自分を例えるとバトンが来ました!果たしてGは一体・・・?

こんにちは、Gです。まず記事を書く前にご報告があります。この記事を製作中にお茶の水の病院から電話がありまして今日6日に警察に薬が落し物として届出があったそうです!早速、警察に電話したら平日の日中に飯田橋の遺失物センターへ来て下さいとの事。やったー!見つかったー!あの薬は結構値が張るので助かりました!今日はガス代の集金があるので飯田橋には行けませんが9日には行こうかと思ってます。これで3日に載せる予定だったイラストも使える・・・(おいおい、そういう事じゃないだろう)とにかく、よかったです!

で、今日の記事はと言いますとpulig1さんのブログの記事「ネコヤモリ」から回ってきた、というかGが勝手に持ってきた久々のバトンでございます。題して「自分を例えるとバトン」。項目はと言いますと、

■自分を色に例えると?
■自分を動物に例えると?
■自分を好きなキャラに例えると?
■自分を食物に例えると?
■次に回す5人を色で例えると?


の5項目。まさか年越しても来るとは思ってなかった(勝手に持っていったんでしょ!)バトン。じかも「自分を例えるとバトン」の項目を見ますと今までのミュージックバトン、トラベルバトンとは違い、どう考えてもはぐれベーダー、という記事にはなりませんねえ。という事で、今回は雑談扱いです。え、何でバトンを勝手に持ってきたのかって?バトンの内容自体が面白い事もあったのですけど実は今日は記事の冒頭でもあったとおりガス屋さんが来るので自宅で待ってなくてはならずリクエスト用の資料を探しに行けないんです。ですので、色んな意味での時間稼ぎといいますか・・・ま、まあ、いいじゃないですか!では早速、参りましょう!

---------------------------------------------------------------------

■自分を色に例えると?
A.グレー


だと思います。好きな色でもあるんですけど基本的にGの判断や行動もグレーなんです。ハッキリ決める時は決めますが意見がまとまらない場合は結構人に意見を聞きまくって白黒ハッキリさせない事が多いんです。最近はその点を注意されて減ってはきてはいますが、ここはまだちょっと直さなければいけないGの短所ですね。はい。・・・んー、キリギリスグレイ、グレイサイキング(意味不明)。

■自分を動物に例えると?
A.熊


これは間違いなく熊ですね。体格が熊そのものですし。子供の頃はGの事を「熊」とあだ名をつけて呼んでた同級生もいますし。それとやはり子供の頃の学校の芝居か何かで教科書にも出てくる有名なお話「くまの子ウーフ」の主役ウーフをやった事もありますし。・・・やはり、どう考えても熊だな。うん、熊だ。

■自分を好きなキャラに例えると?
A.機動戦士ガンダムのリュウ・ホセイ


ランバ・ラル!と書きたかったのですがハモンさんのような愛人いないんで(泣)。基本的には特撮にあまりいないキャラだとGは思いまして別に特別好き、というわけでもなく性格や体格的にこうだろう、という事でガンダムのリュウさんですね。なんか人の事を一生懸命繋ぎとめようと無意識にやってるというか。リュウさんって、そういう人でしょ?でなきゃ、アムロ助けるのにハモンさんを道連れに死んだりしませんね。ただGの方が自分勝手な面があるように思いますけど。あ。リュウさんは声の担当が飯塚昭三氏でしたね!おお、なんとか特撮に繋がった!では、決り文句。

ハヤト「リュウさん、キャタピラがやられました!」
リュウ「何ー!」



■自分を食物に例えると?
A.肉まん


よくGは太ってるせいか、あったかいとか、プヨプヨして気持ちいいとか言われるんです。という事はあったかくてプヨプヨした食べ物?と考え抜いた挙句の答えがこれです。それ以上の深い意味は無いです。ただ、あんまんだと熱すぎるので肉まんにしました。

■次に回す5人を色で例えると?

こればかりはちょっと5人選べないのでGもバトンは置いたままにしますので興味のある方は持っていっていただけるとありがたいです。

---------------------------------------------------------------------

こんな感じですかね。以上がGの「自分を例えるとバトン」でした!記事書くのに時間がかかったけど面白かったです!

で、今回のイラストはGの動物のイメージである熊がお題。でもなあ、リングベアは8コママンガで使っちゃったし、ベアーコンガーは実家に置いたままだし、クマビーストは他の魔怪獣のリクエストの前に使うわけにもいかないし、クマゴロスは熊じゃないし・・・ん?なんかスゴイいいのがいたぞ!熊で印象的なのがいますねえ。では、そいつを描いてみましょう!そりゃ!

c0040422_1158286.jpg


大戦隊ゴーグルファイブに登場の敵組織デスダークの最後の巨大ロボット・クマコングです。最後のモズーの自称「最強のモズー」クマモズーのほぼ同型の巨大ロボットです(頭のドーム型のコクピットと足だけは他のコングの流用、そのためモズーは全て足はブーツになっている。その辺の詳細はイノシシモズーの記事「病院へ行ってきましたPart27・記憶違いか?イノシシモズーのせいか?」を参照)。クマモズーは実力はあるにはありますが自信過剰なところがありまして(最強のモズーとか言ってるくらいですから)用済みと見た幹部のデスギラー将軍を「貴様など必要ない」と言ってのけたりしてます。クマモズーの武器はハイトロンエネルギーを利用した月の輪リング、三日月型の月の輪爆弾、口からのクマ爆弾、両手を変形させて攻撃するベアーハンド、月の輪半月剣などの多彩な武器を誇り「最強」をいうだけの事はあります。結局はゴーグルファイブに倒されますが。

それでなんで今回はクマモズーではなく巨大ロボットのクマコングを選んだかと言いますと本来はコングは倒されたモズーをリフレッシュパワーで再生させてモズーが操縦するのですが、このクマコングはクマモズーが操縦したのではなく実は幹部のデスギラー将軍が操縦しているのです。

当時デスギラー将軍は先にゴーグルファイブの秘密基地である未来科学研究所へ潜入したデスダークの作戦指揮官マズルカを追って同じく基地ヘ行きマズルカに任務成功後に大臣の座を授けるという最高幹部デスマルク大元帥の言葉は嘘でマズルカは人間爆弾にされてた事を告げる。衰弱化してたマズルカはデスギラー将軍から爆弾のリモコンを奪い基地もろとも自爆!デスギラー将軍は瀕死の重傷を負い、なんと敵であるはずのゴーグルファイブとコンボイたちはデスギラー将軍を救助しようとし、まずは基地の再建を行うが、そこへクマモズーが現れて妨害される。クマモズーの言葉から自らもマズルカ同様にデスマルク大元帥の捨て駒にされていた事を知ったデスギラー将軍はクマモズーからゴーグルファイブを守り、そこへゴーグルファイブの司令官である本郷博士がちょうど帰国し万が一のために用意していた第2基地へと向かう。命の尊さがデスギラー将軍にも伝わったとゴーグルレッドは感じてたがデスギラー将軍はなんとデスマルク大元帥に第2基地の場所を教えクマモズーが再度出撃する。ゴーグルファイブがクマモズーを倒してる間にデスダークの本拠地デストピアに戻り、その途中でクマコングへの搭乗を願い出るがデスマルク大元帥は断る。そこへデスギラー将軍がデストピアへ到着、今度は新兵器ダークビーム砲の銃口をデスマルク大元帥に向けて、こう叫んだ。

「クマコングへの搭乗、お許しくださいますなあ!」

マズルカの死とクマモズーの言葉によってデスマルク大元帥への恐怖感が消えたデスギラー将軍にもう怖いものは無かった。しぶしぶ搭乗を許すデスマルク大元帥。ダークビーム砲を抱えたままクマコングへ搭乗したデスギラー将軍はゴーグルロボに最後の決戦を挑むもゴーグルロボの地球剣の前に遂に敗れ去るのだった。

・・・いやー、バトンの記事なのにやはり大好きなデスギラー将軍となると話に熱が入りますね。Gが熊に似ててホントによかった!デスギラー将軍を演じてたのはアクマイザー3のザビタンや仮面ライダーBlackのバラオムなどでお馴染みの高橋利道氏であるが、Gは高橋氏の演技の中でもっとも好きなのが実はこのデスギラー将軍がクマコング搭乗を願い出るシーンなのです。あの鬼気迫る表情は今でも頭から離れません・・・カッコいい!デスギラー将軍!

・・・なんかバトンからクマコングへ行って最後はデスギラー将軍と話題が飛びまくりましたが重複しますと「自分を例えるとバトン」にご興味のある方は是非バトンを持っていってください!結構面白いです!では、今回はこれにて。

「ネコヤモリ」
「病院へ行ってきましたPart27・記憶違いか?イノシシモズーのせいか?」
[PR]
by gun_gun_G | 2006-02-06 13:40 | 雑談
←menu