たぶん自分を見つめたらというバトンだと鏡仮面は思うのです。

c0040422_21331198.jpg

こんばんは、Gです。あれ?今日はイベントでウルトラ怪獣なのでは?しかもとっておきの?と思って待ってくださった方々。確かにイベントを起こすこと事体は可能になったのですが、

肝心のウルトラ怪獣のイラストが間に合いませんでした。すみません!

いや、今日のイベントがあるかもと考慮して3日位前から準備してたのですけど、そのウルトラ怪獣がやたら絵描き泣かせなのとバイトで疲れて先ほどまで休養してたのと時間的に今日中には間に合わないのとでGも困っちゃったんですよ。でですね、とうしようかなあ、と考えたんですけどGの結論としましては

今日と明日の記事を入れ替えて明日掲載予定だった記事を今日載せることにしました。

まあ、昨日のチューボの記事の段階では疲れて寝てしまうかもという不安があったのに比べれば今は休憩とって非常に元気なのでマシなのかなあ?とは思います。ということですので、ご理解してくださいませ。

では明日は一体何を載せるつもりだったのか?それは今よりも体調がすごーく悪かった時にacoyoさんのブログから強引に奪ってきたバトンをわけあって今頃載せてみようかな?と思ってたのです。調子悪くてもバトンだけは持ってくるGです。ただ、このバトンの名前らしきものがない。項目としてはこんな感じである。

1.バトンを回してくれた人の印象は
2.周りから見た自分はどんな人
3.自分の好きな人間性5つ
4.自分の嫌いな人間性5つ
5.自分がこうありたいと思う理想像
6.自分を慕っている人に叫んでください
7.バトンを渡す人


・・・むー、つまりGが自身をどういう風に思うか、見られてるか、訴えたいかというのが軸のようでござる。ちょっと変則的なバトンではありますが、やってみますかね。では、まいりましょう。

-------------------------------------------

1.バトンを回してくれた人の印象は
つまりこの場合acoyoさんの事を書けばいいのでござるな。むー、そうですなあ・・・

A.気持ちは優しいのでしょうが何かと頑張ってしまう方

じゃないかなあと思うんですよね。ブログを拝見してますといい意味でそう感じます。ただ突っ走っても息抜きは結構うまい方だと思うので、いつも感心してます。だから色んな方がブログへ遊びに来るんでしょうね。これからもひとつよろしく!


2.周りから見た自分はどんな人

A.マイケル・ムーア監督もしくはお坊さん

とバイト先では言われたりした事があります。クマコングの記事の時の熊から人間へ一応出世してます(笑)。お坊さんは最近病気でなかなか髪が切れないので、やっと散髪にいけた時にバリカンで刈り上げて店長さんがGの頭見て言ったのですけどマイケル・ムーア監督は以前から同僚に似てるし芸術もやってるし目指せ!と言われたから。彼は誉めているそうだがG的に喜んでいいのかどうか、ちょっと複雑。


3.自分の好きな人間性5つ
難しい質問ですがこんな感じでしょうか?

a.困った時はお互い様がモットーで友人が困ってると何とかしようと放っておけない
b.いろんな意味で待つ事は当たり前と思っている
c.円満主義である(これは諸刃の剣だが)
d.比較的マメである
e.お年寄の方と話すのが好きである



4.自分の嫌いな人間性5つ
これは5つじゃ足らないが(笑)

a.人に甘えて頼りすぎる
b.あわてんぼうで一人で焦っている
c.怒ると見境がなくなることがある
d.落ち込んだり弱気になるとそれにはまる
e.よく余計な事を後先考えず言ったり行動してしまい自己嫌悪に陥る



5.自分がこうありたいと思う理想像

A.大谷吉継

ここで昨日のチューボの記事とリンクするのでござる。Gは幕末の長岡藩家老・河井継之助を心の師と仰ぐが現実的には戦国武将・大谷吉継のような気がする。関ヶ原のビデオを見たかったのも大谷吉継を見たかったからなのです。

大谷吉継は近江出身で豊臣秀吉の子飼の将といっていい存在であったがハンセン病で肖像画でもあるとおり家臣に感染(すると当時思われてた)を防ぐのと顔をさらしたくないために月光仮面のような頭巾をかぶり戦場でも馬には乗れなかった。

吉継はある日、秀吉の茶会に出席するが抹茶は刺激物だったため思わず吐いてしまう。秀吉は茶器を洗って茶会を続けたが後の者は茶を飲むふりをするだけだった。彼は切腹も考えたそうだが末席の石田三成は残りの茶を全て飲み干した。それ以来、彼と三成は親友となった。

やがて秀吉は死に徳川家康が上杉討伐に出た際に吉継は家康に同行しようと江戸へ向かうが三成の居城・佐和山城から三成の息子を同行させようとした際に三成は挙兵の話をし「十万の大軍を任せたかった」と生前の秀吉が言ってた才覚ある吉継に味方になってほしいと頼んだ。三成は戦が下手だったのだ。彼は挙兵は無謀だと断って城を出る。だが脳裏にあの茶会を思い浮かべ、三成が自分を信用して話した事を思った彼は引き返し死を覚悟で親友・三成の力となる。

その後の西軍のプランは吉継がたて小早川秀秋の造反まで考慮して関ヶ原ではその防波堤として布陣する。しかし秀秋のほかにその抑えとしていた赤座・小川・朽木・脇坂の4将にまで寝返られてしまうという誤算が生じ大谷軍は抑えきれず西軍は事実上敗北。三成を含め逃亡する武将が多い中、彼はただ一人その地で切腹するのである。友情のために。

そんな大谷吉継がGの理想かな?

6.自分を慕っている人に叫んでください

「みんな迷惑かけてすまんなあ・・・」


7.バトンを渡す人
acoyoと同じくオープンリソース。 

-------------------------------------------

以上です。まあ、このバトンが面白いなあ、という方は是非拾ってくだされ。

では時間も無いのでイラストの方へ。急遽、起用したのは秘密戦隊ゴレンジャーの仮面怪人・鏡仮面です。仮面怪人は大量のイラストストックがあるのですが引越しのゴタゴタでいまだ発見できず鏡仮面は地味でイラストは描いてなかったので新作として描きました。頭の扉を閉じてると木目調のノペッとした顔で地味ですが扉を開き日輪仮面の助力があるとサンミラー火炎という原子力発電所を破壊するほどの強力な破壊武器を出します。イーグルの原子力発電所破壊の他にモモレンジャーことペギー松山に鏡で覗き込んで精神的苦痛を与えゴレンジャー壊滅も計りますがモモレンジャーの巨大モモミラーでサンミラー火炎を跳ね返されて鏡仮面は記憶回路が破壊、日輪仮面にも見捨てられジ・エンドとなります。起用の理由は自分の姿を見る鏡から今回のバトンにピッタリということで。

明日は久々にレーザーと電気マッサージを受けれるので、この辺で記事を終わらせましょう。明日にはイベントの記事を書けるといいなあ。では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-05-05 23:35 | 雑談
←menu