病院へ行ってきましたPart63・こんな時にクラゲダブラーの目玉が呼ぶの?

c0040422_188516.jpg


こんばんは、Gです。今日は一昨日のアンコウパトの記事での予告どおり、2月2日の腫瘍検査の結果前にやらないといけなくなったことを書きます。まあ見てのとおり病院系ではありますが。

話は1月30日にさかのぼりますが運転免許更新の手続きをやってる際にちょっと思い出したことがありまして。それは

「地元の大学病院の眼科の定期健診の予約日って2月じゃなかったっけ?」

ということでした。Gは緑内障とVDT症候群が欝のきっかけになった持病ですので、この眼圧などの検診をやらないのは、ちょっと色んな意味でまずいんですよね。帰宅後に早速、その大学病院への眼科へ確認の電話を入れました。

そしたら

予約が2月8日だと思ってたのは勘違いで実際は2月1日!

しかも

3月末にも視野検査などの細かい検査の予約が既に入ってる!

ということを案内されたので、この大学病院の予約を外すと設定のし直しがかなり複雑で、かなり後の日に設定されそうなことを以前に経験してることから

こりゃ2月1日に強行軍で行くしかないなあ

という展開になってしまい当日である今日、顔面神経麻痺の再発があってから初めて電車に乗り出かけていきました。

・・・なんか前回の顔面神経麻痺の際にも似たような経緯があったような・・・?
(確かガンモンスの記事)

それでそういう日に限って眼科は混んでたのですけど、そんなことを気にしてもいられないので、しばらく待ってから診察へと移りました。眼科の担当医は最初はGの事情を知らなかったのでGの目が開かないということはなかったものの

顔を乗せる台にGの顔が曲がっててうまく乗らない

とか

Gの目がまっすぐ前に向けないのでライトで見る先を誘導したり

とかで診察や検査にかなり四苦八苦されてました。眼圧は平常値だったもののGが顔面神経麻痺の再発や右耳の腫瘍検査のことを話すと眼科の担当医は驚かれまして

「一応、次回の予約はそのままにして万一の場合のことを考えてGさんが右耳を検査している市立病院にも眼科はありますので、次回はそちらへ行ってもいいようにしておきます。」

と、かなり適切でありがたいお言葉をいただきました。ただ市立病院の眼科は予約で手一杯なくらいにかなり混むのとやはりいつもの安心できる眼科医に診てもらいたいという気持ちが出てきて明日の腫瘍検査はうまく通れば良いなあ、と痛い右耳を触りながら思いました・・・。

その後の会計までも混んでて結局リハビリにも午後に行くことになり疲れる事ばかりですよ・・・リハビリに行かんと顔が曲がるし・・・。

まあそんだけ待たされた事もあって最近あまり描けなかった鉛筆画も4枚弱描ける時間があったという展開でして今日のために用意した鉛筆画は宇宙刑事ギャバンに登場のダブルモンスター・クラゲダブラーであります。このクラゲダブラーと目とどんな関係があるのか?

クラゲダブラーは悪徳宝石商・石黒幸三として敵組織マクーの資金源を稼ぐためにヨーロッパ各地で殺人と宝石強奪を展開、その際に持ち歩いてたアタッシュケースの中に一つ目の怪物を入れていて、その怪光線で悪事を働いていたのだ。その石黒のコレクションの中に「アフリカの星」という宝石があり怪盗Xこと速水バトルフランスこと倉地雄平氏がゲスト)が殺された父のものであった「アフリカの星」を取り返そうと争奪戦がコミカルに展開していく。武器は三又のヤリと触手から出る溶解液であるクラゲ酸。空を飛ぶこともできる。ギャバン=大葉健二氏=バトルケニアですからフランス、ケニアの息の合った名コンビにくしゃみ連発の石黒のキャラといい結構展開が面白い話です。

いよいよ明日かあ・・・朝早いし、さっさと寝るとしよう・・・では検査結果の出る明日2日にお会いしましょう。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-02-01 19:07 | 病院系
←menu