Gの未来も灰色ですか?ギロチンデスパー?

c0040422_20183332.jpg


こんばんは、物件探しと就職活動中のGです・・・。

(何で引越しと就職活動してるかは右上のカテゴリの病院系をクリックして下さい)

まず単刀直入に書きますが

先が見えないですね・・・。

アパートの契約が12月に一旦切れますから
それまでには引越しか転職のぢちらかが決まれば万々歳
なんですけど

情報はある程度は集めてたとはいえ状況は厳しいですな。

確かに行動を起こしたばかりですから
引越しや転職がそう簡単に決まらないのは
今まで色んな会社を渡り歩いてるGにもよくわかる
のですが

2年でこんなに変わるとはねえ・・・。

整体での足の治療は明日20日の予定ですから
11月下旬には年末処理で不動産物件も少なくなることや
来年からは実家自体のやりくりも厳しいこともあり
足を引きずって走り回ってるわけ
なんですけど

その辺で母とかなりもめてる状態でして
引越しを来年に引き伸ばせばGの体調が持たないですし
今年中の引越しだと場合によっては実家に負担がかかりすぎますし

先々実家に負担がかからないように今のうちに行動してるGと
活動による体調悪化で負担増を懸念している実家とで
お互いが色々と主張することに矛盾するのは当然ではあります。
どちらが正しいとか悪いとかはGにもわからない。


Gも実家も疲れきってるんですよね・・・。

昨日一昨日と夜勤だったGですが
今朝の帰宅途中に母からの携帯メールを見て


「・・・先が見えないです・・・」(前後の文省略)

という文章を見て母が体調を崩してることに驚愕しまして。

たまたまそのメールを見た近くの不動産屋に格安の物件を見つけ
今日の夕方の面接の前にその不動産屋に行って下見の約束をし
その後の面接もいい感触でしたし

このままではGと実家で共倒れなので
何とかGが頑張って収入上げて節制して治療にも専念できないと
ますます先が見えなくなるので、しっかりしないといけません。

今日明日中に来る予定の面接の結果もまだ来てないので
とりあえず明日の物件の下見と整体での治療に専念したい
と思います。

今日アップ用の鉛筆画は2枚用意してました。
幸先がよくなった際のものと状況悪化のものと分けてたのですが
残念ながら今日の鉛筆画は状況悪化のものの方の起用
にします・・・。

イナズマンFに登場のロボット戦士ギロチンデスパーです。
全体写真が極めて少ないキャラなので
高橋章氏の造形デザイン画と映像をミックス
して描いてます。

敵組織デスパーのロボット戦士は基本的に機械的なものが多いですが
血に飢えたギロチンデスパーは珍しくドクロや流血などドロドロしたデザイン。

幹部サデスパーのムチやサナギマンの表皮を切り裂くくらいの
鋭利な右手のギロチンで片っ端から切っていく殺人ロボット戦士。
任務はヒマラヤ山中で採取した芥子の花から作った毒の粉を
赤い蝶でばら撒き人間を痺れさせて殺す「花地獄作戦」の遂行
なのだが
その赤い蝶を操る花地獄の女・テレサ(演じるは奈良富士子氏)が
イナズマンこと渡五郎と昔、離れ離れになった幼馴染だったことから
(この話も以前のメモールの記事同様に童謡「赤い靴」がベースとなっている)
テレサの心に無垢な心が戻り
ギロチンデスパーのイナズマンへの攻撃を庇ってしまう。
武器は右手のギロチンと
空中から急降下してそのギロチンで切りつける必殺技
である。
声は大宮悌二氏の担当。

何でこのギロチンデスパーが「先が見えない」に繋がるかというと
ギロチンデスパーがイナズマンに倒された後、
重傷のテレサは通りかかった子供3人の赤い蝶の毒針で殺されて
その子供達がデスパー本部へ行き幹部サデスパーと会話
するのですが

そのやり取りの中で

サデスパー「海は青かったか?」
子供達「No!」
サデスパー「空は青かったか?」
子供達「No!」
サデスパー「では人間の未来は?」
子供達「灰色なのでーす!」
サデスパー「デスパーの未来は?」
子供達「明るい光でいっぱいなのでーす!」

といって子供達がデスパー少年兵士となり
サデスパーが合格だと満足してたシーン
をケーブルTVで見た時、
渡五郎とテレサが美しい海辺で話しを展開させてただけに
背筋が寒くなったのを今でもよく覚えてた
からです。

今のGたちの先も灰色なのです。

・・・明日になればいい事あるさ、そう信じよう。では、今回はこれにて。


「随分とサデスパー、じゃなくサディストな不幸額鑑定・・・。」
「この状況下での閲覧者総数150000人突破にメモールは泣く」
[PR]
by gun_gun_G | 2007-10-19 21:54 | 雑談
←menu