病院へ行ってきましたPart122・さよならカメレオンカンス

c0040422_20463032.jpg


5日ぶりのご無沙汰でございます、Gです。

まあ、あれから2日か3日おきに眠れない日があるものの
何とか眠れるようになったのですが
就寝時に飲む初期治療の際に使った薬飲んでますから
昼前まで頭がぼやけてて喋ってる事もフニャフニャ。

おまけに薬が強いですから物覚えがまた悪くなってるので
本当は明日あたりにしようかと思ってましたが
忘れないうちに今晩に日中行ったお茶の水に行った件を書きます。

とはいえ一ツ目アイーダの記事であった眼圧悪化の件で、
あんまり今日みたいな雨が降る日とか帰宅が夜間とかは非常に嫌で
階段の段差とかがよくわからなくて
傘でトントン叩いて確認する有様
でして。

(でないと段数を間違えてカクンとかコケそうになるのよね)

その割にはメッセンジャーをGと繋いでらっしゃる方はおわかりかと思いますが
GのPCは起動してネットに繋がるとメッセンジャーが自動立ち上げするのだ)
結構ネットを使う用事があったりして急にPCの動作が重かったりすると
時間が長くなって頭が痛くなっちゃうし吐き気も来るし
眉が顔面神経麻痺でピクピクする
という・・・

そういう時は出来るだけ使った時間くらいの休憩は取るようにはしてますが。
自宅の仕事も今のところ休止させてもらってます。

ブルブルの記事でも書いた
痙攣や手の震えも16日頃からようやく治まり
足のふらつきはまだありますが
タイピングや字を書くのも少しずつですが出来るようになり

極たまにですが鉛筆画描いたりもしています。
ただね、鉛筆画描かないと事故の後遺症の関係で握力落ちて
ペットボトルのキャップとか回せなくなるので
何とかしないと
とは思っています。

毎日の鍛錬って大事だねえ・・・。

日中は天気のいい日を見計らって用事を済ませています。
振込とか買い物とかが多いですが電動アシスト自転車で動いてます。
体力無いのでバテる時が多い
のですが、その詳細は後日に回すとして、
まあ、そうしないと精神的に良くないですし日光の方が見やすいので。はい。

ですので今日は天気予報で午後から雨という事でしたので
自転車は帰りを考えて控えめにしてバスで駅へ移動し電車で都内へ。
この考えは正解だったようで予約にも充分間に合いましたし
院内処方が混んでたので帰りが遅く夜の雨をバスで移動できました
し。

お茶の水の病院の担当医には大体上記の事をGが話したように思います。
特に左目の眼圧30には流石に担当医も驚いてて


「そんなに高かったんですか!
・・・今、出してる薬では
そんな眼圧に副作用が出るものは一切無いので
不眠からの疲れで
眼圧にも影響出ちゃったんですね・・・」


やっぱり眼圧の悪化は不眠症からなんだ・・・。
「やっぱり」と書いたのは眼科から出た処方箋で院外処方した先の薬局で
目薬を貰った際に薬剤師の方が同様の説明をかなり詳しくされてた
んですよ。

いやね、不眠症が治れば眼圧も下がるのはわかりましたけど
Gが一番心配してるのはそれによって視野がまた欠けると困るんですよね、
こればかりは自覚症状がないから機械で見ないとわからないし・・・。


で、メイロヅノーの記事でも書いたように
結局、予定通り今回で今の担当医の診察は最後という形になりまして
入院時含めて二度も診察をしてくれ
トータルの診察時間が一番長い
ので
お互いに「長かったですね」のセリフが出た後に
担当医が遺訓のように


「初期の薬はこれだけ強くて
当時は普通に行動してたのですから
今は飲んでぼやけるという事は
それだけGさんは状態自体は良くなってるんです」

「動いた分だけ必ず休養をとってください」

「今は故あって治療に専念してますが
社会生活に溶け込む事を
これからも心がけてください」


の言葉をGに残してくれました。ありがたいですね・・・。

薬の調整の段階になって次期の担当医候補の話が出まして。
Gがノイローゼ直前に全ての曜日の医師から5人ほど候補を出したと話したら


「すいません、私がいる曜日と同じ医師でないと
引継ぎの関係で変更できないんです。
患者側から勝手に医師も変更できませんし・・・
まったくここのシステムっていったら・・・」


それ、先に言えよ!おい!
こっちはすげえ焦ったんだぞ!


まあ、それでも担当医が2人の医師をチョイスしておいてくれまして。
その2人の次期候補医師とGの候補5人の診察曜日と照らし合わせて
丁度、G候補の5人のうち2人と同じ曜日にいる医師が
次期候補医師の方でいらした
ので
(つまり次期候補医師の2人の診察曜日が微妙に違うのね)
4月1日から予約を取ってみる事にしました。

そしてお世話になったお礼の言葉を言って一礼し今日の診察は終わりました。

ですので、記事アップの件なんですけど考えてはいたのですが

次回予約の4月1日まで

特撮系のイベント発生時、
急遽通った際の病院系、
コピペで負担の少ない検索ワードランキング及びイラスト辞書、


のみとさせて頂き、その他の記事は一切アップせず
(訃報記事、美術系、音楽系含む)、
診察の状況によっては最大5月8日まで延長します。

これでこのままですと3月中は残り1つの記事アップで済む予定になります。
1回だけ特にエキサイトブログの
常連さんには伝えないといけない記事
がありますので。

もっとも4月1日は新しい担当医への説明で終わりそうな気もしますが・・・。

なおネットやメール、コメントなどの
全体の使用時間の自主制限も上記に準じます。


何卒ご理解の程をお願いいたします。


もう少ししたら就寝にあわせて薬を飲まないといけないので鉛筆画へ。
この鉛筆画は手の震えが止まってから初めて描いたもので
もし今月中にもう1回お茶の水に来るように言われたら起用できなかったので
安心して?起用させて頂きます。

超電子バイオマン
に登場のメカジャイガンであるカメレオンカンスです。

(起用理由などは目の関係などで休憩した後に書かせてもらいます)

さあ、薬を飲んでしまいましたので効き目が出ないうちにチャッチャッと書きます。

バイオマンファンなら、このカメレオンカンスとくればピンと来るはず。
そう、初代イエローフォーこと小泉ミカが

敵組織の新帝国ギアのビッグスリーの1人メイスンのバイオキラーガンで戦死した
第10話「さよならイエロー」に登場するメカジャイガン
であります。
起用理由は「さよなら」なんですね。

もっともGは当時見てたものの初代イエローフォーの戦死のイメージが強すぎて
カメレオンカンス自体は調べるまで忘れてました
けど。

新帝国ギアの本拠地ネオグラードに帰還した人工衛星には
バイオ星の爆発で飛び散った微量の反バイオ粒子が貯蔵されており

首領のドクターマンは反バイオ粒子を利用してバイオキラーガンを製作し
メイスンに与え打倒バイオマンを目指します。
その囮ともいうべく出撃したメカジャイガンがカメレオンカンスで
バイオロボとの激闘中にメイスンはバイオキラーガンでバイオロボを狙撃する
のです。
直撃したバイオロボはエネルギー減少、バイオマンらを強制脱出させますが
メイスンは攻撃の手を緩めず今度はイエローフォーが直撃、
力尽きたバイオロボはバイオドラゴンで回収したものの
イエローフォーのダメージは深刻
だった。
バイオキラーガンの残量が少ない事を知ったイエローフォーは
バイオキラーガンの弱点を教え銃撃の全てを自ら体に受け
「みんな、バイオに授かった力を信じて・・・」の言葉を残し息絶えてしまう。


レッドワンこと郷史朗の動物と話しできる能力が一時的に無くなったり
イエローフォーの超電子頭脳のディスプレイ表示が反バイオ粒子で消えたり
弔いの際に超電子頭脳の最後の力でミカの映像が映されたり

とにかく反バイオ粒子の恐ろしさが前面に出てたイメージが強く
これが後に登場するバイオハンター・シルバの伏線となるのですが・・・。
カメレオンカンスの武器は長く伸びる舌での電気ショックと両腕からのミサイル、
両肩からのミサイル、そして保護色によって姿を消す能力
である。

このカメレオンカンスの鉛筆画は基本的に出渕裕氏のデザイン画を元にし
両脚はデザイン画では流用を考慮してか省略されてるので実写のものにして
Gの手の感覚を確認する都合であえてG流に勝手にアレンジ
してます。
(特に頭とか両手の爪とか。角がある右肩もかなり長めにしてます)
震えの止まり具合を見る意味もあったので、
これだけ描ければまずまずでしょう。

じゃあ、今日はもう薬が効いてくる前にこの辺で。
今月はあと最低ワンチャンスはあるので、その際にお会いしましょう。



「病院へ行ってきましたPart121・一ツ目アイーダの眼圧ワースト記録更新」
「病院へ行ってきましたPart120・不眠のためにブルブル?」
「病院へ行ってきましたPart119・Gの担当医のW退職にメイロヅノー状態」
「VDT症候群」
「緑内障」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-03-19 22:11 | 病院系
←menu