「ほっ」と。キャンペーン

ひいろお第4話:低コスト

連日の4コママンガ4回目になります。
c0040422_11205936.jpg



昨日に続けて第4話。「星雲仮面マシンマン」の登場。ピッコロ卒業記念号からのリメイク。マシンマンは元々はアイビー星から大学の卒業論文を書くために地球にやって来たニックとボールボーイが敵組織・テンタクルのドリル男に襲われた葉山真紀を助けたことからテンタクルと戦うために地球に留まります。ちなみにボールボーイの声はオバQの声やデンジマン、サンバルカンのへドリアン女王を演じた曽我町子氏。テンタクルは故・天本英世氏が演じる首領・プロフェッサーKが子供アレルギーであることから、次々と子供に襲い掛かります。彼の開発したアンドロイドはドリル男を基本にあとはただ右腕変えたり顔変えたりといった量産型アンドロイド。オノ男やバット男、ムチ男などいっただけで想像つきやすい面々が出てきます。テンタクル壊滅後、Kの姪であるレディーM率いる新組織・オクトパスも後半はアンドロイドを使いますが、体は丸っきり同じで手持ち武器だけ変えて登場します。こんなことしてても3クールもったのだから、すごい。Gの大好きなヒーローの一人です。楽しんでもらえましたか?4コママンガだけ見たい方は「マンガ&解説」をクリックすると見れますので、ヨロシク。では!
[PR]
←menu