まさに夢の、いや霧の日本シリーズ開幕!デビルボールⅡも応援するぜ!

c0040422_18293624.jpg

こんばんは、Gです。一旦、バイト先から帰ってきました。今日はまた0時にバイト先に行かねばなりませんが、それまでは、とつい先程まで、千葉ロッテVS阪神の日本シリーズ第1戦をTVで見ていました。プロ野球ファンなら、この第1戦を勝ったチームの優勝への勝率が高くなるというのは当たり前の知識。なんとか試合を見れたのはよかったです。ロッテは31年ぶり、阪神は20年ぶりの日本一がかかったまさに大一番といってもよいだろう。それだけにGの心もワクワクものである。先発はロッテ清水(直)と阪神・井川の戦い。投手戦かと思われたが、交流戦ではロッテを完封に抑えた井川がロッテ打線に打たれた格好になった。いや、正確には西岡と今江にやられた、といってもいいかもしれない。西岡のプッシュバントと今江の4安打には正直驚いた!西岡のプッシュバントの際の目の動きを解説の東尾氏が語ってたが、Gも見ていて不思議ではあった。ボビー(個人的にファンなので敬愛をこめてこう書きます)はやはりメジャーの監督という事だけあって、バントエンドラン以外のバントはあまり多用しない。その1番打者西岡が9番渡辺(正)がヒットで1塁に出た時にあの目の動きは確かに妙だな、とは思った。あのケースで考えられるとしたら、バントを1回見せているだけにヒットエンドランに移るという考えが普通。しかし、西岡は1塁方向を確認してて、そこへプッシュバントをサインなしでやったのである!結果は大成功!それとあわやサイクルヒットかと思わせる今江の活躍。2番打者を1度しかやってないと知った時もビックリした。阪神が致命的だったのはシーズン中に打点を稼ぎまくってた金本と今岡が清水(直)の好投とロッテの守備に阻まれて打てなかった事。もうこうなると、いかにエース井川でも抑えきれない。あとはロッテの好き放題で、さらに千葉マリンスタジアムに濃霧まで発生して前代未聞の日本シリーズ濃霧によるコールドゲーム。10VS1でロッテが先手を打った。しかし、両チームとも拮抗している実力である事は皆様もご承知のとおり。それは捕手・矢野が西岡の盗塁を刺した事でも分かるし、Gは2軍優勝などで力を発揮した岡田監督の采配は買っている。明日はロッテは渡辺(俊)、阪神は下柳の先発。まだまだ見所がありそうだ!去年亡くなった伯父が阪神と千葉ロッテファンだっただけに是非是非盛り上がってほしいです!

さて、今回のイラストは昨日の段階で描いておきました、ジャッカー電撃隊に登場の奇怪怪物デビルボールⅡ。Ⅱ、ということはⅠもいるの?という方もいるはず。そうです、デビルボールⅠ(正確には普通にデビルボールと呼ぶ)がいます。最初に登場したデビルボールは敵組織クライムの秘密工場を守ってましたが、「スローイング!」「カーブ!」と言いながら体当たりする能力しかない為にジャッカーにあっさり破壊され、工場も撃破。クライムの被害総額は1千億円!担当していたクライムボス(演じるは八名信夫氏!)は処刑されかかるが、ジャッカー抹殺を条件に再出撃、その際にデビルボールの破片をかき集めて作られたのがデビルボールⅡである。といっても、外見では左胸の「2」の文字しか変更が無いのだが、武器はボール爆弾、ピンボール攻め等と豊富になるものの、巨大化したボール(たぶんゴレンジャーの野球仮面の頭の改造)に変身したところで、ジャッカーに必殺技ジャッカーコバックホームランにてバットで打ち返されてしまい、「さよならホームラーン!」と言って爆死する。しかし、八名氏は野球仮面の時の死神博士(「野球シーズン到来!野球仮面登場!」参照)といい、このデビルボールのクライムボスといい、野球絡みが多いのは、やはり元プロ野球選手だったからなのか?

おっと、今日はまたバイト先に行かなければいけないから、おたおたしてはイカンな。今日はこのくらいにしましょう。では、また次回。



「野球シーズン到来!野球仮面登場!」
「中日ファンなのに阪神セ・リーグ優勝記念・無情なダイガー仮面!」
「千葉ロッテパ・リーグ優勝記念で何故スフィンクスなのか?」
[PR]
by gun_gun_G | 2005-10-22 22:13 | 雑談
←menu