「ほっ」と。キャンペーン

トラックバック150件突破記念でなんで改造ベムスターなのか?

c0040422_11254197.jpg

こんにちは、Gです。今日は夜勤なので早めのアップです。ちょっと今、大変な事になってます。昨日の記事のアップの後にPCのSCSIに繋いである2つのHDDのうち、どちらかがいかれたみたいで起動しなくなりまして、とりあえずSCSIからHDDを引っこ抜いて起動させ、そして原因がほぼHDDであるというのが判明したのがさっき、それが清んだと思ったら今度は通勤に使う自転車の後輪がパンクしましてGの家からは自転車屋さんが遠く実家近くまで歩いてその自転車屋さんへ到着。先程見てもらったら、かなり重症のパンクでして幸いその自転車屋さんの腕がいい事は知っていたので出勤の30分前までに直してもらうようお願いしました。皆さんのコメントのお返事が書けなくなってるのも、そのためなんです。ご了承ください。記事も休もうかと思ったのですが記念記事なのと途中までは製作してたので仮眠とうまく調整しながらアップしようという事にしました。

私的な事はこれくらいにしまして、今回は急遽、記念記事になりました。それは今朝になってこの「ひいろお倶楽部@」へのトラックバックが150件を突破したからです!このブログは記事数が多い割にはトラックバックが多くなかったのが特徴だったのですがGがネットから離れてる間にスゴク量が増えてまして復帰した時はGは正直ビックリしました。そして今朝の150件突破。ホントに嬉しい限りです。ありがとうございます!

急遽、と書いたくらいですから当初は別の記事を載せる予定でイラスト掲載は検討してませんでした。ところが記念記事となるとウルトラ怪獣を載せるのが定番の「ひいろお倶楽部@」、何かウルトラ怪獣をセレクトしないといけません。でもネタが無い。んー、と考えたところで着目したのが通算で151件目となる日子さんのトラックバック。ネタは帰ってきたウルトラマン登場の古代怪獣ツインテールでした。ツインテールはGのイラストストックにあるのですが実家にあってスケジュールの都合上、明後日17日以降にならないと掲載は無理。ツインテールを常食とするグドンはウルトラマンメビウス登場怪獣としてネタ的にはいいのですが、できればツインテールとペアで載せてみたい。また考えて今度着目したのが日子さんがトラックバックした記事。イラストは同じく帰ってきたウルトラマン登場の宇宙大怪獣ベムスターでした。それならこれではどう?と描いてみたのが、このウルトラマンタロウ登場の宇宙大怪獣・改造ベムスターだったのです。

改造ベムスターを選んだ理由はまず上記にあるとおりベムスターの記事にトラックバックがあった事、次に塗装を塗り替えて改造ベロクロンⅡ世となるベロクロンⅡ世を以前に載せている事、そして先日、古本屋から105円で買ったウルトラ怪獣の児童書にたまたま改造ベムスターの写真がアップで写ってた事。この3点から今回の起用となりました。

(ここでちょっと仮眠)

ふあ~、さてですね、この改造ベムスターは一度ウルトラマンAに倒されて復活した改造巨大ヤプールが地球への最侵攻の際に尖兵として送り込んだ怪獣です。何故、超獣使いの改造巨大ヤプールがベムスターを?という疑問があると思うのですが劇中では改造巨大ヤプールは過去の強力な怪獣からセレクトしたようなニュアンスの言葉を発してますし、また設定では改造巨大ヤプールはあのエンペラ星人からこの改造ベムスターを借りている事になってます。もしかしたら改造巨大ヤプール自身もエンペラ星人のバックアップで甦ったのかもしれません。

改造ベムスターは身長が80mと初代より34mも巨大な体を持ち、目や原から強力な破壊光線を出し、やはりZATステーションを飲み込んで地球へ飛来、タロウや防衛組織ZATの攻撃にもビクともせず形は変われど流石はベムスター、と思わせるのですが、ここで改造巨大ヤプールに誤算が生じます。子供たちにタロウでも倒せない怪獣に人間が倒せるわけが無い、と言われ、人間にも怪獣を倒すだけの力はあるんだという事を証明しようとした海野青年の勇気ある活躍で改造ベムスターの左目が潰されてしまうのです。これで劣勢になってしまった改造ベムスターに対し改造巨大ヤプールは矢継ぎ早に改造超獣2体を派遣します。改造サボテンダーと改造ベロクロンⅡ世です。しかし改造サボテンダーはタロウに、改造ベロクロンⅡ世は加勢するどころかZATのミサイル攻撃にそれぞれ倒され、この改造ベムスターも弱点がエネルギー吸収に使用する腹の口である事をZATに見抜かれてZATが開発したエネルギー濃縮爆弾であっけなく倒されてしまうのです。もっとも過去に登場してる怪獣なのですから研究は早く済んだのかもしれないですね。改造巨大ヤプールもタロウに宇宙船ごと光線を浴びてしまい再侵攻作戦は失敗に終わります。

この海野青年の活躍が後の最終回のタロウバッチを捨てた東光太郎とバルキー星人の戦いの伏線になってるのは言うまでもありません。

ちょっと駆け足で記事を書きましたが、思ったよりまともな記事になったなあ、造形がどうも?という感じの改造ベムスターなのに(笑)。これからも色々と記事を提供しますのでトラックバックもバンバンやって・・・いいのかな・・・まあ、いいや!やっちゃってください!よろしく!では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2006-03-15 14:20 | 特撮系
←menu