<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こんばんは、3日ぶりのGでございます・・・。

雪ですね。埼玉では初雪になるのでしょうか?
ちょっとGの記憶が曖昧
ですが・・・。

仕事ですね。来週は自宅の仕事メインなのでしょうか?
・・・記憶を曖昧にしちゃいたいです(泣)

前回の太陽戦隊三連星の記事で27日はシフトが空いてると書いた事もありますが
昨日は眼科に行ってて混んでて混んでて帰宅が遅くなったその夜に
自宅の仕事の依頼が久々に来ちゃいまして

(おかげで25日から溜まってるメールを処理してたのもやむを得ずストップ・・・)
来週は自宅の仕事フル回転の可能性が極めて高い事もあり
2つのイベント記事のうちの1つを27日から早速始める事に昨夜決めました。

まあ、今日は雪が降ってた事もあり鉛筆画ものんびり出来ましたしね。

おまけに昨日は近所のTSUTAYAが安くて映像の資料もレンタル出来ましたし。
(↑おーい!勤務先からレンタルしないのかよ!)

では、早速、1つ目のイベント、行きます。

2月7日夜に「ひいろお倶楽部@」の
閲覧者総数が240000人を突破しました!


・・・いつもだとここで「ありがとう」と書くのですけど
今回は・・・

皆様、ご心配おかけしてゴメンなさい!
今年に入ってからは本当にそういう気持ちでいます・・・。


そういう申し訳ないなあ、という気持ちから
イベント記事恒例のウルトラ怪獣も早めに取り掛かりたかった
のですが
次回のイベント記事の鉛筆画ネタは決まっているものの
今回は候補が2つあったんです。

1つは以前からずーっと描きたいと思っていたネタだったものの
鉛筆画を都合上2枚描かないといけない。
今年に入ってから2枚いっぺんに描くのはまだ試してない不安がある。

もう1つは鉛筆画は1枚で済む。記事としては楽。

両方のネタもお気に入り超獣。


それで前回は準備期間が欲しいと書いたのですが

ずーっと描きたいと思ってた記事の資料が最近やっと整った事
DVDレンタルして両方の話を久しぶりに見て
楽な記事の方はつまらなかった気がした事
から

ずーっと描きたいと思った記事で今回は行きます。
雪のお陰で外に出れない時間帯もあった事から2枚の鉛筆画も何とかクリア。


という事で、今回の鉛筆画はこのウルトラ怪獣2体です。

c0040422_17115319.jpg


c0040422_17123416.jpg


ウルトラマンAに登場の地底超獣ギタギタンガと地底人アングラモンです。
当時の映像ではアングラモンは地底超人となってましたね)
Gのお気に入りはギタギタンガの方でございます。

やっと起用できましたね、ホント。

(ちょっと薬の服用時間なので一度目の休憩はここで取ります・・・)

まず、ギタギタンガとアングラモンの説明を。

ギタギタンガは地底人アングラモンが
地上人の地下水くみ上げの警告として操っていた地底超獣。
両頬の角の先端から出す酸欠ガスを使って2年前から

(え?ヤプール人が地球侵略に乗り出した2年前って超獣いたの?)
地上破壊工作を工業地帯を中心に行っていた。
この酸欠ガスは発火性がある程の強いアルコールを多量に含み
酸欠ガスによる交通事故の死亡者は酔っ払い運転として警察が結論付けていた。

(酔っ払い運転で処理されてしまう地味な警告というのも・・・)
ダン少年の父もこの酸欠ガスによって事故死しており父の敵でもある超獣。
地中を神出鬼没に移動する事ができる。

ただTACの攻撃に主のアングラモンが巨大化して庇うなど
警告という割にはそれほど強い超獣というわけでもなく
アングラモンと共同戦線でAに挑むも
エースリフターの二段投げで地面に叩き付けられ爆死
する。

ギタギタンガの主であるアングラモンは地上人の地下水くみ上げに怒って
その警告としてギタギタンガを送り込み地上破壊工作を展開、
姿を初めて現した際に2年間も警告した地上人に対して

(だから正当な理由だけに警告をもう少し派手にやれば早く気づいたくれただろうに)
10時間以内に地下水くみ上げの中止を要求する。
等身大から巨大化する能力も持ち
武器も口からの金縛り光線、目からの破壊光線、
胸の発光体からの地震光線と強力

ハッキリ言ってギタギタンガ抜きでもAと戦えるほどの戦闘力を持つ。
ただ、ダン少年のパチンコが胸の発光体に当たった際に苦しんだ事から
弱点が胸である事がばれダン少年を崖から落とし巨大化するものの
ウルトラの星からのダン少年の助言を聞いた
Aのブルーレーザーを胸に受け焼死
する。
なお地底エージェントのギロン人の着ぐるみの流用である事はあまりにも有名。
(そういえばギロン人も地底で大蟻超獣アリブンタを操ってたね)

基本的にそれほど強くない怪獣が好きなGとしては
(もちろん強い怪獣でも例外で好きなのもいますが)
ギタギタンガはヤプール人がいなくなった後の超獣ではデザイン的にも面白く
以前に記事にしたマッハレスとかと同じくらい好きですね。

(ただ独特の折れ曲がった尻尾を遠近法的に描いたのは大変でしたが)

では、簡単にお話を二度目の休憩後に書いておきますかね。
結構、Aでも重要なお話でもある

ウルトラマンA第29話「ウルトラ6番目の弟」

脚本・長坂秀佳、監督・山際永三、特殊技術・佐川和夫、敬称略

ですね。

(という事で、二度目の休憩に入ります・・・)

ある夜、京浜工業地帯に超獣が出現、一夜で一帯を壊滅状態にする。
TACが出動するも超獣の姿はなく周囲には強いアルコール臭が漂っていた。
TACは襲撃を受けた夜警の遺体には傷ひとつなかった事から
ガスによる攻撃と判断、TACパンサーを動員して周囲を調査
する事となる。

TACパンサーで調査中の北斗星司と美川隊員は
車の前に少年が飛び出したので慌てて停める。
その少年は車の前を横切れると言って
いじめっ子達の前でやって見せたのだ
と言う。
少年の名はダン。ダン少年は姉の香代子と2人暮らし、
幼い頃に母を亡くし1年前に父も酔っ払い運転で死んでおり
父の死の一件でいじめられていた
のだ。

北斗と美川はその後、ダン少年が先の車の件でできなかった
勇気を取り戻すため、嘘つきでない証明のために
竹竿で川を飛び越えるのを見かける。
美川隊員は止めようとしたが北斗が制止し成功した際に2人は拍手
するものの
ダン少年は去っていってしまう。

TAC本部では竜隊長が襲撃現場近くで酸欠ガスが発生しやすい事を話し
2年間に酔っ払い運転の事故が幾度も起こってるデータを出す。
北斗はダン少年の父もこの一件に関係があるのでは?
と思うようになる。

北斗はダン少年の姉・香代子に弟の喧嘩の仲裁を頼まれる。
その時の喧嘩の原因はダン少年に昼間から星が見える事
だった。
そして北斗は香代子から弟は本当は父を尊敬してた事、
仲間に馬鹿にされてるダンという名前が本当は好きな事、
父の教えから嘘をつくのが嫌いな事を聞かされる。


一方、ダン少年は香代子が勤める工場に
超獣ギタギタンガが襲撃する事を予言
する。
予言どおりに夜、工場はギタギタンガに襲撃される。
TACが到着すると強いアルコール臭の中、地底人アングラモンの警告を聞く。
地下水のくみ上げの中止を2年前から酸欠ガスで警告してた事、
そして10時間以内に地下水くみ上げ中止を要求、
出来ない場合はギタギタンガを暴れさせる事を。

香代子は弟の予言から解雇
となってしまう。
香代子からダン少年がますます孤独になった事を知った北斗は
ダン少年がたまに見えた星がウルトラの星である事を教え
「この星は負けじ魂を発揮した時に見える星だ」とダン少年を励ます。

北斗と美川隊員はダン少年の父の事故を調査
する。
その結果、事故写真を撮ったのは七五三の記念に撮ってたもので
その時にギタギタンガが出現した事から酸欠ガスから七五三の少女を守るために
ダン少年の父は車を塀に突っ込ませたが逃げる事が出来なかった事実
がわかる。

北斗はダン少年にその事実を伝える。
しかし「父が頑張りの心を最後に捨ててしまった」という北斗からの言葉を聞いて
父にもウルトラの星が見えたはずという気持ちから父の墓へと向かうダン少年。

そこで偶然、アングラモンがギタギタンガを出撃させるのを目撃する。
アングラモンに気づかれたダン少年は
パチンコでアングラモンの弱点が胸である事に気づくも
崖に追い込まれ落ちてしまい枝にぶら下がって凌ぐ。

TACが来た事からアングラモンはギタギタンガ援護のために巨大化。
地上から1人合流した北斗はダン少年を見つけ救おう
とする。
ダン少年は自分に構わず地底人を攻撃して欲しい、
地底人の弱点は胸である事を北斗に告げる。
北斗はTACが劣勢なのを見てダン少年の言葉を胸に変身する!


アングラモンとギタギタンガのツープラトンに苦戦するA。
枝にぶら下がって頑張っていたダン少年にウルトラの星が見えた時、
ダン少年の言葉がウルトラの星を通じてAの耳へと届いた!
その言葉通りに逆転しギタギタンガとアングラモンを倒していくA。

ダン少年はずっとウルトラの星が見えるようになっていた。
その時からダン少年は「ウルトラ6番目の弟」となっていた。
ウルトラの星を見て微笑む北斗とダン少年だった、


というもの。

(ここで三度目の休憩を入れます・・・)

この記事でずーっと書きたかった事というのは
ダン少年の事ではないのです。
(間接的にはそうかもしれませんが)

脚本を担当された長坂秀佳氏について書こうと思ってたのです。

Gは人造人間キカイダーも原作も含め大ファンである関係で
資料も比較的早いうちから手元に集めており
長坂氏のインタビュー記事もかなり読む機会が多かった
ですね。

長坂氏という方は市川森一氏と脚本をコンペじゃないですけど
企画案みたいな形でウルトラもそうですし、「刑事くん」などといった番組で
幾度か提出して市川氏の脚本が採用される、という経験を多くされたそうで
実際、ご本人も市川氏などの脚本を読むと
「この時間帯にこういうのを書くのか?」と驚いたとも話されてます。


この辺は書くとフリーとTV局のツテがある脚本家の立場の話など
文面が物凄く長くなるので略しますが
市川氏をライバル視といいますか、
ハッキリ言って市川氏の対抗馬と言ってもいいくらいの脚本家が
長坂氏である、という事が自他共に認める形となります。

このウルトラマンA第14話まで市川氏はウルトラでメインライターを務めてて

(あのエースキラーのゴルゴダの星の後編ですよね)
その後は第48話のベロクロンⅡ世
最終回のジャンボキングのみの執筆
となりますが

ウルトラマンAでの展開もこの第29話までは

第23話でヤプール人が倒れ
第24話でその後を受けたマザロン人が復讐し
第26話、第27話でのヒッポリト星人の大攻勢とウルトラの父の出現
第28話で月復興のため北斗と戦っていた南夕子が去っていく。

というターニングポイント
となってきてました。

そこへ長坂氏は前作、帰ってきたウルトラマンの
バルタン星人jrビルガモの話の時以来に復帰
します。

ある意味、ウルトラの武器が何もない、という状況で
長坂氏は戻ってきたわけです。


ここで人造人間キカイダーに話が戻るのです。

キカイダーが終了した後、続編のキカイダー01の企画も
キカイダーが好評だった事からすぐ案が出てきた。

ところが裏番組は
あの視聴率50%超えの怪物番組「8時だよ!全員集合!」。

スポンサーの入れ替えや降板があった事から予算が大幅に削減。
ハッキリ言って新しい着ぐるみ作る予算も少ない。
原作者の石森章太郎氏も困ってた。

同じような状況下で長坂氏のポリシーが発揮されます。


「俺ならば今まであるもので
これだけできるけど」
「使えるものはドンドン使っていこう」


このポリシーを存分に発揮していきます。

ウルトラマンAの場合
ですとせっかく具体化してきたウルトラの星が見えるという
ダン少年という新しいキャラクターを出して後の話の路線に残しておく。


キカイダー01の場合ですと有名ですがハカイダーの着ぐるみが複数あった事から
ハカイダー4人衆として復活
させ石森章太郎氏もアイデアに絶賛し
原作と放送では無論違う所もあるのですが
基本的には長坂路線に石森デザインというツープラトンで行く。

新しい事やらなくても予算無くこれだけ出来るじゃん、
とやってのける訳
です。

流用のポリシーみたいなものはマシンマンファンでもあるGとしても
長坂氏はGと価値観が合う方だな、という気持ちは以前から持っていました。


ただ、これも一長一短でありダン少年というキャラが話作りにはうまくいきましたが
続編のウルトラマンタロウの登場で曖昧になったり
とか

キカイダーにしてもハカイダーの飯塚昭三氏がキカイダーに倒されない結末を
白骨ムササビが仲良しの和久井節夫氏が担当という事で納得して演じただけに
ハカイダーの方向性が変わる事でやる気がなくなった、という話もされています。


それでも現場で「負けじ魂」を出して長坂氏がアイデアを出しまくって切り盛りして
キカイダーではビジンダーやワルダーのキャラが
あそこまで生き生きと描かれた訳
です。
(特にワルダーは本来1回だけの登場を長坂氏が勿体無いと引き伸ばす提案してますし)

だから、長坂氏の本来の姿がダン少年だった、
どんな苦しい状況でも負けられない、
という「負けじ魂」を持っていた
ように思えてなりません。


賛否両論はあるとはいえ(Gも全部が全部、長坂氏の価値観と同じではないですし)、
この時期の特撮で長坂氏が持ちこたえたから何とかなった、
という事は間違いのない事実である
と思うのです。

このギタギタンガとアングラモンの話ではキカイダーだけでは少し書けない面もあり
ずーっと書いてみたいなあ、と思ってたのは
一度こういう事を書いておきたかったから
です。

長い記事になりましたが、如何だったでしょうか?

ノコギリマンの記事で書いたように4月には一旦、完全休養してしまい、
また皆様にご迷惑をおかけしますが

「ひいろお倶楽部@」を宜しくお願いします!

来週は何時アップできるのかなあ・・・?
今回は此れにて失礼します・・・。






「今週末の予定、空いちゃいました(泣)」(太陽戦隊三連星)
「ひいろお第30話:ウルトラタッチ」(ウルトラマンA)
「ではベロクロンⅡ世に流用された超獣マッハレスとは?」
「昭和の元気をくれた植木等氏逝く・巨大ヤプールとあの歌」
「ヤプール人について思うことは改造巨大ヤプールにあり?」
「あるある大発掘!キカイダーのイラストたち!」
「復讐の鬼・女ヤプールとベロクロンⅡ世!」
「ウルトラの父の第2回Gサンタプレゼント!」
「トラックバック200件突破記念!どうしようもない?バルタン星人jr!」
「病院へ行ってきましたPart26・急遽の転居先探しでビルガモです。」
「ひいろお第13話:ヒーローの末路」(キカイダー01)
「ハカイダー!悪のアンチヒーローのパイオニア!」
「ひいろお第4話:低コスト」(マシンマン)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
[PR]
by gun_gun_G | 2009-02-27 17:52 | 特撮系
こんばんは、2日ぶりのGでございます・・・。

前回のノコギリマンの記事
3月末にて「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養をお知らせして
また今月の記事に関しては今週末の予定次第になる、

とも書きましたが・・・

今週末の予定、空いちゃいました。

3月は4月分の予定調整のために不透明なのですが
今週末の予定が昨日まで不透明だったのは大した理由ではないです。

27日のユニコーンの
シークレットライヴの抽選に
先週、応募して、昨日、外れた。


それだけの事です。

「怪奇大作戦」第25話「京都買います」の1シーンよりパロって)

牧史郎
「美弥子さん!美弥子さん!美弥子さん!」


須藤美弥子
「籤運が悪いのに抽選というものを信じた私が間違ってた、
それだけの事です」


・・・まあ、シフトで27日はたまたま空いてただけだから仕方ないか・・・。

という事で2月は何とか余裕が出てきたような感じなので
(もっとも自宅の仕事の依頼が来たらアウトですが)
週末あたりに書きたい記事を1つくらいはアップできると思います。

現時点では先延ばしにしてる記事のうち、
特撮系記事が2月は1件もない事もあって
2つあるイベント記事のうちの1つをやりたい、
と考えてますが
何分、明日の日勤と明後日の眼科がある事から準備期間を確保したいので
今日も鉛筆画を描いた記事も、とも思っていましたけど
夜勤明けという事で無難に行く形で
(つまり抽選から外れたのを知ったのは今朝という事です・・・)
前回のノコギリマンを起用した関係で使わなかった動画を
今回は音楽系という話題でもある事からここで使おうか
と思います。
音楽系はオニカブトンの記事の関係で書けなかった記事もあるんですけどね・・・)

ノコギリマンの記事で書いたミニ同窓会?にて
久々に会った先輩が教えてくれたMADのうちの1つ
です。
たまには特撮関連のYouTubeも使いたいとは思って当日話してて、
かなり有名なMADではあるようですが
SRIの牧さんを記事文中に使ったのも岸田森氏の繋がりという事で。

◎ガンダム 太陽戦隊三連星◎



まあ、串田アキラ氏は以前、音楽系記事にてベストCDの記事を書いてるくらい
Gも大ファン
ですからね。(太陽戦隊サンバルカンは串田氏のデビュー曲だし)

そういえば一番最初に買ったガンプラは1/100ドムでしたね、取り置きしました。
そのドムは最終的に漫画のプラモ狂四郎を真似て
1/144ジオングの脚に使っちゃいましたが(爆)


ただ、G的には同じ方のMADではこっちがいい感じはします。

◎ガンダム 超時空要塞マクベ◎



今回、初めて2つの動画を試しに載せてみましたけど、
マクロスも1回目のミュージックバトンの記事で採り上げてますからね。

(この曲じゃないけど)

これでしばらくの間、お楽しみ下さい・・・では、今週末に。






「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「串田アキラもいいですぜ!「I am the ONE」(はぐれベーダー24)」
「とりあえずサンバルカンでブログデビュー」
「やってきましたミュージックバトン!(はぐれベーダー25)」(1回目のミュージックバトン)
[PR]
by gun_gun_G | 2009-02-24 19:39 | 音楽系
c0040422_1955344.jpg


こんばんは、4日ぶりのGでございます・・・。

埋まってたスケジュールも今朝、終わりました。
もっとも昨日は急遽、お休みを取ってミニ同窓会?に出席してたので
朝帰りになってしまった
のですけどね。

それに明日からまた出勤があるんですが(泣)

オニカブトンの記事からお休みを取ってる「ひいろお倶楽部@」ですけど
反復性耳下腺炎についてはやっと先週で治まった感があります。

(そうでないとミニ同窓会?の出席なんて無理ですしね)


まあ短期間ながらお休みとしていて記事数も2月は大幅に減らしていますので、
お休みをもう少し延ばそうかなあ、
とも考えたものの

前回のヒルドラキュラの記事の途中で入った仕事の電話の件もあり

今週末の予定が現時点ではまだ未定で
下手すると今週の記事は今日だけになる可能性もある事、

3月はヒルドラキュラの記事で触れた検査の関係で
変則的な日程になる事でほぼ決まりそうな事
から

イベント記事や病院系記事の前に
決定事項として事前に記事アップ
という形にしました。
変更になったら「チャイになりました」と書けばいいですしね。

そのお知らせとは・・・

3月末をもって「ひいろお倶楽部@」を
一旦、完全休養とします。


これは検査とかの健康上の理由ではないです。

(変な所で切りますが、ここで一度目の休憩とします・・・)

今年に入って間も無く店の後輩が最長でも3月末で退職するという事になりまして
(上記の件を書いたらゲララチンの記事の続きを書かなくていい気もしますが)
夜勤の補充という事で今は研修員の方々がいらして
皆で研修をしている今日この頃なのですが
たまたま研修員の方々の応募時期が募集期間でも遅い時期だった関係で
後輩の退職後も研修が残ってしまう形になっていまして
4月はしばらく空爆エイイワガメ怪人カマクビガメの各記事と似た感じで

(病欠とかとはケースが異なりますが)
店長さんとGと交互に夜勤シフトに入らざるを得ないという事から
ヒルドラキュラの記事を書いてる最中に
「4月の特に中旬までは予定を入れないで欲しい」
と店長さんに電話でお願い
されたのです。

まあGが以前のプリズ魔の記事の時のように
急に一旦退職した際も同じような状況だった
んでしょうから
既に入ってる4月の眼科の予約以外は予定は入れない、とは伝え
3月の予定も調整しないといけないという感じになってます。

今のペースから記事をどれだけさばけるのかが不透明ですので
4月は恐らく記事アップは厳しい事から早々に完全休養にしてしまって
先にこの件を記事としてアップするという決断をし
後は書ける時に書く、という形を取った、
という事です。

だからイベント記事とか病院系記事とか他のネタとか
いつもだと組み立てがきくものが早ければ今週末から不透明になるため、
期待してお待ちしてる皆様には申し訳ないのですけど
何卒ご理解の程を宜しくお願い致します。


で、鉛筆画を今朝帰ってきたばかりで
描きたいものは頭に思い浮かぶものの基本的に低調だった事から
動画か何かでもいいかな?
とは思ったのですが

昨日のミニ同窓会?で久々にお会いした先輩が
石ノ森章太郎氏の事を熱く話されてたので
最近ウルトラ怪獣がないのにアレなんですけど
今回は先輩の気概に乗って記事内容には沿った形で
石森プロ系の特撮キャラをさっき描いてみました。

ロボット刑事
に登場のバドーロボットであるノコギリマンです。

んー・・・久々のバドーロボットとはいえ
朝帰りだけに絵がヘロヘロですね・・・(泣)


(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

(2月23日AM0:18)

やっぱ、翌日になっちゃいましたね。
23日が夜勤だからこそ出来る芸当
といいますか・・・。

それはともかくノコギリマンの説明を。

ノコギリマンは南アフリカから日本政府が買い付けた
40億円相当もの金塊を奪取せんと企む赤松運送の赤松会長が

敵組織バドーと契約してレンタルした1体目のバドーロボット。
空港から日本銀行へ特別科学捜査室と現金輸送車で警備された金塊を
Kに囮を使って引き離した隙にノコギリマンは
金塊トラックの鍵を得意のノコギリで切って奪取に成功
するものの
元々、ノコギリマンは鍵を切断するための強盗ロボットなので
その後の厳重な警戒で金塊を運び出すまでの事は不得手で
契約主の赤松にツッコミ入れられ悩んでるお茶目なバドーロボット
でもある。
バドー首領により金塊を液体化してタンクローリーで運ぶ事となる。
ゴールド探知機で金塊を探すKや同じく金塊の行方を捜してた特別科学捜査室に
情報屋の地獄耳平からの情報で赤松運送に直行するも金塊は運び出した後
であり
追跡中にKはノコギリマンと対戦する事となる。
しかし、そこへ新型バドーロボットのタイホウマンが出現し
ノコギリマンは失策続きを指摘した短気な性格のタイホウマンに処刑
されてしまう。

ノコギリマンの武器は回転ノコギリを飛ばすノコギリ円盤、
ノコギリによる切断攻撃、側部のノコギリを回転させ銃弾を弾く盾代わり
にするが
ノコギリ円盤は都合上2枚しか使えず無くなると戦闘能力も極端に落ちる。
鼻から逃亡用の煙幕を出す能力と
頭部のアンテナから電波を発信しKを誘き出す能力も持つ。
声の担当は矢田稔
氏。(八奈見乗児氏というのはミスクレジット

記事に関する起用理由としては

ノコギリで切るようにスパッと完全休養、という点
ノコギリマンの後先考えてて悩んでる、という2点ですかね。

それでリクエストリストにあったモグルマンは今回敢えて外しましたが

ノコギリマンの悩んでる姿って、
どう見てもサザエさんに出てくる波平さんが
フネさんやカツオあたりにツッコミ入れられて
困ってる姿とダブる

のはGだけでしょうかね?(爆)


あと記事最後にここのところ休養関連が多く
皆様、本当にごめんなさい!

ノコギリマンの最期の様な、というか、
レッドデンジャーの記事のようにならないようには充分気をつけますので・・・。


今週末の予定次第ですが今回はこれにて・・・。






「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part29」 (ヒルドラキュラ)
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「空爆エイのピンポイント爆撃?絨毯爆撃?で記事をしばらく休みます・・・。」
「イワガメ怪人の首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを延ばします・・・。」
「カマクビガメの首のように「ひいろお倶楽部@」のお休みを更に延ばします・・・。」
「Gにもようやく光怪獣プリズ魔が見えてきました!」
「病院へ行ってきましたPart138・Gさん、レッドデンジャー発動。」

「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-02-22 20:25 | 雑談
こんにちは、6日ぶりのGでございます・・・。

コブリオンの記事以来、かなり期間が開きましたが
一部の友人には説明してますけど先週の土曜日あたりから
今週のスケジュールがかなり埋まっている状態でして
正直、1回記事アップできればいい方かな、と元々思ってはいた
ので
今週に関しては記事がアップ出来ただけでも
まあ、いいんじゃないかな、
とも思っています。

ただ、コブリオンの記事で書いたイベント発生の他に
もう1件のイベントも今日までに発生しており
イベントの記事アップも含め、
どういう記事をアップできるかを模索していた
のですが

16日の夜勤明けになる17日が2月のお茶の水の病院の通院日でしたけど
バッファローモンガーの記事で軽く書いてた1月20日の時の通院時の検査の件で
昨日は検査結果が思わしくなく別の検査もあったりして
診察にかなりの時間を要し、昨夜は遅く帰宅した事もあって


ビッグゴリラの記事で2月1日に外出する事に触れてますが、
その2月1日に外出先近くのネットカフェで
1月分の検索ワードランキングを調べておいてた
ので
検索ワードランキングは体に負担が少ない記事ので、
明日くらいまでゆっくり記事アップする形でやってみようか、
という結論に至りました。

いつもは検索ワードランキングは月初めなのに
最近は月末ギリギリまで延ばしてましたしね。


ただ、上記にある診察や検査が長引いた事に関しては
Gの自己管理の部分もあるので、あまり心配なさらないで下さい。
あくまで来月まで検査しないとG自身もわからない面もありますので。
オニカブトンの記事以来の「ひいろお倶楽部@」をお休みしてた理由だった
反復性耳下腺炎が16日頃からやっと少しずつ良くなってきた件もありますし。


もっともイベント記事同様、昨年のゲララチンの記事から溜め込んでいる
病院系記事もいい加減書いていかないと閲覧してる皆様には
転職のその後を含め何がどうなってんだかわからないと思います
ので、
少しずつでもまとめてアップせなアカンなあ、とは思ってますが・・・。


あと、もうどうしようもない事のようなので
ビッグゴリラの記事でも書いた文面を
くどいようですが更に一部追記して載せておきます。


現状のGのPCからでは
ネームカードのサーバに繋げる事ができませんので
ネームカードを通しての連絡も受信どころか見れません。
見るためにはネットカフェなど他のPCを使うなど
時間がかかりますので
そのためエキサイトブログの常連さんの方々には
出来るだけネームカードを利用しての
連絡は避けてください。

また、上記のような連絡が発生した際は
適当な記事で構いませんので鍵コメントで書いて頂ければ
(非公開コメントにチェックを入れてください)
Gから確認次第、少し時間はかかりますが参ります。

なお、コメント、トラックバックに関しては
コブリオンの記事でも書いたとおり、
承認制を導入してます。
詳細はコブリオンの記事をご覧下さい。

ご理解とご協力の程、宜しくお願いします。


あ、あと危うく書き忘れるところでした。
今、使ってるブログのスキンが結構気に入ってるので
モヤモヤしてるGの気分転換も兼ねて25件くらいごとにカラーを変えていきます。
前回のコブリオンの記事のアップ後からそうしましたので重ねて宜しく。


ということで前置きが長くなりましたが
記事製作にはエクセルからのコピペで体に負担無くできる
先月1月分の「ひいろお倶楽部@」検索ワードランキングを
やってみたい
と思います。

検索キーワードランキングをご存じない方・・・、

検索ワードランキングに関しての詳細はここをクリック!

さて1月は一体どんなキーワードで
この「ひいろお倶楽部@」にアクセスが来たか?

参りましょう!

◎検索ワードランキング・ベスト10!◎

●2009年1月●







1位 スペル星人 / 149
2位 マグマ大使 / 42
3位 がんがんじい / 39
4位 メトロン星人 / 37
5位 根上惇 / 37
6位 ドロボン / 30
7位 ブニョ / 30
8位 ひいろお倶楽部 / 24
9位 ダダ / 24
10位 円盤生物ノーバ / 16






実は先月のランキングに関しては特に書く事が何も無いのです。
というのもランクインしてるキーワードが全て常連のものだからでして
強いてあげれば5位に根上惇さんが久々に登場してるくらいで
特に採り上げる項目は何も無いんですよね。
もっともロボコンの記事以降、ガタガタの「ひいろお倶楽部@」でしたから、
むしろ通常通りに機能してた事が不思議なくらいで
それだけ見てて下さってたんだなあ、と思う次第
です・・・。


それでいつもの調子で行くとココで鉛筆画なのですけど
考えに考えてリクエストリストの中から選んで
6日ぶりに描いた特撮キャラはコイツ
です。

c0040422_1720315.jpg


仮面ライダーXに登場のGOD悪人怪人であるヒルドラキュラです。

(ここで一旦休憩に入ります・・・記事末尾の文面だけは書いておきますが)

(2月18日PM19:18)

何か久々に記事アップしたせいか、
やたらタイピングミスが多く鉛筆画も修正点があって
尚且つ記事製作中にバグ?が目立つので
(絵やリンクが高確率で指定した場所にできず記事最後部へ行ってしまう)
休憩をかなり長めにして様子見をしてました。


しかし、このヒルドラキュラというGOD怪人は
着ぐるみの完成度が比較的高いGOD怪人
(前期の神話怪人、後期の悪人怪人軍団)の中でも
かなりデザイン的にどうもなあ?とGはいつも思うんですよね。

悪人怪人という定義ですから
吸血鬼ドラキュラにヒルという組み合わせはわかる
ものの

「見た目がヒルの怪人ですけど、
どこら辺にドラキュラのデザイン要素が?」


と感じるんですよね。
カメレオンファントマ、ムカデヨウキヒあたりは雰囲気的にまだ許せるのですが、
ドラキュラの孫娘という設定的なものがあるにせよ、
(といっても女性なのは人間体の時のみ)
ヒルドラキュラはちょっとねぇ・・・と思いますが、どうなんでしょう?

常日頃思ってる点を書いてからヒルドラキュラの説明
に入りますかね。

ヒルドラキュラはしびと沼に住むドラキュラの孫娘で
普段は占い師の老婆の姿になりすましている。
血吸いヒルを操り人間を溶解する能力と吸血人間化する能力を使って
東京中に吸血人間を大量増殖しようと計画、
手始めにとチコが脚の治療で入院した病院で暗躍
していた。
またXライダーこと神敬介を底なし沼に誘き出し罠にはめ、
更には敬介に作戦中止の条件として
敵組織GOD機関が狙うRS装置の9枚に分かれた設計図のうち
敬介の収集分5枚を渡すよう要求する等
かなり抜け目のない狡猾なGOD怪人
であるが
ヒル本来の弱点である塩が血吸いヒルや吸血人間の弱点であり
オカルト色の強い割には意外と?ヒルそのまんまのGOD怪人でもある。
ヒルドラキュラの武器は血吸いヒルの他に長く伸びる舌もあるが
Xライダーの地獄車キックの前に敗北
する。なお声の担当は西崎章治氏。

先月と昨日で病院で採血して血も取られましたし
悪人怪人軍団となるとRS装置の設計図の争奪戦なので
採血、データの両面からの起用で決めました。


途中、仕事の電話が入ったので遅くなりましたが、
まあ、そんなところです・・・。

さて、今月2月分の検索ワードランキングはどうなってるのか?
次回のランキングをお楽しみに。

では、今回はこれにて失礼します・・・。






「本日12日からコメントの他にトラックバックも承認制とします。」 (コブリオン)
「何だかんだで「ひいろお倶楽部@」も今日で4周年を迎えました。」
(バッファローモンガー)
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part28」 (ビッグゴリラ)
「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」
「さらばMAT鬼の伊吹隊長・根上淳氏逝く・・・。」
「無題2」 (ロボコン)
「ひいろお第10話:くしゃみ」(仮面ライダーX)


「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
c0040422_21565113.jpg


こんばんは、またもや5日ぶりのGでございます・・・。

オニカブトンの記事から反復性耳下腺炎のため
「ひいろお倶楽部@」を短期的にお休み
とさせて頂き
前回のイラスト辞書の記事で仕事はしてるものの体がだるい、
と書いて、しばらくブログをそのまんまにしていた
のですけど、

前回のイラスト辞書の記事でやってた自宅の仕事は無事夕方に終わったものの、
その7日夜から微熱ながら発熱を起こすようになり
解熱鎮痛剤と抗生剤で発熱を抑える事はできたのですが

7日、8日、10日、そして今晩と発熱があり
8日には一時的に右耳下が腫れて
10日からは発熱すると37度後半まで上がってしまい
仕事の無い日はだるくて台所での炊事とか

(誤って手を切っちゃって、なかなか血が止まらなくて大変だったり)
買い物に行くとかネットをずっと見てるとか絵を描くとか
メールやコメント、トラックバックへの全般的な処理とか、
そういった日常的な事にダルさから全然やる気が出ず困ってしまい
バイトに出れるように調整するためにダルさが出てる間は寝てる事が多く
眠りも浅いようで夢を見たり深夜の精神状態が不安定だったりしてたので

先週末にはイベントも発生したりしてたのですが
記事を書くのも辛かったので
「ひいろお倶楽部@」もしばらく休んだままにしてました。


9日夜になってGが解熱鎮痛剤と抗生剤の服用の仕方を反対にしていた事が
看護婦で耳鼻科関連に詳しい母の指摘でわかり、
その頃から唾液の量が少なくなってきていた事から

(唾液が少なくなると電話先の相手がGの話を聞き取りづらいようで・・・)
細菌による唾液腺の炎症から来る発熱とダルさである事がほぼ確実になったため
10日からは抗生剤を中心とした治療に切り替え
ガムを噛んだりして唾液を出しながら様子見をし

それもあってか右耳下の腫れはすぐに引いてくれました。


まあ、そういう状況なので記事アップも今週はどうしようかと考えてましたが
今日12日にエキサイトブログから発表があったので



「トラックバック承認機能を追加しました」
(クリックすると詳細が見れます)

体力的に若干の余裕が出てきた事から記事アップ
をしてみました。

バッファローモンガーの記事にて
「ひいろお倶楽部@」のコメントを承認制としましたが
本日12日夕方からトラックバックも承認制を導入しました。
以前にもアメリカからのスパムトラバ攻撃で苦しめられた経験のあるため、
やむを得ない処置をしましたが、コメント同様に
トラックバックも反映されるまでGが一旦、確認する事から
時間がかかるようになります
のでこの記事にてお知らせします。

恐らくトラックバックが最近うまくいかなかったのも
このトラバ承認制のためのエキブロのサーバの調整があった可能性もあります。

何卒、ご理解の程を宜しくお願い致します。


今日の記事は自動車で言う所の慣らし運転みたいなものなので
近況とトラバ承認制導入のみの記事
としましたが
(なのでトラバ承認制があくまで記事の本流のため病院系ではなく雑談記事としてます)

鉛筆画もオニカブトン以来、10日ぶりに試しで描いてみました。
本当にダルさで何も出来なかった事から
ストレスの発散が先週末からできない
ので
描きたいなあ、とは思っていたものの、なかなかねえ・・・。

兄弟拳バイクロッサー
に登場のデスターロボであるコブリオンです。

んー・・・慣らし運転だから仕方ないとはいえ
デスターロボのボディが流用だから楽だろうと選んで臨んだ鉛筆画も
出来がこの程度で、しかも時間がかかるようではねえ・・・
CG処理して誤魔化してるとはいえ、まだまだですねえ・・・。


(なお、コブリオンの説明は一旦休憩して調子を見計らって書きます)

(2月12日PM23:38)

このコブリオンの話はまだ未見だったものでビデオ確認のため遅くなりました。
といっても、あまり複雑な話ではなかったですが。

では、コブリオンの説明を。

コブリオンは手にしたこん棒からコブリモコンを取り出し
人間の顔にくっつけてしまう。
コブリモコンは人間の皮膚につけると内部のリモコン受信機以外は
皮膚と同化して血液も循環してしまって取れなくなり
コブリオンの腹部のリモコンからの操作で
コブリモコンをつけた人間を操る事ができる。
コブリモコンを取ろうとすると皮膚に傷が付くため迂闊に取る事もできない。
このコブリモコンを使ってバイクロッサーに人間を戦わせて
手出しできないまま倒そうというのがコブリオンの使命。

コブリオンは赤鬼をモチーフとした形相
だが
(それでもテストでは「お~て~て~、つ~な~いで~」と人間を踊らせて溺死させようとしてますが)
人間体はタッチマンというタケちゃんマンのような奇怪な扮装をした怪人物であり
バイクロッサー・ケンこと水野拳にお互いの素性も知らずに一目惚れした幹部リタが
拳と仲の良い竹田あけみにヤキモチをしてタッチマンに指示した所、
よけられてリタがおたふく風邪のように両頬にコブリモコンをつけてしまう等、
いささか性格もドジな感じになる
ようである。
腹部のリモコンは取り外し式でタッチマンの状態でも調整を怠らず
コブつきのリタがリモコンの操作を受けないように改造したりしている。
バイクロッサーがコブリモコンの正体に気づき
ケンローダーから強力な妨害電波を出した事で
リタが怒って無差別にコブリモコンをつけられた人間の動作も止まり
更に孫娘のリタを救おうと
敵組織デスターのドン・ドクターQが
コブ取り軟膏を作って現場に持って行ったためリタはコブリモコンが取れたものの
バイクロッサーにコブ取り軟膏を奪われてしまい
被害に遭った人々は助かりドクターQはコブだらけになって退散する羽目
となる。

コブリオンはコブリモコンの他にこん棒から出すコブ爆弾を武器とし
こん棒自体も振りかざしたり投げたりすると爆発を起こす。
こん棒は恐らくゲンシダーのものからの改造。

(その前は多分、前作マシンマンオニ男のこん棒からの流用
なお声の担当は、山下啓介氏。

(コブリモコンが両頬に付いたリタを見て)
「これじゃあ、まるでおたふくだ!」
byドクターQ

今回、これほどの適任はいないかもしれませんね・・・。


ということで、解熱してきた事もあり今日はここで暖を取って寝ます・・・
回復までもう少しお待ち下さい・・・。







「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」
「ひいろお倶楽部@イラスト辞書・851~900回編」
「何だかんだで「ひいろお倶楽部@」も今日で4周年を迎えました。」
(バッファローモンガー)
「ひいろお第4話:低コスト」(マシンマン)
「巨人戦デーゲームには鬼の目にも涙?オニ男参上!」

「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-02-12 20:45 | 雑談
こんにちは、5日ぶりのGでございます・・・。

まず業務連絡から。

前回のオニカブトンの記事で書いたエキサイトブログの発表に
追記が2月5日にあったようなので再度リンクしておきます。



「<追記あり>「トロイの木馬」誤検知が発生していました」
(クリックすると詳細が見れます)


さて、オニカブトンの記事で反復性耳下腺炎にかかった事から
「ひいろお倶楽部@」を短期間ながらお休み
とさせて頂きましたが


一部の友人には伝えてありますけど、
その記事の翌日に自宅の仕事が久々に入りまして
仕事は昨夜にほぼ終えて、今は連絡待ちの状態
です。

今日、Gが勤務先に行ってもいいのですけど
軽症と書いたように発熱とかは無いものの
今週2回ほど出勤してみて、やはり風邪の発熱がある時のように
どうしても勤務中に1時間くらいはだるくて動かないでいる時もあったりしまして
左耳下の腫れはかなり引いてきて目立たなくなってきたのですが
勤務や自宅の仕事のだるさから昼くらいまでは寝てしまい
眠りも浅いような感があります。

(まあ、先月は病院系を一度も掲載してないのでGの状況もわかり辛いとは思いますが)


そういう事情なので今はネットや絵も控えてる事とまだ仕事中という事から
今回で記事が923件目という事で早めですが
やっとこの記事をアップできる範囲内に到達
しました事から
(一応、記事数イベント記事から20~30件目に大体やってる事なので)
今日はエクセルからのコピペで負担ゼロのイラスト辞書でもやろうかと思います。

今回は851件から900件まで特撮関連の
全ての項目のイラストや画像
を書いています。
つまり前回のイラスト辞書の続きになります。
イラスト辞書についての詳細はカテゴリの「イラスト辞書」をクリックして下さい。
なお、一応月ごとに分かれていて、載せた日にち、イラストキャラクターの名前、
そしてスラッシュの後に登場作品名を書いておきました。では参りましょう!




---------------------------------------------------------------------



★イラスト辞書・特撮系(851回から900回まで)★


[2008年8月]




8月29日 ヴァリエル星人 / ウルトラセブン失われた記憶(ビデオ)






[9月]


9月29日 ゴモラⅡ(鉛筆画ヴァージョン) / ウルトラマン80






[10月]



10月8日 サンショウウオ獣人 / 仮面ライダーアマゾン
10月12日 プラチク星人 / ウルトラセブン
10月22日 ベンゼン星人 / ウルトラマンゼアス(映画)





[11月]


11月1日 アイゼンボー、マグマ星人(Mr.Duke_Fleedヴァージョン)
 / 恐竜大戦争アイゼンボーグ、ウルトラマンレオ
11月3日 帰ってきたウルトラマン、ウルトラセブン、ベムスター
(猫の手さんヴァージョン)、プルーマ / 帰ってきたウルトラマン、ウルトラセブン




[12月]


12月6日 高野宏一特技監督、ペロリンガ星人(鉛筆画ヴァージョン) / ウルトラセブン
12月9日 クレッセント(内部図解ヴァージョン) / ウルトラマン80







★イラスト辞書・雑談(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月6日 ゲルググ、ドム、ジム、ゴッグ、ズゴック、ザクⅡ、グフ、アッガイ(シルエット)
 / 機動戦士ガンダム(アニメ)
9月8日 ジムⅡ、百式、アッシマー、ガルバルディβ、ネモ、ガザC(シルエット)
 / 機動戦士Zガンダム(アニメ)
9月10日 メビウス、ゲイツ、ストライクダガー、ディン、ジン、M1アストレイ、バクゥ
(シルエット) / 機動戦士ガンダムSEED(アニメ)
9月14日 ツリボット / 仮面ライダースーパー1
9月16日 ハリスフィンクス / アクマイザー3
9月17日 ガスダブラー / 宇宙刑事ギャバン
9月19日 針金仮面 / 秘密戦隊ゴレンジャー
9月20日 翼仮面 / 秘密戦隊ゴレンジャー
9月22日 シャチラ汗 / ジャッカー電撃隊
9月25日 クサリガマテントウ / 仮面ライダーV3






[10月]



10月6日 ザ・サイザー / 超新星フラッシュマン
10月10日 ベル星人 / ウルトラセブン
10月14日 ゴールドウルフ / 人造人間キカイダー
10月18日 コダイギョ怪人 / バトルフィーバーJ
10月19日 墓石社長 / 五星戦隊ダイレンジャー
10月20日 サビムシラー / 電子戦隊デンジマン
10月26日 アナホリビースト / 宇宙刑事シャリバン
10月27日 カノン・ハルコス / 電脳警察サイバーコップ






[11月]


11月4日 ノーバ(鉛筆画ヴァージョン) / ウルトラマンメビウス
11月6日 がんがんじい、筑波洋、マントコング / スカイライダー
11月9日 空爆エイ / スパイダーマン(東映版)
11月12日 イワガメ怪人 / 仮面ライダーBLACK
11月15日 カマクビガメ / 仮面ライダーV3







★イラスト辞書・病院系(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月1日 ヒャクメガン / 兄弟拳バイクロッサー
9月3日 リモギラー / 兄弟拳バイクロッサー







[10月]


10月5日 クモロイド / 仮面ライダーZX
10月23日 ヒトツメボーマ / 高速戦隊ターボレンジャー
10月31日 ゲシュート / ウルトラマンコスモス







[11月]




11月29日 レッドデンジャー / 仮面ライダースーパー1







[12月]



12月4日 影法師ロボット / キカイダー01







★イラスト辞書・検索ワードランキング系(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月5日 アリンガム将軍 / ジャッカー電撃隊







[10月]



10月4日 ダイヤモンド仮面 / 秘密戦隊ゴレンジャー







[11月]



11月7日 タコギャング / スカイライダー







★イラスト辞書・美術系(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月21日 ウルトラマン(魔法陣ヴァージョン) / ウルトラマン
9月27日 大トトロ、中トトロ、小トトロ、サツキ、メイ、お父さん、オート三輪
 / となりのトトロ(アニメ)
9月28日 ルパン三世、次元大介、フィアット500 / ルパン三世カリオストロの城(アニメ)







★イラスト辞書・音楽系(851回から900回まで)★


[2008年9月]




9月24日 セミ怪人 / 仮面ライダーBLACK











---------------------------------------------------------------------



以上で、851回から900回までのイラスト辞書全てを書かせて頂きました。
ご活用していただけるとありがたいです。

大体50回ごとくらいに時間があったら、表を新しく作ったり、
できればこのイラスト名から各ページへ飛べるようにしていきたいと思います。
ちょっと今は見づらいかもしれませんが、今後の改良も期待していてください・・・
いつになるのかはわかりませんが。(←ずーっとコレばっか)

それでは、まだだるいので、今回はこれにて失礼します・・・。






「反復性耳下腺炎をオニカブトンに治療してもらうため?お休みします。」

「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」

◎イラスト記事を作ったそもそもの理由が書いてある記事◎
「記事250件到達企画・「ひいろお倶楽部@」辞書(仮名)を作ります!」
[PR]
c0040422_19191744.jpg


こんばんは、3日ぶりのGです・・・。

まず、本題へ行く前に本日2日にエキサイトブログから
かなり重要な発表があったのでリンクしておきます。



「「トロイの木馬」誤検知が発生していました」
(クリックすると詳細見れます)


それで早速、本題に入りますが
本日2日は昨日の出かけた事に関する記事をアップする予定
でしたけど
前回のビッグゴリラの記事で疲れの事を書いた1月30日くらいから
顎というか両耳下に痛みがあり、関節や首の痛みもあった事もあるので
疲れからだろうと軽く思い、体を出来るだけ温めて寝たところ
翌31日に他の痛みは取れたものの左耳下が腫れてしまい
筋肉や皮膚が引っ張られて突っ張り感や違和感が強くなって

どうも唾液腺からの反復性耳下腺炎の可能性が高くなりました。


ちなみにこれが流行性耳下腺炎ですと
一般的に言われる、おたふく風邪になる
のですが
(詳細は記事最後のリンクを参照下さい)

Gはおたふく風邪は経験済みで抗体が既にある事から
伝染性のない反復性耳下腺炎という結論に至りました。

今回、反復性耳下腺炎は初めての経験で
伝染性がない事や耳鼻科へ行くレベルでもないような事から
当初、湿布を左耳下に貼って様子見をし
昨日の出かける私用を済ませて帰宅後にまた体を温めて更に様子見をして
今朝からようやく小康状態へなりつつありますが

何分、そのための休養が必要な事と
仕事をして症状がどうなのかの確認をする必要もある事から


短期間ながら「ひいろお倶楽部@」を休ませて頂きます。

ちょっと右を向いたりとかタイピングとかで首に突っ張った感が出る事や
気温が低くなると耳が聞こえづらかったり、話し方もぼやけたりしてしまう事、
食事するとまだ腫れた部分に沁みるというか違和感を感じる事から

やむを得ずネット利用を少なくする事にしたためです。

ここのところの急な事ばかりで皆様にはご迷惑をおかけしますが、
長期間にはならないと思われますので、何卒宜しくお願いします。


そういう内容なので腫れが出てきたのが土曜日だった事もあり
看護婦であり耳鼻科関連に詳しい母に相談して話を進めたため
病院、耳鼻科には行っていませんが
変則の病院系記事に今日は急遽変更しました。

明日が節分という事で節分の近辺は
鬼ネタの絵を毎年出すようにしてる「ひいろお倶楽部@」
ですが
元々、予定はしてた鉛筆画ではあったものの
偶然ながら一番適任と思われる鬼の特撮キャラを今回起用しました。

ダイヤモンドアイに登場の前世魔人オニカブトンです。

オニカブトンの足元がわかりづらいし状況が状況なので
このくらいの出来ですが平にご容赦の程を・・・。


(ここで一旦休憩します・・・)

(2月2日PM22:20)

オニカブトンは幹部級の前世魔人で結構説明が長くなるので
明日以降にでも書き加えようか
と思ったのですが、
なんか変なトラックバックが入ってたため、
やむなく処理のためにネットに再度入りました事から
今日のうちにオニカブトンの説明を書いておきます。

「外道照身!霊波光線!汝の正体見たり、前世魔人オニカブトン!」
「あ、ばーれーたーかー!」

(お約束は一応やっておかないとね)

オニカブトンは源海龍一味の首領であるキングコブラが
自身の1人娘でフランスに留学させていた蘭花ことヒメコブラを
次期指導者として日本に呼び寄せた際に
ヒメコブラの補佐役として同じく呼び寄せておいた
キングコブラ、ヒメコブラに次ぐNo.3の地位にある前世魔人。

人間体は片岡五郎
氏演じるキルトで
彼のみが化身できる唯一の前世魔人でもある。
犯罪のエリートでありヒメコブラが来日するまでに体制を立て直したり
作戦の立案やヒメコブラへの進言をしたりして
後に幹部となる魔倫ことケロキャットと共に蘭花ことヒメコブラを支える。
キルトの姿の時は冷徹、キザで強面という感があり
赤いマフラー、蝶ネクタイ、青いマフラー、爆破スイッチのある大きな宝石の指輪、
色の入った眼鏡、黄金のリボルバー拳銃といった独特のファッション
にこだわり、
(青いマフラーの時期はオニカブトンに化身しても首に巻いている)
愛煙家で特徴のあるキセルを愛用
している。
キルトの状態でも眼を光らせたりする能力を持ち煙玉も携帯している。

オニカブトンはデザインからしても強そうに見えるが
三日月槍、サスマタ、剣を武器とするものの
戦闘能力自体は怪人級の前世魔人とあまり変わらず
他の前世魔人にバカにされた事もある。
オニカブトンがNo.3の地位にあるのは彼のみ持つ最大の能力である
治癒能力を持つという点でもあり
ドクロを振って白い粉を出して重傷を負ったキングコブラを治療したり
両手から出す沈静ガスで興奮するヒメコブラを眠らせたりと終盤で大活躍
している。

キルトはキザで冷徹な性格から悪に徹しきれない蘭花に
イラついて皮肉な言葉を次々と吐いて蘭花に反感を買っている時もあるが、
魔倫と同様にヒメコブラを次期指導者とするために
案じているからこそ皮肉な言葉を発しているのであり、
魔倫ことケロキャットがダイヤモンドアイに倒され
治療中のヒメコブラがケロキャットの戦死を嘆くのを見て
ヒメコブラの身を案じたオニカブトンは自らの出撃を宣言、
熱海での頭脳改造工場建設の任に就き、配下のゲララチンを倒された後に
アイと最終決戦を行いアイからステッキを離すという意地を見せるものの
後一歩のところでアイのロイヤルパンチを浴び倒れる。

鬼ネタのみで起用の予定
だったものに
治癒能力というオニカブトンの特殊能力もあって
二重の意味合いで起用した、
という事です。

反復性耳下腺炎は今のところ重度ではないので
Gとしても大丈夫ではないかとは思いますが
大事を取って短期間ながらお休みさせて頂きます。


見通しが立ったら、またお会いしましょう。







「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part28」 (ビッグゴリラ)
「俳優・声優の中江真司氏逝く・Gのお気に入りはダイヤモンドアイ」
「病院へ行ってきましたPart141・ゲララチンの目玉爆弾の眼圧ワースト2へ悪化」

「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-02-02 19:47 | 病院系
←menu