Gの病への勝利の舞となるか?踊れテンタクルス入道!

c0040422_14215986.jpg

こんにちは、Gです。今日はこれからちょっと出かけてくるんですわ。踊ってくるんですけどね。「え、Gさん、踊れるまで回復したの?」と思うかもしれませんが別にクラブとかで踊るのではなく実は治療のためでござる。隊長を整えるために踊るのでござる。「何を言ってんだかわかんないよ」と思われるでしょうねえ。その経緯をザッと書いておきますわ。

1月の関東大雪の日にGの家にやってきた友人の話をバルダック星人と一条寺烈の2回の記事で書いたと思うのですが農業に目覚めた彼はあれから九州へ行って彼自身が住むための縦穴式住居の製作に没頭してたのですが珍しく早めにこっちに戻ってきまして。彼はGが全身関節痛やら顔面神経麻痺やらでエライ目にあってると聞いて驚いて他の友人とともにGが会う事になって、その際に自然児となった彼のいろんな交友関係なんかも聞いたんですよ。その会った日から幾日かたってから彼から連絡が入りまして。なんでも以前に彼は宮崎で仙人みたいな方とお会いになって一緒に踊ってとても気持ちよかったと。それはヒーリングダンスといって、その踊ってる本人のリズムで自由に踊れて、そのヒーリングダンスと仙人みたいな方(そのヒーリングダンスを提唱するクリニックの医師なのだが)の各個人に語る一言で病とかストレスとかを治したり解消したりするんだそうで。その効果は現代医学では治療不可能だった寝たきりの患者さんが治ってしまったくらいだそうで。そのヒーリングダンスの主催地が今度は都内なので一緒に行ってみないか?と前々から誘われてたのであります。

ところが先月29日の際は顔面神経麻痺が酷かったりして行く事を断念。で、Gの日程的に合うのは今日20日の目黒ということで色々と考慮したりスGのケジュールを見てみて、この機会を逃すとしばらくヒーリングダンスを体験できなくなるので予約を取って行く事にしたのです。東洋医学の知識があり先日は体調のためにヨガを勧めてくれたバイト先の店長さんにこの話をしたところ「最近はそういうものは多いし機会があるのなら行ってみるべきだよ」とこの件も勧めてくれたんですよね。ということで今日これから目黒へヒーリングダンスをしに行ってくるのです。

海のものとも山のものとも知らないヒーリングダンスをしたり久々に目黒というやや遠方まで行くのには現段階の体力から見て少々不安はあるのですがG自身の体のことも考えて、ちょっとやってみてみます。はい。

もうそろそろ出かける準備もあるので今回のイラストへ。なんか妙なタコが踊ってますがコイツはジャッカー電撃隊に登場の侵略ロボット・テンタクルス入道といいます。もちろん新作。侵略ロボット、といってもテンタクルス入道は実は敵組織クライムの首領・シャインが呼び寄せた宇宙生物なので、ちょっと番外編みたいなところはあります。宇宙生物のためか大気中での活動時間に制限があり日頃は水晶玉に隠れています。今までクライムの首領と思われてた鉄の爪(アイアンクロー)のバックに宇宙から来たシャインがいる事を知ったジャッカー電撃隊は宇宙からの物体をキャッチする「ベムチェイサー計画」を実行しますがシャインはその妨害のためにテンタクルス入道を呼んできたのです。このテンタクルス入道は水晶体の中にいるときに他の人間にその人間に不足する特殊能力を与える事が出来ます。また触手を伸ばして攻撃するテンタクルスタコの手責めという武器を持ち、戦いの前には宇宙ダコ勝利の舞を踊るというまさにタコなのです。

・・・って、あれ?タコはテンタクルスじゃなくてオクトパスでしょう?侵略ロボットには実力者イカルス大王もいるし・・・ま、いっか。

おお、もうこんな時間か!とりあえずどうなるかわかりませんがヒーリングダンスがGの病への勝利の舞となるように楽しくやってきますわ。では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-05-20 15:11 | 雑談
←menu