病院へ行ってきましたPart23・大事ではない事を察知したパラボラ仮面!

c0040422_19193599.jpg

こんばんは、Gです。まずは改めまして皆々様にはご心配をおかけしました。先程、お茶の水から戻ってきました。まあ、こうして文章は普通に打てるくらいに回復はしております。誤解のないように書いておきますが、別にこのブログを無理して毎日書いてるのではなく、これが楽しくて趣味の一環としてやっておりまして、掲載しているイラストも暇がある時に描き貯めたり、今回みたいに昔描いたものを流用しています。4コママンガはそうはいかないのですが、基本的には無理なく体調に響かないように、集中力を高める病気の治療の一環としても行っていて、こうして皆様に可愛がってもらってる次第です。それに本当にヤバイ時は文章だけ、という時もありますので、けっして使命感とか義務感ではなく、あくまで趣味でやっておりますので、その点はどうかご理解ください。意外と気楽にやってるブログなんですよ、「ひいろお倶楽部@」は。

まず、経緯を簡単に書きますと、話はすどう美術館から帰ったところから始まり、その時点で電話でまともな会話ができなくなってたんですね。その後に「すどう美術館の企画展の面接へ行きました(はぐれベーダー48)」の記事を書きまして、まあ落ち着いたんで、疲れだろうと思って寝たんです。そしたら、昨日の朝に起きたら頭はぐるぐる回ってるし、体は疲れとはちょっと違っただるさを感じたんです。これはヤバイ!とは思ったものの、その時は考える力がゼロに近かったですし、13日と14日はバイトでしたので、朝早かったこともあり、店長さんに電話したんです。Gも昔は建築現場の警備員勤務の経験があるので、こういう店商売で当日に病気で電話はシフトの関係でご法度なのは承知してましたが、考える力がないのですから、店長さんと話する以外になかったのです。当然店長さんは困ったとは言いましたが、Gはそこで疲れきった時にバイトに出て元気になった事を思い出し、明日の月曜でないと病院はやってないので、今日の日勤出ます、と言いましたら、店長さんが機転を利かしてくれて、夜勤の方と相談して早めに交代してもらってGは早退、月曜の夜勤はお休みにしよう、ということになりました。Gは夜勤の方と相談してご理解いただき勤務時間を2時間短縮。結果は忙しい日だったものの調子は上向きになりまして、帰宅してから食欲もないので家で寝ながら友人2人と電話。そしたらもううまく話せてましたし、自分なりの意見も言えるようになったので、これは大事ないことを確認した上で、今日の予約外通院に臨んだのです。

もともと11月末には通院日を水曜日から月曜日に移行しようとはしてたので、時期が早まった格好になったわけですが、担当医が月曜日は空いてるとは聞いてたけど、ホントにガラガラ。でも、初診の方がいらしたので、13時半に到着してから診察を受けたのが16時過ぎで、一番最後でした。普通は予約外の方は緊急という場合、予約されてる方の診察の合間に入れる事が多いので、ああ、Gはやはり大事ではないのだな、と少し確信しました。で、出番が回ってきて、スパムトラックバックからスケジュールの関係や絵の面接の事をたどたどしながら話したわけですが、スパムトラックバックの波状攻撃が何故事件なのかが担当医には理解できなかったようでしたけど、まあ大体予想してた言葉が帰ってきました。

「今日はバイトを休むべきではありませんでしたね」

正直あの状態では無理だろうとも思いましたが、Gとしてもバイトは休みたいとは思わないといえば嘘になりますがけど、出たかったですね。メールのヘビーユーザーだったGは人付き合いも元々好きでしたけど、初めての接客業には違った人との接し方があって新鮮でしたし、デザインやIT業界にいる事が多かったGは多分こっちの方が向いてるような気がしました。バイトにはなれてましたからね。多分そこから考え方が変わったと思うのですが、相談というと人の意見を聞いてそのとおりに動いてたのが、Gの意見に対しての確認程度になってたり、今はバイトとこのブログと、たまに絵を観に行ったりしてるのがGの現在のキャパでできる範囲内のことでそれが現段階の治療に必要なんじゃないか?と考えたり、起こった事は仕方ないから次に何をしようか?と考えたりとか。そういう事の確認のために今日お茶の水に来たんじゃないかな?と思って話したら、担当医にそれが大事だと言って、やはり同じ事を言ってるんですね。そして、今は絵画活動をする時期でないからドクターストップにしたわけで、ここ半年がGの治療の正念場だ、そこまでできるだけ休まずにバイトを続けて、実家から出て1人前になれれば、あとは絵を描こうが、Gが好きな車を買おうが、もう自由にできる時期がやってくると話してくれました。ああ、Gが昨晩横なりながらに電話してた時の話にかぶってるなと思い、ある意味ホッとしました。たまたまシフトで明日明後日はお休みなので、そこで仕切り直ししましょうと担当医は締めくくりました。もちろん店長さんにも病院から電話で大まかにお伝えしました。

まあ、こう思えただけでも12日のすどう美術館の面接もムダではなかったのだなと思います。あの日にGの絵の原型を掘り下げてみたら、結局はグラフィックデザイナーになりたくて絵を勉強してたわけだし、Gが描いて評価された2枚の絵の共通点は「変わり行くものを残したかった」という事、そして絵のラフはできたけど、今の時期は尚早ではないか?館長さんとの考えにギャップがあるのではないか?と考えるようにもなり、すどう美術館の件は辞退する事を昨日寝てた時点で固めてましたし。あと半年、その時間がGには必要なのかも。それにGが昨日電話した旧友にGの欠点のひとつが高望みだと言ったら、こう応えてくれました。

「高望みとは自分がしたいと思う、それをやってみようと思う、実際にやってみる、何かしら結果が出る、そこから何かを考える事ができるから、けっして高望みは欠点ではないよ」

その言葉にはGも納得しましたし、担当医にその話をしたらうなずいてました。まあ、Gの現状を実体験できてよかった、店には迷惑かけたけど、というのが結論です。そういう流れです。はい。

ただ疲労感はまだあるので、イラストは描けない段階でして、どうしようか?と帰りの東京メトロ千代田線に乗ってて、ふと思いついて帰宅時にイラストストックから探し出して見つけたのを今回は載せてみます。それは秘密戦隊ゴレンジャーの仮面怪人パラボラ仮面。イラストは以前に描いたもの。なんでこれを選んだかといいますと、この頭のパラボラアンテナは敵組織・黒十字軍の首領の黒十字総統の居城としてゴールデン仮面大将軍が計画したゴールデンシャトーに必要な金塊の反応を察知するアンテナになってまして、Gも今回の一件でいろんな事が察知できたな、という意味合いでの起用です。ちょっと苦しい起用かなあ、とも思いましたが。パラボラUFOスパークという武器を持ち、二代目キレンジャーを気絶させて捕縛、さらに二代目キレンジャー救出に来たアオレンジャー、モモレンジャー、ミドレンジャーをも捕縛してしまったという結構強敵なのです。でも、やはりこのパラボラ仮面も最期はマヌケで金に反応するせいか、ゴレンジャーの必殺技ゴレンジャーハリケーン観音菩薩で金の観音菩薩像をキャッチしてしまい「天国から迎えに来たのか?」とか訳分からん事言って爆死します。・・・なんだ?その落ちは?

大事ではないとはいえ、披露が完全に取れているだけではないので、今日も休養します。コメントのお返事は書けそうだったら書いてみますので、もう少しお待ちを。それでは、また。



「すどう美術館の企画展の面接へ行きました(はぐれベーダー48)」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-11-14 21:31 | 病院系
←menu