遂にやった!千葉ロッテ31年ぶりの日本一にまた何故かトドラ?

c0040422_21532434.jpg

またもや、こんばんは、Gです。もう一旦、と書いた言葉が、とうとう現実のものとなりました!千葉ロッテマリーンズが、あのボビーが、遂にやってくれました!31年ぶりの日本一!しかも4連勝!今江選手の8打席連続安打の日本シリーズ記録のオマケ付き!千葉県野田市生まれのGとしては、中日・元近鉄ファンという事を通り越して、すごく嬉しいです!確かにプレーオフの有り無しのハンディキャップはあったものの、我が中日も倒せなかった阪神をこういう形で倒すとは!いやもうビックリの一言です!

これを去年亡くなったGの伯父にも伝えたい!いや、草葉の陰から見ていてくれたかもしれない。Gの伯父は元々は大の阪神ファン。東京球場ができた時に巨人VS阪神を見て、阪神がボロ勝ちして、敗戦処理投手に後のジャイアント馬場が投げていたところを観ていたという筋金入りの大ファンでした。しかし、20年前の日本一の後の阪神の低迷。伯父は冷静にそれを受け止めて応援しつづけました。2年前の阪神のセ・リーグ優勝でも「あれは本当の阪神の勝ち方ではない」と最期まで言っていました。そんな伯父に対し、Gも神宮球場まで阪神戦を一緒に観に行きましたし、それ以上に伯父の孫、Gからすれば従姉の息子がG以上に気にかけてくれていて、伯父が住む野田の家から幕張の千葉マリンスタジアムまで千葉ロッテの試合を一緒に観に行ってくれてました。伯父からはいいませんでしたが、Gから見ていて、パなら千葉ロッテ、という空気はすぐに感じ取れました。でも、当時はお互い万年Bクラス球団。とても日本一をかけて戦うとは誰一人思ってませんでした。伯父は一昨年に原因不明の病気になり、昨年の年明けまで頑張って頑張って生き抜いて、そして亡くなりました。Gは野田で生まれた時から父親のように可愛がってくれた伯父のために泣きまくりました。そう思うと、あと1年さえ長生きしていれば、この日本シリーズが見れたのに、と感じてしまいますが、それは人の宿命。仕方のない事ですし、まだ伯母が生きています。浦和に移り住みましたが、元気にしています。先日の浦和に行った際も伯母は「千葉ロッテが優勝するとはねえ。伯父さんは待てなかったんだねえ」と言ってました。野球とゴルフと競輪が好きだった伯父はゴルフは若手台頭で「分からん」と言ってるかもしれませんが、今頃はきっと甲子園まで行って酒でも飲んでるのかなあ?と思っています。

しかーし!ボビー率いる千葉ロッテには、まだ使命がある。日本代表としてアジアカップで戦わなければなりません。でも、彼ならやってくれるかも?では、例の合言葉を。

「ボビーならやってくれる!」

阪神も肩落とさないで、岡田監督の采配に期待して、来年も我が中日と戦おうぜい!

で、今回のイラストはウルトラQ登場の四次元怪獣トドラです。日本一記念の怪獣にしてはエラく地味なのが出たなあ、とお思いでしょう。このイラストは、もし千葉ロッテ日本一の事を考えて急遽制作しましたが、ちゃんと理由は考えてます。このトドラが出てくるウルトラQ第27話「206便消滅す」は日本初の超音速旅客機206便が異次元に迷い込み、そこへ襲い掛かる大アザラシで、その異次元の主みたいな怪獣なのですが、その206便には護送中の殺人犯がいまして、彼の名前がオリオン太郎というのです。よーく、思い出してください。千葉ロッテパ・リーグ優勝の際に千葉ロッテの前身がロッテオリオンズで、オリオンズつながりでウルトラマンAに登場のオリオン星人が操る超獣スフィンクスを起用したのを。つまり今回もオリオンズつながりでトドラを出したというわけ。お分かりでしょうか?ちなみにこのトドラの着ぐるみは映画「妖星ゴラス」に登場する怪獣マグマにヒゲをつけて流用したもの。他にも今回の候補で犬怪獣ボビー(スペクトルマン)や怪獣バレンタイン(ジャンボーグA)なんかもいたのですが(正確にはコメントがあったのですが)、資料と時間の関係でトドラの起用となりました。候補から外れた2体は出てくるのだろうか?

とにもかくにも千葉県民の皆さん、千葉ロッテファンの皆さん、おめでとうございました!では!


「中日ファンなのに阪神セ・リーグ優勝記念・無情なダイガー仮面!」
「千葉ロッテパ・リーグ優勝記念で何故スフィンクスなのか?」
「まさに夢の、いや霧の日本シリーズ開幕!デビルボールⅡも応援するぜ!」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-10-26 22:47 | 雑談
←menu