プレゼントビーストがGサンタプレゼント当選発表をします!

c0040422_1657845.jpg


こんばんは、Gです。どうも眼精疲労が酷いみたいで寝てるとだいぶ落ち着くんですけどね。困ったもんです。

さて、今日はあの日です。そう、

去年12月25日に行ったGプレゼントの当選発表日です!

Gからのプレゼントは

c0040422_17151998.jpg


テレビマガジン特別編集「巨大ヒーロー大全集」講談社
昭和63年発行第1刷


でしたね。詳細はサタサタの記事へどうぞ。

その当選発表をこの特撮キャラ、君に決めた!カモーン!

ということで登場したのが宇宙刑事シャリバンに登場の魔怪獣プレゼントビースト。顔がリボンに箱という、この場にふさわしい魔怪獣ですねえ。

久々の魔怪獣プレゼントビーストの解説を簡単に。敵組織マドーの日本侵略用にと北関東に建設してた前線基地の場所(マドーマーク)を偶然撮影してしまった航空カメラマンとパイロットを抹殺することを使命とする。もっとも基地の情報が漏れたのは作戦を外された軍師レイダーが故意に情報を知らせたからなのだが。話だけ書くと何故プレゼントビーストという名前なのかが全然わからないのだがマドーが航空カメラマンの北川星夫を狙ったのは北川の息子・星一の誕生日パーティーが行われてた自宅であり北川が息子に誕生日プレゼントを渡したいという伏線が名前の由来である。武器はヤリからの弾丸パイロットを襲った時に使用した光線

で、当選発表をプレゼントビーストに聞いて・・・え?自分はプレゼントを持ってきただけだし抽選はGがやったからGの方で言ってくれって?・・・あ、そう・・・わかりました。

んん!気を取り直してまいりましょう。今回のGサンタプレゼントにご応募いただいたのは

2名様です。

3名様だとマンガみたいでいいなあ、と思ったけど、それはそれとしてご応募ありがとうございました!

それで抽選に入ったわけですがGはどうも優柔不断といいますか円満主義といいますか私情がどうしても入りそうな気配がGサンタプレゼント企画時に感じたので、ある抽選方法をGは去年の段階で既に考えておりました。

それはこの「ひいろお倶楽部@」の存在を知らない方にくじを引いて決めてもらうというもの。

これなら本当に当たるも八卦となるわけです。そのために応募者の方にはGが事前に応募した順に番号をお知らせしています。つまり番号が1番の方と2番の方がいらっしゃるわけです。

で、夜勤明けの今朝方に今年最初のリハビリに行くにあたって、あらかじめ紙の余白で全く同じ色と長さと大きさのくじを作り1と2の番号を振って持って行きました。番号の部分を隠せば全く同じものに見えるようになっています。これを引いてもらおうというのです。

心配だったのがリハビリの病院が今年最初ということで混んでるかどうかでしたが意外と空いておりました。これはチャンス!そしてGがリハビリを終えた時、偶然担当の患者さんがもう時間的に来られないので本を読んでる(もちろん医学書)リハビリの先生がお1人いらっしゃいました!おお!これでお仕事の邪魔をせずに抽選に入れるぞ!しかもこちらの先生はGのブログのことはあまりご存じない。早速、その先生に交渉。

「あのう・・・今、大丈夫ですか?」
「あ、はい、何でしょう?」
「この手で持ってる2枚の紙をどちらか引いてもらえます?」

そう、ここで抽選のくじとはGはあえて言いませんでした。紙の長さは全く同じです。

「?」

先生はスッと紙を1枚引きました。番号を確認します。

「・・・2番・・・ですね」

Gと先生とで番号を見た後に先生が

「これは何です?」

最初ではなく、ここで聞いてくるとはいいタイミングです。そこで初めてGは

「Gのブログのプレゼントの抽選です」

と言うと状況がわかった先生は笑ってお辞儀をしてました。スゴイ性格いい方だなあ。お礼しないとイカンかもしれん。

当選した方しかハンドルネームは書きません。

応募番号2番の方・・・、


拳螺閣下さん


に当選が決まりました!おめでとうございます!


拳螺閣下さんには後ほどGから詳細のお知らせをお送りしますので、今しばらくお待ちください!

また今回は惜しくも外れた1番の方には今回は残念でしたが、せっかくご応募いただいたのでGからお知らせをさせていただきます。

では次回、今年のクリスマスでまたお会いしましょう!って、ホントにこの企画、次回があるの?・・・今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2007-01-04 21:52 | 特撮系
←menu