閲覧者総数200000人突破!ここでゴキネズラを投入した理由

こんばんは、5日ぶりの登場となるGでございます。

前回の荒ワシ師団長の記事アップ以降、
なーんも物事が進んでおりません
ログインは相変わらず調子よくて3回に1回、
通常では2回に1回はauのページに飛びまして

荒ワシ師団長の記事の際に書いたエキサイトブログ側の発表があってか
イツツバンバラの記事で挙げた項目の回答もまだ来ていません。

まあ、Gも19日まで用事があってドタバタした感じの日々を送って
明日23日午後にアパートの火災警報器の点検があるもんですから
20日から押入れの火災警報器なども調べやすいように大掃除をしてた
んですけど
雨がなかなか降らず、風も吹き込まない中の掃除だったので
昨日21日夕方に熱中症みたいに発熱して寝ちゃった
んですよ。

その夜にようやく雨が降って気温が下がってきたので
発熱は治まったのですが頭がフラフラした感が今もまだあるというか・・・。

調子の悪い時は
星雲仮面マシンマンのOPを聞いて復活する
という有様。

PCの壁紙もマシンマンに変えちゃいましたよ。

そんな昨日に限って私用のメールが来たり、
前のバイト先から電話来たりするんですけど、
やるだけやっておいて「Gは不調」という事をアピールしてはおきました
けどね。

そんなこんなで疲れてたのか今日は昼過ぎに起きて掃除の続きをして、
ある程度、掃除の方が形にはなってきたので
ログインできた事もあり記事アップ
しました。

今日は以前のタマムシ怪人の記事である項目で行くとイベント記事です。

今月のハサミムシ怪人の記事以降、大変不安定な「ひいろお倶楽部@」で
当初から6月から7月にイベントが集中するとはわかっていた
ものの、
その不安定感から何時くらいにどのイベントが達成できるかは
Gにも見当がつきにくかった
のです。

6月に入ってからウルトラ怪獣がガラモンだけと極端に少ないのも
イベントの集中の予測だけはしていた事がわかるかと思います。

で、昨日の深夜だと思いますがイベントがひとつ発生しました。

そのイベント
とは・・・

昨日6月21日深夜に「ひいろお倶楽部@」の
閲覧者総数が200000人突破
しました!


・・・色々と今後を模索している「ひいろお倶楽部@」ではありますが、
こういう不安定な状況の中で見に来てくださる方がいらして下さる事に

頭の下がる思いでございます。

ですが、イベントが集中する可能性があるにもかかわらず、
実はイベント定番のウルトラ怪獣の鉛筆画をあまり用意してません。

この辺からもブログが不安定で
予測できない面が露呈
している
のですけど、
そしたらですね、以前にある記事用に用意してたウルトラ怪獣の鉛筆画があるので、
そのお流れになりかけた記事と一緒に今回起用しようかと思います。

4ヶ月弱もお蔵入り状態だったウルトラ怪獣はコイツなんですけどね。

c0040422_18255670.jpg


帰ってきたウルトラマンに登場のプラスチック怪獣ゴキネズラです。

(説明やお流れになりかけた記事内容などは一旦休憩後に始めます・・・)

さて・・・ゴキネズラを起用したのは別に冒頭にある掃除からではありません。

覚えてますか?今年の2月末くらいに
ゴキブリジンの記事ゴキブラーの記事を連荘でアップした
「動物好きのGでも嫌な思い出がある動物がいるんです・・・。」という2つの記事。

あのゴキブリのネタはですね、
一部のブログの友人さんには事前に伝えてたのですが
実はあれ三部作構成の記事だったんです。

3月に入ってスチール星人の記事であった自転車盗難から端を発する
不眠症がメイロヅノーの記事辺りから始まって
治療を今も受けてる関係でお流れになってしまっていた
のですけど、
せっかくゴキブリ三部作の最後の記事用にゴキネズラを用意してたのですから
今回はその三部作を完結させてしまおうと思った次第。

それを読めば何故ゴキネズラを三部作の最後に用意したかがわかるかと思います。


もっとも三部作の最後の被害者はGではないんですけどね。

ゴキネズラの説明は記事最後に持ってくるとして三部作の最後を始めますかね。


あれはですね、ゴキブラーの記事の前後の頃だったと思うのですが
確か今日みたいに雨が降ってた休日で
その日は何故か家には母と祖母がいなくて
Gと弟と父の3人しかいなかった
んです。

外が天気が悪いという事もあって3人とも家に居ざるを得なかったのですが、
急に父がですね、Gの事を居間に呼んだんですよね。

父は爪きりとかを閉まってある箪笥みたいな小物入れから何かを見つけたらしく

「これ、お前のプラモデルの部品か何かじゃないか?」

と言ってGの前に手にとって見せた
んです。

当時からGの趣味にプラモデルがありましたから
恐らくプラモデルの枠
(ランナーっていう部分ね)の事を
父は言ってるんだと思った
のですが

Gにはそれがどう見ても
図鑑で見たゴキブリの卵にしか見えないのです。


「それ、ゴキブリの卵じゃない?
よく見るとギザギザがついてる気がするし筋もあるような・・・、
図鑑で見たのとそっくりだよ」

父も技師ですから、こういう見方をするんです。

「これはあれだろう、
製造のプレスした時にプラスチックやポリエステルに残る
筋とかバリとかじゃないのか?
プラモデルはポリエステルも使ったりするだろう?」


そんな感じで喧嘩ではないんですが、
「ゴキブリの卵だ」「いや、プラモデルの部品だろう」
とGと父で意見を交わしてたら
ですね、

父が指先で持ってたソレが力加減の関係で

プチーン!

Gの目前で破裂しまして。

此れにてゴキブリの卵、
ほぼ当確。


父はその後、Gが言ったとおりに洗面所に行って
石鹸で手を洗ったのは言うまでもありません・・・。


ただGの目の前で破裂したので、正直Gの頭には
今でも鮮明にそのイメージが残ってる
んですよね・・・。


まあ、被害者はGの父なんですが。

流石にこれだけ色々とゴキブリにかかわる事があると
Gがゴキブリにあんまりいいイメージがわかない

というのはおわかりになるかと。


で、ゴキブリ三部作の最後がブラスチックネタだったので
プラスチック怪獣ゴキネズラの起用を早々と決めていたと、

そういうわけなんです、はい。

(ゴキネズラの説明などは二度目の休憩後にします・・・すみません・・・)

また休憩中に画面が乱れたな・・・。

では、さっさとゴキネズラの説明でシメとしましょう。

もっとも伊吹隊長追悼記事ではグロテス星人とコダイゴンが起用されて
ゴキネズラの起用がコレというのも何だかなあという気もしますが。


このゴキネズラは夢の島15号埋立地に出現した怪獣。
というのもゴキネズラはプラスチックを養分として生きている怪獣で
ゴミとして捨てられたプラスチックを体内で分解できるウィルスで溶かして食べていた。
坂田次郎少年が拾ってきたポリバケツが腐ったようになってるのに
不審に思った郷秀樹が埋立地へ行くと突然メタンガスが自然発火したため
MATの炭酸ガス消化剤を使ったところ
息が出来なくなったゴキネズラが地上へ姿を現した。
責任を感じた郷は出撃するも右手を負傷、
ウルトラマンへ変身してもウルトラブレスレットが使えないという窮地に陥る。

そこへニューヨークから新しく赴任した伊吹隊長のMATアローがやってきた。
ゴキネズラの同種の怪獣がニューヨークに出現した際に倒した経験のある
伊吹新隊長はMATアローの動きでゴキネズラの目を回させ
最後はウルトラマンのスペシウム光線に倒される。
ゴキネズラの武器は口から吐く繊維状のプラスチック溶解液

MSミサイルを口や手で受け止めてしまうくらいの俊敏さを誇る。

なお、このゴキネズラが登場する
帰ってきたウルトラマン第22話「この怪獣は俺が殺る!」

脚本・市川森一、監督・山際永三、特殊技術・佐川和夫、敬称略
での伊吹新隊長の初登場シーンと自己紹介シーンは実に個性的で圧巻である。
新マンでも一見の価値ありのエピソード。

今回のイベント記事は以上になりますね。もう夜ですね・・・。
今までの三部作中、この記事だけはイベントなので雑談ではなく
特撮系記事になってます、ご注意を。


不安定な状態が続く「ひいろお倶楽部@」ですが
何卒宜しくお願いいたします。

では、疲れてきましたし明日の検査があるので今回はこの辺で。



「ログインしようにも荒ワシ師団長が飛びます!飛びます!」
「一昨日また問い合わせたイツツバンバラの新たな不安定項目」
「病院へ行ってきましたPart127・タマムシ怪人のおかげでドタバッタン状態?」
「またもやハサミムシ怪人に接続を切られまくり?」
「ちょうど2年前に岡本正樹さんはガラモンを製作したと書いていた・・・(はぐれベーダー73)」
「動物好きのGでも嫌な思い出がある動物がいるんです・・・。」(ゴキブリジン)
「続・動物好きのGでも嫌な思い出がある動物がいるんです・・・。」(ゴキブラー)
「Gが画廊から帰宅する途中でスチール星人が自転車盗難?」
「病院へ行ってきましたPart119・Gの担当医のW退職にメイロヅノー状態」
「さらばMAT鬼の伊吹隊長・根上淳氏逝く・・・。」(グロテス星人とコダイゴン)
[PR]
by gun_gun_G | 2008-06-22 19:00 | 特撮系
←menu