閲覧者総数220000人突破!プラチク星人とアオキ候補隊員のモチベーション

こんばんは、2日ぶりのGです。

前回のベル星人の記事で自転車に引っかかって転んで
左膝を痛めてお休み中
とさせて頂いてますが

出来るだけ外に出たりシップとか貼ったのも効果があったのか、
転んでから3日後となる今日12日になって
左膝の内側の痛みや徒歩などでのグラグラ感がようやく少しずつ取れてきた
というか、
んー、まあ良くなり始めてきたように感じます。

幸い次のリリーフバイトが15日夜と昼頃に連絡があったので
少し時間が開く事もあり何とか記事アップ
しましたけど

左膝を痛めてから色んなモチベーションが
サッパリ上がりません。
保てないのではなく下がったまま全然上向きになりません。


なので、本来はブログ、ネットともにお休み中のままなのですが
ベル星人の記事で書いたイベントが今朝早くに発生したようなので、
お約束したとおり記事をアップ
いたしました。

そのイベントとは・・・

本日10月12日で
「ひいろお倶楽部@」閲覧者総数が220000人を突破しました!


んー・・・ベル星人の記事が客寄せパンダになったのではないのですが
(閲覧者ペースはほぼ平行線でしたしね)
この低いモチベーションの「ひいろお倶楽部@」を
見て頂いてる事に心から感謝いたします。


こんなモチベーションでイベント記事アップというのも
誠に申し訳ないと思います・・・。



最近、市川大河さんのところで安藤達己監督インタビューが始まり
コメントこそお休み中になってから書いてませんが
安藤監督のブログと並行して楽しく読ませて頂いています。


その一連のインタビュー記事にて
安藤監督が関わったウルトラセブン助監督作品の項目を見ていましたところ

「あ、これは書きたいと思ってやってなかったネタがあるなあ」

と思い出しイベント恒例のウルトラ怪獣の鉛筆画を
今日ちょっと踏ん張って描いてみました。


今回のイベントのウルトラ怪獣はこちらです。

c0040422_16594691.jpg


改めてウルトラセブンに登場のプラスチック怪人プラチク星人です。

宇宙タンクで地球にやってきたプラチク星人は
星ヶ原での地球防衛軍極東基地の大規模な野外訓練を利用して
ウルトラ警備隊のマグマライザーと戦車を奪い防衛軍攻撃を目論んだ。
巨大化時は戦意の無いフリをしてセブンを騙し
口から吐く霧状のプラスチック液でセブンを硬直
させてしまった。
狡猾な所もあるプラチク星人であるが
セブンを油断させたり宇宙タンクをエメリウム光線で破壊されたとはいえ
セブンと互角の戦いを見せたなかなかの猛者
であり
エネルギー切れ手前のセブンのエメリウム光線で体を焼かれても
骨だけでダンたちに襲い掛かった執念深い宇宙人
でもある。
(宇宙タンクとプラチク星人、それぞれに発射したエメリウム光線のポーズが異なる)
また成田亨氏が最後に円谷プロでデザインした宇宙人としても有名。
(宇宙人、というのがミソなのですが、それは後日にでも)

このプラチク星人はちょっと気合い入れないと描けない難しいウルトラ怪獣なので
後回しにしてしまった事もありまして本来なら劇中に登場する
宇宙戦車やプラチク星人の骨も書かないといけない所なのですけど
難しいウルトラ怪獣なんで今回はコレだけでご勘弁を。


元々考えてはいたプラチク星人の記事のキーワードは
散々文中に出てるモチベーションです。


(ここで一度、休憩します・・・)

このプラチク星人の話はGがセブンでも好きなエピソードの1つであり
温存してたネタでもあるので一度DVDを見て確認しましたので書かせて頂きます。

ウルトラセブン第30話「栄光は誰れのために」
(脚本・藤川桂介、監督・鈴木俊継、特殊技術・的場徹、敬称略)


地球にやってきて地中へと潜る謎の宇宙タンク・・・。
その頃、地球防衛軍では星ヶ原で大規模な野戦演習を予定していた。
マグマライザーに戦車をコントロールさせ行うという実戦的なものだった。
そんな折、演習に意気込んで射撃練習してるフルハシとアマギの前に
1人の青年が現れ2人をあざ笑いながらも見事な射撃の腕を披露
する。
青年の名はアオキ。ウルトラ警備隊の候補隊員であった。

敵機が現れたとの情報でアオキは自分1人で充分だと答える。
ヤマオカ長官はフルハシとともにアオキを出撃
させる。
ところが相手機は吹流しの付いた同型機。
実は野戦演習の予定発表の後にキリヤマ隊長とダンが出撃し
アオキが来るのを待ってお手並みを見る演習を行おう
としたのだ。
それを知ったアオキは怒って相手機の吹流しを銃撃するなど
実戦さながらの展開を見せつけ同乗したフルハシは強引にアオキを帰らせた。

「なかなかやるじゃないか」とキリヤマ隊長とダンが挨拶
しても
「欠員が2人増える所でした」と言ってのけるアオキにはダンが付き添う事になる。
アオキはダンを必要以上のライバル視する
ようになる。

星ヶ原近くの砂原に震源ありとの情報が入ったウルトラ警備隊は
ダンとアオキがポインターで調査
する事となる。
ダンが降りた瞬間に好機とばかりにポインターを走らせたアオキは
あの宇宙タンクを発見
する。ポインターで攻撃するアオキ。
ダンには「敵影が無い」と嘯くアオキ
だが
ダンが砂原を登ると宇宙タンクが潜った後だった。

ダンは何者かが野戦演習を狙ってるのでは?と報告
キリヤマ隊長は予定してる野戦演習を実戦対応できるように変更する。
同じ頃、アオキはマグマライザーに発信機をつけていた。
演習が宇宙タンクの目的と唯1人確信してたアオキは
マグマライザーに宇宙タンクを誘き出そう
とする。

野戦演習当日。砂原に再調査に向かったダンとアオキは
プラスチック液で硬直したマグマライザー乗員を見つける。
奪われたマグマライザーは戦車とともに実弾で防衛軍を攻撃
する。
宇宙タンクも現れ挟み撃ちとなった防衛軍は被害者が増えていった。

マグマライザーを奪還して活路を見出そうとダンが提案
すると
アオキは早速、奪還へ動き出した。一緒に後から付いていくダン。
ダンが砲撃で気絶したのを見てアオキは1人動き出す。
「自分の栄光を手にするために」


だが、戦車を撃破し、うまくいってたものの砲撃でアオキは重傷を負う。
眼を覚ましたダンが戦車の残りを撃破しマグマライザーへ突入、
今度は搭乗してたプラチク星人の攻撃にあい気絶。

しかし、すぐ復帰したダンはセブンへと変身する!

戦意の無いフリをして騙すなどプラチク星人の攻撃に苦戦するセブン
だが
何とか宇宙タンクとプラチク星人をエメリウム光線で倒す。

ダンはアオキのもとへ向かう。アオキは
「宇宙タンクの事を報告してれば、このようなことには」と真実を話す。
「バカ野郎!」と思わずアオキを殴るダン
だが
「自分の栄光が欲しかった」とアオキは話し骨だけで襲うプラチク星人を射殺する。
「これが自分からの償いです・・・」アオキは息を引き取る。

「バカだな・・貴様」アオキの亡骸に思わず口にするダン

「ウルトラ警備隊の栄光は必ず守ってみせる」と誓うのだった、というもの。

(ここで二度目の休憩に入ります・・・)

この内容、読んでてわかると思うのですが
栄光をつかんだのは、どう考えても
ライダーマンである結城丈二
電人ザボーガーの大門豊、大鉄人17のチーフキッドを後に演じることになる
山口暁氏が演じたアオキだけなんですよね。

人間というのは気持ちやモチベーションというのが関わって行動します。
Gも気持ちのいい時にしか絵は描けないと人からよく言われたもんです。

アオキは1人だけでも能力が高いので、その分、暴走もしてしまい
常に気持ちやモチベーションが高い人物
です。

競馬もそうなんですが馬という動物は非常に頭がよく
人間を時には小バカにする事もあるくらいでして
個々の性格も結構、血統以外でも色んな面を持ってたり
します。

1頭だけで走らせた方がずば抜けて走る馬も当然いるわけです。
(その性格によって戦術も変わってくるのですが)

逆に対抗馬がいないと走らない馬というのも当然います。
調教でも合わせ馬だったかな?で別の馬を一緒に並行に走らせたり
もします。

人間も動物、対抗馬がいると更に燃える性格という人もいるわけで
アオキの対抗馬はダンだったのは言うまでもありません。
そしてアオキはアドレナリン全開となって
対抗馬ダンに栄光を取らせまいと気持ちとモチベーションが
最高値を超えてしまい更なる暴走へと走らせました。

結果、栄光をアオキは確信し始め、死の間際のアオキ本人の心は微妙
ですが
少なくともアオキが栄光を勝ち取った事は誰の目から見ても明らかだったのです。

最後にダンが言った「ウルトラ警備隊の栄光」は
紛れも無く勝った「アオキの栄光」だったのです。


そう、彼は勝っちゃったので最終的に対抗馬のダンはセリフを置き換えた、
ある意味での「負け」を認めたくなかったようにも取れる
のです。

モチベーションが遂に無くなって成田氏が去ったのは皮肉ではありますが・・・

Gだって気持ちやモチベーションをコントロールする面でも
「ひいろお倶楽部@」が要素の1つになっている事は間違いない事実
です。

Gが記事を書いてる間に書かれた安藤監督のコメントを見まして

「こうして来て下さる方がいるから、やっていける。
ただ、ちょっと今の状態では無理してるよね、気をつけないと」


と思ったりして

皆様が見ていて下さる事で自重できたり感謝の思いがあったり絵が描けたり
色々な要素が「ひいろお倶楽部@」にありGの復調にも繋がっている
のです。

この記事をアップした後は左膝の様子見のため
再度お休みに入りますが

何卒「ひいろお倶楽部@」を宜しくお願いします!


あと

携帯電話の復旧まで今しばらくお待ち下さい。

それでは、納得できる記事が書けたと思いますので今回は此れにて。
しばし、休ませて頂きます・・・。


◎追記◎(10/13)

携帯電話が13日昼過ぎに復旧しましたのでお知らせします。
皆様には大変ご迷惑をおかけしました。






「ベル星人に引っかかってすっ転んでしまいました・・・」
「ひいろお第18話:ウルトラアイ」(ウルトラセブン)
「ひいろお第2話:ヘルメット」(ライダーマン)


「光の国より愛をこめて」(市川さんのブログ)
[PR]
by gun_gun_G | 2008-10-12 17:45 | 特撮系
←menu