Gが書いた原稿?がパンフに採用される事に!金城哲夫さんに送るガンダー!

c0040422_1904925.jpg


こんばんは、Gです。まず最初にお知らせしておきます。クジラ怪人の記事にて2月12日にバイト先の人不足により、やむを得ず一時復帰すると書きましたが、その時にも書いたとおり1月26日のアオデンキウナギの記事から続いていた記事連投を今日2月11日で一旦打ち切ります。

自宅にしかいれないのとある意味での連絡、あと載せておきたい記事があったなどで連投してたのですが明日12日はG自身でもどうなるのかがよくわからないので一旦掲載を打ち切りして次回の掲載は13日、14日の病院行きに関してのことをいつになるのかは未定ですけれども予定はしております(早ければ13日復帰の可能性もあるにはあるということ)。まあこの体調で無理をしても、ということと一応今日の掲載分でやりたいことはほぼ出来るという形にはなったことによる決断です。どうかご了承ください。

12日の事もあって充電を兼ねて今日は一日熟睡してたのですけどね・・・。

で今日の掲載分でやりたいことがあるというのは一体何かといいますと、またこの話も去年の年末までさかのぼります。去年の年末、このブログの常連さんから、あるお誘いがあったのです。

「来年2月行われる金城哲夫氏の沖縄イベントにファンレターを書いてみませんか?」

金城哲夫氏・・・ウルトラシリーズには欠かせない名脚本家であり沖縄との架け橋になろうと一生懸命働きかけながらも最後には果たせぬまま若くして亡くなられたという・・・GもTVドラマで大体の経緯は見ましたし丁度その頃は切通氏の「怪獣使いと少年」を古本屋で買って読んでいたところでした。

お誘い頂いた方が以前から金城氏のイベント取材などに力を注がれているのは知ってましたし、Gも金城氏は好きでしたし(本当に好きでないとバトンのお題で「金城哲夫」を出したりしませんよ「是非書かせてください!」とGの方からお願いさせてもらいましてファンレターというより追悼文という形ということでしたので年明けまで忙しかったGも〆切延長が決まったことで何とか追悼文の応募に間に合いまして。Gが金城作品でもっとも衝撃を受けたウルトラセブンの「ノンマルトの使者」を絡めながら定石かなあ・・・と思いながらも思いをこめてGなりに一生懸命書いてみました。

そして2月になりまして・・・。

イベントパンフに掲載される可能性がかなり高いとは伺ってたのですが昨日のトリプルファイターの記事アップ後に連絡が入りまして

「パンフでのGさんの原稿掲載を確認いたしました、記事掲載の許可も頂きました」

・・・安藤監督の件をあったばかりだけに嬉しさひとしおで(泣)。しかもそのパンフの内容のご連絡には飯島敏広監督とか桜井浩子さんとかひし美ゆり子さんとか上原正三さんとかGがビックリするような方々のお名前が書かれててGもまさかここまで展開されてるとは思ってもいなかったので唖然としてしまいました。募ってた金城氏への思いも書けてGも感無量というところでしょうかねえ・・・。

ということで

「金城哲夫パネル展示会」
2月11日から24日まで「沖縄県立南部医療センター」で行われます。


更に25日にはトークショー「金城哲夫再び2 ウルトラの時代」が
パレット市民劇場で行われます
(スゴイ方が来られますよ)。

皆さん、沖縄へGoです!


ちなみにパンフでのGの追悼文はイラスト活動時と同様にGの本名で出てますので、あしからず。

むーかしのなまえーでー でてーいーまーすー♪

・・・失礼しました。

で鉛筆画はどうしよう?ということになったのですが、もちろん金城作品からとは思ってましたけど追悼文で使った「ノンマルトの使者」はちょっと別の記事でしっかりやりたいというブログ立ててからのGの考えがあるものですから他の作品からと思い資料を探してたら1枚の写真を見つけたんです。

ウルトラセブン第25話「零下140度の対決」撮影時の毒蝮さん、満田監督、ひし美さん、阿知波さんに囲まれて笑顔の金城さんの記念写真。

・・・そうか・・・確かこの時に金城さんゲストで出てたんだ・・・。

それをしんみりとしたGが描いたのが冷凍怪獣ガンダーです。このガンダーはGは見かけがあまり好きではないのですけどメチャクチャ強いウルトラ怪獣です。ポール星人が地球を氷河期にするためだけに連れて来られたガンダーは地球防衛軍の動力炉地下ケーブル破壊を使命とし口からの冷凍光線でまさに氷河期へと変貌させ寒さに弱いウルトラセブンやカプセル怪獣ミクラスを圧倒します。また敏捷性にも富み羽を使って空を飛び地中に潜って行動も出来、両手の爪も強力な武器となります。

でも、このときのミクラスって何故か印象薄いんですよねえ・・・なんでだろう?

本来ならポール星人とストーリーも紹介するべきだろうとポール星人の鉛筆画も用意はしたのですが元々ポール星人で記事ネタを考えていたので掲載は後日機会があったらとさせていただきます。

これにて今日の記事を終わりにします。もしかしたら修正や追記があるかもしれませんが。一旦記事連投を打ち切りますが近日中にまた記事アップできる日を楽しみにしております。それでは、一旦これにて!
[PR]
by gun_gun_G | 2007-02-11 21:05 | 特撮系
←menu