「ほっ」と。キャンペーン

マボロシビーストが第2弾カヴァーCDをマネージメント?

c0040422_20521289.jpg


こんばんは、Gです。今日は病院がお盆休みに入ってることもありバイトも自宅の仕事も無く久々のオフ!でも、こんな時にしか出来ないこともあり色々やってたら途中寝ちゃったこともありますが予定より記事アップが遅くなってしまいました・・・。

さて今日の記事のお題は一昨日で書けたことに関してです。

去年のクリスマスイヴに怖い電話の件などで世話になった友人に会ってGが作った?CDを渡したことは、その時のサンタクロース姿のイカルス星人の記事で書きましたがその友人とは年明けの1月末に再度会う約束をしてたのです。1月にGの誕生日があったからなんですけどね。

ところが約束の3日くらい前にGの顔面神経麻痺が再発・・・電話しづらい声で連絡して会うのを延期したんです。

友人は足が不自由なのでGのいるところまで来るのは困難なのとGが移動するための体力回復という2つの面から延期に次ぐ延期で先日の8月11日にGが出かけられるところまで漕ぎ着けたのです。

同僚の急病とかでどうなるかと思いましたが当日何とか会うことができました。

で、まあ歌好きの友人なので今回も前回と同じようにCDを作って持って行きました。前回も説明したとおり友人は邦楽オンリー、Gはどちらかといえば洋楽なのでわかりやすいカヴァーに今回もして、その友人や後で改良版を譲ったリハビリ先の整体の先生(Gサンタプレゼント抽選に協力してくれた方)やバイト先の店長さん(世代的にソウルディスコど真ん中なのです)のリクエストも加えてこんな形になりました。

上記の都合上、流石にかぶったアーティストもいますが・・・曲名とアーティストはコピペしておきますがオリジナルを歌ってる方はあえてここには書きませんので、あしからず。

1.Twist And Shout / Chaka Demus & Pliers Feat. Jack Radics & Taxi Gang
2.Baby Come Back / Pato Banton With Robin & Ali Campbell
3.Da Ya I'm Sexy? / N-Trance Feat. Rod Stewart
4.You're No Good / Aswad
5.No More Tears (Enough Is Enough) / Kym Mazalle & Jocelyn Brown
6.Septembar / Undercover
7.I Feel Love / Messiah Feat. Precious Wilson
8.Keep On Jumpin' / Tod Terry Feat. Martha Wash & Jocelyn Brown
9.I Need Your Loving (Everybody's Gotta Learn Sometime) / Baby D
10.Sukiyaki / 4PM
11.We're All Alone / Newton
12.What's Going On / Music Relief
13.Swing Low Sweet Chariot (Cool Mix) / Ladysmith Black Mambazo Feat. China Black
14.I Can See Clearly Now / Jimmy Cliff
15.Baby I Love Your Way / Big Mountain
16.How Long / Yazz & Aswad
17.All You Need Your Love / Tom Jones
18.Don't You Want Me / The Farm
19.If I Can't Have You / Kim Wilde
20.Careless Whisper / Sarah Washington
21.Hard To Say I'm Sorry / Az Yet


リクエストもあるので、こんな構成ですがトータルはCD-Rギリギリの79分41秒!今回は時間に余裕があったとはいえ上出来ですね。

しかし友人はGが一緒に持ってきた
ZARDのベスト盤の方に飛びついてましたが。


・・・まあ人生そんなもんよ(苦笑)

こうしてGの状態も少しずつよくしていって溜まってるイラストのリクエストや記事などを少しずつ消化していきたいですね。

では今日の鉛筆画。今日の記事はまたもや変則音楽系なのですが前回の音楽系のウラギリビーストの記事の際に当初検討してたものを今回起用します。宇宙刑事シャリバンに登場の魔怪獣マボロシビーストです。

声の出なくなる奇病に悩まされ海へ投身自殺した(と思われる)人気絶頂だったアイドル林田佐代子。敵組織マドーは佐代子に幻夢声帯を移植させて復活した佐代子に「まぼろしブルース」を歌わせて「まぼろしブルース」を聞いた若者達を発狂させて暴徒にしていきます。その佐代子にマネージャーに化けて身辺にいたのがマボロシビーストです。自身を半透明にしたり伸縮自在の顔面の首?で頭突きをしたりマントを遠隔操作したりと魔怪獣の中でもかなりトリッキーな攻撃を仕掛けるマボロシビーストですが手にした杖や剣の腕前もシャリバンと互角の展開を見せ付け正攻法でも猛者振りを発揮しております。ちなみにこの話の脚本を担当した上原正三が「まぼろしブルース」の作詞もしていることは、あまりにも有名。

さあ、あと少し今日はのんびりするべえなあ!では、今回はこれにて。


「サンタクロース姿のイカルス星人が持ってきた?CDでございます。」
[PR]
by gun_gun_G | 2007-08-13 21:47 | 音楽系
←menu