「金城哲夫とウルトラアート」展に出展予定のお知らせ(はぐれベーダー66)

c0040422_1937497.jpg


こんばんは、Gです。

今日はお知らせのために記事アップしております。

パワーアップモンスとジシャク男の記事
美術界引退宣言してから1年以上経つわけ
なんですが

今年に入ってカマ男の記事でドット絵第4弾製作中と書いて
ザンドリアス親子の記事で朝から何やら作業してるとも書いてました。

ガンダーの記事で去年2月に沖縄で開催された
「金城哲夫パネル展示会」と「金城哲夫再び2 ウルトラの時代」の
パンフレット用文章原稿にGのが採用された流れ
とでも言いますか

昨年引っ越し直後にお知らせがGの手元に届き
引退宣言してて何なんですが、こういう展示会に出品予定
です。

「金城哲夫とウルトラアート」
会場:那覇市ぶんかテンブス館 ギャラリー
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-10
期間:2008年2月5日(火曜日)~2月10日(日曜日)10:00~20:00
趣旨:金城哲夫生誕70周年、33回忌を記念して「金城哲夫とウルトラアート」展を開催します。
募集:沖縄と金城哲夫氏、ウルトラシリーズ、怪獣などをテーマにした作品を募集します。
規格:「平面作品」(F10~30号)、「立体作品」(100立方センチ以内)


この展示会用にドット絵を制作してたので、
お誘いのあった手書きブログにはいけず
作品の方の手描きをしてた
というわけです。ゴメンね。

今回作ってたドット絵のプランの大元は交通事故に遭う前に
参加予定になってた2006年のグループ展のDM制作などで
友人と検討してたものの応用
でして

64×64ドットで製作して約2.2cm四方サイズののドット絵を
通常は葉書に印刷するくらいまでの大きさに拡大してるものを
今回は約80cm四方の大きさまで拡大してみようという実験に近い
ものです。

ですので絵筆もてなくても風邪引いてても元の絵が小さいので
体調のいい時にちょこまかと作業できた
というわけです。

拡大印刷とS25号パネルを探すのと水張りが大変でしたが。

ただ予定なんでね・・・
作品自体は22日あたりに、必要事項書類も今日完成してるのですが

梱包とか発送とか全然まだなんで。

まあ気楽にやっていきますので・・・直前でも大丈夫らしいし・・・(苦笑)

あと、どうして引退宣言したGが出展を前向きに検討したかは
書くと凄く長くなりそうなので発送出来た時にでも書きます。
一応、前回の沖縄の時と同様にGの本名で出展を考えてます。


で、いくら完成してるとはいえ出展前にブログ掲載というのも
現地で見て頂けるようになった時を考えると悪いので
ヒントを冒頭に置いておきました。


ウルトラQに登場の大蛸スダールの鉛筆画です。
スダールといっても実物の蛸をそのまま使って撮影してますけど。
せいぜい足の造形だけしかやってなかったはずで
確か映画「キングコング対ゴジラ」に登場する大蛸の流用だったと記憶
しております。

スダールはミクロネシア近海のコンパス島付近に住む大蛸で
雄三が乗ってた第五太平丸など船舶を襲っては乗員を餌
としてますが
コンパス島では外敵から身を守ってくれるという結果論から
守護神として崇められ島民は生贄をスダールに出してました。

生き残った雄三は島民の娘アニタからそれを聞き
父の敵討ちと悪しき風習から脱するために島民を説得して戦い
万丈目たちの通報で航空隊もスダールに攻撃を加えます。

武器は身長100m(胴回り)を支える巨大な8本の触手。
通気孔が弱点で雄三のとどめのモリが刺さって絶命
する。

金城哲夫氏脚本ということでの起用もありますが
このスダールが展示会用作品ではありません。
しかしヒントは隠されてます、
はい。

ちなみにGがルナティック・ドーンで描いて登場させた
クラーケンのモチーフはこの大蛸
です。
わかりやすいですね。

では、以上でお知らせを終了いたします。

◎追記(2/7)◎
先程、情報が入りまして(ありがとうございます!)
「金城哲夫とウルトラアート」展の現地の模様がこちらで見れるそうです。
ここをクリック!

(ちょっとGも覗かせてもらいました)

「Gさんは今年で美術界から引退します。(はぐれベーダー60)」
「Gが書いた原稿?がパンフに採用される事に!金城哲夫さんに送るガンダー!」
「引越し案内状用にGがノロノロ作ってたドット絵第3弾とは?」
「記事数750件記念!地球まで来て親子喧嘩のザンドリアス親子の内部図解!」
「手書きブログ」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-01-26 21:35 | 美術系
←menu