1200枚以上の絵でHDDがパンパン!コンピュータードラゴンが迫る!

c0040422_2052780.jpg

こんばんは、Gです。今日はバイトはお休み。自宅での仕事もなく、担当医からは「好き勝手な事をしなさい」と言われてましたから、仰るとおり今日は好き勝手な事ばかりをしてました。昔にGが曲を厳選したカセットテープを実家から持ってきて、そのテープに入った曲をCDのストックから探してMP3にしたり、ずーっと寝てたり、音楽を聞いたり見たりしまくったり、ビデオを見たり、夜になって発泡酒を飲んだり・・・。担当医が来週13日まで病院にはいませんから羽目は外せませんが、まあ適当に過ごしてました。当然このブログも好き勝手でやっておりますので、ここいらでスタートしたいと思います。大丈夫!ブログやイラスト製作をバカバカしいとは思ってませんから。

で、今日の記事は昨日掲載予定だったものにしたいと思います。つまりオーバーワークの診断を受けた次の日にあたる一昨日の日勤への出勤の前に何があったか、を書きます。

一昨日の日勤へ出る前までPCを一応動かしてたのですが、仕事?として依頼されてるイラストの打ち合わせなどでメールを受信して、いさその返事を出そうとしたら文章が入力できないではありませんか。「まさか・・・!」と思ってメインドライブのプロパティを見たら残りのHDDの容量がなんと180MB!バイト先からの発注用にあけてある14GBをのぞくと、もうほとんど使えない状態だったのです!

実はGのPCは組み立てでして以前のPCが故障した時にGの旧友からあまってるのでと譲ってもらったものなのですがHDDの容量は3つのHDDをあわせても32GBしかないのです。これではアカン、と以前のPCを解体して残してたほぼ新品の40GBの内蔵HDDをネット復帰までに増設する予定でしたが自宅での仕事が立て込んだのと別の友人のPCが故障して重要なファイルがGのPCに残ってる可能性があって捜索していた関係でHDDの増設が復帰までにはできなかったのです。

ちなみに何のファイルが多かったかといいますと、絵と音楽のファイル。絵は1200枚以上(1400枚かも知れないが最低そのくらいはあった)のファイルがあり、音楽のファイル(MP3など)も2.2GBありました。ミュージックバトンの時は800MBくらいだったのが2.2GBになってたのには驚きましたが、それ以上に1200枚を超える量の絵をGが描いてたのにも驚いちゃいました。このPCが一度故障した時から2年半は経ってないので単純計算で1年間に600枚以上描いてた事になります。大なり小なりありますがムチャクチャですわ。

これはもうすぐに増設できる外付けHDDを買うしかない!とバイト先近くのコジマへ電話、バッファロー製の160GBの外付けHDDの在庫があるという事で出勤途中にモノを確かめるべくコジマへ。そしたら在庫は現品1個しかないというではないですか!そこで取り置きしてもらいバイトへ。終わってから帰宅途中にコジマカードがない!と思ったら店員さんの渡し忘れ。おい!脅かすなよ!何年も貯めたポイントがパーになるところだったじゃん!そして、ついでにとVHSとDVDのヘッドクリーナーを購入した後にある事に気がつきます。

あ、USBポートが足りないや!

Gはイラストや印刷の関係でスキャナとプリンタは常時接続してましてマザーボードの関係から外付けHDDをつなげると2つポートが足りないのです。結局それでハブも購入。10日が給料日なのに痛い出費でした・・・160GBしか買えなかったのもそのためなんです。ああ、押さえるためにネットで買い物してたのがここで響きましたね・・・ショック。

それでただでさえオーバーワークで疲れてるのに更に疲れてお休み記事にせざるを得なくなったのです。トホホ。

おお、今日はお休みのせいか、凹んだ記事なのにだいぶ快調に進んででるなあ。では昨日この記事用に製作したイラストを載せます。科学戦隊ダイナマンに登場のメカシンカ・コンピュータードラゴンです。敵組織ジャシンカ帝国の軍神カー将軍が最後に差し向けたメカシンカでジャシンカ帝国の伝説獣とスーパーコンピューターを合成させた決定版、になるはずでした。何故なるはずでした、と書いたかといいますと以前に記事にしたダークナイトにコントロールされてしまい倒されてしまうという期待はずれの最期を迎えたからです。武器はスーパーコンピューターから割り出す敵の行動予知能力とドラゴンボール(おや?)とドラゴンフラッシュで飛行能力を持ちます。

ダークナイトの記事「闇の使者・ダークナイト闇の舞!」ではダークナイトが女将軍ゼノビアに近づいてカー将軍に謀反の濡れ衣を着せた、と書きました。そもそもカー将軍は帝王アトンの1伝説の0本尻尾の夢の実現のためにそれを可能とするレトロ遺伝子の開発者でありダイナマンの司令官でもある夢野博士も捕縛をこのコンピュータードラゴンに命じます。ところがやはりコンピューターにはコンピューター、ダークナイトはコンピューターつき誘導装置でコンピュータードラゴンをコントロールし夢野博士はゼノビアたちの手に渡り、しかもこの一件も含めた形でカー将軍謀反の疑いに拍車がかかるのです。結果カー将軍は自らの潔白と忠義を証明しようとダイナマンと決戦を挑み惜しくも敗北(この時の曲はバッハの「トッカータとフーガ」)、ジャシンカ母艦グランギズモへ戻り自分の声でしか操作できないメカシンカ製作機メカプログレッサーからビッグバンビームをコンピュータードラゴンの遺体に発射、巨大化させて息絶えるのです。

最後にコンピュータードラゴンを「最後に差し向けたメカシンカ」えお表記したのは最後のメカシンカではないからです。軍神カー将軍は万が一に備えて遺言ビデオというものを残しており、その遺言ビデオび収録された声によってメカプログレッサーが動き最後のメカシンカ・ファイヤースフィンクスが生まれるようにしてたのです。流石はカー将軍!

今日はメインの話がコンピュータ-なのでコンピュータードラゴンを起用、話も雑談としました。まあ、この辺でお開きとしましょう。それでは!

◎そのダークナイトとは?◎
「闇の使者・ダークナイト闇の舞!」
[PR]
by gun_gun_G | 2006-03-09 22:10 | 雑談
←menu