叉丸が新しく購入したライフルの試し撃ちの的になってしまう。
「約束が違うわ!」
「この新しく買った銃を試させてもらう・・・」
冴子の頭、両耳にさした花を次々と撃ち落す夜叉丸。
「なるほど・・・いい銃だ・・・次は額だ!」

その時にズバッカーと共にズバットが参上!
夜叉丸はライフルで応戦するも弾切れのため、伊魔平が登場
する。
しかし、ズバットに料理されてしまう伊魔平。
隠れていた夜叉丸にズバットのムチがうなる!
「2月2日、飛鳥五郎を殺したのはお前だな?」
「違う!俺はその時、香港にいた!本当だ!」
ズバットアタックで夜叉丸をダウンさせるズバット!

冴子の元に健が現れる。
「お兄様!」
「お人違いでしょう・・・お母様に宜しく」
そう言い残して去る健・・・。


そこへ東条と共に覆面パトカーで千代が冴子の元へやってくる。

「健は?あなたのお兄さんは何処?」
「お母様、その言葉をもっと早く言って下されば・・・」

その親子のやり取りを見た東条は言う。

「恐らく早川は二度とあなた方の前には姿を現さないでしょう・・・
『俺のお袋はいつも瞼の中にいる』
それが早川からの伝言です。奴は貴方を恨んではいませんよ」

その言葉を聞いた千代と冴子は叫ぶのだった。

「健!許して!」
「お兄様!」


というのが話の流れですね。

(今日は長文なので休み休み記事を書いていく事にします・・・)

(5月8日PM15:19)

休憩のため昼寝をしたのと勤務先に用事があって出かけたので遅くなりました。

この話は名作「瞼の母」のズバット版にあたる作品
であり
早川健は「瞼の母」での番場の忠太郎にあたる役どころを演じている。

早川健を演じた宮内洋氏は「瞼の母」を映画や舞台があると必ず観ておられ
自分が「瞼の母」を演じたらどうなるのだろう?と思ってたところへ
この話をやる事になったそうで思う存分に演じられたようで
「浜千鳥」の選曲も宮内氏ご自身がなさった
といいます。

それもあって普段はクールでキザな早川健が
母の千代と22年ぶりに会ってからの無邪気で上気した気持ち、
夕陽の中で泣きながら歌う悲しみといった、いつもと違う表情を見せてくれ
長坂氏のシナリオ集「さらば斗いの日々そして」でも選抜されるほどの傑作として
「さらば 瞼の母」は描かれている
のです。

母の千代を演じた福田公子氏、妹の冴子の斉藤浩子氏の演技も光り
この作品を重厚なものへとしておりますし
今回は東条が何かと健のサポートというか
巻き込まれるというか絡んでくる
のですが
東条がさりげなく健の心を支えてあげてるのが何とも嬉しい限りです。

というか、皆、母親に会うとこうなってしまうと思うんですよね。
「瞼の母」もそうですが生んでくれた母親は1人しかいないわけですから
22年も会っていないのなら尚更、心が子供に戻って
無邪気に上気した気持ちになるのではないでしょうか?


だから、この話も駒太夫とウルフガイの記事の話、
第15話「哀しき母の子守唄」と共に記事にしたいと前々からGは思ってた
んです。

母の日には親孝行ももちろんですが
子供の頃の心に戻るのも
母親にとっては嬉しいもんなんじゃないでしょうか?


ちなみにズバットの記事だと用心棒との腕試しは一番最後に書いてますが
早川健がコックの伊魔平と勝負したのは皿投げ。
伊魔平は皿の1枚を投げて木に刺し数枚の皿を投げてその上に乗せるという
皿投げの凄腕振りを見せ付けますが
健は皿は1枚でいいと言って投げて乗せてあった数枚の皿の下へもぐりこませ、
その数枚の皿を伊魔平の手元へ戻すという離れ業を披露し
「商売道具だ、大事にしな」と言って健は去ってしまう
のです。

「ズバットの真似は危険ですから絶対にしないでね」

・・・だから、できるわけないだろうが!

という事で、今年の母の日企画は終了です。如何だったでしょうか?

また機会があったら企画をやって見たいと思います。


では、文中にもありますが明日は日勤ですので今回は此れにて・・・。






「本日7日にエキブロ緊急メンテ終了!とGからの注意書き」(ネンリキ怪人)
「ひいろお第3話:ハイブリッドカー」(ジャンボーグ9)
「母の日に贈る駒太夫とウルフガイ!」
「ズバッと参上!ズバッと解決!俺は快傑ズバット!」
「ひいろお第28話:ズバット参上」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-05-08 10:30 | 特撮系
c0040422_19364269.jpg


こんばんは、本当は今日は記事アップしたくなかったのですが
2日ぶりに登場せざるを得なくなったG
でございます・・・。

まず、前回のナイフアルマジロの記事で書いていた
5月4日午後から始まっていた
エキサイトブログ緊急メンテナンスが
本日7日14時をもって終了という発表
があったようなので、
お約束した通りにお知らせします。


「<追記あり>本日(5/4)、緊急メンテナンスを実施します」

(クリックすると詳細が見れます)

4日間の間、「ひいろお倶楽部@」が見づらい状況となっていましたが
今日から通常通りに見る事ができるようになりました。


皆様には本当に大変不自由をおかけしました。
もう大丈夫だと思いますので。はい。


それとですね、ちょっと気になる事があったので書かせて頂きます。

あのですね、Gはナイフアルマジロの記事にて
6日は日勤で7日は通院、しかも自宅の仕事があると
ちゃんと書きましたよね?

書きましたよね?


で、メールやらコメントやらでお返事下さい、というのが
5日からやたら多かった
んですよね。
中には市川治氏の追悼記事である鋼鉄参謀の記事にもあったし。

もちろんそういった類ではないコメントやメールも頂いてますので、
それらは今回の件とは違う
のですけど


まあ、最近、病院系の記事が遅れているので、
しまったなあ、とは思ってる
のですが
事前に数人の友人には説明していたとはいえ

7日は通院って書きましたよね?

今日はホラーアイの記事で書いてた眼科の眼底検査で
右目を検査してた日で検査に使用する目薬の関係から


目がしばらくダブって見辛いんですよ。

検査から最低でも6時間くらいは
そういう状況なんですよ。


ハッキリ言うとPC操作は7日は止めようと勤務先とも決めてて
自宅の仕事は昨日中に終わらせておいたんですけど
今日になったらキーボード操作や動画観賞が難しい
んですよ。

エキブロ緊急メンテが何時終わるか不明だったので、
そのお知らせ用の鉛筆画も描いてなく動画も選んでたものの観賞が難しいので
敢えて現状がこうだと言う意味合いで鉛筆画を先程描いてみた
んですよ。

だから冒頭のネンリキ怪人の鉛筆画も
ダブって見えてるので詳細は多分違うと思うし
鉛筆画もこの記事を書くのも何度もやり直してる
んですよ。
一度、間違えて絵だけ記事アップしてますし、
鉛筆画もPC処理して線が太いようにしてますし。


そういう状況だから2日間はアップしないと書いたのに
メールお願いします、コメントお願いします、というのは

目がダブってるのにそういう事しに来いって言うの?
っていうか、記事読む気が全く無いでしょう?


怒りたくもなるわけですよ。


実際、Gは交通事故に遭ってからコメントを溜めてるのは悪いと思って
コメント頂いた時はブログなどにお伺いしてお返事してる事は明言してる
んですよ。

だから、昨日の目の見える段階のうちにスパムと思われるものは削除、
常連さんには8日以降にコメントを返すようにしました。
今日のうちはGの目は時間が経たないとどうにもならない
ですしね。

ですので、仕事とか通院とか書いた時は意味があって書いてるので
コメントやメールを頂くのは非常に嬉しいのですが、
そういったお返事にコメント下さい、メール下さいという事は


今後一切止めてください。

場合によってはGの体調面とかと考えた上で
リンクとかを解消させて頂きます。


何卒、宜しくお願いします。


その今日、無理して描いた鉛筆画は文中にも書きましたが

改めてバトルフィーバーJに登場のエゴス怪人であるネンリキ怪人です。

(Gの目の回復を待つため、ここで記事を一時中断します)

(5月7日PM22:10)

Gの目の回復を待ってると本当に明日になってしまいそうなので、
ゆっくり書く形でネンリキ怪人の説明をします。

まだ完成してないバトルフィーバーロボを含む
国防省の新兵器情報を入手したい
敵組織エゴスは
関連機関の兵器研究所の兵器担当で橋本春彦
氏演じる瀬川参謀を拉致する。
ベンガル山中で虎と共に生活し予知能力や念力などの超能力を身につけ
「21世紀の千里眼」と呼ばれるまでになった石橋雅史
氏演じるベンガルの虎に
エゴスは目をつけ彼の超能力を100万ボルトに増幅させ、
このネンリキ怪人へと生まれ変わらせた。
ネンリキ怪人は機密を知らなかった瀬川参謀を殺し
バトルフィーバー隊の女性連絡諜報員である
伊東範子(日高のり子)
氏演じる中原ケイコの記憶から新兵器の情報を盗み取るが
瀬川参謀は初代バトルコサック
こと白石謙作を
弟のように可愛がってた国防省時代の元上司であり
謙作は瀬川参謀の愛唱歌「ボルガの舟唄」を聴きながら悲しみを乗り越え
ベンガルの虎
ことネンリキ怪人への怒りを爆発させ
ネンリキ怪人はバトルフィーバーに図面ごと葬り去られてしまう。
ネンリキ怪人は
上記にある超能力以外にも鉛筆画にある大きなダガーを武器とする。
声の担当も石橋氏でデザイン担当は久保宗雄氏
であり
ハワイのオワフ島の戦神クーがモチーフで顔のみしかデザインはされていない。

諸事情により石橋氏が潮健児氏に代わって
エゴス幹部のヘッダー指揮官を演じた事はあまりにも有名
だが
交代以前の第1話から第8話の分も
石橋氏のヘッダー指揮官の撮り直しが行われており

全てではないが再放送やソフトによってはこのネンリキ怪人が登場する第4話は
石橋氏がゲストである都合上、
潮氏の映像とちぐはぐにヘッダー指揮官が入れ替わっている。
(他の話でもそういったちぐはぐな面もあるにはあるが)

「21世紀の千里眼」
「ひいろお倶楽部@」がメンテ終わって普通に見れるのと
Gの眼科の眼底検査の3つを引っ掛けてネンリキ怪人を起用したというわけ。

別に面倒くさいのを描きたくなかったわけでは・・・

では、キーボード操作もまだおぼつかない事から
明日までにGの目を回復させるために早めに寝ます
・・・今回は此れにて。









「昨日4日午後からエキサイトブログ緊急メンテナンスが入ってます。」
(ナイフアルマジロ)
「声優・市川治氏逝く・・・永遠の美声」(鋼鉄参謀)
「病院へ行ってきましたPart144・ホラーアイの眼底検査もケテーイ!」
「ひいろお第17話:援軍」(バトルフィーバーJ)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-05-07 20:09 | 雑談
c0040422_77080.jpg


おはようございます、3連投のGでございます。

昨日の爆弾オオカミの記事で書いた
昨晩の自宅の仕事の打ち合わせが長引いたので
記事アップがこの時間になってしまいました。

今日は端午の節句用といいますか、そのための記事を準備中
でしたが
昨日午後のエキサイトブログの発表から急遽、予定を変えてお知らせします。

昨日4日午前0時からエキブロのハードウェア障害があり
一部のエキブロの表示、投稿が遅れる現象が起こっており
昨日の午後14:30から16:04までの間に
ハードウェア交換の緊急メンテナンスが行われました。


「<追記あり>本日(5/4)、緊急メンテナンスを実施します」
(クリックすると詳細が見れます)

Gのブログが重かったり動画の一部が表示ができなかったりしたのは
恐らく上記のハードウェア障害の影響があるものと思われ

実際に動画の一部が見れないというコメントを頂いたり
G自身も幸い「ひいろお倶楽部@」は見れて投稿できるものの
最近は非常に重く、一部のエキブロへはシステムエラーで一時的に見れない、
という状況が続いていました。

他のエキブロの方でもかなり混乱が続いてるようです。


エキブロ緊急メンテナンスはハードウェア交換は上記の時間に終了
してるものの
今現在も引き続き行われており、完全な終了の発表がまだありません。

Gは明日は日勤、明後日は通院である事から
記事アップ予定は2日ほど無い予定
なので、
その間に緊急メンテが終わってほしいなあ、とも思っていますが
自宅の仕事がどういう形で今後入るかにもよりますけれども
緊急メンテ終了の時は記事アップにてお知らせ致します。

けっして爆弾オオカミの記事やムカデンジンの記事であった
ブログ閉鎖の宣言によるものではない事を遅ればせながら書かせて頂きます。

昨日の記事アップが朝でエキブロの発表が午後でした関係で
Gも遅れて状況を知ったぐらい緊急だった
もので。

しばらくの間、「ひいろお倶楽部@」が見づらい状況が続きますが
エキブロ緊急メンテ終了まで、どうかお待ち下さい。


ということで、今日の鉛筆画もその発表を受けて
端午の節句の記事用に製作途中だったものと差し替えて
急遽、昨晩に別の絵を用意
しました。

接続が切れて見れない、ブログが重いという事で
急遽、登板をお願いした特撮キャラ

仮面ライダーV3に登場のデストロン怪人であるナイフアルマジロです。

(朝早い事もあり一旦ここで休憩を取ります・・・)

それでは、ナイフアルマジロの説明に入ります。

ナイフアルマジロは人工心臓学の権威である河井博士の蘇生術に目をつけ
ノコギリトカゲと共謀して河井博士の息子のタダシと妹を誘拐、
(ノコギリトカゲは仮面ライダー THE NEXTのチェーンソーリザードにあたる怪人)
その蘇生術によって三度も蘇ったデストロン怪人
である。
ナイフアルマジロの改造対象となった人間も河井博士が蘇生させた男である。
敵組織デストロンがナイフアルマジロを三度も蘇らせたのは
球体状になって敵に襲い掛かる弾丸鋼鉄球なる強力な武器があり
仮面ライダーV3を一度は敗北させた程の強敵
だったからである。
(あれ?蘇生したのは一回で対戦が三回だったような気が・・・?)
V3は厳しい特訓による返し技でナイフアルマジロを倒してはいるが、
こう何度も対戦されてはたまったものではなかったであろう。
ナイフアルマジロという名前だけに右手には伸縮して出るナイフも持っており
鉛筆画の状態はナイフを収納した状態となっている。

なお声の担当は山下啓介氏。

まさに接続が切れる、ブログが重いというテーマにピッタリの怪人ですな。

という事で、「ひいろお倶楽部@」が安定するまでの間
もう少々お待ち下さい
・・・以上、お知らせでした・・・。







「ブログ閉鎖という爆弾オオカミ発言の後にGが思った事」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part32」(ムカデンジン)
「日曜日まで毎日更新はできるかな・・・?」(ライダーマンと仮面ライダーV3)
「鉛筆画で記事再開から1年・・・そしてNEXTへ!」(仮面ライダーV3)
「「仮面ライダー THE NEXT」初日舞台挨拶へ行くのに大ピンチ!」(ショッカーライダー)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-05-05 07:31 | 雑談
c0040422_955562.jpg


おはようございます、連投となったGでございます。

昨日から急に勤務が3日間お休みになりそうな雰囲気だったのですが
昨晩になって先月の段階で言われていた自宅の仕事の依頼があるかもしれない、
という流れになり昨晩は自宅待機してた
のですけど、
やはりゴールデンウィークで店が忙しいという事もあり
自宅の仕事の連絡は今日という事になりそう
です。

サヨナラアイシテタヒトの記事で仕事に邁進すると書いたとはいえ、
また仕事が続くんだなあ、と思うと複雑な気持ちでもあります・・・。


さて昨日は急遽、ローラーロボットの記事
中丸忠雄氏の追悼記事でアップしたため
1日遅れてしまいましたがムカデンジンの記事で書いた


検索キーワードランキングによるブログ閉鎖の検討

について事情が少しだけ変わったのでGの私心として書かせて頂きます。

ムカデンジンの記事での検索ワードランキング4月分の2位の件は
調べてもらえばわかると思いますので、くどくは書きませんが

(調べてもらえばGがブログ閉鎖という言葉を使った理由がわかると思います)

あの記事がアップされた日にasabatyouさんのブログを拝見しまして、
その同日の5月1日にGが以前描いたバレバドンの絵を使ってくれてた
んですね。

まあ、正直、非常に嬉しかったですよ。
本当に感謝してます。


で、その記事を読んだ際に色々と考えたんですよね。

この「ひいろお倶楽部@」をasabatyouさんをはじめ
資料として使ってくださる方々が大勢いらっしゃる。

Gよりも重い病気にかかってる方々が「ひいろお倶楽部@」を見て
頑張って下さってるという事もよく耳にしている。

閲覧者稼ぎではなく
危険な状況なのでブログ閉鎖という言葉を使った
とはいえ
果たして安易に
そういう方向に持っていっていいものなのだろうか?


その方々に対してデータを全て消去したブログ閉鎖は
かなりダメージとして残ってしまう
のではないか?


・・・Gはしばらく考えました。

それで出した結論というの下記のようになりました。

1.
その2位の件でのブログ閉鎖の検討という基本方針は
やはり危険な状況である事から変えない

2.
ただ、1ヶ月に1度行う検索ワードランキングをやらないと結果がわからないので、
しばらくブログを続けて検索ワードランキングの動向を観察する事にする

3.
その上でブログ閉鎖を検討するかどうかを改めて考えてみる

こういう形で
一応、しばらく「ひいろお倶楽部@」を続けてみる事にしました。


ある意味、検索ワードランキング次第という綱渡り状態が続くのですが
ブログ閉鎖という視野はどうしても入れなければならないものの
時間をかけてゆっくり調べて「ひいろお倶楽部@」を継続したい
と思います。

ですので、基本方針は変わらないのですが
調べる時間はかかる事から「ひいろお倶楽部@」は続いていきますし
万一、ブログ閉鎖という形をやむを得ず取る場合は
必ず事前にお伝えしますので、絶対的な形とはいえませんが
少しご安心して頂けたら、
と思います。


危機的状況なのには変わりないので
「お騒がせしました」といった
謝意の言葉を使えないのですが、
どうかその辺はご容赦下さい。


というのが、昨日書こうと思ったGの私心です。

それでは今日の鉛筆画へ。

ムカデンジンの記事でブログ閉鎖という爆弾発言をした事もあり
爆弾というのをテーマに特撮キャラをチョイス
しました。

スパイダーマンに登場のマシーンベムである爆弾オオカミです。

うわー、今日はストレートすぎる起用だなあ・・・。

ちなみにスパイダーマンの名乗りのセリフで
「爆弾魔を退治しに来た男、スパイダーマン!」とある
「爆弾魔」とはこの爆弾オオカミの事を指して言ってるのであります。はい。

(今日はここで一旦、休憩に入ります・・・)

それでは、お待たせしました、爆弾オオカミの説明を。

敵組織である鉄十字団は軍資金不足に悩まされており、
この爆弾オオカミを使って次々と爆破事件を起こし
企業を脅迫してお金をゆすり取ろう
とする。
スパイダーマンは日の本工業の運転手の久保をわずかの差で救う事ができず
久保の残された兄妹の悲しみに怒りが震えるものの
爆弾オオカミの罠にはまってしまい重傷を負ってしまう。
スパイダーマン
こと山城拓也はスパイダーエキスが既に注入されてる身ゆえ
傷は完治したものの復讐心によって支えられた精神力が折れ戦意を失ってしまう。

だが、久保の息子の豊が妹の美子の制止も聞かずに
単独で復讐しようとするのを知り復讐心に再び火がついたスパイダーマンは
愛車GP-7を走らせて兄弟に代わって爆弾オオカミと対決し
マーベラーの攻撃で巨大化した爆弾オオカミを見事に倒す
のであった。
(つまり爆弾オオカミはレオパルドンとは戦ってはいないという事)
爆弾オオカミはその名のとおりの爆破狂で
高いビルを見ると爆破したくなってたまらなくなるという危ない性格の持ち主。
武器は背中の巨大ミサイル、 胸から出す小型爆弾、
右手のマシンガン、鋭い爪
である。
なおデザイン担当は久保宗雄氏。

では、今晩の事もあるので今日はこの辺で失礼します・・・。





「サヨナラアイシテタヒト・・・」
「名優・中丸忠雄氏逝く・・・佐原博士と柴田博士の父親像 」(ローラーロボット)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part32」(ムカデンジン)
「閲覧者総数140000人突破!君もゼロ戦怪鳥バレバドンを操縦してみよう!」
「薬を落としてしまったくらいの衝撃だったGが見つけた掘り出し物!」
(スパイダーマン(東映版))
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-05-04 09:38 | 雑談
c0040422_0473415.jpg


こんばんは、2日ぶりのGでございます・・・。

昨日は日勤でしたので記事をお休みしましたが
今日は本来の予定ではムカデンジンの記事に対しての
Gなりの私心を書くつもり
でした。

ところが、先程、ざんぶろんぞさんのブログを拝見した際に
突然の訃報を今更ながら知って驚愕
しまして
予定を変更して追悼記事とさせて頂きたいと思います。

本当にGはビックリしてしまったのですが、どの方の訃報かと申しますと・・・


俳優・中丸忠雄氏が4月23日、胸部動脈瘤破裂で亡くなられました。76歳でした。


・・・んー・・・そうでしたか・・・。

Gが大鉄人17とワンエイトの年賀状の記事
復帰記事として書いた事があるほどの大鉄人17ファンである事は
このブログの古い常連さんならおわかりのはず
です・・・。

しかも日子さんのブログで大鉄人17をお勧めして間も無くに
佐原博士という重要レギュラーを演じた中丸氏が亡くなってしまった
とは・・・。

いや、キイハンターは見てるとはいえない程度でしたけど
Gメン75は8時だよ!全員集合と続けてよく見てましたよ。
中丸氏は両方ともレギュラーで出演
されてましたからね。

けど、やっぱりね、70年代に入って特撮番組がドンドン減っていく中で
放送された大鉄人17の佐原博士の印象は物凄く強かった
もので・・・。

佐原博士はあらゆる災害から人類を守るために
巨人頭脳ブレインを作った中心人物だったのですが
高性能だったブレインは人類は不要と考えハスラー教授と共謀し脱出、
ブレイン党を作り、スプーンから宇宙船まで何でも作れる持ち前の製造能力から
ブレインロボットを作り出し人類と戦い始めるようになり
佐原博士は長女の佐原千恵が所属するレッドマフラー隊を指揮して
ブレイン党と戦う事となり、後に第2のブレインことビッグエンゼルも製作します。

ブレインが作ったワンセブンは南三郎少年と出会った事で
人類を必要と考えレッドマフラー隊と協力して戦うようになります。

佐原博士は冷静沈着で勇猛な人物
ですが

長女の千恵の婚約者で同じくレッドマフラー隊の中井隊長が
ブレイン党の潜入操作に失敗して処刑された千恵を支えていく姿


次女のルミが戦艦ロボットを催眠操縦してた際は苦悩し
ルミと三郎が仲良くなるとちょっと怒ったような素振りを見せる
など

父親1人で育てた姉妹のよき父親であり
レッドマフラー隊からも信頼される父親的存在でもありました。

中丸氏はそういった知的でダンディで強い父親という役柄をこなすのが
非常に似合った感のある俳優
でした。

Gがその佐原博士に似た感を持つ中丸氏が演じた特撮キャラとしては
超電子バイオマンの柴田博士を挙げます。

柴田博士の本名は郷伸一郎といいレッドワンこと郷史朗が
赤ん坊の時に死んだと聞かされてた実の父親
であった。

柴田博士は敵組織の新帝国ギアの首領ドクターマンこと蔭山秀夫とは
大学時代からのライバル
であり、蔭山のメカ人間の野望を危険視していた。

そのため都心に研究所を持ちメカ人間を調べるべく自らの体を実験台とし
(この実験の際に柴田博士はバイオの血を失ったと思われる)
メカ人間に善意の心を与える良心回路の研究を進めていた。

そして彼は新帝国ギアの本拠地ネオグラードの決戦で
蔭山秀夫の息子である秀一と実の息子の史朗に最後の会話をして
瀕死状態であった彼はメカ人間のエネルギー放射で自爆し皆を逃がす
のである。
その父の爆音を敢えて背を向けて聞く史朗・・・。

こういった濃密な演技をこなす俳優こそが中丸忠雄その人だった
ように思うのです。

だから、特撮でも味わいのある話ができた。
特撮不遇だった時代に彗星の如くやってきたのが中丸氏だった
のです。

そういう強い思いがあるからこそGもこの訃報は本当に辛いです・・・
ブレインから招待状を貰って旅立ってしまったのでしょうか・・・合掌。


今回の鉛筆画も訃報の記事を見て先程、急遽描き始めたものの

大鉄人17ネタで行こうとは決めてはいたのですが

佐原博士がブレインの招待状でオーバーホールをする話の大爪ロボット
佐原ルミが催眠操縦した戦艦ロボットは既に起用しており

佐原博士が一度だけ関東ガス作業員に変装するハーケンキラーの話
ビッグエンゼルを破壊しようとする際に
佐原博士はやはり一度だけ銃を取っているネッシーロボの話

他のネタ用に温存してた事もあり、なかなかイメージが浮かばず、

だったらブレイン党との戦闘が始まったこのブレインロボットを
オーソドックスだけど起用してみよう
と描き込んでみました。

c0040422_0481644.jpg


改めて大鉄人17に登場のブレインロボットであるローラーロボットです。

(珍しく深夜の記事アップなので一旦ここで休憩します・・・)

それではローラーロボットの説明をします。

ローラーロボットはブレインが破壊工作用に送り込んだブレインロボットの一番手。
最初の登場で起こした山津波の影響で
南三郎の両親と嫁入りする姉が被害に遭って帰らぬ人となり
三郎の仇ともいえるブレインロボット
でもある。
その巨大なローラーで歩きながら次々と建物を潰していくと共に
直立時や格闘時は相手を押しつぶす武器
ともなる。
また頭の角からは破壊光線を出す。
あらゆる兵器の前にも効果がなかったローラーロボットも
三郎の危機に再び出現したワンセブンのグラビトン攻撃に敗北
する。

ただ、ロボットではあるのですが動きがほとんど怪獣なのですけどね(苦笑)
格闘戦も凄くやりにくそうだし(それを書いたら他のブレインロボットも同じだけど)。

なお、このローラーロボットはハリケーンロボットと同じく
大鉄人17の初期のオープニングにも登場するため
最もポピュラーなブレインロボットとしての印象が強い。


では、夜も遅いですし、しめやかに記事を終わらせたいと思います・・・。






「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part32」(ムカデンジン)
「お待たせしました&謹賀新年!1月18日にGが帰ってきました!」
(大鉄人17とワンエイト)
「病院へ行ってきましたPart84・戦艦ロボットならぬ助け舟が出たものの」
「2006年も大爪ロボット・・・じゃなく大詰めです!」
「カトリーナと台風14号の恐怖・奇怪なハリケーンロボット!」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-05-03 01:51 | 特撮系
こんにちは、連投になったGでございます・・・。

(注意:今日の記事は文章をコピペしてるため一部、太字処理をそのまま流用してます)

昨日のオリジナルを超えたカヴァー曲Part4の記事で書いてた
自宅の仕事は記事アップ直後の正午過ぎにスタートし
終わったのが今日の午前0時を回ってたという
半日以上もかかって終わらせました・・・

オリジナルを超えたカヴァー曲Part3の記事で書いたように
結局、2件の自宅の仕事があったのですが
1つを終わらせて帰宅したら、2つめがスタートしたという
ぜーんぜん休み時間が無い状態でしたので終わった後はボーッとしてました・・・。


まあ、そうやって終わらせた事もあって
今朝4月分の検索ワードランキングが通常通りのタイミングで調べられたのですが

ちょっとドグマログマの記事の頃から把握はしてた
のですけど
また問題があるようなので
5月最初に検索ワードランキングをやる事にしました。


あと、これももうどうしようもない事のようなので
ドグマログマの記事でも書いた文面を
くどいようですが更に一部追記して載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての
連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

なお、コメント、トラックバックに関しては
コブリオンの記事でも書いたとおり、
承認制を導入してます。
詳細はコブリオンの記事をご覧下さい。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


ということで、記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月4月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングを
やってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて4月は一体どんなキーワードで
この「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?

参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2009年4月●








1位 スペル星人 / 82
2位 岡本倶楽部 苦情 / 65
3位 がんがんじい / 61
4位 ブニョ / 46
5位 ムクロビースト / 36
6位 根上惇 / 36
7位 ゴモラ / 34
8位 ブルブル 超神ビビューン / 26
9位 テングムササビ / 25
10位 キノコジン / 22






今回の初ランクインは5位のムクロビーストと9位の天狗ムササビ
ムクロビーストは登場する話自体がシャリバンでもかなり重要性がある
のと
4月休業の際に金田龍之介氏の追悼記事として書いたので
Gも何となくわかる
のですが
天狗ムササビは何故なのかが少しよくわかりません・・・?
お出かけシーズンで天狗面を観光で観に行くのに検索されたのか、
去年の4月にエキサイトブログでメンテナンスがあったので
それを今年の4月と思って検索されたのか、
恐らくそのあたりではないか
と思われます。


で、記事冒頭で書いた問題があるというのは2位の件です。

この件はバラペテンの記事既に調査済みである事

この「ひいろお倶楽部@」はその件に関して
全く関係ないブログである事、

尊敬するイラストレーターである故・岡本正樹氏に対し
大変失礼なのでそういう検索は止めて頂きたいという事


はもう書いたはず
です。

この「ひいろお倶楽部」という名前は
ブログ開設前の4コママンガ時代から
飛んでる時期があるにせよ
今年で21年も使い続けている
Gがとても大事にしているタイトル
です。
「ひいろお倶楽部@の名前の由来」を参照下さい)


ですので、タイトルを変えるつもりは一切ございませんし、

こういう事があっては
オリジナルを超えたカヴァー曲Part3の記事で
閲覧者数が706人に達しても全然嬉しくはありません。

もし、この状況が今後もしばらく続くようでしたら
この「ひいろお倶楽部@」のデータを全て消去して
ブログ閉鎖
という事も検討していきたい
と考えてます。

記事数1000件を間近に控えたこの時期に
ブログ閉鎖も検討しないといけないというのは
Gとしても非常に不本意
であります。


ですので、そういった件で来るのは二度と御免蒙りたい。

以上です。

それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
今回はこういう事情なのでバラペテンの記事と同様に
データ系ではなく、こういった事情から思いついたものを急遽、起用
しました。

c0040422_15532196.jpg


スカイライダーに登場のネオショッカー怪人であるムカデンジンです。

ムカッとしたからムカデの怪人というわけではありませんので。
(と、書いたら嘘になるかも・・・)

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

それでは、ムカデンジンの説明に入りますが

仮面ライダーシリーズのメインライターの1人である伊上勝氏は
敵組織から脱走して主人公に協力すると見せかけて騙し、
主人公を罠にはめようとする、という話をよく好んで用いた方
でしたが

その一連の話の1つがこのムカデンジンであります。
(ムカデンジンの話を担当した監督は田口勝彦氏)

ムカデンジンは空手の名手で
敵組織ネオショッカーからの改造手術を受けたものの
後悔して脱走した進藤誠という青年の正体
であり
誠は献金を拒否した銀行の村上頭取にネオショッカー襲撃を忠告したり
猛毒ノムコロンを東北ダムにばら撒く「東京都民殺害計画」をばらしたり
スカイライダーこと筑波洋に協力すると見せかけて
洋をアジトへと誘い出し抹殺せんと企んでいた。

だが、洋は誠の正体がムカデンジンである事を
既に見抜いていたので失敗
してしまう。
ムカデンジンの武器は長く伸びる尻尾でムチのように使ったり
尻尾の先端から発火性のガスを出したりして攻撃
するが
スカイライダーに逆に長い尻尾を利用され体を巻きつかれた挙句、
必殺のスカイキックを受け敗れ去る。
なお声の担当は槐柳二氏。

まあ、起用理由は書かなくてもいいでしょう・・・。

さて、今月5月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。
(何事も無く閉鎖しなければの話ですが)

では、今回はこれにて失礼します・・・。






「オリジナルを超えたカヴァー曲Part4(はぐれベーダー82)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part31」 (ドグマログマ)
「本日12日からコメントの他にトラックバックも承認制とします。」 (コブリオン)
「名脇役・金田龍之介氏逝く・Gは貴方とお話するのが夢でした・・・」(ムクロビースト)
「天狗ムササビがエキサイトブログの一時停止の妨害工作?」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part30」(バラペテン)
「ひいろお倶楽部@の名前の由来」
「総力特集スカイライダーURL掲載承認!」
[PR]
こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・

一昨日のサヨナラアイシタヒトの記事では一気に暗いムードになったので
後の記事展開は5月にしようか、とも思ったのですが・・・

まあ、あの記事をアップした日も友人に彼女の急死をまた話せなかったので、
そういうモヤモヤした気持ちもあって書いたのもあったんですけどね・・・

昨日は日勤で帰宅後に寝てしまったので
特に何もしない予定だった事もありブログもそのままにしましたが
オリジナルを超えたカヴァー曲Part3の記事でも書いたように
今日明日あたりは自宅の仕事が2件入ってて、またもや自宅待機
です・・・。

まあ、サヨナラアイシテタヒトの記事でも書いたように
仕事に邁進したいという気持ちがあるので今日は幾分、吹っ切れてます
けどね。

ただ、自宅待機の時間を持て余すのは勿体無いですし
鉛筆画を描く余裕も今日まで全くなかったですし
元々、3曲はアップする予定でしたので
今日も引き続き、まにゃーなさんのトラバ企画、

「オリジナルを超えたカヴァー曲」

に参加
します。

このトラバ企画の詳細は

「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」

を読んで下さいね。

GがPart4に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:Sweet Love
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Anita Baker
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:M-Beat


今回は収録アルバムが都合2枚あるためアルバム名は書きません。

色々と候補は考えたのですが3回目のミュージックバトンの記事で
「Gが夏によく聞く曲」という事で紹介したり

サンタクロース姿のイカルス星人の記事
プレゼント用のCD-Rにチョイスしたカヴァー曲でもあったりするので

今回はこの曲をチョイスしました。

では、気を取り直して明るく参りましょう!

◎Sweet Love / M-Beat Faet. Nazlyn(1995)◎



今回はアニタ・ベイカーでございます。

まあ、アニタ・ベイカーの「Sweet Love」は名曲ですからね。

M-Beatはジャングルという音楽ジャンルの大御所であるわけで
レゲエやら、この曲の後のJamiroquaiとの曲で有名な方ですけど

当初、ジャングルがレゲエでヒットした事もあり

ジャングル=レゲエ

という固定観念が1994年頃には確立してたんですね。

で、95年になってM-Beatの次のシングルが出るってんで聴いてみたら
アニタ・ベイカーのカヴァーだったのでビックリした
んですよね。

更にジャミロクワイというジャングルとは無縁に近いように思えたアーティストが
M-Beatの曲に参加したってんで、その時にリリースしたアルバムを買った
のです。
3回目のミュージックバトンの記事にあるアルバムね)

それくらい衝撃的だった曲であると同時に
ジャングルは何でもいけるんだね!というのを認識した
のもありますね。

もっともジャングルという音楽は短命でしたが・・・。

え?動画が固定のものしかないから、それしか載せないんだろうって?

そういう事もあろうかと思い、事前に他の動画も載せておきました。
ライヴ動画で音量も小さい
ですが
上記のYouTubeはアルバムヴァージョンに近いのに対し
(↑SHY FXがミックスを担当してたヴァージョンだったような・・・)
ライヴ動画はシングルヴァージョンに近い形で歌っています。

それでは、ボリュームを上げてお聴き下さい。

◎Sweet Love / M-Beat Faet. Nazlyn(Live)◎


まあ、これくらい当時はヒットした曲だったんですよ。
まにゃーなさんも仰ってましたけど原曲が良いとカヴァーも良いですよね。
この「Sweet Love」を聴くと特にそう思います。

如何だったでしょうか?

ちょっと4月末は自宅の仕事の都合で音楽系記事が多くなりましたが
お楽しみ頂ければ幸いに思います。

もしかしたら昼くらいからは自宅の仕事が始まるかもしれません。

なので、今日は太字処理も後で行い、この辺で記事を止めておこうと思います。

最後に業務連絡。

Gの携帯は先日、復旧しました。
皆様には大変ご迷惑をおかけしました。


では、初夏のゴールデンウィークはこの曲でお楽しみ下さい・・・。






「サヨナラアイシテタヒト・・・」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「三度も来るとは・ミュージックバトン!(はぐれベーダー30)」
「サンタクロース姿のイカルス星人が持ってきた?CDでございます。」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-30 11:08 | 音楽系
もうすぐゴールデンウィークです・・・

元々、ゴールデンウィークに入る時期には時間があったら
記事を1つアップしようとは思っていました・・・

ケツメイシの記事でも書きましたが
ロボコンの記事の彼女が亡くなって一周忌になろうとしてます・・・

育ての親の1人だった祖母が亡くなったのもこの時期です・・・

祖母の墓は名古屋にあるので行けませんが
彼女の一周忌はどうしようか考えた挙句、
仕事に邁進する事にしました・・・

一周忌の時期を亡くなった彼女のお母さんから聞こうと思いましたが
母1人子1人で育った事は彼女から生前聞いてはいたので
喜んでくれるかなという反面、
彼女の写真を自分へ未だに贈る事が出来ない
彼女のお母さんの悲しい気持ちを思うと
自分はどうしてもそれが出来なかった・・・

それにロボコンの記事から4ヶ月経とうとしてますが
こうして文面に彼女の事を書くことは出来ても
自分の口からその急死を語る事ができない事実が今も続きます・・・

それは他の友人と過去に遭ったトラウマから来るものもあるのですが・・・

もし彼女の一周忌に行ったとしたら・・・

きっと自分はまた我を忘れてお酒に溺れるでしょう・・・

きっと自分はまた悲しみ泣くでしょう・・・

またUSURAの記事みたいに自分はなってしまうでしょう・・・

彼女がそれを見る事を望んでないようにしか思えないのです・・・

逃げてるだけかもしれないけど現実はやはりそう・・・

4ヶ月という時間では自分には足りないのでしょうか・・・

心ときめく時はあっても恋という気持ちにまで発展しない・・・

未来よりも過去をどうしても見てしまおうとする・・・

もう大事な人を失いたくないという思いが出てしまう・・・

やはり彼女をどこかで忘れない気持ちがブレーキをかけるんでしょうね・・・

だから亡くなった彼女の家には電話が出来ません・・・

そして仕事に邁進します・・・

本当はM1号の記事ウー二代目の記事でも書いた
自分の好きな曲である古内東子さんの「大丈夫」を置くつもりでしたが・・・

「大丈夫」と言って笑顔でいたいのですが・・・

そうしなければいけないと思うのですが・・・

自分は正直な今の気持ちを同じ古内東子さんの曲で表現する事にしました・・・

◎サヨナラアイシテタヒト / 古内東子(2003)◎


そういえば彼女の訃報を聞いた時から
しばらく沢田知可子さんの「会いたい」のカヴァーを全て集めて
CD-Rに収録して聴いてたなあ・・・

そういうのもあって今回の記事はどういう形にするかは迷ったのですが・・・

自分は心の整理もできない臆病で女々しい男です・・・

最後にケツメイシの記事で色んな方からコメントやメール、お電話を頂き
自分はこの場を借りて厚く御礼申し上げます・・・

本当にあの時はありがとう・・・

ゴメン、今はそれだけしか言えないです・・・






「1つだけ記事を書かせて頂きます・・・」(ケツメイシの「さくら」)
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「記事数950件記念!「わたしはかもめ」のM1号ようやく参上!」
「トラックバック800件突破!神秘!怪獣ウー二代目の復活」
「第2回Gサンタプレゼントを本日を持って〆切ります・・・」
(沢田知可子さんの「会いたい」)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-28 22:27 | 音楽系
こんにちは、連投になったGでございます・・・。

(注意:今日の記事は文章をコピペしてるため一部、太字処理をそのまま流用してます)

昨日のオリジナルを超えたカヴァー曲Part3の記事で書いてた
自宅の仕事の打ち合わせをGがVery Very Tierdだった事と
28日は通院、29日は日勤と予定が詰まってる事から
今日まで1日延期してもらう事で昨夜折り合いました。
流石に昨日はグロッキーで電話にも出れない状態でしたので致し方ない。
こうしないと金融機関にも行けないしね・・・。

電話といえばという事で業務連絡。


只今、Gの携帯電話が使えない状態となっています。
ご連絡の際はGの固定電話、PCメール、
この「ひいろお倶楽部@」への鍵コメでお願いします。


ところで、昨日はオリジナルを超えたカヴァー曲Part3の記事をアップしたのですが
通常の3.5倍の706人もの閲覧者の方が見てた事には驚きました。
そんなにレアもしくは過激でしたかね?昨日のPV?

まあ、今日は通常通りに戻ってるようですが・・・。

なんか絵を載せない方が人が見るんじゃないか?
という気がしますが、それではブログの趣旨が違いますので・・・。


あ、そうそう、欠けててグラグラしてた歯は
昨日の記事アップ後に取れちゃいました(笑)


さて、冒頭の事情もありまして昨晩遅くに
3月分の検索ワードランキングがようやく調べられたので
ギリギリのタイミングになりましたが、それで行こうか
と思っています。

あと、もうどうしようもない事のようなので
バラペテンの記事でも書いた文面を
くどいようですが更に一部追記して載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての
連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

なお、コメント、トラックバックに関しては
コブリオンの記事でも書いたとおり、
承認制を導入してます。
詳細はコブリオンの記事をご覧下さい。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


ということで、早速行きましょうかね、
記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月3月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングを
やってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて3月は一体どんなキーワードで
この「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?

参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2009年3月●








1位 スペル星人 / 111
2位 ゴモラ / 58
3位 がんがんじい / 38
4位 メトロン星人 / 35
5位 マグマ大使 / 25
6位 ドロボン / 24
7位 ひいろお倶楽部 / 18
8位 テツオン / 16
9位  バルダック星人 / 16
10位 ウルトラマン イラスト / 15






先月3月の初ランクインは9位のバルダック星人ですかね。
随分マイナーなウルトラ怪獣のランクインですが
(そういうマイナーどころの起用がここの人気の1つですけどね)
3月でも雪が降ってる所も多かったので
20世紀の雪男のバルダック星人なのでしょうか?
まあ、あの記事はかなり細かく書いてますしペン画の出来も良いので
Gとしては非常に満足
してますね。
8位のテツオンのランクインも久しぶりです。あれも記事は苦労しましたからね。
そういった出来の良い記事とか苦労した記事とかがランクインされると
Gとしましても遣り甲斐がある
というもの。
あとは常連のキーワードで占められてますね。

それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
今回は準備中のデータ系の特撮キャラがあり
3月に製作途中だったものを今朝、仕上げて起用
しました。

c0040422_1322526.jpg


c0040422_1334829.jpg


仮面ライダーBLACK RXに登場の怪魔異生獣であるドグマログマです。

このドグマログマは横長の特撮キャラなので
以前のサタンモアドクガンバと同様の絵の掲載方式を採っています

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

それでは、お待たせしました、ドグマログマの説明を。

敵組織クライシス帝国の怪魔異生獣大隊・牙隊長ゲドリアンに指揮される
ドグマログマは大きな口から吐く粘液で人間を包み込み
本物そっくりのクローン人間を作り出す能力を持つ。

このクローン人間はドグマログマの催眠術によって
本物の習慣を探り出してデータとしてインプット
されており
本物より知性と運動神経は勝るが性格が悪くなるという特徴があり
RXこと南光太郎の周辺の人々のクローン人間を作って襲おうと企む。
RXのサンライザーによってドグマログマは敗れクローン人間も消えるが、
この作戦によりクライシス帝国は
光太郎の周辺の人間の重要性を認識
する事となる。
ドグマログマのその他の能力として瞬間移動があり
化け物呼ばわりされた時は「化け物とは無礼千万!」と反論するなど
プライド高い性格の持ち主でもある。声の担当は西尾徳氏。

当初、ドグマログマは上半身がない状態で石ノ森章太郎氏はデザインしてるが
実際の造形では鉛筆画のように上半身がある形になっている。
前作BLACKではデザインどおりに製作されギミックが追加されてるが
RXではデザインから造形に変更があるのが双方の造形の大きな特徴でもある。

ここまで書けばドグマログマが
データ系の特撮キャラである事がわかると思います。


さて、今月4月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。

では、今回はこれにて失礼します・・・。






「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part30」(バラペテン)
「本日12日からコメントの他にトラックバックも承認制とします。」 (コブリオン)
「閲覧者総数40000人突破記念!初雪なので雪男バルダック星人!」
「僕は怪獣だ~い!少年怪獣テツオンだい!と、おまけ。」
「閲覧者総数230000人突破!ウルトラ版「タワーリング・インフェルノ」のサタンモア!」
「ドクガンバのドクガ砲による蔓延で?Gさん、またもや代理出勤・・・」
「17年前のイラスト・仮面ライダーBlack対カマキリ怪人!」
[PR]
こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・
日曜日に記事アップしたのは久しぶりですね・・・。

キメンガニレッドの記事オリジナルを超えたカヴァー曲Part2の記事
2日間の自宅待機の後に自宅での仕事を開始し
終わった昨日は日勤で残業・・・その日勤ではチョンボもしちゃうし・・・
おまけに今週はまた自宅の仕事があるので今晩、打ち合わせ・・・
下手すると自宅の仕事を2つ抱える可能性もあります・・・
その自宅の仕事の下調べもしないといけないですし・・・


馬車馬のように働く、とはまさにこの事。

今日になって、もうクタクタのGでございます・・・。


鉛筆画を描く余裕も今日は全くないですし
延び延びになってる検索ワードランキングを調べに
ネットカフェや実家に行く余裕もない。
病院系記事など記事のネタも溜まり放題・・・
メールやコメントも後回しにせざるを得ない状況・・・
金融機関や買い物にも行く時間がないですし・・・
キューピーコーワゴールドも今日で切れちゃったし・・・
28日には御茶ノ水の病院へ行かないといけませんし・・・
以前に欠けた歯が今朝になってグラグラしてますし・・・

(Gは虫歯ゼロだが歯が抜けた夢を見ると何故かその日は必ず悪い事が起こる)

こういう時は検索ワードランキングはコピペで済むので楽なんですが・・・
今月、検索ワードランキングをアップできるんかいな?

いかん!
こんなマイナス思考では、また体調面に影響が出る!
こういう時はプラス思考にいける音楽を聴くべし!


acoyoさんもカヴァー曲のカテゴリまで作って
先月から3曲以上もカヴァー曲トラックバック企画に参加してるではないか!


という事で、記事の予定を変更して
今日は前回に引き続き、まにゃーなさんのトラバ企画、

「オリジナルを超えたカヴァー曲」

に再々戦
します。

このトラバ企画の詳細は

「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」

を読んで下さいね。

GがPart3に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:I Feel Love
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Donna Summer
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:Messiah


今回は記事の編成の都合でアルバム名は書きません。

今回のPVはかなりレアなので起用
しましたが
何分、画像の乱れがあるので、それは予めお断りしておきます。

では、プラス思考で参りましょう!

◎I Feel Love / Messiah Feat. Precious Wilson (1992)◎



今回は、ドナ・サマーでございます。

ドナ・サマーのカヴァーは結構多いのですが、
いやー、このPVをYouTubeから昨晩に見つけた時は懐かしかったですよ。
BEAT-UKを見てた時を思い出します・・・。

このメサイアはレイヴとかが流行ってた頃に
デステクノというジャンルが当時あったのですが
そのデステクノで頭角を現したユニット
でございます。

テクノという事でサビのフレーズしか使ってないんじゃないか?とお思いでしょうが
ドナ・サマーの「I Feel Love」は元々、こういう曲なんです。

このPVはちょっとチープな作りなんですが
ヘリコプターで撮影したと思われる点が
曲のスピード感を出してていい
と思いますね。

結構、この曲はGのお気に入りで確かマボロシビーストの記事にて
カヴァーCD-R第2弾でチョイス
してます。

ただ、この曲は非常にヒットしたのですがGは当時、シングルを入手できず
オムニバスで入手して聞いてた
んですね。

その時点でメサイアもエイフェックス・ツインのように
シングルとリミックス、アルバムでヴァージョンが
だいぶ違うというのは知っていました。

3年後にメサイアはアルバムを発表しGは早速、購入した
のですが
曲調はやはりだいぶ違ってたんですね。

前回のPart2の記事で90年代は曲を2回リリースする事と
PVも場合によっては新たに作る事が流行った
と書きました。

前回のニュートンの「Sky High」のPVは2つありますが
曲はほぼ一緒なのでアップしなかった
のですけど
メサイアは文中にある通りなので95年ヴァージョンもアップしておきます。

◎I Feel Love / Messiah (1995)◎



・・・随分、サイケでエロティックなPVですけど

メサイア、どうしちゃったんだろう?という感じですね(苦笑)

ちょっと過激かなと思いましたが、せっかくなので載せてみました。
如何だったでしょうか?


acoyoさんも仰ってましたけどカヴァー曲探しはホントにストレス解消になる!
acoyoさんの曲のチョイスもいいしね、感激しましたよ。

(acoyoさんの3曲分の記事を順不同でリンクしておきました)

ある意味、怪獣怪人の着ぐるみ流用探しに通ずるものがあるね。

今日はVery Very TiredのGなので、この辺で止めておきますね。

なお太字処理もこういう状況なので後でやっておきます。

あと前回の記事と同じだと勘違いしないようによく読んで下さいね。

では、ゴールデンウィーク前の日曜日をこの曲でじっくり楽しんで下さい・・・
Gは夜に備えてまた寝ます・・・。






「レッドクリフpart2上映でキメンガニレッドのMy三国志武将占い!」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「マボロシビーストが第2弾カヴァーCDをマネージメント?」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-26 12:42 | 音楽系
こんにちは、先日、話題になった20ミヌートスに実は何気に投票してた、
本日で3連投となってしまったGです・・・。

一部の友人には昨晩にお伝えしましたが
昨日のキメンガニレッドの記事で書いてた自宅での仕事が延期
となり
本日に、という形になりました・・・
また今日も自宅待機という状況になっています・・・。

それで待機時間が勿体無いので今日も待機時間を利用して記事を書いてますが
明日の日勤では既に残業が決定している事を考慮すると
鉛筆画を載せた記事をアップする余裕は残念ながら無い
んですね。

そこで以前、Gが参加したトラックバック企画なんですが
まにゃーなさんのブログが昨年に移転され、そのトラバ企画も復活し、
acoyoさんも再度参加されてる事から
自宅待機中に昨晩にYouTubeで見つかった事もあり
元々、好きな企画だっただけに今回、Gも再戦してみようか
と思います。

そのトラバ企画とは
「オリジナルを超えたカヴァー曲」

覚えてますかね?

以前のトラバ参加の記事、
「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
のPart2
でございます。

まあ、上記のリンクの記事を読んで頂ければ
概要はわかると思いますので、その辺は略しますね。

GがPart2に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:I Can't Tell You Why
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Eagles
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:Brownstone

アルバムも持ってますが今回は時間の関係でそれも略します。
では、どうぞ。

◎I Can't Tell You Why / Brownstone (1995)◎



はい、イーグルスでございます。

イーグルスはGが好きな70年代アーティストの1つ。
多分、雷忍・ワイルドの記事で書いたように
Gの伯父がバンジョーやってるというのもあり
元々はカントリーから始まったイーグルスを
かなり身近に感じてたんだ
とは思います。
(「Take It Easy」なんて聞くとカントリーあがりだって、すぐわかるしね)

70年代が最高!と思ってるGですので、はい。

そのイーグルスの曲で一番好きなのが、「I Can't Tell You Why」。
歌詞がいいのよね。そんなに難しい英語ではないのでわかりやすいし。
Brownstoneはヒット曲も沢山ある実力派の女性ソウルシンガーユニット
ですが
この曲をチョイスしてカヴァーしてくれた時は

「やってくれるな!ブラウンストーン!」

と狂喜
したものです。
彼女らの歌唱力もあってアレンジもなかなかのものですね。
オムニバスしか持ってなかったのですが最近になってアルバム買いました。
確かサンタクロース姿のイカルス星人の記事
カヴァーCD-R第1弾にチョイス
しましたね。

そういえば、この記事のPart1となる記事でも採り上げ
同じCD-Rにチョイスした曲も記事アップ当時は好評だったので
YouTubeで見つけておいた事もあり、載せておきます。

◎Sky High / Newton (1994)◎



確かこのPVは正確には1994年ヴァージョンではなく1995年ヴァージョンです。
2度同じ曲を発表するというのは90年代に流行ったのですけど
PVも作り直して、というのも流行ったんですね。
GはPVは95年の方がしっくりきますね。
彼の透き通った声が良くわかると思います。


それとついでに見つかったPVをおまけとして載せておきますね。

と、いう事で、おまけ。
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-24 11:54 | 音楽系
c0040422_10155381.jpg


こんにちは、連投とする事にしたGでございます・・・。

どうも昨日22日にこんな発表がエキサイトブログからあったようです。

「<コメント通知機能>アドバンスユーザ先行でリリースします」
(クリックすると詳細が見れます)


Gはアドバンズユーザではないですが一般ユーザにも早く実現して欲しいですね。
ただ、サーバの影響をモロに受けやすいので、それは勘弁ね。

「飛行機だけは勘弁な!」(「特攻野郎Aチーム」のコング風に)

さて・・・昨日のウルトラサイダー第1弾の記事でも書いたように
自宅の仕事が今日明日あたりになりそうなので
今日から自宅待機の状態
です・・・。

待ち時間が勿体無いので待機時間の間に記事アップしちゃいます。
今回も旬なネタですし記事書いてる途中で自宅の仕事となったら
バックアップして明日に回せばいいですし・・・


・・・って、それ、先週と全く同じ流れじゃないかい?
来週も自宅の仕事があると昨晩の打ち合わせでありましたし(泣)
来週からゴールデンウィーク
なのによう・・・。


・・・さて今日の旬なネタは絶好調の映画「レッドクリフpart2」に合わせたもの。
映画上映にあわせてレンタルとなった「レッドクリフpart1」も
Gの勤めるレンタルビデオ店でも絶好調に回転してますね。


まあ、三国志で有名な赤壁の戦いのお話ですよね。

光栄のPCシュミレーションゲーム「三国志」に感化され
三国志のシュミレーションボードゲームでも友人と遊び
色んな書物を読み魏志、呉志、蜀志まで所有し
好きな武将が武官では厳顔
文官では費禕という蜀のマイナー気味な人が好き
という
三国志ファンのGには嬉しい限りですね。
(雑誌LOGINへ費禕の年齢設定がおかしく早死にしやすいと投稿した事があるほど)

で、この「ひいろお倶楽部@」では結構、占いネタをやっているのですが
今回は占いネタとして、これを先日やってみました。

「My三国志武将占い」

これは先日、安藤達己監督のブログにコメントする際にも
ここのHPの百科事典を調べ物で使いました

元々、このHPの存在は知ってて武将占いはやってみたいなあ、と思ってたので
今回はレッドクリフpart2上映記念にちょっとやってみようとしたわけ。

15の質問に答えるとその人の性格と武将としてのデータ、
そのデータに近い三国志の武将をチョイスしてくれるというもの。
ビギナーの方には武将解説ページまで見る事もできるのだ。

15の質問の答え方を変えれば別
なのですが
基本的に人の性格はそうそう変わるものでもないので
今までやった占いなどとは違い
名前を変えただけではデータは変わらないというのも特徴。

Gの母も三国志が好きで関羽の大ファンで関羽の死を読んだ時は泣き、
横浜に行った際に関帝廟にも行った程
なので
レッドクリフpart2の件とこのMy三国志武将占いの件をメールで知らせておいたら
母から帰ってきた返事が


「レッドクリフ?ああ、浦和レッズの赤い壁ね、
昨日、観に行ったよ」


・・・しまった、Gの母は浦和レッズのサポーターだった!


・・・気を取り直して参りましょう・・・。

文中にもあるように基本的性格が変わらないと
名前変えてもデータは変わりません
から
今回は「がんがんじい」の占い結果のみを掲載してます。

ただし、データはJavaScriptに対応してれば貼り付けられるのですが
エキサイトブログはJavaScriptに対応してないようなので
画像データにして掲載する形
としました。

がんがんじいの武将データは以下の通り。

c0040422_10163422.jpg


ほう、Gは朝臣タイプなのですか。
最近はずっと病気や怪我が多いから武力が落ちたのか?
というか、何度やっても魅力100という結果が出るのですが(爆)
ヒドーマンの記事を載せて間もないだけに全然、説得力ない気も(爆)
性格面では結構頷けるものがある
のですが
向いてる職業がGはやりたくないバイヤーや教師というのも(爆)

で、Gはどの武将のデータと近いのでしょう?
三国志で魅力100だと劉備というパターンかと思いきや・・・


c0040422_1017463.jpg


陸遜!?

あの呉の大都督、丞相として忠臣にして名門の陸氏の流れをくむ
知勇兼備の名将の陸遜ですか?
それは嬉しい結果ですね。


でも、陸遜は赤壁の戦いじゃなくて夷陵の戦いじゃねえか?

関羽を呂蒙と共に討伐してるから
関羽ファンの母とそりが合うはずもない

長生きはしたけど晩年は呉の後継者問題である二宮事件で
長男・孫登亡き後は指名どおり三男・孫和が継ぐべしと孫権に忠告しようとして
孫権が溺愛してた四男・孫覇派の連中に嘘の罪状をでっち上げられて
詰問に次ぐ詰問で主君の信頼を失った事で憤死しましたよね?


Gも最期は憤死?

あー、いい結果でたのに何でこう、マイナスに考えるのかなあ・・・。

結局、レッドクリフネタのつもりが違う方向になってしまいましたが
魅力100と陸遜という結果なら満足なので良しとしましょう・・・。


という事で、鉛筆画へ。

赤壁の戦いといえば長江にて曹操軍と孫権・劉備連合軍は激突した有名な戦い。
長江で赤、とくると上海蟹とかのカニのイメージ
があったので、
今回、起用して昨夜、寝る前に描いたのが

人造人間キカイダー
に登場のダーク破壊部隊であるキメンガニレッドです。

うーん、うまい具合に適任が見つかるもんだなあ、ホント。

(自宅待機中という事もあり、ここで一旦、休憩します)

自宅の仕事が何時来るかわからない状況での自宅待機ですので
キメンガニレッドの説明に早速入ります。

キメンガニレッドは同じく
敵組織ダークのアンドロイドである
カブトガニエンジの弟にあたり改良強化型でもあるアンドロイド。
このキメンガニレッドの話でカブトガニエンジは再生強化され復活
するが
改良強化型であるキメンガニレッドはカブトガニエンジの5倍のパワーを持ち
カブトガニエンジの事を兄貴と呼ぶ。
手をすり合わせて起こす破壊超音波は自動車をも破壊する威力を持ち
その破壊超音波を使った人類抹殺計画の実行

光明寺ミツ子を人質にしたキカイダー抹殺を使命とする。
その他の武器に腹部を開いて発射するビートガンと
頭の角を発射するジェットナイフを持つ。
先の再生強化されたカブトガニエンジがキカイダー打倒のために
ダークを飛び出しキカイダーと対戦するもミツ子に命を救われた事から
恩義を感じたカブトガニエンジはミツ子を守るため
弟であるキメンガニレッドのビートガンを受けて倒されてしまい
キメンガニレッドもキカイダーのデンジエンドの前に敗れる。

なおキメンガニレッドの声の担当は大宮悌二氏であり
キメンガニレッドの着ぐるみはキカイダー01のキングインデアンに流用
される。

皆様もこれを機会にMy三国志武将占いをやってみよう!
(昨日と全く同じ終わり方・・・)


そろそろ自宅の仕事の準備もしないといけないので、この辺で。

そういう状況なので太字処理は明日くらいまでの時間のある時にやっておきます。

では、今回は此れにて。






「ウルトラサイダー第1弾が先週末にようやく勢ぞろい!」
「がんがんじいとは何ぞや?」
「緊急会見!Gの怒りの瞬転がヒドーマンを斬る!」
「あるある大発掘!キカイダーのイラストたち!」
「ひいろお第13話:ヒーローの末路」(キカイダー01)



「My三国志武将占い」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-23 11:23 | 雑談
c0040422_8224399.jpg

c0040422_8231511.jpg


おはようございます、2日ぶりのGでございます。

昨日の日勤の打ち合わせでは、
どうも自宅の仕事は明日明後日あたりになる感じです。
25日の日勤は残業が決定してるだけに
週末の外出予定も事実上、取り止めにしないといけないし、
やれやれといった感じでもありますかね・・・。

そういった事もありますが
前回のヒドーマンの記事では皆様には大変不愉快な思いをさせましたので
今回はシュワッと明るい話題へと行きますかね。


一応、溜まってる病院系や4月に入ってまだやってない検索ワードランキング、
その他で載せたい記事とかも考えましたが


鉄は熱いうちに打て

飯は熱いうちに食え

Gは昔、猫舌だったあ!アチチチチ!
(今は猫舌を克服したけど)

ということわざもあるので、今日は旬な特撮系ネタをやります。

先週末かな、冒頭の画像のように
ウルトラサイダーの第1弾の缶が全て揃いまして。


ただ、Gは一眼レフも持っているものの写真が下手なので
(写メールもしない人間ですので)
今朝、大急ぎでデジカメで撮ったコレで勘弁して欲しいのですが。

販売されてない地域もあるようなので説明しますと

ダイドードリンコには昔のジュース類を復活させた
「復刻堂」というシリーズがあるのですが
2月中旬から円谷プロの協力でダイドーより
ラムネ味のサイダー、ウルトラサイダーというのが販売、
第1弾、第2弾で6人ずつ計12人のウルトラマンのカラーリングをした缶デザイン

更に裏面の写真やウルトラ怪獣が4パターンあるので
計48パターンの缶デザインでして、しかも100円で買えるという
面白い企画がスタート
したんですね。

Gはヘビースモーカーなのでタバコを買いに行った際に
このウルトラサイダーの存在を知った
のですが
如何せんGの地域で第1弾が販売が開始されたのはヒルドラキュラの記事の前日、
つまり糖尿病の疑いが出た時期だったことから、
どうしてもウルトラサイダーを買う事ができず、
結果が出た火の山仮面マグマン将軍の最期の記事までの1ヶ月半の間は
ストレスがたまらないように1、2本だけの購入で我慢して
飲めるようになってから収集をスタート
しました。

で、先週末にようやくウルトラサイダー第1弾である
ウルトラマンウルトラセブン帰ってきたウルトラマン
ゾフィー、ウルトラマンティガ、ウルトラマンメビウスが揃った
というわけ。


そんなに本数を飲むとまた糖尿病の疑いが出るのも考えないといけないので
裏のウルトラ怪獣の4パターンずつを揃えるのは
健康上の理由から止めました
けどね。

それに本命はゾフィーだったので、
それが入手できれば満足かなと。


ダブリが少なかったものの空き缶も増えちゃいますしね。
(バンドのたまのランニングさんは有名な空き缶コレクターなので全部揃えてるかも?)

やはり、コレだけ揃うとなかなかいいもんですよ、100円と安いし。

これで第2弾が出るまでは飲まないで済む・・・糖尿病になるのは嫌だし。

今日の記事は手前味噌な記事にはなりましたけど
話題になってたものなので棒高跳びメカの記事の映画「ヤッターマン」と同様に
早めに記事アップ
しました。

まあ、たまには鉛筆画やイラストではない特撮系記事もいいかなと。

皆様もこれを機会にウルトラサイダーを買ってみよう!
(販売されてない地域だったらゴメン)


なお、太字処理は昨日の打ち合わせは昨夜遅くにもあった事から
自宅の仕事に備えて寝たいのもあり、いつもと同じく後で行います。

ラムネ味のサイダーだけに記事もあっさりと終わらせます。
それでは、今回は此れにて。






「緊急会見!Gの怒りの瞬転がヒドーマンを斬る!」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「危うくこうなる所でしたが・・・?」(火の山仮面マグマン将軍の最期)
「ひいろお第11話:消火活動」 (ウルトラマンとペスター)
「ひいろお第18話:ウルトラアイ」 (ウルトラセブン)
「文化の日という事で2枚の鉛筆画の特撮イラストに関する話」
(猫の手さんの新マン、セブン、ベムスター、Gのプルーマ)
「映画「ヤッターマン」を先週観ました・熱中したGの絵のルーツの1つ」 (棒高跳びメカ)


「糖尿病」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-22 09:05 | 特撮系
c0040422_11413953.jpg


がんがんじいの怒りが頂点に達した時、彼は超人機メタルダーになるのだ!

・・・こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・。

昨晩の夜勤で自宅の仕事が急ぎではなく打ち合わせがまだ必要な事を確認した為
今日は緊急会見として記事アップしました。

今日はGの弟の誕生日なのにこんな事を書きたくは無いのですが・・・。

ウー二代目の記事を書いた
18日夜に問題が発生しましたので緊急会見致します。

14日に「ひいろお倶楽部@」復帰直後の
クモダブラーと星野月子の特撮鉛筆画真っ向勝負コラボ!の記事
を覚えてますか?


Gは煽るつもりはなかったので詳細が書かれている
猫の手さんのブログを上記の記事にリンクしましたが
この件に関して14日頃までの経過を改めて書かせて頂きます。

◎やまださんの主な流れ◎

休業中に初対面のやまださんから絵のリクエスト
「恐ろしい怪人がお姫様抱っこしているイラスト」のコメントが
金田龍之介氏の訃報記事であるムクロビーストの記事へ急に入る



やまださんのIPを調べてもブログとかそういう痕跡が一切無い



Gのリンク先の猫の手さんのブログにも
Gよりも先に同様のリクエストが入ってた事実が発覚



Gの所にもリクエストがあるが、やまださんは知らない人という事を聞いて、
不安を感じた猫の手さんが独自に調査を開始する



その調査の結果、やまださんは同じリクエストをハンドルネームを変えて
他の方々にもいきなりリクエストをしてた事実がわかる



Gと猫の手さんは、ちょっとそれは礼儀に反するのではないか、
通常でも交流があってからリクエストは成立する、
絵描き側としては時間を割いてリクエストに応じている、
Gのブログは休業中でリクエストを待ってる方たちが大勢いると、
やまださんに説明する



猫の手さんのブログにリンクしてる
絵描きさんたちからもこの件に関してのブーイングが起こり、
やまださんは悪気は無かったと陳謝のコメントを残す
ただし、2人が掲示した無礼をした事に対しては陳謝しなかった



そこで元々、Gと猫の手さんとでイラストのコラボレーションの企画を
3月から練っていた事からプレテストの形でならという形で、
やまださんのリクエストを特別にお受けする



Gのブログ復帰後に猫の手さんとの鉛筆画コラボレーションは行われ無事終了する



やまださんも感謝してくれ、
初対面の方とのいきなりのリクエストを自粛すると約束する



Gはやまださんと数回コメントを交わすものの
猫の手さんは無礼に関してには無回答のやまださんに正直、不信感を抱いていた

というのが流れ
だったのです。

この頃の詳細の猫の手さんの記事もリンクしておきます。

「リクエストにつきまして」(4月13日)
「続・リクエストについて」(同日)


しかし、たった4日後の18日夜にGのリンク先の友人のブログへ
やまださんは同様のリクエストを始めるという、
Gと猫の手さんに対して裏切り行為を行いました。

(被害に遭った友人に関してはプライバシーの観点からここでは触れない事に致します)

Gは19日は夜勤だったため、18日中にまず友人に上記の流れをお伝えし、
この件を猫の手さんに伝えた所、Gの不在中に猫の手さんが調べて頂いてくれまして
(前回といい今回といい猫の手さんには感謝しております)

友人以外にも18日だけで最低5件の同様のリクエスト
他の絵描きさんに同様の手口でコメントしてた事が明らかになりました。
(ハンドルネームを変えてるものを含む)

たった4日しか経ってないのにこの絵描きの事情を待ったく考えないやり口。
舌の根が乾かぬうちにまたやったのか、
と正直、怒りと呆れた感じの両方を味わいました。

(この事を聞いた店の同僚も絶句してました)

Gと猫の手さんがコラボの前哨戦として受け入れたとはいえ
謝ったやまださんの期待に応えて
リクエストを描いたのに約束を守らなかった。
Gと猫の手さんの善意を踏みにじったわけです。
猫の手さんのブログの常連さんの方々が
「筋を通せ」と言ってたのを無視したわけです。
先のコラボを機に皆様のリクエストの早く描こうと検討してただけに
Gは非常に残念に思います・・・。


更にGが怒ったのはリクエストに応えたGや猫の手さんにまたお願いするなら
一度やった事ですので機会があれば、という形で応じる構えも
Gとしては検討すると答えたのにたった4日後に
友人をはじめ他の絵描きさんにまたご迷惑をかける行為
をやまださんはした事が


「許せん!」(高橋英樹氏の「桃太郎侍」風に)

GがG自身で決めた事なのでGが被害を受けるのなら別にそれは致し方ない。

しかし、全く関係の無い友人や他の絵描きさんの
ご迷惑になる行為を今もしているやまださんを


「許さん!」(高橋英樹氏の「桃太郎侍」風に)

他人様の被害を一番嫌がるGを本気で怒らせましたね・・・
Gの怒りのレーザーアームが光り始めています・・・。

夜勤帰宅後の20日にGは記事を書くと知らせた猫の手さんは昨日に先行して
「許すまじッス」
という記事にて意思を書いてる為、
猫の手さんだけに重荷をしょわせるわけにもいかない事もあり
Gとしましては以下のような措置を取らせて頂く事にしました。


やまださんをこの「ひいろお倶楽部@」から出入禁止とし
拒否設定を幾重にもしました


やまださんに示した他の候補の絵を一切無かった事にします


クモダブラーと星野月子の特撮鉛筆画真っ向勝負コラボ!の記事は
次回のコラボの前哨戦としてるため消去しませんが
今後の事もあり、やまださんのコメントも敢えて消さずにそのまま残しておきます


これだけではGの自衛にしかならず、
他の絵描きさんの被害への参考にはならない事や
やまださんはハンドルネームを変えて突然のリクエストをする事があるのを考慮し
以前、身に覚えの無い書き込みや中傷を受けた
リンクしてる別の友人の対処と同様にやまださんのIPを記載しておく事にします
210.156.127.210

(別の友人に関してもプライバシーの観点からやはり触れないように致します)

これ以上の措置や忠告はしません。
「窮鼠、猫を噛む」ということわざもありますしね。

(猫の手さんはもうやまださんを噛んでますが)

ただ、このブログはDuke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人の記事
でも書いた様に上海、広州、シンガポール、
アメリカ(シャーロッツビル、ニューヨーク等)、コスタリカ、中東の各国、
更には獣人ヘビトンボ(成虫)の記事からはスペインからも連絡が来ています。

一時的なものもありますが、日本だけでなくこれだけの国々の人々が見ている事、
60カ国の国は日本語を教科選択して勉強して
日本語を読める方がそれらの国々でもいる事を考えると

(それをわかってないで掲示板書いてる日本人も大勢いますが)

この記事だけでも充分、忠告になると判断しました。

今回で954件目ですが今までこういった個人の措置はしなかった事は
常連さんにはお分かりかと思います。
Gはこういう個人攻撃は自己嫌悪になるので非常に嫌だからです。


しかし、リクエストに応えても応えなくても同じ形になっただろうと思うとはいえ
他の絵描きさんのご迷惑を考えるとこうするより他無かった事をご理解頂きたい。

また今回の件に関し少なからず友人や他の絵描きさんの被害への影響も考慮し
Gも深々と頭を下げさせて頂きます・・・。

以上が緊急会見となります。

今日の鉛筆画はGのレーザーアームを光らせながら今朝、描いたもの
です。

改めて超人機メタルダーに登場のネロス帝国ヨロイ軍団の暴魂ヒドーマンです。

ヒドーマンは地下現場から日本銀行の大金庫めがけてトンネルを掘り
金塊を奪取するというヨロイ軍団のゴールド作戦を展開中に
ヒドーマンの姿を見てしまった金塊強奪用トンネルの労働者である
田所民夫を抹殺するためサイドカーのミラージュハシャと軽闘士・影を使って
田所の逃亡先である田所の妻子のいる海猫の村へ急行
する。
性格は極悪、残忍な性格で許しを乞い泣き叫ぶ相手を
モーニングスターの付いたハンマーで殴り殺す事を至上の喜びとしており
田所を誘き出すため妻子を人質にも取っている。

同じくヨロイ軍団の元激闘士ベンKがメタルダーとの戦いで改心して
今までの罪を償う巡礼中に海猫の村を訪れてた事から
メタルダーはヒドーマンと、ベンKは影たちと対じする事となる。
そのヒドーマンの卑劣さへの怒りの余り、
メタルダーは必殺技レーザーアームで一刀両断にして倒すが
ベンKは影たちと相討ちとなり立ちながらの大往生を遂げてしまう。
ヒドーマンのその他の武器としては腰の大きな刀がある。

なおヒドーマンはメタルダーが初めて倒した人間の軍団員である。

このヒドーマンは正直、Gが一番嫌いなネロス軍団員です。
何せ今までの番組のポリシーだった罪を憎んで人を憎まず的なメタルダーの魅力を
木っ端微塵に打ち砕いた一番手
であるからで番組の路線変更とはいえ、
やはりベンKも戦死した事もあり、いい感じがしません。

ですので、描く事は恐らく無いだろうと踏んでたものの
今回の記事で真っ先に思いついたのもヒドーマンだった
のですが。
何となく理由はわかると思うので書きませんけどね。

Gもメタルダーの必殺技レーザーアームを炸裂!

・・・あああああ、キーボードが!(汗)

最後にこの曲のYouTubeを置いて今回はとっとと終わらせたいと思います・・・。

◎君が、嘘を、ついた / オフコース (1984)◎


昔、ゲーム業界にいたGだけに
コレがホントのライアーゲームですわ(苦笑)


なお、夜勤明けの緊急会見で明日も日勤があるので今回も太字処理は後で行います。
またコラボが美術系で最後に音楽も入れましたが
どちらでもない記事のような気がするので雑談記事と今回はします。


あー、もうやってらんないので、また寝ますわ・・・では、今回は此れにて。






「がんがんじいとは何ぞや?」
「ひいろお第8話:待ち合わせ」(メタルダー)
「トラックバック800件突破!神秘!怪獣ウー二代目の復活」
「復帰早々、特撮鉛筆画真っ向勝負コラボ!(はぐれベーダー79)」
(クモダブラーと星野月子)
「名脇役・金田龍之介氏逝く・Gは貴方とお話するのが夢でした・・・」(ムクロビースト)
「記事数888件記念・海外から届いた夢の対決のイラスト」
(Duke_FleedさんのアイゼンボーVSマグマ星人)
「只今Gさん、身売り中。」(獣人ヘビトンボ(成虫))
「共感できるバトンだそうで・メタルダーに共感し涙するベンK!」


「猫の手 懐古堂」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-20 13:26 | 雑談
こんにちは、たまたま5連投となったGです。

昨日のケロニアの記事の後に連絡が入って
次の自宅の仕事も明日の夜勤で確認する形となりそう
でして
棒高跳びメカの記事でも来週のシフトが詰まってる事も書いたように
ちょっと来週のスケジュールは埋まってきつつありますね。


店長さんが来週は事情により不在がちでGが代行する面もあるので
致し方ないのですが、それも考慮してコメントを書きに行ったり
今週の記事アップもハイペースに進めたりしてきました。


ただ、「ひいろお倶楽部@」の休養や休業といった措置は考えてないものの
来週の外出予定はちょっと考えないといけませんね・・・。


何はともあれ今日くらいしか確実に暇な時間が無いので
M1号、ケロニアと続いたイベントの最後の3つめに行きますね。

その最後の3つめのイベント
とは・・・

4月2日に「ひいろお倶楽部@」へのトラックバック数が
800件を突破
しました!


いつも書く事ですが、なかなかトラバしにくいブログである「ひいろお倶楽部@」に
800件ものトラバを頂けるなんてGさん嬉しくて泣けてきますね。

ありがたい限りです、ホントに。


で、トラバ関連のイベントの場合のウルトラ怪獣は
その数に到達したトラバの内容から決めて起用
しているのですが

トラバ800件目はムクロビーストの記事にトラバされた
金田龍之介氏の追悼記事だったんです。

・・・やはり金田氏の死去は大きな損失でしたよね・・・。

そこから起用するウルトラ怪獣を決めるわけ
ですが

急ピッチでアップしてる中、
そんなにウルトラ怪獣描いて体調に響かないのかって?


「大丈夫」 by古内東子
(↑しつこい!)

まあ、今回のウルトラ怪獣は死というのがテーマになると思うのですが
実は冷凍ロボットの記事を書いた際に
もう1つ候補で描いてたウルトラ怪獣があって
考えた末にその候補を取り止めて冷凍ロボットの方を起用した経緯があり、
しばらく起用する機会も無く忘れていたのですけど最近になって鉛筆画を発見、
今回のテーマにはピッタリ合うウルトラ怪獣なので
描き途中だったのを仕上げてアップする格好となったので、
あまり負担無く鉛筆画を描いた格好となった
のです。

死というテーマのウルトラ怪獣は色々といると思うのですが
今回、お蔵入りになりかけてテーマに該当するウルトラ怪獣はコイツです。

c0040422_1371947.jpg


ウルトラマンAに登場の伝説怪獣ウー二代目です。

ウルトラQウルトラマンと来たから次はウルトラセブンだろうと思った方、
ご愁傷様です。

あの冷凍ロボットの記事を書いた日は雪が降ってましたから
初代マンに登場のウーは既に記事にしてたので二代目を描いた
のですが
よくよく考えたら雪を降らせたのは氷超獣アイスロンだったのを思い出して
冷凍ロボットの方をその記事に起用したのを決めた、というわけです。
(あの時は緊急だった事もありアイスロンを描く気は、あまり無かった)

まあ、鉛筆画は記事にもしたブルブルとたいして変わんない気もしますが・・・。

でも、ウーは死んでから登場するウルトラ怪獣なので適任ではあると思います。

それではウー二代目の説明に入りますかね。

少女小雪の父である良平が飯田峠で氷超獣アイスロンに襲われて
小雪を助けるため囮になって崖の底に落ちて死んでしまう
のですが
再びアイスロンが出現して良平の行方をTACと捜していた
小雪と祖父を襲った時に良平の霊はウーになっていた
のだ。
ウー二代目は小雪とを守るためにアイスロンに立ち向かうが
如何せん怪獣と超獣の差がある事もあって劣勢に陥る。
ウルトラマンAがメタリウム光線でアイスロンを倒すと
ウー二代目は小雪に見守られながら谷間へと去っていった。
初代は身長40m、二代目は57mと差があるものの体重はやはりゼロ。

ただ初代に比べて目が大きく開いており、顔面も大きく
全身の毛も荒く、黄色身がかった毛色をしている。
初代がゆきんこの母親の化身であるという考察から女性、
二代目は経緯から男性であるというのが一般的な説
である。
なおウー二代目の武器は怪力である。

このウー二代目を初めて見た時は男性であるとはいえ、
ちょっと造形の出来が荒いなあ、という感じを覚えましたが
ウルトラファイトのアトラク用ウーと比較すると
このくらい荒々しい方が逆に男性という説明はしやすいのかな?
と変に納得
したりしています。
ウルトラファイトのウーはゴーロンと同様に使用回数が多くなるにつれて
毛が抜け落ちてますから改めて作り直すとするとこんな感じ
なんでしょうね。

今回はまだ肝心のアイスロンを描いてませんので
ウー二代目が登場する話である

ウルトラマンA第42話「神秘!怪獣ウーの復活」

脚本・田口成光、脚本・上野英隆、特殊技術・高野宏一、敬称略

はアイスロンを描いた時にでもまた改めてお話しする事とします。

今回の3つめのイベントは結構、単純に終わらせましたが

(ケロニアの記事で自信が無いと書いたのもそういう理由)
まあ、メジャーなウルトラ怪獣の二代目ですから、
それなりにお楽しみ頂けたかとは思います。

これにて3つのイベントは全て終了です。

明日の夜勤などで少し間が空きながらの記事展開となると思いますが

しつこいようですみませんけど「ひいろお倶楽部@」を今後とも宜しく!

なお今週は急ピッチでの展開に結果的ですがなってしまったため
太字処理などは後程、無理ない程度に行いたいと思います。

それでは、またお会いしましょう・・・。






「閲覧者総数250000人突破!吸血植物ケロニアでケロケロ」
「映画「ヤッターマン」を先週観ました・熱中したGの絵のルーツの1つ」 (棒高跳びメカ)
「記事数950件記念!「わたしはかもめ」のM1号ようやく参上!」
「名脇役・金田龍之介氏逝く・Gは貴方とお話するのが夢でした・・・」(ムクロビースト)
「冷凍ロボットの雪が降った関係で?太字処理をしなかったのではなく・・・」
「ひいろお第30話:ウルトラタッチ」(ウルトラマンA)
「「ウルトラQ開田裕治画集」を購入しました(はぐれベーダー57)」
「ひいろお第11話:消火活動」 (ウルトラマンとペスター)
「ひいろお第18話:ウルトラアイ」 (ウルトラセブン)
「神秘!伝説怪獣ウーの出現!」
「病院へ行ってきましたPart120・不眠のためにブルブル?」
「閲覧者総数20000人突破記念!ゴーロン星人の猿回し!」(セブンのゴーロン星人)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-18 14:06 | 特撮系
こんにちは、4連投のGでございます・・・。

え?昨日の棒高跳びメカの記事では
今日は自宅の仕事と書いてなかったのかって?
それとも自宅の仕事は順延したのかって?


ふふふ、甘いです。

棒高跳びメカの記事アップの
10分後に自宅の仕事がスタート
したのです。

危うく昨日の記事が流れる所だっただけに凄いタイミングですね、ホント。

自宅の仕事に区切りが付いたのが今日のAM0:15。
その間の食事中にコメントやトラバの承認
をしておきましたけどね。

徹夜はしなかったものの実際に自宅の仕事が終わったのは今日のPM12:30。

あー、早めに仕事は来るかなと自宅待機してましたけど、
もうやんなっちゃいましてね、昼寝した後に気晴らしにVHSを見てました。

何でVHSを見てたかは理由があるのですが、それは後程書く
として
来週はドタバタしそうなので今日、3つあるイベントの2つめに行きます。

その2つめのイベント
とは・・・

4月1日夜に「ひいろお倶楽部@」の
閲覧者総数が250000人を突破
しました!


・・・ムクロビーストの記事で2つイベントが発生しそうな事は書きましたが
思いっきりすれ違いでイベント達成だったわけですね・・・。


何はともあれ毎度ご覧頂きありがとうございます!

で、ここでさっき書いたVHSの話が出てくるんですね。

当初、気晴らしに凄く鉛筆画が描きたくなって
「ひいろお倶楽部@」でイベントとくればウルトラ怪獣という事で
最近は怪人系の鉛筆画が多い事から
人間型じゃないウルトラ怪獣を描こうと思ってた
んですよ。

それで以前から初代ウルトラマン全39話を録画したVHSを友人に貸したまま、
と何回か書いていますが、最近、初代マンのウルトラ怪獣の資料はあるものの、
その映像自体が手元には限られていたので
友人に本当にすまないけどVHSを返してくれないか、お願いした
んです。
初代マンの記事が最近少なかったのもそれが理由です)

そしたら、その友人は仮面ライダーV3ショッカーライダーの記事で書いた
映画「仮面ライダー THE NEXT」を一緒に観た際に紙袋に入れて渡した、
という返事のメールが来て、思い出してみると
確かにあの時に紙袋は貰ってるので探してたんですけど見当たらない。

その友人は実家に帰った際にGが紛失したCDをCD-Rにしてプレゼントしてたので
元々、探してくれてはいた
のもあり一緒にVHSも探してみるという話になり
友人は頑張って探してくれてVHSもCD-Rも発見してくれて
Gに送ってくれた
んですよ。

何か悪い事したなあ、という気持ちと共に
では、あの紙袋は一体なんだったんだろう?
という疑問もお互いに出た
のですが

せっかく一生懸命、友人が探してくれたものなので
久しぶりにそれを見る事にしまして。


その時に急にウルトラマンが劇中で一度しか使わなかった荒技、
アタック光線を見たくなってきて予定を変えてVHSを確認してた
のです。
VHSも綺麗な状態で友人も大事にしてた事に感謝したいですね・・・。

唯一ウルトラマンでアタック光線を使ったウルトラ怪獣、
といえば、もうおわかりでしょう。
今回のウルトラ怪獣はコイツです。

c0040422_15334614.jpg


改めてウルトラマンに登場の吸血植物ケロニアです。

(今日は自宅の仕事明けなので休憩をここで挟みます・・・)

これで植物?と思うかもしれませんが、とりあえずケロニアの説明を。

ケロニアは元々はアマゾンに住むキノコ状の歩く吸血植物。
彼らは自分の体で電気を起こせる事を発見

エアシップコンビナートを作るまでの高度な文明を持つようになる。
更に動物でも人間の血液がもっとも美味いと認識したケロニアは
食物である人間を征服しようと画策しだし
ケロニアの発見者のゴトウ博士の息子である
科特隊南アメリカ支部のゴトウ隊員に化け、科特隊極東支部に潜入
する。
武器は目から出す怪光線で威力を調節でき
相手を気絶させる事から戦車を破壊するまでコントロールが可能。
弱点は火だが意図的に火を消すなどの精神コントロールを使う事も出来、

また自身の発電で動く機械で電波を消し去り通信を行う。
火に弱いとはいえ防御力は強くスペシウム光線すら効かないが
ウルトラマンの荒技ウルトラアタック光線によって爆発四散。
エアシップコンビナートもジェットビートルやウルトラマンの前に敗れる。


なおケロニアの着ぐるみは戦え!マイティジャックやウルトラファイトに流用される。

本当はスーツ姿のケロニアにしようかと思ったのですが
(等身大のマスクは別に製作されてて、そっちの方がカッコいい)
上半身のポーズが決まってる資料があって
下半身はくっ付けた形で描いてみました。


それに病院系の採血ネタで使う予定もありましたが
実際に吸血するシーンが無いのでピンと来ないのと
ウルトラ怪獣でイベントに使ったほうがいいだろうと温存
しておいてました。

あとアタック光線の名前は当初は無く、後から名前が設定された、と聞いてます。

さて強敵だったケロニアはどうやって侵略を進めていったのか?

ウルトラマン第31話「来たのは誰だ」

脚本・海堂太郎、監督・樋口祐三、特殊技術・高野宏一、敬称略

ボリビアにある科特隊南アメリカ支部からゴトウ隊員が20年ぶりに来日する。
極東支部の面々と行動する隊員として派遣されたのだ。
ライターやマッチの火がつかないという変な現象が起こるが
とりあえず久しぶりに来日したばかりのゴトウ隊員を休ませる事にする。
だが、科特隊の中ではゴトウ隊員の行動が
どうも怪しいという空気が流れてきていた。
ムラマツキャップも身体検査をしてないゴトウ隊員に不信感を覚え始める。

ゴトウ隊員をレストルームへ案内したフジ隊員は妙な事を質問される。

「この建物は何で出来てるのか?
鉄筋コンクリートでもその中に何か特殊なものが入ってるはずだ」

その報告を聞いたムラマツキャップは驚く。
科特隊の基地の鉄筋コンクリートの中には
熱源などを跳ね返す特殊な素材が入っており
ムラマツキャップですら通常は隊員にも口外しない機密情報だった
からだ。
ゴトウ隊員の確認のために
南アメリカ支部へと通信しようとするも電波が消えてしまう。
ゴトウ隊員が同じ頃にある機械で通信していた
のだ。

同じ時に高良市にキノコ状の植物が出現し、
アラシ、イデ、ハヤタの各隊員が急行
する。
植物学者の二宮博士の元へ訪ねた3人は
博士からその植物が歩く吸血植物ケロニアである事を聞かされる。

そして驚いた事に20年前、ケロニアを発見したのが
二宮博士の恩師であり、ゴトウ隊員の父でもあるゴトウ博士だったのだ!

その連絡がムラマツキャップの元に入った頃、
フジ隊員はゴトウ隊員の部屋へ入って調べていたが
ケロニアに気絶させられてしまう!
フジ隊員が行方不明という報で戻ってきた3隊員に
賊が入った時には不在だった、と主張するゴトウ隊員
だったが
怪しげな機械を見かけ、トランクの中の植物らしきものを採取し
二宮博士に研究を依頼
する。
そして科特隊はゴトウ隊員をしばらく泳がせる事にする。

二宮博士は採取した植物の研究を進め、
それが人間を超えた文明を持つまでに高度に発達したケロニアである事、
ケロニアが人間の血液を好物としている事を発見、
ゴトウ隊員がケロニアなのでは?と危機感を募らせた二宮博士の前に
そのゴトウ隊員がケロニアの正体を現して二宮博士を殺そうとする!
二宮博士を抹殺する指令を受けていた
のだ。
ライフルも効かないケロニアに気絶させられる博士。
ゴトウ隊員をマークしてた3隊員によって二宮博士の命は助かる
ものの
博士が残したノートの文面を見て驚愕する。
そして逃走したケロニアは巨大化、本格的な人類征服を実行し始め
各都市にエアシップコンビナートが出現する!

各都市の戦力でも歯が立たないケロニアとエアシップコンビナート。
ジェットビートルが出撃
ハヤタはウルトラマンに変身!
スペシウム光線も効かないケロニアをアタック光線で何とか倒したウルトラマンは
数が多すぎるエアシップコンビナートに苦戦するジェットビートルを支援、
ここにケロニアの野望は崩れ去った。

フジ隊員も助かりケロニアの生態と行動を整理し
高良市に生えたケロニアは火に弱い事から細かくして燃やされ
談笑して和やかなムードになっていた科特隊の面々。
ハヤタの「何故、植物が高度な文明を持てたのでしょうか?」と質問した時、
やはり回復した二宮博士は現れる。


そして博士は答えるのだった。

「それは全く謎です。
こんなに科学が発達した世の中でも何と不思議な事が多いのでしょう。
しかし、このような事件が再び起こらないとは誰も言えない、
いや、再び三度起こりえるべき。
我々、人間は心しなければならない、
いくら高度に発達しても血を吸って身を肥やすのは
もはや文明とは呼べないのです・・・」


というのが話の流れですね。

(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

この話は初見の時、ドドンゴの話で出てくるミイラ人間の時と同じくらい
凄く怖かったのを良く覚えています。
フジ隊員を洋服箪笥の中からケロニアの本性を出して襲うシーン

夜中にケロニアが二宮博士を襲うために侵入するシーンなんかがね、
演出がきいてて、また造形が鉛筆画の感じですからメチャクチャ怖かったですよ。
高良市に出てきたケロニアもやっつけ造形っぽいんですが、
またそれがこの話のムードに異様にマッチしてる
んですよね。

ただミイラ人間もそうなんですが不思議とトラウマにはなっておらず、
なんかこう、緊迫したムードがずーっと続いていくという、
後続のウルトラセブンにありそうな展開で進んでいく
んですよね。
二宮博士の警告で最後は終わるわけですし。

二宮博士といえばウルトラ警備隊でキリヤマ隊長を演じる事となる
中山昭二氏が演じていましたね。
以前、記事にしたウルトラマン80のガゼラの話もそうなんですが
中山氏はこういった知的な役柄も実にうまく演じる名優
でしたよね。
中山氏の演技も緊迫したムードに一役買ってますね。

ケロニアを倒したアタック光線を初見で見た時は、何だ?この光線技は?と驚いて

あとでケロニアの話でのみ使用した光線と知り、ラッキーと思いましたよね。
だってGの初見の頃はビデオは高価で
再放送で見るしかチャンスがない
んですから。
爆発四散というのも初代マンでは珍しい表現だったように思います。

それと意外と火に弱いというケロニアに対し
弱点が後から知ったからかもしれませんが火を使った攻撃が一切無く
変だな?と思う一方、苦戦する流れとしては
二宮博士も襲われて気絶してしまうわけですし、
それはそれでいいのかな?と思ったり
もします。

ただ、初代マンではグリーンモンスが既に植物の怪獣として登場してますから
こういった人型の知的な植物怪獣というのが実に新鮮だったのは事実です。
そういった形のウルトラ怪獣ではベーシックになったのがケロニアでしょうね。

以上で2つめのイベントは終わりです。如何だったでしょうか?

M1号、ケロニアと途中にヤッターマンを挟んで続いたイベント記事
ですが
3つめのイベント記事ではどんなウルトラ怪獣が出てくるのか?
んー、まあ、自信は無いですが、どうかお楽しみに。


あと文中にもあるように自宅の仕事明けなので太字処理などは後程行います。

バタバタした状況なのに観て下さってる、この「ひいろお倶楽部@」、
Gも精進しますので今後も宜しくお願いします。


んー、少しまた寝るかなあ・・・今回は此れにて。






「映画「ヤッターマン」を先週観ました・熱中したGの絵のルーツの1つ」 (棒高跳びメカ)
「名脇役・金田龍之介氏逝く・Gは貴方とお話するのが夢でした・・・」(ムクロビースト)
「鉛筆画で記事再開から1年・・・そしてNEXTへ!」(仮面ライダーV3)
「「仮面ライダー THE NEXT」初日舞台挨拶へ行くのに大ピンチ!」(ショッカーライダー)
「ひいろお第11話:消火活動」 (ウルトラマンとペスター)
「トラックバック700件突破!・・・で、ドラコ再生ソフビですかあ?」
(ドラコ再生のソフビとジェットビートルのプラモ)
「夢の閲覧者総数100000人突破!選び抜いた末に登場の工作怪獣ガゼラ!」
「記事数950件記念!「わたしはかもめ」のM1号ようやく参上!」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-17 16:02 | 特撮系
c0040422_1531474.jpg


こんばんは、3連投のGです。

前回のM1号の記事で書いたように早ければ今日、自宅での仕事があるので
今はほとんど自宅待機に近い状態でもあるもんですから
鉛筆画は余った時間に描いておいてたのがある事から
空いた時間が時間が勿体無いですし、
早めにアップしようとした記事の文章を打ってます。

(と文章打ってるうちにシフト確認の電話があった・・・)

夕方遅くになれば自宅の仕事が今日か明日か判明するので
もし今日になったらこの文章をバックアップして明日に回そうという感じです。

早めにアップしようとしてた記事というのは休業中だった先週11日の話です。

ようやく映画「ヤッターマン」を5年ぶりに会った友人と観てきました。

まあ、今まで記事では仮面ライダーV3ショッカーライダーの各記事で
特撮映画「仮面ライダー THE NEXT」しか映画には触れてませんが

「ゼブラーマン」は観てたんだけど資料の関係で書き損ねてますけどね)
レンタルビデオ店員という商売柄、
どうしても映画の情報というのを事前に入手しておかないと
入荷するDVDを選ぶのにネットやTVのCM見たり、
リンクしてる皆様のブログを見たりしてデータを集めて
小さなお店ですから入荷数も限られてくるのと
比較的、お客様の年齢層が高いので微妙なラインの映画をどうするかを
最近はリリーフなので機会が少ないものの
店長さんから相談された際にGなりのアドバイスをするわけです。


例えば「皇帝ペンギンって、どう?」とか、実際に聞かれるわけです。
(「皇帝ペンギン」を聞かれた時は一番困ったなあ)
いい映画でも回転してくれないと意味が無いので
切るか入れるかを考えるわけ
です。

それに映画ファンのお客様の当然いらっしゃるわけでGなりのアドバイスや
逆にお客様から情報を得たりと情報交換をするわけ
です。
(けっして油を売ってるわけではありません!)

そういう中、公開前からGはお客様に

「ドラゴンボールよりヤッターマンか、オーストラリアが良いと思います」

と強く推してたくらい期待してた映画だったので仕事で詰まってた時期ですし
ゼブラーマンの時のようにいてもたってもいられず友人を誘って観に行った
のです。

Gはタイムボカンシリーズは時間帯がずれて観れなかったイタダキマンを除いた
タイムボカン、ヤッターマン、ゼンダマン、オタスケマン、ヤットデタマン、
逆転イッパツマン、つい最近に放送された怪盗きらめきマンと
一通りは観ている
ので

ガッチャマン同様、タイムボカンシリーズにはうるさいですよ。

でなきゃ、冒頭の鉛筆画、逆転イッパツマンに登場した棒高跳びメカなんて
普通のブログじゃ描きませんでしょうし(笑)


それに最近、近所のほんだらけでこの本が安かったので入手してますしね。

c0040422_15321935.jpg


ホントにタイムボカン馬鹿のGですね・・・。

ちなみに前日の10日は夜勤だったので
友人が時間を考慮して夕方に観に行った事もあり
映画の後は夕食となったのですが
豊島園に久々に行ったもんで友人に案内してもらい

「さっきのスパゲティ屋の他にもお寿司や中華料理なんかもあって・・・」

と友人が言った後に2人で顔を見合わせましたね。

「・・・ドクロ寿司・・・」
「・・・店員がドライヤーを持ってたら、どーする?」


これは観た方にはわかるネタですが実話です。はい。


で、まあ、ヤッターマンの感想としては面白かったですね。

特にドロンボー一味がそれぞれドクロベエに煽られて夢に浸ってた時に
ドロンジョの夢が意外と普通の夢を願ってた
のと

ゾロメカの出世魚のネタには笑いを一生懸命こらえて観てましたよ。

あのヤッターマンは全108話を120分に凝縮した形なので
当時観てた人にはセリフや仕草、疑問点がすぐわかるわけ
です。

映画で流れてたセリフやシーンの7割くらいは本編でも実際に使ってたものですし
(ドロンボー一味の最後に至るまでちゃーんと本編どおりというこだわりよう)

山本正之氏が歌を歌ってくれて懐かしかったですし

ヤッターワンにヤッターマンの2人が立ったまま乗って
現地に向かうと現実ではどうなの?
商売や戦闘以外ではドロンボー一味は何をしてるの?
いつも現地で別れるゲストは実際だとこんなもんじゃないの?

などという疑問にも見事に映画では答えてくれてるわけ
です。

ただ100%そうなのではなくゲストキャラクターの登場や
最終決戦のステージがある点、
ドクロベエやドクロストンの設定を変えてある点など
ユーモアあふれる形にアレンジしているわけ
です。

ちなみにTV版ではドクロストーンは宇宙人ドクロベエの本体で
地球に来た時にバラバラになったので指令を出すロボットを作って命令してた、

まあ、ウルトラセブンのアンノンの発展した形だったのですが・・・。
(つまり映画ではそうではないという事)

タイムボカンシリーズをはじめ、こういう下ネタもバンバン昔はやってたんですよ。
友人は例えとして「かぼちゃワイン」を挙げてましたが
昔のアニメは今の時間帯では考えられないくらい下ネタをやってた
んですよ。
それがごくごく普通だった。気恥ずかしいけど見て面白かったわけですよ。

実際、きらめきマンは時間帯の都合でアドリブ、下ネタ、内輪ネタ禁止でやってて
正直やってる側もしんどかっただろうし、見てて拍子抜けしたのも事実。
(ただ、この映画に至るまでの道筋となったのも事実)


だから、ドロンボー一味があのくらいやってくれると見てる側としては嬉しいし
(トンズラーのキャラが立ってたのもなお嬉しい)
ヤッターマンがあのくらい軽いタッチの方が作品的にはかえって浮かないのです。
(これでもっと重厚にやったら方向が変になると思う)

ただ、10代20代の観客には
イマイチつかみづらかったような会話を聞いたのも事実。

まあ、これは大変コアな作品に映ったと思うんですよね。

でも、そういう作品だからこそ三池監督がチョイスしたのは観ててわかりましたね。
Gからしてもヤッターマンという映画は非常にコアに作られた作品だと思います。
これをきっかけにタイムボカンシリーズの素晴らしさを
若い方にもわかって頂けたら、Gのいる店には無いですけど
ヤッターマンのDVDをレンタルして見てもらえたら、
この映画は大成功のように思います。


映画「ドラゴンボール」が10日で打ち切りになっており、
初日でも途中で帰ってしまった観客がいた、
という現実
から見ても、このコアな路線一筋は大当たりだとGは思います。


このタイムボカンシリーズはGの絵にも大きな影響を与えました。

今回の記事用の鉛筆画に用意しようと考えてたのは
オタスケマンの顔メカ
(顔の下にキャタピラが付いてるという斬新なアイデアの敵メカ)
と迷ったのですがGの絵の影響から考慮して逆転イッパツマンを選びました。

逆転イッパツマンでは後半から敵メカがスポーツメカとなる
のですが、
その第1号機がこの棒高跳びメカなのでございます。

これもなかなか笑えるメカでして。

説明しよう!(肝心のこのセリフ入れるの、忘れてた!)

特殊グラスファイバー製の棒を使って高度1万mまで飛び上がり、
そこから急降下してイッパツマンの新型ロボの三冠王に体当たりするという、
まさに一撃必殺のメカ
だったのですが、肝心のコスイネンが二日酔い?
(コスイネンはクリーン悪トリオにおいてはヤッターマンのボヤッキーのポジション)
三冠王への照準がダブって見えてしまい棒高跳びメカは地面に激突、
そのままマントル層まで潜って(!)爆発してしまう
という、
破壊力が凄まじかっただけに非常に惜しい負け方をしたスポーツメカである。
(もっとも自爆はタイムボカンシリーズのお約束ですが)

前作ヤットデタマンくらいからドラマ重視の方向性だっただけに
かなり大笑いした記憶があります。


その時にふと思ったんですよ。

「仮面ライダーV3のデストロン怪人みたいに機械+動物の怪人はいるけど
スポーツ+動物の怪人って今まで無かったよなあ?」


元々、自作の怪人、怪獣の絵を幼少から描いてましたけど、
この棒高跳びメカを見た時にアイデアがひらめいたんですね。

「ひいろお倶楽部@」の姉妹ブログ「かいじゅうはかば」
Gが載せてる昔に描いたスポーツ怪人の大元のネタは
逆転イッパツマンのスポーツメカから来ていた
のです。
(最近、アップしてなくて、しーぼーず君は暇そうですが・・・)

こんな感じでタイムボカンシリーズはGにも様々な影響を与えましたね。
「こんなバカな番組、また見るのか?」と父にはよく言われましたが(笑)


でもね、人間、時には馬鹿やってないと本当に馬鹿になっちゃうのよ、本当に。

それくらいの映画やTVがあってもいいと思うのよ、教育上。


おお、この時間まで特に自宅の仕事をやる雰囲気は無いなあ・・・
という事は、明日が地獄か?(泣)

ま、まあ、無事、記事を書き終えてホッとしましたし、
Gの絵のルーツの1つを書けただけでも良しとしましょう。

次回の記事は多分、自宅の仕事が終わってから
ですね。
さっきの電話では来週、シフトが混んでるようなんで(大泣)

なお今回は絵にも絡んでるので変則的な美術系記事と致します。

では、今回は此れにて。







「記事数950件記念!「わたしはかもめ」のM1号ようやく参上!」
「鉛筆画で記事再開から1年・・・そしてNEXTへ!」(仮面ライダーV3)
「「仮面ライダー THE NEXT」初日舞台挨拶へ行くのに大ピンチ!」(ショッカーライダー)
「閲覧者総数180000人突破!しかしGさんアンノン状態・・・。」


「かいじゅうはかば」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-16 17:34 | 美術系
こんばんは、連投という格好となったGです。

昨日のクモダブラーと星野月子の特撮鉛筆画真っ向勝負コラボ!
はお楽しみできたでしょうか?


今日は元々、研修生の最終段階で店に入ってたので
Gは早退の予定というのもありましたが
昨日書いたように自宅での仕事が明日明後日あたりに入るのが濃厚な事、
昨晩ブラウザが一時的に大変不安定となりPCにも影響が出た事、

(深夜になって解消されてきましたが)
早めにアップしたい記事も後に控えてる事から
本日は3つあるイベントの1つをやっていきたいと思います。

そんなに急いでアップして「ひいろお倶楽部@」イベント恒例の
ウルトラ怪獣の鉛筆画が間に合うのかって?


「大丈夫」by 古内東子

今回はストックしてたウルトラ怪獣をこれを機に使いますので
体調面にもそれほど響きません。
万一の差し替えが効く様に用意してましたから。

こういう時に使わないとね。

では、3つあるイベントのうちの1つを発表します。

本日4月15日の記事で
「ひいろお倶楽部@」の記事数が950件目となりました!


・・・900件目のクレッセントの内部図解の記事が去年12月でしたから
950件目までは長かったですね・・・
いよいよ夢の記事数1000件まであと50件となりましたしね・・・

それで復帰時にスキン変更を前倒ししておいたのです。

ひとえに皆様に支えられてこそ記事数950件目まで頑張って来れました。
Gとしましても厚く御礼申し上げます。


で、今回のウルトラ怪獣ですが、いつもマイナーどころを、
最近では第2期ウルトラ以降を多く採り上げてたのですが
たまには第1期ウルトラで比較的メジャーなのをアップしようかな、
と思い
ストックから起用を決めたのが、このウルトラ怪獣です。

c0040422_19315639.jpg


ウルトラQに登場の人工生命M1号です。

M1号の隣の鉛筆画がザンボラーという事は
2年くらい起用してなかったって事?

このM1号はアナホリダブラーの紛失ストックイラストリストにもありますが
敢えて当時のものを修正して描き直しておいた鉛筆画
です。
というのも紛失したペン画のM1号の右手の処理を間違えてたんですね。
それで右手の処理を描き直した鉛筆画を作成してたというわけ。

「ウルトラ怪獣なら何でも大丈夫!」という友人に
右手の処理を間違えたのを説明して、このM1号を以前、お渡しした
のですが
流石にM1号はわからなかったみたいです、

って、メジャーじゃないんですか?M1号?

(ここで今日は一旦、休憩を挟みます、ブラウザの件もあり念のために)

そんじゃあ、まあ、M1号の説明に入りますかね。

M1号は生物学者の相川教授らが開発した人工生命体であり
通常はゼリー状細胞となって30cm程度の高圧ボンベに入れられている。
しかし、本来は万城目淳が空輸するはずだったボンベ入りトランクを
誤って後輩の戸川一平が地底超特急いなずま号の試運転の取材に持っていき

更に軽率なカメラマン川田の撮影によるフラッシュによって細胞分裂を起こし
トランクは回収したものの、このようなゴリラ状の姿で誕生
する事となってしまった。
3歳児くらいの知能は持っており物凄い怪力も併せ持つ。
いなずま号の運転室を乗っ取った格好となってしまい
たまたま乗ってたイタチ少年を巻き込み大混乱となり
最終的には、いなずま号は北九州駅に激突、
M1号とイタチ少年はその衝撃で宇宙へと飛び出してしまう・・・。

こう書くと怖い存在のように思えるM1号
なのですが
本人自体はそんなに悪気があるわけではなく
つぶらな瞳に鼻水をたらし分厚い唇という結構、愛らしいところもあり
宇宙へ行ったイタチ少年には当時のソ連出身の初の女性宇宙飛行士である
ヴァレンチナ・ヴラディミロヴナ・テレシコワが
ボストーク6号からのコールサインとして使い大流行したセリフ、
「わたしはかもめ」と喋ったりと愛嬌ある面も見せている。


そのM1号の話に
貴方の目は貴方の体から離れてこの不思議な世界へと行くのです。

ウルトラQ第10話「地底超特急西へ」

脚本・山浦弘靖、千束北男、監督・飯島敏宏、特技監督・的場徹、敬称略

地底超特急いなずま号の公開試運転に報道関係者を招いて行われた。
いなずま号は新東京と北九州を3時間で結び、
最高時速450km、電子頭脳で自動運転する事が可能、
栄えある試運転には西岡主任と小山運転士が選ばれた。

戸川一平はカメラマンと称して江戸川由利子と一緒に
夢の地底超特急いなずま号に乗り込む事に成功。

ところが一平は先輩の万城目が空輸するはずだった
高圧ボンベが入ったトランクを間違って持って行ってしまっていた。
それを軽率な新聞記者でカメラマンの川田がフラッシュ撮影
してしまう。

トランクは無事、回収されたが既に異変が起こっていた。
M1号が細胞分裂してゴリラ状の姿に急成長してしまったのだ。
M1号は運転室を乗っ取ってしまい、いなずま号は暴走、大混乱となる!

しかも電子頭脳も壊されてしまい非常装置も効かない!
暴走するいなずま号を運転室のある機関車と客車を分離させるが
機関車には靴磨きをしていたイタチ少年が忍び込んでいた。
M1号とイタチ少年の2人を乗せたまま暴走するいなずま号の機関車!

そこで車止め装置を使うという最終手段を取る事となるが効果なし。
遂にいなずま号は終着駅の北九州駅に突っ込んで大爆発を起こす!

・・・イタチ少年が気がつくとM1号と一緒に地球の衛星軌道を飛んでいた。

そしてM1号は彼にこう言うのだった。

「わたしはかもめ」


というもの。

(ここで二度目の休憩を取ります・・・)

この話を思い出す時に最近、店長さんと話した事を思い出すんですよ。

店長さんはGとは干支で一回り年上で第1期ウルトラもリアルタイムで見てた世代。
大のお気に入りウルトラ怪獣はカネゴン
と言いました。
あの漫画的な表現が実にいい、と言うのです。

「悪魔っ子は怖かった」とか色々と思い出を話してましたが
何せ昭和41年の話ですから子供の頃でウルトラQ全ては思い出せない
と言います。
Gが一番のお気に入りウルトラ怪獣のケムール人の話をしても
「怖かった記憶があるけど・・・」と店長さんは思い出せずにいたのですが、
しばらくしたら思い出してこう言ったんですよ。

「メリーゴーランド!」

ケムール人が倒された後で
被害者が遊園地のメリーゴーランドに戻ってくるシーンを思い出した
のです。

そうなんです、このM1号もケムール人も飯島監督が担当してるんですよね。
カネゴンは中村晴之助氏が監督
2つとも脚本には千束氏も絡んでいます。
飯島監督はこういった演出が実にうまい。
あれだけ緊迫させて最後はファンタジーに持っていってしまう
という。
店長さんやGのように最後の温かい心に残るシーンをちゃーんと用意してくれる。
飯島監督の優しい性格がすっと伝わってくるんですよね。


だからM1号にしろGの好きなケムール人にしろ
バルタン星人などの他のウルトラ怪獣にしろ印象深いものにしてくれる。


それでGは店長さんの「メリーゴーランド!」の一言と
M1号の「わたしはかもめ」の一言がイコールに思える
のです。

以上で950件目のイベント記事は終了です。如何だったでしょうか?

前回や冒頭にあるように早めにアップしたい記事がある事から
3つのイベントを連荘で行う事をしませんが
その予定してる次回の記事ではGの絵のルーツになるような話をします。
どうぞお楽しみに。


では、夢の記事数1000件目を目指して
マイペースに邁進して参りますので
今後とも何卒、「ひいろお倶楽部@」を宜しくお願いします!


今日は此れにて・・・。






「復帰早々、特撮鉛筆画真っ向勝負コラボ!(はぐれベーダー79)」
(クモダブラーと星野月子)
「記事数900件記念!再登場の月の輪怪獣クレッセントの内部図解!」
「「ウルトラQ開田裕治画集」を購入しました(はぐれベーダー57)」
「病院へ行ってきましたPart89・Gの体温がザンボラーの如く熱くてたまらん!」
「これだけのイラストストックをアナホリダブラーが探してます。」
「コメント1000件突破記念にカネゴンでございます。」
「GのNo.1ウルトラ怪獣!ケムール人です!」
「ケムール人の如く走って?「怪獣と美術」展に行ってきます!」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-15 20:03 | 特撮系
おこーんばーんはー、Gでございます。

スキンの色を12日から変えたので何となくお分かりかと思いますが
本日14日から「ひいろお倶楽部@」に復帰でございます。

なんでぃ!休業期間は半月も無いのかい!


と、思われるかもしれませんが実際の予定では
18日まで研修生の研修期間があるので来週19日以降の復帰
でした。

ただ、2人の研修生が1人は覚えが早く今週から最終段階で1人で店に入ってますが
もう1人はGが初めて研修を担当した際、体を壊してしまう恐れがあったので
頑張ってはいたのですけど残念ながら退職という形となり
Gもその方の研修で状態を初めて知ってビックリして色々と対処したものですから、
その影響から翌日から体調を崩してしまい(ケツメイシの記事を書いた日ね)、
先週になってサイゴーンの記事で先月末で退職した後輩は不景気なんでしょうか、
Gと同じリリーフとして転職先と掛け持ちで先週から戻ってきてくれました。
あ、今は体調は回復傾向なので御安心を。

という事で、1週間早く仕事が楽になったので早めに復帰できました。
もっとも今週、自宅の仕事がありそうなんですが(泣)

で、復帰後、第1号の記事がいきなりジブリでヒロマカ!以来のコラボでございます。

ジブリの際と同じく猫の手さんとのコラボなのですが
今回はタイマン、じゃなくて特撮鉛筆画真っ向勝負の1対1モードです。
(なのでスキンは猫の手さんの絵にちなんでブルーベリーを選択しています)

いきなりこういう流れになったのはリクエストがあったからなんですね。
やまださんという方からムクロビーストの記事に頂いたものなのですが
ゴース星人の記事にてコメントのお返事やリクエスト、4コマを止めて
アカレンジャーVSテレビ仮面の記事でペンを持てる状態でなくなり
交通事故にも遭って鉛筆画とドット絵を主体に事実上、受入停止状態ですから
リクエストリストにもかなりの量があって
2、3年もリクエストをお待ちしてる方もいらっしゃる中、

訃報記事への痕跡の無い、いちげんさんの方のリクエストを受けるのはどうなのかな、

と思ったのですが、猫の手さんのところにも同じリクエストがあって
同じようにいちげんさんでいきなりリクエストして痕跡が無いという状況で
色々な方に違うHNで同じようにお願いしてた事がわかり、
しばらく猫の手さんと話をつめたりコメントを書きに行ったりしたんですね。

詳細は猫の手さんのブログを読んで頂くと経緯がわかると思います。

ただ、やまださん自身は悪気は無かった事(マナーには問題ありますが)、
実は3月から猫の手さんとは、あるコラボを計画しており
当初は1対1コラボの予定でそのあるコラボは話がスタートした事から
そのプレテストとして猫の手さんとの真っ向勝負コラボなら、
という事で14日アップという形で折り合いが付いた
という事です。

リクエスト待ってる方々にはGから深く頭を下げさせて頂きます・・・。

で、そのやまださんからのお題というのが
「恐ろしい怪人が気絶した美女をお姫様抱っこ」

なるほど、確かに構図としては思い浮かぶ割に描いた事は無いですね。
頼みづらいのもわからないわけでもないです。
それに特撮だとそういう女性を抱えるという構図は意外とある。

猫の手さんには「仮面ライダーの怪人」という枠があるようなので
Gはムクロビーストの記事のリクエストという事から
「宇宙刑事」という枠を勝手に決めました。

これね、鉛筆画とかの同じ条件でガチンココラボというのはGの夢だったのよね。

では、前置きが長くなりました。

まず、猫の手さんの作品はこちらをクリック!

そしてGの鉛筆画はこちら。

c0040422_8103147.jpg


タイトル「闇を裂く美女の悲鳴」

お姫様抱っこじゃなく単なる気絶してないかって?
そうです、イメージとしてはこういう気絶した女性がGの頭にありました。

登場させた特撮キャラは宇宙刑事ギャバンから
ダブルモンスターのクモダブラー星野月子です。
タイトルはクモダブラー登場の第23話のサブタイトルの一部を使いました。
(上原正三さん、ごめんなさい!)

上記かシャリバンに登場した宇宙海賊ベムサソリがミミーをさらうシーンかだろうな、
と思って、話の不気味さからクモダブラーとしました。

クモダブラーは山本昌平氏演じる怪紳士に化けて霧の夜を幽霊馬車で移動し
自らが発案した人間獣性化計画のために必要な美女を次々とさらい
美女達と結婚式を挙げて計画の被験者にしようと暗躍する。
怪紳士の状態でもギャバンと渡り合うかなりの強敵で
なかなかクモダブラーの正体を見せなかった。
怪紳士の状態では怪光線を出すクモで美女をさらい
武器としては網にも変化するクモ糸、剣、口から吐くクモの巣、
仕込みステッキ、火炎弾など多彩に持っており
手から出した網でギャバンを一時は捕らえた程の実力者。
(つまり劇中では鉛筆画のようなシーンは無いという事になります)

星野月子はギャバンのストーリーの主柱となる
ホシノスペースカノン(正確にはプラズマエネルギーを使ったホシノ・システム)
の発明者である星野博士の1人娘でギャバンに保護される。
(この件についてはダブルマン・ゾンビCとアルマジロモンスターの記事を参照して下さい)
ギャバンは事件の決め手が無いため誘拐の濡れ衣を着せられた大山小次郎と
月子とをアベックとして行動させクモダブラーの囮とするのです。
なおシャリバンにも登場しマクー同様にマドーからも狙われるが、
それがきっかけとなり宇宙刑事になるためバード星へ旅立つ事となる。
マクーに殺された星野博士はギャバンの父であるボイサーと交友があり
ボイサーに関してはバファローダブラーの記事を参照して下さい。

久保宗雄氏のシンプルなデザインのクモダブラーを怖く見せるために
長い足をわざと膝を曲げて前かがみにしたり実際と処理を変えたりと工夫。

気絶した星野月子にもかなり重点を置きました。
健康的な美女が宇宙刑事では多い中、月子は地球の普通の年頃の女の子であるため
特撮では異例とも言うくらいの衣装持ちである事がシリーズを見るとわかります。
(というか、特撮の女性って普段着の衣装少ないよね)

で、ストーリーでは花嫁姿になるので当初はウェディングドレスで、と考えてましたが
まだ暑さが残る昭和57年9月10日放送という事で夏っぽいものの方がいいのと
健康的な脚を隠すのは勿体無いと色々と考え実際の衣装の資料から

ウェディングドレス→冬服→夏服

と描き直して3回でようやく決まったという感じです。
髪はロングのストレートにしたかったのですが
月子はセミロングである事が多いので設定どおりにしました。

ただ全体的にそうなのですが見栄えの関係でデッサンをわざと崩して描いてます。

以上ですかね。こんな感じでいかがでしょう?

こんな感じで今回、異例の形で復帰となりましたが
次回はスキンの色が変わっているようにイベントでございます。
という事は、次回はウルトラ怪獣。
どういうのが出てくるのかはお楽しみに。


ただ3つイベントがあるのですが立て続けで出来るかは微妙なので、
それは予め書いておきます。

太字処理も後でやる事にしますね。

それでは、このコラボをじっくりお楽しみ下さい・・・。

◎注意◎
このコラボは打ち合わせの段階で同日に記事アップではあるものの
同じ時間帯ではない可能性もあると話をつめてたので多少、Gが先行アップしてます。







「1つだけ記事を書かせて頂きます・・・」(ケツメイシ)
「退職する後輩ともこのCD-R贈ってサイゴーン・・・」
「名脇役・金田龍之介氏逝く・Gは貴方とお話するのが夢でした・・・」(ムクロビースト)
「病院へ行ってきましたPart34・過労による全身関節痛のため一時休業します。」
(ゴース星人)
「病院へ行ってきましたPart53・Gのペンが止まった日」(アカレンジャーVSテレビ仮面)
「「ジブリでヒロマカ!」で「となりのトトロ」(はぐれベーダー76)」
「「ジブリでヒロマカ!」2次会ですが・・・(はぐれベーダー77)」
「ひいろお第16話:悪あがき」(シャリバン)
「あのボイサーこと千葉真一氏が引退されるとは・・・。」
(ダブルマン・ゾンビCとアルマジロモンスター)
「Gの理想の父親はボイサー・それを邪魔するバファローダブラー!」


「猫の手 懐古堂」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-14 00:00 | 美術系
こんばんは、Gです。

前回のムクロビーストの記事で4月休養としましたが
1つだけ、1つだけ記事を書かせて頂きます・・・。

東京は昨日2日、Gの夜勤があった日が
強風でしたが桜の満開日だったと聞いてます・・・。

桜が咲く春は別れの季節です・・・。

今、この曲をヘビーローテーションで聴いてます・・・。

◎さくら / ケツメイシ(2005)◎


・・・聴いてて涙が急に出て止まらないのは何故だろう?

5年前、育ての親だった伯父とGは桜を見る約束をして果たせませんでした・・・。

その3ヶ月後の春にGを育ててくれた祖母は97歳で大往生しました・・・。

亡くなる1ヶ月半前の祖母に偶然会う事となった時は土筆が出てました・・・。

ロボコンの記事で書いた彼女と入院中に一緒だった時も桜が咲きました・・・。

再会した後、重い病気で入院した彼女をお見舞いに行ったのも春でした・・・。

閉まっていた記憶の引き出しが、どんどん開いていきます・・・。

泣いたっていいじゃないか、

思い出となって笑顔になる日までウジウジしたっていいじゃないか、

その気持ちを忘れないように記事という形で残したっていいじゃないか、

そんな気持ちで歌を聴いてます・・・。

桜が散ってゴールデンウィークに入ると彼女の一周忌となります・・・。






「名脇役・金田龍之介氏逝く・Gは貴方とお話するのが夢でした・・・」(ムクロビースト)
「無題2」 (ロボコン)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-03 17:40 | 音楽系
c0040422_23492835.jpg


こんばんは、連投のGです。

自宅の仕事はまだあと少し残ってますが記事アップを強行しました。

いよいよこの記事をもって
「ひいろお倶楽部@」は4月休養に入ります。


火の山仮面マグマン将軍の記事で4月1日をもって休養と決めて
3月の検索ワードランキングを執り行う事や
イベントが2つほど発生する事も考慮
して仕事しながら色々と考えてましたが
(前回のヤツデンワニの記事でウルトラ怪獣を起用を避けた理由の1つが上記の件)

仕事にひと段落が着いた31日夕方にGが驚いた訃報が報じられましたので
休養前の記事としましては異例になりますが訃報記事を書かせて頂く事にします。

その強行で記事アップまでする事をGが決めたほどの訃報とは・・・

俳優の金田龍之介氏が3月31日、慢性腎不全のため亡くなられました。
80歳でした。


・・・以前にチューボの記事で金田氏を採り上げたからとか、
そういう簡単な理由で訃報を書いたのではありません。
(そういえば関ヶ原のVHSを親戚に貸したままだった・・・)

仕事にひと段落が着いたのは31日夕方と書きましたが、
その際の打ち合わせの電話で店長さんもネットで偶然Gと同時期に訃報を知り
金田氏の話で少ししんみりしてました・・・。


また、仕事で店に行った時にも訃報をGが伝えて常連さんが驚いて
懐かしく金田氏との思い出話をして下さいました・・・。


プライバシーをGも考慮して今まで書きませんでしたが
金田氏の大らかな性格ならご自身が亡くなられた事で書く事を許してくれるでしょう。

金田氏はGの比較的近くにお住まいだったのです。

Gが金田氏が近くにお住まいだと知ったのは電車の中でお見かけした時
でした。

絵を描かれるとあって小さな道具らしきものを持って読書をされてました。
恐らくTBSとかのTV局へ向かわれてたのだと思います。

金田氏といえば、どの役柄でも名脇役として長年に渡って演じきり
絵もたしなまれる大らかな才気あふれる方
でありましたから
電車で芸能人の方をお見かけする事は赤坂あたりである事はあったのですけど
Gも金田氏の演技や人柄には凄く憧れてただけに
お声をかけて握手なりサインを貰うなりしたかったのですが
読書をされてる所でしたので邪魔をしてたら悪いなあ、と思って
お声をかけるのを止めた
のです。

で、何度か電車の中で金田氏をお見かけするので、
ああ、近所にお住まいなんだな、
と思いました。

それで、しばらくしてGが今の店に入社し
店長さんと地元の芸能人の話題をした際に金田氏の話をした所、

「金田さんはお店にも来られる事があるんだよ、知らなかったの?」
「え?Gは店ではお会いした事がありませんけど・・・」
「じゃあ、たまたまシフトの関係でお会いできなかったんだね。
たまにレンタルに来られるんですよ。気さくで大らかな方でね。
なーんだ、お見かけしたのなら声をかければよかったのに。
そんな事を気にする方じゃないよ、金田さんは」


という話を聞きビックリしたと同時に

「お店に金田さんが来られる事があるんだ!」

と心を躍らせましたね。

「あの金田龍之介さんと今度こそお話できる!」

という気持ちで頭がいっぱいになったのを覚えています。

しかし、Gのシフトの時間は何故か金田氏やご家族の方はいらっしゃらなかったのです。

そして今回の訃報で2年半前から金田氏がお体を悪くされてたのを
Gは初めて知った
のです。
お忙しいだけではなく、そういう事だったのか・・・Gは驚きを隠せませんでした。

お会いした方は金田氏の気さくで大らかさな事をよく話し、
それだけでもGは金田氏の暖かみのあるお人柄を感じ取る事が出来ました。

ただ、やはりもう一度、もう一度だけお会いしたかった・・・
色々お話をしてみたかった・・・
なんで電車の中で話をするのをやめたんだろう・・・
悔いが残るばかりです・・・。

Gは名優としての金田龍之介を数々のTVや映画で見て知っています。
Gはもっと金田龍之介という人間を肌で感じ取りたかった。

でも・・・もうお話はできないのですね。
年齢的に言えば大往生なのかもしれませんが、
やはり地元では驚きを隠しきれない感じです。

・・・近い存在だっただけに今回の訃報はしんみりしちゃいますね・・・合掌・・・。


今日はスパイダーマ!!の記事で短期休養を取って動画で凌いで以来、
金田氏と同じ絵描きとして仕事の合間を縫って久々に鉛筆画を描きました。

金田氏は様々な役柄を演じてますが江戸幕府の僧で政治に影響のあった
天海大僧正や隆光なども演じてらした事
から
僧という関連で元々、別件で起用予定だった特撮キャラを抜擢しました。

宇宙刑事シャリバンに登場の魔怪獣ムクロビーストです。

イガ星人の末裔の女戦士ヘレンがシャリバンの元で着実に実力をつけ
敵組織マドーはヘレン抹殺を試みますが、うまくいかず。
首領の魔王サイコは軍師レイダーに策が無いかと尋ねます。
そこでレイダーは死霊界から女剣士レイサを呼び寄せます。
レイサの実力を買った魔王サイコがヘレン抹殺の任をレイサに命じ
レイサのサポートとして与えた即身仏魔怪獣が、このムクロビースト
なのです。
ただ、実際にムクロビーストがやった事は
死の直前のレイサのエクトプラズム攻撃で弱ったヘレンを
殴打するくらいしかやってないのですが。
武器は手にした骨状の杖と剣、

そして4個の三角錐に変化して中心部に来た敵に電撃を与える攻撃がある。

レイサの強さやヘレンの死などで活躍はあまりパッとしないのですが
ムクロというモチーフとしては珍しい特撮キャラなので
Gのお気に入りの魔怪獣のうちの1体であり他の件で起用を考えてたほどでした。

訃報記事で最後という形となりますがノコギリマンの記事であった理由から
今回の記事をもって
「ひいろお倶楽部@」は4月休養に入ります。
休養は延長するか短縮するかが

昨日、店に行った時点でもかなり微妙です。
でも、4月中には何とか復帰できる見通しではあります。

皆様とはそれまでしばしのお別れとなりますが
レッドデンジャーの記事のようにならないように注意してまいりますので
また、お会いできる日を楽しみにしてます。


それでは、皆様、お元気で。






「危うくこうなる所でしたが・・・?」(火の山仮面マグマン将軍の最期)
「恋は盲目?」(ヤツデンワニ)
「端午の節句に関ヶ原!武人チューボが暴れまくる!」
「強烈な目まいが出てきたため急遽、休養します。」(スパイダーマ!!)
「ひいろお第16話:悪あがき」(シャリバン)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-04-01 00:00 | 雑談
こんにちは、2日ぶりのGです。

昨日の日勤も早退だったので記事アップしませんでした・・・。
ただ目まいは無くなり足のふらつきが残る程度にはなりました。

前回のヘドラー将軍の最期の記事で自宅の仕事が入った件を書きましたが、
どうもGが予定してたよりも早い
今日31日から自宅の仕事をスタートさせないといけない状況になってきました。

幸い火の山仮面マグマン将軍の最期の記事で書いたように
4月1日の記事アップにてノコギリマンの記事で予告した
4月休養入りは予定通りに行きそうなのですが
3月はウルフ777の記事以外でウルトラ関係を扱ってないため
休養でどの程度の鉛筆画を描けるかを試す意味で
ウルトラ怪獣を本日起用予定でしたけど
いつも短時間で仕上げてるとはいえ(最短で15分くらいなんですけどね)
今日、鉛筆画の新作を描くのが時間的に難しくなってしまいました。

3月はウルトラ怪獣無しという状況で誠に申し訳ないですが
戦隊物が続いたので戦隊物のYouTubeで今回も凌ぎます。

まあ、お詫び程度に思って頂ければ宜しいかと。

◎ヤツデンワニの恋路◎


「ひいろお倶楽部@」初の爆竜戦隊アバレンジャーのネタから
アバレイエローに一目惚れしたトリノイドであるヤツデンワニです。

ヤツデ+電話+ワニ=ヤツデンワニなのですが
(詳細は機会があれば記事にしたいと思います・・・)
Gが「ひいろお倶楽部@」を始める前で身内の不幸が重なったり
契約派遣社員やってたりしてた頃にアバレンジャーはやってて見る事ができず
後年、友人から勧められてはいたのです。

しかし、こんなに馬鹿笑いするほど面白いなら無理してでも見ておくべきだった!

というか、アバレブルーのセリフではないけど
ヤツデンワニは何をしに登場したんだ?(爆)
(蝶ネクタイまで用意してるし)

あーいーはー、かげろーおおー♪
(↑歌のチョイスが違う気が)

・・・最近の特撮ももっと勉強します・・・。

冒頭の状況なのでリンクはしますが太字処理は時間的に行いません。
また今回も変則的な特撮系記事とします。

ではでは、Everybody!さらば!あ、またね!あ、チャンカチャンカチャンカチャンカ♪






「戦隊の将軍の最期でもこんなに違うもんです・・・」(ヘドラー将軍の最期)
「危うくこうなる所でしたが・・・?」(火の山仮面マグマン将軍の最期)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「2週間前にトラックバック777件到達!特撮で777とくれば・・・」(ウルフ777)
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-31 11:37 | 特撮系
こんにちは、連投のGでございます。

昨日の火の山仮面マグマン将軍の最期の記事
無事、糖尿病からは回避し、現在は目まいの元となってる薬の削減をして様子見、
自宅の仕事の依頼も昨晩ありましたが、こういう状況なので
4月3日くらいまでにのんびりやってもらって構わないという依頼内容だった事や
明日の日勤は研修生と2人で対応する事になった事から
のんびりとした時間を過しています。

そんな感じなんで鉛筆画もストックは多少あるとはいえ
今の状況では新作を描ける訳も無く、
ここの所の記事はYouTubeで何とか乗り切ってる状況です。

そんな中、火の山仮面マグマン将軍の最期は
元々リクエストリストにあった事もあって起用しましたが

同じくリクエストリストにあった戦隊シリーズの将軍でも
最期はこんなに違うのか?というのを
昨日、偶然見つけて懐かしかったので今回は特撮系記事として掲載します。
(スーパー戦隊シリーズは当初の第1作はバトルフィーバーJであった事は散々書いてきましたが)

これぞ、武人、漢であるとGは放送当時思ってた特撮キャラのうちの1人です。

◎ヘドラー将軍の最期◎


電子戦隊デンジマンのヘドラー将軍は大戦隊ゴーグルⅤのデスギラー将軍や
科学戦隊ダイナマンの軍神カー将軍と並んで見事な散り際を見せてくれました。
当時を振り返って昨日は何度も繰り返し見ちゃいましたね。

バンリキ魔王との色々な場所へ転送しながらの戦いなど、
ここまでの経緯には色々とあるので火の山仮面マグマン将軍と同様に
機会があったら改めてヘドラー将軍の詳細を記事で書きたいと思ってますが

まさしく将軍の名に恥じない、相手からも敬礼されるほどの最期でした。

Gも放送当時はヘドラー将軍が真っ二つになってしまうのはビックリした記憶があります。

だからといって火の山仮面マグマン将軍がダメダメというわけではないのですが。
(最終決戦に臨むまでには色々な経緯があるので)

スパイダーマンこと山城拓也役を演じた藤堂新二(香山浩介)氏の
スパイダーマ!!の記事の後に同じく藤堂氏の敵役レギュラーの記事なので
正直、どうしようかなあ?とは思ってました。

というのも藤堂氏はスパイダーマンというヒーローの後に
レギュラーで敵役を演じる事(ゲストでは経験済みだった)や
衣装をつけたら顔に貫禄がないと髭を付ける事になった事
(初期の撮影会の時のヘドラー将軍は髭を蓄えてない)
に当時は大きな不満を感じたと当時を振り返ったインタビューで語っていたからです。

確かにスーパーヒーローを演じた直後で貫禄を感じないと言われれば
役者としては不満を持つのは当然でしょうが
ヘドラー将軍での藤堂氏の抜擢の理由は
バトルフィーバーJのハイド怪人でのゲスト出演での演技を高く評価されたからであり
このヘドラー将軍も実に武人で漢を感じさせるキャラとして印象強くしたのは
藤堂氏の演技が素晴らしかった事である事は言うまでもありません。

だからGはヘドラー将軍がお気に入りキャラの1人になってるのでもあります。

Gもヘドラー将軍に敬礼!

今日の記事は昨日の急遽の通院と自宅の仕事の依頼があった翌日なので
サクッと終わらせますね。では、今回はこれにて。

(なお今回も太字処理は一部以外は後で行う事にします)

(3月29日18:20)

(と、思いましたが、ゆっくり休養したいと思うので今回も太字処理はバグも考慮し止めます)






「危うくこうなる所でしたが・・・?」(火の山仮面マグマン将軍の最期)
「ひいろお第17話:援軍」(バトルフィーバーJ)
「ひいろお第7話:火打ち石」(デンジマン)
「自分を例えるとバトンが来ました!果たしてGは一体・・・?」
(クマコングの記事・デスギラー将軍の最期)
「1200枚以上の絵でHDDがパンパン!コンピュータードラゴンが迫る!」
(軍神カー将軍の最期)
「薬を落としてしまったくらいの衝撃だったGが見つけた掘り出し物!」
(スパイダーマン(東映版))
「強烈な目まいが出てきたため急遽、休養します。」(スパイダーマ!!)


「バンリキ魔王」(怪獣ブログさんの記事)

「糖尿病」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-29 12:10 | 特撮系
こんにちは、2日ぶりのGです・・・。

25日に御茶ノ水の病院の糖尿病内科へ行ってきて
今日は31日に行く予定だったやはり御茶ノ水の病院へ急遽、通院して

25日の検査ではGは糖尿病ではなく投薬の必要は無し、
(ただし、検査自体はまだ続きます)
これでスパイダーマ!!の記事であった強烈な目まいの原因は糖尿病ではなく
17日にGが変更をお願いした処方の薬が強すぎた事がわかり
昨日の日勤で仕事と研修の後に早退するくらいの目まいが来た事から
看護婦である母や店長さん、研修生、友人からの助言もあり
(皆さん、ありがとう!)
予約外で繰り上げて今日、通院し処方内容を削減してもらいました。

詳細はノコギリマンの記事で書いた4月休養からの復帰後の
病院系記事で書いていく事となると思いますが、
ひとまず様子を見て薬がまだ強いようだったら予約外で通院の形で、
とりあえずは一安心といったところです・・・。

YouTubeから、危うくこうなる所でした、という意味合いで。

◎火の山仮面マグマン将軍の最期◎


吸血マンモスの記事内容があった診察の実際の翌日に当たる
ヒルドラキュラの記事の日から食事制限してて
少し投げ槍になりそうになった時に
先日の東京国際マラソンの松村邦洋さんのニュースを見て
余計に注意するようになって7kgほど痩せたので
(食事のストレスからかタバコは増えたのが困ってますが・・・)
やっと卵も食べれるというか。
(爆発してはいけないので用心しないと・・・そういう映像ではないか?)

しかし、秘密戦隊ゴレンジャーの四大将軍で
日輪仮面鉄人仮面テムジン将軍ゴールデン仮面大将軍と紹介してて
一番のお気に入りの火の山仮面マグマン将軍は
アナホリダブラーのイラストストック紛失リストの中にあるのでまだなのですが、
四大将軍では一番みっともない最期というか・・・。

火の山仮面マグマン将軍の記事は温存ネタでもある事から
機会がある時やイラストが見つかった時にでもアップしようかと思います。

一応、ノコギリマンの記事で書いた4月休養の期限も一旦、棚上げにしてましたが
31日の通院の予約は今日の通院で来月に回ったので
30日には日勤が予定されてるものの
4月1日くらいまでは書けるかなあ?と予定してます。

その日がエイプリルフールで書いてる訳ではありませんので念のため。

今日は東京から帰ってきて休養したいと思いますので、ご報告だけ。
皆様にはご心配をおかけしました。

なお今日は変則的な病院系記事と致します。では、これにて。

(またリンク貼ってる時にバグが出たので太字処理は後程行います・・・)

(3月28日PM20:30)
やはり後で太字処理してもバグが出るので今回は太字処理を取り止めます。







「強烈な目まいが出てきたため急遽、休養します。」(スパイダーマ!!)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「病院へ行ってきましたPart143・吸血マンモスの採血?の結果、検査へ 」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「ひいろお第29話:5人の理由」(ゴレンジャー)
顔ほど穏やかでないアフリカの星・日輪仮面!」
「鉄人仮面、バリブルーンと共に散る!」
「ゴールデン仮面大将軍は死なず!ただ散り逝くのみ!」
「これだけのイラストストックをアナホリダブラーが探してます。」

「糖尿病」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-28 16:23 | 病院系
こんばんは、時計が回ってるので2日ぶりのGでございます・・・。

前回のスパイダーマ!!の記事で書いたように
昨日、御茶ノ水の病院へ行ってきて結果の良い面と悪い面と両方出てきたので
ノコギリマンの記事で書いた「ひいろお倶楽部@」4月休養の前倒しをどうするか、
色々な方々と話して検討中
という所です・・・。


今日はその時間稼ぎの記事ではなく
古くの常連さんのacoyoさんがブログ復帰しまして
双方でほぼ同日に動画を探してたようでもあるので、
いつも反比例してGがお休みというのが多い事から
acoyoさん復帰記念に動画をチョイスして簡単な記事
にしておきました。


acoyoさんといったらコレしかないでしょう。

◎機動戦士アッガイ◎


アッガイだと、もっと他にもいいのがあったんだけど有名なのを選んじゃった。
スンマソン!(古っ!)

追記としてやっぱコレも良くて切れないので一緒に載せておきます。

◎【アッガイ・ザ・ムービー】(愛のうた~あがーいのテーマ~完全版)◎




◎アガーイえもんのうた◎


何はともあれ遅ればせながら復帰おめでとさん!

今日は体調面でから一応、短期休養中なので記事内容はONRYで。
なお、今回の動画は変則的な音楽系記事とします。
ではでは。






「強烈な目まいが出てきたため急遽、休養します。」(スパイダーマ!!)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「固有名詞バトン「ガンダム(UC限定)」」(アッガイ)


「きょうのわたくし」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-26 00:30 | 音楽系
こんばんは、3連投のGでございます・・・。

当初、今日明日は記事アップする予定ではありませんでした。
前回のベンキョーダーの記事の続きももう少し後にするつもり
でした。

今日の日勤で勤務直前に強烈な目まいを感じ
(最初は震度3か4の地震かと思った)
歩くのもふらついて長時間立ってられず作業もしにくい事から
最低限の仕事をスローテンポでこなした後に店長さんに電話で相談。

明日は糖尿病内科の血液検査と診察がある事

来週から4月に入ってノコギリマンの記事で書いた状況になる事から
定時までは粘って、後は休養を取るよう指示されました。


今日はあまり眠れなかったのもありますし
昼食と食後の薬を飲んだ後からおかしいので恐らくその辺が原因
かと思いますが
元々、27日の日勤もある関係で明々後日26日の記事アップも微妙と思ってた所から
「ひいろお倶楽部@」も
再び短期間の休養とさせて頂きます。


ただ明日の診察次第とも思うので復帰が早いかもしれませんし
逆にノコギリマンの記事で書いた4月からの休養を前倒しにするかもしれませんし
とりあえず、ゆっくり休養を取る形にしたい
という事にしました。
消化したい記事もありますが致し方ないです・・・。


立ちくらみとかはたまにあっても、あまり目まいをしない体質なので
急な話で申し訳ありませんが、ご理解の程、宜しくお願いします。


鉛筆画のストックもあるのですが、こんな状況ですから説明書く気も無いですし
別のネタで使おうと思ってたYouTubeの動画を載せておきますので、
しばらくの間はこの特撮テクノをお楽しみ下さい。

◎スパイダーマ!!◎



なお、本来は雑談記事にでもしておこうかとも思ったのですが、
せっかくの特撮テクノなので赤い夕陽のバラバラマンの記事と同じく
今回も変則的な特撮系記事
とします。

あとネット使用も少し制限しておく事にします。

しばし、御免!





「病院へ行ってきましたPart145・食事療法のベンキョーダー!」
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「俺は戦うがんがんじい♪で短期間休養を延長します。」(赤い夕陽のバラバラマン)
「薬を落としてしまったくらいの衝撃だったGが見つけた掘り出し物!」
(スパイダーマン(東映版))


「糖尿病」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-24 19:35 | 特撮系
c0040422_13175112.jpg


こんにちは、連投のGでございます・・・。

明日は日勤で研修員を教えないといけないのと
明後日は糖尿病内科への三度目の通院があるので
今日も消化できる記事をドンドンやっていきたいと思います。

昨日のサイゴーンの記事でも書いたように
タイムリミットも迫ってますから。


今日はかなり溜まってた病院形を消化します。
ようやく今月の話、3月3日の事でございます。
冷凍ロボットの記事の前日
ですね。

吸血マンモスの記事にて糖尿病の疑いが強まった際に
御茶ノ水の病院への予約が通常の4週間後から2週間後に狭められ
同日に糖尿病内科を通じた栄養士による指導の予約も入り
かなり早めに出発したのを覚えてます。
(こういう展開だったから血液検査の結果の数値は書きたくないのよね)



というのも代用品の薬の量が少なかった事もあって
最初は食事療法から来るストレスで精神面が不安定なのかな?
と思ったのですが
食事のストレスを感じなくなってきても

いきなりズドーンと精神面が落っこちたりとか
1日中、低調なモードでいたりする事が多く
足の痛みとかは減ったものの眠れなくて疲れが取れにくい事もあり

これは薬を調整しないとマズイ
というのと
遅刻したら指導の時間も遅れるというので早めに出たわけです。

早めに到着した分、まずは糖尿病内科の受付を済ませた後に
いつもの診察も早めに開始されまして。
ホラーアイでの記事の結果を報告し眼底検査を受ける事に担当医も納得。
その後で上記にある薬の面を相談しました。

この代用品の薬は以前にも飲んではいた薬
だったのですが
細粒にしてたのでわからなかったのですが
当時はかなり強めで出してもらってまして
今はそこまで酷くは無いので軽めにスタートしたという形
でした。

そこで薬を少し多くしてもらって軽めの睡眠薬を処方してもらう事で調整。
更に代用品の薬を錠剤ではなく細粒にする事で飲み忘れを減らす対策
をしました。

それでノコギリマンの記事であった4月のスケジュール調整で
勤務先から頼まれてた事もあり、3月中の診察予約の相談もして
Gと勤務先と担当医の3つの都合を合わせるのに時間をかけて話し合い
今月中は2週間おきに通常の診察を受ける形で
4月の診察をずらしていく形で合意。

ある意味、診察よりこの時間調整の方の相談に時間がかかりましたね。

それで、しばらく時間が空いたので一度外出して私用を少し済ませて
糖尿病内科へ戻り栄養士の指導室へと案内されました。

初めての事なんで正直ドキドキしましたが
看護婦の母とプロの栄養士とでは見解が違いますから
勉強する気持ちで臨んで行きました。

栄養士には吸血マンモスの記事の後で
食事を整理した事にはかなり褒められました。

ただ、シャドウオニヒトデの記事より以前の食事にはかなり厳しく言われましたね。

いや、正直あんなに食べられないもんだとは想像はしてはいましたが
現実に指導されると厳しいなあ、と思いましたね。


ただ、わからない事は多く、色々と質問できる場があった事はよかったですね。
食材でも残ってるものもあるので安心して食事ができるというか。
(スポーツドリンク、清涼飲料水、お酒、マヨネーズ、パンに塗るクリームは実家へ譲りましたが)
これで次回の糖尿病内科の血液検査でいい結果が残せるのなら万々歳ですね。

正直、厳しい指導でしたが女性の方だったので喋り方が優しかったのと
勉強して「あ、これでいいんだ」と納得できたのは
30分という時間にしては充実してた
と思います。

でも、今月4回も御茶ノ水へ行かないといけない
というのは流石にキツイ。
週に一度は御茶ノ水へ行く計算
になります。
いつもの担当医の診察時間に合う糖尿病内科の医師が予約でいっぱいだった、
というのもあるので致し方ない
のですけど、
(というか、糖尿病患者がこんなに多いとは聞いてはいたものの思わなかった)
医療費の予算的にはかなり厳しいですが、
まあ、後は自己管理でクリアするしかないです。

そう、自己管理、自己管理。

そして話は2週間後の3月17日の診察へと続くのでした。
赤い夕陽のバラバラマンの記事の日ね)

という事で今日の鉛筆画。

食事療法という事で手にした食物が砂となる作戦を展開した
ゴーグルVのコンドルモズーも考えた
のですが
コンドルモズーは今後の展開次第では使えそうな気がするので
栄養士による指導の勉強に重点を置く事に切り替えて起用しました。

兄弟拳バイクロッサーに登場のデスターロボであるベンキョーダーです。

うわー、まんまだね、コレは・・・。

(今日はここで一旦休憩を取ります・・・)

(3月23日PM17:06)

色々あって席を外してました。

お待たせしました、ベンキョーダーの説明に入ります。

敵組織デスターのドン・ドクターQは学校壊滅作戦を立案するが
建物だけ潰しても意味は無い、とゴーラゾンガーから叱責を受ける。
そこで幹部のシルビアは学校から子供を奪い
その子供を洗脳したちびっ子戦闘員としてデスターの戦力にする
デスター学校を作る作戦を立案、
それを遂行するにあたりシルビアのサポートとして呼ばれた
デスターロボがこのベンキョーダー
である。
シルビアたちは学校に潜入しベンキョーダーの左手から発射する石化ガスで
好井ひとみ
氏演じる大神官ビシュム、ではなく、えつ子先生ほか3人の教師を石化、
代わりに戦闘員ブラックマンを3人の教師に変身させ
郊外授業と称して子供達を山に連れ出し

幹部のリタと競って子供達を戦闘員へと教育、2人は子供達に催眠術をかけ
バイクロッサーに立ち向かわせ、一時は成功するかと思われたが・・・。

このベンキョーダー、初登場時もブラックマンと一緒に

「チーチーパッパー、チーパッパー、デスターのガッコのせんせいはー♪」

と歌いながら踊ってて妙にセリフも動きも軽やか
なのだが
(上記の件やシルビアが失敗した子供に俺たちひょうきん族の懺悔をやったりと時代を感じる・・・)
軽やかな動きは伊達ではないようでジャンプ力に優れ
バイクロッサー・ケンのクロスブレードを右手で受け止めたりと奮闘
している。
またドカベンにでも出てきそうな学ランを着た人間体に変身する。
武器は左手から出す石化ガスの他にサーベルのように扱う指揮棒、
指揮棒から出す爆撃
があるがバイクロッサーの狭蹴旋を受けてしまい
肝心の左手を石化させてしまって敗北
してしまう。
ベンキョーダーが倒されると石化したものは元に戻るようである。
声の担当は村越伊知郎
氏。

あと残りいくつ記事アップできるか微妙ですが今回は此れにて失礼します・・・。






「退職する後輩ともこのCD-R贈ってサイゴーン・・・」
「冷凍ロボットの雪が降った関係で?太字処理をしなかったのではなく・・・」
「病院へ行ってきましたPart143・吸血マンモスの採血?の結果、検査へ 」
「病院へ行ってきましたPart144・ホラーアイの眼底検査もケテーイ!」
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「病院へ行ってきましたPart142・シャドウオニヒトデに採血されて?」
「俺は戦うがんがんじい♪で短期間休養を延長します。」(赤い夕陽のバラバラマン)


「糖尿病」
[PR]
# by gun_gun_G | 2009-03-23 14:03 | 病院系
←menu