遂に壊れた10年来の相棒ディスクマン!でもディスクでなくレコーラー登場!

c0040422_19365481.jpg

こんばんは、Gです。イタタタタ・・・、どうも腰が痛い。今日のバイトの日勤で切れた蛍光灯を外すために脚立に乗った後から変ですね。痛いのは右側だけなんですけど、気持ちを集中してる時は痛くないけど、気を抜いた途端に痛い。これから引越しというのにコレは困った。帰宅してから、早速痛み止めを飲んでます。おまけに昨日、家の仕事が来ちゃったんですよね。引っ越しが近いからか、前回がすごい量だったからか、それともたまたまなのかはよく分かりませんが、いつもの半分以下の仕事量なのには助かってます。今週はバイトの休みが多いので、仕事が来る事はある程度予想していて、荷造りはしない予定ではいたので、それはそれでいいのですが、問題はこの腰ですね。帰宅して仕事の区切りはついたのと、他の作業もあったので、考えた末、一旦仕事は打ち切りました。こんな調子では絵も描けないので、今日載せる予定のイラストをたまたま昨日のうちに完成はしてた事もあり、腰の様子を見ながら、その予定していた記事を書きたいと思います。

と言っても、この内容もハプニングなんです。引っ越しをする予定になる前は、引っ越しは半年後になるとばかり思ってたので、あるものを買おうかと検討していたのです。それはMP3ポータブルプレーヤーです。皆さん知ってのとおり、Gはこのブログで音楽系という記事を書いてるくらいの音楽好き。洋楽一辺倒だったGもバイト先の優先の影響で邦楽も聞くようになり、絵を描く時は時間の計算や描くリズムをつけるために音楽を聞き、CDも200枚は軽く越えるくらいの量を持ってます。まあ、それよりもっと多くの量のCDを持てる友人もいますし、それは自慢にはなりませんが、最近は体調や気分を安定させるためにも音楽を聞いてまして、スパムトラックバックでの体調不良を回復したのも音楽でした。お茶の水の病院の担当医も音楽を聞く事を奨励しており、治療の一環としても音楽を聞いてます。テクノを中心に様々な音楽を聞きまくってますね。疲れたり調子の悪い時は静かな音楽より、激しい音楽を聴く事が多いです。それを何で聞いてるかといいますと、大抵はPCかディスクマンなんです。え?ディスクマン?と思う方もいるかと。ミニコンポなどを部屋に置くスペースが無いので部屋ではPCなのですが、外では未だにディスクマンなんです。なんだかんだでずーっと使ってましたが、PCのHDDの容量の関係などから、部屋で聞いてるMP3を外でも聞けるようにしようと思いMP3ポータブルプレーヤー購入を検討してたのです。それが急遽引っ越しという事で、MP3ポータブルプレーヤーは先延ばしにしたのです。意外とGの知らないジャンルの機械でもあったので。

ところが、引っ越しの契約の前日ですから一昨日ですか、遂にディスクマンの電源関係が壊れてしまったのです。よくよく考えたら、このディスクマンとは長い付き合いでして。そのモデルを買ったのはGが美術学校にいた頃だったと思います。そして、卒業、プロバイダへの再就職の際にも使ってまして、Gが病気になって退職し、入院した際も愛用してまして、その入院期間中にディスクマンの回転部分が壊れて修理に出し、1個丸まる買えた位のお金を払って直し、退院して現在に至るまでずーっと使ってました。かれこれ10年近くは使ってたと思います。ですから、壊れてしまうのは当然といえば当然なのですが、壊れた時期が悪い!なんで引っ越し契約前夜なの?しかも給料日前!コレは困った!と思い、急遽MP3ポータブルプレーヤーの情報集め。ホントはそんな時間を割いてる場合ではないですが、Gは外で自転車で移動する時以外は常にディスクマンを携帯してないと調子が狂ってしまうタチなので、もう吸血鬼が血に飢えるみたいに欲しくて欲しくて仕方がない!音楽が聞けない生活なんてありえない!しかし給料日前!先月の仕事の憂さ晴らしで買い物しまくったのは失敗か?と思いつつも、とりあえず翌日、すなわち昨日、母が保証人となって転居先の契約をしに仲介会社へ行きました。

仲介会社へ行ってみると、担当者の方は保管の資格の試験のために前々からお休みをもらってたとの事。他の方が契約の担当になりましたが、引っ越しのとりあえずの目安にしていた12月10日から母とGの休みノ関係から17日から荷物を運び入れるようにするので、17日に変更したいと切り出すと、試験を受けてる担当者の方やアパートの大家さん、家主さんのどなたにも電話が繋がらない。当然目の前にいる仲介会社の方はあくまで代理で出ているので、どういう交渉が進んでいるかは当人同士でないと分からないので、現金支払うのは後日、ということになったのです。待てよ?これはチャンスなんじゃないか?母はこの契約のためにお金を持ってるわけだから、一時的に借りれるかもしれないなあ?と思って母に相談したところ、後日にお金をそろえるからいいよ、とお金を貸してくれました!よっしゃー!と最低限必要なお金を持って急いで仲介会社近くのダイエーへ飛び込んだら、種類は少ないものの、なんと欲しいなあと思ってたものが電気量販店と1000円くらいの差で売ってるではないじゃないですか!昨日は時間がなかった事もあり、その場で購入、512MBのものが精一杯でしたが、なんとかMP3ポータブルプレーヤーを手に入れました!よかったー!これで音楽生活が続けられる!自宅に帰ったら、時間がないのに早速データをいれて楽しんでたGなのでした。でも、やっぱ最低1GBは必要だとは思いましたが。予算的に仕方ないけど。ディスクマン、長い間働いてくれてお疲れ様でした。

あれー、なんだかんだで話が長くなりましたね。では、イラストの方に行ってみましょう。この記事のために最初は「時空戦士スピルバン」に登場したニュー戦闘機械人ディスクにしようかと思ったのですが、写真はあるものの、たまたま話を見てないので、急遽変更。アナログになっちゃいますが、「電子線帯デンジマン」に登場したベーダー^怪物レコーラーを用意しました。デザインは野口竜氏。レコーラーはデンジ星の魔除けの曲「銀河ハニー」を根絶するために全国からあらゆるレコードを廃棄する。「銀河ハニー」とはデンジグリーンこと緑川達也の高校時代の親友である吹雪豪がトルコの古道具屋で見つけた銀色の原盤を基に作詞作曲をした歌で、その原盤は実は3000年前にベーダー一族に滅ぼされたデンジ星人の生き残りであるデンジ姫が、その昔に地球にやって来た際、地球をベーダー一族から守るためにデンジ星人の何名かと一緒に残した悪魔払いの曲が入ったディスクだった。その「銀河ハニー」が大ヒットしてベーダー一族のへドリアン女王の耳に入り、頭痛を訴えたためにレコーラーを出撃させたのだ。ただレコーラーはこの曲の流行する前に誕生したので、自身は曲を聞いても苦しまない。巨大なレコードに変身する能力を持ち、あらゆるレコードを回収する。また武器は音符型のヤリに念力、レコード爆弾がある。ちなみに「銀河ハニー」を歌った吹雪豪役の中尾隆聖氏は声優としても有名で、「ゼロテスター」の荒石ゴウ役(当時は竹尾智晴と名乗っている)、そして今や「それいけ!アンパンマン」のばいきんまん役で子供達の人気者である。

文章を書いている間に痛み止めが効いてきたのか、腰が少し楽になってきました。今日はこのまま様子を見る事にします。なお音楽系っぽい話ですが、あくまでディスクマンとかが主流の話なので、雑談とします、では、今回はこれにて。
[PR]
by gun_gun_G | 2005-12-08 22:02 | 雑談
←menu