去年11月に閲覧者総数90000人を突破・偽りの平和を呼ぶロボフォー

こんばんは、Gです。今日は父の検査入院が終わる日ですが伯母の葬儀に続いてということで母が疲れてると思い、あえてバイト先から実家へは寄らずに自宅で連絡を待つことにしました。結果がわかるのは明日21日になるかもしれません・・・。

さて気を取り直して進めましょう。一昨日のレッドキング三代目の記事で閲覧者総数が70000人、昨日のシグナリオンの記事で閲覧者総数が80000人を突破してたことを書きましたが、そのまま「ひいろお倶楽部@」の記事数がなかなか増やせない中で

2006年11月11日に「ひいろお倶楽部@」閲覧者総数が90000人を突破してました。

その翌日11月12日から記事数が増えていったので、この件もなかなか記事にすることができなかったのです。でも、こうして何とか記事に出来、ホッとしております。ありがとうございます。

でイベント記事はウルトラ怪獣、しかも閲覧者総数の関連は大物怪獣を載せているのですけど今回は皆さんが思い浮かぶ大物ウルトラ怪獣ではなく製作サイドの円谷プロ側としては大物になるんじゃないの?というウルトラ怪獣を昨日載せたシグナリオンの鉛筆画を描いた際に一緒に描いたので、それを掲載します。ただ、ちょっと自信が無いものではありますが・・・。

c0040422_2083218.jpg


ウルトラマン80に登場した戦闘円盤ロボフォーです。え?これのどこが大物ウルトラ怪獣なのかって?ウルトラ怪獣のロボットでこういう形態のものって意外と極端に少ないのです。何せ人が入る着ぐるみタイプでも戦艦タイプでもなく円盤の下部がスライドして砲身とマニピュレーターが出てるだけですから。このロボフォーは円谷プロとしてはかなりの冒険だったと思います。そういう意味では製作サイドからは大物といえるのではないかと。

ただ掲載をどうしようかと考えてたのはGの手の調子がイマイチで楕円の線がどうしても曲がっちゃうからなんですよね。その辺はどうかご勘弁を。

ロボフォーは友好的な宇宙人ファンタス星人に成りすましているアンドロイドが操縦する戦闘円盤で通常は巨大円盤だが戦闘時にこのように変形する。巨大円盤時は女性の声で平和を呼びかけるも戦闘時になると四方に伸びるキャノン砲やレーザーで攻撃する。また巨大円盤時、戦闘時ともに敵機を空中でストップさせる光線を出せる。(80にはリングになって動きを止める)

ではロボフォーのお話を簡単に。ウルトラマン80第24話「裏切ったアンドロイドの星」脚本・平野靖司、監督・外山徹、特撮監督・高野宏一(敬称略)。

東京上空に突如、巨大円盤が出現しUGMが迎撃体制をとるも戦闘機は皆、円盤からの光線で空中にストップさせられる。円盤からの声はファンタス星人と名乗り宇宙の平和のために地球に銀河大連邦への参加を呼びかけるために来たという。資料を残して消える円盤。地球人は半信半疑だったが80こと矢的猛はファンタス星人が友好的な宇宙人であることを知っていたため信用できると主張する。残した資料も実に綿密なユートピア構想が記されオオヤマキャップはユートピアは人から与えられるものではないと懸念を示すも、とりあえず各国首脳会議に資料を提出し満場一致で採択される。

その夜に猛はアンドロイドに襲われる。その調査の中、円盤は再度現れファンタス星人が姿を現す。UGMの面々がファンタス星人と握手をするが猛はその手に驚く。体温が暖かいはずのファンタス星人の手が冷たいのだ。そこで調印式の会場に同席した猛はファンタス星人を透視、彼らがアンドロイドであることを知る!調印式を止めようとした猛は逮捕されてしまう。投獄された猛の前にファンタス星人、いや反乱を起こして機械に生活をゆだねすぎたファンタス星人を滅ぼしたアンドロイドが猛をウルトラマン80として殺そうとする!そこへイトウチーフが助けに来る。猛を夜間に襲ったアンドロイドの正体が判明したからだ。

逃亡したファンタス星人は地球人を奴隷にすることをあきらめロボフォーを変形させて皆殺しにしようとUGMに圧倒的な力を見せるも猛は80に変身しロボフォーを戦いの末バックルビームで打ち落とす。そしてユートピアはやはり自分たちの手で時間をかけて作り出すものだとUGMは改めて思うのだった、というもの。

Gが当時見た感想はですね・・・地球人には圧倒的に強いロボフォーも80には意外にもろかったなあということかなあ?だからファンタス星人は抹殺部隊のアンドロイドを送るなど手は打ったんだろうけど。

ここまで70000人、80000人、90000人と閲覧者総数を記事にしてきました。ということは次回は?フフフ。では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-01-20 22:07 | 特撮系
←menu