病院へ行ってきましたPart41・Gの声色が変わりまくりでバッファロー提督?

c0040422_2174152.jpg

こんばんは、Gです。顔面神経麻痺の治療のために相変わらず顔に電気マッサージと腕に注射を打つ毎日です。そんな毎日ではストレスがたまるだろうと以前にバルダック星人の記事で登場し一条寺烈をリクエストして宮崎・日南へと旅立った友人が戻ってきてた事もあり加須の友人とGとで15日土曜日に会いまして色々と話してましたらGの口元が軽くなってきましてGの話も軽やかになってきてました。その時に心配だったのか店長さんから携帯に電話がありまして「明日の日曜はいける?」と聞いてきました。Gも着つが軽やかだった事もあり「もちろん出ます」と返事して店長さんもGの軽やかな口調に一安心してたようでした。店長さんが1日早く確認の電話をしてくれるとは思ってなかったので驚きましたが友人たちは「店長さん、いい人じゃん」と言ってました。3人揃うのは何年かぶりだったので楽しいひと時を過ごし帰宅しました。

しかし!ここでGの記憶ボケが始まります。Gの家の最寄駅に着いた時にシップが無いので薬局に寄るのを忘れてタクシーに乗ってしまったのです!そもそも友人と会うために最寄駅へ向かおうとしたら午前中の病院へ行ったときには持ってた自転車の鍵をどこかへ落としてしまい、程よく疲れた事や重い荷物もあったのでタクシーの事を頭に思い浮かべてたのです。当然、帰宅したら代えのシップは無いわけで外出して歩いて薬局を探したものの深夜に開いてるわけが無く腰も痛くなり雨も降ってきたので、やむを得ず2度目のタクシー帰宅。あまり使いたくなかった痛み止めを飲んで寝て、翌日の16日の朝一番でシップを買ってしのぎました。ちなみに自転車の鍵は病院から帰宅時にGの家に来客があってその対応で玄関前に荷物を置いた際にポケットからアパートの1階まで落ちているのを16日の朝に発見しました。・・・お馬鹿なGですね。

まあ、そんなこんなで16日の日曜日は久々の日勤だったのですけど、開店直後から大忙しでして気を使っていろいろと話をしてGの口をほぐしてくれるおきゃくさんもいらしたのですけど勤務時間が3時間半くらいを過ぎたところで顔が異常に重くなってきまして、しかも風邪でもひいたかのように熱っぽい。おまけに腰も痛くなってしまってボロボロの状態。仕事はこなせてましたが夜勤の方が顔がむくんでる事も指摘して5分くらい早く帰宅させてくれました。14日から今日17日まで母が法事で名古屋へ行ってた事もあり、しかも16日は日曜日で病院が休みでしたから電気マッサージはもちろん母が休日には持ってくる注射も受けれなかったので致し方なかったのかもしれません。まっすぐ帰宅して風呂にすぐ入って睡眠薬も飲まずに寝てしまいました。

そして今日17日になったのですが午前中は電気マッサージと注射。母が不在なので婦長さんが注射をしてくれましたがGが昨日のバイトの件を話すとマズイと思ったらしく脳神経外科の医師に電話してくれました。医師は念を押すように休養をしっかり取るよう再度指示してました。うーむ、19日水曜日は夜勤なんだけど、どうしよう?とりあえず今日はお茶の水の病院の神経科の診察予約日だったので、お茶の水の担当医にも聞いてから考えようと思いました。

ところが顔面神経麻痺のせいでGには都内へ行くだけの体力が無いらしく、お茶の水の病院へ着いたら立てなくなってました。ベッドで動けなくなってしまい1時間寝てから診察。お茶の水の担当医や看護婦さんも声が普通かと思えば、入れ歯の無いおじいさんのような声をと変化して出してるGに流石に驚いたようで担当医は「これは困った」と頭を抱えてました。Gの目の視界もよくありません。バイトを休まないよう指示してた担当医もこれを見ては顔面神経麻痺や関節痛の治療に専念してバイトは休養取りながら出て行く以外ないと指示しました。ここにきて母がかかわってくる事や顔面神経麻痺の治療には耳鼻科へ行くのが一般的なのに?、ホントに中枢性なの?もっと早くMRI受けられないの?と頭をかしげてましたが、それを言ってる場合でもないですし幸い精神面の治療のみ順調なのでGW明けに次の診察を予約して他のところの治千年をするようにしました。最後にカニ獣人のきじでもあった血液検査をもらい平常値に戻りつつあるのを確認しました。

こんな調子のGですから帰りもグッタリ。しかも念のために寄った中古ビデオ屋さんもちょっと不作。でも珍しいのを見つけて購入しました。それは下記の4本。

快傑ズバット② 580円
ウルトラマン⑧ 悪魔はふたたび 180円
タイムボカン Vol.1 180円
ウルトラマンレオ 第15話 100円

計1040円

今回のヒットは快傑ズバットですかね。Gの家の近所のレンタルでも少しあるのですがネットでは高いですからね、ズバット。見たくなった事もあって購入を決意。あとは安かった事。レオのみは以前勝手な話数のものがこれだけだったからです。あ、でもタイムボカンは貴重かな?うむ。

明日は母が勤務先の病院へ出勤してGが2度目の脳神経外科の診察を受ける予定。また腰や関節が悪いようなら夜は接骨院にも行くかもしれない状態。これでホントに休養なんでしょうか?やれやれ。

さてイラストですが、当初は別のものをと考えてましたが急遽変更、ジャッカー電撃隊に登場の侵略ロボット・バッファロー提督にしました。もちろん新作。顔がやや縦長に鳴ってしまいましたが疲れてるので、ご容赦を。敵組織クライムは当初は機械怪物という犯罪ロボットを使ってましたが首領の鉄の爪(アイアンクロー)を裏で指示してた真の首領シャインが表に登場すると資金集めの犯罪から地球侵略へ移行するために更に強力な侵略ロボットをジャッカー電撃隊に差し向けてきます。それでビッグ1の登場となるわけですがバッファロー提督もその侵略ロボットの1体。ジャッカー電撃隊を抹殺すべく倉井武(クライム)料理教室を隠れ蓑にジャッカー電撃隊に毒入りワイン送ろうとたくらみます。この毒はジャッカー電撃隊をに幻覚症状を起こさせ同士討ちにする効果があるのです。このバッファロー提督の武器は角を使った突進、特に赤い色を見ると興奮し突進力が増します。さらにこのバッファロー提督のt得意技が声色を自由に変える声帯模写。つまり今回の起用の理由は声が変わるGとひっかけてるのです。

ということで、病院系記事のご報告でした。たぶん明日以降も病院系でしょう。トホホ。今日は疲れたので、もう休みましょう。休養しないとね。では、これにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-04-17 23:05 | 病院系
←menu