病院へ行ってきましたPart90・シノワナモンガーがGに罠をはる?

c0040422_9584613.jpg


こんばんは、Gです。今日はお茶の水の病院へ行ってきたのですが病院へ到着するまでに体調を崩してしまったので今は多少回復してますが要点を絞って書いて行きます。

昨日は夜勤でしたが他店でセールがあったので、そんなには仕事は無かったんです。ただ帰宅後は相変わらず緊張感で眠れない、体が熱いという感じで今朝4時過ぎにようやく寝れました。

今朝はゴミ出しを意識してたせいか最近では昼ごろまで寝てるのに珍しく早く起きれまして8時半にはゴミ出しを終了
してました。

でも早く起きると多分眠気が後から来るだろうなあと思ってたら案の定、お茶の水に行く前に実家に寄った際に眠気が襲ってきてトーンダウンしながら電車で移動しました。

それだけならまだよかったのですが、こんな時に体温調整がおかしくなって今度は異常な寒気を感じ、おまけに病院が混んでたので、待つ時間が随分あって、その間に寒気と疲れとストレスとでクターッと待合室の隅っこにいる始末。Gの番になっても呼び出しがGには聞こえず看護婦さんに「呼んでたんですけど聞こえてました?」と言われるし。もうジーッとしてるしかなかったですね。

結局1時間遅れでGの診察が開始。まあ今までここで書いてたことを話したわけなんですけど

実はですね、ココではあえて書いてなかったのですが、

ます先月バイト先の売り上げが過去最低を記録するほどの低迷振り(これは近辺の他店さんも同様のようなのが後日わかったのですが)で、それ以外の事情(税金とか)の関係もあって丘陵が通常の半分で、しかもシフトの都合でGの貰う日もずれたので実家から前借して何とかしてる始末で、それでストレスを感じるのと

帰後からGはあんまり人前では調子悪いところを見せないというか虚勢をはってバイト先や実家でG自身でもよくわからないのですが空元気を振舞ってるため帰宅後はまたストレスが溜まる

という二重のストレスを抱えてるんですよね。前向きには考えてるんですけど、もうこれ限界かな?とは正直思うところはあるんです。

ですので担当医もバイト4連荘は仕事上そういうことはあるので仕方ないと全然責めなかったのですが

調子を落としたきっかけが友人からの電話を切る判断もつかないくらい疲れてたのに対応してた点
に触れ

「せっかく4連投で割り切ってやりくりしようとしてたところへ揺さぶりというか、そういう罠が出てくると簡単に崩れるのですから体力気力の配分によく注意しないと」

と流石にそれで厳重注意されてしまいまして。

「Gさんも数年前から比べるとうまくやってるんですけどギリギリのところでやってるんですから休養が必要な時とかは電話でない方がいいと思いますよ、今回のケースも相手が調子悪かったわけですし巻き込まれたらそれは寝込みますよ」

更に

「体温調整がうまくいかないのは自律神経失調症のけもあるんでしょうね、それだけ疲れてストレス溜めてる時はとにかく休養とって、これはある程度はしょうがないと思うことが大事なんですよ」

と忠告してくれました。Gも最近はある程度はしょうがないと思うことの大事さはわかるような気がしてたので、ある意味ホッとしたのか寒気が少しずつ取れてきました。

「まあ、何年か前のGさんだったら、ここでバイト休んでたでしょうね。そう考えるとかなり治療はうまくいってます。薬の量も自分でコントロールしてますし。でも、まだ薬を外せる状態ではないので注意してくださいね」


と最後は笑顔で話してくれました。頭痛は残ったものの少しずつ段々と落ち着きつつあるので、その友人には悪いけど再度会う約束を予定してる8月中旬まで少しの期間だけ連絡を待ってもらおう、それに限らず担当医が注意したように色んな電話も少し控えておこうと思いました。

今日の鉛筆画は当初は何も考えて無かったのですが担当医に

「Gさんはいい展開になると何か罠が待ってますよねえ・・・」

と言われたのを思い出して太陽戦隊サンバルカンの機械生命体シノワナモンガーにしました。手に持ってる斧の形がうろ覚えだったので確認に時間がかかって記事アップ遅れました・・・何でこんな面倒くさいの選んだんだろう・・・ゴレンジャー鉄ワナ仮面にすればよかった。

シノワナモンガーは当時見たGには何のモンガーかよくわからなかったのですが「死の罠」という意味なんですね。デザインした渡部昌彦氏、ネーミングちょっとこり過ぎかも。そのシノワナモンガーは敵組織ブラックマグマの行動隊長アマゾンキラーの指揮の下、本拠地を察知される危険のある北極探査衛星オーロラ号の発射を阻止することを任務とする。アマゾンキラーらベーダー一族サイドは首領であるヘルサターン総統が組織に参入したイナズマギンガーを新行動隊長にという思惑を打破するためにオーロラ号襲撃情報をわざと漏洩しイナズマギンガーに嫌疑をかけるという勢力争いにも利用している。シノワナモンガーの武器は頭部の罠、両肩の斧を投げる五色斧爆弾、三色ロープ罠、火炎地獄罠、地面から頭部で噛み付く死の罠地獄で巨大モンガー時は鉛筆画にある大斧を振り回し両肩の斧で体当たりしたりとかなり豊富である。シノワナモンガーは倒されるものの衛星打ち上げ阻止は成功するという悪が勝った珍しい話です。

今日は睡眠薬を追加してもらったので少しはゆっくり寝れるでしょう・・・明日までのんびりとします・・・では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-07-23 23:19 | 病院系
←menu