流星バッチをGETしたものの・ブルマァク復刻版ダークロンのソフビです!

こんばんは、関節痛から倦怠感へと変わってるGです。今日はちょっと変わった内容を載せたいと思います。Gがバイトに自宅の仕事、さらに同僚が倒れてドタバタしている最中にある情報がこのブログに届きました。日子さんという方からの情報でして何でも

円谷公式オンラインSHOPで3月末までに商品を購入すると流星バッチがついてくる!

という情報でした。流星バッチとはウルトラマンに変身するハヤタ隊員が所属する科学特捜隊のシンボルマークのバッチのことです。ほー、と興味を持ちましたGは自宅の仕事が終わる前くらいでしょうか、日子さんのブログをチラッと見に行ったのです。と、そこには参禅と輝く(はオーバー?)流星バッチの画像が!しかも劇中のものと同様に通信用アンテナまで伸びるリアルなもの!これは入手せねば!と仕事が一段楽した後に円谷公式オンラインSHOPへ恥ずかしながら初めて行って見ました。

いやはや、その円谷作品グッズの充実ぶりにはビックリですね!新1号ライダー変身ベルト販売の際は以前にショッカーベルトを買い損ねた事もあって興味が湧かなかったのですが、この円谷商品は欲しいモノばかり!マルス133なんかはもう欲しいのなんの!価格見て諦めましたけど(でも、あの価格は妥当だと思います)。うわー、いいなあー、としばらく見入ってました。

本命はすぐに決まったのですが生産待ち状態だったので念のために他のをチェックしたら、どうしても欲しいモノが今回の記事のものと二代目ドラコ(商品名:再生ドラコ)のソフビとの2つで悩み色々と相談して今回のもののみに決定して後日に円谷公式オンラインSHOPへ行きましたら再生ドラコより1000円安いソフビで面白いものを見つけたので今回の記事のものと面白かったソフビの2つで決定!注文しましたら数日後に自宅に無事届きました!

で、今回はその2つの商品のうちの「今回の記事のもの」に該当するものを載せたいと思います。その「今回の記事のもの」とはこれなんです!

c0040422_20252055.jpg


ミラーマンに登場する暗黒怪獣ダークロンのブルマァク復刻版の大小ソフビセットです。ダークロンはミラーマンに2度登場する怪獣ですがGがミラーマンでもっともお気に入りなのが、このダークロンなのです。このなんともいえないデザインのよさが実にいい!確かにマルチもゴールドサタンもダストパンもゴルゴザウルスもいいんですけどダークロン出されてしまったら「ゴメン!みんな!」とダークロンに行ってしまいますね。劇場公開のミラーマンにダークロンが復活!にもGは大喜び(仕事でまだ見てませんが)!それくらいダークロンが大好きなのです!

ちなみに初代ダークロンは前田教授を人質に取りミラーマンとの引渡しを要求、武器は結界を作る事と目からの光線とバリヤー。二代目ダークロンは古代恐竜スフェノドンに国立研究所で栽培させてた神経を麻痺するサボテンを食べさせ侵略者インベーダーのウラン採掘用の海底基地の防備に利用してました。武器は大きなトゲのようなものを飛ばして攻撃する事。

そのダークロンが今こうしてGの手元に!しかも当時ソフビ人形を製造してたブルマァク社のものの復刻版です!さらに大小2体も!このダークロン好きのGの笑いが止まりません・・・・しかし・・・この次の画像を見てください。

c0040422_20253196.jpg


やっとの思いで手に入れた流星バッチです。よーし、開けてみるぞー!と思ったその時に気づいたのです。ダークロンの画像をよーく見てください。流星バッチの袋ががダークロンの袋に張り付いてるではありませんか!

え・・・流星バッチの袋を上手くあけないとダークロンの袋もあいちゃうって事?

ガーン!

・・・しばらくショックから立ち直れませんでした。デジカメを実家から借りる関係で到着してから数日経つのですが、いまだにダークロンと流星バッチはこのままの「状態になっているのです・・・ダークロン、高かったのになあ・・・うかつだった・・・。

という事で2度目の流星バッチ調達にトライ中のGでした。さて、到着したもう1体のソフビ「面白いもの」とは一体何なのか?その撮影にはあるシチュエーションが必要なので後日に掲載しますが、何も教えないのもなんですからヒントをさし上げます。

ヒント・・・過去にGがこのブログに変わったイラストを載せたウルトラ怪獣です。

このヒントでお分かりでしょうか?掲載にご期待ください!では、今回はこれにて。

「カネゴンダストボックス <科特隊流星バッチ編>」
[PR]
by gun_gun_G | 2006-03-11 21:50 | 特撮系
←menu