記事制作後に手が痛くなったものの再びライヴでパワーを

こんばんは、Gです。8月最後の治療報告となりました。前回は普通とおりに記事をアップしたわけですが、あの後、翌日の昼過ぎまで両手が痛くなってしまい、手を動かせば当然そのバランスを取る首も痛くなるわけでして復活にはまだ時間を要するようです。最近は睡眠があまり取れない事から精神安定剤の増加も周囲では懸念されてましたが28日にお茶の水の病院に行った際にむち打ち症の痛みを抑えるのに精神安定剤は減らせないものの増やす必要性も無いという事で軽めの睡眠薬のみの増加ですみました。まあ手が痛いだの首が痛いだの眠れないだので凹んでても仕方ないと思ったGはたまたま同じ日にお茶の水に程近い神楽坂であった知人のロックバンドのライヴを観に行って日頃の家の中での生活(バイト先や病院に行く時もあるが)でたまってるストレスを抜いて笑顔を取り戻してきました。もっともライブの後、首輪を見た知人に「笑ってる場合じゃないよ!」と突っ込まれましたが(確かにその通り)。今回もマッドネスライヴの時と同様に知人とライヴハウスに座席を用意してもらって本当に助かりました(しかも予約とお願いしたのが前日なのに)。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。絵が描けない今では音楽を聞くのがGのパワーの源なので。明日から9月ですが交通事故の後遺症の治療に努力して参りますので皆様申し訳ありませんが宜しくお願いします。最後になかなかうまくいかなかった前回の記事にコメント頂き重ねてありがとうございました。それでは、9月に。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-08-31 21:32 | 雑談
←menu