才女・岸田今日子氏逝く・あのJACとの関係

c0040422_2048860.jpg


(当初は昨日22日にアップ予定でしたが急用のために間に合いませんでした・・・昨日に途中まで書いた文はそのまま使いますので、ご容赦ください)

こんばんは、Gです。ちょっと都合により予定より記事掲載が大幅に遅れまして申し訳ありません。今日22日中に間に合うかわかりませんがアップしてみます。

昨日は青島幸男氏について書きましたが今日は昨日の宣言とおりムーミン谷に変えられてしまった方のことです・・・一昨日の速報とざんぶろんぞさんのお知らせにはびっくりしました・・・。

女優・岸田今日子氏が17日、脳腫瘍による呼吸不全のため亡くなられました。享年76歳。

・・・なんと脳腫瘍になってらしたとは知りませんでした・・・。何でもやってのけ華麗に魅せる女優さん・・・それが岸田氏でした。はかなき美女からバラエティですっ飛んだキャラまで、そつなくこなせる方で子供好きということもあり自らのお子さんに自分の仕事というものを見せるためにあの有名アニメのムーミンの声を担当されたことはあまりにも有名。その後も大好きな子供のために様々な番組にも出演され、また詩を読むことも大好きで朗読されることもしばしばとかなりの度胸と才女ぶりを見せた方でした。化粧品イオナのCMといいGとしましては、すごく心に残る女優さんでした。

岸田氏が特撮に関係あるの?前のご主人が先日亡くなった仲谷昇氏だから?それもないこともないですが確かに岸田氏は特撮にご出演というものは無いものの、かなり近い作品に出演されてらっしゃいます。

それは

「影の軍団Ⅲ」

そう、特撮には無くてはならない存在だった千葉真一氏率いるJACの方々が出演されてる影の軍団シリーズの第三弾に共演されてるのです。影の軍団といいますと千葉氏が伊賀忍者頭領(むろんシリーズごとに別人になるが)として伊賀忍者を統括してる里に幕府方で陰謀を企むものが里を殲滅し半蔵率いる生き残りが敵を討つというか悪を討っていく、というのが大筋の話です。シリーズごとに時代背景が違うので、それぞれ幕府方の人物は当時本当に実権を握ってたり実力があった実在人物が善悪ともに登場します。

例えばGがよく見てた第四弾の「幕末編」まで見てみると実在人物(善悪含む)としては

「服部半蔵・影の軍団」
会津藩主・保科正之
(二代将軍・秀忠の三男だったが難を避けるために保科家に預けられた)
紀州藩主・徳川頼宣
(初代将軍・家康の十男で覇気のある性格から将軍の座を狙う謀反の嫌疑をかけられる)

「影の軍団II」
九代将軍・徳川家重
(であの吉宗の長男。言語障害というコンプレックスを持つ)
大岡忠光
(あの大岡越前守忠相の遠縁で家重の言葉を正確に聞ける唯一の人物として重用される)
平賀源内
(いわずと知れたエレキテルを作った発明王。土用の丑の日も彼の発案)

「影の軍団III」
紀州藩主・徳川光貞
(頼宣の子で二代藩主。長男・綱教に五代将軍・綱吉の娘・鶴姫を結婚させる。三男が吉宗)
久世大和守広之
(老中。一代で関宿藩を代々任されるまでになった相当の政治手腕を持つ)
小野次郎右衛門
(元々の名は御子神典膳!そう、あの剣豪なのである)
土井能登守利房(役名は土井大炊頭)
(初代老中筆頭の土井利勝の三男。老中で最終的には越前大野藩主)
板倉内膳正重矩(役名は板倉周防守)
(島原の乱で戦死した京都所司代・板倉重昌の長男。老中で三河中島藩主になる)
千愁尼
(本理院孝子という。鷹司家から三代将軍家光に嫁いだ。佐々成政の孫でもある)

「影の軍団IV」(後に幕末編)
堀田正睦
(佐倉藩主。蘭癖で有名。阿部正弘の後任老中として日米修交通商条約の勅許を得ようとする)
井伊直弼
(彦根藩の十四男の部屋住みから大老にまでなった。開国という重荷を1人で背負った人物)
小栗上野介忠順
(勘定奉行、軍艦奉行で渡欧の経験から横須賀に造船所を作る。戊辰戦争時の悲劇は有名)
勝海舟
(幕末の三舟の1人で軍艦奉行。やはり最大の功績は江戸無血開城の成功であろう)
坂本竜馬
(土佐脱藩の浪士。海援隊結成、薩長同盟、船中八策など「日本の洗濯」をした男)

とこんな感じである。

(ここまでが昨日書いた文です)

改めて、こんばんは、まだ用事真っ只中のGです。早速、続きを書いていこうと思います。

岸田氏が「影の軍団Ⅲ」で演じたのは上記にもある千愁尼である。家光が亡くなり将軍職に就こうと企む小沢栄太郎氏演じる紀州光貞の野望を阻止しようとし光貞に命を狙われる本理院孝子は尼となって千愁尼と名乗り伊賀の頭領である千葉氏演じる多羅尾半蔵率いる影の軍団と手を組み光貞方と戦うという展開で岸田氏はキーパーソンを演じることとなる。成田三樹夫氏が登場しない珍しいシリーズなのだが御馴染みのメンバーに志保美悦子氏や真田広之氏という新顔登場の中でそれだけ岸田氏や小沢氏などが話の引締め役として重要なのであります。一見の価値ありです。

・・・しかし、もうこれ以上、訃報が続かないことを望みますね・・・岸田氏に合掌・・・。

で、今回の鉛筆画は思いっきり忍者が登場してますが影の軍団の忍者ではありません。JACの面々が登場して影の忍者、というと思いついたのがキカイダー01に登場のシャドウ忍者部隊なんです、かなり渋い起用ですが。ちなみにこのシャドウ忍者部隊はバトルケニアことギャバンこと大葉健二(当時・高橋健二)氏出演時ヴァージョンです。もっとも影の軍団Ⅲには大葉氏は登場しないはずですが。シャドウ忍者部隊は敵組織シャドウがタイムトンネルを使って江戸時代から平賀源内を連れ去るために派遣された部隊で数人で行動し武器は手裏剣と刀。まあ、要するに予算の無いキカイダー01ですので時代劇の舞台で特撮を撮ろうというアイデアだったのです。その証拠にこの話では新型シャドウロボットは登場しません(ある意味シャドウ忍者部隊がそれに当たるか)。

2日にわたって記事を書きましたが話題性というよりGが岸田氏が好きでこの記事を書いた、ということをご理解いただければありがたいです。ムーミンからはだいぶ逸れてしまいましたが。

ふー・・・岸田氏まで亡くなってガッカリのGでした・・・では、失礼します。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-12-23 21:53 | 特撮系
←menu