病院へ行ってきましたPart103・Gはまだまだクラッシュメガス状態?

c0040422_21111628.jpg


こんばんは、Gです。只今、実家経由でお茶の水の病院から戻ってきました。

元々、今週療養に入ってるGがお茶の水の病院に行けるチャンスは
本日10月10日しかなかったのでバイト先にも一応伝えてはいた
のですが

昨夜、恐怖心のあまり病院に電話したら宿直の医師に
「病院に来れなくなってからでは遅いから明日来なさい」
と言われたもので母が後から合流することを今朝決めて
いつもより早めに出発してノロノロとお茶の水へ向かいました。


それでも予約外なので診察は17時くらいにはなっていたのですが。

んー・・・今でも心臓バクバクいってて何から書けばいいか・・・

ただ皆さんに安心してほしいのは
再入院は回避しました。

どういう展開で話が進んだかというと・・・

ようやくGの出番となって診察室に入ったら、
まずGと担当医のサシで話す
ことになりまして母は一旦退室。

で、前回の診察から今までの経緯をずーっとGは話していったんです。
5日に店長さんに体調面と店員募集前倒しを陳情したこと。
6日にバイト先から8日から5日間の休養を言い渡されたこと。
その8日から現在のような体調になってしまったこと。


その話を粘り強く聞いてた担当医は
「もうGさんの根底みたいな物が揺らいでしまったんですね」
と前置きした後に
「原因は2つ考えられますが・・・

1つはバイト先でかなり強い発言をして
自らの悪いイメージが出たんじゃないかと
どこかで人間関係を気にかけてること、

もう1つは・・・
(これは完全に今のGの記憶にない)、

まあ前者の方が今回のケースですね」

とズバリ仰ったのに対しGは

「それは正直思ってはいますが、あと1つあげると
13日までのバイト復帰は難しいのでは?ということがあります。
足が治らないうちとなると・・・また同じになる気がしますし
かといって、このままだと入院時やその後の再入院告知時と同じケースだし・・・」


とある意味一番心配なところも述べておきました。
すると担当医は

「13日には復帰できますよ、
Gさんが何処かで思ってる通り休みすぎはこの場合よくないです。
仕事続けてペースを取り戻した方がいいですね。
ただ・・・」


「ただ?」

「ただ連投は無理ですね。13日出たら14日は休む。
10月いっぱいは1日おき出勤で週3日、
自宅の仕事が入っちゃうとペース落とさないと
週2日しか今の状態ではこなせないでしょう」


んー・・・喜んでいいのかどうか微妙な感じですが・・・

「Gさんはどうしても流されるというか、
人に頼まれたら断れないので、
そこを何とかしないといけないんもですけどね。
バイトだから何も背負い込む必要はないし」

「それはわかりますが担当医にちょっと聞きたい事があるのですが」

「何でしょう?」

「他の店員も危惧するように
今の店(会社のセクション)が潰れるまで
(治療のために)在籍しろというんですか?
入院時も再入院告知時もその時の会社は全く同じケースで潰れてます」

「それはGさん次第ですが
今、アンテナ立ててるのならそれでいいのでは?
バイト代もらえるうちにもらっておくとかいう気持ちで」


ここまでで母曰く40分くらいかかり、ようやく母が入室。

「Gへの医療的、経済的補助も来年から難しくなるし
Gもこんな状態なので一度実家へ戻そうか考えてる」
と母は言う。

担当医は「Gさんも望んでないと思いますが
流されやすいGさんが実家に戻れば
それでまた流されるので私は許可できません。
ただ、あくまで理想論で言ってまして
現実面がそうでGさんが望むならやむを得んでしょう。
でもダメですね私としては」
とコメントし母を再度退室。

それを聞いてか担当医が心配そうに
「Gさんバイト代いくらもらってるの?」
と聞くのでGが
「通常時は××ですが事故に遭ってから下がってるので××・・・」と答えると

「そんなに低いの?
それは支援がきつくなるはずだ・・・
・・・転職は前向きに進めておきましょう、
沈む船に沈む寸前までいる必要はないです」


それもあって転職だ!と大荒れするのもあるのよ・・・

一時的に薬を増やして予約がある15日まで様子を見ることにし、やっと実家へ。

実家で休憩しながらバイト先の店長さんへ担当医からの指示を報告し
電話でやり取りするもキャンペーン最終日で店が多忙なことから
とりあえず13日の日勤復帰時に再度話し合うことで合意し
21時にアパートへ帰宅。


結局今日はいろんなことがあって
Gの恐怖心と砂嵐状態は
変わらずというのが現状
というわけ
です。

ホントにこれで大丈夫なのかどうか・・・
いつもだと担当医の言葉に大体落ち着くことが多いGなのに
まだまだ不安でいっぱいなのでした・・・。


今日の鉛筆画は万一の再入院時に備えて今朝描いておいたもので
超電子バイオマン
のネオメカジャイガンであるクラッシュメガスです。
まだクラッシュ状態のGだからこのまま起用です。

クラッシュメガスという名前だけあって武器が豊富なネオメカジャイガン
背中の電撃装置、両腕のカッター、ストンピングの他に
ボディから出てくる2対のドリルを持ち
両腕がやられるとドリルの上の穴から第2の腕を出して攻撃、

操縦する敵組織の新帝国ギアのビッグスリーのモンスターに
「これが本当の腕自慢よ!」
と言わしめるほどの破壊力を誇る。

ちなみに鉛筆画は出渕裕氏のデザイン画からを参考にしたもの。

あと2日か・・・何とかクラッシュ状態から抜け出したいものだ・・・
以上で報告を終わります。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-10-10 22:23 | 病院系
←menu