病院へ行ってきましたPart102・奇っ械人アリジゴクに飲み込まれそうで

c0040422_20451558.jpg


こんばんは、Gです。

いつもですと水曜は記事更新してないことが多いのですが
この辺が休みというのがある意味シフト増加の影響が出てるといいますか

あれから昨日はやっと眠れたかと思ったら

一度断った気がする勧誘らしい電話が日中10回以上鳴り
(無論そんな電話には出ない、というかワン切りに近い。
Gが寝ぼけてるのかと思って着信履歴を思わず確認したくらい)
体の緊張状態がまた起こってしまい

夜勤があったので早めにアパートを出て
実家を経由して少し寝ようとしたものの寝られず
お茶の水の病院へ電話してみたら
「処方が変わるかもしれないので明日来てください」
とのこと。

そのまま夜勤へと直だから調子が上がるわけもなく
今週二度目の診察の件と簡単な経緯を店長さんに伝え


(この際、1年以上前にGが壊したデッキの修理代を
ギャラなし出勤でまかなおうという親切か悪夢かわからん話
が出た。
店員は来週末から募集するらしいが)

依頼があった自宅の仕事を先延ばしし結局残業して帰宅。

今日はあまりの疲れに久しぶりの熟睡でお茶の水へ、

と思いきや

予約なしで行った為に待合室で待ってる間に
結局、緊張状態となりベットが用意できたところで横になり
ようやくそこで短時間ながら寝て
足の調子がおかしいなと思いながらも遅ればせながらの診察。


2日後に再度の診察で驚いた担当医もしばらくGの話を聞いてて
勧誘や仕事の電話などの話について

「だから以前から電話線は抜いておいてと言ったでしょう!」


そうなのである。

固定電話についてはGがアパート入居当初は
電話線故障でADSLか電話のどちらかしか使えなかったのだが
Gの部屋は携帯の電波が日によって入らないので電話線を修理、

それからしばらくして担当医は電話は使うなと言っていたのである。

理由は今日の診察でも担当医が述べてた

「Gさんの不調の際に電話は体調に大きな影響を与える」からである。

続けて担当医が仰るには

「ここのところですね、
Gさんの体調に影響を与えてるのが
実家から仕事に移行してる
んですよ。
だから、ただでさえ今は神経が疲れきって判断が鈍ってるのに
もともと流されやすいところが重なってしまうんです」


更に

「それでいてバイト先からの要請を
容易に請け負い過ぎる
と思います。
事情がどうあれ相手に乗せられますよ。
ですので電話はしばらく出ない、
Gさんも仕事をNo!と弾き飛ばして
もう増やしてはいけない
んです!
ドクターストップだと言ってください!」


出来るだけ穏やかに、しかし厳しく注意されまして。

で、ここまではまだ診察で比較的言われ続けてることの延長ではあったのですが

「いいですか、Gさん。
今の状態では
自分が壊れるか
自分を守るか

の2つしかない
んですよ」


担当医のこの一言には色んな意味で愕然としました。

ああ、やっぱりそんだけ酷い状態だったんだとか、
Gもここまで流されてたのかと今更ながら気づいたりとか、
でも、この状況でどうしろっていうのよとか。

ただ9年前のあの地獄に近づいてるのは
担当医のその一言でもう完全にわかったので
そういう意味では言ってもらって良かった
というか。

担当医は

「あとは環境でしょうね・・・でも赤ん坊はどうしようもないし、
大家にいっても無駄ということもわかりますし」


ということで

防音の特殊ヘッドフォンをつけて部屋で過ごすか、
引っ越すしかないだろう、


という話をして引越しに関しては何となくGも思ってたので
両方ともお金はかかるけど納得
しました。

処方は変わらずに帰宅しましたが
とりあえず考えが思い浮かばないGは実行するしかない
ので

ようやく今日無理にアップした理由である業務連絡を。

◎業務連絡◎
本日10月3日から引越し当初と同じように固定電話を外しました。
連絡の際はまず携帯へお願いします。


(忘れずにここまで書いて一旦休憩します)

あとは鉛筆画ですが今日はこんな状況なのでありあわせで済ませようと思ったのですけど
あえて現状でどのくらい描けるかを試してみました。
やはりデッサンは狂ってますね・・・時間も数倍かかるし。


担当医との会話で出た「アリジゴクにはまってますよ」という言葉から
何となく仮面ライダーストロンガーに登場の奇っ械人アリジゴクにしました。

奇っ械人アリジゴクは先のストロンガーとの戦いで右肩を負傷した
敵組織ブラックサタン幹部の百目タイタンの助力のために登場。
タイタンの右肩を治せる原子力研究所の立木藤太郎博士を誘拐しようと画策。
もっとも立木博士はあの立花藤兵衛と瓜二つ
なのですが(無論、小林昭二氏二役)。
武器は地中を掘り進む左手のドリルと砂地で作るアリ地獄、そして怪力である。
後のデルザー軍団の隊長ブランクと似てる奇っ械人アリジゴクだが、こちらは別人。

Gも百目タイタンみたいに復活できるかどうか・・・
というかボケててブログの文を消してしまった。だめだ・・・


もう疲れてるのでネットから離れます・・・では、これにて。

「病院へ行ってきましたPart101・キノコジンの幻覚によりGの神経ボロボロ」
「ネット復帰後初のお休み記事・可哀相な隊長ブランク」
[PR]
by gun_gun_G | 2007-10-03 21:54 | 病院系
←menu