「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

8月ギリギリになんとか載せた4コママンガ第31話です。
c0040422_20571045.jpg



なんとか8月中に載せた4コママンガ第31話は「仮面ライダーストロンガー」の登場。第1次仮面ライダー最後の作品で放送局がTBS系に統一された事もあり、かなりパワーアップされた内容で皆様にお馴染みの仮面ライダーです。親友を秘密組織ブラックサタンに殺された城茂は、その復讐のために自らブラックサタンに改造人間になりたいと志願して改造、脳手術を催眠装置で切り抜けて改造人間「仮面ライダーストロンガー」となって脱出、一緒に脱出した電波人間タックルこと岬ユリ子と共にブラックサタン、デルザー軍団へと立ち向かっていく!ストロンガーは電気の改造人間で人間時は両手がコイルになっていて、変身時に両手をこすり合わせて電気エネルギーを起こす。その両手を隠すために城は日頃から手袋を着用している。今回はそのパロディ。そりゃこんな事をしたら、城はえらい事になるだろうし、ご馳走を作ったタックルも意地悪なものである。もっともタックルはこのマンガには出てきませんが。まあこれも「ヒーローの宿命か?(タイトルが二転三転して大変でした)久々の4コマですが、いかがだったでしょう?4コママンガだけ見たい方は「マンガ&解説」をクリックすると見れます。もう第31話ですので古いネタは一番下の次のページをクリックしてください。では!


◎ストロンガー関連の記事◎
「病院へ行ってきましたPart4・ドクターケイト登場!」
「白い悪のダンディズム・ジェネラルシャドウ!」
[PR]
c0040422_19112428.jpg

こんばんは、Gです。今日で8月分の研修も終わり。9月には休んだ分を取り返さないと。まあ、バイト中心で考えてたので、今日のネタはなーんも考えてません。そこで久々にエキサイトでのトラックバックのテーマに沿ってみようかなと。テーマは「背筋がぞくっとする怖い話は?」という事で・・・って、もうテーマが変わってる!記事を休んだり、時事ネタ書いてたら、そりゃ時間が経つわな。まあ、まだ夏ですし、Gなりの特撮怖い話でも記事にしてみますか。もっともGは気が小さいので怖い話も苦手。そこでちょっとひねった感覚でやってみたいと思います。ところで、皆さんは「口裂け女」という妖怪をご存知ですか?この妖怪を知っている方は歳がばれますね。「口裂け女」とは78年に岐阜県から全国へと一大ブームを巻き起こした妖怪でして、名前のとおりに口が裂けていて、通常はマスクを着用、豆腐が大好物、100mを6秒で走る(オートバイより速いという表現もある)、カマを持って追いかけてくる(これも包丁という表現もある)などなど、当時は恐怖というか面白半分というか、瞬く間に浸透した妖怪なのです。なお妖怪という表現をしているのは「ゲゲゲの鬼太郎」で有名なあの水木しげる先生が妖怪として取り上げた事があるため。で、今回はその「口裂け女」の正体?について書きます。といっても、あまり話をまともには読まないでね。秘密結社エゴス怪人製造カプセルから、あるエゴス怪人を作り上げた。その名は口裂け怪人。通常のエゴス怪人「御子」と呼ばれるが、彼女は「王女様」と呼ばれていた。口裂け怪人は日頃は人気DJの香坂静香になりすまして「口裂け女」の情報で世情不安を起こし、実際に「口裂け女」として世間を騒がせていた辛いものが好きなはずの香坂静香が豆腐ばかりを食べるようになり、恋人であったラジオ局フロアディレクター秋田良夫に交際を断ってしまう。ちょうどその頃に「口裂け女」の襲撃を受けたバトルフィーバーJの二代目ミスアメリカは、バトルケニアから「口裂け女」の話題をラジオで流すDJ香坂静香自身がどうも「口裂け女」らしいという情報(ケニアはふられた秋田良夫から聞いた)を得て捜索し、遂にエゴスに軟禁されていた本物の香坂静香を発見口裂け怪人も正体を現し、妹の悪魔ロボ・口裂けロボと共に暴れだす。出刃包丁や特殊金属の歯、俊敏な動きで戦う口裂け怪人もバトルフィーバーの必殺技ペンタフォースに敗れ、口裂けロボもフィーバーロボに倒されるのでした、というのが、G流の怖い話。え?全然怖くないって?Gはこの顔で迫ってきたら結構怖いと思うけどなあ・・・。ということで、今回のイラストは「バトルフィーバーJ」登場の口裂け怪人でした。ちなみに新作です。野口竜氏の珍しいギャグのデザイン。いや、デザイン的には怖いです顔なんかは当時にしてはかなりリアルですし設定も「口裂け女」に忠実。当時を知る方は一見の価値ありのエピソードです。「背筋がぞくっとする怖い話は?」ということで、ちょっと違った入り方をした今回の「ひいろお倶楽部@」でした。それでは、今回はこれにて。


◎エゴス怪人関連の記事◎
「ひいろお第17話:援軍」(ゴースト怪人)
「わ~たしエゴスのサウスポ~♪・ヒダリテ怪人の腕相撲!」
「親展、親展・・・。おかしなエゴスの集金人・ゼニゲバ怪人!」
「夏バテ防止にバトルケニアを食べよう!ヘンショク怪人出現!」
「病院へ行ってきましたPart15・病院とくればホウタイ怪人!」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-30 20:36 | 特撮系
c0040422_15531024.jpg

こんにちは、Gです。今日は夜勤なので早めの記事アップです。今回は前回の最後に書いた「書かなければいけない事」を書きたいと思います。それは何か?優勝を祝った記事を書いたことから始まった駒大苫小牧の一件についてです。日にちが遅れたとはいえ、始めと中間の内容を書いた以上、結末も書かねばならんでしょう。駒大苫小牧の暴力事件に対する高野連の発表の内容をGが知ったのは、昨日28日の朝だったのですが、皆様のご承知のとおり、優勝剥奪という最悪の事態は免れ、問題を起こした野球部長の謹慎、学校側と被害者側の和解成立、秋季大会への参加も決定しました。高知県のケースと比較するとエラく寛大な処置のように一見思われるが、Gが思うところ、優勝校だからという事もあるが、問題を起こしたのが部員ではなくスタッフにあたる野球部長であった事が運命を左右したように思います。部員が問題を犯したのなら、たとえ一生懸命やって優勝しても剥奪されても致し方ないが、これは野球部員というスタッフの問題で部員は一生懸命やって優勝したのだから、部員には責任はないという判断だと思います。高野連もかなり苦慮したと思いますが、その辺が紙一重の差くらいで駒大苫小牧の優勝を繋ぎとめたのでしょう。確かに報告が遅れた学校にも問題はありますし、大会前に暴力事件が発覚した高知県サイドとしては駒大苫小牧への処置に納得できない方もいらっしゃるとは思います。しかし、結果論ですが、優勝という事と共に部員と野球部長という紙一重の差で全く質の違う問題だったのだとGは思います。まあうまく治まって野球好きのGとしてはホッとしております。とにもかくにも駒大苫小牧の皆さん、改めておめでとうございます!でも、特撮の野球ネタ書いたところがこんな時事ネタに発展するとは想いもよりませんでした。世の中何が起こるか分かりませんね。もう時事ネタは勘弁したいなあ。さて、今回のイラストですが、また野球関連のTV特撮キャラクターという事で、「星雲仮面マシンマン」に登場したボウトウ男の他の野球系アンドロイドであるバット男にします。イラストは以前に描いたもの。敵組織・テンタクルの初期のアンドロイドで今まで紹介したテンタクルのアンドロイドとは頭が異なります。詳細は下記の記事から確認してください。紙のサイズの関係で右手のバットをやや小さめに描いてますが、実際は自身の身長よりやや長いバットを「バット、バット」と言いながら振り回す、かなり危ない奴です。バットをミサイルのように発射することも可能。使命はNASAが採取した金属生命体の強奪。うーむ、スペースシャトルのネタとか書いたら起用するべきだったか?ちなみにこのバット男の話ではショッカーの地獄大使こと潮健児氏がゲスト出演しており、テンタクルの首領・プロフェッサーKこと天本英世氏との再共演が実現してます。では、もうここで一眠りして夜勤研修に備えますか。ということで、今回はこれにて。

◎駒大苫小牧の関連記事◎
「夏の熱い甲子園も終わりました・王選手に憧れるデビルバッター!」
「駒大苫小牧の大暴投でボウトウ男登場・・・。」

◎テンタクルの量産型アンドロイド◎
「ひいろお第4話:低コスト」
「ロボットでも朝寝坊するの?孤独なテッキュウ男」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-29 16:50 | 雑談
c0040422_2021712.jpg

こんばんは、です。今日は何も考えず、ゆっくりのんびりさせてもらいました。昨日の記事へのトラックバックで早瀬さんが書かれた男子プロゴルフの伊沢利光プロの記事が書かれてました。なんでも2年ぶりの優勝を目指してトップで最終日を向かえてるとの事。は父がゴルフを見るのでたまに試合をTVで見たりしますが、伊沢プロといえば一昨年の男子プロゴルフの賞金王でした。しかし、その後の病気でしばらく優勝からは遠のいていましたゴルフ好きの父曰く「腰痛だからなあ」。ゴルフで腰痛といえばある意味、命取りのケガでして、特にジャンボ尾崎プロの次弟のジェット尾崎プロが長い間腰痛に悩まされた事で有名です(ジャンボ自身も腰痛持ちですが)。父も腰痛で今、ゴルフはプレーできません伊沢プロはその中、コツコツと頑張って復活優勝が目前だというのですから、は昼寝した後に試合をTVで見てみることにしました。結果、伊沢プロが20アンダーという圧倒的な強さを見せ優勝。早瀬さんがGに伊沢プロの記事をトラックバックした意味がよく分かってきました。Gなりの解釈かもしれませんが、今は調子を落としててもコツコツと焦らずにやることで実がなる、だから、今はあまり無理はしないように、と感じました。伊沢プロの記事をトラックバックしていただき、早瀬さんにお礼を申し上げたいです。ありがとうございました。もっともゴルフ分からない方にはちょっと難しい話題だったかもしれませんが、ご容赦を。で、今回のイラストは何を取り上げようか、ということなのですが、ゴルフといえばイギリス生まれの紳士のスポーツですから、イギリスにちなんだものにしましょう。結構、イギリス出身のTV特撮関連キャラクターは多いのですが、ここはGのお気に入りを1体新作で描きましょうか。それは「仮面ライダーX」劇場版に登場のGOD怪人コウモリフランケンフランケンシュタインの怪物はイギリス生まれのお話ですからね。え、それなら映画で地底怪獣バラゴンと戦ったフランケンシュタインの怪物がメジャーだろうって?それはあるのですが、あのフランケンシュタインの怪物はデザインがちょっとイマイチですし、バラゴンも一緒に描くほどGもまた全快ではないので。スミマセン。さて、仮面ライダーXは以前に4コママンガにしてますので、Xライダーの詳細はそちら「ひいろお第10話:くしゃみ」で一度見ていただくとして、GODの怪人について書かせていただくと、大きく分けて前半のギリシャ神話がモチーフの怪人と後半の悪人軍団怪人の2つになります。悪人軍団怪人とは世間一般に知られている人物(実在しない人物も含む)と動物を合わせた、全く新しいタッチのものでした。例を挙げますとジンギスカンコンドルやガマゴエモン、サソリジェロニモなどなど。その決定版として劇場に登場したのがこのコウモリフランケンです。Xライダーのスピード、反射神経、パワーなどの全データを頭脳に記録したGOD最強怪人です。普通コウモリならドラキュラなどの吸血鬼とミックスしそうですが、それをフランケンシュタインの怪物とミックスしたのが、このデザインのミソ改造人間を思わせる血管やケロイドなども表現された石ノ森章太郎氏の傑作デザインです。ただこのコウモリフランケンも吸血がエネルギーとしていて、若い女性の生き血を好物としている。使命は東京中の水をからす「東京カラカラ作戦」GOD再生怪人を率いてのXライダー抹殺。一般的にはコウモリフランケンはベルトを締めてない写真が有名ですが、その写真は着ぐるみ完成直後の写真で劇場ではちゃんとベルトを締めています空中からの急降下戦法を得意とし、卑劣な襲撃を好み、Xライダーの危機に駆けつけた1号、2号、V3、ライダーマンをあわせた5人を相手にしてもビクともしない強敵であったが、5人ライダーの力を結集した「スーパーファイブキック」でようやく倒されるのであった。ちなみにこの劇場版の5人ライダーとGOD再生怪人軍団の戦いの一部は第27話でも流用されていて、実際に第27話で再生しているのはネプチューン、メドゥサ、キマイラの3体のみです。ただ残念な事にXライダーの後のアマゾン、ストロンガーではオリジナル劇場版は制作されなかったため、劇場用怪人はスカイライダーまで待たされる事となります。いやー、コウモリフランケンはカッコイイなあ!明日はちょっと今日見たニュースから書かねばならぬ事をアップする予定です。なお今回は特撮系とさせていただきます。それでは、今回はこれにて。

「ひいろお第10話:くしゃみ」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-28 20:47 | 特撮系
c0040422_16381685.jpg

こんにちは、Gです。今日は夜勤研修のために早めの記事アップです。といっても、内容は病院系です。実は昨日26日は日勤研修だったのですが、出勤したものの店長さんに体調を心配され休みを言い渡されて、自宅へとんぼ返りしてたのです。こんなに体調の不安定感があるのは後先になってバイトや絵画制作に影響が出てマズイですし、第一何が原因だかがさっぱり分からないので、担当医への至急の診断を仰ぐべきとの指示もあり、日中に都内の病院へ再度行ってみました。なんとか午前中に受付をすませてお昼前に受診。やはり前回のGが伝えた症状は全く担当医には伝わってなかったので、一から説明のし直し。そうしたら担当医はGが記事に書かなかった事で21日、22日の深夜に父に叩き起こされた事を指摘、そこからくる精神的なものからきているという診断を下しました。調子の悪いクーラーを使って寝ているGを深夜2時から3時頃に父が部屋に入り込んできて怒鳴られたりしたわけなのですが、それ自体はGにも責任があることなので、あまり強調はしなかったのですけど、そのあたりから調子を崩しているので、どうもGはその事を精神的に引きずってたようなのです。普通の人なら2日くらいで治まるところが、Gは今現在まで続いているというわけです。しかしながら、担当医は叩き起こされる事は異常な事ではあるが、それ以上引きずってしまうのは、これからもう一度社会人になるには日本の社会としてはあまりよくない、とも仰ってました。欧米と違い、日本の社会は出勤する事がその人間の実績として決め付けられてしまう、出勤してそれでも体調が悪そうで、上司から「今日はもう帰った方がいいよ」と言われて始めて休みが認められ、こんな体調なのによく出勤してきたなあ、ということで、それがまた実績へと繋がる。担当医はそれが良い社会とは思わないが、残念ながら日本はそういう社会なので、本当にどうしようもない体調ならともかく、今のGの体調なら今夜の夜勤研修あたりから、うまく市販薬で調節しながら出勤した方ができればですが良いだろう、でないと店長さんの信用を失ってしまうとも仰いました。Gはその時は頭がボーっとしてたので、はあ、としか聞いてなかったのですが、今、改めて考えてみると、Gの入院時の知人でやはりやはり体調悪いからと休み続け、やがて会社からも家族からも信用を失い、それをGたちにぶちまけるようになった・・・。Gもそうなるのが嫌だったので、昨日の日勤研修には出てみたのですが、年功序列の他にも日本の社会って問題があるのですねえ・・・。帰宅後すぐに店長さんから電話があり、Gは今晩出勤する意思を伝え、少し一分張りしてみようと思います。世の中にはそうやって病と闘っている方が大勢いるのですから、もう少しで治りかけのGも頑張らないとね!皆様にはホントにご心配をおかけしてばかりですが、なんとかやっていきたいとは思いますので、よろしくお願いします。さて、今回のイラストですが、新作描こうかな、とも思いましたが、病院系で描けるのがいることはいても、どうもイマイチなので、ストックから探し出して起用したのが「秘密戦隊ゴレンジャー」登場の仮面怪人・青すじ仮面。イラストは以前に描いたもの。なんでコイツにしたかといいますと、青すじ仮面は敵組織・黒十字軍一の毒薬研究家なのです。今回の体調の一件では薬の軽減も挙げられましたから。もっとも薬の関係ではなかったようですが。青すじ仮面は自身で開発したサビルタンO、ハシルタンV、バタンキューZなど7種の毒矢を手にしている吹き矢に仕込んで攻撃します。薬の成分は・・・名前から見ればお分かりですね。ちなみに青すじ仮面は誤って自身の体にハシルタンVを受けてしまい、その効能でひたすら走る続けるという失態を演じています。これを止めようとして黒十字軍が道にロープを張って待っているのも笑えますが。Gはこの話を見ましたが、なかなか面白いので、青すじ仮面は要チェックです!では、これから少し休んでバイトに備えます。ということで、今回はこれにて。

「病院へ行ってきましたPart16・台風11号接近の中、急遽病院へ」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-27 16:52 | 病院系
c0040422_18501946.jpg

こんばんは、Gです。今回は24日に載せようと思ってた記事を書いてみます。それはれんぼらーさんからもたらされた驚くべき情報、あの「ミラーマン」の映画化の発表でした。Gの事情が事情で掲載が遅れてしまいましたが、これで行ってみましょう!「ミラーマン」といえば、昭和46年にフジTV系列で放送された円谷プロ制作の巨大ヒーローミラーマンのデザイン自体は地味ですが、二次元人と地球人のハーフであるミラーマンが二次元を支配した侵略者・インベーダーと戦うという展開に、今でも熱烈な支持を持つヒーローです。この「ひいろお倶楽部@」の特撮4コママンガの第1号「ひいろお第1話:ヒーローの朝」参照)ですし、よくリクエストされるヒーローのうちの1人です。ほぼ1年間放送され、その後に「ウルトラファイト」のミラーマン版ともいうべき「ミラーファイト」も放送、ミラーマンに登場の怪獣も同じ円谷プロのウルトラマンシリーズに登場したりと、その人気は絶大なものです。そのミラーマンが35年の時を経て来年に銀幕へと帰ってくる!その名も「ミラーマンREFLEX」!いやー、この情報をれんぼらーさんから聞かされた時はホントに驚きましたよ。体調の関係で早速とはいかなかったものの、れんぼらーさんの情報を基にチェック!昔のミラーマンは当初はそのようなウルトラマンっぽいデザインではなく、どちらかといえば当時の対抗馬だった「シルバー仮面」のようなデザインだったのですが、「ミラーマンREFLEX」ではそのシルバー仮面風のミラーマンが見事に再現されてます。(シルバー仮面に関しては「ひいろお第23話:ジャイアント」参照)また昔のミラーマンの人間体・鏡京太郎役だった石田信之氏も主人公の兄役で再登場!脚本:小中千昭、監督:小中和哉、出演:唐渡 亮、伊藤裕子、石田未来、石田信之、三輪ひとみ、小沢和義、伊藤克信、松山鷹志、北岡龍貴などなど(敬称略)。「大人のミラーマン」を目指すそうで、凄いキャスト、スタッフですねえ。登場怪獣も懐かしい面々。インベーダーの侵略怪獣第1号のアイアンGの大好きなダークロン、ゴールドサタンなんかが登場してます。ダークロンのズボンには「?」という感じでしたが、確かに今風にデザインすれば、こういう解釈だな、と納得。多分Gでもああいう方向でデザインするだろうとは思いましたが、あれ?ちょっと待てよ?ミラーマンの初期の怪獣から選ばれてるにしては、Gの大好きな怪獣がお披露目されてないなあ?ということで、今回は今現在の時点では、「ミラーマンREFLEX」に登場予定のない怪獣・マルチを新作イラストで描いてみました。いたでしょう?こんなのが。怪人続きでしたが、久々の怪獣です。昔のミラーマンの初期は登場怪獣を何回か登場させようというプランがあったのですが、アイアンやダークロン、ゴールドサタンも2回以上登場する中、このマルチだって2回登場している人気怪獣なのです。初代マルチと二代目マルチの外見の相違は無し初代核物質・コバルト60を狙って登場し、分身攻撃や両手からのマルチリングで攻撃する。二代目凧型宇宙船に乗って登場し、インベーダーと戦う地球人の組織SGMの中心人物の御手洗博士の暗殺を狙い、腕から敵を手繰り寄せる光線を武器とする。よく「帰ってきたウルトラマン」に登場の怪獣ムルチと間違う方も多いが、これがマルチですよー!(ムルチに関しては「人間の差別と偏見を問う巨大魚怪獣・ムルチ!」参照)今回の相手がミラーマンだけにもっと大々的にやってもよかったのですが、ミラーマン関連の資料が見つからないのとGの体調不良のため、このくらいで終わりとしておきます。最後に情報を下さいましたれんぼらーさん、ありがとうございました!皆さん来年に期待しましょう!では、これにて。

「ひいろお第1話:ヒーローの朝」
「ひいろお第23話:ジャイアント」
「人間の差別と偏見を問う巨大魚怪獣・ムルチ!」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-26 19:46 | 特撮系
c0040422_1955897.jpg

こんばんは、Gです。流石にこれほど体調が悪いとどうしようもないので、昨日24日の深夜に都内の病院へ電話してみました。そうしたら宿直の医者に「薬を減らした影響があるかも知れないので担当医のいない日でもいいから至急来てください」とのこと。担当医がいたのは昨日24日で、26日と27日がバイトの研修と考えると行くのは今日25日しかないなあ、と思い、薬ももらうのも早めにと急遽都内の病院へこの台風11号が近づく中、行ってきました。Gの行っている都内の病院は予約外で行くと医者の指名ができないのですが、受付を済ませて医務室の部屋番号を確認すると、嫌な予感が。その医者は友人が担当医になってもらってた時期があったのですが「事務的で薬しか渡さない」と友人がこの医者に対して愚痴をこぼしてたのを思い出したからです。これはまずいなあ、と思ったGは急遽Gの担当になった看護婦さんに症状やこれまでの状況などを全て話しておきました。そして病室で横になったところで、やはり台風ということなのか、すぐ順番が回ってきました。結果は「担当医の医者でなければ分からないので担当医のいる日に緊急に受診してほしい。ただ今回は薬を減らして悪くなっている可能性が高く、これも緊急性があるので前の薬を出しておきます。台風も来てますので、早めに帰った方が良いでしょう。」とのこと。台風の中、やっとの思いで病院に来たGとしては「なんだかなあ」という気持ちが始めに思い浮かんだが、とにかく薬はもらわなければどうしようもないので、すぐにもらって昼前までには家に戻りました。結局はまた行かなければいけないのですが、何もしないよりなんかした方が明日からの研修にも備えられるだろうということで、そういう意味ではホッとしました。また今日は寝てようと思います。心配していただいた方に心よりお礼を申し上げます。それがなかったら、多分病院へ急遽行こうとは思わなかったですから。ありがとうございました。さて、今回のイラストですが、本来なら病院系記事は医者関連のものを載せてますが、台風ということと、あまり複雑なのは描きたくないなあということで、「仮面ライダースーパー1」に登場のジンドグマ怪人アマガンサーにしました。新作です。見てのとおり、雨傘の怪人で人間をコントロールできる雨傘と強力なロケット弾が武器。赤心小林兼を体得しているスーパー1に対抗して拳法を会得していたようですが、どうやらそれを発揮せずに終わってしまった怪人のようです。ただ、この台風ならかなりの人間を雨傘でコントロールできるような気がしますが・・・。それって、恐怖なのか、それともある意味、見たら爆笑モノなのか?あと、このアマガンサー、エリマキトカゲみたいに見えるのはGだけでしょうか?それとも、Gが調子悪いからそう見えるのか?ああ、この辺でやめておいた方がよさそうだ。今回はこれにて。

◎以前に掲載のジンドグマ怪人のイラスト◎
「バイトを始めました・伝説巨人ではないビデオン!」
「MRI予約が急遽決定!・磁石怪人ジシャクゲン」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-25 20:06 | 病院系
こんばんは、Gです。コメントなどを少し見ていただいた方はお分かりかと思いますが、今日24日はGは1日中寝ておりまして、とても絵画制作にしてもブログ運営にしても、最小限の事しか行えませんでした。病院に行こうかとも思ったのですが、それが辛いくらいでして、とにかく寝ていたかったのです。ですので、誠に申し訳ありませんが、今日24日も残念ですが、記事もイラストもお休みさせていただきます。ご期待されて見に来てくれた方にはホントにすみません。それでは、明日25日にお会いしましょう。それでは。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-24 22:19 | 雑談
c0040422_19491617.jpg

こんばんは、Gです。正直な話、体調は回復してないのですが、とりあえずDMの宛名書きをしながらニュースで聞いてしまった事を書かねばならんだろうなあ、と思って記事を早めにアップしてみる事にしました。ちょっと台風接近のせいか、雷の様子を見ながらですが。何を書くのか?といいますと、先日の記事「夏の熱い甲子園も終わりました・王選手に憧れるデビルバッター!」で取り上げた駒大苫小牧についてです。優勝を書いた以上はその後の事も書かねばあかんでしょう、いくらあまり時事ネタをやらないブログとはいえ。駒大苫小牧での暴力事件をGが知ったのは本日23日の昼前だったと思います。ショックでしたねえ。6月の段階で野球部長がやって、さらに信じられない事に8月の大会開催中にまたやって、という一生懸命頑張った生徒さんを裏切るような行為が行われた事には野球好きのGには非常に残念でなりません。無論、今日の駒大苫小牧の優勝報告会は中止。高野連も大会直前に高知県の事件があったばかりで、今度は優勝高が事件を起こすという前代未聞の事態に戸惑っている様子です。自分は個人的にあまり好きでない組織である高野連ですが、こういう時こそ巨大組織である高野連がしっかりとした態度を示して欲しいですし、駒大苫小牧も包み隠さずにちゃんとした報告をしてほしいです。それが野球部員をはじめとする生徒達や、北海道民に対しての償いだと思います。とりあえず、Gたち外野はこれからの駒大苫小牧と高野連のやりとりを見届ける事にしましょう。ホントに残念ですが。さて、今回のイラストですが、調子全快ではないので、ストックから探しましたが、こういうのに適任を探すのもどうかなあ?と思いつつ選んだのが、「星雲仮面マシンマン」に登場のアンドロイド・ボウトウ男です。イラストは以前に描いたもの。ボウトウとは漢字で書くと暴投。量産型アンドロイドの基本体のピッチングマシンを右手に、クローブを左手に装備したアンドロイドです。なんでこんな不思議な格好をしているかといいますと、マシンマンの相棒で野球のボールの形をした野球ボール型小型ロボット・ボールボーイ(声はなんとヘドリアン女王こと曽我町子氏!)に対処するために敵組織・テンタクルが開発したからです。テンタクルの首領・プロフェッサーK(故・天本英世氏)は打倒マシンマンのために弱点を探るためにボールボーイの捕獲に乗り出し、このボウトウ男を派遣します。ちょうどこの頃にボールボーイが「アイビー星に帰りたい!」とホームシックになってマシンマンの人間体・ニックと喧嘩して宇宙船から飛び出してしまい、てんやわんやの大騒ぎになるのですが・・・。でも、Gはリアルタイムでこの話を見ておきながら、肝心の後半を全く覚えてないんですよね。あと覚えているのは、飛び出したボールボーイが目の手術をした少女と仲良くなるところとボウトウ男が右手のピッチングマシンからボールを高速発射するところなのですが・・・やっぱまだ不調という事なのかな?頭は回らん。今回は駒大苫小牧の大暴投というところなのでしょうか・・・洒落にならんなあ。今回はGの体調もあるので、この辺でやめておきます。なお今回は雑談とさせていただきます。それでは、これにて。

「夏の熱い甲子園も終わりました・王選手に憧れるデビルバッター!」


◎ボウトウ男と同型のアンドロイド◎
「ロボットでも朝寝坊するの?孤独なテッキュウ男」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-23 20:43 | 雑談
こんばんは、Gです。昨日の過密スケジュール(結果的にはですが)や2日連続で夜中に叩き起こされたりしたせいか、今日は体調を崩してしまいました。最低限の用事を済ませた後はもうフラフラで熱が徐々に出てきて食欲もなく、やむを得ずバイトの研修も休んでしまいました。ですので、申し訳ありませんが、今日22日の「ひいろお倶楽部@」はお休みさせていただきます。文章もイラストもとても載せれる状態ではなく、沢山頂いているコメントですが、お返事は明日23日以降にさせて頂きます。明日にでも体調が優れれば、また記事を書かせて頂きます。これだけ書くのが精一杯なので、ホントに申し訳ありません。それでは明日23日にまたお会いしましょう。今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-08-22 23:29 | 雑談
←menu