スカイライダーVSサイダンプ・・・Gの名前の由来?

c0040422_14564928.jpg昨日、友人Y氏とメールのやりとりがあって、その際にスカイライダーの話題が出たので、いろいろな意味もこめて、今日はスカイライダーのお話。昭和54年に仮面ライダー(新)として放送されたスカイライダー。第3次怪獣ブームに乗っかって、ストロンガー以来、久々の登場と相成った。主演はあの村上弘明氏。仮面ライダーの原点に則り、当初は敵組織ネオショッカーの怪奇性を重視していたのだが、当時怖がりだったGは戦うシーンだけを見ていたような気がする。(何せマクド○ルドのド○ルドが怖かったくらい)しかし、視聴率は思うように伸びなかったらしく(ウルトラマン80もそうらしい)、大幹部をゼネラルモンスターから魔神提督への交代、そして試しに助っ人の仮面ライダーを出してみることとなった。ネオショッカー香港支部から来たクラゲロン、インド支部から来たサイダンブとの2怪人相手に苦戦するスカイライダークラゲロンを追って来日したストロンガーが現れるのである。で、このエピソードにはGも驚愕した。まずサイダンプのとんでもないパワー。スカイライダーの必殺技・スカイキックを跳ね返すネオショッカー怪人は登場していたし(ゴキブリジンとか)、クラゲロンも軟体のために効かないのだが、サイダンプはダムをも壊す強靭な肉体とジャッキ状の尻尾で三脚みたいになって跳ね飛ばすという単純明快な防御策がインパクトがあった。それとやはりストロンガーの突然の登場。仮面ライダーに別のライダーが客演するというのは、当時は放映時期の変わり目や最終回近くにならないとないため、非常に興味を持って見てた。スカイライダーストロンガーとの特訓の末、大回転スカイキックを編み出し、再戦したサイダンプのジャッキ尻尾を折って倒すのである。このエピソードが好評で、以後スカイライダーには沢山の客演ライダーが登場することとなる。視聴率ではイマイチだったそうだが。後の詳細を見せたいサイトがありますが、現在交渉中。で、イラストはそのサイダンプ。以前描いたのが無い為、急遽描きました。彼の他にもグランバザーミー黄金ジャガーと強力なネオショッカー怪人はいるけど、やはり彼がいちばんでしょう。え、なんでスカイライダーでこんなに書くかって?実はGの名前の由来はスカイライダーの中ににあるのです。ふふふ。最後にスカイライダーは決して駄作ではない!・・・ああ、いつになったら4コママンガ始まるのだろう・・・。では、また!
[PR]
by gun_gun_G | 2005-01-25 15:12 | 特撮系
←menu