端午の節句に関ヶ原!武人チューボが暴れまくる!

c0040422_2032855.jpg

こんばんは、Gです。今日の記事のために相当な準備の時間を費やしまして結局いつもの時間になってしまいました。しかも今朝は夜勤の後にあまり寝てなかったものですから準備の後に寝てしまいました(笑)。コメントのお返事が止まってるのもそのためです。明日は日勤で今日やバルタン星人jrの記事のように寝てしまって記事ができなくなってしまうかもしれないのと、もしかしたら明日はイベントがあるかもしれないというのを考慮して今日は1日早く端午の節句にちなんだ記事をアップします。

端午の節句といえば五月人形。甲冑に身を包んだ人形が飾られてると思いますが、それにちなんでGが今の一時休業中に見てたビデオについて書きたいと思います。

このブログのライフログには司馬遼太郎原作の「峠」が載ってるかと思いますがGは歴史が大好きなことは以前のアイアンロックスの記事でも書いたとおりで歴史資料、歴史雑誌のほかに歴史小説なんかも読んだりしまして特に司馬遼太郎は大のお気に入りです。その司馬遼太郎原作の小説の中に「関ヶ原」という本があります。太閤・豊臣秀吉が亡くなって関ヶ原の戦いが終わった後までの2年以上の話をまとめた小説なのですがGはこの関ヶ原の戦いというのが非常に好きなんですね。東西に分かれた応仁の乱以上の大規模の戦というのにはとてもワクワクしまして歴史群像シリーズやタクテクスなど諸雑誌も買いましたしボードゲームも買いましたし関連する時代劇も見ましたしPC98のゲーム「関ヶ原」も買いましたし、その「関ヶ原」がきっかけでアートディンクへ入社したくらいの熱中ぶりでした。

そんなGが数年前、昔TVドラマで司馬遼太郎の「関ヶ原」を大規模にやったものがあると当時のバイト先の歴史好きの友人に聞きました。いや、その前の学生時代の同級生にも聞かされたかもしれません。TBSが今から26年前の1980年正月(だったと思う)に東京放送30周年記念ドラマとして「関ヶ原」をやったというのです。しかもすごいスタッフとキャスティングなので再放送があったら絶対見逃すな!と友人と同級生の弁。おおお、そんなにすごいのか!と期待しました。で2年位前の年末だったか再放送したのですが当時のGは事情があって少ししか見る事が出来なかったんです。やっちゃった!という感じでしたがGは長時間ドラマということもあり、その時点で正直諦めてしまいました。

そして、この「ひいろお倶楽部@」一時休養中にたまたま会員証の件で別のレンタル店へ行ったGは発見したんです!「関ヶ原」!おおお!見つけたぞ!と早速レンタルしたはいいのですがBHS3本組というエライ長さでして、しかも肝心の合戦がメインの3本目はトラッキングが酷くてGの家のテレビデオでは見れない。結局2週間レンタルして3本目は実家で見て1日延滞してしまいました・・・。

でも、それだけ見る価値はあったビデオでした!まあ史実と違う脚色も多々ありましたが許せる範囲ではありましたし、とにかくスタッフとキャスティングが噂どおりの豪華さ!具体的に書くとこんな布陣です。なお石田三成が主人公のため西軍を先に、また中立的な立場の方や実際はその陣営でない方はドラマ中の設定で、内通した方は基本的に東軍として書かせてもらいます。(敬称略)

◎主な出演

(西 軍)

石田 三成 / 加藤 剛
島 左近 / 三船 敏郎
弥一 / 常田 富士男
舞 兵庫 / 草薙 幸二郎
石田 隼人正 / 中野 健

毛利 輝元 / 金田 龍之介
安国寺 恵瓊 / 神山 繁
毛利 秀元 / 山下 勝也

島津 義弘 / 大友 柳太郎
島津 豊久 / 高田 大三

宇喜多 秀家 / 三浦 友和
小西 行長 / 川津 祐介

上杉 景勝 / 三沢 慎吾
直江 兼続 / 細川 俊之

大谷 吉継 / 高橋 幸治
湯浅 五助 / 寄山 弘

長束 正家 / 森塚 敏

真田 昌幸 / 玉川 伊佐男
真田 幸村 / 南条 弘二

明石 全登 / 城所 英夫
八十島 道与 / 藤城 裕士

原 マルチノ / 田中 健
伊東 マンショ / 堀越 大史
中浦 ジュリアン / 菅野 孝之
千々石 ミゲル / 阿部 一喜
ヴァリニアーノ / マイケル・ホーガン

日野屋主人 / 藤原 釜足
善説 / 下元 勉
与次郎大夫 / 今福 将雄

国友 寿斎 / 笠 智衆
国友 寿助 / 松田 章

曲直瀬 法印 / 坂田 金太郎
豊臣 秀頼 / 岩瀬 浩規

神谷 宗湛 / 北村 和夫
北庵 法印 / 大滝 秀治

前田 利家 / 辰己 柳太郎

豊臣 秀吉 / 宇野 重吉

淀殿 / 三田 佳子
大蔵卿 / 賀原 夏子
初芽 / 松阪 慶子
芳春院(まつ) / 沢村 貞子
老婆 / 浦辺 粂子

--------------------------------

(東 軍)

徳川 家康 / 森繁 久弥
本多 正信 / 三國 連太郎
鳥居 元忠 / 芦田 伸介
本多 忠勝 / 高松 秀郎
井伊 直政 / 井上 孝雄
徳川 秀忠 / 中島 久之
伊奈 図書守 / 横森 久
佐野 忠成 / 伊豆 肇
村越 茂助 / 藤木 悠
源蔵 / 浜田 晃

加藤 清正 / 藤岡 弘
福島 正則 / 丹波 哲郎

細川 忠興 / 竹脇 無我
小笠原 少斎 / 中村 竜三郎

小早川 秀秋 / 国広 富之
平岡 岩見 / 久米 明

黒田 長政 / 菅野 忠彦

池田 輝政 / 神 太郎
加藤 義明 / 石橋 雅史

山内 一豊 / 千秋 実
堀尾 忠氏 / 角野 卓造

吉川 広家 / 勝部 演之

丹羽 長重 / 矢崎 滋
田中 吉政 / 溝口 舜亮

増田 長盛 / 平田 昭彦
前田 玄以 / 庄司 永建

浅野 長政 / 稲葉 義男
浅野 幸長 / 竹内 のぶし

真田 信之 / 西田 健

前田 利長 / 長谷川 哲夫
横山 長知 / 横沢 祐一
中川 光重 / 丸山 博一

名古屋 山三 / 三浦 洋一

北政所 / 杉村 春子
考蔵主 / 三崎 千恵子
阿茶の局 / 京塚 昌子
細川 ガラシャ / 栗原 小巻
清原 マリア / 賀田 裕子
お夏 / 古手川 祐子
村越 茂助の妻 / 沢田 雅美

--------------------------------

ナレーター / 石坂 浩二

原作 / 司馬 遼太郎
脚本 / 早坂 暁
音楽 / 山本 直純
プロヂューサー / 大山 勝美
演出 / 鴨下 信一


大体こんな感じです。いかにも当時のTBSという感じはしますがスゴイでしょう?お亡くなりになった俳優さんも多く深い演技が堪能できます。合戦も実際はこんな感じだったのがよくわかります(島左近が合戦最後まで活躍するのはどうかと思いましたが)。またこのビデオには今は亡き司馬遼太郎氏のインタビューなども見れるんです。

これをまとめるのに時間がかかりまして。実は今はオークションにて中古で「関ヶ原」を格安で入手したのでビデオ3本を早回ししながら再確認してたからなんです。そりゃ疲れるわな・・・。

2001年にはDVDが発売されてるとの事。お話の内容はここではあえて明記しませんので、もしご興味のある方はレンタルするなりDVD購入するなりで是非見てみてください!ただ5時間以上の長丁場は覚悟してください(笑)。

では長くなったのでイラストの方へ。以前に用意していてよかった・・・。端午の節句の甲冑ということでイメージしたのが超人機メタルダー登場の敵組織ネロス帝国のヨロイ軍団暴魂チューボです。テニスの陣太郎、闇の黒兵衛と同時期に作成しました。

ネロス帝国4軍団のひとつであるヨロイ軍団は生身の人間に強化服を着せた軍団員で構成されてます。したがって中の人間も訓練しないと強くなれない。第1話にてメタルダーと交戦経験のあるチューボは訓練のためにとある河原へ出ます。ネロス帝国の基地ゴーストバンクはガーデンというパーツで構成されてて各個人で自由に分割移動する事が出来、チューボも自分のガーデンで移動しますが訓練後に昼寝をしてしまい、その間に近くのキャンプ場に来てた少女マリコがガーデンに入ってゴーストバンクへ行ってしまいます。マリコは音楽ロボット・ラプソディが救助するも軍団員に襲撃れてしまいます。そこへたまたまキャンプ場のそばへ来てたメタルダーが救出のためにゴーストバンクへ。メタルダーたちはスプリンガーとトップガンダーの援護もあって無事に外へ。機甲軍団のメガドロン、ダーバーボ、ブルチェック、ヨロイ軍団のロビンケン、チューボが外まで追いかけますがチューボは自分のミスでメタルダーのゴーストバンク潜入を許した責任をとるために他の軍団員を返し単独でメタルダーと対戦、新必殺技メタルトルネードに敗北します。武器は太刀と額の三日月状の飾りのブーメラン、そして太刀を取られた際に使う鍵爪状の特殊武器(イラストのもの)です。

・・・ふー、ちょっと力を入れすぎたような?意外と早く記事が上がったので一休みします。果たして明日はイベントが起こるのだろうか?まあ、まだ休養中なので無理せず行きますわ。では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-05-04 22:01 | 雑談
←menu