「馬鹿も日曜祭日に休み休み言いたまえ」テニスの陣太郎と闇の黒兵衛登場!

こんにちは、Gです。今日は夜勤で電気マッサージとレーザー治療も病院がお休みで無いですので、記事をこの時間にアップしたいと思います。昨日からこの「ひいろお倶楽部@」へのコメントのお返事を少しずつ書いてます。3月からお返事をかけなかったので50件以上たまってるんですよね。皆さん、ありがとうございます。全部はいっぺんにお返事はかけませんが古いものから少しずつお応えしていきますので、どうかよろしく。Gとしても書きたいことが色々とありますので。

ところで今日は祭日ですね。このGWが終わると祭日は7月の海の日までありません。そこで今日は祭日にはピッタリのTV特撮キャラを登場させたいと思います。そんなキャラがいるのかって?それがいるんですねえ。早速登場させますがそれはこのキャラなんです。

c0040422_14334955.jpg


誰この人?と思うかもしれませんが、このキャラは快傑ズバット登場の用心棒である陣太郎といいます。通称・テニスの陣太郎、または殺しの陣太郎。一昨日描きためてた新作です。兵器開発に暗躍する赤永会の用心棒であるテニスの陣太郎はその呼び名のとおり特殊なラケットで爆弾ボールを放つ「秘伝・地獄打ち」というスマッシュ技を持つテニスの名人。やたらと言葉使いにに気をつける男です。テニスとかゴルフとかビリヤードとか釣りとかアメフトとか色々と出てきますね、ズバットの用心棒は。

(ここで熟睡)

・・・おおお!ね、寝てしまった!思いっきり熟睡でござる!3時間も経っている!早速続きに行きまする!

さてこのテニスの陣太郎、顔をよーく見てください。どこかで見た顔だと思いませんか?実は演じているのは初代キレンジャーこと大岩大太を演じた畠山麦氏。つまり、この対決はアオレンジャーこと宮内洋VS初代キレンジャー畠山氏という夢の対決なのです!なんでも宮内氏と畠山氏はご近所ということもあって大の仲良しでして宮内氏のズバットへの出演依頼も畠山氏が是非に!と引き受けてくれたほどなのです。この2人が組めば当然、息もピッタリの演技を見せてくれるわけでしてノリノリで演じてたそうです。

それはズバットお決まりの腕試しにも表れてます。例の如くズバットこと早川健がテニスの陣太郎相手に、あんたは日本では2番目だというセリフを言うのですが、それに対してテニスの陣太郎はこう返しています。

「馬鹿も日曜祭日に休み休み言いたまえ」

これ、台本とは違うセリフで畠山氏のアドリブなんです。で、テニスの陣太郎は見てろとばかりに縦に積んだビール瓶に軟式ボールを連続スマッシュしてビール瓶の下半分を割って上半分を積み重ねるという技を披露。それを見た早川はまず1個目のボールを上半分が重なってるビール瓶の下にいれて弾き飛ばし残りのビール瓶は見事に重なったまま、そして眼くらましのためにもう1個のボールで気を落として早川は姿を消してしまいます。その時のテニスの陣太郎の一言。

「隠れるのも日本一か?」

これも台本には無い畠山氏のアドリブ。いかにノリノリでやってたかが分かると思います。

その後、テニスの陣太郎は最終決戦で登場。「秘伝・地獄打ち」をはじめてズバットの前で披露するもズバットのムチで肝心のラケットを取られてしまい爆弾ボールの爆発に巻き込まれて敗北してしまうのです。

あれ?なんで早川健はテニスの陣太郎との腕試しで姿を隠さなくてはいけなかったのか?という疑問が出てきますよね?ここでそのテニスの陣太郎を従えてる赤永会のボスに登場してもらいましょう。

c0040422_1434846.jpg


赤永会のボス・黒兵衛、通称・闇の黒兵衛です。これも新作。日の丸扇子にドスの効いた声、オーバーアクションが特徴の迫力満点のボスです。劇中でもこのイラストのような表情をしたことがありますし。この迫力のせいかダッカーの一員であるにもかかわらず闇の黒兵衛の前には劇中に首領Lは登場しません。赤永会が兵器開発に暗躍してた事は先ほど書きましたが、その中心人物で2年間捕まえて強要させてた湯川技師夫妻が逃亡し、闇の黒兵衛はその息子のタケルを人質に取ろうとして早川に阻まれ、その際に早川とテニスの陣太郎が初対面して早川が隠れた、そういう事なんです。この闇の黒兵衛を演じたのは堀田真三氏。スカイライダーのゼネラルモンスターをはじめ、アイアンキングでは不知火太郎、忍者キャプターでは風間烈風・暗闇忍堂、あとこのブログでも取り上げた暗黒大将軍でも有名ですね。

補足として書きますとタケルを助けた早川はタケルの祖父でタケルの母レナの父親でもある岩造に会います。岩造は逃亡した湯川技師とレナ夫妻が別荘に隠れてる事を知り早川とタケルと3人で薬を届けに向かうも逃亡時の銃撃で湯川技師は死亡、レナも瀕死の状態でありました。そのレナも秘密書類を岩造とタケルに託して亡くなります。タケルが悲しむ間もなく追っ手の赤永会の銃撃。作業小屋へ逃げた3人はそこで作業用に置いてあったダイナマイトを発見します。それを武器に戦うもテニスの陣太郎がタケルのガールフレンドのミチを含む7人の子供を人質に秘密書類との1時間以内の交換を要求。早川が救出に向かいますが早川がやられたと誤解したタケルは火薬取り扱いのライセンスを持つ岩造が体に触れるとダイナマイトが爆発する装置をつけて闇の黒兵衛の元へ。秘密書類も持たずに自爆覚悟のタケルにピンチがきますが、そこへズバット登場!となるのです。

あ、寝ちゃったせいであまり時間が無いや。まあ、子供にも人気の畠山氏のテニスの陣太郎のセリフが今回のネタのすべてですね。でも堀田氏もカッコいいですよねー。またズバットを取り上げる事が出来たら記事にしますね。今日は祭日ネタでした。ということで、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-05-03 15:20 | 特撮系
←menu