カテゴリ:病院系( 175 )

c0040422_13174639.jpg


こんにちは、3日ぶりのGでございます。

死人コウモリの記事以来の久々の病院系です。
そうです、今日5月8日は眼科の定期健診の予約日だったんですね。

昨夜の地震が結構スゴイ揺れだったので
ただでさえ睡眠バランスが崩れているGは寝る直前だっただけに
正直スゴイ嫌な感じで寝るタイミングを損ねた感じだった
のですけど
何とか予約に間に合うくらいまでに寝る事ができまして。
先程、帰ってきた次第
です。

眼圧検査結果から申し上げますと
右:20、左:21

一ツ目アイーダの記事から
約2ヶ月で何とかギリで平常値近くへ戻りました!


もっとも今日の予約は1月に眼科へ行ったツララ怪人の記事の段階で取ってたので
視野検査などの予約までは入ってないかもしれないなあ?と思ってましたが、
やはりその通りで目に風を当てる眼圧ノンコン検査のみの予約でして
視力検査とか詳細な検査は次回の7月3日に行う事になってました。
ちなみに今日はその次の8月の予約も入れておきました。

まあ、それでも通常とほぼ同じくらいまで眼圧が回復し
「もう通常通りで大丈夫」といった感じのいつも通りの診察でして
少しホッとはしてます


あくまで不眠症の影響の一連で今回は眼圧悪化になったのですから
来週のお茶の水の病院の通院日までは療養中
恐らく今回の眼科の検査結果を報告して診断材料という格好となると思うので

死人コウモリの記事で書いた

特撮系のイベント発生時、
急遽通った際の病院系、
コピペで負担の少ない検索ワードランキング及びイラスト辞書、
急遽のお知らせや連絡用の雑談、


のみとさせて頂き、その他の記事は一切アップしない
(訃報記事、美術系、音楽系などを含む)、

という記事展開を最大5月8日までの延長というのを
最大5月13日まで更に延長
と致します。

ネットやメール、コメントなどの
全体の使用時間の自主制限も基本的に上記に準じます。


という件に関しては

13日まで現状維持とさせて頂きます。

ただ、昨日一昨日は記事アップするお知らせする事項が個人的には無かったものの
睡眠バランスが悪くて寝てたり私用もあったりとしてた間に

昨晩エキサイトブログ側から発表があったようで
どうもそれが下手すると
現状維持の件に引っかかってくる可能性
が出てきました。

ですので次回はその件を雑談記事として
キチンと書かせて頂きます。


という事で、今日の鉛筆画ですが
眼科検診という事で安直に決めて事前に用意
しておきました。

秘密戦隊ゴレンジャーに登場の仮面怪人である一つ目仮面です。

なんか凄くお手軽なのを選んじゃいましたが・・・
あんまり好きな仮面怪人じゃないしいいか!
一つ目仮面よりも以前登場した八ツ目仮面の方が好きだし。
(おいおい)

アナホリダブラーの記事の紛失ストックイラストリストには無いですが
他のゴレンジャーの仮面怪人と同様に三頭身くらいにデフォルメしてます。

(今日はここで一度休憩いたします・・・)

お待たせしました。一つ目仮面の方にまいりますか。

一つ目怪人は日輪仮面敵組織黒十字軍の初代将軍として
短期間だけ指揮してた頃に登場した仮面怪人

黒十字少年予備軍を結成するために子供達を次々と誘拐し洗脳する事が使命。
その洗脳には巨大な目から発する催眠光線を使い
一つ目仮面の神経がある限りその洗脳催眠を解く事ができない。
初代キレンジャーこと大岩とモモレンジャーことペギーが
寝返ったフリをしてミドレンジャーこと明日香を捕縛し教官となってアジトへ侵入し、
全ての子供達を逃がされてしまい、
得意の催眠光線でゴレンジャーを苦しめるも
アオレンジャーのブルーチェリーの矢で目を射抜かれて術を破られてしまう。
催眠光線の他の武器としては手にした杖からの連射爆撃がある。
声の担当は丸山詠二氏。

んー、でも目の他に催眠という点でのダブル起用という考え方も出来るな、うん。

では、近日中にエキブロの発表の件と
それに関わる影響をアップ
しますので
しばし、お待ちを。
それでは、本日はこれにて。



「病院へ行ってきましたPart124・GW明け延長決定の棺桶に足突っ込んだ?」
「病院へ行ってきましたPart121・一ツ目アイーダの眼圧ワースト記録更新」
「病院へ行ってきましたPart111・ツララ怪人去った後に眼科へ」
「こいつが最新のコメントを賑やかせた八ツ目仮面!」
「これだけのイラストストックをアナホリダブラーが探してます。」
「顔ほど穏やかでないアフリカの星・日輪仮面!」
「体調メチャクチャ、方言メチャクチャ。」(キレンジャー)
「ひいろお第29話:5人の理由」(ゴレンジャー)
「病院へ行ってきましたPart122・さよならカメレオンカンス」
「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-05-08 13:56 | 病院系
c0040422_14464119.jpg


こんにちは、Gです。予告通り2日ぶりの記事アップです。

昨日は都内からの帰宅が予想よりも早くて昨日中でもよかったのですが
担当医からの「無理しないように」という言葉もあり
事実少し疲れてたもんですから慌てず今日
にしました。

まあ今のGの症状は前回の電話先生の記事で書いた内容の他に

寝れない時は2日連続という時がある
とか
多分視神経から来ると思われる頭痛が起こったりとか
薬の関係もあるとは思いますがフラフラする時があるとか
同じく薬のせいだと思うのですが記憶が飛んじゃったりだとか

そういうのが加えて書くべきかなといった感じなんですけど
昨日の診察はちょっとG自身も予測できない状況だったんですよね。

というのもですね

この4月から医薬診察システムが変更となってて
6月くらいまでがそのいシステム移行期間だったり

昨日15日の2週間後は29日祝日ですから
次回の予約が1週間後の22日に一旦診察という形になるのか
3週間後でGW明けの5月6日になるのかがわからなかったり

という状況で鉛筆画とかも事前に用意できないような有様
だったんですよ。

ただ、今までのパターンでは5月6日には確実に行くことにはなるんだろうな、
という予測だけはしていた
のですけど

診断の結論を書きますと

次回予約が4週間後の5月13日となりまして、
その日まで今のように穏やかで
ゆっくり治ってきてる状況で療養して
無理だけは絶対しないように


という事だった
んですよね。
特に「無理しないように」という点は新しい担当医から
かなり何度も釘を刺されましたね。


新しい担当医はメタルメガスの記事同様に最初にGの話を聞いた後に
昨年末からの高熱の件や目の件も気になさって

「もうゆっくり休みましょう!」

という診断になった
のですが少し強引な感も受けたので
薬はこのままでとかGの思うところも一応話してみたら
ちゃんとその話も聞いてくれた後で

「んー・・・でも薬はこのままでも多いと思うんだよね、
薬を増やしたままだと怖いしね。
残ってる薬もありますから頓服薬もある程度しか増やせないし
若干減らした感じでやってみましょう!」

と担当医が仰ってトータル的には若干ですが薬の量を減らす事にはなった
ので
診察の最後には

「じゃあ、無理しても仕方ないし、もう4週間休んじゃうか!」

とGも吹っ切れた感はありましたね。


もっともそうなるとですね、
5月8日の眼科の定期健診の方が先になる格好となるので
メタルメガスの記事で書いた

特撮系のイベント発生時、
急遽通った際の病院系、
コピペで負担の少ない検索ワードランキング及びイラスト辞書、
急遽のお知らせや連絡用の雑談、


のみとさせて頂き、その他の記事は一切アップしない
(訃報記事、美術系、音楽系などを含む)、

という記事展開を最大5月8日までの延長というのを
最大5月13日まで更に延長
と致します。

ネットやメール、コメントなどの
全体の使用時間の自主制限も基本的に上記に準じます。


こういう結果になりましたが宜しくお願いします。


まあ逆に言うと今月の病院系はもう無いという事にもなりますが。

ちなみに電話先生の記事で書いたお知らせはBCCメールで14日中にやったのですが
(旧PCが壊れた関係で今ある古いデータから遅らせて頂きました)
メールのお返事が結構多く寄せられまして
大変嬉しく思うのではある
のですけど上記の事情により
それに対する対応はゆっくりやらせて頂きますので
友人知人の方々にはご了承頂きたいと思います。


では、鉛筆画へ。

今日の鉛筆画はそのような流れで多分このキャラの起用が濃厚と思いながらも
結局は今朝仕上げたもの
でして

仮面ライダーV3に登場のデストロン怪人である死人コウモリです。
「しびとこうもり」と読みます。

(起用理由などは一旦休憩してから書きます)

昼の分の薬も飲んだので続きを書きます。

今までにもデストロン怪人は描いてきましたがツバサ一族は初ですね。
まあ翼がある分、描くのが面倒くさいというのがあって
載せてる鉛筆画も紙のサイズの関係で横にしていまして
横で怪人だとこんなに小さくしないと載らないんですよね。
クリックで大きくするように出来なくもないのですが
(鉛筆画はフォトショップで修正して載せているし)
Gのセンス的にちょっとそれは嫌だなというのもあるもんで。
今は修正がうまくいかないので後日できたら変えておきます。

敵組織デストロンの結託部族の二番手として登場したツバサ一族は
空中からの攻撃という特技でV3を非常に苦しませ

後の仮面ライダーZXの敵組織バダンがタカロイドを製作する際に
参考データとして起用してたくらい
だったのですが
死人コウモリはそのツバサ一族最後の怪人となります。
死人コウモリは口から長い舌を伸ばして人間の血を吸い
「ヒマラヤの悪魔」というビールスを植えつけて奴隷とするのが任務

威嚇用に小型コウモリを操る能力を持ち
また空中での高速回転投げのV3キラーという技を体得
一度はV3に勝利したほどの強敵であったが、
それもそのはずで正体はツバサ一族の頭領でデストロン幹部のツバサ大僧正。
V3が特訓の末に編み出したV3マッハキックに敗北

翼も折られツバサ大僧正の姿に戻った彼は棺桶に倒れこんで自爆する。
声の担当は辻村真人氏で、この第40話「必殺!V3マッハキック!!」は
前作仮面ライダー第31話のリメイク。
(前作の名作を見直すという企画案からの1つ)

先日、前バイト先の店長さんと半分冗談で
「15日の診察という時点でGW明け確実という棺桶に半分足を突っ込んでる」
なんて会話してて笑ってた記憶
があるのですけど
ツバサ大僧正ばりに
本当にGW明け棺桶に突っ込んじゃいました。

それが起用理由。

まあ、焦っても仕方ないので、のんびり行きますよ。はい。

あとお知らせを2つ。

14日の夜に遂にイベント発生の条件が揃いました。
イベント記事を準備中ですので近日中にアップします。


というのと

電話先生の記事で診察以降のお知らせ記事アップの件を書きましたが
本来載せないとした音楽系にも引っかかった内容のが
1件のみあるかもしれないという事を付け加えておきます。


あー・・・結構疲れるもんだな・・・今日はこの辺で失礼します。


◎追記◎(4/16)
やはりアップした鉛筆画の処理がイマイチなので
フォトショップで修正しアップし直しました。
一見ボロボロになったように見えますが
今回の鉛筆画はクリックして見て下さい。ご面倒おかけします。



「突然、新型の電話先生がやってきた?」
「病院へ行ってきましたPart123・強風の中メタルメガス参上?」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-04-16 12:09 | 病院系
c0040422_1627192.jpg


こんにちは、ヘロヘロに疲れてるGでございます。

昨日は色々大変でしたが、こんな事もあったようなので
エキサイトブログ側の発表を先に置いておきます。

「Firefoxのアップデートに伴うログインエラー発生と復旧のご報告」

(↑クリックすると詳細見れます)

Gがヘロヘロなのは不眠症からだけではなく
昨日の天気に振り回されちゃったから
なんですよ。

昨日4月1日にニュースや他の方のブログさん等を見られた方や
関東地方にお住まいの方はよくご承知か
と思うんですけど

昨日は凄い強風が吹いてまして。

Gは朝のゴミ捨てが終わった後、どうせ寝れないんだし、
北千住と新宿三丁目にも余裕があったら用事があるから寄りたいしと思い
昨日はかなり早めにお茶の水へ出発
したんです。

そしたらですね、強風での倒木があって
JR武蔵野線が止まってた
んです。

Gはお茶の水に出る時はJRは使わないのですけど
振り替え輸送で私鉄も混雑し始めまして。

JR武蔵野線は埼玉では唯一と言っていい位の
東西移動の環状線
なので
都内のJR各線にも影響が出始めて遅れが生じてるだろうと予想したら
やはり駅構内でそういう放送があったんで

北千住の用事を今日はパスしてJRやJRに直通してない電車
(例えば東京メトロ千代田線はJR常磐線各駅停車直通だからパスとか)
を選んでいって地下鉄メインで遠回りながらお茶の水へは早めに到着。

そんな感じですから診察は空いてたものの会計受付は大混雑。
電車の遅れの他にGみたいに担当医が変わったりとかありますからね。

それで病院終わった後に新宿三丁目に向かうために地下鉄の駅に行ったら
今度は
東京メトロ日比谷線が
ポイント故障で止まってる
という構内放送が。

これじゃあ、早く帰るのは無理とそのまま東京メトロ丸の内線に乗って
新宿三丁目に行き友人の個展に顔出して
北千住でパスした用事をその画廊の近所で急遽済ませて

また遠回りして帰路へ着いたら混雑は最後のバス以外避けられたけど

普通でもバテますよ。
また盗難に遭わない様に前バイト先に置いた
自転車のお礼の挨拶の言葉も出ない位
でしたから。


当然、地下鉄メインでの移動の変更もあって
蛍光灯とかで眼の状態も良くなく病院到着時もヘロヘロでしたね。


そのカメレオンカンスの記事で決まった
通算7人目の担当医の初診察
だったんですけど
引継ぎもうまくいってたのか目の事を凄く気遣ってくれまして。
話も思ったよりスムーズに話せたというか最初にズーッと聞いてくれるんですよね。
途中で話を切ったりとか事務的に処理するという事はしない医師
でした。

そして今まで担当医の中ではピッチャーに例えると
下手に変化球使わずストレートに直球勝負のような事を仰ってくれますね。


隊長蛇塚の記事クロカメレオンの記事のような事も当然伝えましたら

「そこまでだとその方達に来てもらうだけでも困るよね・・・
協力してくれるのなら1回警察呼んじゃいましょう!
その方が治りも早いし本当に相談してるのがわかるでしょうから」


とか

発作で薬を少し多く飲んでる事への不安を話す

「んー、確かに薬が増えるのは怖いよね・・・
その薬の頓服追加分は10回分でやめておきましょう!
その方が今度は薬による影響がやっぱり怖いですからね」


といった感じ。

話を聴いた上での直球勝負なのでGも納得は出来ますよね。
第一印象としてはいい感じだと思います。

ただ最低2、3回は通ってみないと何ともいえない部分があるのは経験済みなので
しばらく新しい担当医の下で治療してみましょう。

(ちょっと用事が入ったので、ここで一旦休憩します)

すみません、用事を済ませてきました。

ですので・・・何を書いてたっけ?
・・・あ、そうそう、

四面怪人の記事で書いた

特撮系のイベント発生時、
急遽通った際の病院系、
コピペで負担の少ない検索ワードランキング及びイラスト辞書、
急遽のお知らせや連絡用の雑談、


のみとさせて頂き、その他の記事は一切アップしない
(訃報記事、美術系、音楽系含む)、

という記事展開を次回予約の4月15日まで延長
診察の状況によっては
引き続き最大5月8日まで延長
と致します。

なおネットやメール、コメントなどの
全体の使用時間の自主制限も上記に準じます。


あと半月から1ヶ月強となりますが宜しくお願いします。


しかし診察で長文化すると思って2つ記事を3月に増やしたのに
まさか強風で更に長文化する羽目になる
とは思いませんでしたが。


・・・さて気を取り直して今回の鉛筆画ですが

超電子バイオマンに登場のネオメカジャイガンであるメタルメガスです。

(起用理由などは二回目の休憩後に書きます、当初はここで休憩の予定でしたが・・・)

なんかサーバの状態がよくないのか、記事アップに物凄く時間がかかりますね・・・。

このメタルメガスは四面怪人の記事の際に顔が開く機能がある事から
顔面神経麻痺治療終了の記事の候補の1体として考慮しており
前回のクロカメレオンよりは先に描いてあったもの
です。

ただ病院系のバイオマンネタが続きすぎる事
ハニワカンスサタンメガスとかも候補に挙げてたので)
メタルメガスがカンスに変わる新型のネオメカジャイガン第1号である事から
今日の新しい担当医の記事にずらして使う事にしてました。

カンスことメカジャイガンに代わる新型機として投入された
メガスことネオメカジャイガン第1号機であるメタルメガスは
バイオロボのスーパーメーザーを折る程の強靭な装甲を持ち
バイオマンの超電子頭脳を狂わせる彗星Xが
地球周辺を3時間通過する事を知った

敵組織の新帝国ギアの首領ドクターマンはバイオマンに総攻撃を開始、
バイオマンにジューノイド5人全員を出撃させて乱戦してる間に
新型機メタルメガスも投入して敵味方に無差別攻撃
をかけます。

ジューノイドはこの攻撃でメッサージュウとアクアイガーが破壊、
負傷しつつも生き延びたジュウオウ、サイゴーン、メッツラーは
ボロボロになりながらもバイオマンと戦い続けます。
これによりジュウオウも破壊
されてしまいます。

メイスンが操縦し重厚な装甲と攻撃力を誇るメタルメガスも
ビーム砲を顔を開いて放つ点が弱点
となり
開いた顔を攻撃してバイオロボは辛うじて勝利を収めます。
メタルメガスの武器は
その顔のビーム砲の他に右手の五連装バルカン砲を装備。
メガスはメラージュ戦闘機をコクピット兼脱出機としてます。

ちなみにこの後にサイゴーンとメッツラーは
ビッグスリーのメイスン、ファラと共に改造強化され、
ジュウオウもモンスターが部品回収してまでの嘆願で改造強化されます。

なお、この鉛筆画はスマートな出渕裕氏のデザイン画より
流用した足を使用の劇中のものを参考
にしました。
コッチの方がGはカッコいいのと思うのですが・・・。

何となく数えてらっしゃる方は次回を期待されてると思います。
ただ明日3日は予定があるため(ホントに今更ながらの予定なのですが)
明日は記事アップが出来ない事もあり
昨日の疲れが残る2日に予定通りアップという形
でしたので
それは近日中に。では、これにて。


「クロカメレオンの下の指導で?動いてます。」
「あんまり書きたくなかったけど書かざるを得なかった記事」
「本日をもって左半分顔面神経麻痺の治療が終了しました!」
「病院へ行ってきましたPart122・さよならカメレオンカンス」
「ひいろお第20話:ジャンケン」
「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-04-02 17:13 | 病院系
c0040422_1940264.jpg


こんばんは、5日ぶりに登場のGでございます。

前回のライギョンの記事を書いている最中に安藤達己監督のコメントを頂き
(記事製作中のコメントは基本的には確認できないのです)
またBenさんのコメントも今日頂きましてGは大変嬉しく思います(泣)
ありがとうございます!

今日はそのライギョンの記事でも書いたように
急遽アップする予定になった病院系記事を
当日となった本日26日にアップ
します。
元々、中5日の予定でしたので余裕を持って書けると思います。

もっとも記事のタイトルにも書いてあるのではありますが
一昨年の4月のデスマスクラーの記事で発症を書き
7月の交通事故をはさんで
去年のミミラーの記事で再発を書きました


左半分顔面神経麻痺の治療が
本日3月26日の投薬分にて終了となりました!


え?ミミンガの記事で終わった事ではないの?と思われる方も多いでしょうが
通常では顔面神経麻痺の再発は10年~20年くらいといわれているところを
10ヶ月という短期間での異例の再発という事だったので
交通事故で運ばれた病院と顔面神経麻痺の病院は同じでしたから
両方並行してリハビリは続けていた
のです。

で、去年の11月くらいから引越しなどでリハビリの時間もキープできない事もあり
念のため顔面神経麻痺に関しては投薬で治療を続けてました。


一応、治療の目処は1年間でしたので
再発から1年経った今年の1月に投薬を終わらせる予定だった
のですが
高熱など色んな事が重なった関係で今月まで延ばしてもらっていたのです。

26日分の薬を服用して終了の予定だったのですが
今も治療中の不眠症の件での顔面神経麻痺があったものですから
今月20日に予定通り終了してよいかを電話で確認した
のです。

そうしましたら眼圧と同様に顔面神経麻痺も
不眠症で一時的に悪化してるだけだと思うから
様子見は必要だけれども
投薬治療は予定通り終わりにしていいです

という話になったのです。

やっと1つの病気をクリアできました・・・
初回の発症から2年弱かかりました。


「教師生活25年!」
(それは「ど根性ガエル」の町田先生

・・・1つ薬が減れば肝臓への負担が減るので本当に助かりますね。
再発の10年保障と言ったところではありますが。
舌も右へ曲がったまま後遺症として残りそうですし。

ということで、病院系記事なのに病院に通院してなく吉報と書いたんですよ。

不眠症の方はライギョンの記事あたりから寝れる日が多くなってはきまして、
ただ目は相変わらずで良くはなってるとは思うのですが
PCも使ったら休まないといけませんし
TVも30分くらいしか見れません。
頭が痛くなって目に熱が出た
ようになります。
雨天や夜間は余程でもない限り外出しませんし
仕事もストップ
したまま
です。

ですのでカメレオンカンスの記事で書いた

次回予約の4月1日まで

特撮系のイベント発生時、
急遽通った際の病院系、
コピペで負担の少ない検索ワードランキング及びイラスト辞書、


のみとさせて頂き、その他の記事は一切アップせず
(訃報記事、美術系、音楽系含む)、
診察の状況によっては最大5月8日まで延長します、


継続するのですけど、

更に急遽のお知らせや連絡用の雑談は追加する事にします。


よくよく考えたら上記のような雑談がないと
色々と困る事があるのに気づいた
ので。

もっとも今月中は予定通り余程の緊急でない限りはアップせず
4月に持ち越しとなる
と思います。

なおネットやメール、コメントなどの
全体の使用時間の自主制限も上記に準じます。


どうかご了承ください。


今日の鉛筆画ですが就寝時の薬の関係で頭がボーッとしてることもあり
顔の特撮キャラという事で色々候補を出したもののなかなか決まらず
先日ようやくコイツだ!と久々に描いてみました。

バトルフィーバーJ
に登場のエゴス怪人である四面怪人です。
「しめんかいじん」と読みます。

(目を休ませるため一旦ここで休憩を入れます)

それでは四面怪人の説明を。

敵組織エゴスは竜神岬に漁民から祭られている
海の守護神である四面竜神像がある岩場を爆破
します。
更にエゴスは流れ着いた四面竜神像を文化省の役人と偽って奪います。
四面竜神像の心臓部には水晶玉があり、それを源に
天と地の宇宙エネルギーを持ったエゴス怪人として誕生したのが四面怪人
です。

漁師の父が行方不明のため四面竜神像を大切にし一緒に流れ着いた前田武少年
追跡したバトルケニアこと曙四郎と共に囚われの身となった際に
四面怪人が四面竜神像が目覚めた姿と思い込むが性格は邪悪そのもの。
四面怪人は特殊原子砲に必要なウラン鉱石とダイヤモンドの奪取を使命
とし
6本の腕を回転しつつ次々と太刀を放つ風車剣なる必殺技を持つ。
また四面流闇走りで異空間を作り出し
腕を交差した際の防御力はバトルフィーバーのいかなる技も通用しない。


当初ケニアが欠けて戦ってたバトルフィーバーの個人技はもちろん
知恵の輪で戦闘員カットマンの気を引こうとするなど色々な事をして
四郎と武少年がようやく脱出
してバトルフィーバーが5人揃うも
必殺技のペンタフォースすら四面怪人には通用しない!


そこへ東千代之介氏演じる倉間鉄山将軍がケニア不在の報を受けて出陣し到着。
鉄山将軍自ら四面怪人と1対1で勝負に挑み鉄山流電光剣の二太刀の前には
風車剣も効かずに四面怪人は敗北
する。(ストロボ描写がカッコいい!

巨大ロボで弟の悪魔ロボの四面ロボもバトルフィーバーロボに敗れ
捨てられていた四面竜神像も無事回収
するのだった。
なお実力派怪人である四面怪人の声の担当は大宮悌二氏で
デザインは久保宗雄氏がエゴス怪人初期案で出したものを
第37話「電光剣対風車剣」での登場のために久保氏がフィニッシュワーク
したもの。

鉄山将軍こと名優・東千代之介氏の見事な太刀の如く
これからもまだ治さなくてはいけない
病気や後遺症も倒していきたい
ものです。


そろそろ就寝前の薬の時間ですので。
特に緊急な出来事がなければになりますが
4月にまたお会いしょう。


◎今までのお知らせ◎

「ようやく「ひいろお倶楽部@」の検索ワードランキング!Part18なんですが」
「病院へ行ってきましたPart122・さよならカメレオンカンス」

◎初回の発症の流れ◎

「病院へ行ってきましたPart38・腰痛に両太もも痛で火にアブラバンバラ!」
「病院へ行ってきましたPart39・Gの左半分顔面神経マヒでデスマスクラー?」
「病院へ行ってきましたPart40・5月にはMRI検査決定でワニカエルギンです。」
「病院へ行ってきましたPart41・Gの声色が変わりまくりでバッファロー提督?」
「病院へ行ってきましたPart42・一昨日からカニレーザーのレーザー治療追加」
「病院へ行ってきましたPart43・鼻が曲がり実家に一時帰るかも?でゾゾンガー?」
「注射は1週間追加・・・でもトイレが直ってアオタガメです。」
「病院へ行ってきましたPart44・左目が開かず検針が大変でガンモンス」
「病院へ行ってきましたPart45・マグマグのMRIによる運命のGの悩の撮影!」
「顔面神経麻痺のウィルスに関しての説明をサソリジェロニモがいたします。」
「病院へ行ってきましたPart48・電車に乗って体力奪われメカギラスのご登場。」
「病院へ行ってきましたPart49・顔面神経麻痺の回復早くデスマスク怪人並み?」
「病院へ行ってきましたPart52・色々あって風呂に入れてガマゴエモン?」


◎再発の流れ◎

「華々しく「ひいろお倶楽部@」2周年といくつもりでしたが・・・。」
「病院へ行ってきましたPart58・アオデンキウナギにGの左手をやられた?」
「病院へ行ってきましたPart59・Gの精神はニメンビースト状態」
「病院へ行ってきましたPart60・そして顔面神経麻痺再発でミミラーが痛い!」
「病院へ行ってきましたPart61・更に舟耳仮面からGの右耳に腫瘍の疑いが」
「病院へ行ってきましたPart62・キングボックルがGの右耳を超音波で見る?」
「病院へ行ってきましたPart63・こんな時にクラゲダブラーの目玉が呼ぶの?」
「病院へ行ってきましたPart64・ミミンガーが右耳腫瘍検査の結果報告をします!」
「病院へ行ってきましたPart65・全て真っ向否定のクジラ怪人の診察」
「病院へ行ってきましたPart66・また耳鼻科へ行ったらマグネット怪人のMRI撮影へ」
「病院へ行ってきましたPart67・ジシャクデスパーのMRI結果ではどうも・・・?」
「病院へ行ってきましたPart68・大耳仮面の診察でやっとGの病名判明」
「病院へ行ってきましたPart70・イヤゴーの衝撃音波に仕事も頭も痛いですわ」
「病院へ行ってきましたPart72・やっとミミンガともおさらばです?」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-03-26 20:50 | 病院系
c0040422_20463032.jpg


5日ぶりのご無沙汰でございます、Gです。

まあ、あれから2日か3日おきに眠れない日があるものの
何とか眠れるようになったのですが
就寝時に飲む初期治療の際に使った薬飲んでますから
昼前まで頭がぼやけてて喋ってる事もフニャフニャ。

おまけに薬が強いですから物覚えがまた悪くなってるので
本当は明日あたりにしようかと思ってましたが
忘れないうちに今晩に日中行ったお茶の水に行った件を書きます。

とはいえ一ツ目アイーダの記事であった眼圧悪化の件で、
あんまり今日みたいな雨が降る日とか帰宅が夜間とかは非常に嫌で
階段の段差とかがよくわからなくて
傘でトントン叩いて確認する有様
でして。

(でないと段数を間違えてカクンとかコケそうになるのよね)

その割にはメッセンジャーをGと繋いでらっしゃる方はおわかりかと思いますが
GのPCは起動してネットに繋がるとメッセンジャーが自動立ち上げするのだ)
結構ネットを使う用事があったりして急にPCの動作が重かったりすると
時間が長くなって頭が痛くなっちゃうし吐き気も来るし
眉が顔面神経麻痺でピクピクする
という・・・

そういう時は出来るだけ使った時間くらいの休憩は取るようにはしてますが。
自宅の仕事も今のところ休止させてもらってます。

ブルブルの記事でも書いた
痙攣や手の震えも16日頃からようやく治まり
足のふらつきはまだありますが
タイピングや字を書くのも少しずつですが出来るようになり

極たまにですが鉛筆画描いたりもしています。
ただね、鉛筆画描かないと事故の後遺症の関係で握力落ちて
ペットボトルのキャップとか回せなくなるので
何とかしないと
とは思っています。

毎日の鍛錬って大事だねえ・・・。

日中は天気のいい日を見計らって用事を済ませています。
振込とか買い物とかが多いですが電動アシスト自転車で動いてます。
体力無いのでバテる時が多い
のですが、その詳細は後日に回すとして、
まあ、そうしないと精神的に良くないですし日光の方が見やすいので。はい。

ですので今日は天気予報で午後から雨という事でしたので
自転車は帰りを考えて控えめにしてバスで駅へ移動し電車で都内へ。
この考えは正解だったようで予約にも充分間に合いましたし
院内処方が混んでたので帰りが遅く夜の雨をバスで移動できました
し。

お茶の水の病院の担当医には大体上記の事をGが話したように思います。
特に左目の眼圧30には流石に担当医も驚いてて


「そんなに高かったんですか!
・・・今、出してる薬では
そんな眼圧に副作用が出るものは一切無いので
不眠からの疲れで
眼圧にも影響出ちゃったんですね・・・」


やっぱり眼圧の悪化は不眠症からなんだ・・・。
「やっぱり」と書いたのは眼科から出た処方箋で院外処方した先の薬局で
目薬を貰った際に薬剤師の方が同様の説明をかなり詳しくされてた
んですよ。

いやね、不眠症が治れば眼圧も下がるのはわかりましたけど
Gが一番心配してるのはそれによって視野がまた欠けると困るんですよね、
こればかりは自覚症状がないから機械で見ないとわからないし・・・。


で、メイロヅノーの記事でも書いたように
結局、予定通り今回で今の担当医の診察は最後という形になりまして
入院時含めて二度も診察をしてくれ
トータルの診察時間が一番長い
ので
お互いに「長かったですね」のセリフが出た後に
担当医が遺訓のように


「初期の薬はこれだけ強くて
当時は普通に行動してたのですから
今は飲んでぼやけるという事は
それだけGさんは状態自体は良くなってるんです」

「動いた分だけ必ず休養をとってください」

「今は故あって治療に専念してますが
社会生活に溶け込む事を
これからも心がけてください」


の言葉をGに残してくれました。ありがたいですね・・・。

薬の調整の段階になって次期の担当医候補の話が出まして。
Gがノイローゼ直前に全ての曜日の医師から5人ほど候補を出したと話したら


「すいません、私がいる曜日と同じ医師でないと
引継ぎの関係で変更できないんです。
患者側から勝手に医師も変更できませんし・・・
まったくここのシステムっていったら・・・」


それ、先に言えよ!おい!
こっちはすげえ焦ったんだぞ!


まあ、それでも担当医が2人の医師をチョイスしておいてくれまして。
その2人の次期候補医師とGの候補5人の診察曜日と照らし合わせて
丁度、G候補の5人のうち2人と同じ曜日にいる医師が
次期候補医師の方でいらした
ので
(つまり次期候補医師の2人の診察曜日が微妙に違うのね)
4月1日から予約を取ってみる事にしました。

そしてお世話になったお礼の言葉を言って一礼し今日の診察は終わりました。

ですので、記事アップの件なんですけど考えてはいたのですが

次回予約の4月1日まで

特撮系のイベント発生時、
急遽通った際の病院系、
コピペで負担の少ない検索ワードランキング及びイラスト辞書、


のみとさせて頂き、その他の記事は一切アップせず
(訃報記事、美術系、音楽系含む)、
診察の状況によっては最大5月8日まで延長します。

これでこのままですと3月中は残り1つの記事アップで済む予定になります。
1回だけ特にエキサイトブログの
常連さんには伝えないといけない記事
がありますので。

もっとも4月1日は新しい担当医への説明で終わりそうな気もしますが・・・。

なおネットやメール、コメントなどの
全体の使用時間の自主制限も上記に準じます。


何卒ご理解の程をお願いいたします。


もう少ししたら就寝にあわせて薬を飲まないといけないので鉛筆画へ。
この鉛筆画は手の震えが止まってから初めて描いたもので
もし今月中にもう1回お茶の水に来るように言われたら起用できなかったので
安心して?起用させて頂きます。

超電子バイオマン
に登場のメカジャイガンであるカメレオンカンスです。

(起用理由などは目の関係などで休憩した後に書かせてもらいます)

さあ、薬を飲んでしまいましたので効き目が出ないうちにチャッチャッと書きます。

バイオマンファンなら、このカメレオンカンスとくればピンと来るはず。
そう、初代イエローフォーこと小泉ミカが

敵組織の新帝国ギアのビッグスリーの1人メイスンのバイオキラーガンで戦死した
第10話「さよならイエロー」に登場するメカジャイガン
であります。
起用理由は「さよなら」なんですね。

もっともGは当時見てたものの初代イエローフォーの戦死のイメージが強すぎて
カメレオンカンス自体は調べるまで忘れてました
けど。

新帝国ギアの本拠地ネオグラードに帰還した人工衛星には
バイオ星の爆発で飛び散った微量の反バイオ粒子が貯蔵されており

首領のドクターマンは反バイオ粒子を利用してバイオキラーガンを製作し
メイスンに与え打倒バイオマンを目指します。
その囮ともいうべく出撃したメカジャイガンがカメレオンカンスで
バイオロボとの激闘中にメイスンはバイオキラーガンでバイオロボを狙撃する
のです。
直撃したバイオロボはエネルギー減少、バイオマンらを強制脱出させますが
メイスンは攻撃の手を緩めず今度はイエローフォーが直撃、
力尽きたバイオロボはバイオドラゴンで回収したものの
イエローフォーのダメージは深刻
だった。
バイオキラーガンの残量が少ない事を知ったイエローフォーは
バイオキラーガンの弱点を教え銃撃の全てを自ら体に受け
「みんな、バイオに授かった力を信じて・・・」の言葉を残し息絶えてしまう。


レッドワンこと郷史朗の動物と話しできる能力が一時的に無くなったり
イエローフォーの超電子頭脳のディスプレイ表示が反バイオ粒子で消えたり
弔いの際に超電子頭脳の最後の力でミカの映像が映されたり

とにかく反バイオ粒子の恐ろしさが前面に出てたイメージが強く
これが後に登場するバイオハンター・シルバの伏線となるのですが・・・。
カメレオンカンスの武器は長く伸びる舌での電気ショックと両腕からのミサイル、
両肩からのミサイル、そして保護色によって姿を消す能力
である。

このカメレオンカンスの鉛筆画は基本的に出渕裕氏のデザイン画を元にし
両脚はデザイン画では流用を考慮してか省略されてるので実写のものにして
Gの手の感覚を確認する都合であえてG流に勝手にアレンジ
してます。
(特に頭とか両手の爪とか。角がある右肩もかなり長めにしてます)
震えの止まり具合を見る意味もあったので、
これだけ描ければまずまずでしょう。

じゃあ、今日はもう薬が効いてくる前にこの辺で。
今月はあと最低ワンチャンスはあるので、その際にお会いしましょう。



「病院へ行ってきましたPart121・一ツ目アイーダの眼圧ワースト記録更新」
「病院へ行ってきましたPart120・不眠のためにブルブル?」
「病院へ行ってきましたPart119・Gの担当医のW退職にメイロヅノー状態」
「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-03-19 22:11 | 病院系
c0040422_17212855.jpg


こんばんは、Gです。

今日は昨日書いたとおりブルブルの記事の続きである
昨日の眼科の定期健診についてと書いておきたい事を記事アップ
します。

昨日は正午過ぎに眼科の定期健診の予約があったので
試しに電動アシスト自転車で早めに出発して
ゆっくり移動し地元の大学病院に1時間前に到着。

受付を済ませ院内で昼食を食べた後に眼科へ行くと

90分遅れの表示が。

基本的には2ヶ月に1度で定期健診に来てるので
掲示板が変わってたのを昨日初めて知ったのですけど
90分か・・・久々に混んでるなあ・・・。

眼圧や視力検査などは予定通りの12時半過ぎに始まりまして
不眠症のせいもあってか待ちくたびれて座って居眠りしそうになった
のですけど、
それにしては左目の見え具合が随分悪いなあ、
と検査の際に思ったものの、
とりあえず待ってみて診察は70分遅れで入りました。


そうして出番が来ると眼科の担当医が

「Gさん、今日の眼圧凄い高いですよ!」

とビックリされてるんですよ。

「目薬ちゃんと刺してますよね?」とか色々質問がありました
ので
「ちゃんとやってますけど・・・」とGが答えた後に
最近、不眠症で昨日診察に行った事を簡単に説明しまして。


「ということは・・・
睡眠剤とかの薬を(新たに)飲んでるんですね?」


という意味深な質問を眼科の担当医がされて
Gが「そうです」と答えると「・・・わかりました」ということで
既に予約がある5月の後の予約を通常通り設定しまして
Gも不安だったので目薬の処方箋を貰って診察を終えました。


が、Gはウトウトしてたような状況でしたから
眼圧がどのくらい高いのかを聞くのを忘れてた
んですね。

それに診察終了後に気づいて眼科受付に無理言ってお願いして
今回の眼圧の数値を確認してもらい会計ファイルを貰う際に教えてもらった
んです。

「右目:26、左目:30、ですね」

それ聞いたGは驚いてしまって

「これって今までで一番高い数値じゃないですか?」

と受付の方に聞いたら


「そうなんですよね・・・」

と、すまなそうな顔で答えてました。

眼圧の一定基準として20までだったらギリで健常値、
それ以上で「高いですね」の判断
になるのですが
今までで一番高い数値になってたら眼科の担当医も驚くのも無理は無い。


Gは10年位前に仕事でVDT症候群と緑内障になって
更に仕事を続けた結果、今のような欝っぽい的確障害の症状が出てきたのは
ここまで病院系記事で何度か触れてきました


ハッキリ言って当時よりも数値が酷く
特に左目は完全に緑内障ど真ん中の数値なんですよ。


ただ、今も当時からずっと診てもらってる眼科の担当医なんですが
眼圧が高くなった場合、無理矢理にでも日程の間隔を狭めて
診察日程を変えてくる事が多いのに今回、色々質問して通常通りの予約とした
のは

多分、不眠症やその薬によるものだという判断だと思うんですね。

Gの場合、精神的なものと目が連動してるところが当初からありますから。


でも、VDT症候群と緑内障の発症当時に
眼科の担当医からPCなどの使用時間を制限された経緯があり
実際その8時間という制限時間を
当時の勤務先にお願いし了承された
ものの
結局はほぼ毎日12時間は最低やらざるを得ない仕事量で
精神的なものまで酷くなった
んですよね。

当時は床が平面に見えず上り坂に見えたり
蛍光灯や車のヘッドライトがまぶしすぎて
目が開けられなかったり
モニタ画面が突然ストロボ状にチカチカ見え出したり
しましたし

その時からGは右上の視野が狭いみたいですし
今は左目から鼻筋も視野が欠けてて見えないですしね。

現に今はモニタ見る時間は少ないものの
自宅の仕事は途中で中断せざるを得ない有様。


と考えるとですね、念のために今のうちから
今回も自主的にそうした処置はしておいた方がいい
と昨日Gは判断
しました。

ということで書きたかったことというのはですね、

この「ひいろお倶楽部@」の記事アップを一時停止し
来週のお茶の水の病院の診察日まで様子見をする。

担当医変更時期という微妙な時期ですが、
その診察次第で今後の記事アップを検討する。

場合によっては記事数を大幅に減らすなり無くすなりして
最悪は次の眼科の定期健診日の5月8日まで様子見をする。


という方向で決めた事なんですよね。

まあ、とにかく今回の件をお茶の水に伝えておかないといけないので
それ次第で何ともいえないところはあるにはあるんですが・・・。


ただ今までの「記事アップ止めます」と少し事情が違い
ブログを含めたPC使用時間自体を自主的に制限するので
コメントとかメールとかもかなり控えなくてはならないなあ、
と。


発症当時も友人達にその辺をお願いした経緯があり了承して頂いた経緯もあるので。

とりあえず来週のお茶の水の診察の際にまた報告はしますので
しばらくはその事情をご了承の程、お願いいたします。


そんな記事ですので今日の鉛筆画は1年半近く使ってなかったものを起用します。
眼科ネタ用でしたので何回か起用しなければ、その位の期間は経ってしまうのですが。

宇宙刑事シャイダーに登場の珍獣である一ツ目アイーダです。

描いてた時はリハビリ室で「何コレ?」って言われましたけど。

(こういう事情ですので今日も一旦休憩します)

では、一ツ目アイーダの説明をば。

シャイダーの敵組織フーマの不思議宮殿には
大帝王フビライの寵愛を受けてる奇妙な生き物達がいます。
それが珍獣で歌いたいのシンギン、腹ペコのガーキ、上半身のモンク、珍獣ノッソリ、
珍獣ヤーダ、そしてこの一ツ目アイーダがいます。
珍獣たちは作戦に応じて支援する事が稀にあります

一ツ目アイーダはどちらかというと外にはあまり出ない方
第2話の不思議獣ペトペトの支援のためにチンドン屋に変身していた程度である。
しかも第34話以降は登場しないため最後に1人残った神官ポーを見守るように
取り囲んで不思議時空に消えた珍獣たちでしたが一ツ目アイーダはいない
んですね。
(上半身のモンクも造形上そうなるのかな?)

目が悪くなったら、この措置は採らなくてはイカンだろうと思ってたので、
そんなに気落ちしてるわけでもないですから、その点はご安心を。


では、不思議時空から帰ってきたら
早ければ来週中旬以降にでも、
またお会いしましょう。



「病院へ行ってきましたPart120・不眠のためにブルブル?」
「病院へ行ってきましたPart8・眼科と眼鏡仮面!」
「VDT症候群」
「緑内障」
「病院へ行ってきましたPart91・キクロプスではなく眼科の話から」
「Gの病気の7年間を全て書きます・第1章/扉仮面の章」
「Gの病気の7年間を全て書きます・第2章/デビルスパイダーの章」
「Gの病気の7年間を全て書きます・第3章/ヤギ怪人の章」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-03-14 18:35 | 病院系
c0040422_18183120.jpg


またもや2日ぶりに登場のGでございます。お久しゅう。
今日は私用の関係でこの時間に記事アップしてます。

まあ今月に入ってヒョウダブラーの記事カンガロールの記事メイロヅノーの記事
アンノンの記事、そして前回のヘビヘビの記事で体調が悪化してる事
を書いてきましたが

あのヘビヘビの記事アップ後に痙攣というか痺れが起こり
1日1回は必ず痺れが出て昼夜問わず突発的な痺れで
一旦出ると回復するのに
4時間くらいは横になってないといけない
んです。

横になってるとはいってもノイローゼなので眠れるわけが無く
やっと寝れるのが翌日の朝6時以降
とかで
2~4時間くらいしか睡眠できず


おまけに今まで仕事とかで回復に持っていたことが度々あるので
通常の1/5程度の自宅の仕事を試しに入れてみても
1時間もしないうちに頭痛とか痺れとかで中断。


当然そんな感じですから調子のいい時を見計らわないと
ネットとかメールとかの用事もできない状況
でして。
確定申告も自転車盗難で遅れてたので税務署に状況を電話で説明して
郵送で何とか対応してもらうという始末。
食欲もますます減っていく方向だったので


これは敵わんということで11日にお茶の水の病院に電話相談すると

「診察後での悪化で電話だと時間を要するので明日担当医がいますので診察を」

とのお返事。

10日に徒歩で家賃やらを振込に銀行へ行って
11日に確定申告の書類送付のために郵便局へやはり徒歩で行って
13日には眼科の定期健診の予約が入ってる
のに

12日もやはり行かないとダメか・・・と頭抱えながらも昨日予約なしでお茶の水へ。

それで予約なしだったので14時半までに受付して
Gの診察は予約分が終わった17時近くに回ってきました。


で、まあ診察後に起こった事や症状を全て担当医に話したのですが
最初の方は何かうまく伝わってなくて繰り返し話したように思います。

診断から先に書くと

「全ての症状は眠れなくなってしまってる事から発生している」

1週間後の19日には今の担当医での最後の予約が入ってました
ので
Gが初期の治療の頃に用いた精神安定剤を頓服薬で出し
調整しながら次回の予約日まで様子見する事になりました。


ただ担当医から

「この薬は強くて効き目が長いですからね、
夜早めに飲んで下さい、後に残りますから」


とかなり念を押されましたが


昨日の就寝時に飲んでGが発病した時はこんな強い薬を使ってたのね、
と思い知らされるくらい効き目が凄かった
ですね。

もちろん、いつもどおり担当医から実家から距離を置く事や
勧誘などの電話などには絶対出ない事などのお灸を据えられまして
次回ヘビヘビの記事の件がまたあったら「警察に相談ですね」と色々忠告
されました。

まあ、ここのところ悪い事続きでしたが、そんな中でもいい事もあるもので
親友が捨てようとしてた電動アシスト自転車のお古を
昨日のお茶の水の帰りにご好意で譲ってくれまして。
今は本当に助かっております!ありがとう!(泣)


今日の病院系はよくある事ですけど1日遅れだったり、
いつもの病院系記事より淡々とした書き方になったり
してますが

途中でも書いたように翌日に眼科の定期健診があったため
昨日は余裕を持たせる意味合いで当初から記事アップする気は無くずらしました
けど

その今日の眼科の定期健診で少し不味い事があったので
書かないといけない事もありますし明日以降に記事アップして報告いたします。


それで今日の鉛筆画なのですが
痺れが落ち着いたところを見計らって今夕に試しに描いてみたもの

超神ビビューンに登場の妖怪ブルブルです。

久々のビビューンネタでして、
けっしてウルトラ怪獣のウーでも
宇宙刑事シャイダーの不思議獣でもありません。
はい。

(操作が不安定なところもあるので毎度ながら一旦休憩します)

そんじゃまあ、こちらも淡々にブルブルの説明を書いておきますか。

ブルブルは200年前に高名な僧の犠牲によって殺生石に封じられてた妖怪
神谷政浩氏演じる正男少年がその変な音がする殺生石を見つけて
友人の三太が止めるのも聞かずに石を割ったために出現
する。
ブルブルは体の髪の毛を子供に巻きつけて弱虫にして命を吸い取っていく
犬が大の苦手で逆にブルブルの方が震え上がってしまう。
犬を連れていたため無事だった三太が犬を連れずに囮となり
誘き出されたブルブルは三超神の攻撃を受け火の玉アタックにて退治
される。
声の担当は市川治氏。

・・・まあブルブルこないうちにここらで今回の記事は終わりにします。
それでは、明日以降に。


「しつこいヘビヘビのノイローゼ攻撃からようやく復活、かな?」
「閲覧者総数180000人突破!しかしGさんアンノン状態・・・。」
「病院へ行ってきましたPart119・Gの担当医のW退職にメイロヅノー状態」
「遅ればせながら3月2日に画廊に行った時の事(はぐれベーダー72)」
「自転車盗難の被害届をヒョウダブラーではなく警察に届出をしました。」
「ひいろお第6話:二重人格」
「物件決まったけど、まさかサカサバシラはいないよね?」
「神秘!伝説怪獣ウーの出現!」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-03-13 19:39 | 病院系
c0040422_2047186.jpg


こんばんは、Gです。

んー・・・正直言って昨日のカンガロールの記事と同様にイマイチ考えがまとまってなく
体調もヒョウダブラーの記事のような状況の上に身動きとれず食欲も減ってる
のですが、
もしかしたら記事でも書いたら気が楽になるかもしれないとも考え直しまして
昨日のお茶の水の病院での事を書こうか
と思います。

昨日も左ひざの調子も思わしくなかったもののバスと電車でお茶の水へ向かい
予約時間に余裕を持って到着し7番目くらいと案内された割には
30分遅れくらいで診察に入れました。


その時から
妙だなあ?予約が今年から1時間制から30分制に変わったからかなあ?
今まで行ってたのが月曜日がほとんどだったから水曜日は最近こうなのかなあ?

とは思ってはいたものの出番なので診察室へ。

それでまあ
2月末まで発熱や体力は回復傾向に向かってた事、

実はここでは機会があったら書こうと思ってたのですが
職場復帰のために前バイト先の店長さんが経済面を心配して
体調の良い時のみ外注の内職を2月末から少しずつもらってた事

それでやたら前バイト先からの電話を気にしてた所もあるのです)、

しかし外出時の自転車盗難に遭いスチール星人大盗賊怪人
ヒョウダブラーの記事の順で説明し体調面が一時的にバランスを崩してる事、


といった感じで話していきました。

発熱がまだ続いてるのは担当医も見てわかったのでしょうが
流石に自転車用盗難には苦笑いするしかなく

「まあ、もうそれは仕方ない事だとGさんもわかってるでしょうから
安い自転車を代用したりして、後は今、話してる時みたいに
一通りの事が終わったからか体調がバランスが整う時もあるようなので
時間かけて穏やかになるのを待つしかないですね。
警察って案外早く自転車見つけてくれて連絡くれる事もあるそうですし」

と仰って


まあ普通はここで服用する薬の調整やら予約時間やら
その状況においての話やらの展開になる
のですが

担当医の次の言葉がこうでして。

「それでね、私、3月末で退職するんですよ」

Gもこの時がやってくる時が遂に来たか、と思ってはいたので、

「遂に来ましたか」

と答えて、更に担当医が

「Gさんの前任の担当医の方が地元で復帰されてましたけど、
彼も3月末で退職されるんですよ。
大学病院特有というか、こればかりはねえ・・・
私は在任が長かったんですけどね」


という衝撃のお言葉。

担当医の「大学病院特有」という表現どおり、
大学病院というのは全国レベルの医療組織という一種の会社みたいなもんで、
こういう人事異動や留学、退職はよくあることなので
Gも「遂に来ましたか」と返事をしたわけ
なんですけど、

これが大学病院に通っている患者にすれば
最も恐れてる事なのである。


担当医が変われば、その医師によって医療スタイルというのが異なります。
これは医師も人間ですので当たり前。


そしてその次の医師にはカルテがあるとはいえ大体最初から説明しないといけません。
これも医師も人間ですから初対面の患者の確かなデータは欲しい。


それで次の医師の医療スタイルと患者の要望が合えば問題ないのですが
人間同士がやる事ですから医療方針が合わないという事もよく発生します。


Gの友人とかでも

入院してて期間中に運悪く担当医が人事異動で変わってしまい
入院期間がかえって長くなってしまった方




担当医が変わる度に結局似た医療方針(例えば薬出すだけとか)の医師で
医師が変わっても変わっても病気自体は全然よくならない方


という事も実際にあったりして

G自身もだいぶ前に扉仮面デビルスパイダーヤギ怪人の三連続記事で
Gが発病した経緯とその後をどうやって治療していったかを書きました


今の担当医で6人目で入院時と同じ担当医という珍しい例であり
(そう考えると延べ人数は7人となる)

Gも5年前に当時の担当医の退職で医師が変更した後、
医療方針が合わなくて担当医を変えるか、
病院を変えるかの大博打
を打って、
担当医を強引に変えて薬を減らす方向での治療になったものの、
このブログでも書いたようにその頃の多量の投薬の影響等で
3年前に記憶障害みたいな状況を体感
しているわけです。


それは別にGにも薬に頼りすぎた責任はあります
医療方針が合わない医師も一般的には良い先生という評価の医師で、
たまたまGの病状と相性が悪かったというのは事実
ですが、

やっぱそういうのを見たり
経験したりすると怖いんですよ、
思い出しちゃって。


それで薬を減らす方針に切り替えてくれた前の担当医は
予備といったら変ですけど万一のために指名できるようにと考えてた
のが

両者ともども同時期に退職されるとは
予想外でした。


で、今の担当医が

「次の担当医を次回の予約くらいまでに決めておいて下さい」

と仰いましたが、まあ次の担当医の選択権は以前は無くて
「次はこの医師です」と決められてた事が多かったので親切は親切
なんですが

今までの担当医はほとんど退職して
いないんですけど(泣)。


異動とか留学とかなら、まだ医師がその大学病院に所属しているのですけど
退職という言葉の場合は
本当に大学病院から去ってしまうんで。


以前に一度だけ追いかけてみようと何気なく退職後を医師に聞いてみた事があるのですが
とんでもなく遠い市だったので諦めた記憶がありますしね。

こういうね、退職とか異動とかの話が出る時は混んでても診察の流れが速いんですよ、
その事を伝えないと担当医はいけないというのもあるので。


・・・妙だなと思った嫌な予感的中・・・。

・・・定例の2月に異動とかと思ってたけど
何もこの時期にねえ・・・。


とにかく2週間の間に医師の情報を出来るだけ集めておかないといけないのと
場合によっては転院も考えないといけないのがあって
(だって次の医師が整体とかの東洋医学っぽいのを受け入れられなかったら厳しいしね)

5年前に考慮してた病院が切り札としてあるにはあるものの

正直Gさん考えがまとまりません。はい。

なので今日の鉛筆画も全然まとまらなくて

ついさっき決めたのが超獣戦隊ライブマンに登場の頭脳獣メイロヅノー

ライブマンは見てたんですけど敵方だとビアスとかケンプとかマゼンダとかは面白くても
頭脳獣のデザインは正直Gは好きではなかった
のですが
ここは頭脳獣くらいしか思い浮かばずバラバラヅノーと候補を絞って
最終的にGの状況からしてこうだろうと先程メイロヅノーに決めた次第。
それほど困惑してるのは事実
ですね。

(書いてるとおり体調面などもありますので一旦ここで休憩します)

では、もう半分投げやりっぽい感じですがメイロヅノーの説明を。
(それではメイロヅノーが可愛そうか)

敵組織の武装頭脳軍ボルトの幹部となったドクター・ケンプが考案した
「迷路作戦」を遂行するために作られた頭脳獣がメイロヅノー。
「迷路作戦」とは次元変換によって自由に空間を操作する事により
街中を道という道を迷路にしてしまおうという作戦。
人々をキリキリ舞いにしようとケンプは企む。
メイロヅノーは空間の揺らぎを作る能力を持ち
高速走行形態に変形して迷路空間を拡大
させようとし、
その空間の揺らぎでライブラスターのビームを反射する能力まで有する。
武器としては右目からのビームがある。

・・・書き忘れたけど両親とは反発してた担当医だったから
実家に伝えると喜びそうなのが嫌で仕方がありません・・・。


・・・変な事を考えないで体調を整えなくては・・・あー、もうやんなっちゃう!今回はこれで。


「遅ればせながら3月2日に画廊に行った時の事(はぐれベーダー72)」
「自転車盗難の被害届をヒョウダブラーではなく警察に届出をしました。」
「自転車は大盗賊怪人に盗まれて?いまだ行方不明・・・。」
「Gが画廊から帰宅する途中でスチール星人が自転車盗難?」
「Gの病気の7年間を全て書きます・第1章/扉仮面の章」
「Gの病気の7年間を全て書きます・第2章/デビルスパイダーの章」
「Gの病気の7年間を全て書きます・第3章/ヤギ怪人の章」
「病院へ行ってきましたPart27・記憶違いか?イノシシモズーのせいか?」
「ひいろお第22話:二日酔い」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-03-06 22:07 | 病院系
c0040422_1819136.jpg


こんばんは、Gです。

昨日のダーバーボの記事の段階では熱がどうなるんだろう?と不安でしたが

久しぶりに都内に出かけたりして疲れたのか、
お茶の水の病院の担当医の処方の変え方がよかったのか、
クリニックの風邪薬がまだ残ってたのがよかったのか、

夜は久々に眠れて今朝には熱を下げる事ができました。

昨日の発熱で不安もあって、どうしようかと思った
のですが
とりあえず今朝は近所のクリニックに行く事に決めました。

まあ風邪薬が切れて、これからどういう対処すればいいか?というのもありましたけど、
どちらかといえば昨日の報告みたいな形にしました。
多分、その方がGとしてもいいんじゃないかなあ、と思ったんですよ。
金曜土曜には担当医が午前のみの診察でしたし。

クリニックの担当医は昨日の経緯をずっと聞いてて
結果的に担当医の診察どおり風邪よりは体力面というのを実感しました、
というのをGが話しましたら担当医が


「・・・そうかあ・・・辛いなあ」

と、うなずきながら笑顔でしみじみ仰ってくださったんですよね。

なんて事ない一言なんですけどG的にはジーンと来ましてね。

「早く職場に戻れるよう頑張らないといけませんからね」

強気の言葉がGの口から自然と出てきました。

プロペラカブトの記事でも書いたように
お茶の水同様、クリニック側でも薬を無くす方向でしたし
Gとしても今回の薬は解熱剤程度があればという考えでもあったので
解熱剤1種類のみに減らして3日間の処方という形を担当医が取ってくださりました。

ここからお茶の水まで行くルートを担当医が聞いてきたので
Gが通常行くルートと席確保のための遠回りしたルートを話した
ところ
「他にこういうルートあるでしょう?」と色々と仰ったので
「通勤ルートで混むんで」と誤魔化した
ものの
昨日のGがいかに熱で頭が回ってないか、
よくわかったような気がしました・・・。

熱さえ出なければ体力回復に繋がるのですが。課題ですね。



まあ、それでも今日はクリニックから近いバス停からバスに乗って
電車も少し使って以前のシャボヌルンの記事で書いた
前の市役所からの税金の還付金を貰って
風邪の間中なかなか行けなかった散髪をしてから、
ゆっくり帰って、後はずーっとおとなしくしてる事にしました。

こうやって少しずつ何かできるようになって発熱しなければいいんですけどね。


ということで、今日の鉛筆画なんですが、
昨晩は赤ら顔にして高熱で苦しんでたということで
候補してたうちの特撮キャラの1体
を使います。

キカイダー01に登場のシャドウロボットである赤面ガメです。
「あかめんがめ」と読みます。

赤面ガメは01の後期の敵組織シャドウの殺人部隊の第1号であり
シャドウ幹部のシャドウナイトに連れられて初登場する。
使命は前作キカイダーの敵組織ダークの首領プロフェッサー・ギルの遺子、
アキラを捕獲して最強ロボットのジャイアントデビルの秘密を入手する事と
別の敵組織ハカイダー部隊の作戦を妨害する事
である。
武器は両手のハサミから繰り出す赤面ブーメランとクロスボウ。
爆発と共に登場し黒煙と共に消え去ったり、大口を叩いたりと派手な事をする割には
シャドウナイトやハカイダー部隊、幽霊女と常に組んで戦い
登場話数も第9話から第11話と3話連続で登場してはいるが
行動範囲が狭いとはいえ戦力としては弱いという印象は否めない。

最期も同僚でもあるシャドウロボット幽霊女と共に01のブラストエンドで敗れる。
背番号は13番で声の担当は大宮悌二
氏。
見たまんまですが着ぐるみは前作キカイダーのダーク新破壊部隊ギンガメの流用。

今日はもう少し様子を見ましょう・・・今回はこれにて。


「病院へ行ってきましたPart117・2ヶ月ぶりにお茶の水へ行きましたが」
「プロペラカブトの風に煽られて今日は病院行くの止めるはずでしたが」
「昨晩の連絡にGが泡食って泡立ててシャボヌルン?」
「キカイダー01の新たな脅威!シャドウ初代幹部シャドウナイト参上!」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-02-21 19:21 | 病院系
c0040422_21435212.jpg


こんばんは、Gです。

今朝になって熱も下がり天気も良かった事から
以前のプロペラカブトでの記事で宣言したように


行ってきましたよ、お茶の水。

この体調低下の中で都心に行くのはバイアランの記事の時より遥かに厳しく
出来るだけ体力を落とさないような経路を考えて
実家方面からではなく自宅から直接向かう格好にした
のですけど

病院到着時には肩で呼吸してる有様でして

何せ2ヶ月近く来院してなかったので予約なしの状態なのは当然
なのですが

13時半から3時間以上待ってる間に
熱っぽくなるのや赤ら顔になるのが感じ取れて
正直薬飲むのと用足し以外は
座ったままに動けない状態でしたし
看護婦さんに話すのが面倒くさい。


こういう予約なしのパターンでは18時を超えてから診察なんてのも経験済みですから
もし17時過ぎても診察が無理だった風邪の状態が悪化するのは目に見えてるので
処方箋と公的負担受付だけに変更させてもらって
我がままではなく本当に帰らせてもらおうと思ってました。
ベッドも今では無いようですし。

幸い患者さんが空いてたことから予約なし最後の番号のGにも
16時半には診察
に入れました。

もっとも去年のクリスマスに処方箋を貰った際には担当医はいなかったので
引越し前後の事から風邪やら何やらを説明しなければならず
熱っぽく赤ら顔のGには
よく思い出せない事やうまく話せない事もあったり
して

例えば、マサカリデスパーの記事で書いた実家での点滴治療の件も
「入院だったのか、自宅で受けたのか」がうまく担当医に伝わらず、
「自宅で処理したのね」と担当医が勝手に?解釈してカルテを書くという有様。

「それだけ長期間の熱では自律神経失調症の疑いもあるのでは?」

と担当医は聞いてきたものの精神安定剤類は処方どおり飲んでて
他の病院に事情話して同じ処方箋を貰ってた事や
ハエジゴクジンの記事の際に登場した精神科医に
高熱ではそれはありえないという診断を受けた事を伝えると

「となると・・・薬はちゃんと飲んでるわけだし・・・熱も高いですし・・・
体力が落ちてるのに追随して精神面が落ちてるのでしょうね・・・
寝る時間のバランスが崩れてるのも恐らくその辺からですよ。
とにかく体力が回復しないと精神面も安定しませんよ」

ということで処方箋を多少変えて服用の仕方も若干変える
ことにしました。
結果的には1種類の薬は減ってますから元々の精神的な面は大丈夫なのでしょうが
予約を取った3月初めまでは
下手すると転職先復帰は難しいかもしれません。


久しぶりの診察終了後に公的負担の病院側への提出をして薬を貰い
こんなんで帰りはどうしようかと考えた挙句、
遠回りながらも電車で座っていけるコースを回っていき
帰宅途中に旧バイト先のPC下見が明日無い事を確認、
そして買い物を少しだけして何とか20時直前にアパートに着きました。

20時を過ぎてたら記事は明日以降に回そうとは思ってはいたのでホッとした
ものの
気になる熱を計ったら37度8分でした・・・。

これで2週間後に都内にまた行けるんかいな?


今日の鉛筆画も病院では描く気力も無く帰宅後もボーッと考えてました
追随してるということで昨日のブルチェックの記事の流れから
もうそろそろと思ってたヤツを起用
します。

超人機メタルダーに登場のネロス帝国の機甲軍団暴魂ダーバーボです。

追随でイメージしたのがミサイルのサイドワインダーでして
確かダーバーボには赤外線誘導型の地対空ミサイルを搭載してるはずなので。

(すいません、今日も流石にここで一度休憩します・・・)

では、ダーバーボの説明をば。

ダーバーボは見ての通りのミサイルを満載した機甲軍団員であり
両肩に4門、胸に4門の計8門ものミサイルを装備し
左手には小型ミサイルランチャーも装備
している。
赤外線誘導型の地対空ミサイルで主に低空短距離攻撃を担当するが
演習では遠距離攻撃にも威力を発揮するところも見せている。
機甲軍団でもダーティな面を請け負ってるのがダーバーボ、というイメージ
があり
以前に記事にした戦闘ロボット軍団烈闘士ラプソディを攻撃したのもこのダーバーボである。
ある意味それだけネロス帝国からも信頼されているという証拠でもあろう。
他の機甲軍団員同様に胸からの装甲を外す事ができ、
ちょっといい加減になりましたが鉛筆画のような顔も見せる。
ダーバーボも量産されておりブルチェックとよく組んでる事が多い

昨日の記事で紹介したようにダーバーボ1号はメタルダーのプラズマパンチで撃破された。

メタルダーを観てた方はこのダーバーボの鉛筆画をご覧になった際に
「あれ?」と思った
でしょうが、初期から登場したダーバーボは
造形がかなり太めで塗装の荒さや肩のミサイルが斜めになってしまってるなど
正直Gが見ても「かっこ悪い」という印象があった
のですけど
昨日の記事にあった第20話ではこの細身に造形されたダーバーボ1号が登場しており
(バンクフィルムでは初期型に戻ってたりしますが)
雨宮慶太氏のデザイン画に近くなってカッコよくなった事から
その1号のタイプを描いてみた次第
です。

ということで、もう頭が痛い!
ここでGは退場とさせて頂きます!


「プロペラカブトの風に煽られて今日は病院行くの止めるはずでしたが」
「劇団民話芸術座公演「終末のフール」を観て思った事(はぐれベーダー65)」
「今月に入ってから実家にて点滴治療をしております。」
「病院へ行ってきましたPart109・急遽ハエジゴクジン登場の理由」
「動物をこよなく愛した男・ブルチェックの言葉」
「威風堂々!コール・エッコのコーラスと烈闘士ラプソディ!(はぐれベーダー47)」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-02-20 22:35 | 病院系
←menu