「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

c0040422_18373966.jpg


こんばんは、2日ぶりのGです・・・。

今日は前回のGがベレットステッカーコンテストに落選した記事を書いた日に
当初は起用する予定だった20年前にGが描いたイラスト、
魔神英雄伝ワタル
の魔神である龍王丸スライド登板させます。

というのもGのオリジナル魔神ブロントンの記事
Gがベレットステッカーコンテストに落選した記事を書いた時に

疲れて寝てばかりで鉛筆画を描く気が起きない、
と連発して書いたわけですが

昨日の日勤でも、やはり疲れからくる眠気からスタートし、
熱っぽくなると関節が痛み出し、頭の回転にも冴えが無く、
体もだるくて低い段のDVDを取るのも大変な状態で
土曜日で忙しかった事もあって飛ばしてしまった仕事があり
夜勤で入ってきた店長さんが最初はお説教しようとしたのですが

Gが物凄く弱気だったり、マスクは相変わらずしてるのですけど、
この天候の中でGがマフラーを巻いて帰宅準備
をしてるので
元々、定時きっかりにGを帰らせようとは思ってた店長さんが


「どうしたんだ?」

という話になって、一昨日からこんな調子だとGが説明すると

「Gさん、風邪を引いたんじゃないか?
もう明日は一日寝てなさい」


と言われて帰って寝る事にしたんですよね。

もっとも帰宅地中に常連さんであるお爺さんに捕まって
ありがたいお話を聞かされましたが(苦笑)


確かにこれは最近は行く事ができない東京整体
治療している関節の痛みとは違い
明らかに熱っぽい時に関節が痛くなるので、おかしいな?とは思ってた
だけに
風邪と店長さんから言われて思い当たる節もあり今日も寝てました。

もしかしたら色々な事があった時の疲れた体に
風邪がうつったのかも知れませんし。


ただ、風邪だったら嫌な時期にうつったな、とは思いましたけどね。
「新型インフルエンザじゃねーだろな?」
と店長さんからブラックジョークを言われましたしね。
(何かシャレになってねーよ!)

そういう事もあって風邪の疑いがある事から天気も大雨ですし
他のブログさんの所へも遊びに行かず、ずーっと寝てたわけです。


まあ、今回スライド登板した龍王丸のイラストも
紙の関係で龍王丸の剣が途中で切れてますけど、
20年前にしては良く描けてるイラストだとは思いますので
何かの時にとバックアップしておいた
んですけどね。

ま、そういうわけで体調を整えるまでに今しばらく時間下さい。
Gも6月には色々とやりたい事があるので
イラストの龍王丸の如く
ブルッキー2号の前に散った空神丸の魂を授かって

何とか治したいとは思いますので。
(ホントに何でこの時期に体調悪いんだろう?)


なお、まだ完全に風邪と決まったわけでもないので
日曜日という事で病院にも行ってないですし
今日の記事は病院系とせずに雑談とさせて頂きます。

それでは、おやすみなさい・・・。








「昔、いすゞベレットステッカーデザインコンテストにも落選したG・・・。 」
「久々に以前アイデア頂いたGのオリジナル魔神、いきまーす!」
(Gのオリジナル魔神ブロントン)

「東京整体」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-31 19:02 | 雑談
こんばんは、連投のGでございます・・・。

昨日のGのオリジナル魔神ブロントンの記事
疲れて鉛筆画を描く気が全然起きないという事を書きました
けど
今日も寝てばっかで、
まるっきり描く気が起きません。


ここのところのGは相当疲れてたんだなあ、
というのを痛感しましたね・・・。


まあ、こういう時はよく昔は無理をせずストックの絵を載せて
「今日はお休み!」なんて記事をよく書いてました
けど
友人からも無理したり気負ったりしてはいけないよ、とは忠告されてたので
5月中に書きたい記事はあったものの
流石にこれはストックの絵で記事アップしておしまいにしないとアカン、
と思いまして、昨日の記事を再度読み直した
んです。

当初は別の絵を載せるつもりであっさりと終わらせる予定でしたが
昔、Gがアニメ「魔神英雄伝ワタル2」の魔神コンテストに落選した記事を見て

「あ、そうそう、このあと1回、落選してたんだよなあ」

というのを思い出し、たまたまその絵は既にPCにバックアップ済みだった事から
今日はようやくですけど、その通算で3回目に落選した事を書きましょう。

あのワタル2魔神コンテストに落選して数年経った頃の話。

Gが旧車好きである事は、この「ひいろお倶楽部@」でも多く語ってますが、
そういった旧車専門店にも数多く出入してた時期というのがあった
んですね。

貯金をして何とか買える気に入った旧車を、と暇さえあれば回ってたのです。

その頃には旧車雑誌のノスタルジックヒーローやオールドタイマーなんかも
購読して地方のお店の情報なんかも集めてた
のです。

そんな中、イーグルという中古車屋さんがコンテストを開いたんです。

イーグルというお店を旧車専門店と書かず中古車屋さんと書きましたが
イーグルは色んな店舗で中古車を売ってるお店でして
埼玉の狭山か入間の方にあるイーグルはいすゞ車専門の旧車を扱う事で有名で
恐らく国内においては最大級のいすゞの旧車の所有数を誇るショップ
です。
何でもイーグルの社長さんがいすゞ車に惚れ込んで専門店を開いたとの事。

そのイーグル狭山店で、いすゞベレットだったと思うのですが
ステッカーデザインコンテストを開くというのを雑誌広告で見たんです。
(記憶が定かではなく、いすゞ車という括りだったようにも思います)


恐竜戦車の記事但馬治氏の写真と岡本正樹氏のイラストのベレットの記事
果てはトラべルバトンの記事のように遂にはベレット1800スポーツまで買った

ベレット狂のGです。

これに応募しないで何とする!


早速、デザインのラフを始めた事は言うまでもありません。

ステッカーなのでまとまりのあるデザインを目指し
後は意表を付く形にしたいなあ、
という事は思ってました。

ベレットの初期に作られたモデルはテールランプ兼ウィンカーが
おむすびに形が似てた事から「おむすび」という愛称で呼ばれていた事を思い出し
(日産310ブルーバードの「柿の種」という愛称も上記の点からくるもの)


パースを後ろから描く奴はGくらいしかおらんやろ!

と思い、あいにくベレットの初期型の資料は手元の少なかった事から
恐竜戦車の記事でモロボシ・ダンとアマギ隊員が乗ってた1600GTを選んで
チョロQのようにデフォルメ、特徴的なフロント中央のラジオアンテナを
ラジコンのアンテナのように変更し、おむすびをバックに置いたデザイン
にしました。

当時の最終決定のラフが残ってたので載せてみますね。

c0040422_19413517.jpg


まあ、こんな感じでまとめてみたんですよ。

G的には考えに考えてのデザインだけに
「これはいけるだろう!」と自信を持って応募。


しかし、ベレットの前方が見えないのと
ロゴが「OMUSUBI」だけというのが不味かったのでしょうか、

結果は落選でした・・・。

どういうデザインが当選したかは今もってGも知らないのですが
3回目のこの応募に関してはガックリはきましたけど
「やるだけやったからいいか」
という気持ちも半々くらいでありましたから
チャレンジしてよかった
とは思いますね。

このデザインをまとめるまでに他の旧車でも参考用にラフを描いてたので
当時の参考用ラフも一緒に載せておきます。

c0040422_19423935.jpg

皆さんご存知の日産スカイライン2000GT-R。通称ハコスカ。


c0040422_1943406.jpg

最後のプリンス車と呼ばれた日産グロリア。縦のヘッドライトから通称タテグロ。


c0040422_19444712.jpg

日本唯一のボンドカーであるトヨタ2000GT。何故か描きかけ。


c0040422_1945435.jpg

最後は日産フェアレディZ432。販売当初は乗るのにA級ライセンスが必要だった。


以上でズラスイマーの記事から数えて
3回目のGのコンテストのトライの話は終了
ですね。

今日の記事は雑談、美術系、オリジナル系のどの記事にするか悩んだのですが
ステッカーデザインはGのオリジナルデザインなので
前回同様に今回もオリジナル系に入れる事にします。


明日は日勤、来週から自宅の仕事が入りそうなので
今週は音楽系、オリジナル系の記事のみになってしまい
特撮に関しては何も触れてないのには申し訳ない
のですが

今までそういう記事の流れの時もあったからいいか。
(えええええ!)


では、明日以降に備えて、またゆっくり休ませて頂きます・・・今回は此れにて。







「久々に以前アイデア頂いたGのオリジナル魔神、いきまーす!」
(Gのオリジナル魔神ブロントン)
「昔、魔神英雄伝ワタル2のアームクージラにも大敗北を喫したG・・・。」
「閲覧者総数50000人突破記念!恐竜戦車といすゞベレット天国!」
「但馬治と岡本正樹の融合!ベレット1800GTイラスト!(はぐれベーダー55)」
「Gのトラベルバトンでおわします。(はぐれベーダー31)」
「閲覧者総数120000人突破!その昔、Gはズラスイマーに完敗しました・・・。」
[PR]
こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

まずは業務連絡から。

Gの携帯は5月27日から止まっています。
復旧まで時間がかかるため、Gへの連絡はしばらくの間は
固定電話、PCメール、ブログの非表示コメント
までお願いします。


あと26日にエキサイトブログからこんな発表があったようです。



「「エキサイトマイリンク」リリースに伴うスキン内ロゴ画像の変更」

(クリックすると詳細が見れます)

最近はそういう事は少なくなってきましたが
サーバの影響をモロに受けやすいブログですので
それさえなければ良いサービスだ
とは思いますけどね。

さて、前回のオリジナルを超えたカヴァー曲Part6の記事でも書いたように
とにかく、ここのところ忙しくて今日明日やっとお休みを昨日言い渡された
のですが
もう疲れてしまって今日もやらなきゃいけない事があるのに
ずーっと寝てたんですよね。

まあ、今日は大雨だった事もあったのですが
昼過ぎに起きてから今日の用件は進めたものの、
まだ全部の用件や溜まってるメールや連絡を処理できてません・・・。


だって、このブログにも書けない様な事もあって
スケジュールがパンパンで心身ともにグロッキーになりそうで
ニンニクを食べたり薬で調節したりして何とか乗り切ってたくらいで
鉛筆画を描こうとすると完成しては寝る有様で
流石に一昨日の御茶ノ水の病院でも
今度のお休みでしっかり休養をとるよう言われましたよ。


その病院の詳しい事は病院系記事で後日に書きますが
その病院系記事も一昨日の分含めて4つも溜まってしまい
鉛筆画も完成してるには病院系記事用のものと
ストック分、未完成分という感じで

ストックもアナホリダブラーの記事で紛失してるだけに多いわけではない)
今日は当初、病院系を1つ消化しようと思ったのですが、

なんか今日、病院系書いて凹むのは嫌な気がしてね。

読んでる側だってそうでしょう?
病気の状況を知りたい方もいらっしゃる事から病院系を書いてますが
凹む時に凹む記事を書いてもなあ、と思い直しまして。


かといって疲れてるから今日、鉛筆画を描く気は全然しなくて
Gの携帯の件は書かないといけなかったので、
それだけ書いて、はい、記事終わり!としたくても
新しい鉛筆画のアイデアは出るものの描く気がしない


そこでですね、発想を変える事にしました。

ストック分から
今まで書いてなかったネタをやってみようかな、
と。
明るいネタの方がG的にもいいかな、と。


そう思って以前、鉛筆画を描いたノートを見つけておいてきました。


前置きが長くなりました。
以前に昔、Gが
アニメ「魔神英雄伝ワタル2」の魔神コンテストに落選した記事を書きまして
その際に没ネタ含む色々なGのオリジナル魔神を載せた
のですけど、
その記事にブログの常連さんである拳螺閣下さんからコメントを頂いてたんですね。

拳螺閣下さんもこのコンテストにはトライしようとしていて
アメリカモチーフの第五星界向けにカナダで出土した化石も来る
当時の幕張の恐竜博にちなんだものを考察してた
そうなんです。

それを読んだ時にGは「なるほど」と思ったんです。

確かに応募があった頃にはモチーフはヨーロッパ、アフリカ、アジアと
ワタル2の魔神は展開されておりモチーフで残ってるのは
オセアニア、北米、南米
でした。

オセアニアは既に第四星界と決まってたので
Gも拳螺閣下さん同様に優勝したら
起用されるのは北米あたりになるのではないか?
と思ってました。
(実際は優勝した魔神アームクージラはオセアニアで起用されましたが)

北米といえば恐竜の化石発掘現場でもかなり有名な地域
です。
これは円谷プロの恐竜三部作が好きなGも思いつきませんでした。

拳螺閣下さんが仰るように確かにトリケラトプスなど
有名どころの恐竜を魔神にするのは難しい
です。
まあ、これら恐竜はワタルとワタル2の間に放送された
「魔道王グランゾート」である程度は解決されてますが
そこでGは、ふと、思ったんです。


恐竜モチーフだったら
人型の魔神でなくてもいいのではないか?


そう思いついたGはジブリでヒロカマ!のとなりのトトロのラフを描きながら
拳螺閣下さんのアイデアを参考にしたGのオリジナル魔神を
ラフですけど完成させてた
のであります。

ちょっと、どんな感じでラフを完成させてたかをお見せしますね。

c0040422_17494731.jpg


恐竜ブロントザウルスをモチーフにしたGのオリジナル魔神であるブロントンです。

ブロントザウルスでしたらネイティブアメリカンの伝説でも
雷竜
(だったかな?雷馬だったような気も・・・)の骨という
言い伝えのある恐竜ですから起用
しまして

ネーミングは北米だけにブロントザウルスと
俳優のチャールズ・ブロンソンを引っ掛けて割とあっさり決めました。

チャールズ・ブロンソン氏とみうらじゅん氏が好きなGですので)

基本的にはあくまで腕とかをオミットしブロントザウルスそのままの姿にしました。

そのかわりカミナリ竜だけにカミナリバン板という武器を
日本の兜をモチーフに胴体へくっ付けて
頭は首にあるのではなく胴体の上部に隠すようにデザイン、
動きをカバーするためバーニアを幾つか付けておきしました。


頭を胴体につけたのには理由があり、それは下記の武器設定と関係します。

c0040422_17504694.jpg


c0040422_17515950.jpg


まず首と尻尾は実は繋がっており胴体から蛇のように発射し
自由に操る事ができます。
またこの首は腕が無い魔神の腕代わりにもなっております。



c0040422_1753192.jpg


c0040422_17541243.jpg


胴体の武器としては脚を伸ばして攻撃する打撃技カミナリレッグラリアート
胴体に刺さっているカミナリバン板という放電板を装備しており
カミナリレッグラリアートでの攻撃時は体の重さとバーニア移動を生かし
カミナリバン板はそのまま放電したり、腕代わりの首で刺したり、
首の発射後は頭からリモートコントロールしたりして攻撃
します。

ただ、首にしろカミナリバン板にしろ
胴体についてる頭のリモートコントロールで動いており
その頭に攻撃を受けてリモートコントロールが使えなくなると
当然それらの装備も使えなくなるわけで
武器も打撃技のカミナリレッグラリアートのみに一気に減るという
弱点を持っているので頭を目立たなくさせている
のです。

まあ、ラフですけどこんな感じでまとめてみたんですよね。
ただ、プラモデル向けのギミックではないね(苦笑)

去年の話とはいえ拳螺閣下さんのアイデアのお陰で
ここまでアイデアが膨らませられました。
遅ればせながら、ありがとうございます。


今日は久々のオリジナル系をやってみましたが如何だったでしょうか?

明日も仕事はお休みなので、ここはじっくり休んで
無理ない程度にですけど通常通りに記事が書ければなあ、
と思います。

鉛筆画はストックとはいえ、かなり長文の記事になりましたので
今回はここらで書き終えますね。
では、此れにて。






「オリジナルを超えたカヴァー曲Part6(はぐれベーダー85)」
「これだけのイラストストックをアナホリダブラーが探してます。」
「昔、魔神英雄伝ワタル2のアームクージラにも大敗北を喫したG・・・。」
「「ジブリでヒロマカ!」で「となりのトトロ」(はぐれベーダー76)」
[PR]
こんにちは、連投のGでございます・・・

前回のオリジナルを超えたカヴァー曲Part5の記事に書いた
自宅の仕事が早くて今日になる可能性が昨日の夕方に判明した事と
ゼットン星人の記事で書いたように元々、明日26日が御茶ノ水へ行く予定で、
その関係から実家から今日の夜に医療費がくる予定になっていた事から
今日はダブルで自宅待機の状態となっています・・・。


なので、昨日に前倒しした音楽系記事を
やはり鉛筆画を描く時間が取れない事から追い越してしまう格好にはなるものの
今日も引き続き行うという記事で時間潰しする形にしかできませんでした。


ということで、今回もまにゃーなさんのトラバ企画、

「オリジナルを超えたカヴァー曲」

に参加
します。

このトラバ企画の詳細は

「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part4(はぐれベーダー82)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part5(はぐれベーダー84)」

を読んで下さいね。

GがPart6に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:For What It's Worth
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Buffalo Springfield
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:Oui 3


前回同様、今回も色々と候補は考えたのですが
この曲もやはりセミ怪人の記事で書いた
カヴァーCD-R第3弾で取り上げた曲でもある事から
今回は高ぶってる気持ちを落ち着かせる意味合いで、この曲をチョイスしました。

なお、固定画が続いたこの音楽系ですが
今回のYouTubeは久々にPVオンリーでございます。

では、気を取り直して明るく参りましょう!


◎For What It's Worth / Oui 3 (1993)◎



今回はバッファロー・スプリングフィールドでございます。

バッファロー・スプリングフィールドの「For What It's Worth」は名曲ですが
随分と渋い曲をチョイスしたなあ、とGも思ってしまいます。


ちなみにOui 3は初めてという方も多いかと思いますが
あくまでリーダーは女性ヴォーカルの方で
ラッパーの方ではありませんので。

(オリジナルの歌詞を歌ってるのも彼女だし)


というのもメンバーの名前は度忘れしたのですが
リーダーである女性ヴォーカルの方は
元々は3人組のアイドルグループ?のメンバーで
そこそこ売れた後にグループは解散しまして
そのメンバーの1人は新しくユニットを作ったものの
失敗という形
になっていたのです。

それで女性ヴォーカルの方はそういう失敗を間近で見ただけに
人材をとにかく集めようという事でラッパーとプログラマーを集めてきた
のです。

当時、ラッパーの方は失業中で後に音楽担当となるプログラマーの方も
あまりさえないという印象だった
とCDの案内には書かれていました。

そして3人組で活動する事になりOui 3というユニット名を決め
必要に応じて女性ヴォーカル主体、ラッパー主体の曲、
プログラマーの方はベース、ギターなども担当するというスタンス
で行き
(Gがゲーム業界にいた頃、ゲーム音楽担当のプログラマーの方でも楽器を扱える方はいましたしね)
この「For What It's Worth」でデビューした格好となったのです。

結果は原曲もいい事もありスマッシュヒット!

そして、Oui 3はセカンドシングルのこの曲で
メジャーヒットを手にする事となる
のです。
カヴァーではありませんがGのお気に入りの曲なので載せておきます。

◎Break From The Old Routine / Oui 3 (1993)◎


んー・・・段々、カヴァーメインの話からOui 3メインの話になってるような気が・・・。

で、今回もおまけ。
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-25 10:55 | 音楽系
こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・

前回のひいろお倶楽部@イラスト辞書・901~950回編 の記事
昨日は日勤と書きましたが
土曜日というのは1週間で店が一番混む上に
前回の記事アップ直後の22日に新型インフルエンザが
Gの住む埼玉県にも出たという速報が流れた
ため、
先週の段階で店長さんからマスクを常備するよう指示も出ていただけに
接客業であるレンタルビデオ店としては大変でしたね。


更にGの不在中にお客さんとのトラブルなどが店であったようで、
その対応と店長さんへの報告、先週末は無かった自宅の仕事の打ち合わせ、
Gの土曜日と日曜日のシフト隔週への変更の相談、
店長さんとの話し合いの結果の店への報告など諸対応に追われていて
全ての対応が終わったのが今日の午前0時を回ってました・・・。

(連絡が出来なかった方には申し訳ないです・・・)


ですので、今日は鉛筆画を描こうと昨日のうちに用意はしてたのですが
結果的に疲れてしまって今日、描く事が出来ないんですよね。


それで今日の記事は予定を変更して掲載します。

当初、この記事は昨日、自宅の仕事が決まっただけに
その時間潰し用に考慮してましたが
先週に復帰したacoyoさんも久々にアップされてるようですし
今回は記事を前倒しして、まにゃーなさんのトラバ企画、

「オリジナルを超えたカヴァー曲」

に参加
します。

このトラバ企画の詳細は

「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part4(はぐれベーダー82)」

を読んで下さいね。

GがPart5に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:Whole Lotta Love
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Led Zeppelin
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:Goldbug


今回も記事の文中でも書きますけど色々と候補は考えたのですが
セミ怪人の記事で書いたカヴァーCD-R第3弾で取り上げた曲でもある事から
疲れを吹っ飛ばす意味合いで、この曲をチョイスしました。

では、気を取り直して明るく参りましょう!

◎Whole Lotta Love / Goldbug (1996)◎



今回はレッド・ツェッペリンでございます。

よく検索で引っかかるヴァージョンではなく
Gも所有してよく聞いてるオムニバスアルバムのヴァージョンが
ようやく見つかったので、そっちを持ってきました。


凄くやかましい曲ですみません。

まあ、レッド・ツェッペリンの「Whole Lotta Love」は名曲で
他のアーティストもよくカヴァーしてるのですが

このGoldbugのカヴァーを聞いた時は


何じゃこりゃ?カッコいいじゃん!とビックリしましたね。
以来、Gのお気に入りカヴァーのうちの1曲となっています


本当は女性ヴォーカルのカヴァーがここのところ続いているので
男性ヴォーカルのカヴァーにしようかとも思った
のですが
やっぱりこういう時はこれくらいパワーのある曲でないとね。

ただ、これ以降、Goldbugの曲はパッタリ耳に入らないのですが
一発屋だったのでしょうか?情報をお待ちしてます。


え?また動画が固定のものしかないから、それしか載せないんだろうって?

そういう事もあろうかと思い、事前に他の動画も載せておきました。
フランスのライヴ動画から演奏のみを抜粋したものです。


ただ、皆さん、ガッカリしないように。

◎Whole Lotta Love / Goldbug (Live)◎


まあ、このカヴァーも当時はヒットした曲だったんですよ。
やはり原曲が良いとカヴァーも良いですよね。

で、おまけ。
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-24 11:54 | 音楽系
おはようございます、3連投のGでございます・・・。

ドロボンの記事ゼットン星人の記事
出来るだけ早めにアップしたい記事があったため深夜から作業してましたが
今日からは通常通りに記事アップしていきたい
と思います。
明日の日勤に備えて体内時計も合わせておきたいですしね。

体調面はやっと昨日21日の午後から回復し始めたものの
早めにアップしたい記事があったので鉛筆画を描いてただけなので
今日は様子見をしてたのですが
正直あまり鉛筆画を描きたい気分ではないですね。
明日の日勤までに体調が整えば良いのですが・・・。


という事で通常通りの記事アップという形で
記事数イベント記事から20~30件目に大体やってる
2009年初のイラスト辞書を今回はアップした
のですが
今日は25件目にあたる975件目。
ヒルドラキュラの記事から25件ごとにブログのスキンの色を変えてるので
覚えてる方は「あ、そういう事か!」とお分かりになったと思います。

そうです、夢の記事数1000件まであと25件です!
踏ん張らないといけません。


そういう事情なので今回で記事が975件目という事で
やっとこの記事をアップできる範囲内に到達
しました事から
今日はエクセルからのコピペで負担ゼロのイラスト辞書でもやろうかと思います。

今回は901件から950件まで特撮関連の
全ての項目のイラストや画像
を書いています。
つまり前回のイラスト辞書の続きになります。
イラスト辞書についての詳細はカテゴリの「イラスト辞書」をクリックして下さい。
なお、一応月ごとに分かれていて、載せた日にち、イラストキャラクターの名前、
そしてスラッシュの後に登場作品名を書いておきました。では参りましょう!




---------------------------------------------------------------------



★イラスト辞書・特撮系(901回から950回まで)★


[2008年12月]





12月12日 マシュラ / ウルトラマンタロウ
12月14日 サタンモア / ウルトラマンレオ
12月23日 ウルトラの父(サンタクロースヴァージョン) / ウルトラマンA







[2009年1月]



1月16日 死神バッファロー、バラガ / 仮面ライダースーパー1
1月19日 市川治、鋼鉄参謀 / 仮面ライダーストロンガー
1月23日 バッファローモンガー / 太陽戦隊サンバルカン
1月25日 ケン一くんのパパ、ハットリカンゾウ / 忍者ハットリくん
1月28日 シーグラ / ザ☆ウルトラマン(アニメ)






[2月]




2月27日 ギタギタンガ、アングラモン / ウルトラマンA





[3月]



3月2日 ウルフ777 / ウルトラマンタロウ
3月17日 赤い夕陽のバラバラマン(歌) / ロボット8ちゃん
3月24日 スパイダーマン(MADテクノ) / スパイダーマン(東映版)
3月29日 ヘドラー将軍(動画) / 電子戦隊デンジマン
3月31日 ヤツデンワニ(動画) / 爆竜戦隊アバレンジャー




[4月]



4月15日 M1号 / ウルトラQ







★イラスト辞書・雑談(901回から950回まで)★


[2008年12月]





12月10日 ベルク・カッツェ、総裁X / 科学忍者隊ガッチャマン(アニメ)
12月11日 獣人ヘビトンボ(成虫) / 仮面ライダーアマゾン
12月15日 ヒカリコング / 大戦隊ゴーグルⅤ
12月25日 ムラサキネズミ / 人造人間キカイダー
12月27日 ドクガンバ / スカイライダー






[2009年1月]



1月1日 ボクシング男(ドット絵ヴァージョン)、カセット男 / 星雲仮面マシンマン
1月4日 ロボコン(鉛筆画ヴァージョン) / がんばれ!!ロボコン






[2月]



2月12日 コブリオン / 兄弟拳バイクロッサー
2月22日 ノコギリマン / ロボット刑事





[3月]




3月4日 冷凍ロボット / 大鉄人17
3月12日 ドメラーズⅢ世 / 宇宙戦艦ヤマト(アニメ)
3月13日 パラサ / 恐竜大戦争アイゼンボーグ
3月26日 アッガイ(動画) / 機動戦士ガンダム(アニメ)




[4月]




4月1日 ムクロビースト / 宇宙刑事シャリバン







★イラスト辞書・病院系(901回から950回まで)★


[2008年12月]




12月18日 セブン上司(落書きヴァージョン) / ウルトラセブン
12月19日 ゲララチン / ダイヤモンドアイ







[2009年2月]



2月2日 オニカブトン / ダイヤモンドアイ







[3月]




3月6日 タイムラー / 電子戦隊デンジマン
3月8日 シャドウオニヒトデ / キカイダー01
3月19日 吸血マンモス / 仮面ライダーV3
3月20日 ホラーアイ / トリプルファイター
3月23日 ベンキョーダー / 兄弟拳バイクロッサー
3月28日 火の山仮面マグマン将軍(動画) / 秘密戦隊ゴレンジャー







★イラスト辞書・検索ワードランキング系(901回から950回まで)★


[2008年12月]





12月30日 エナ・ハルコス / 電脳警察サイバーコップ







[2009年1月]




1月30日 ビッグゴリラ / キカイダー01







[2月]




2月18日 ヒルドラキュラ / 仮面ライダーX






[3月]





3月9日 バラペテン / 超力戦隊オーレンジャー








★イラスト辞書・美術系(901回から950回まで)★


[2009年4月]





4月14日 クモダブラー、星野月子 / 宇宙刑事ギャバン







★イラスト辞書・音楽系(901回から950回まで)★


[2009年2月]





2月24日 黒い三連星、マ・クベ(動画) / 機動戦士ガンダム(アニメ)






[3月]






3月5日 ムカデ怪人 / 仮面ライダーBLACK
3月22日 サイゴーン / 超電子バイオマン







---------------------------------------------------------------------



以上で、901回から950回までのイラスト辞書全てを書かせて頂きました。
ご活用していただけるとありがたいです。

大体50回ごとくらいに時間があったら、表を新しく作ったり、
できればこのイラスト名から各ページへ飛べるようにしていきたいと思います。
ちょっと今は見づらいかもしれませんが、今後の改良も期待していてください・・・
いつになるのかはわかりませんが。(←ずーっとコレばっか)

それでは、明日までに体調を整えたいので、今回はこれにて失礼します・・・。








「閲覧者総数260000人突破!お待たせしました!ドロボンでボンボン」
「さらば、ぎゃらりーパステル(はぐれベーダー83)」(ゼットン星人)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」(ヒルドラキュラ)


◎イラスト記事を作ったそもそもの理由が書いてある記事◎
「記事250件到達企画・「ひいろお倶楽部@」辞書(仮名)を作ります!」
[PR]
c0040422_08123.jpg


こんばんは、連投のGでございます。

昨日のドロボンの記事の終了後はやはり体調面に不安定感があり
寝込んだりとか動悸がしたりとか欝状態になったりとかして
気持ち的にもかなり不安で落ち着かない1日を過しておりました・・・。


そのドロボンの記事にてクラゲ奇っ械人の記事を書いた17日頃から
卒倒するような出来事が連続して起こり
上記のような心身ともに疲れた状態になった、
と書きまして

その1つはサンショウジンの記事にて書いてある事に関連するとも書きました。

今日はどうしてもそれを書きたいと思い
眠れなくなった今時間に記事を書く事にしました。

クラゲ奇っ械人の記事の翌日に自宅の仕事があった
のですが、
その合間に用事があって南越谷という所へ行ってたんですよね。

用事を済ませて遅めの昼食後にご挨拶をしに
画廊のぎゃらりーパステルさんへ行った
んです。

バロックメガスの記事スチール星人の記事カンガロールの記事にて
Gが知人の絵を観に行ったという、あの画廊
でございます。

南越谷でぎゃらりーパステルといったら
東武伊勢崎線の新越谷駅の反対口にあるギャラリー恵風と並んで
地元ではかなり有名な画廊で両方ともGが10年以上通ってまして、
いつかはここで展示したいと思ってた画廊の1つ
でもありました。

ただ、ご挨拶に行ったのはその長い付き合いからだけではないのです。

サンショウジンの記事で本来は6月か10月に書く予定だった事を今日書きます。

実は今年の正月2日にロボコンの記事で彼女の急死を聞いてガックリしてた時に
USURAの記事にて友人知人の展示を観にぎゃらりーパステルさんへ行った際、
画廊側でGのボクシング男の年賀状を見て頂き、
面白いから来年の1月の同じ企画展に
参加してもらえないか?という依頼があった
のです。


10枚の葉書大の大きさの小品を
70人近い作家さんが参加して行う
年始恒例のお祭り企画で
Gもドット絵で参加してもらえないか?という内容
だったのです。

GはUSURAの記事で書いたように快諾し

(ただ、印刷の仕方で大きさが変えられるのを説明するのが大変でしたが)
参加人数が多いほど、年始のお祭り企画展としては盛り上がるので
参加にご協力頂ける絵描きさんやご招待する予定の方などに事前に声をかけ
一般公募のある10月をメドにドット絵の制作を開始した
のです。

Gにとって東京や沖縄では絵の展示は色々とあったものの
地元である埼玉での展示販売は自身初でした。


そのうち5枚のドット絵は制作中で17日に1枚がようやく完成、
たまたまそのドット絵を額に入れて持っていた事から
商品の大きさの確認も兼ねてご挨拶に行った
のです。

ぎゃらりーパステルでは「小川荒野 十三月の絵画展」が
15周年記念企画として行われていました。
小川荒野氏は画家志望で有名な俳優の榎木孝明氏に多大な影響を与えた画家

今でも榎木氏から尊敬され親交を深めており
俳優業にも様々な影響を与えた方
です。
パステル、アクリルなどを主体とした心温まるミクストメディアでした。

その絵を観た際に画廊側から驚くべき事をお聞きしました。

ぎゃらりーパステルが急な諸事情で
5月26日で15年の歴史に幕を閉じる、
というのです。


まさに青天の霹靂。

Gは来年1月の絵の展示が無くなるという事よりも
今までぎゃらりーパステルで観てきた様々な絵が
走馬灯のように頭に思い浮かんでました。


でも、たまたま画廊まで足を運んで知った事は
画廊側も言ってましたけど「運命」だったのかもしれません。
本当に不思議なご縁です・・・。

小川氏や友人の方から温かい有意義なお話を聞けたり
Gの持ってきたドット絵を観てもらって話が盛り上がり
「これだけ描ければまたきっとお誘いがありますよ」と仰ってくれたり
最後は元気付けられて帰路へとつきました。


ただ、あまりに急な話だったようで画廊側も連絡をこれからするところだったらしく
Gがお誘いした絵描きさんやご招待した方への連絡をお願いされたので
自宅の仕事が終わった後の連絡が2日間くらいかかってしまいましたけどね。

でも、皆さんが突然の閉館には残念そうでした・・・。


まあ、でも、その夜の店長さんとの電話でも話したのですけど
10月から動き出す事だったのでお金を支払う前だった事もありますが

それよりも今まで15年もの間、色々な絵を身近な所で展示してくれた画廊の
(中にはNHK関連のものや宝くじの絵を描いてる有名な画家の方の絵もありました)

ぎゃらりーパステルさんには本当にありがとう、
と言いたいですね。


本当に驚きましたしギャラリー恵風さんも寂しがるでしょうけど
26日まで見事な散り際を見せて欲しいです。


ぎゃらりーパステルさんをご存知の方はこの記事を読んで驚いたと思いますが
お近くの方は26日までですので是非、足をお運び下さい。

(この記事はぎゃらりーパステルのHPのリンクを貼っておきました)
Gは26日は御茶ノ水へ行くので最後のご挨拶ができるか時間的に微妙ですが・・・。


ちなみにGのドット絵は5枚は着手する前で5枚が未完成、
完成したのはそのうち1枚ですけど少し事情があって、
その1枚完成したドット絵は6月に記事にしたいと思います。


そのGの馴染みの画廊の最後を飾る鉛筆画をその日の寝る前に考えたのですが
「さらば、ぎゃらりーパステル」とタイトルは決めてた事から
ウルトラマンの最終回「さらばウルトラマン」が頭に思い浮かび
初代ゼットンはもう記事にしてる事からコイツを起用する事にしました。


改めてウルトラマンに登場の謎の宇宙人ゼットン星人です。

(今日もこれ以降の文面は深夜という事もあり後で書く事にします)

(5月21日AM11:30)

あれから流石に寝てしまいまして
体調面もあって起きたのはかなり遅くでした・・・。


それではゼットン星人の話に入ろうかと思うのですが

元々、ゼットン星人は便宜上の仮称であって
ウルトラマン本編放送時は「謎の宇宙人」という名前
でした。
まあ、よく名前が後から決まったりというのはよくある事なのですが
ゼットン星人に関しては80年代くらいまでは、
あくまで仮称という表現の名前
でした。
(宇宙怪人、変身怪人という別名も後で決まったものです)
極端な話を言えばウルトラマンマックスでゼットン星人が登場した際に
その名前が定着したといっても過言ではない
のです。

その証拠に「謎の宇宙人ゼットン星人(仮称)」という表現の資料は
80年代くらいまで多く存在しており、ゼットン星人の着ぐるみ自体も
初代ケムール人の頭を90度回してかぶって流用してたくらい
でした。
(この件は昔、4コママンガで描いておりブログにはまだ載せてません)

そんな感じなので体調面が悪い割には初代ケムール人の記事を2回ほど、
更にスーツ流用のキュラソ星人の記事も描いてますから
皆さんが思ってるよりは楽に鉛筆画を描いてはいる
んですけどね。

前置きが長くなりましたが
ゼットン星人は大規模な宇宙船団を率いて地球へ飛来し
得意の変身能力で岩本博士に変身して科特隊極東支部へ進入、
中枢機能の破壊工作に成功するが見破られ逃走する。
出身地、目的も謎のままマルス133で倒されてしまうが
断末魔に「ゼットン・・・」と言い残しゼットンを出動させるに至る。
その変身能力以外の能力も一切謎のままである。

額とかも安く買っておいてたのでどうしようかと思ってはいますが

とりあえず今日も休養を取るため、此れにて失礼します・・・。







「ぎゃらりーパステル」



「閲覧者総数260000人突破!お待たせしました!ドロボンでボンボン」
「病院へ行ってきましたPart148・クラゲ奇っ械人の頭が外れてクーラクラ」
「サンショウジンのように酒を酌み交わしたかった・・・」
「明日は久々にバロックメガスではなく絵を観に行きます(はぐれベーダー71)」
「Gが画廊から帰宅する途中でスチール星人が自転車盗難?」
「遅ればせながら3月2日に画廊に行った時の事(はぐれベーダー72)」(カンガロール)
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「あけましておめでとうございます!2009年のGの年賀状があるの!?」
(ボクシング男のドット絵)
「ひいろお第11話:消火活動」 (ウルトラマンとペスター)
「宇宙恐竜・ゼットンの名の由来?」
「お粗末!ゼットン二代目の登場です。」
「GのNo.1ウルトラ怪獣!ケムール人です!」
「ケムール人の如く走って?「怪獣と美術」展に行ってきます!」
「今日は40周年記念番組ウルトラセブン大賞があったんですね。」(キュラソ星人)
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-21 01:12 | 美術系
こんばんは、3日ぶりのGです。

今週はクラゲ奇っ械人の記事があった17日あたりから
卒倒するような事が連続して起こり仕事以外では
正直寝込んでしまう事もあるくらい心身ともに疲れてしまっています・・・。


更に自宅の仕事と日勤があったため2日間休ませて頂きました。

本来、その卒倒してしまう幾つかの出来事の1つである
サンショウジンの記事で発表した事に関して
6月発表予定だった件を前倒しして緊急で書かなければいけない
のですが

DMMから無料レンタルしているDVDの返却が迫ってる事もあり
仕事の待ち時間を利用した、この時間に予定通りに記事アップ
する事にします。

そう、クラゲ奇っ械人の記事で書いたイベントが発生したのです。

そのイベントとは・・・

5月18日に「ひいろお倶楽部@」の
閲覧者総数が260000人を突破
しました!


ゴールデンウィークがあったという件と豚インフルの件があった事もあり
オリジナルを超えたカヴァー曲Part3の記事があった
4月26日には706人の方々が、
佐原博士とローラーロボットの記事があった5月3日には443人の方々が
日曜日に集中して見て下さった事もあり
1ヶ月半強でのスピード突破となりました!

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

で、こういう皆様から期待がある時はやはりGとしましても
それ相応のイベントにお応えしたい
と考えてました。

「ひいろお倶楽部@」ではイベントといえばウルトラ怪獣なのですが
市川大河さんのブログにて映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』
を採り上げたのを見た際に
そこに登場したウルトラ怪獣のうちの1体を起用したいという公約
をしました。
日子さんのブログにもヒントを書いておきました)

というのも、そのウルトラ怪獣は検索キーワードランキングの常連であり
二重でランクインされるほどご要望があったりしてたものの、
Gが好きな話だっただけにまだ企画途中でいた状態
だったのです。

それで今回は一念発起してDMMからDVDを無料レンタルし
サンショウジンと同時期に鉛筆画を描いて準備を進めていた
のです。

そのウルトラ怪獣とはコイツなんです。

c0040422_2123210.jpg


ウルトラマンタロウに登場の泥棒怪獣ドロボンです。
またの名を宇宙野人ドロボン。

皆様、本当にお待たせしました。

ドロボンはドロボン星の宇宙戦闘員であり宇宙戦争の最中を抜け出し
タロウに助太刀させようと地球へ向かい
帰ってきたウルトラマンの妨害も跳ね除け飛来。
タロウをひたすら探して練り歩き攻撃してきたZATの二谷副隊長が乗る戦闘機、
スーパースワローが赤外線カンテラに激突したため
二谷副隊長の命とタロウの助太刀を交換条件で持ち出そうと企んだ。
二谷副隊長を攻撃できないタロウは退却し
東光太郎は何とか追ってきた郷秀樹からドロボンの思惑を聞かされ
郷秀樹のアイデアから新マンのカラータイマーと二谷副隊長を交換し
光太郎は後からタロウに変身、
パワーアップしたドロボンの体力を消耗させるために
タロウは耐久作戦を取りドロボンのカラータイマーが点滅した所から反撃開始。
新マンのカラータイマーを取り返し2人で太陽に向かい
ヘロヘロのドロボンは援軍で来た大型戦闘機スカイホエールに
二谷副隊長が搭乗し一斉射撃を受け敗れる。
武器は光線を発するこん棒と口から吐く火炎で、
こん棒はスペシウム光線を防御するくらいの力を持つ。

また赤外線カンテラはタロウを探し出す際に威力を発揮する。

このドロボン自体はGはそれほど思い入れが無いのですが
(といいつつ映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』で登場した時は嬉しかったけど)
この話が好きなのはスキー事故の関係で
荒垣副隊長役を降板した東野英彦氏に代わり
二代目副隊長として前話から赴任した三谷昇氏演じる二谷副隊長が
3回登場する話でのメインでのお話だから
なんですよね。
(もちろん朝日奈隊長も荒垣副隊長も大好きですよ)
そういえばナレーションも前話から朝比奈隊長役の名古屋章氏の担当でしたね。

その二谷副隊長がメインとなった
ドロボンの話とはどういう展開
だったのか?



ウルトラマンタロウ第52話「ウルトラの命を盗め!」
脚本・石堂淑朗、監督・山際永三、特撮監督・矢島信男、敬称略

ZATの半年に一度の体力テストが1ヶ月前に控えた頃、
久々に第一線に戻ってきた二谷副隊長は1人黙々とトレーニングをしていた。
隊長と副隊長は指揮能力が優先されるため
体力テストからは除外されている
のだが
新任の二谷副隊長にはそれが我慢ならない。
若い隊員にも負けない努力をして副隊長の威厳を示そうと
極秘でトレーニングしてる
のだ。
偶然、それを見た東光太郎は思わず感心してしまう。
その2人に怪獣らしき電波をキャッチしたという情報が入り
東は感心して二谷に話すも「年長者を冷やかすな」と答えてZAT本部へと戻る。

レーダーでキャッチした2つの電波は
二谷が転任する前のZAT基地のテリトリー
だった。

「怪獣め、俺がいなくなったからと言って襲撃してきたな」

二谷副隊長はレーダーの画面を見ながら、やや得意げに話すが
トレーニングのし過ぎで胸が苦しくなる。


そのキャッチした電波とはドロボンとそれを阻止する新マンとの戦いだった。
この時の新マンの手とブーツは何故か赤である)
ドロボンにはスペシウム光線が効かず
ウルトラマンは負けてしまい逃がしてしまう。

夜の東京に飛来したドロボンは赤外線カンテラを点けながら探し回る。

「タロウ、出て来い!タロウ、タロウ!」

宇宙戦争の中からウルトラマンを騙しタロウを探しに来たドロボン。
彼の目的とは?

ZATは出撃するがトレーニングのせいか胸が苦しい二谷副隊長。
皆は二谷副隊長を休ませようとするが二谷は全員出動を命令し
二谷はスーパースワローで、他の隊員はスカイホエールで出撃
する。

現地に到着したZATの面々はドロボンがタロウを目的に地球に来た事を知る。
攻撃を開始するZAT。その攻撃を見た二谷副隊長は
近距離からミサイルで頭を狙うよう命令
を出す。
危険だと隊員たちは言うが二谷副隊長はこう返す。

「ナポレオンの言葉に不可能は無かった、ZATの言葉に危険は無い!」

至近距離からミサイル攻撃するZATだがスカイホエールは撃墜、
二谷副隊長のスーパースワローも突撃してそのまま音信不通
となる。

脱出したZAT隊員たちは二谷副隊長の姿が無い事を知り
安否を確認する意味合いも兼ねて光太郎と北島隊員はウルフ777で再出撃
する。

その頃、郷秀樹がボロボロの姿で地球へとやってきていた。

ウルフ777はスーパースワローが
ドロボンの赤外線カンテラに突き刺さっているのを確認する!
ウルフ777は攻撃するも飛び越したドロボンが後ろから踏みつけてしまう!

光太郎はタロウに変身!

しかし、ドロボンは劣勢になるとスーパースワローをタロウに見せる!

「どうだ、タロウ、これでも攻撃できるか!」

森山隊員の必死の通信にようやく意識を戻し状況を把握した二谷副隊長。

「タロウ、俺に構うな!やれ、やってくれ!」
「タロウ、俺がいるために攻撃できないのなら俺は死ぬ!さらば、諸君!」

北島隊員が合流したZAT隊員はこの通信を聞いて驚いてしまう。
その光景を見上げる郷秀樹・・・。

いざ、死のうにもZATガンが使い物にならない!
更に激突の衝撃でスーパースワローの機器も壊れ自爆も出来ない!

「タロウ、見ろ!これでもやるか?」得意げのドロボン。
タロウはやむなく退却する。
「畜生!タロウが逃げた!」暴れるドロボン。

東光太郎に戻るとボロボロの郷秀樹と再会
する。
「兄さん!」
「俺のヘマで奴を地球まで逃がしてしまった・・・」そう言って倒れる郷秀樹。

「あいつは一体、何故、僕を狙っているのでしょう?」
光太郎の質問に郷秀樹はこう答える。

「今、宇宙では戦争がある・・・」

ウルトラセブンの流用と思われるシーンが流れる)
「その戦争にお前を引っ張り出して助太刀させようとしているんだ」
「そんな事をする僕だと思っているのか!」
「あいつの手の中には副隊長という切り札がある・・・
ドロボンが彼の命と交換条件に助太刀を持ち出したらどうする?」

郷秀樹の言葉に黙ってしまう光太郎。

「考えがある、あいつのそばまで行こう!」

郷秀樹はそう話すと2人でドロボンの近くへと行く。

「俺は死ぬ事もできないのか!畜生!」無念の二谷副隊長。
「手も足も出ないとはこのことか!」悔しがる北島隊員。
「もうZATもおしまいだ・・・」絶望する南原隊員。
「ウルトラマンタロウもやっぱり神様ではないんだわ」絶句する森山隊員。

町を破壊するドロボンに逃げる市民の
「こうなったら仕方ないが副隊長に犠牲になってもらうしかない」
「それ以外に東京を救う道は無い」
という言葉が飛び交う中、郷秀樹と東光太郎は近づいていく。

光太郎は深手の郷秀樹を気遣い先に変身する
と言うが

「ウルトラ兄弟なら誰でも良いはずだ・・・
いいか?後は打ち合わせどおりにやるんだ!」

そういい残し新マンへと変身する郷秀樹!

それを見たドロボンは不敵な口調で

「ん?ウルトラマン、またお会いしましたな?」
「ん?これと?よしよしお前で我慢しよう」

と話し新マンの言い分を聞きカラータイマーとスーパースワローの交換を行う。
スーパースワローを置くと新マンの体はしぼんでしまった!
それを見て宇宙へ帰ろうとするドロボン。

「兄さん!行かせないぞ!」光太郎はタロウへと変身する!


しかし、ドロボンは新マンのカラータイマーによってパワーアップしており
カラータイマーを壊せない事からストリウム光線も使えない!
劣勢のタロウだが、これも新マンの作戦だった。
カラータイマーの地球上での時間は3分間。
タロウはできるだけ体力を節約しドロボンを消耗させようというのだ。


その頃、救出された二谷副隊長がZAT隊員に合流する。

「俺の軽率な行動が諸君にもウルトラ兄弟にも・・・すまん!」

気遣うZAT隊員に二谷副隊長の檄が飛ぶ。

「このままではウルトラ兄弟に義理が立たない、攻撃だ!」

休んだ方がとZAT隊員は言うが「やるんだ!」と更なる檄が飛ぶ!

その時、ZAT本部から応援でスカイホエールが到着する通信が入る。

同じ時、ドロボンのカラータイマーがなり一気にパワーダウンする!
ここぞとばかりにパワーダウンしたドロボンを攻撃するタロウとZAT。
倒れたドロボンからカラータイマーを取り返したタロウは新マンに戻す。

「大丈夫か?」不安な二谷副隊長。
新マンは見る見るうちに元の体へと戻っていく!
「見ろ!ウルトラマンが生き返った!」「本当だ!」喜ぶ市民。

「タロウ、あとは俺がやる!ウルトラマンを早く太陽へ戻してくれ!」

二谷副隊長のスカイホエールはダウンしたドロボンにトドメの攻撃をする!

そしてタロウと新マンは太陽へと向かっていくのだった・・・。

東光太郎がZAT本部に戻ると二谷副隊長は別の席にいる。
副隊長失格という事で隊員の席へと移ったのだ。
しかし、光太郎は言う。

「隊長が死ねば副隊長、副隊長が死ねば北島さん、北島さんが死ねば南原さん、
それがZATの規則でしょう?副隊長は死ぬまで副隊長です!
あそこの席に座ってない時は死んだ時です・・・」


その言葉に「わかった」と返事する二谷副隊長に
皆が待ってましたと席へ移動
させる。

「さあ、副隊長!」
「ん!定時警戒態勢、出動!」

そこにはいつもの二谷副隊長の笑みが戻っていた。


というのが話の流れですね。

(もうそろそろ待ち時間がなくなるので続きは後で書く事にします)

(5月20日AM10:23)

あれから仕事の用件を済ませて寝て今朝起きてからDMMの返却を済ませました。

まあ、この話は文中の事情で二代目副隊長となった二谷のために
急遽メインの話を作った気もしないでもない気がする話
なのですが

朝日奈隊長役の名古屋章氏や荒垣副隊長役の東野英心氏もそうなんですけど

バトルフィーバーJのコウモリ怪人の記事でアドバルラーの事を書いたように
Gが三谷昇氏が基本的に好きな俳優さんだから心に残ったというのは
絶対にあるとは思う
んですよね。

三谷氏は元々、俳優志望ではなく画家志望だったのですが
演劇部の美術をやってた際にエキストラで参加して演技を高く評価され
学生時代にはあの平幹二郎氏のいる学校を抜いて
表彰された程の実力
を持ってました。

インタビューでご自身も変な役柄が結構好きというか、
そういう役が多いと語りながらも
この二谷副隊長役が決まった時は身内の子供からも凄く喜ばれ
「あのタロウに出てくるZATの副隊長なんだぜ!」
と言ってくれ、ご自身も物凄く嬉しかったとも語っています。

二谷副隊長は朝日奈隊長とは顔見知りの間柄である事は
前話のリンドンの話でも表現されており
常識派ながらも若い隊員とも共に行動する若い荒垣副隊長の性格に対し
年配者ゆえの少々無骨な感じの負けず嫌い、
年長者の自らが引っ張らないといけないという意識が高い
二谷副隊長という性格のカラーの違いが
見事に描かれた話がこのドロボンの話
であり
三谷氏の演じた役柄でもかなりの常識派の人間となっています。

それゆえ秘かにトレーニングで鍛えたり、新任だからこそ率先して前線に出たり、
ドロボンに捕まった時や救出直後の無念な表情を出したり、
その責任感から最終的にはドロボンを倒す所までいったり、
逆にその責任感から副隊長から降りようとしたりといった
二谷副隊長の魅力を三谷氏は存分に演じていた
のです。

ウルトラマンタロウに関しては色々な評価があります。

ウルトラマンシリーズの中興の祖である、
こういうのもあり、という面を色々と出したウルトラマンである、
子供向き過ぎて第一期ウルトラから見ると評価が低いウルトラマンである、
試行錯誤の末、迷走したウルトラマンである、
いや、特撮では予算が減らされてもうまく切り抜けたウルトラマンである、


様々な評価があると思うんです。
Gもそう思う時は正直あります。
火炎を吐くばかりの怪獣が目立ってきたのもこの頃からですし・・・。


しかし、ちょっと待って下さい。

この二谷副隊長の話はドロボンや新マンに話のメインになりそうですが
見るとかなりシビアな話に仕上がっています。
ウルトラマンタロウは子供じみた話ばかりではなく、
こういった話もちゃんと製作してはいるのです。
三谷氏のインタビューのようにタロウは子供の希望の星であり
評価は充分されてたウルトラマンだったのです。


皆さんは見落としてませんか?
この機会にもう一度ウルトラマンタロウを見てみませんか?


Gはこの話を見る度にそう思い直すのです。
だから、ドロボンの話はGのとっておきだったのです。

Gの都合上、こういう時間設定になりましたが以上で今回のイベントは終了
です。
如何だったでしょうか?

今日は冒頭の理由により疲れを取るため、此れにて失礼しますが

体調面を考えながら閉鎖の無い限り
「ひいろお倶楽部@」を続けていきたいと思いますので

今後とも何卒、宜しくお願い致します!






「病院へ行ってきましたPart148・クラゲ奇っ械人の頭が外れてクーラクラ」
「サンショウジンのように酒を酌み交わしたかった・・・」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「名優・中丸忠雄氏逝く・・・佐原博士と柴田博士の父親像 」(ローラーロボット)
「文化の日という事で2枚の鉛筆画の特撮イラストに関する話」
(猫の手さんの新マン、セブン、ベムスター、Gのプルーマ)
「2週間前にトラックバック777件到達!特撮で777とくれば・・・」(ウルフ777)
「ひいろお第18話:ウルトラアイ」(ウルトラセブン)
「交通事故直前に拾った指定型バトン『スーパー戦隊シリーズ』」
(バトルフィーバーJのコウモリ怪人)


「光の国より愛をこめて」(市川大河さんのブログ)
「日子のさらさら日記」(日子さんのブログ)
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-20 01:13 | 特撮系
c0040422_15145855.jpg


こんにちは、2日ぶりのGでございます。

ヒルビランの記事ウルトラマンレオの記事サンショウジンの記事という流れで
伯父のお父さんの葬儀、日勤、自宅の仕事と強行スケジュールだった事もあり
サンショウジンの記事のアップ後の自宅の仕事の打ち合わせの際に
16日の日勤が残業確定でかなりハードな業務が予想されたため
次回の自宅の仕事を無理の無いような日程に調節をしてもらい
19日の日勤も残業がある事からバッティングしないように
今日か明日あたりに自宅の仕事を入れる形にして余裕を持たせました。

実際、昨日の日勤は大変でして帰宅後は風呂入ってGo to sleepでしたから
調整事態は正解だった
といえるでしょうね。

ただ、ゴールデンウィークもあった関係で
イベントが今日明日あたりに起こりそう
なのですが
今晩の様子を見てからだと自宅の仕事が今日だった場合に対応できませんし
恐らく明日が自宅の仕事とGは予想している事、
今日は昨日の日勤で疲れも残ってる事から
待ち時間を利用した楽にできる記事を今日は行う事にしました。

色々と考えた末、まだ4つ溜まってる病院系記事を1つ消化します。
もっとも鉛筆画は今回は用意してなかったので大変
でしたが
待ち時間を潰すという意味合いではよかったかな?という気がします。

今日の記事は3月31日の事になります。
(ゲッ、まだ3月の内容だよ)

スパイダーマ!!の記事から発していた強烈な目まいが
ヒルビランの記事によって糖尿病からくるものではなく
ロッカーマンの記事でGが調節をお願いした
代用の精神安定剤からくるものである事がわかり
6日間は何とか乗り越えて3月31日に御茶ノ水の病院へと行って来ました。

3月31日というギリギリの日程になってるのはノコギリマンの記事の関係で
ベンキョーダーの記事の時点で4月の通院日を減らした結果
からなのです。

まずはいつもの担当医に糖尿病でなかった事を報告。
まあ、採血とか尿検査の結果は同じ大学病院ですから担当医も知ってるので
早速、強烈な目まいの話をしました。

「ああ、糖尿病で無いとなると確かに薬の調整の問題ですね。
代用の薬がの量が多すぎたというのもあるのでしょうが
Gさん、食事制限で痩せたんじゃないですか?」


担当医がこう質問したので8kgほど痩せましたとGが答えると

「薬というものはですね、体型にも関係するんですよ。
体型が大きい方ですと当然、薬の量も多くしないと
効果を発揮する事ができないんですね。
Gさんは今回の件で体重が減って
体型が小さくなってきてますから
今までの薬の量ですと効き過ぎてしまって
今回のような目まいとかの副作用が出てしまうんですよ。
でも、これからはまた薬を減らしていけますね」


(変なところで切りますが、ここで一度目の休憩とします・・・)

(5月17日PM16:23)

ちょっと途中で記事を切りましたが自宅の仕事はまだですので御安心を。

まあ、そういった担当医のお答えが出たわけです。

目まいも薬を調整すれば何とかなると聞きGも一安心。

目まいがまだ続いてましたので余ってた薬を把握してはいなかったのですが
代用の薬をまず減らしていき、ホラーアイの記事の眼底検査の予約は
糖尿病内科の担当医と同じく引き続き検査を依頼して結果を報告する事、
4月からは薬を出来るだけ減らす方向
で診察が終わりました。

そしてムクロビーストの記事をアップして
4月の「ひいろお倶楽部@」休養
となったのです。

やっと次の病院系では4月の事が書けますね。やれやれ・・・。

ということで、今日の鉛筆画。

目まいという事で頭に関する特撮キャラを前々から予定
はしており
チョイスしてコイツを起用してみる事を決め、冒頭にもあった様に今日、描きました。

仮面ライダーストロンガー
に登場の奇っ械人であるクラゲ奇っ械人です。

んー・・・クラゲネタや仮面ライダーネタが多いですね、このブログは・・・。

(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

(5月17日PM17:00)

お待たせしました、クラゲ奇っ械人の説明に入ります。

クラゲ奇っ械人は初期の敵組織ブラックサタンの改造人間の能力を高めるための
秀才少年少女達の新鮮な頭脳を移植する事を最終目標に
学校教師らに次々と乗り移り秀才少年少女を拉致する事を使命
とする。
ターゲットの1人である堀文夫少年を拉致せんと
担任の松本先生や文夫の母親に乗り移るが
結果的にこれが仇となりストロンガーにアジトがばれ、計画は失敗
してしまう。
クラゲ奇っ械人は自らの体をゲル状にして移動する事ができ
武器として口から吐く麻酔泡
がある。
実は頭は強化パーツで守られており強化パーツを外すと
鉛筆画にあるような第2の頭が現れ、その第2の頭が弱点
となっている。
なお声の担当は市川治氏。

まだ、自宅の仕事が始まる気配が無いですね・・・

ということは、明日が地獄か?(泣)
(↑またこのパターンやね)


今日は自宅の仕事に備えて、この辺で失礼します・・・では、此れにて。






「病院へ行ってきましたPart147・ヒルビランの糖尿病内科の採血結果」
「今日はウルトラマンレオをお楽しみ下さい。」
「サンショウジンのように酒を酌み交わしたかった・・・」
「強烈な目まいが出てきたため急遽、休養します。」(スパイダーマ!!)
「病院へ行ってきましたPart146・ロッカーマンへ詰込み過ぎで記憶が? 」
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「病院へ行ってきましたPart145・食事療法のベンキョーダー!」
「病院へ行ってきましたPart144・ホラーアイの眼底検査もケテーイ!」
「名脇役・金田龍之介氏逝く・Gは貴方とお話するのが夢でした・・・」(ムクロビースト)
「ひいろお第31話:ヒーローの宿命」(仮面ライダーストロンガー)
「声優・市川治氏逝く・・・永遠の美声」(鋼鉄参謀)


「糖尿病」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-17 15:47 | 病院系
c0040422_17325928.jpg


こんにちは、連投となったGでございます・・・。

昨日のウルトラマンレオの記事でもあったように強行スケジュールだったため
昨夜に勤務先から昨日今日と2日間は完全休養として
16日の日勤までに疲れを取っておこう、というありがたい措置を頂きました・・・。


ヒルビランの記事、ウルトラマンレオの記事で書きましたが
5月10日にGの親族が亡くなったわけですけれども
亡くなったのはバンジョーを弾いてる伯父のお父さん、
雷忍・ワイルドの記事で登場した伯父のお父さん
でした。

齢80歳。

最近は介護が必要なほど体調も悪化し仕事は全て息子である伯父に任せてたので
(伯父のバンジョーはあくまで副職ですので)
急な事だったとは申せ、まあ、ある程度の覚悟は出来てたのですけど、
やはり11日に母から聞いた時は驚きましたね。

お通夜であった12日は人手不足だった事から
母が受付の手伝いをするなどGの家族が最終的には総出で出ており
開始時間前の納棺から終了時間までGも予定を繰り上げて現場にいました。

さしずめ映画「おくりびと」を地でいく感じでしたね。

まあ、近所の親戚という事もあっての事だったのですが
Gも交通事故に遭って以来、葬儀や法事は後遺症の関係で
長時間の移動は無理な事から欠席せざるを得ない日々が続いてたので
(葬儀に来た従妹の子供を抱く事も出来ない位ですから)
亡くなった伯父のお父さんにちゃんと最期は会えたのは良かったと思いましたね。

生前の伯父のお父さんという方は柔和で温厚な性格で日本酒党でした。

Gが急に伯父の家に遊びに行っても温厚な対応でよくあがらせてもらいました。

それでね、Gがよく思い出す事があってね。

この「ひいろお倶楽部@」でもバッファロー怪人の記事クモンジンの記事にて
くるくるてれびの事を書いた事が過去にありましたが
伯父の家は工場の他に駄菓子屋をやってた時期があって
バッファロー怪人の記事で貰ったくるくるてれびは
伯父がクリスマスに家に招待してくれてプレゼントで貰ったんですよ。

その時にGの両親は伯父のお父さんに大好物の日本盛をプレゼントしまして。
伯父のお父さんもそれはもう喜んで呑んでくれましてね。
その時の柔和で温厚な笑顔が何時までもGは忘れられないんです。

「最期くらいお酒呑ませれば良かった」と伯父のお母さんも言ってましたけど
Gも日本酒党だけにね、
伯父のお父さんが元気な頃に一杯やりたかったですね・・・。


急な事だったのでメールやコメントに遅れが生じてますが
(それに関しては対応しきれるまでの時間を下さい・・・)
Gが遅れてメールを送ったGの旧友がメールのお返事で
伯父のお父さんの事を「お祖父さん」と呼んでくれましてね。

よくよく考えたらGが生まれた時には祖父は既に亡くなってたので
血の繋がりはなかった伯父のお父さんは、
ある意味で一番身近な「祖父」だったのかもしれません・・・。

合掌。


こういう事情ですので続柄としては気持ち次第なのですが
Gも考えた末、喪中という形を取ろうかと思います。

ですので、来年の年賀状のドット絵は制作いたしませんし
年末年始のご挨拶も遠慮させて頂きます。


ただ、別のドット絵は制作中であり、この「ひいろお倶楽部@」が
ムカデンジンの記事爆弾オオカミの記事の件で閉鎖しない限り、
早ければ6月もしくは10月にそのドット絵制作の理由を説明します。


という事で、今日は何とか描けた鉛筆画へ。

亡くなった伯父のお父さんは日本酒党
だったので
元々、別の絵の依頼でお酒を題材にしたものがあり
(資料が集まってないため、これから制作予定ですが)
その特撮キャラを複数チョイスしてリストアップした際に入れてたものを
今回は起用していきたい
と思います。

スカイライダーに登場のネオショッカー怪人であるサンショウジンです。

(完全休養を言われるくらいの疲労があるため、一旦ここで休憩とします・・・)

(トラックバックができないトラブルが発生したため記事を一時中断します)

(5月15日PM17:53)

たまに安定するトラックバックといい、絵の載せ直しがうまくいかないといい、
何かサーバが不安定な感があるのですが、サンショウジンの説明に入ります。

サンショウジンは丹沢山中のサンショウウオを
敵組織ネオショッカーが改造した怪人
スイスで行われるジュニアスポーツ選手大会に出席する要人暗殺のため
有望なスポーツ選手の中学生を誘拐しネオショッカースポーツ少年部隊として
地獄谷にて誘拐した中学生に特訓を行う事を使命
とする。
そのため中学生達はサンショウジンをコーチと呼び
サンショウジンは成績による待遇の差をつける事で
中学生の間にやる気を起こさせよう
とする。
水があればどこへでも侵入する能力を持ち
武器としてはムチと腕技の窒息締めの連続攻撃
がある。
酒が大好物で戦闘員アリコマンドを相手に毎晩のように晩酌を楽しむ。
なお声の担当は槐柳二氏。

今日のブログは非常に不安定なため、大事な記事ですが早めに終了とします。
それでは、これで失礼します・・・。






「今日はウルトラマンレオをお楽しみ下さい。」
「病院へ行ってきましたPart147・ヒルビランの糖尿病内科の採血結果」
「Gの伯父はバンジョー弾きなのです。(はぐれベーダー61)」(雷忍・ワイルド)
「くるくるてれびって・覚えていますか?」(バッファロー怪人)
「これが先日話したくるくるてれびです。」(クモンジン)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part32」(ムカデンジン)
「ブログ閉鎖という爆弾オオカミ発言の後にGが思った事」
「総力特集スカイライダーURL掲載承認!」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-15 16:38 | 雑談
←menu