画家・高山良策とレッドキング

c0040422_19354514.gifこんばんは、です。1月も今日でおしまい。ブログ開設してあっという間が過ぎました。なんかポワーンとしてますが、の1月最後の記事です。今まで仮面ライダーが内容を先行していて、肝心の巨大ヒーローを載せてませんでした。ウルトラマンです。今回のイラストはウルトラマンVSレッドキング(2代目)。お礼状に以前描いたものですが、あまりにも汚いのでサイズを小さくしました。レッドキングの着ぐるみは「初代」→「青色発砲怪獣アボラス」→「2代目」と使いまわしたのは、あまりにも有名。初代は名前のとおりに赤色になる予定が何故か白く完成して、当時のスタッフは頭を抱えたといいます。当時の怪獣制作も彫刻家の成田亨デザインし、画家の高山良策制作するというアベコベなことをやっていました。当時は怪獣のデザイナーという職業は存在してなかったのです。ちなみに高山良策の展示会を練馬区美術館に行って観てきました。本物のゴモラアボラスの頭を見て感動した記憶があります。高山氏ご自身はあまり怪獣の事を触れて話した事は無いそうですが、晩年、ウルトラ怪獣「将来の宝物になるかもしれない」と言って、粘土で怪獣のミニチュアを作っていたそうです。高山氏もお気に入りの1体だったレッドキングは今でも人気怪獣として君臨しているのです。いやぁ、何か書いてみてスッとしました。これで1月のシメとしてちょうどいいかな?ということで、今日はこれにて。では!

追加:ジラースの話とレッドキングの補足
[PR]
by gun_gun_G | 2005-01-31 20:00 | 特撮系
←menu