「ほっ」と。キャンペーン

閲覧者総数120000人突破!その昔、Gはズラスイマーに完敗しました・・・。


こんばんは、Gです。流石にしばらくぶりの昨日の整体でしたので今日も正直押し返しと眠気でボーっとしてますね。もっとも今まででも症状が辛い時に整体で治療受けて3日くらい押し返しが抜けなかったこともあるので、よっぽど今回は症状の放置し過ぎだったんでしょうねえ・・・。

さて今日は延ばしに延ばしたイベント記事に行こうかと思います。17日のマンモスシンカの記事にてちょこっと触りは書いておきましたが、こういうことなんです。

5月17日記事アップ後に「ひいろお倶楽部@」閲覧者総数が120000人を突破しました!

んー・・・感無量すぎて頭がボーっとしてますなあ(何か違うのでは?)。この数字は何度も申し上げてますが、あくまで訪問してくれた方の人数であって一般的なカウントではありません。つまりある方1人が1日に3回この「ひいろお倶楽部@」に来たとしたらその日のカウントだったら3なのですけど、その日の閲覧者としては1人という計算なのです。

カウントはネームカードというのができてから、ようやく知る事が出来たのですが通常このブログは1日に200~450くらいのカウントが来て39000くらいあるエキサイトブログでも2800位くらいから最高でも900位くらいのポジションが多いのです。

ところが先日5月19日のカウントが975カウント!ランクも307位でして。

イラスト辞書アップしただけなのにGもこれにはビックリしてしまいまして。

けど翌日に元の2600位台へ急降下したのにもビックリでしたが。

何はともあれホントに皆々様には感謝しております!

で、ですね、イベントといえばウルトラ怪獣なのが「ひいろお倶楽部@」の定番なのですが今日は以前から用意してたGの因縁のあるウルトラ怪獣の鉛筆画を掲載します。これなんですが。


c0040422_20383887.jpg



ウルトラマン80に登場のムチ腕怪獣ズラスイマーですわ。まさか、コイツを描くことになろうとはねえ・・・コイツはGの因縁のある怪獣といいますか・・・なんで因縁あるかはレッドキング三代目の記事を見てもらってればわかると思うのですが二度も書くのも面倒なので記事から抜粋すると

------------------------------------------------------

このレッドキング三代目には思い出がありまして。ウルトラマン80では怪獣デザインの公募があってGもふるって応募。その際に何枚か描いたうちのひとつがあまり厳密に憶えてないのですけどレッドキングを元にしたもの、三代目自体も描きましたね、確か。で最優秀賞だったのがムチ腕怪獣ズラスイマーでGは落選。ズラスイマーのデザインがよかったこともあり仕方ないかと諦めてたGがズラスイマーの後にレッドキング三代目が放映されて出たからいいかと強引に納得したという思い出ですかねえ・・・。

------------------------------------------------------

つまり簡単に書くと
Gはズラスイマーに完敗したわけですわ。

当然、着ぐるみ製作時にはデザインアレンジが加わってるのですが当時の当選されてた絵に比較的忠実に作られててGもうらやましかった記憶が・・・。

・・・まあ過去をグジグジ言っても仕方ないか・・・。

このズラスイマーは栃木県大谷村の平和観音像によって地底に封じ込められてた怪獣(エンマーゴ・・・は禁句)で、その名の由来は方言の「ずら」と「水魔」を掛け合わせ。地底に閉じ込められてたこともあってか熱に強くムチ腕というだけあって左手のムチは強力右手がムチになって出回ってる写真は間違いです、原画も確か左手だったはず)。ただおつむが弱いからなのかは定かではないが大谷石が固いという認識が無くぶつかっては痛がり蹴っ飛ばしてはすっ転んでみたいな事をしてましたね。応募作怪獣だけ遭って?80をも苦戦させる強敵である。

さてここでストーリーでも・・・実はイベント記事を延ばした理由はもうひとつありまして

ストーリーがおぼろげにしか覚えてなく手元や近所のレンタルビデオ店にズラスイマーの話が置いてない!
というより80そのものが置いてない!

・・・時間稼ぎをしても仕方ない・・・手元の資料でやるだけやってみよう・・・ウルトラマン80第42話「さすが!観音さまは強かった!」脚本・石堂淑郎、監督・東條昭平、特撮監督・佐川和夫(敬称略)。

大谷石で有名な栃木県大谷町・・・この町にある2人組がやってきていた。2人組の大林と武田は江戸時代の大泥棒・浜野真砂衛門(はまの・まさごえもん)の千両箱を探すコソ泥だった。何でも浜野真砂衛門は会津へ逃走中に捕縛されるのだが、その直前に浜野真砂衛門は千両箱を穴に投げ込み1855年(資料には1822年と書いてあるけど年号が安政ならこうでしょう)に穴は安政の大地震で埋まり場所は今は平和観音像がある辺りになると大林と武田はにらみ発掘を開始する。

その平和観音像に毎日拝む少年がいた。その少年、岩水信夫の願いは信夫の大ファンであった当時のアイドルの倉田まり子に会うこと。そんな願いをしてる最中のある日信夫は2人組を見かけ以後信夫は毎晩夢の中に観音様が出てきて泣いているので、お告げではないか?と思うようになる

丁度その頃に大谷町にはUGMのイトウチーフと矢的猛が来ていた。地磁気の異常が出てたための調査であった。信夫と出会った猛たちは話を聞いた直後に大林と武田を発見。しかし彼らは発掘にダイナマイトを使おうとしており実行されてしまう。横倒しになった平和観音像の下からズラスイマーが出現する!平和観音像によって封じ込まれてたズラスイマーが目覚めたのだ。

UGMの攻撃も効かないズラスイマーに対し猛は80に変身!ところが、それでもズラスイマーには歯が立たない!そこに町民達と信夫は観音様の力を使うよう80に叫ぶ!うなずく80は平和観音像を立てるとズラスイマーは直立不動となる。観音像から発する後光で地下へ再び封じられるズラスイマー。

UGMは本部へ帰るのと入れ替わりで信夫の元に1台の車がやってくる。乗ってたのは何と倉田まり子!たまたま近くで映画撮影をしてた彼女にUGMが信夫のため声をかけていたのだ。大ファンのアイドル倉田まり子と一緒に写真を撮ってご機嫌の信夫だった、というもの。

・・・じゃなかったっけ?(苦笑)
猛も観音様の夢を見てた記憶もあるんだけど・・・。


ちなみにコソ泥2人組のうちの1人はあの新マンのスーツアクターこときくち英一氏であることは有名。あと確かですね、当初この話は倉田まり子さんがキャスティングではなかったんですよ。松田聖子、三原純子などなど二転三転して倉田まり子さんの出演OKという形だったと思います。倉田さんの方はうろ覚え。ごめん!

今日も押し返しと明日の日勤のためにこれにて終了しますが

今後ともこんな「ひいろお倶楽部@」ですが宜しくお願いします!

では、今回はこれにて。

「事故当日に閲覧者総数70000人突破・恐れていたレッドキングの復活宣言」
[PR]
by gun_gun_G | 2007-05-22 21:35 | 特撮系
←menu