今日はメチャクチャ冷える~!それでも暑いなコゴエンスキー!

c0040422_18484838.jpg

こんばんは、Gです。昨夜から寒かったですねえ!バイトが休みなので、荷造りをしているGではありますが、タバコなんかを買いに外へ出ると寒い寒い!昨日はお隣の長野県では雪が降ってたみたいですし。こんな中、Gが引っ越し後に両親が使うPCの手配なんかもしてまして、ノートPCは確保したのですけど、プリンタはGが選んだものにしようと2機種ほどに絞りまして、さあ、どっちを買うかな、という段階に今朝なりました。Gの父は今日は通院日で行きは母と一緒に車で母が勤める病院へ、帰りは天候によって歩きかバスなんですけど、歩きで遠回りするとケーズデンキへ行けるんです。自宅はケーズデンキとコジマがそれぞれ反対方向に等距離にあるもんですから、父は病院の帰りにケーズデンキへ、Gはバイト先に近いコジマへそれぞれ価格を調べる事になったんです。そしたら、この寒さの上に天気雨まで降る始末で、おいおい大丈夫かよ?と思ったら、父が帰宅。結果ケーズデンキの方が3000円も安い事が分かり、即購入となりました。寒い中歩いた努力が報われたわけです。はい。

で、こんな寒い日なので、今回はあえて、あ、え、て、寒いところが大好きなTV特撮キャラを載せます。G「がんがんじい」と名乗ってるくらいに仮面ライダーの中でもスカイライダーが好きなので、久々にネオショッカー怪人を出してみますか!いかにも寒そうなこのイラスト、名前はコゴエンスキーと申します。イラストは荷造りができない時間帯に描いた新作です。このコゴエンスキーは何の怪人なのかが、よく分からん怪人なのですが、スカイライダーにはそんなのが結構出てきます。ですから、まああまり気にせずに。ネオショッカー二代目日本支部幹部魔神提督海外で様々な実績を上げた、ネオショッカーNo.1の幹部だけに扱う怪人は日本出身ではなく、もっぱら海外から読んでくるのですけど、このコゴエンスキーもその1人。一説にはアラスカ、一説には「サブスギール帝国」(どこだよ?)から来たらしいが、とにもかくにも極寒の地の生まれである事は間違い無い。当然寒いところが大好きで、口から冷凍ガス、体からぶら下がってるツララで攻撃する、まさに冷凍改造人間だ。

が、このコゴエンスキー、どこかが変なのである。Gはこの話をリアルタイムで見ているのだが、コゴエンスキーの初登場シーンが確かアジトから地上の冷蔵庫を通じ出て来るシーンで、こんなニュアンスのボヤキが第一声だったのが一番印象に残っている。

「しかし東京は暑いなあ、こんなところまで来る事になるとはなあ、暑い、暑い・・・」

・・・あのー、放映当時は確か1月だったと思うんですけど。

さらにコゴエンスキーの奇妙な行動や言動が続く。彼の使命は東京に巨大冷凍ミサイルを打ち込む事なのだが、魔神提督が完成してすぐに発射を命令すると、コゴエンスキーはこのミサイルには生贄が必要で、その生贄の心臓の鼓動がミサイルの発射の合図になると言い出す。ラジコンの飛行機が落っこちて偶然アジトを見つけた少年達を魔神提督が発見して、この少年を生贄にせよ!と再び命令すると、コゴエンスキーは、もともと少年の体のサイズがミサイルに合わなかったこともあるが、今度は汚れなき心を持つ少女でなければ生贄にならないと言い出す。そこで少年は凍らせて、その生贄に値する少女を探し出し始めるのだが、コゴエンスキーはやたらと細かい事を言ってはダメ、またさらってはダメの繰り返し。戦闘員のアリコマンドからその報告を受けた魔神提督は流石に呆れて文句を言い出す始末。おまけにそのアリコマンドにはコゴエンスキーの冷気が残ってたのか、魔神提督がくしゃみした記憶がGにはある。

・・・そんな面倒くさいミサイルを作るなよ!コゴエンスキー!

その後、たまたまスカイライダーこと筑波洋と少年が知り合いで、一緒に少年を探してた女の子コゴエンスキー筑波洋の機転から左目に自身が投げたツララが刺さりながらもさらって、その女の子がミサイルの生贄に適合と判断するとミサイルの発射準備を開始する。余談だが、コゴエンスキーの資料で左目に何かが刺さったような写真を見かける事が多いが、それはこの時の写真を使っているためである。その頃、魔神提督は少年がラジコン飛行機で助けを求めるのを利用して、筑波洋に罠をはって冷凍室に閉じ込めるが、スカイライダーに変身され脱出してしまい失敗、さらにスカイライダーのパートナー仮面ライダーの立花藤兵衛のポジションにあたるキャラクターの谷源一郎が後から合流しミサイルを破壊し、谷が持ってた指輪からの火炎(恐らく谷が開発したと思われる)で少年達も脱出されてしまう。コゴエンスキースカイライダーと対決、スカイライダーを氷付けにしようとするが、女の子誘拐の際に左目にささったツララを抜かれてしまい、そこからエネルギーである冷凍ガスが吹き出てしまってパワー半減、スカイキックを受けて倒されてしまう。

なんで、女の子を見つけた後をザッと書いたかといいますと、なんか疎女の子を探し出すまでが、このコゴエンスキーの魅力のような気がしたんですよ。その証拠にミサイル発射準備のあたりは憶えてはいるけど、あまり印章にないし、最期にツララが抜けて冷凍ガスが噴出してパワーダウンするところもなんとなくウルトラマンレオの星人ブニョが重なって見えた記憶があったりするんですよ。もっとも星人ブニョは再確認したからかもしれませんが。まあ、でも女の子を捜すまでのコゴエンスキーを見るだけでも充分キャラクターは強調されてて、現にこうして印P区とが強く残っていますから、キャラクターとしては成功だったとは思います。このコゴエンスキーが登場してからのネオショッカースカイライダーのテーマである怪奇性を強調した怪人に交えて、段々とおかしな怪人が登場するようになるのです。その意味でもこのコゴエンスキーは重要な位置にいる怪人なのです。ただ、続編のスーパー1で登場するジンドグマの冷蔵庫怪人コゴエンベエと名づけたのは、やめて欲しかったですね。このコゴエンスキーの方が役者が上だけに。

なんか記事書いてたら寒くなってきたぞ。Gの部屋は北側だしなあ。では、荷造りに戻りますので、今回はこれにて。


◎お知らせ◎
以前からこのブログの毎日更新による記事の展開の速さから、トラックバックが付きにくいという問題がありましたが、先日コメントも付けづらいというある方のコメントを頂きまして、これは対策を練ればならんと思い、1ページの記事の掲載数を従来の10件からエキサイトブログでは最大の30件にする事で対応する事にしました。これで少しですけど多くのイラストやマンガなどが見られると思います。今後ともよろしくお願いします。

[PR]
by gun_gun_G | 2005-12-06 21:55 | 特撮系
←menu