「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0040422_13544085.jpg


こんにちは、10日ぶりのGでございます。

今週の自宅の仕事もGの体調とは別の諸事情で中止、
前回の怪盗黒猫の記事の追記で書いたように
10月2日の診察を受けて以降に全ての予定を組み直しています。

その間、Gさんは何をしてたのかって?

怪盗黒猫の記事の追記にあるとおり
なのですが
体調の良い日と悪い日が極端にある状況でして
外出できない日は携帯メールをやってる事が多いのですけど
追記のあった9月28日以降の話を書きますと

昨日29日は睡眠薬が効かず眠れなかったので
リハビリがてらに買い置きのプラモデル作り、

今日30日は快眠快調で銀行へ行く用事があった
ので
リハビリがてらに買い置きのプラモデル作り、

をしてました。

何だ、変わって無いじゃんって?

悪い?リハビリだよ、
戦闘メカ・ザブングルのプラモデルだけど。

(↑別にそんな事は誰も聞いてないよ)

まあ、プラモデルの話は後日に書くとして
正直、頓服薬の遅れで絵は退院後、1枚しか描けてないですよ。

入院中には「絵を仕事と思わないで趣味からやり直そう」という医療方針で
作業療法以外の絵の禁止期間があった
とはいえ
怪盗黒猫を含む3枚は完成、2枚は製作途中というのと比べると
エライ差である事がわかる
と思います。

そのペースを守っている事だけは書いておきますね、
現にブログ更新も今日まで止めて
コメント返しも未だにしていないくらい
ですから。

で、今回が記事数999件目記事数1000件を迎えるにあたって
特殊イベントという事もありGが思う事を書く、
と前回、書きましたが、
それも無理せず体調次第では数回に分けて書いてもいいかな?とは思ってます。

もちろんブログのコメントもネットが見れる時間がまだ少ないものの
入院中から確認はさせて頂いており、ありがたくお受けすると共に
肝に命じておきたいとは常に思っています。


(ちょっと、ここらで休憩に入ります・・・)

(9月30日PM15:25)

まあ、思う事を書くというのは記事数999件目では書こうとは最初から思ってたんですね。

というのも記事数1000件というのにはGにもこだわりがあって
実は
記事数1000件過ぎたら「ひいろお倶楽部@」は止めよう
と最初は思ってブログを始めてた
んですよ。

何度も書くようにこの「ひいろお倶楽部@」は4コママンガの実験ブログとして始まり
当初は転職活動中で毎日更新
してたわけで
人気がどの程度取れるかがわかったら、それは記事数1000件目だろうから、
その時に止めてしまおうと思ってはいた
んですよ。

ですから、「ひいろお倶楽部@」が終わる時の特撮キャラも既に考慮してはいるのです。

ある意味、それが登場したら「ひいろお倶楽部@」は終わりであると。


それで様々なトラブルがあった中で色んな方が「ひいろお倶楽部@」を見てくれて、
Gが何度も病や事故に倒れても皆様が「ひいろお倶楽部@」を支えてくれて
9月には28万人を超える閲覧者の方々がいて、
それが世界規模にまで発展し、実際に特撮に携わる方々と関わり、
Gよりももっと体の悪い方々が「ひいろお倶楽部@」を見て
一生懸命に絵を描いているというところまでいき
段々とGの気持ちも変わっていったのは事実
ですね。

実際、安藤達己監督の連続記事「安藤達己監督とGさん」
伯父のバンジョーライヴこうもり男・岩井ミラージュアギラの各記事)
に関しても途中までしか書いておらず、まだ核心には迫っていない。

上記の件をはじめリクエストなど様々な事が終わらぬまま
記事数1000件を迎えようとしている。


それでいいのか?
去年のクリスマスにウルトラの父が言った言葉を忘れてないか?

今度の入院は病院は違えど二度目になるのですが
今回の入院で様々な方々と出会いました。

詳細はここでは書きませんが、その方々はGに様々な力を入院中に与えてくれ、
ロボコンの記事で書いた急死した彼女に対するトラウマさえも乗り越える力を与えてくれ、
こんなGなのに心配してくれ期待を寄せてくれています。

入院中に出会った方々ばかりではなく、
この「ひいろお倶楽部@」を見てくれる方々は、またGの周囲にいる方々も、
こんなGなのに心配してくれ期待を寄せてくれています。


このまま何も応えないでいいのか?

しかし、無理してまで応える必要があるのか?


Gが考える事は多々ある事は事実であります。

ただ、もう1つの事実として「ひいろお倶楽部@」が次回で記事数1000件になり
今やGのライフワークになっている、
という事
がございます。

でなければ、Gが入院中にも「ひいろお倶楽部@」の事を思い
退院してすぐに記事アップの準備をしなかったと思います。

記事数1000件という数字はGにとって、もはや違う数字となっていった
のであります。

皆様のお陰で違う気持ちで記事数1000件目を迎える、
今のGはそういう気持ち
なのであります。

「真剣になっても深刻になるな」

退院後のGへの店長さんの言葉であります。

Gは本当に人に恵まれている、そんな気持ちでいっぱいなのであります。

(無理しないようにここで二度目の休憩に入ります・・・)

(9月30日PM16:03)

やはり退院直後もあってか感極まってか、全部を文章にするのは難しいですね。

あらかた予想はしてたのでGが書ききれなかった事や書き忘れた事、
記事数1000件目を迎えてのご挨拶などは次回の記事数1000件目の記事で
イベントとして書かせて頂きます。


まあ、記事数1000件目の記事用のウルトラ怪獣の鉛筆画がまだ完成してませんし
特撮エピソードばかり書いてるイベントも1000件目くらいは別の事を書いてもいいかもしれませんし。


ただ1000件目の記事のウルトラ怪獣は大物です。
製作中ですので期待してて下さい。


今回は999件目で特殊イベントなので、こういう記事でも特撮系記事にしてますが、
ウルトラ怪獣縛りにはしてない事から「千」にちなんだ特撮キャラを退院後に描いてみました。

退院後に初めて描いた鉛筆画
でもあります。

科学戦隊ダイナマンに登場のメカシンカであるヨロイローズです。

(ここで三度目の休憩に入ります・・・)

(9月30日PM16:38)

では、いつものようにヨロイローズの説明に入りますかね。

ヨロイローズは自らの花粉で人間を若返るローズゼリービームを製造するメカシンカ
左手の盾の目盛りで遡る年齢を操作するがビームは五回しか使えない。
この能力を利用して中村太郎という老人を25歳へ若返らせようと
敵組織ジャシンカ帝国は画策。
中村は25歳の時にわずか1mgで10万人の命を奪うという毒ガス、
ケタゾンGASを研究させられておりジャシンカ帝国はそれを入手したかった
のだ。
ケタゾンGASの若返り効果も狙っての事だったのだが
新幹部の女将軍ゼノビアの思惑とは裏腹に
作戦指揮者だったメギド王子の失策で中村は研究以前の24歳へと若返り
ダイナピンク
こと立花レイとデートするなど一時の青春を味わうようになる。
中村はビームの効果が切れて元の老人となってしまいヨロイローズも敗北。
女将軍ゼノビアと堪忍袋の緒が切れた父親で首領の帝王アトンによって
数々の失敗をしたメギド王子は尻尾を全部切られた挙句、
女将軍ゼノビアが謀反の罪で封じられた千年洞窟へ今度はメギド王子が封じられてしまう。
これが闇の使者・ダークナイト誕生への前章となる
わけなのだが・・・。
ヨロイローズの武器はローズゼリービーム、盾の他に
右手の鋼鉄の花弁があり、剣の腕前は一流、超メカシンカになると右手から痺れ花吹雪を出す。

なおデザイン担当は出渕裕氏で声の担当は西尾徳氏。

まあ、千年洞窟なら他のメカシンカでもよかったのですが
他のネタで起用済み、もしくは検討しているためヨロイローズを起用という形にしました。

ただ、まだ筆圧が弱いね・・・線が弱いわ。

まだネットをグルグルと遊びに行けるレベルでもないので今日はこの辺でやめておきますかね・・・。

今回は此れにて。また体調の良い時にお会いしましょう。



◎追記その1(10月2日AM5:44)◎

Gは入院中に総務省の方と友人になったのですが
彼は退院して、今、東京オリンピック招致委員会として
現地時間10月2日の2016年オリンピック開催都市決定に向けて
コペンハーゲンで最終調整
に入っています。
もちろんGは当選を祈ってますが、たとえ結果がどうあれ
頑張ってくれ、友人よ!

その詳細はこちらまで↓

「東京都 東京オリンピック・パラリンピック招致本部」

(PC用)

「TOKYO2016サポーターズクラブ」
(携帯用)



◎追記その2(10月3日AM6:31)◎

Gは10月2日夜は長引いた診察の疲れから早めに寝てしまいましたが
日本時間10月3日未明に2016年オリンピック開催都市は
リオデジャネイロとなり東京は2回目の投票で落選
という形になりました。

コペンハーゲンにいる友人から現地の状況は何となく聞いており
リオデジャネイロと東京はかなり厳しい状況であったようで
シカゴが1回目で落選という番狂わせがあるくらい波乱の投票内容もあり、
リオデジャネイロを批判したマドリードとの最終投票で、
まさかのリオデジャネイロ当選
にGも今朝起きてビックリしてます。

ただ現地では彼もプレゼンの準備に全力を挙げ本番に臨んだ事は書かせて頂きます。

友人、お疲れ様でした。
そして、皆様、ご協力ありがとうございました。


Gの2日の診察結果などは追記などで後程書かせて頂きます。







「安藤達己ブログエッセイ」


「ザブングルのビデオが今日全て揃いましたあ!」
「伯父のバンジョーライヴは大盛況!(はぐれベーダー87)」
「安藤達己監督とGさん①こうもり男・岩井のドット絵と安藤監督のCD」
「安藤達己監督とGさん②トリプルファイター!」(ミラージュ)
「安藤達己監督とGさん③スナック「NG」と円谷プロ」(アギラ)
「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
「無題2」 (ロボコン)
「闇の使者・ダークナイト闇の舞!」


◎Gさん入院関連の記事◎

「Gさん緊急入院のお知らせ」(2回目のUSURAの記事)
「昨日9月19日に退院しました。」(怪盗黒猫)
[PR]
by gun_gun_G | 2009-09-30 14:37 | 特撮系
c0040422_6394954.jpg


お久しぶりです、Gでございます。

一部の方には携帯メールで昨日お知らせしましたけど
前回の2回目のUSURAの記事を書いた8月24日の4日後の
8月28日から緊急入院していたG
でございましたが
9月24日に眼科の定期健診の予約もあった事もあり
それに何とか間に合う形で昨日9月19日に退院する事ができましたので
ご報告を兼ねて記事をとりあえずアップ
しました。
(外泊治療と昨日とでブログのスキンなどはいじってはいますけどね)

皆様には大変ご心配をかけて申し訳ありませんでした。


ただ、ひいろお倶楽部@を何とか病院から携帯で見る事はできたのですが
絵を描く事が出来るようになったのも入院から10日かかったですし
(それでも着色する事は未だにできません)
携帯を見るだけになったのもやはり時間がかかりましたし

1ヶ月の入院予定が3週間強に期間が短くなったとはいえ
精神面では落ち着いてるものの体力面では相当落ちてるのも事実でして
画面を長時間見るのも、この文面を打つのも結構キツイのが現状

退院=ブログ復帰という事は全く考えていません。

マウス操作で出来るトラックバック返しは少ししましたが
コメントのお返事をまるっきりしてない点からしても
皆様にはお分かり頂けることか
と思います。

ですので10月くらいにかけてゆっくりゆっくり休養と調整をしながら
ブログ復帰を目指していこうかと思いますので
今回はそのご報告のみとさせて頂きます。


次回で記事数999件目となって特殊イベントとなる事から
元々、Gの心情も書こうかなあとは思ってはいたので
その辺で何か書いていこうかなあ
とは思います。

今日の鉛筆画は入院してから初めて描いた鉛筆画を載せる事にします。

星雲仮面マシンマン
に登場の怪盗黒猫です。

まあ、元々、起用予定ではあったのですが
入院前まではテンタクル編、これからはオクトパス編、
という意味合いで気楽に描いてみたもの
です。

・・・でも、テンタクル編よりオクトパス編の方が話数が短いような気が?

気にしないー、気にしないー、気にしないー♪
(by一休さん)

(ここらで一度休憩取りますかね・・・)

(9月20日AM11:44)

いやあ、やはり体力がないからか、
ブログの文章を書くのがこんなに疲れるとは思わなかったね。
さっきまで昼寝をしてしまいました。


では、久々に説明しますかね、怪盗黒猫を。

怪盗黒猫はレディーMとトンチンカンがスペインから帰国し

新組織オクトパスを旗揚げした際に最初に駆けつけた世界をまたぐ女怪盗。
レディーMにふさわしい宝石類を次々と盗んでいき
レディーMが最も欲しがりヒマラヤやモロッコを転々として今は津村家にある
夢見る黒水晶を盗もうと企み暗躍
する。
身のこなしが軽く、どんな狭い隙間からでも進入し
格闘戦でも役立つ爪でどんな壁でも登っていける。

また赤外線スコープ、睡眠薬、爆弾を使いこなし
特にマシンガンと催眠術、変装の名手
でもある。
「ミャーオ」と鳴くのがチャームポイント。
女がてらに催眠術で津村家の少女を使って善戦
した事もあってか、
人間にもかかわらずカタルシスウェーブではなくイクシードパンチで敗北、
そして警察に引き渡された
(高瀬健が後でそう言ってますね)という
マシンマンに登場の人間の敵としては珍しい負け方をしている。
なおモデルは恐らくバットマンの好敵手キャットウーマンと思われる。

この怪盗黒猫の本放送当時はGは用事があって見る事ができなかったため
弟に見ておくようにお願いしてた
のですが
(ビデオがまだ高い時代だったからね)
(人間相手なのに)マシンサンダーで吹っ飛んでた」
と後から弟に聞いてGがビックリした記憶があります。


必殺技のマシンサンダーと得意技のイクシードパンチの記憶違いはあれど
怪盗黒猫が吹っ飛んでた最期は本当でしたからね。

ということで、また疲れてきたので今日はこの辺で。
調子の良い時にお会いしましょう。



◎追記その1(9月21日)◎

入院先の病院側のミスで頓服薬の処方箋がまるっきり出ておらず
頓服薬が全く無い事が21日朝に判明しました。
病院側との交渉で24日の眼科への通院後に頓服薬を取りに行き、
その24日までは代用の薬で間に合わせなければならず
調子を崩しかねて10月2日の通院予約を9月26日に前倒しするかもしれません。
このブログのコメントはGの携帯に直結している事から
深夜と早朝のひいろお倶楽部@へのコメントの書き込みと
同時間帯のGの携帯へのメールは9月24日まで避けて下さい。
どうしても24日までのその時間帯にGへ連絡したい場合はPCへのメールにして下さい。
一部の友人と勤務先にもそう連絡しており
緊急事態ですので何卒宜しくお願いします。



◎追記その2(9月24日)◎

9月24日昼に頓服薬を貰ってきましたので
深夜と早朝のひいろお倶楽部@へのコメントの書き込みと
同時間帯のGの携帯へのメールを解禁する事にします。
病院側のミスとはいえ皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
9月26日に追加の診察予約を入れた事も追記しておきます。



◎追記その3(9月28日)◎

9月26日の診察でようやく入院時とほぼ同じ薬を処方してもらう事ができました。
頓服薬の遅れで1週遅れの調整となっています。
昨日みたいに疲れが出ると翌日は寝てしまう事が多いもののホッとしております。
皆様にはご心配をおかけして誠に申し訳ありませんでした。







「Gさん緊急入院のお知らせ」(2回目のUSURAの記事)
「ひいろお第4話:低コスト」(星雲仮面マシンマン)
[PR]
by gun_gun_G | 2009-09-20 07:10 | 病院系
←menu