カテゴリ:音楽系( 48 )

こんばんは、連投となったGでございます・・・。

昨日のピラザウルスの記事で三沢光春選手の訃報を書きましたが
一部の方々には昨日今日の段階で簡単に伝えましたけど
長年、癌で闘病中で3月から体調を崩されてた
店長さんの伯母が昨夜、急遽、容態が悪化して亡くなったため
只今、店長さんの不在時に備えた仕事の連絡などのやり取りをしています。

3月あたりから自宅の仕事が多かったり、急遽シフトを増やしたり
残業が先月から多くなっているのも全て上記の点にかかわる事であり
Gをはじめ店員全てが店長さんを支えながらやってきており、
このような状況になるという事はある程度、事前に知らされていました。

ですので、今後の記事展開はどうなるのかは
冒頭の店長さんの動きや仕事の状況によってになるので

(事実、この記事アップも連絡待ちの時間を使って行っています)
G自身もよくわからない面が多々あるのですが
無理ない程度に記事を進めていきたいと思いますので
何卒、ご了承の程、宜しくお願いします。


今日の記事は昨日、書けなかった音楽系はぐれベーダー、
グリッドの記事で書いた6月13日の伯父のバンジョーライヴを書きます。

今回の記事は今後の展開から場所などを書いた形にしたい
と思います。

ヒルビランウルトラマンレオサンショウジンの各記事の段階で
1ヶ月前に休暇を申請してたGは日頃お世話になってる方をお誘いし
19時から始まるという事で18時半に
東武伊勢崎線松原団地駅で待ち合わせ
という事となり
Gはアパートとライヴ会場となる喫茶店「JUNE」の中間地点になる
Gの実家まで行った後に一旦休憩を取ってから
18:15に松原団地駅へと向かうとお誘いした方は既にお越しになっていて
早速、徒歩でGが「JUNE」へとご案内する形
となりました。

この「JUNE」のマスターは大のブルーグラスファンであり
伯父の家でよくメンバーが集まって演奏の練習をする事もあり
草加はブルーグラスの盛んな土地の1つとなっていて
年に1~2度、マスターのご好意で「JUNE」を貸切にして
雷忍・ワイルドの記事であったようなライヴを開催
しているのです。

(ブルーグラスという音楽ジャンルに関しては記事最後のリンクを参照下さい)

以前は上野とか佐倉とかでフェスタを開催してましたが
伯父のバンドも関東の他の地域へライヴする事も多くなり
ライヴ終了直前に知ったのですが加須のライヴ会場を提供して下さった
ブルーグラスファンの方も今回のライヴにお越しになっていました。

「JUNE」という喫茶店の名前からか6月に地元ライヴ開催が多い事から
当日は雨という事も多いのですが今回は雨が1日ずれたので

お客さんがお店に入りきらないくらいの大盛況!
ブルーグラス人気は根強いです。
いやー、早めにお店に到着して良かった・・・。


今回のライヴは3つのバンドと恒例のJAMセッションによる混合演奏の4部構成。
Gの伯父のバンドは2つめの出番
となってました。

1つめのバンドは雷忍・ワイルドの記事でも書いた
恒例の下ネタトークで爆笑させてくれるマンドリンのパートの方がいて
吉祥寺から参加という事でしたが、ライヴやフェスタではお馴染みの顔ぶれ
でした。

懐かしいナンバーを聞きながら、お誘いした方と

「マンドリン以外はアコースティックなんだねえ。
昭和35年くらいはカントリーやブルーグラスは盛んだったよね、
ジョン・デンバーとかが、よくアメリカ民謡とか流してね。
少し後になるとビートルズやエルビス・プレスリーといった
ロックやロカビリーが主流になるんだけどね。
このセッションはジャズに近いね。
ジャズも昭和35年くらいは喫茶やバーでよくやってたからね」


とか話しながらビールとタバコを片手に話していました。
糖尿病もクリアしたのでGもビールを安心して飲める(笑))
Gもドブロギター(スチールギターの原型となったギター)の説明とか
その他のお話とかで玉のような汗をかきながら話してましたね。

40分後にGの伯父のバンドの登場!

お誘いした方も「Gさんの伯父さんは変わってる方だよね」と仰ってただけに
伯父のバンジョーと歌声、そしてバンドリーダーのギターの方の説明などを
興味深く談笑しながら聞いていました。

伯父は基本的に裏方である事が多いので少し見づらかったかな?

とは思いましたが、これも伯父のいつもの演奏スタイルですので。

お誘いした方の知ってるお店が近くにあるという事で2人で中座し、
そのお店でビール飲みながら色々な話をした後に
「もう一杯呑んでから帰るとすっかな」
とライヴ会場の「JUNE」へ戻ったら超満員で中へ戻れない!


JAMセッションまであともう少しだったのですが何分、中に入れない状況だったので
お誘いした方は外で休憩してた伯父とお話した後にお帰りになる事に。

そしたら10分もしないうちに3つめのバンドの演奏が終了!
JAMセッションはオマケに近いので帰られるお客さんと代わる形で
Gは再度、店内へ入りJAMセッションを最後の22時まで聞きました。

カントリーではお馴染みのナンバーや加須から来た方の飛び入り参加での
「Swing Low, Sweet Chariot」や「Amazing Grace」まで聞けて
お誘いした方と会えた事を含め非常に有意義な夜
でした。

今日の記事は伯父のブルーグラスのバンジョーライヴという事で
鉛筆画ではなくカントリーらしいハウスをYouTubeから持ってきました。


Everybody Gonfi Gon / 2 Cowboys (1994)

The Gridの「Swamp Thing」のちょっと後に大ヒットした
1994年のカントリーハウス
です。
バイオリンとバンジョーが心地いい愉快な曲調となってます。

でも、2 Cowboysって、その後、どうなったかは
知らないんですけど(爆)


せっかく「Swing Low, Sweet Chariot」や「Amazing Grace」の曲目も出したので
そのYouTubeも掲載しておきます。


Swing Low, Sweet Chariot / Ladysmith Black Mambazo Feat. China Black (1995)


上記の曲はマボロシビーストの記事で紹介したカヴァー曲ですね。

Amazing Grace / 本田美奈子 (2004)


Gの世代的に本田美奈子さんは外せないので・・・。

今日は冒頭の理由と風邪気味により、このような記事内容としましたが

果たしてGがこの日、お誘いした方とはどなただったのか?

それは次回をお楽しみに。
(って、次回は何時ごろにちゃんとかけるんだろう?)


では、今回はこれにて。

(冒頭の理由により文字色は控えめにしています)







「プロレスラーの三沢光春氏逝く・地元のGもただただ唖然・・・。」(ピラザウルス)
「明日、伯父のバンジョーライヴへ行ってきます(はぐれベーダー86)」(The Grid)
「病院へ行ってきましたPart147・ヒルビランの糖尿病内科の採血結果」
「今日はウルトラマンレオをお楽しみ下さい。」
「サンショウジンのように酒を酌み交わしたかった・・・」
「Gの伯父はバンジョー弾きなのです。(はぐれベーダー61)」(雷忍・ワイルド)
「マボロシビーストが第2弾カヴァーCDをマネージメント?」


「糖尿病」

「ブルーグラス」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-06-16 20:02 | 音楽系
こんばんは、2日ぶりのGでございます・・・。

Gは明日の為に必死こいて風邪完治を目指してました。

ドム・トローペンの記事鉛筆画のハカイダーの記事
今週来週と変則的に休暇を取ってる
と書きまして
その理由の1つが来週半ばにアパートの火災報知機の検査の為である、
とも書きましたが、もう1つ理由があって休暇を取っていました。

それは明日13日に
伯父のバンジョーのライヴが地元である
のです。


ヒルビランの記事ウルトラマンレオの記事サンショウジンの記事にて
5月10日にGの伯父のお父さんが亡くなった話
を書きましたが、
その葬儀出席の際に伯父が6月13日に地元でライヴをやるという事を
ブルーグラス関係の出席者の方の話をGの母にした時に耳にした
のです。

Gの伯父は雷忍・ワイルドの記事で書いたように
ブルーグラスというカントリーから派生した音楽ジャンルのバンジョーを担当
しており
関東で色々とライヴなどを行っていますが
年に何回かはGの地元の喫茶店を貸しきってライヴを行うのが恒例
となっています。
(ブルーグラスについては記事最後のリンクを参照して下さい)

Gはライヴの直前に日程を聞く事が多かったので
よく仕事が終わった後に急いで喫茶店へ駆けつけライヴを楽しんでたのですが
今回は葬儀もあって1ヶ月前に知る事ができたのです。

それで通常土曜日は出勤である所を早めに休暇を取る事ができ
日頃、お世話になってる方をお誘いして明日13日に備えていた
のです。
(ご招待した方とお会いできるのも楽しみですね)

あいにく風邪は発熱など完治してない面もありますが
幸いGの体の負担が少なく行けるくらい近場でライヴがありますし
伯父の義理の妹で看護婦でもある母も毎回ライヴに参加してますし
交通事故の際にも東京まで
マッドネスのライヴを観に行ったくらいのG
です。

風邪を吹っ飛ばすくらい元気になるべく
ライヴを楽しみたいと思います。


音楽系はぐれベーダーという事でバンジョーでもテクノになりますが
Gが温存しておいたYouTubeを今回はようやく起用
します。

◎Swamp Thing / The Grid (1994)◎


この「ひいろお倶楽部@」のライフログにあるテクノユニット、
グリッドが94年に大ヒットさせた最も有名な曲
です。
サイゴーンの記事で曲名だけは起用してますね。
あのタモリ倶楽部の空耳アワーでも登場した事があります。
(ただし、下ネタですが)

グリッドはテクノポップスユニットのソフトセルが
一時、活動停止した際にソフトセルのデイブ・ボールが
新聞記者のリチャード・ノリスと組んで作ったユニット

Gはセカンドアルバムの「456」に収録されてる
「Heartbeat」というシングルが凄く気に入って
(「Heartbeat」のプロデュースはあのブライアン・イーノ!
Gがテクノに完全にはまった決め手となったユニット
でもあります。

元々、楽器を使ったテクノというのがGの耳に合うようで
グリッドはサックス、トランペット、トライアングル、クラリネットなどといった
楽器をミックスした比較的大人しい感じの曲を発表
してて、
その点がGがグリッドをNo.1に推すテクノユニットでもある理由なのですが
サードアルバム「Evolver」からの先行シングル「Texas Cowboys」を聞いた後に
この「Swamp Thing」を聞いた時は曲の方向性にビックリしましたね。


だって94年当時でテクノにバンジョーですからね。

「Swamp Thing」は94年夏に大ヒットとなり
カントリー風のテクノやハウスが続出するキッカケとなった
のであります。

ちなみに伯父にこの曲をバンジョーで弾いてくれるかお願いしたら
「できない!」と物凄く怒られましたね。
(どうも使ってるバンジョーの弦の数などが違うらしい)


サードアルバム「Evolver」発表後の翌年にシングルとして出た
この曲にもビックリしましたけどね。

◎Diablo / The Grid (1995)◎



テクノにフラメンコ、スパニッシュギターですからね。
もうなんでもありですね(爆)

ちなみにGの友人はこの「Diablo」を聞いた時、
必殺仕事人みたいだ、と感想を述べてました。

(そうかもしれない)


なお、紹介した曲はあくまでテクノでブルーグラスではありませんので念のため。

今日はもう掃除も程ほどにして明日に備える事にしました。
これで風邪完治の気力となれば本当に幸いです。


それでは来週、皆さんとお会いしましょう。







「ドム・トローペンでGの風邪完治へのデラーズ・フリートとなるか?」
「ハカイダーが繋げたキカイダーとキカイダー01ならぬGの携帯?」(鉛筆画のハカイダー)
「病院へ行ってきましたPart147・ヒルビランの糖尿病内科の採血結果」
「今日はウルトラマンレオをお楽しみ下さい。」
「サンショウジンのように酒を酌み交わしたかった・・・」
「Gの伯父はバンジョー弾きなのです。(はぐれベーダー61)」(雷忍・ワイルド)
「退職する後輩ともこのCD-R贈ってサイゴーン・・・」
「名優・緒形拳氏逝く・必殺!と仮面ライダー、そして新しくできたもの」
(サンショウウオ獣人)


「ブルーグラス」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-06-12 18:43 | 音楽系
こんにちは、連投のGでございます・・・

前回のオリジナルを超えたカヴァー曲Part5の記事に書いた
自宅の仕事が早くて今日になる可能性が昨日の夕方に判明した事と
ゼットン星人の記事で書いたように元々、明日26日が御茶ノ水へ行く予定で、
その関係から実家から今日の夜に医療費がくる予定になっていた事から
今日はダブルで自宅待機の状態となっています・・・。


なので、昨日に前倒しした音楽系記事を
やはり鉛筆画を描く時間が取れない事から追い越してしまう格好にはなるものの
今日も引き続き行うという記事で時間潰しする形にしかできませんでした。


ということで、今回もまにゃーなさんのトラバ企画、

「オリジナルを超えたカヴァー曲」

に参加
します。

このトラバ企画の詳細は

「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part4(はぐれベーダー82)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part5(はぐれベーダー84)」

を読んで下さいね。

GがPart6に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:For What It's Worth
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Buffalo Springfield
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:Oui 3


前回同様、今回も色々と候補は考えたのですが
この曲もやはりセミ怪人の記事で書いた
カヴァーCD-R第3弾で取り上げた曲でもある事から
今回は高ぶってる気持ちを落ち着かせる意味合いで、この曲をチョイスしました。

なお、固定画が続いたこの音楽系ですが
今回のYouTubeは久々にPVオンリーでございます。

では、気を取り直して明るく参りましょう!


◎For What It's Worth / Oui 3 (1993)◎



今回はバッファロー・スプリングフィールドでございます。

バッファロー・スプリングフィールドの「For What It's Worth」は名曲ですが
随分と渋い曲をチョイスしたなあ、とGも思ってしまいます。


ちなみにOui 3は初めてという方も多いかと思いますが
あくまでリーダーは女性ヴォーカルの方で
ラッパーの方ではありませんので。

(オリジナルの歌詞を歌ってるのも彼女だし)


というのもメンバーの名前は度忘れしたのですが
リーダーである女性ヴォーカルの方は
元々は3人組のアイドルグループ?のメンバーで
そこそこ売れた後にグループは解散しまして
そのメンバーの1人は新しくユニットを作ったものの
失敗という形
になっていたのです。

それで女性ヴォーカルの方はそういう失敗を間近で見ただけに
人材をとにかく集めようという事でラッパーとプログラマーを集めてきた
のです。

当時、ラッパーの方は失業中で後に音楽担当となるプログラマーの方も
あまりさえないという印象だった
とCDの案内には書かれていました。

そして3人組で活動する事になりOui 3というユニット名を決め
必要に応じて女性ヴォーカル主体、ラッパー主体の曲、
プログラマーの方はベース、ギターなども担当するというスタンス
で行き
(Gがゲーム業界にいた頃、ゲーム音楽担当のプログラマーの方でも楽器を扱える方はいましたしね)
この「For What It's Worth」でデビューした格好となったのです。

結果は原曲もいい事もありスマッシュヒット!

そして、Oui 3はセカンドシングルのこの曲で
メジャーヒットを手にする事となる
のです。
カヴァーではありませんがGのお気に入りの曲なので載せておきます。

◎Break From The Old Routine / Oui 3 (1993)◎


んー・・・段々、カヴァーメインの話からOui 3メインの話になってるような気が・・・。

で、今回もおまけ。
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-25 10:55 | 音楽系
こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・

前回のひいろお倶楽部@イラスト辞書・901~950回編 の記事
昨日は日勤と書きましたが
土曜日というのは1週間で店が一番混む上に
前回の記事アップ直後の22日に新型インフルエンザが
Gの住む埼玉県にも出たという速報が流れた
ため、
先週の段階で店長さんからマスクを常備するよう指示も出ていただけに
接客業であるレンタルビデオ店としては大変でしたね。


更にGの不在中にお客さんとのトラブルなどが店であったようで、
その対応と店長さんへの報告、先週末は無かった自宅の仕事の打ち合わせ、
Gの土曜日と日曜日のシフト隔週への変更の相談、
店長さんとの話し合いの結果の店への報告など諸対応に追われていて
全ての対応が終わったのが今日の午前0時を回ってました・・・。

(連絡が出来なかった方には申し訳ないです・・・)


ですので、今日は鉛筆画を描こうと昨日のうちに用意はしてたのですが
結果的に疲れてしまって今日、描く事が出来ないんですよね。


それで今日の記事は予定を変更して掲載します。

当初、この記事は昨日、自宅の仕事が決まっただけに
その時間潰し用に考慮してましたが
先週に復帰したacoyoさんも久々にアップされてるようですし
今回は記事を前倒しして、まにゃーなさんのトラバ企画、

「オリジナルを超えたカヴァー曲」

に参加
します。

このトラバ企画の詳細は

「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part4(はぐれベーダー82)」

を読んで下さいね。

GがPart5に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:Whole Lotta Love
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Led Zeppelin
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:Goldbug


今回も記事の文中でも書きますけど色々と候補は考えたのですが
セミ怪人の記事で書いたカヴァーCD-R第3弾で取り上げた曲でもある事から
疲れを吹っ飛ばす意味合いで、この曲をチョイスしました。

では、気を取り直して明るく参りましょう!

◎Whole Lotta Love / Goldbug (1996)◎



今回はレッド・ツェッペリンでございます。

よく検索で引っかかるヴァージョンではなく
Gも所有してよく聞いてるオムニバスアルバムのヴァージョンが
ようやく見つかったので、そっちを持ってきました。


凄くやかましい曲ですみません。

まあ、レッド・ツェッペリンの「Whole Lotta Love」は名曲で
他のアーティストもよくカヴァーしてるのですが

このGoldbugのカヴァーを聞いた時は


何じゃこりゃ?カッコいいじゃん!とビックリしましたね。
以来、Gのお気に入りカヴァーのうちの1曲となっています


本当は女性ヴォーカルのカヴァーがここのところ続いているので
男性ヴォーカルのカヴァーにしようかとも思った
のですが
やっぱりこういう時はこれくらいパワーのある曲でないとね。

ただ、これ以降、Goldbugの曲はパッタリ耳に入らないのですが
一発屋だったのでしょうか?情報をお待ちしてます。


え?また動画が固定のものしかないから、それしか載せないんだろうって?

そういう事もあろうかと思い、事前に他の動画も載せておきました。
フランスのライヴ動画から演奏のみを抜粋したものです。


ただ、皆さん、ガッカリしないように。

◎Whole Lotta Love / Goldbug (Live)◎


まあ、このカヴァーも当時はヒットした曲だったんですよ。
やはり原曲が良いとカヴァーも良いですよね。

で、おまけ。
[PR]
by gun_gun_G | 2009-05-24 11:54 | 音楽系
こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・

一昨日のサヨナラアイシタヒトの記事では一気に暗いムードになったので
後の記事展開は5月にしようか、とも思ったのですが・・・

まあ、あの記事をアップした日も友人に彼女の急死をまた話せなかったので、
そういうモヤモヤした気持ちもあって書いたのもあったんですけどね・・・

昨日は日勤で帰宅後に寝てしまったので
特に何もしない予定だった事もありブログもそのままにしましたが
オリジナルを超えたカヴァー曲Part3の記事でも書いたように
今日明日あたりは自宅の仕事が2件入ってて、またもや自宅待機
です・・・。

まあ、サヨナラアイシテタヒトの記事でも書いたように
仕事に邁進したいという気持ちがあるので今日は幾分、吹っ切れてます
けどね。

ただ、自宅待機の時間を持て余すのは勿体無いですし
鉛筆画を描く余裕も今日まで全くなかったですし
元々、3曲はアップする予定でしたので
今日も引き続き、まにゃーなさんのトラバ企画、

「オリジナルを超えたカヴァー曲」

に参加
します。

このトラバ企画の詳細は

「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」

を読んで下さいね。

GがPart4に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:Sweet Love
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Anita Baker
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:M-Beat


今回は収録アルバムが都合2枚あるためアルバム名は書きません。

色々と候補は考えたのですが3回目のミュージックバトンの記事で
「Gが夏によく聞く曲」という事で紹介したり

サンタクロース姿のイカルス星人の記事
プレゼント用のCD-Rにチョイスしたカヴァー曲でもあったりするので

今回はこの曲をチョイスしました。

では、気を取り直して明るく参りましょう!

◎Sweet Love / M-Beat Faet. Nazlyn(1995)◎



今回はアニタ・ベイカーでございます。

まあ、アニタ・ベイカーの「Sweet Love」は名曲ですからね。

M-Beatはジャングルという音楽ジャンルの大御所であるわけで
レゲエやら、この曲の後のJamiroquaiとの曲で有名な方ですけど

当初、ジャングルがレゲエでヒットした事もあり

ジャングル=レゲエ

という固定観念が1994年頃には確立してたんですね。

で、95年になってM-Beatの次のシングルが出るってんで聴いてみたら
アニタ・ベイカーのカヴァーだったのでビックリした
んですよね。

更にジャミロクワイというジャングルとは無縁に近いように思えたアーティストが
M-Beatの曲に参加したってんで、その時にリリースしたアルバムを買った
のです。
3回目のミュージックバトンの記事にあるアルバムね)

それくらい衝撃的だった曲であると同時に
ジャングルは何でもいけるんだね!というのを認識した
のもありますね。

もっともジャングルという音楽は短命でしたが・・・。

え?動画が固定のものしかないから、それしか載せないんだろうって?

そういう事もあろうかと思い、事前に他の動画も載せておきました。
ライヴ動画で音量も小さい
ですが
上記のYouTubeはアルバムヴァージョンに近いのに対し
(↑SHY FXがミックスを担当してたヴァージョンだったような・・・)
ライヴ動画はシングルヴァージョンに近い形で歌っています。

それでは、ボリュームを上げてお聴き下さい。

◎Sweet Love / M-Beat Faet. Nazlyn(Live)◎


まあ、これくらい当時はヒットした曲だったんですよ。
まにゃーなさんも仰ってましたけど原曲が良いとカヴァーも良いですよね。
この「Sweet Love」を聴くと特にそう思います。

如何だったでしょうか?

ちょっと4月末は自宅の仕事の都合で音楽系記事が多くなりましたが
お楽しみ頂ければ幸いに思います。

もしかしたら昼くらいからは自宅の仕事が始まるかもしれません。

なので、今日は太字処理も後で行い、この辺で記事を止めておこうと思います。

最後に業務連絡。

Gの携帯は先日、復旧しました。
皆様には大変ご迷惑をおかけしました。


では、初夏のゴールデンウィークはこの曲でお楽しみ下さい・・・。






「サヨナラアイシテタヒト・・・」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part3(はぐれベーダー81)」
「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「三度も来るとは・ミュージックバトン!(はぐれベーダー30)」
「サンタクロース姿のイカルス星人が持ってきた?CDでございます。」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-04-30 11:08 | 音楽系
もうすぐゴールデンウィークです・・・

元々、ゴールデンウィークに入る時期には時間があったら
記事を1つアップしようとは思っていました・・・

ケツメイシの記事でも書きましたが
ロボコンの記事の彼女が亡くなって一周忌になろうとしてます・・・

育ての親の1人だった祖母が亡くなったのもこの時期です・・・

祖母の墓は名古屋にあるので行けませんが
彼女の一周忌はどうしようか考えた挙句、
仕事に邁進する事にしました・・・

一周忌の時期を亡くなった彼女のお母さんから聞こうと思いましたが
母1人子1人で育った事は彼女から生前聞いてはいたので
喜んでくれるかなという反面、
彼女の写真を自分へ未だに贈る事が出来ない
彼女のお母さんの悲しい気持ちを思うと
自分はどうしてもそれが出来なかった・・・

それにロボコンの記事から4ヶ月経とうとしてますが
こうして文面に彼女の事を書くことは出来ても
自分の口からその急死を語る事ができない事実が今も続きます・・・

それは他の友人と過去に遭ったトラウマから来るものもあるのですが・・・

もし彼女の一周忌に行ったとしたら・・・

きっと自分はまた我を忘れてお酒に溺れるでしょう・・・

きっと自分はまた悲しみ泣くでしょう・・・

またUSURAの記事みたいに自分はなってしまうでしょう・・・

彼女がそれを見る事を望んでないようにしか思えないのです・・・

逃げてるだけかもしれないけど現実はやはりそう・・・

4ヶ月という時間では自分には足りないのでしょうか・・・

心ときめく時はあっても恋という気持ちにまで発展しない・・・

未来よりも過去をどうしても見てしまおうとする・・・

もう大事な人を失いたくないという思いが出てしまう・・・

やはり彼女をどこかで忘れない気持ちがブレーキをかけるんでしょうね・・・

だから亡くなった彼女の家には電話が出来ません・・・

そして仕事に邁進します・・・

本当はM1号の記事ウー二代目の記事でも書いた
自分の好きな曲である古内東子さんの「大丈夫」を置くつもりでしたが・・・

「大丈夫」と言って笑顔でいたいのですが・・・

そうしなければいけないと思うのですが・・・

自分は正直な今の気持ちを同じ古内東子さんの曲で表現する事にしました・・・

◎サヨナラアイシテタヒト / 古内東子(2003)◎


そういえば彼女の訃報を聞いた時から
しばらく沢田知可子さんの「会いたい」のカヴァーを全て集めて
CD-Rに収録して聴いてたなあ・・・

そういうのもあって今回の記事はどういう形にするかは迷ったのですが・・・

自分は心の整理もできない臆病で女々しい男です・・・

最後にケツメイシの記事で色んな方からコメントやメール、お電話を頂き
自分はこの場を借りて厚く御礼申し上げます・・・

本当にあの時はありがとう・・・

ゴメン、今はそれだけしか言えないです・・・






「1つだけ記事を書かせて頂きます・・・」(ケツメイシの「さくら」)
「無題2」 (ロボコン)
「もう少し時間を下さい・・・。」(USURA)
「記事数950件記念!「わたしはかもめ」のM1号ようやく参上!」
「トラックバック800件突破!神秘!怪獣ウー二代目の復活」
「第2回Gサンタプレゼントを本日を持って〆切ります・・・」
(沢田知可子さんの「会いたい」)
[PR]
by gun_gun_G | 2009-04-28 22:27 | 音楽系
こんにちは、2日ぶりのGでございます・・・
日曜日に記事アップしたのは久しぶりですね・・・。

キメンガニレッドの記事オリジナルを超えたカヴァー曲Part2の記事
2日間の自宅待機の後に自宅での仕事を開始し
終わった昨日は日勤で残業・・・その日勤ではチョンボもしちゃうし・・・
おまけに今週はまた自宅の仕事があるので今晩、打ち合わせ・・・
下手すると自宅の仕事を2つ抱える可能性もあります・・・
その自宅の仕事の下調べもしないといけないですし・・・


馬車馬のように働く、とはまさにこの事。

今日になって、もうクタクタのGでございます・・・。


鉛筆画を描く余裕も今日は全くないですし
延び延びになってる検索ワードランキングを調べに
ネットカフェや実家に行く余裕もない。
病院系記事など記事のネタも溜まり放題・・・
メールやコメントも後回しにせざるを得ない状況・・・
金融機関や買い物にも行く時間がないですし・・・
キューピーコーワゴールドも今日で切れちゃったし・・・
28日には御茶ノ水の病院へ行かないといけませんし・・・
以前に欠けた歯が今朝になってグラグラしてますし・・・

(Gは虫歯ゼロだが歯が抜けた夢を見ると何故かその日は必ず悪い事が起こる)

こういう時は検索ワードランキングはコピペで済むので楽なんですが・・・
今月、検索ワードランキングをアップできるんかいな?

いかん!
こんなマイナス思考では、また体調面に影響が出る!
こういう時はプラス思考にいける音楽を聴くべし!


acoyoさんもカヴァー曲のカテゴリまで作って
先月から3曲以上もカヴァー曲トラックバック企画に参加してるではないか!


という事で、記事の予定を変更して
今日は前回に引き続き、まにゃーなさんのトラバ企画、

「オリジナルを超えたカヴァー曲」

に再々戦
します。

このトラバ企画の詳細は

「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」

を読んで下さいね。

GがPart3に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:I Feel Love
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Donna Summer
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:Messiah


今回は記事の編成の都合でアルバム名は書きません。

今回のPVはかなりレアなので起用
しましたが
何分、画像の乱れがあるので、それは予めお断りしておきます。

では、プラス思考で参りましょう!

◎I Feel Love / Messiah Feat. Precious Wilson (1992)◎



今回は、ドナ・サマーでございます。

ドナ・サマーのカヴァーは結構多いのですが、
いやー、このPVをYouTubeから昨晩に見つけた時は懐かしかったですよ。
BEAT-UKを見てた時を思い出します・・・。

このメサイアはレイヴとかが流行ってた頃に
デステクノというジャンルが当時あったのですが
そのデステクノで頭角を現したユニット
でございます。

テクノという事でサビのフレーズしか使ってないんじゃないか?とお思いでしょうが
ドナ・サマーの「I Feel Love」は元々、こういう曲なんです。

このPVはちょっとチープな作りなんですが
ヘリコプターで撮影したと思われる点が
曲のスピード感を出してていい
と思いますね。

結構、この曲はGのお気に入りで確かマボロシビーストの記事にて
カヴァーCD-R第2弾でチョイス
してます。

ただ、この曲は非常にヒットしたのですがGは当時、シングルを入手できず
オムニバスで入手して聞いてた
んですね。

その時点でメサイアもエイフェックス・ツインのように
シングルとリミックス、アルバムでヴァージョンが
だいぶ違うというのは知っていました。

3年後にメサイアはアルバムを発表しGは早速、購入した
のですが
曲調はやはりだいぶ違ってたんですね。

前回のPart2の記事で90年代は曲を2回リリースする事と
PVも場合によっては新たに作る事が流行った
と書きました。

前回のニュートンの「Sky High」のPVは2つありますが
曲はほぼ一緒なのでアップしなかった
のですけど
メサイアは文中にある通りなので95年ヴァージョンもアップしておきます。

◎I Feel Love / Messiah (1995)◎



・・・随分、サイケでエロティックなPVですけど

メサイア、どうしちゃったんだろう?という感じですね(苦笑)

ちょっと過激かなと思いましたが、せっかくなので載せてみました。
如何だったでしょうか?


acoyoさんも仰ってましたけどカヴァー曲探しはホントにストレス解消になる!
acoyoさんの曲のチョイスもいいしね、感激しましたよ。

(acoyoさんの3曲分の記事を順不同でリンクしておきました)

ある意味、怪獣怪人の着ぐるみ流用探しに通ずるものがあるね。

今日はVery Very TiredのGなので、この辺で止めておきますね。

なお太字処理もこういう状況なので後でやっておきます。

あと前回の記事と同じだと勘違いしないようによく読んで下さいね。

では、ゴールデンウィーク前の日曜日をこの曲でじっくり楽しんで下さい・・・
Gは夜に備えてまた寝ます・・・。






「レッドクリフpart2上映でキメンガニレッドのMy三国志武将占い!」
「オリジナルを超えたカヴァー曲Part2(はぐれベーダー80)」
「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
「マボロシビーストが第2弾カヴァーCDをマネージメント?」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-04-26 12:42 | 音楽系
こんにちは、先日、話題になった20ミヌートスに実は何気に投票してた、
本日で3連投となってしまったGです・・・。

一部の友人には昨晩にお伝えしましたが
昨日のキメンガニレッドの記事で書いてた自宅での仕事が延期
となり
本日に、という形になりました・・・
また今日も自宅待機という状況になっています・・・。

それで待機時間が勿体無いので今日も待機時間を利用して記事を書いてますが
明日の日勤では既に残業が決定している事を考慮すると
鉛筆画を載せた記事をアップする余裕は残念ながら無い
んですね。

そこで以前、Gが参加したトラックバック企画なんですが
まにゃーなさんのブログが昨年に移転され、そのトラバ企画も復活し、
acoyoさんも再度参加されてる事から
自宅待機中に昨晩にYouTubeで見つかった事もあり
元々、好きな企画だっただけに今回、Gも再戦してみようか
と思います。

そのトラバ企画とは
「オリジナルを超えたカヴァー曲」

覚えてますかね?

以前のトラバ参加の記事、
「展示まであと1週間・オリジナルを越えた?カバー曲(はぐれベーダー38)」
のPart2
でございます。

まあ、上記のリンクの記事を読んで頂ければ
概要はわかると思いますので、その辺は略しますね。

GがPart2に起用したカヴァー曲はこの曲
です。

[01] 曲名:I Can't Tell You Why
[02] オリジナルのアーティストおよび収録アルバム名:Eagles
[03] 紹介するアーティスト(カバーした方)および収録アルバム名:Brownstone

アルバムも持ってますが今回は時間の関係でそれも略します。
では、どうぞ。

◎I Can't Tell You Why / Brownstone (1995)◎



はい、イーグルスでございます。

イーグルスはGが好きな70年代アーティストの1つ。
多分、雷忍・ワイルドの記事で書いたように
Gの伯父がバンジョーやってるというのもあり
元々はカントリーから始まったイーグルスを
かなり身近に感じてたんだ
とは思います。
(「Take It Easy」なんて聞くとカントリーあがりだって、すぐわかるしね)

70年代が最高!と思ってるGですので、はい。

そのイーグルスの曲で一番好きなのが、「I Can't Tell You Why」。
歌詞がいいのよね。そんなに難しい英語ではないのでわかりやすいし。
Brownstoneはヒット曲も沢山ある実力派の女性ソウルシンガーユニット
ですが
この曲をチョイスしてカヴァーしてくれた時は

「やってくれるな!ブラウンストーン!」

と狂喜
したものです。
彼女らの歌唱力もあってアレンジもなかなかのものですね。
オムニバスしか持ってなかったのですが最近になってアルバム買いました。
確かサンタクロース姿のイカルス星人の記事
カヴァーCD-R第1弾にチョイス
しましたね。

そういえば、この記事のPart1となる記事でも採り上げ
同じCD-Rにチョイスした曲も記事アップ当時は好評だったので
YouTubeで見つけておいた事もあり、載せておきます。

◎Sky High / Newton (1994)◎



確かこのPVは正確には1994年ヴァージョンではなく1995年ヴァージョンです。
2度同じ曲を発表するというのは90年代に流行ったのですけど
PVも作り直して、というのも流行ったんですね。
GはPVは95年の方がしっくりきますね。
彼の透き通った声が良くわかると思います。


それとついでに見つかったPVをおまけとして載せておきますね。

と、いう事で、おまけ。
[PR]
by gun_gun_G | 2009-04-24 11:54 | 音楽系
こんばんは、Gです。

前回のムクロビーストの記事で4月休養としましたが
1つだけ、1つだけ記事を書かせて頂きます・・・。

東京は昨日2日、Gの夜勤があった日が
強風でしたが桜の満開日だったと聞いてます・・・。

桜が咲く春は別れの季節です・・・。

今、この曲をヘビーローテーションで聴いてます・・・。

◎さくら / ケツメイシ(2005)◎


・・・聴いてて涙が急に出て止まらないのは何故だろう?

5年前、育ての親だった伯父とGは桜を見る約束をして果たせませんでした・・・。

その3ヶ月後の春にGを育ててくれた祖母は97歳で大往生しました・・・。

亡くなる1ヶ月半前の祖母に偶然会う事となった時は土筆が出てました・・・。

ロボコンの記事で書いた彼女と入院中に一緒だった時も桜が咲きました・・・。

再会した後、重い病気で入院した彼女をお見舞いに行ったのも春でした・・・。

閉まっていた記憶の引き出しが、どんどん開いていきます・・・。

泣いたっていいじゃないか、

思い出となって笑顔になる日までウジウジしたっていいじゃないか、

その気持ちを忘れないように記事という形で残したっていいじゃないか、

そんな気持ちで歌を聴いてます・・・。

桜が散ってゴールデンウィークに入ると彼女の一周忌となります・・・。






「名脇役・金田龍之介氏逝く・Gは貴方とお話するのが夢でした・・・」(ムクロビースト)
「無題2」 (ロボコン)
[PR]
by gun_gun_G | 2009-04-03 17:40 | 音楽系
こんばんは、時計が回ってるので2日ぶりのGでございます・・・。

前回のスパイダーマ!!の記事で書いたように
昨日、御茶ノ水の病院へ行ってきて結果の良い面と悪い面と両方出てきたので
ノコギリマンの記事で書いた「ひいろお倶楽部@」4月休養の前倒しをどうするか、
色々な方々と話して検討中
という所です・・・。


今日はその時間稼ぎの記事ではなく
古くの常連さんのacoyoさんがブログ復帰しまして
双方でほぼ同日に動画を探してたようでもあるので、
いつも反比例してGがお休みというのが多い事から
acoyoさん復帰記念に動画をチョイスして簡単な記事
にしておきました。


acoyoさんといったらコレしかないでしょう。

◎機動戦士アッガイ◎


アッガイだと、もっと他にもいいのがあったんだけど有名なのを選んじゃった。
スンマソン!(古っ!)

追記としてやっぱコレも良くて切れないので一緒に載せておきます。

◎【アッガイ・ザ・ムービー】(愛のうた~あがーいのテーマ~完全版)◎




◎アガーイえもんのうた◎


何はともあれ遅ればせながら復帰おめでとさん!

今日は体調面でから一応、短期休養中なので記事内容はONRYで。
なお、今回の動画は変則的な音楽系記事とします。
ではでは。






「強烈な目まいが出てきたため急遽、休養します。」(スパイダーマ!!)
「3月末で「ひいろお倶楽部@」を一旦、完全休養とします。」(ノコギリマン)
「固有名詞バトン「ガンダム(UC限定)」」(アッガイ)


「きょうのわたくし」
[PR]
by gun_gun_G | 2009-03-26 00:30 | 音楽系
←menu