Gの体もゾウガメロンもボンゴも重いぞ!重いぞ!

c0040422_20492289.jpg


こんばんは、Gです。

まずはカマ男の引越し案内状
早くもお返事のコメントやメールを頂きありがとうございます。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。


昨日のハエジゴクジンの記事アップ後に寝てしまい
今朝6時頃に起きたらやっと熱が36度台後半から37度丁度と
かなり下がってきたというか安定してきてた
のですが

今までの高熱の反動か抗生剤の効き目かというところなんでしょうけど
体中が痛くて重くて動けない!
薬局に買い物にも行けず寝込むのが精一杯でして
早めに昼頃でしたか転職先に状況を話してお休みさせて頂き

やっと痛みが引いてきたのが夕方16時半頃ですか。


痛みが引いてきても重いというかダルイというかというのは相変わらずで
今日は出勤予定でしたし記事アップの予定も無かったのですが
冒頭の御礼と良くはなってるとは思うGの風邪の現状だけでも
書いておこうと記事アップ
に踏み切りました。

なので他のお返事含め引越し案内状関連のお返事も今しばらくお待ちください。

ということで今日の文章は短めに鉛筆画へ移ります。

重いというとダルイせいか、これしかGの頭には思い浮かびませんでした。
昨日に続けてスカイライダーに登場のネオショッカー怪人で
ゾウガメロンボンゴ親子です。

象がメロンではありません、
ゾウガメロンです。

ゾウガメロンはネオショッカー日本支部二代目幹部の魔神提督が
バミューダ海域から呼び寄せた暗殺専門の怪人
であり
自らの息子ボンゴと妻のエルザを使って
スカイライダーこと筑波洋の優しさを利用して
捨て子?となった人間体のボンゴに育てさせて情を持たせたところを
ボンゴの日に日に異常なまでに増す体重で圧死
させようとする。
首尾よくボンゴを肩車してピンチとなる筑波洋だったが
洋がボンゴをあやす際に使ったハーモニカを谷が持ってきて吹いた事と
母親のエルザは終始人間の姿で母親としてのボンゴへの愛情を抱いてた事から
洋とエルザの思いがボンゴに人間らしさをとり戻し
怒ったゾウガメロンは巨大な岩となって息子もろとも洋を圧死しようとするも
エルザが庇って結果ゾウガメロンは妻子を圧死させてしまい
スカイライダーの怒りの猛攻を食らう
こととなる。
ゾウガメロンの最大の武器は50tにも及ぶ体重であり
手足や首を引っ込めて岩や鉄球に変化して圧殺する
必殺岩石落としが必殺技
である。
ゾウガメロンの声の担当は池水通洋氏、ボンゴを演じたのは岩永信行氏。

50tなら流石に重いだろう。
太ったGの体重でも敵わないぞ。

(当たり前だ)

今日も文字の処理やリンクなどの細かい処理はこんな状態ですので後でやります。
では、おやすみなさい。ZZZZZ・・・・。

「病院へ行ってきましたPart109・急遽ハエジゴクジン登場の理由」
「引越し案内状用にGがノロノロ作ってたドット絵第3弾とは?」
「ひいろお倶楽部@の検索ワードランキング!Part16」
「トラックバック600件突破!ウルトラバッチでGが思い出すのは・・・」
「病院へ行ってきましたPart108・風邪とインフルエンザとネズラ毒に気をつけろ!」
[PR]
by gun_gun_G | 2008-01-08 21:27 | 雑談
←menu