腫瘍検査前にアンコウパトに運転免許更新申請?

c0040422_17494564.jpg


こんばんは、Gです。昨日の舟耳仮面の記事でGの右耳の腫瘍検査が31日と決まったと書きましたが結果の出る2月2日までしか今のところ予定が立てようも無いこともあり今朝からGは今のうちにやっておかないとまずいものに着手し始めました。

そのうちのひとつにGの運転免許更新がありました。

以前のボクサーモンガーの記事でも書いたとおりGの誕生日は1月16日です。1月16日という日は子供の頃とかはクリスマス、お正月、そして誕生日と3連続で欲しい物がもらえるという非常に都合のいい日なのですが免許更新となると非常に困る日でもあります。

それは今までは誕生日の1ヶ月前から当日までの更新だったので、ただでさえ年末年始で混むのに12月末から正月は免許更新関連の場所はお休みになってしまい、その分さらに混んでしまって更新する時間が結構かかってしまうからなんです。勤め先を休まないと更新はほとんど無理なじょうたいでした。

ただ今年2007年からは誕生日の1ヵ月後まで、つまり誕生日の前後の合計2ヶ月と期間が倍になってくれたことでGは非常に助かったなあと思い年末年始の仕事や整体・病院への通院治療、父の検査入院などで年末年始は身動き取れないとの予想から1月16日より後に免許更新をしようと思ってたのです。

ところが伯母の死去、顔面神経麻痺の再発、そして今回の右耳腫瘍検査と立て続けに不幸が繋がってしまい顔が曲がっていることもあって免許更新を見送ってたのです

でも考えてみると検査結果が出る2月2日から更新期限の16日までは2週間しかない!これからの目処が立ってないのに余裕が2週間しかないでは困るなあということになり今朝になって埼玉の鴻巣にある運転免許センターに電話で相談したのです。Gの事情を聞いたセンターの相談員の方は

「わかりました。そうしましたら今週、遅くとも検査結果直後の来週には更新の手続きをゴールドですから近所の警察署で行ってください。恐らく一番それがよいと思われます」

と案内してくれまして今日しか行ける見込みが無いためリハビリへ行く前に近所の警察署へ行ってきました。警察署でもGの顔面神経麻痺について聞かれました(麻痺関連で聞かれる項目があるのです)が運転免許センターに電話した事をGが話したら

「わかりました。ではセンター報告済みですので通常と同じ処理をします」

警察署の方に事情をわかってくださいました。運転免許センターに事前に相談してよかった!その後の視力検査ではGの聞こえにくい声を担当の方が粘り強く聞いてくれて更に写真撮影ではGの曲がってる顔をGと写真担当の方の2人がかりで見れる範囲になるまでGの顔を手で押して何とか撮影にこぎつけました。それでも顔はまだ曲がって写りましたが写真担当の方が気になるくらい来た当初はもっと曲がってたのでしょう。

おかげさまで健康時と同じ時間経過で無事に運転免許を更新できました。草加警察署の免許担当の方々、鴻巣の運転免許センターの相談員の方に心より感謝します。ありがとうございました!

でも帰宅後に検査結果が出るまでにもうひとつやらねばならぬ事があるのにGは気づくのでした・・・。それは明後日2月1日に書きます。

今日の鉛筆画は免許更新の記事用にかなり前から用意してたものでスパイダーマンに登場のマシーンベム・アンコウパトです。警察がらみということですので。

アンコウパトは普通自動車(クジラクラウン)をパトカーへと変身させるチェンジ・アンコウパトという特殊技(その際に自らが人間への変身も可能)を持ち、それを使って城北署から村本(演じるはきくち英一氏!)というスリを救出します。敵組織・鉄十字団はコバルトX爆弾を狙っていたが警視庁による輸送ルートが不明で警視庁進入も困難だったことから輸送警備担当課長が外にいる間に村本を使って課長のネクタイピンと高性能盗聴器つきネクタイピンをすりかえてルートを盗聴、コバルトX爆弾強奪実行を企んでいたのだ。ただ、このアンコウパトはそれほど強いマシーンベムでもなく武器はパトライトからの赤色破壊光線のみでスパイダーマンには光線も使わずに巨大化しレオパルドンに変形しないマーベラーに倒されたという・・・。

Gがこのアンコウパトが何故か印象にあるのは多分、鉄十字団に刑事であった兄高橋利道氏でしたね)を殺された茜という婦人警官斉藤浩子氏でしたね)がスズキフロンテのミニパトで一生懸命追いかけてたのとやっぱ車と刑事モノという内容だったからかなあ?とにかく印象には残ってます。

・・・なんか休んでるようで全然休んでないような・・・やること多すぎて。とりあえず明日の右耳の検査に向けて気持ち切り替えておきますよ・・・では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-01-30 19:08 | 雑談
←menu