「ほっ」と。キャンペーン

5ヶ月ぶりでデビルザウルスのファイヤーマンバトンです!

c0040422_18285081.jpg


こんばんは、今朝は引越し作業のゴミ捨てして、また寝てたGです。

いよいよ残り記事アップ数も限られてきました。

そうなると色々とやり残してたことが頭をよぎるのですけど
以前にマンさんから複数のバトンをお預かりして
そのうち
初代マン、セブン、新マン、A、タロウ、ミラーマン、トリプルファイター
と消化していきまして

その後に控えてたのが
ファイヤーマンバトンだったわけですな。

ところがGの手元にファイヤーマンの資料が少なかったことや
その後に色々と出来事あって流れに流れてた
わけです。

おまけにファイヤーマンバトンの後に
ジャンボーグバトンなど2つくらいあったのですが
ジャンボーグ以降は質問項目を
コピペ保存してなかったのです!


痛い、痛すぎる、十万石饅頭。
埼玉銘菓、十万石饅頭・・・。

ジャンボーグからはGが質問作り直すか・・・
ホントに痛い!


・・・な、何はともあれ参りましょう。

安藤達己監督に捧げる5ヶ月ぶりのバトン第2弾
ファイヤーマンバトン
です。

質問項目はバトン持ってきた当時のままです。

-----------------------------------------------------------------------


1、あなたは地底人ミサキーです。正体を隠したままSAFとともに戦う!?


A.後に秘密戦隊ゴレンジャーや
特捜最前線に入ることを考えたら当然では?

(え?違う?)


2、一番印象に残った話は!?



A.一番といいながら2つあげておきます。


まずはGも安藤監督担当の第9話「深海からの挑戦」。
ネロギラスにグドン(!) 、ステゴラス 、ロドグロスが食べられちゃうという
すごい大サービス振りが印象的。


他の監督の方の作品ですと
やはりハーモニカまんまの怪獣ハモニガンが登場という
岡本弘監督の第24話「夜に泣くハーモニカ」ですかね。

この2つはインパクト強すぎです!
(偶然この2つは怪獣ブログさんで採り上げてましたね)



3、惜しくも安藤監督にしてほしかった作品は!?


A.円谷恐竜三部作。
「恐竜探検隊ボーンフリー」
「恐竜大戦争アイゼンボーグ」
「恐竜戦隊コセイドン」


あの特撮不遇の時代に安藤監督がどう撮ってくれたかが今でも気になります。

ピープロ以外の他の会社作品でも監督がどう表現されるのかも気になります。





4、最後にファイヤーマンの感想


A.これは安藤監督のブログでGが書いた感想から引用します。
気持ちとしてはこのままですので



Gが以前から感じていた後年の円谷恐竜三部作のベーシックは
やっぱりファイヤーマンなのかなあ
と思います。
ただファイヤーマンはテーマを重めに、作りも重厚にしてるので
ベーシックと言っても独自の路線で行けたんだなあ
と改めて思いました。
ちなみにマリンカーがマツダのカペラロータリークーペで綺麗なカラーリングで
大好きな特撮車両の1台
です。


ファイヤーマンは当時の特撮ヒーローでもかなりシャープな存在で
派手さよりも内容の奥深さで勝負するという印象が強かったです。

他の作品がそうではないというのではないのですが
(第6話の)竹原と岬の一見ドライなやりとりでも
ファイヤーマンだからこそ視聴者でも受け入れられたと今でも思うのです。
もし1年間放送されてたらどうなってたか?
今も気になる特撮ヒーロー番組のひとつ
です。


-----------------------------------------------------------------------


以上の4項目が当初から設定されてたバトンの質問でした。

なんだ、やろうと思えば出来てるジャン。
もっと早くやればよかった・・・。


今日の鉛筆画ですが手元の資料で一番状態がよかった
ファイヤーマン登場の怪獣
にしました。

安藤監督がファイヤーマンで最後にメガホンを取った
第28話「アルゴン星から来た少年」
に登場の原始怪獣デビルザウルスです。

デビルザウルスはアルゴン星人エムサが流れ着いた
高井村に出現した原始怪獣

最大の武器は手の甲から発射するミサイルであり
その手の甲もカッターのように扱うことが出来る。
ピンチになると地底に逃げ込んでしまう。
助けてくれた高井村を救うために
エムサとミニ怪獣ベムタンが合体怪獣ベムサキング
となるも
それをあしらうばかりかファイヤーマンもその両腕には手を焼く。
だがファイヤーショットで両腕を破壊された
デビルザウルスにはもう勝ち目は無かった。


ジャンボーグバトンはGが再現できたらトライしてみたいと思います。
・・・何となくこのファイヤーマンバトンで
打ち止め
の感がありますが。

それでは、本日はこれにて。


「ウルトラバトンシリーズ第1弾・初代マンバトン!べムラーも参上!」
「ウルトラバトンシリーズ第2弾・セブンバトン!クールに決めたクール星人?」
「ウルトラバトンシリーズ第3弾・新マンバトン!アーストロンもご登場!」
「ウルトラバトンシリーズ第4弾・ウルトラマンAバトン!ベロクロンも参戦?」
「ウルトラバトンシリーズ最終第5弾・タロウバトンにアストロモンスだあ!」
「今度はミラーマンバトン!ダストパンでパンパンパン!」
「久々のバトンはトリプルファイターバトン!サウンドキラーが聞かせます!」
[PR]
by gun_gun_G | 2007-11-06 19:49 | 特撮系
←menu