病院へ行ってきましたPart36・だいぶ雲行きが怪しくなってきました・・・。

c0040422_21254769.jpg

こんばんは、Gです。今日は調子が比較的いいのですが指がしびれてますので上手く文章になってないかもしれませんが、その辺はご勘弁を。今日は中間報告第3弾です。といっても、この病院系記事は3月27日月曜日頃に載せる予定でしたが今日31日まで遅れた経緯を追って書きます。

シュンカンビーストの記事からGはもう大変でして。親族やお茶の水の大学妙院からは相手にされない、友人たちとはなかなか連絡が取れない(相手が多忙のため)、バイト先に出る度にどこかしらの関節が痛くなり、店長さんとはスケジュールがあわずにボーっとしているGと電話でやりとりしてましてバイト出る度に信頼を落とすという、まさに四面楚歌状態。どうもGが痛みを訴えると休みたいとかバイト辞めたいとかと勘違いされるようなんです。ホントに痛いのに。その間は接骨院の友人と連絡が何とか取れた友人、バイトの同僚には痛みを訴えつづけ、あとは先日お見舞いに行った友人の事を思い出して「その友人の方が大変なんだからGも頑張らないと」とイメージしたり、ブログを見て心を落ち着かせてました。

そんな時にバイト先からの帰りに実家近くのブック・オフへ行ったらCD・ビデオ・単行本の半額セールがやっててストレス解消にとGが買い物したら、そのうちの洋画の中古ビデオがGのテレビデオに絡まってしまいましてVHSに支障があった事が分かったもののGのテレビデオにクセがついてしまい、ついこの間まで入れたVHSを壊しそうになったりして余計にストレスがたまってしまいました。おととい自力で直しましたが関節には響いた・・・店の商品には関わり無かったのが不幸中の幸い。

そんでまあ、顔のあたり、例えばあごの付け根とか頬骨とかが痛くなりまして、寒くなるとやはりしびれるんですわ。頭痛もしますし。接骨院の友人に電話で聞いたところ三叉神経が炎症起こしてるかも?という診断。彼の指示とおりおたふく風邪や歯痛のときみたいに顔を一蹴するように温めたタオルで巻いて処置してます。近所には夜のみその格好で出ますがバイトでは使えないですよね・・・。タオル巻くと痛みは消えますしねえ・・・仕方ない。

やっと好転したかに思えてきたのが27日に私用でバイト先に行った時に店長さんに偶然合えた事。店長さんとお互い色々と意見を出しあって「店に出る度に関節が痛いのではお茶の水の病院の方針に沿ってやってる場合ではない」という結論に達し、4月2日からの店のGのシフトを減らす代わりにお茶の水の病院からは待ったがかかっていた自宅での印刷の仕事を日程をいつもより長めにとって対応する事となりました。

こう書くと無謀に思えるでしょうが実際問題としてに両手をひねるという動作が出来ないのでGの関節痛は炊事や掃除といった日常生活が出来ないレベルになってて外食などで出費がかさむ事、さらにGの組み立てPCにもとうとう寿命が来たらしくマザーボードからの各パーツへの電力供給不足が起こり仕事をしていくためにも急遽、新型PCを購入しなくてはいけないという泣きっ面に蜂の状態になった事を店長さんがくんでくれて、このような形になったのです。友人たちとも連絡が取れるようになり、この時点で記事を書きたかったんですよ。

ところが翌28日火曜日のバイトで両肘の関節を痛めてしまい勤務後に友人の接骨院で診察、続く28日水曜日は関東地方に寒波が来る中の夜勤だったので関節がよくなってた両手が今度はしびれてしまいまして、その日の午前と次の日の29日にサウナ施設へ行って関節を緩めたものの帰宅して長時間寝てしまったり、寒さで太もももしびれ始めたりと悪化する一方でして今日31日になって少しまともになってきたので遅れてた記事掲載をやってみた次第なのです。つまり今日は病院系記事なのですが実際に接骨院に行ったのは28日なのです。

Gの体にゆがみがあって痛い関節をかばって別の関節が痛む、巡り巡ってまた腰痛が発生する可能性も、と診断した接骨院の友人も流石にいくら過労でGが太ってるからとはいえ、こんなにいっぺんに関節痛やしびれが来るのは、ちょっと異常だという事で4月に入ってもこの状態が続くようなら病院で血液検査をして白血球の数を調べて炎症が起こってるのかどうか調べてもらうよう指示しました。彼が懸念してるのはGが服用する薬の副作用なのです。夜勤の同僚にも指摘されただけに「また副作用?」とガックリ。確かに記憶力もまた落ちてるんですよね。まあ3月31日の今日でこの状態ですから4月もこのままである事は必至。4月3日のお茶の水の病院で血液検査することになるのはほぼ確実でしょう。他に病気が見つかると嫌だなあ・・・Gの現状はこんな感じです。

ちょっとこれ以上は指が辛いのでイラストへ。今は指がしびれてイラストが描けないので27日に掲載予定だったTV特撮キャラにします。兄弟拳バイクロッサーに登場のデスターロボ・リングゴクウです。新作です。バイクロッサー打倒のために特訓を重ねていた如意棒の使い手でその伸縮する如意棒と如意棒銃、口から吐くゴクウタイフーンが武器。実はこのイラストの状態ではリングゴクウという名ではなく無名のデスター・ロボなのです。彼はバイクロッサー打倒の作ウォ寝るために人間に変身して町へ行き、そこで偶然バイククロッサーの人間体である水野健と銀次郎兄弟が参加する町内会大会のお芝居「孫悟空」の稽古を見てバイクロッサーのいずれかに頭を締めつける特殊な金属リングをはめさせる作戦を思いつき敵組織デスターの「ドン」であるドクターQに提案し作戦が採用。金属リングとそれを操作するブレスレットを作ったドクターQはそれをこのスター・ロボに与えた上でリングゴクウという名前を授けるのです。起用の理由はこのリング。Gも頭にリングを巻いてるので。方向が違うけど。しかし線が多いなあ、デスター・ロボ!

・・・あー、疲れた。ここいらで少し休憩してからもう寝ます・・・自宅での仕事もあるし、指もしびれるし。またしばらく「ひいろお倶楽部@」は一時休業であけますので、よろしく。では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-03-31 22:59 | 病院系
←menu