透明度が半端じゃないビースト・ゴルゴレム参上!

こんばんは、Gです。今日明日はバイトがお休みでして自宅でのーんびりしております。やっと手があいたという事もあり、もういい加減にたまっているリクエストに着手しようと思います。もしかしたら、もう少ししたらまた自宅で仕事しないといけませんし。色んな方のリクエストがあるのですけど、このブログでのリクエストでは初めてリクエストした方を優先的に回してますので今回はRYOさんの初リクエストにトライしたいと思います。

ところで、この「ひいろお倶楽部@」ではよく宇宙刑事シャリバンの敵組織マドーの魔怪獣を紹介してますが、最近は「ビースト」といいますと、この魔怪獣の事ではなくウルトラマンネクサスに登場する闇が生み出した異生獣の事を指すらしいですね。Gは最近の特撮はあまりヘビーに見ていない(いや、TV東京系のは見てるかな?)のでRYOさんから教えてもらいました。ウルトラマンネクサスはほとんど見てないのですが、そういう最近の特撮ももっと見ておかなくてはイカンなあ、とは思ってはいました。ただ朝早くてねえ、時間帯が。それで、まあRYOさんからそのウルトラマンネクサスのビーストのリクエストがありまして、Gの勉強も兼ねてお受けした次第なのです。DVDをレンタルして明日18日に返却しなくてはいけない事もありアップしたのもありますが。

でも、こんな事くらいは知ってます。姫矢凌(ひめや・じゅん)は元カメラマンでウルトラの光を受けてウルトラマンネクサスになる事、しかし主人公は姫矢ではなく防衛期間TLTの隊員の孤門一輝(こもん・かずき)である事、闇という存在がある事、敵にもウルトラマンのような存在(後にダークザギとわかりましたが)がいる事くらいですかね。

そんな知識しかないGが今回トライしてみたRYOさんのリクエストとは、このビーストです。

c0040422_2057424.jpg


名前をインビジブルタイプビースト・ゴルゴレムといいます。もちろん新作です。これをネットで調べて画像を見た時は描く意欲とでもいうのでしょうか、なんかわいてきましてDVDをレンタルしたはいいですが、平成仮面ライダーシリーズと同様に話が連続してたのは聞いてはいましたけど、とにかく話が長い!ゴルゴレムの話は2話強の長さがあって、しかもウルトラマンは前回のガルベロス戦で左腕を負傷してますから話はまずそこから見なくてはならず見てて楽しいのですけど、どこで一休みしようかと思うくらい話が進んでいきます。まあ元々30分番組で製作してますから繋げて見るとそういう事にはなるのでしょうけど結局17~21話まで見ましたね。その割にはちょっとこのゴルゴレムのイラストには形に自信がないのですけど・・・。

ただ、このゴルゴレムを映像で見て思ったのが、まず意外とボディがスリムな事。そして、ここがこのゴルゴレムのボディの特徴のひとつでもあるのですけど、腹ばいになってないで4足歩行の動物の形に近づけてある事なんですよね。これは昔から4足歩行の怪獣の着ぐるみで言われた事なんですけど中に入ってる人間は2足歩行ですから後ろ足の関節の使い方が4足歩行の動物の関節の動きと逆になったり腹ばいになったりしてしまうのが最大の課題だったのですがゴルゴレムは4本の足をできるだけ外側に置いて、しかも立って歩かせる事でその課題を最小限にしている、かなり優秀な着ぐるみといえます。という事は逆に言えばスーツアクターの方は大変なんですけどね。

このゴルゴレムというビーストは口からさらに管が出て好物である人間を食べ、山岳地帯を好み、体の目から光線を出し、また身を守るためにバリヤーをはる事が出来ます。そして驚異的な免疫性?を持ち一度受けた攻撃を次に受けた場合、回復力を早める事が出来ます。元々頑丈な体の上にバリヤーと回復力という守備能力を持つゴルゴレムですが、さらにスゴイ能力を秘めています。このゴルゴレムの背中にある水晶状のものを発光させると透明になります。ここで今までのウルトラ怪獣の透明怪獣は単に透明になるだけというのが比較的にですが多いのに対しゴルゴレムは別位相に移る事で透明になるので攻撃がすり抜けるのです。

どういうことかといいますと、空間を地層に例えた場合、上から見ると同じ位置に見えても横から見ると粘土層と地下水層と深さが違うように我々人類が住む空間の位相と別の位相に移動して行動する事がゴルゴレムは可能なので人類の目から見ると透明になってしまい当然攻撃も受けないというカラクリがあるのです。このアイデアには正直ビックリしましたね!

前の戦いで傷ついたウルトラマンネクサスがこんなゴルゴレムを相手に戦わなければいけないのですから、ましてTLTと共に(厳密には姫矢は嫌ってるが)秘密裏に戦うとなると相当苦戦するのは当然ですよね?RYOさんがリクエストしたのもわかる気がします。

ただ話はかなり3話はある話で、まあ3話くらいなら以前にもウルトラマンタロウのバードンを紹介した過去はあるのですけど、かなり間延びした感が見てて正直ありまして、文章にすると多分今日いっぱいでは終わらないくらい色んな出来事やGが考えさせられる事、余計な説明などたくさん必要なので、今回はゴルゴレムの紹介のみとさせていただきます。まあ早めに記事を書けばよかったのかもしれませんが、なんか早めに書いたとしても結果は同じような気がしましたし。それでいいですかね?RYOさん?

フー・・・お話を書かなかったとはいえ、この記事とイラストあげるのに結構時間がかかっちゃいました。特にこのゴルゴレムのイラストは実は以前のビオランテ級の大きさがあるのです。それくらいの大きさがないと、ちょっとこのゴルゴレムは描ききれなかったので。もっともその労力に値するくらいのビーストであるとGは今回DVD見て断言できましたね。

もっとウルトラマンネクサス見よー・・・って、まだリクエストがあるんでしたよね・・・。まあ、今回はこの辺でお開きにしましょう!では!
[PR]
by gun_gun_G | 2006-02-17 22:19 | 特撮系
←menu