「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

c0040422_2219744.jpg

こんばんは、Gです。昨日の病院系の記事で書いた「ひいろお倶楽部@」の一時休業の可能性大の発表したいし、ご理解のお言葉を頂きましてありがとうございます。確かに少しの休養期間という考え方もいいかもしれません。現に昨日はあまり寝れなかった後に転居先の物件探し、バイトの夜勤でGのミスの関係から残業して今朝3時に家に帰り、今朝起きたら体が疲れまくってて、バイトの日勤に出て、帰ったらGが引っ越した後を考えての両親が使うノートPCの確保などしてたら、さっきはTV見てたら寝てしまいそうになりました。論点はずれてるけど、かなり疲れてるなあ・・・。ノートPCの確保という事でコンピューター関連のTV特撮キャラでも描こうかとも思ったのですが、描く気力は全くなし。ということで、今回はお休み記事と致します。

当然イラストはストックから探す事に。なーんにも思い浮かばなかったのですが、こいつならいいか、よいうのを選びました。星雲仮面マシンマンに登場するアンドロイド兵士のムチ男です。イラストは以前に描いたもの。体にムチを打ってるわけではないのですけど、何故かムチ男を選んでしまいました。なんかこんな時にでも使い道なさそうだし。ムチ男も敵組織テンタクルの量産型アンドロイドで基本体に右手がムチになっただけというもの。何回も書く言葉だが、マシンマンはホントに予算がないのね。天本英世氏演ずるテンタクルの首領プロフェッサーKは子供アレルギーでくしゃみをしてしまうという言葉は何度もこのブログで書いてますが、このムチ男の回ではKが不眠症になってしまい、そこでKは自分が開発した毛生え薬を使って女の子たちにひげを生えさせようと企み、黒いマントをつけた男に化けたムチ男が毛生え薬を持って、次々と女の子に襲い掛かる。・・・って、Kの不眠症と女の子のヒゲはどう関係あったのかなあ?疲れてるせいか、思い出せないや。まあ、いいか、お休み記事だし。ちなみにムチ男の武器は当然右手のムチなのだが、このムチは右手から離れて相手に絡み付いてしめつける事ができる。・・・でも、結局まんまなのね、ムチ男。

ということで、明日もバイトがあるので、もう休みます。では、今回はこれにて。


◎テンタクルの量産型アンドロイド◎
「ひいろお第4話:低コスト」
「ロボットでも朝寝坊するの?孤独なテッキュウ男」
「駒大苫小牧の大暴投でボウトウ男登場・・・。」
「駒大苫小牧の優勝確定も紙一重?荒れ狂うバット男!」
「焼き芋屋の正体はアンドロイド?オノ男参上!」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-30 22:50 | 雑談
c0040422_1347153.jpg

こんにちは、Gです。今日は夜勤なので早めのアップです。昨日書いたとおり、今日は病院系です。しかも急展開の事、このブログにも影響が出る事を書かせてもらいます。

ところで、23日のバファローダブラーの記事「Gの理想の父親はボイサー・それを邪魔するバファローダブラー!」を書いた際にGの父の話に触れてたのを憶えてますか?さらに前をさかのぼるとサッカラーの記事「病院へ行ってきましたPart9・サッカーは大波乱、Gの家も小波乱?」でも触れている事を覚えてますか?実はその不仲な父といよいよ最悪の状態となりまして、実家にいても部屋にしかいる場所がない、居間で喋る事もそこへ行き来するためにふすまを開け閉めするのも許さない、PCのキーボードの叩く音を聞いただけで機嫌が悪くなる、自分のペースあdけを強引に押し付けるなど、お酒を飲むと父はそんな態度をとるようになってきまして、まあ、前からそれはあったのですけど、もう最近はそれがGのバイトや仕事、睡眠などに影響が出るようになり、さらに母もいい加減参ってしまった事から、先週遂に母の口から「半年後の予定だったけど、ここ1~2ヶ月の間にGを外へ出す」という言葉ガ出てきました。Gは正直嬉しかったものの、資金面などを考えると躊躇していたのですが、母から「バイト先の試用期間は半年のようだけど、半年後に食に適応しなくてもいい、その時はその時で考えよう、今コレをしないと皆がおかしくなる」との言い出したので、Gも遂に決断。先週からアパートなどの物件を探し始めました。ただ、それにはお茶の水の病院の担当医の許可が必要です。店長さんにはすぐ電話で事情を説明して、昨日はその許可をもらいにお茶の水へ行ったのです。

担当医はパスパスの記事「病院へ行ってきましたPart12・就職はパスパス・・・。」でも書いたとおり、もともとGを家から出そうと提案してたので、多分OKだろうなあ、と思って診察してもらうと、やはり早く引っ越せとの事。不動産屋との連絡の都合で持ってた物件のコピーを見たいと言い出して、ああでもないこうでもないと言ってました。そのああでもないこうでもないというのは、

1.バイト先に近いのはバイトとの気持ちの切り替えできないからやめなさい。
2.Gの実家の近所に住んでる伯母の近くに住むと伯母を頼っちゃうので注意しなさい。
3.遠かろうと近かろうと父はGの転居先へ必ずやって来るだろうと思うので、そのつもりで。
4.ロフトは腰痛を再発した際に登れなくなるのでできるだけ避けたい。
5.荷物やGの体格の関係でできるだけ細長い部屋はやめなさい。
6.父からも離れるが母からも離れるように思うようにしなさい。
7.できるだけGだけで物件を探しなさい。Gが決める大事という事。
8.お金がかかってもいいからGの納得のいく部屋を探しなさい。


というものでした。なんか面白がってるようにも見えましたが、そういうものはひといい除法が出るものという担当医の言葉どおり、物件を探しまくってます。バイト先が隣の市なので、Gのいる草加市か別のところにすむことになると思います。Gは弟と2人暮らしした程度しか経験がないため、この歳ながら、ちょっとドタバタとやっております。今夜店長さんと詳細を話し合う予定です。

隣の市に住むだけだから、大げさに考えるなって?そうでもないのです。実はGのネット環境はGがまだ学生の頃に母が契約したもので、今もネットは母名義のままです。なぜかといいますと、Gが家を出て両親が2人きりになって年老いたら、必ずネットが必要になると考えたからです。つまり今のネット環境は親のもので、Gが家を出たら置いて行かねばならず、Gは転居先で新たにプロバイダと契約しなくてはなりません。移転や契約内容によるネットの契約の待ち時間が派生した場合、

この「ひいろお倶楽部@」を一時的に休業する可能性があるのです。

ね、大事でしょう?この毎日続いてる「ひいろお倶楽部@」の記事がしばらく止まるわけですから。なので、ついこないだから重要事項とGは書いているのです。そういう事ですので、もしそういう事態になりましたら、皆様のご理解の程よろしくお願いします。

ということで、今回のイラストはアパート、マンション探しという事で、Gの頭にパッと浮かんだ帰ってきたウルトラマンに登場したロボット怪獣ビルガモにしました。見てのとおり、ビルのロボットです。新作です。こんなふざけたデザインのロボットもウルトラマンと戦ってたんですねえ。しかもこのビルガモを操ってるのは、なんと復讐に燃えるバルタン星人jr。バルタン星人jrは自ら戦おうとはせず、ビルガモを建設中のビルに化けさせて、中に入った人々を次々と壁の中へ閉じ込め、パーツを合体させてロボットへ、そして中の人間を人質にしてウルトラマンと戦わせようとする。しかし、中にいた子供たちは機転を利かし脱出、ウルトラブレスレットによって倒される。武器は頭部からの光線と胸からのショック光線で、両手から逆噴射させて浮遊できる。ちなみにバルタン星人jrはビルガモが倒された後に巨大化するものの武器を出さずにスペシウム光線を受けて逃げてしまう。このバルタン星人jrがすごくカッコ悪くて、特に腕が太くてはさみが小さいことなど、どうしようもない造形で、また全く戦ってない事から、Gが嫌いなウルトラ怪獣の1体となりました。ですので、バルタン星人jrのイラストは描きませんでしたし、ビルガモも正直印象が薄いですね。同じく帰ってきたウルトラマンに登場したマンション怪獣キングストロンでもよかったのですが、いまいちピンと来ないので、ビルガモにしました。

とにかくそういう事になりましたので、リクエストも先延ばしになるかの異性が高いですが、もし転居が決まりましたら一時休業しますので、改めまして皆様のご理解の程をよろしくお願いします。ちょっと眠いので、それでは。


「病院へ行ってきましたPart9・サッカーは大波乱、Gの家も小波乱?」
「病院へ行ってきましたPart12・就職はパスパス・・・。」
「Gの理想の父親はボイサー・それを邪魔するバファローダブラー!」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-29 13:53 | 病院系
こんばんは、Gです。今日はバイトはお休みで、秋葉原へ買い物へ行き、その後にお茶の水の病院へ、そして銀座へ行きました。秋葉原では道に迷うわ、病院では予約なのに1時間半待たされるわといろいろと大変な日でした。おまけになんか知らんけど、暑いし。汗ダクダクです。しかし、銀座へ行ってスッキリしました。なぜなら今日はとある方の個展へ行ったからです。ということで、今日は2日連続の美術系はぐれベーダーです。病院の件は明日29日以降に、秋葉原の事は書かないかもしれません。病院の件はかなり重要な事ですし、秋葉原の件はちょっとしたネタになりそうなのですが、時間的に考えて、美術系を今回は持って来ました。

今日はGと同じ美術学校の日本画科出身の早川剛さんの個展の初日でした。以前の記事「第9回若き画家たちからのメッセージ2005(はぐれベーダー11)」以来の登場となる早川さんはGと同じ地区に住んでまして、昔にバイト先で偶然会ってからのお付き合いです。昔のバイト先ではGの先輩、学校では後輩という変わった関係にあります。以前の記事を見た方は憶えてるかと思いますが、早川さんは女性をモデルに描く事が多いのですが、なんでも今回は形を崩した抽象画といった意欲作との事。慌しく予定を済ませて銀座8丁目のexhibit Live & Morisという画廊に到着したGは一息入れた後に前々から個展でのデジカメ撮影は許可されてたので、早速撮りまくりました。

ところで、日本画というと、一般の方はこのような色使いの作品をイメージされるかと思います。

c0040422_2253911.jpg


一般的には岩絵の具という日本が独特の顔料を使って描かれる日本画のイメージとしては、このような色使いが強いイメージとしてあります。白黒の濃淡で絵を描くとか、淡い色が多いとか、そういうイメージですよね。しかし、早川さんの場合はこんな感じの色使いをやってこられる方です。

c0040422_22532193.jpg


以前の記事を見た方は「ああ、そうそう」と思われますが、赤、黄、黒を主体とした鮮やかな色使いが彼の絵の特徴です。厳密に言えば、この個展にはアクリル画も展示されているのですが、基本的な構成はこのようなものです。円が使うのも彼の絵の特徴のひとつですが、1枚目の絵のほかにこんな感じの絵も描かれている。

c0040422_2338346.jpg


この絵はかなり大きなもので単純にふすま4枚分くらいはある。流れる、叩きつける、重ねる、交わる・・・様々な手法を凝らして、このような大作が構成されている。もちろんこれらは一部であり、商品もたくさん展示されてるので、非常に楽しめる内容となっている。

Gがこれらの絵を観て、一番に感じたのは、意外にも安らぎだった。この激しく感情を叩きつけた絵からそれを感じたのである。それは何故か?exhibit Live & Morisという画廊が地下2階にあり、天井が高いということもあるかもしれない。しかし、それ以上のものをこれらの絵から感じるのである。動きのあるものから「静」を感じたのである。上手く表現できないが、例えて言うと、大きな滝があったとする。滝には激しく大量の水が流れ込み、力強く滝壷に叩き込まれる。でも、そこから人間は「自然の安らぎ」を感じ取る。その感覚にすごく似ているのである。エネルギッシュでありながら、そこから「静」というものを感じ取れる。今回の早川さんの展示された絵からはそういったものがGには思えたのである。早川さんは基本的に下絵は描かず、画面上に感情の任せるがままに絵を描くそうだ。計算、というものがなく、その計算がない分、そのエネルギッシュな、そして自然な感じで表現されているように思う。形を崩したのは成功したように感じる。

ところで、ここには掲載できない、というか、掲載を避けた絵がある。実は早川さんは今、公開中の映画「同じ月を見ている」に絵を提供しており、そのうちの1枚をこの個展で展示しているのである。はっきり言ってその絵を載せると映画のネタばれになるので、ここに掲載しませんでした。もし、もっと早川さんの絵が観たいという方は、映画「同じ月を見ている」を観て頂くか、銀座8丁目の東成ビル地下2階にある画廊exhibit Live & Morisで12月3日(土)までやってる個展を観に行かれるか、どうしても銀座へいけないという方は、このブログにリンクしてあるHP「早川剛の主に日本画」でも一部観れますので、そのいずれかを選んでくださいね。ちなみに早川剛展の展示時間は12:00~19:30で最後の12月3日(土)は17:30まで、さらに地下にありますので、携帯は使えませんのでご注意ください。

時間ギリギリで何とか間に合った!病院系は重要事項を書きますので、これからの「ひいろお倶楽部@」も要チェックです!では!


「第9回若き画家たちからのメッセージ2005(はぐれベーダー11)」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-28 23:56 | 美術系
こんばんは、Gです。今日のバイトは人気作が多数出てくる時期のせいか、今までで一番忙しかった・・・。そりゃ、スターウォーズにハウルが出たら、忙しくなるわな。これに今度登場する電車男が店に入荷したらどうなるのだろう・・・?ホルテージもすごい人気だし、ホントに忙しいです。お客さんの対応が精一杯で、店内作業は夜勤の方に引き継いでもらいました。まあ、お客様は神様ですから、忙しいのはいいことなんですけどね、はい。疲れるけどね。

で、今回は予定してたとおりの記事が書けそうです。美術系はぐれベーダーなんですけど、ちょっと変わったものを載せます。ただ制作者が控えめにという事なので、画像はモノの関係上、大きめにしましたが、記事は簡単にしたいと思います(けっして手抜きではない)。

Gの同級生でヤマグチノリカズさんという木版画家の方がいるんですけど、元はGと同じ油絵科にいて、それ以来すごく親しく付き合ってまして、9月のビギニング・ホワイト展にも遊びに来てくれたんです。彼は全日本プロレスから公認を受けたり、たけし軍団のダンカンさんの劇団東京サギまがいの依頼を受けたりと大活躍されているのですが、9月に会った際に彼はある企画に参加して商品を出すと言ってリーフレットをくれたんです。その商品と言うのがどれもすごく魅力的でして、特にたまたま彼が作ったものがGの一番好きなキャラクターを扱ってた事もあり、お付き合いではなくマジで欲しくて注文して、昨日やっと届いたのです。え?どんな木版画でどんな商品か、コレじゃ分からん?では、その商品をお見せしましょう。

c0040422_21202947.jpg
c0040422_21203934.jpg


またもやエラく生活感ある画像ですが、これがその商品です。ゆでたまご先生の有名マンガ「キン肉マン」に登場する超人プリンス・カメハメの長袖Tシャツです。ヤマグチノリカズさんは東京下北沢のプロレスグッズショップ「BBB(バンバンビガロ)」というお店とお付き合いがあるのですが、そのBBBでゆでたまご先生公認のキン肉マンTシャツを作る6人のメンバー「MDT(モーストデンジャラスチーム)」に彼も参加、それぞれのデザインでTシャツをデザインし、その第1弾のひとつとして彼がキン肉マンに登場する超人を選んで制作したのが、このカメハメです。カメハメはココナッツ星出身の年老いた超人でハワイチャンピオンの座を99回防衛した経験を持つハワイの巨星で、キン肉マンが第1回超人オリンピックで優勝後にハワイに行った際、当時はハワイチャンピオンだったジェシー・メイビアという超人の付き人をしていて、キン肉マンがジェシー戦の前にこのカメハメとノンタイトルマッチで対戦、わずか7秒で負けてしまいます。その対戦でお互いにすごい力を感じた両人はカメハメを師、キン肉マンを弟子とた関係が成り立ち、後のキン肉マンの技の基礎が出来上がるのです。Gはブロッケンjrとこのカメハメは大好きな超人でして、ネプチューンマン、ウォーズマン、超人師弟コンビ(ロビンマスクとウォーズマンのタッグ)、ステカセキング、アシュラマンといった他の方の作品もあったのですが、即このデザインに決めたのです。色は黒を選択しました。スカジャン風で前と後ろに彼の木版画が、左腕にMDTのマークが描かれてます。まず前の胸のマークから。

c0040422_2120493.jpg


この鳥居みたいなものは、カメハメがキン肉マンを特訓した際に使った木枠、48という数字はカメハメがキン肉マンにハワイで教えた48の殺人技からきてる数です。風林火山は48の殺人技のひとつでジェシー・メイビアと戦った際にキン肉マンが使用した技です。ちなみにカメハメは後にキン肉マンとタッグを組んでサンシャインの地獄のローラーで死んでしまいますが、物語の最後の方でオメガマンという超人によって復活、敵を装って52の関節技を戦いによってキン肉マンに伝授します(つまりカメハメの必殺技は48+52でホントは100もあるという事)。サラッといくので、次は背面の図柄です。

c0040422_2121330.jpg


カメハメとキン肉マンが対戦している木版画です。写りにムラがあるのは印刷が悪いのではなく、彼の木版画という独特の手法からです。つまりハンドメイド感覚という事。このシーンを見てキン肉マンファンならお分かりですよね?そうです、あのキン肉マンをたった7秒で倒したカメハメの大技バック・フィリップの瞬間です。これはカメハメファンにはたまらん!これこそが老将カメハメの醍醐味ですから。この図柄を見て即購入を決めたのです。これを木版画でやるんですからね。カメハメファンのGにはたまらんですわ。生妻者です。はい。

ちなみに東京に住んでるGの弟はキン肉マン単行本全巻はもちろん、キン肉マン関係の書物は買いあさるという大のキン肉マンファンでして、リーフレットを見せたところ、アシュラマンの購入を決定、このカメハメと一緒にアシュラマンもGの自宅に届いたのですが、他の方の作品であるという事と弟が昨晩アシュラマンのTシャツを引き取って、今日のGのバイト中に東京へ戻っていったので、掲載はしませんでした、というより物理的にできませんでした。

という事で、ヤマグチノリカズさんの意向に沿ってザッと記事を書きましたが、もっと彼の木版画が見たいという方は、このブログにリンクしてある彼のHP「GIANT CHOP」をクリック!ジャイアント馬場さんやドリフ、石原軍団など様々な作品が観れますので、この機会に是非行ってみてください!これ以上書くとあれなんで、今回はこれで終わりにします。では。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-27 22:33 | 美術系
c0040422_17504356.jpg

こんばんは、Gです。やっと仕事が終わりました。今朝午前5時に。結局5日間PCの電源を津けっ放し。主に印刷物なんですけど、ホントにやっと終わった、といった感じです。いや、ちゃんと寝てはいるんですけどね、寝ないとバイトできませんから。しかし、今回の依頼の仕事は半端じゃなかった。スパムトラックバックの件でスケジュールがメチャクチャになった際にたまった仕事が重なったわけですけど、ちょっとGの読みが甘かった。もっと早く終わるだろうと思ってたのが間違い。いろんな急な予定が重なったりして、こんな事態になってしまいました。最悪27日日曜日までと店長さんが多めに余裕を持たせてくれたのが助かりました。明日の日勤には印刷物を持っていけそうです。え?そんなのバイト先でやれって?バイト先のPCはレジがメインなので、印刷もできるんですけど(正確にはGがいじって印刷を簡単にした)、お客さんの対応に追われるので、必要な印刷物はかなり最低限の事しかできないのです。それに外注にしても印刷のコストも馬鹿にできないですからね、Gもその業界にいた事ありますから分かりますけど。その印刷の対応に困ってた店長さんのところへGが偶然やってきたわけです。おかげでお店に出る負担は比較的少ないので、得意分野で仕事できるGとしては、ありがたい話でした。でも、でも、今回はちょっと量が多かった!・・・次回からの課題ですね、Gなりに考えてみます、はい。

しかも、これで今日は休めると思ったら大間違い。仕事で後回しにしてた用事や急にできた用事で自転車で走り回ったり、父が年賀状の印刷を依頼してきたり、紛失したGの年賀状のイラストのラフ案を探したり、あ、友人から荷物が届くので、たまたま留守だった自宅に待機したりもしてました。その荷物とは何か?それはGが以前に友人に依頼した、ある意味作品なのですけど、それは予定では明日27日に書きます。早くも美術系の予告。その他の用事もおいおい話を書く事になるかもしれません。特に何故Gが自転車で走り回ってたかは明後日28日に行く事になってるお茶の水の病院に関係がある事なので、次に病院系があったら出てくる話でして、もしかしたら、このブログにも影響が出るかもしれない話です。バファローダブラーの記事で重大発表と書いた事なのですけどね。その記事にヒントが隠されてます。まあ、そんな事はともかく、夕方にはもう眠くて眠くて、帰宅して相撲を見た後に寝ちゃいまして、さっき起きて夕食食べて、今はここに座ってます。もう今日は早く寝ないとダメですね。ちなみに28日に病院へ行くと書きましたが、当日の記事は違うものにする予定です。なんかいろいろありますなあ、Gの周辺も。リクエストがまた遅れてすみません・・・仕方ないんです・・・。

で、今日は早く寝るつもりでいるので、イラストも早めに紹介。これは昨日に仕事が終わるだろうと思って描いた物でして、Gの状況を描いたつもりだったんですけど、まさかホントにこいつの名前のとおりになるとは思いませんでした。こいつの名前は「宇宙刑事シャイダー」に登場した不思議獣ギリギリ。名前とおり、Gもギリギリ状態でしたので。なんでこいつの名前がギリギリなのかはよく分かりませんが、アニメのUFOロボ・グレンダイザーの円盤獣やベガ獣よりはネーミングの意味はあるのか?難しい。なんかやたら背が高い不思議獣ですが、誕生した時は頭にモアイ像はなく、後からくっついたものです。宇宙刑事シャイダーは敵組織フーマとの戦いの中で、首領の大帝王クビライに関わる謎として、戦士シャイダーの伝説というテーマがありまして、クビライの孫娘の神官ポーはナスカ文明の図形が出る悪夢に悩まされて、その図形解析のためにその図形を絵のテーマとする浅井画伯を誘拐するために誕生させた不思議獣がこのギリギリである。ちなみに宇宙刑事シャイダーこと沢村大は元はナスカ平原の図形の解析を得意とする地球人の大学生でイースター島で遺跡発掘の際に大の推理・行動能力の高さに驚いた銀河警察からスカウトされて宇宙刑事になっている。そんな話なのでギリギリはモアイ像の頭を持っているのです。ギリギリの武器は頭のモアイ像を飛ばす事と石器時代のようなヤリ。Gはこの回をリアルタイムで見てたが、ギリギリは背が高いだけのあまり強い不思議獣ではなかった気がする。デザインはもちろん野口竜氏。

よーく、このブログ見てたら、コメントとトラックバックがたまってる!ありがたい限りですが、ザクの記事から返事が止まってるという事は、単純に考えても9件分の記事のコメントのお返事を書いてなかったとは!皆さん、すみませーん!次に記事を書くとザクの記事がこのページから移るので、なんとか次回までには必ずお応えしていきます!その前にちょっと休んでから、後生です~。では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-26 20:46 | 雑談
c0040422_1944218.jpg

こんばんは、Gです。仕事が終わりません・・・。4日半の間、PCの電源を切ってません・・・。予想では最初の段階から今日あたりに終わるだろうという目算で行ってたのですが、いろいろと用事が入ってしまって、あともう少しなのですけど、終わりません。昨日の夜勤も店長さんが多忙で店に来れなかったので、店長さん目当ての方が来られて、さらに昨日は祝日の翌日でしたから、半端じゃないビデオやDVDの返却数で少々参りました。まあ、援軍が来てくれましたし、お客さんもやお得意先の方も優しかったですし、疲れた分、薬を使わなくても寝れたので、悪いわけではないんですけどね。スパムトラックバックの時みたいにパニックにはなってませんし。いい事もたくさんありましたし。体調がどうという事は無いですね。今日が急遽予定が変わって病院形になってるのもそんな流れのひとつです。

昨日は地元の大学病院の眼科へ行って、なくした眼鏡に代わる新しい眼鏡を至急作るよう眼窩の担当医から言われた事を書きましたが、その後にその大学病院を紹介した町医者の眼科やその関連の眼鏡屋が休みだったので、今朝アサイチで町医者の眼科へ電話してみました。まあ眼鏡屋よりは早く開いてるのは確実ですからね。そうしたら眼科の看護士の方が電話に出られて、下の階の眼鏡屋が変わった理由を話してくれました。なんと経営がうまくいかずに潰れてしまって、別の眼鏡屋のチェーン店が入ったそうなのです。もちろん以前に作った眼鏡の時の処方箋はなし。しかも眼科側でもさすがに初診が7年前ですから、土日が近いこともあり、探し出すのに来週になると言うのです。さて、困ったG。「至急」と大学病院側から言われた以上、あまりのんきな事を言ってられません。来週のシフトはバイト先に出る機会が比較的多いからというのもありました。そこで相手の看護士が提案しました。7年前と今の眼の状態では明らかに違うわけだから、うちでもう1回検査して眼鏡処方箋を作り、下の階の新しい眼鏡屋に依頼しては?というものでした。確かに大学病院の眼科の担当医も「以前にかかった眼科で」という話はありましたし、受診のお金も安く、さらに眼鏡もその眼科との提携で割引、そこの院長も人柄が良かった記憶があったので、その提案に乗ってみる事にしました。

そして仕事の合間を縫って、町医者の眼科へ。何せ7年ぶりですからね。中も変わってるんだろうな、と思ったら、7年前と全然変わってない。その眼科は看護婦の母から紹介されるくらい草加市ではそこそこ有名でして、7年前同様に相変わらず患者さんがいらっしゃいました。実はGがVDT症候群と乱視である事を発見したのもここなのです。院長の腕はいいです。ただ、当時のGは大学病院レベルでないと対処できない重唱だったので、院長が照会文を書いてくれて、そして大学病院の眼科で緑内障を発見したのです。変な表現ですが、なんか懐かしい気持ちになりましたね。受付などの対応も当時のままですごくいいし。改めて受診カードを作って、待ち時間の間にちょっとした用件を外で済ませた後、検査が始まりました。最近は眼鏡を使わなかったので分かりませんでしたが、視力が落ちてるなあと実感しました。大学病院の眼科では眼鏡の具合を調べる関係もあって、眼鏡をかけたまま視力検査をするので、裸眼では久しぶりなのです。その後、色々な検査をしまして、昨日の大学病院の眼科の眼圧検査の結果などが分かってたのでスムーズに進み、乱視はだいぶ弱まってる事が分かりました。ただ右目が若干色の識別が弱いようでした。そして最後にVDT症候群の検査へ。暗いところで左目で真中にある赤い光を離れて見せて、それがどのくらいずれて見えるかでどのくらい悪いかというのが分かるのですが、7年前は人が4人分くらいずれて見えたのが、今では片腕の長さもいかないくらいのズレしかありませんでした。優しい院長さんからも「そんなに悪くなってないね」と声をかけられ、眼鏡処方箋をもらい下の階の新しい眼鏡屋へ行って新しい眼鏡を注文しました。Gはフリーサイズの帽子がギリギリ入らないくらい頭が大きいので、フレームもある程度限定されて、あっという間に注文が終わりました。ただGも短慮だなと思ったのが、割引で安いとはいえ、眼鏡代が特注なのでそこそこお金がかかる事を計算に入れてなかった・・・ちょっと痛いなあ。出来上がりは29日の火曜日。期待してますが、どうなることやら。とにかく眼は良くなってるのが改めて実感できた今日の午前中でした。

そんな感じで眼科へ急遽行ったりして、仕事がまだ終わってないので、今朝終わる予定で描いたイラストがあったのですが、夕方に変更して別のイラストを描きました。PCの印刷などの待ち時間があるのでイラストが描けるのですが、夕方のイラストは眠くなってしまった事もあってか、線は曲がるわ、インクが乾いてないのにこするわ、違う線を描くわで大混乱!仕方ないので、1回昼寝して修正液を使いまくり、今回のイRストとなりました。汚くてゆがんでてすみません。

で、何を描いたか言いますと、「超電子バイオマン」似登場するネオメカジャイガンのレンズメガスです。バイオマンは4コママンガ「ひいろお第20話:ジャンケン」以来ですね。そこをクリックするとバイオマンの説明が出てますが、敵組織の新帝国ギアは等身大では5人のジューノイドというメカ人間のいずれかをバイオマンと戦わせ、そこで巨大メカのメカジャイガンというのが毎回出てきてバイオロボと戦うという展開なのですが、そのメカジャイガンを首領ドクターマンによってパワーアップしたのがネオメカジャイガンであり、分厚い装甲を持ち、ギアの3大幹部メイスン、ファラ、モンスターことビッグスリーのいずれかがコクピットに乗って操縦するようになる。このレンズメガスは中田博久氏ことメイスン搭乗のネオメカジャイガン。メカ人間につける良心回路を開発中の柴田博士の捜索を主任務とし、サーチレンズで体のレンズを分離して捜索し、全身のレンズからはレンズビームを発射、レンズ爆弾を投げ、必殺技として巨大レンズを発生させてビームを発射するビッグレンズがある。眼鏡の話題だからレンズというわけ。ちなみに実写を観た方はこのイラストが変な点をお気づきの方も。実は手元の資料では右手のハサミが不鮮明だったため、バイオマンのメインデザインの出渕裕氏のデザイン画から右手部分を拝借したイラストなのである。さて、気づいた方はどれだけいるか?

もう仕事に戻らないと。ラストスパートです!そして明日はゆっくり休みたいですねえ・・・。コメントにお答えができるのももう少しです!待っててね!では、今回はこれにて。


「ひいろお第20話:ジャンケン」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-25 20:54 | 病院系
c0040422_14231968.jpg

こんにちは、Gです。今日は夜勤なので早めのアップです。家での仕事は一旦打ち切りました。もういろんな事情があって、それをこなしながらやってましたから、店長から言われた最低限のところにギリギリ達してません。でも、PCは3日半もフル可動ですしGもいい加減に休憩がほしいですし、休憩しないと夜勤に響くので、時間的にも見て、この辺が妥当だろうと思いました。致し方ないですね。事情も書こうと思って、昨日はバファローダブラーを出したのですが、今日になって予定がいろいろと変わってきたので、今回は続きではなく、今日の出来事を書きます。

今日は久しぶりの眼科の定期検診。今朝、地元の大学病院の眼科へ行ってきました。ただ、銀行振込などに必要な書類などを用意してた事や東武伊勢崎線が遅れてた事もあって、走りに走りまくって、ギリギリセーフで眼科へ到着しました。ここでは書いてませんでしたが、Gは最近眼鏡をかけてないのですが、それは眼の調子がいいというGの判断もありますけど、眼鏡を最近になって無くしてしまった事も理由の1つではあります。Gは目が悪くなった当時にかかってた町医者の眼科で作ってもらった眼鏡が1つと、その後に近所に住む伯母のお得意先である埼玉県志木市で買ったブランド品が1つの計2つ持ってたのですが、始めのものはブランド品と間違われて盗まれてしまい、もう1つは最近になって無くなってしまいました。まあ、部屋を片付ければ出てくるのかもしれませんが(どういう部屋なんだ?Gの部屋は)、とにかく無いという事は事実なのです。Gは緑内障とVDT症候群という眼の病気のために眼鏡も特注品でして、そんなに簡単に買うわけにもいかないので、この日を待って、眼科の担当医(いつも病院系で書いてる担当医とは別の医師)に聞いてみようと思ってました。

ギリギリで到着したせいか、順番はすぐに回ってきました。眼科の担当医は眼鏡を無くした事にすごく驚いて、早速眼圧を測りました。そしたら眼圧がやや高め。まあ心配するほどではないのですが、眼科の担当医は至急眼鏡を作るように指示しました。それもGの場合は特注品ですから、できれば以前に通ってた町医者の眼科が作るのを依頼した眼鏡屋へ行って、もしかしたら残ってるかもしれない処方箋を使って作るようにとの事。あの眼鏡屋は安いのですが、デザインセンスがいまいちなのと、何せ7年も行ってない眼鏡屋だっただけに気乗りはしなかったのですけど、確かに眼鏡がないと自動車は運転できない事にも気づき(今頃気づくなよ)、眼科の担当医が「至急」と言ってた事もあって、仕事の合間を見て、町医者の眼科へ電話しましたが、誰も出ない。その眼鏡屋は町医者の眼科の下の階、つまり同じビルにあるので、その店の名前だけは覚えてたので、104に電話したら「そんな名前の眼鏡屋は無い」との事。7年経ってますからねえ。仕方なく時間も無いのにさっき眼鏡屋まで行ってきました。あの眼鏡屋は町医者の眼科が休みでも営業してた記憶があったからです。ところが行ってみると、町医者の眼科も眼鏡屋もお休み。しかも眼鏡屋の名前が変わってて、何故かチェーン店になってる!7年の時間を感じますね・・・。チェーン店になってるのは不安ですが、仕方なく明日また眼鏡屋へ行く事にします。果たして当時の処方箋が残ってるのだろうか・・・?

すいません、家での仕事とこれからの夜勤のために病院系記事はこの辺にしたいと思います。さて、今回のイラストですが、全然用意してなくて、描く時間だけはあったものですから、パッとしたイメージからこいつにしました。「仮面ライダースーパー1」に登場のジンドグマ怪人・グラサンキッドです。新作です。見てのとおり、サングラスの怪人です。え?眼鏡とサングラスは別物だろうって?そんな硬いことを言わずに・・・。スーパー1の後期の敵組織ジンドグマは首領の悪魔元帥の下、鬼火司令、妖怪王女、幽霊博士、魔女参謀と異なったタイプの幹部4人がいるのだが、このグラサンキッドは、人が混乱してるのを喜んで、それを見るためなら作戦すら放っておくという、よくわからん性格の妖怪王女が指揮をした怪人。「チャイルドX」という子供に化けて子供の見方と称して銀色のサングラスを配り、子供たちに悪の教育を施そうと企む。剣の達人であり、その他の武器として頭部のサングラスからの催眠光線や胸の目玉から出す光線爆弾がある。ド派手なようで結構渋めのデザインの怪人でありますな。

ということで、これから少し休憩したいと思います。コメントのお返事はもうちょっと待ってください!メールもたまってるんです!すみません!なお近日中に重大発表がありますので、頭の片隅にでも置いてくださいね。それでは、今回はこれにて。


「病院へ行ってきましたPart8・眼科と眼鏡仮面!」
「VDT症候群」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-24 15:09 | 病院系
c0040422_19394611.jpg

こんばんは、Gです。いろいろな用事もあって、遅れ気味の仕事ですが、やってられないので途中で区切りをつけて参上しました。終わんないよー、仕事。まあ店長さんが無理に進めてるわけではないので、何とかなってる部分もありますが、そう好意にも応えないとというのもありまして。そこそこ息抜きはしながら仕事してますので、皆さんご安心下さい。こういう時は流れに乗るしかない!Gなりに割り切りましたよ。はい。で、今回は昨日書こうと予定してた記事にしたいと思います。

今日11月23日はGの父親の誕生日なのですが、正直言ってGと父は不仲です。お互い思いやる気持ちはあるのですが、それが分かってても、結果は口論になってしまいます。Gはあまり父が好きではありません。それは多分Gが出生した時に父が仕事の関係で外国に赴任してて、幼少からGは日本に残った母のほかに祖母、当時千葉にいた伯母夫婦に可愛がられた事から端を発していると思います。弟が生まれた時は父は帰国してましたし。それもあって千葉ロッテの時にも書いたとおり、弟は埼玉県生まれですけど、Gは千葉県生まれなのです。おまけに弟は父が好きだった野球が好きで、Gはその頃は野球には全然興味が無く、粘土いじりとマンガを描く事が好きだったものですから、父はそういうつもりがなくても、幼少のGには父は弟を可愛がってるように錯覚したのだと思います。錯覚だと思いたいです。Gの祖母は生前に岐阜へ移り住む時にいろいろな事を離してくれて、その中で父が弟ばかり興味を示すので、Gが可哀相になって可愛がったとも言ってたせいか、錯覚から抜け出せない部分があるのかもしれません。Gはまだ親の経験が無いですから、そんな事は無いとは思いたいですが、今までの父との交流がどうにもいけませんね。21日に書いた嫌な事はその父がらみのことだったのです。昔かたぎで咲く好きな父が全面的に悪いわけではないのですけど、いろいろと年月を重ねまして、そろそろ限界なのかなあ?とも思ってます。

幼少の頃からそういうもやもやな部分が少しあったように思いますが、あるTVを見て「こういうお父さんがいたらいいなあ」と思った1人のTV特撮キャラクターがいました。それは「宇宙刑事ギャバン」に登場する主人公ギャバンの父・ボイサーでした。千葉真一氏演じたボイサーはバード星の銀河警察の地球担当の宇宙刑事で、1回目の赴任で地球人の一条寺民子と結婚、民子との間に子供・ギャバンを授かります。つまりギャバンはバード星人と地球人のハーフで、後にギャバンが人間時に一条寺烈と名乗っているのはここから単を発しています。やがてボイサーはギャバンが3歳になった時に宇宙刑事にすべくバード星へ連れて行きますが、地球に残った一条寺民子はその3年後に風邪を拗らせて死んでしまう。やがてボイサーは2度目の地球担当へと着任、地球人の親友である星野博士のプラズマエネルギー装置犯罪組織マクーから守るために力を注ぐが、応援に来た宇宙刑事ハンターキラーがマクーへ寝返ってしまい、星野博士は殺され、ボイサーはマクーに捕まってしまう。ボイサーはプラズマエネルギーの実態を知る唯一の人物として、秘密をを探ろうとするマクーからの執拗な拷問を受ける日々が続く。

そこへ23歳へ成長した息子ギャバンが地球担当の宇宙刑事として赴任する。マクーに追われていた星野博士の娘・月子を保護ハンターキラーの口から父ボイサーの事を聞くとギャバンは執拗なまでにマクーを追う。やがて、マクーの首領ドン・ホラーは息子のサン・ドルバとその母の魔女キバを呼び寄せて用済みのハンターキラーを暗黒宇宙へ永久追放、2人は引き続きボイサーへの拷問を繰り返す。そしてプラズマエネルギーを使った超兵器ホシノ・スペースカノンをあと10%で完成というところまでこぎつける。しかし、重要な部分であるレーザー増幅システムの原理はボイサーが握っている。さらに拷問を繰り返すマクー銀河警察によって暗黒宇宙から救出されたハンターキラーへの尋問からホシノスペースカノンの計画「X計画」と「剣山」の情報を得たギャバン剣山へ急行したが、もぬけのから。探しても探してもボイサーを見つけられないギャバン。一方、ボイサーは魔女キバの自白剤によって、話はしなかったものの、もう一度自白剤を打たれると死んでしまうほどの衰弱状態になる。ボイサーは思う。ギャバンに会いたい!一目でいいから成長した息子を見たい!そして独房から叫ぶボイサー。

「ギャバーン!」

親子のつながりというのだろうか、ギャバンはその声を察知、ボイサーの声が聞こえた周辺にあった鬼首島へ向かう。その声のとおり、その鬼首島こそがホシノ・スペースカノンがあるマクー基地だった。ギャバンはホシノ・スペースカノンを破壊、サン・ドルバと魔女キバを鬼首島から追い出す。そして、基地内を捜索するギャバン。すると独房に一人の男がいた。父ボイサーだった!鉄格子があるのを忘れ、泣きながら無言で再会をかみ締める親子。やがて、ボイサーはギャバンの宇宙船ドルギランへ保護、月子とも再会を果たす。あのマクーの拷問に耐えられたとは、と驚く皆に対し、ボイサーはプラズマエネルギーを使ったホシノ・システムは太陽熱を数万倍に増幅する装置である事、そして実はボイサーの記憶には元々それに関する情報は一切無い事を話す。衰弱してるボイサーはベッドへ寝かされて、ギャバンと親子水入らずとなる。

ボイサー:「ギャバン、元気になったら一緒に戦おうな、マクーと」
ギャバン:「マクーは僕に任せてください!トコトン追い詰めて、必ず!」


ギャバンを心配したパートナー・ミミーに寝ずにずっと一緒にいたいと言うギャバン。

ボイサー:「母さんにみせてやりたかったな、大きくなったギャバンを」
ギャバン:「母さん・・・」
ボイサー:「あれはお前が6歳の時に風邪を拗らせて死んだ。今頃悔しがってるだろう、2人だ
       けで会って」
ギャバン:「お墓参りに行きましょう。父さんが元気になったら」
ボイサー:「うん・・・地球は美しい星だ・・・民子も美しい娘だった」


そう言いながら枕元の懐中時計の写真を見るボイサー。オルゴールが流れる。親子3人ですそした日々を思い出す親子・・・。ギャバンが気づいた時はボイサーは安らかな顔で死んでいた。泣きじゃくるギャバン

「どうしたんだ父さん、マクーの地獄のような拷問に耐えたのに・・・」

そしてボイサーの手を取ってみてギャバンは驚く。ボイサーの手に浮かび上がるレーザー増幅システムの設計図!実はボイサーは設計図の刺青のような者をしていて、その刺青は体温がある限り浮かび上がらないようになっていたのだ!つまり秘密を守るためには、どんな事があっても生き続けなければいけなかったのだ!ギャバンはそれを知り、マクーへの闘士に燃え、そして最終決戦へと向かう!

これを見た時、ボイサーには感動しました。一緒に観てた母も泣いてました(今は覚えてないらしいが)。「ボイサーが父親だ!ああいう強さと優しさを持った父親がいてくれたら・・・」と思ったりもした。そしてGの父と照らし合わせて、ちょっと考えたりしてしまったのも事実である。今思えば、そんな事は無いのにGの理想的な父親はボイサーだ!と勝手に決め込んだのである。そしてGも父親になったら、ボイサーみたいな父親になりたいと思ったりもしたし、それは今も思いつづけてる事である・こんな話は親御さんがいない方にしてみれば請託な話なのは分かっています。でもその方だって父親や母親がこうだったら、ああだったらと思った事はないですか?ない方もいるとも思いますけど、そういう方でも機会があったら、このギャバンを見てほしい。そして感じてほしい。きっとそこには、ある父親像が浮かび上がるとGは思ってます。

気を入れすぎて長くなりました。今回のイラストですが、この話の途中で出てくる「剣山」を守っていたマクーのダブルモンスターのバファローダブラー。新作です。マクー最後のダブラーであり、宇宙刑事シャリバンになる前の当時森林パトロール隊員だった伊賀電を重症に負ったのもこのダブラーです。つまり厳密に言えばギャバンがボイサーに再会する前に登場したダブラー、という事になります。武器は頭の角での突進と衝撃波、地面を蹴っての大振動、火炎弾や剣、巨大な岩石に変えるなど多彩であり、基本的には体当たりを得意とするパワーファイターである。

・・・おお、記事書いてたらだいぶ時間が経ってしまった!仕事に戻らないと!でも、これを書かないと次回へのプロローグにはならないので、あえて時間割いて書きました。次回への繋がりとは?それは今は秘密。なお、特撮文面がプライベートより長いので、この記事は特撮系とします。コメントはもうちょっと待ってね!では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-23 21:36 | 特撮系
こんばんは、Gです。昨日から家で仕事してましたが、さっきようやく区切りがついたので抜け出してきました。本当は今日の記事を新作イラストまで用意しておいたのですが、家に持ち帰った仕事がやや多めなのに加え、銀行の振込みなどと外へ出かける事も多く、少々疲れ気味ですので、今日の予定していた記事は明日に回すとして、今回はしばらくご無沙汰でしたイラスト辞書の251件目から300件目までを書いていきたいと思います。今回は251件から300件までで特撮関連の全ての項目のイラストや画像を書いています。つまり前回のイラスト辞書の続きになります。イラスト辞書についての詳細はカテゴリの「イラスト辞書」をクリックして下さい。なお、一応月ごとに分かれていて、載せた日にち、イラストキャラクターの名前、そしてスラッシュの後に登場作品名を書いておきました。では参りましょう!


---------------------------------------------------------------------


★イラスト辞書・特撮系(251回から300回まで)★


{2005年9月}
 9月22日 テンペラー星人  /  ウルトラマンタロウ
 9月24日 コロ星人、レンボラー  /  ウルトラマンレオ
 9月28日 暗黒大将軍  /  仮面ライダーストロンガー


{10月}
 10月3日 ミツルギ、グラグラン  /  魔人ハンターミツルギ
 10月4日 星人ブニョ  /  ウルトラマンレオ
 10月9日 ダークナイト  /  科学戦隊ダイナマン
10月10日 ガンマン仮面  /  秘密戦隊ゴレンジャー
10月13日 ナショナルキッド、アウラ  /  ナショナルキッド
10月14日 ノーバ  /  ウルトラマンレオ
10月15日 ザーゲン  /  超人機メタルダー
10月16日 ヤモ  /  ウルトラセブン
10月24日 ギエロン星獣  /  ウルトラセブン
10月25日 ニセウルトラセブン  /  ウルトラセブン
10月27日 伊吹隊長、グロテス星人、コダイゴン  /  帰ってきたウルトラマン
10月28日 落葉仮面  /  秘密戦隊ゴレンジャー


{11月}
 11月6日 平成ガメラ、平成ギャオス  /  ガメラ大怪獣空中大決戦(映画)
 11月7日 ムルロア  /  ウルトラマンタロウ

---------------------------------------------------------------------



★イラスト辞書・雑談(251回から300回まで)★


{2005年9月}
 9月21日 オオカミジン   /  スカイライダー
 9月23日 時計仮面  /  秘密戦隊ゴレンジャー
 9月26日 ペアペア  /  宇宙刑事シャイダー
 9月27日 ハードビースト  /  宇宙刑事シャリバン
 9月30日 ダイガー仮面  /  秘密戦隊ゴレンジャー


{10月}
 10月1日 ウルトラマングレート  /  ウルトラマングレート
10月11日 ペッタンモンガー  /  太陽戦隊サンバルカン
10月18日 スフィンクス   /  ウルトラマンA
10月19日 ビルロボット  /  大鉄人17
10月22日 デビルボールⅡ  /  ジャッカー電撃隊
10月23日 ドリルホース   /  科学戦隊ダイナマン
10月26日 トドラ  /  ウルトラQ


{11月}
 11月4日 アイアンロックス  /  ウルトラセブン

---------------------------------------------------------------------



★イラスト辞書・病院系(251回から300回まで)★


{2005年9月}
 9月29日 旧2号ライダー、モグラング  /  仮面ライダー


{10月}
 10月5日 ナース  /  ウルトラセブン
 10月6日 扉仮面  /  秘密戦隊ゴレンジャー
 10月7日 デビルスパイダー  /  ジャッカー電撃隊
 10月8日 ヤギ怪人  /  仮面ライダーBlack
10月20日 ダブルビースト  /  宇宙刑事シャリバン
10月30日 スポーツ怪人  /  バトルフィーバーJ


{11月}
 11月2日 カタリベビースト  /  宇宙刑事シャリバン

---------------------------------------------------------------------


★イラスト辞書・美術系(251回から300回まで)★


9月20日 コダイビースト  /  宇宙刑事シャリバン
9月25日 旧1号ライダー、死神カメレオン  /  仮面ライダー

---------------------------------------------------------------------


以上で、251回から300回までのイラスト辞書全てを書かせていただきました。ご活用していただけるとありがたいです。大体50回ごとくらいに時間があったら、表を新しく作ったり、できればこのイラスト名から各ページへ飛べるようにしていきたいと思います。ちょっと今は見づらいかもしれませんが、今後の改良も期待していてください。またコメントのお返事は、もう今しばらくお待ちください!メドが経ってきましたら書かせて頂きます!申し訳ありません!それでは、今回はこれにて。


◎イラスト記事を作ったそもそもの理由が書いてある記事◎
「記事250件到達企画・「ひいろお倶楽部@」辞書(仮名)を作ります!」
[PR]
こんばんは、Gです。明日から2連休なのですが、家で仕事があります。先週バイト先を休んでるのと、依頼主の過密スケジュールのとで、先週はぽっかりあいた状態だったので、家での仕事、たまってます。まあ、それが現実で仕方ない事なのですけど、予想より多く仕事がきたので、ちょっと驚いてます。せっかく待ってもらってるpenpen-kyodaiさんやれんぼらーさん、先日依頼してくれたacoyoさんやまぼろしかげほうしさんのリクエストに今週やっっと応えられそうだ!と思ったのですけど、24日くらいまで、ちょっと分からない情勢になってしまいました。おまけにさっきバイトから帰宅して、ちょっと嫌な事があったので、その嫌な事とはGが悪いんですけど、なんか嫌だなあ、という感じになって。根本的にGは自宅にいるときは部屋にいるとき以外はストレスを感じてしまうんで。なんで家でくつろげないで、キチッキチッと生活しなきゃあかんのや?と思っちゃうんですよね、両親のいる居間にいると。NHKとTV東京しかTV見ないし、ビデオも独占してるし。バイト先よりストレス感じちゃいますよ、ホント。

Gがそういう気分なのと仕事のペースの関係とで、あまり絵を描く気になれません。ゲーム会社勤務時代に当時、先輩から「Gくんは気持ちで絵を描くからね」と言われた事がありますが、まさに今、はまった感じです。もうこうなるとイラストストックしか何かを探すしかありません。さて、どれにしようかな・・・?

c0040422_20481074.jpg


だんだん寒くなってる事ですから、これにしますか!秘密戦隊ゴレンジャーに登場の仮面怪人もの鉄ビン仮面です。この季節にいろりで鉄ビンなんてのもいいでしょう?イラストは以前に描いたもの。珍しく敵組織・鉄十字軍のマークを体につけてない変わった仮面怪人です。こんなふざけた格好をしている鉄ビン仮面ですが、もし「凶悪」という言葉をゴレンジャーで探したら、この鉄ビン仮面にたどり着くくらい、とんでもない凶悪仮面怪人なのです。どういう事かといいますと・・・。

ミドレンジャーこと明日香健二は防衛組織イーグル特別訓練の教官に招かれたが、明日香の高校時代からの先輩である横田少尉が突如として裏切って、明日香にスパイ容疑がかかってしまう。明日香のスパイ容疑は法廷で審議される事となったが、横田少尉は明日香に不利な証言を次々と発言、明日香の立場は最悪となってしまい、ゴレンジャーのメンバーも無実であると思っても、横田少尉の発言があまりにも有力であるためにどうする事もできない。明日香は護送され、その護送車を鉄ビン仮面が襲撃する。その隙を突いて逃走した明日香は自分1人の力で自らの潔白を証明しようとする。やがて、明日香横田少尉に接触し、横田少尉の重い口から明日香はとんでもない事を聞く。横田少尉は言うとおりにしないと妹の勤める幼稚園に爆弾を投げ込むと鉄ビン仮面に脅迫されていたのである。しかも鉄ビン仮面は明日香に嫌疑がかかる事でゴレンジャーに活動停止命令が出される事によって行動を抑えようとしていたのだ!そこまで口にした横田少尉は鉄ビン仮面によって射殺されてしまう!怒りに燃える明日香!やがて他のメンバーがやってきて「5人そろってゴレンジャー!」と鉄ビン仮面に高らかに叫ぶ!鉄瓶湯気シャワー、鉄瓶スモーク、手にしたヤリなどで応戦する鉄ビン仮面だったが、ゴレンジャーの必殺技ゴレンジャーハリケーン大火鉢から(だったと思う)出だ火花の熱さに耐え切れず、遂に凶悪仮面怪人である鉄ビン仮面は倒されるのである。

ムチャクチャ卑怯で凶悪でしょ?鉄ビン仮面。ちなみにこの話に登場する横田少尉役はあのキカイダーのジロー役やイナズマンの渡五郎役で有名な伴直弥氏である。ミドレンジャーこと明日香健二役は当時は若手だった伊藤幸雄氏はこの後にバトルフィーバーJの初代バトルコサックこと白石謙作役を演じているが、初代コサックエゴスのイーグル怪人に殺されて、そこに駆けつけた二代目バトルコサックこと神誠役がなんと伴氏であり、神と白石の間柄は国防省時代の先輩後輩の間柄という、なんとも不思議な繋がりで登場し、ご両人も撮影時に会って驚いたという。

んー・・・今回の記事は特撮系にするか、雑談にするか、ちょっと迷ってまして、書いてから決めようかと思ったのですが、Gの事情と特撮ネタが半々になっちゃいましたねえ。特撮系だと太字を使わなければならないし。んー・・・。記事の文章の割合が特撮系のものが若干多いので、考えた末に今回は特撮系扱いとします。なんか、その方がしっくりするような気がしますし。

最後に時間が空いたらコメントのお返事を書きますので、もう少しお待ちください。これから仕事に入りまーす。では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-21 21:50 | 特撮系
←menu